この4月からプレス金型設計製作業の会社に
勤めるようになったのですが、
全く触れた事のない分野で毎日わからないことだらけ。
最近「後々のために図面見れるようになって」と、
言われました。

図面というものも初めて扱うのですが、
実線、破線、とにかく線がたくさん重なっていて
何が何だか全くわからない状態です。
金型に使われる部品さえ理解できていないので
本当に初歩の初歩、一番最初から勉強が必要なのですが
とりあえず少しでも図面を理解できるように
なりたいです。部品や鋼材を抜き出して単品図を
書けるように、と言われているので・・・。

何から始めたら良いのか、どんな風に学べば良いのか。
もし参考文献等もあれば、それも教えて欲しいです。

本当に何もわからない初心者なので・・・
どうかアドバイスよろしくお願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

いきなり難しい図面を見せられているのでしょうね・・・。

心中お察しいたします。

まずは、製図の基礎を勉強しましょう。
茶筒わかりますか?想像してみてください・・・。(縁が丸まってるなど、細部まで意識しないで良いです。)
上から見ると○(平面図)、 正面から見ると長方形□(正面図)、側面から見ると長方形□(側面図)
基本はこれに尽きます。(これを三面図と呼びます)
では、実線や破線の違いは・・・
実線(ちょっと太めの線)とは、目に見える線を表しています。破線は、隠れて見えていない線です。
何で隠れてる線を表示する必要があるのでしょうか?

例えば、茶筒にしても、板厚がありますよね?
それが破線になって表示されます。もし破線がなかったら、美術のデッサンに使う、円柱の石膏だと思ってもらえたら良いと思います。(違いがわかりますか?)
同じ図面でも、破線があるのとないのとでは、実物が変わって来てしまうってことですね。
あとは、一点鎖線は中心線に用います。
破線では表せない場合や、寸法が表せない場合になってくると、断面図を書いて、より詳しく書いて行きます。

まずは、↑これらのことが理解できるような、機械製図の本を読んでみたら良いかな~?と思います。
基礎がわかってきたら、会社の図面でもパッと見、「簡単そう」と思えるものから、トレース(同じ図面)を始めてみたらどうでしょうか。出来たら、実物を見せてもらえると良いと思います。
そういうことの繰り返しで、金型の図面も見れるようになって行くはずです。
金型は特に難しいノウハウの詰まった図面だと、私は思います。いきなり金型の図面を見せられて、「ハイそうですか」と理解できる人は、居ないと思います。焦らなくて良いですから、図面のわかる人に、とことん教えてもらうのが、わかる早道です。皆さん忙しそうにしてて、聞くのが申し訳ないような気になるかもしれませんが、今聞かなかったら、この先も聞けません。自己の勉強も必要ですが、基礎のない人が本だけで学習していくのは無理があります。または会社の人に、理解できそうな図面を選んでもらって、そこから勉強を始めるのも良いと思います。頑張ってください!
※茶筒を例に挙げましたが、1枚の図面で、本体(筒)と蓋を同時に図面にするのは、「組立図」の時が多く、製作図としては、別々に書くことが多いように思います。1枚の図面で、2つの部品を製作図にしてしまうこともない訳ではありませんが、それは会社にも寄るし、作成するものにも寄りますので、あくまでこれは、話を伝えやすくするために書いた話であることと思ってください。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

レスありがとうございました。
茶筒の例、とってもわかりやすかったです!
↓の方へのお礼レスにも書きましたが、
勉強会で教えてもらい、少し楽しくなってきました。
聞けば必ず答えてくださる方なので、
これからドンドン質問していきます★

お礼日時:2004/06/05 11:35

#5です



プレス金型ならばミスミと口座を開設しているかもしれません。

ミスミ、金型部品(汎用の)を作っているメーカーで、カタログと同時にJISのミニ本くれますよ?

ミスミのおかげでかな~り手を抜いた設計が出来ます
http://www.mol.ne.jp/lecture/press/

加工工程もあなたが手配するんですか?

材料切って、MC(マシニングセンタ)で加工して、平面研磨機や精密研磨機で加工して、組み立てでリューター仕上げするとか考えるんですか?
初めてだと荷が重いですね
出来るだけ暇な時は現場の人間と仲好くして、加工手順のヒントを貰ってください
無理な加工、難度の高い加工は現場は嫌がりますから
仲好くなったら図面のヒントとか、製図ミスもフォローしてくれます

僕も何度も助けられましたし、逆にかばってあげた事もあります。

もうプレス金型なんて軽い軽い!
樹脂成型金型で何度泣いたか…
頭の中で三次元データを補完しないとやってられない

参考URL:http://www.mol.ne.jp/lecture/press/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再びレスありがとうございます。
ミスミさんにはお世話になってますね、
よく発注させてもらっています。
私は(女性)事務員なので現場(加工等)には
携わらないのですが・・・。
金型講座で勉強始めてみます。

お礼日時:2004/06/05 11:38

そこの会社の工業高校出身の方から、機械製図の教科書借りるのが一番解かり易く、親切に書いてあります。


それを読むのが第一歩でしょうね。

プレス金型には、組図と製品図、単品図があります。
製品図は親会社から支給されて、それが製品形状になりますが、これはNCやマシニング、倣いで削る大元のデーターです。大概モデルを作りますけどね。
順送型だと、工程が何工程もありますから、ピッチなどで示してあるはずです。

単品図ですが、組図から簡単に寸法は拾えます。
拾えない寸法があった場合は経験で決めていくのですが、これが貴方に会社が求めている技術でしょう。
まぁ、現場1年製図1年でわかるようになります。

初めて見た金型の図面は線がいっぱいあって複雑怪奇ですが、慣れれば大したことは書いてないって思うようになります。
みんな1からやってるので、何も心配要らないです。
頑張って下さいね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

レスありがとうございました。
会社の方が、私を含め経験ナシ新入社員に
ちょっとした勉強会として図面の見方を
教えてくださったので、何となく、少しずつ
図面に向かうのが怖くなくなってきました。
現場は経験できないけど、頑張って勉強します!

お礼日時:2004/06/05 11:30

基本はねー


「文字」と「線」なんですよ。
今時人間が文字書く事は少ないですが、一応基準があります。

「線」も破線はともかく、実線でも太さが変わると意味が違ってきます

ドラフタですか?
ドラフタの直角出しと定規の水平調整が必須

まずドラフタの上下をロック。左右に動くだけにします
そして下の定規にペンを固定し、左から右に定規を動かし実線を描きます。

この実線がそのドラフタの構成と水平になりますから、ロックを外しドライバなどで下側の定規を先ほど書いた実線に合わせ、固定します。

左側の定規はさっきの実線と下の定規を元にして、信頼できる三角定規で同じように緩めて直角を出し、固定します。

本屋さんでJIS規格準拠の図面書きのテキストあったような…
工専高校とか工業高校の教科書があればBEST

鋼材はね、規格決まってて、縦横を覚えるだけ。
長さは定尺なので任意の長さで切断&加工するだけ
むしろ、素材の金属規格の方が面倒

一番、頭を悩ませそうなのが「はめあい」規格。
穴と軸の精度規格ですが「ブカブカ」なのか「キツキツ」なのか、あるいは、その中間なのか…
決まってるんですわJISで(笑)

あとネジのピッチとか径とかネジの頭の大きさとか、下穴の径や深さもJISで決まってます

あと図面書く時の「図法」かな、正面図と側面図と、あとは下からか上からかで配置が変わります

単品図からって言われました?
単品図は組立図が無いと書けないので(寸法が出せない=強度計算も出来ない)私なら既存の製品の寸法違い(規格違い)を書いてもらいますが、考え方が違うなら仕方無いですね
    • good
    • 2
この回答へのお礼

レスありがとうございます。
申し訳ないんですが、アドバイスの内容さえ
理解できてないです・・・すいません!
図面書きのテキスト、本屋さんで探してみます。

お礼日時:2004/06/02 22:48

金型は製造関係の仕事をやっていました(かなり過去)



製図は訓練校で基礎を勉強しました。

しかし、設計は経験がないので何ともいえませんが、

図面は三角法とかあって、正面、側面、上面でモノとくらべて3方からみて図面を書く習慣をつければいいのでは・・

写しなどから始めるのもいいです。

なんかいも書いてるうちに、図形が見えてくるときもありますよ。 会社の図面だとかなり、複雑で枚数も多いでしょうから、たいへんでしょうけど・・がんばってください!!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

レスありがとうございます。
三角法、実はとっても苦手です・・・
書くことから始めるのもアリなんですね。
簡単なものからやってみます。

お礼日時:2004/06/02 22:45

補足します。

#2さんもおっしゃっているように見る事がとても大事だと思います。私は本なら記した物をすすめますが現場に行き物を見るようになりました。組み付けや加工もやりました。
だんだんと頭の中で想像できるようになってくるもんですよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

再びありがとうございます。
私は事務員なので現場で作業することがないんです・・・
でも見る事はいくらでもできますもんね、
頑張ってイメージできるようになります!

お礼日時:2004/06/02 22:43

実物と図面を見比べる事も大切な事です


図面は通常2D 実物は3D
両者見比べて ああなるほどと
言えるようになるまで 何度も何度も
見比べる事です
    • good
    • 2
この回答へのお礼

レスありがとうございます。
実物ですか・・・一緒に考えるのが良いんですね。
現場に足を運んで勉強します。

お礼日時:2004/06/02 22:41

こんばんは。

私も30代後半になってから図面の勉強を始めました。知り合いの設計屋さんが紹介してくれたのが下記の本です。とても勉強になりますよ。
お互い頑張りましょう。

廣済堂出版 <2色刷>プログラム学習による
図面の読みかた

   松下電器産業株式会社 製造・技術研修所 編著
    • good
    • 5
この回答へのお礼

レスありがとうございました。
紹介していただいた本、是非参考にしたいと思います。
私も頑張って勉強します!

お礼日時:2004/06/02 22:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q三角法って何ですか?

図面を描くさいに三角法ってありますよね。
いちおう本には説明が載っているのですが、人に教える際
図を描いて説明しないと教えづらいです。

口頭で三角法を教えるとしたらどんな風に教えてあげれば
よいでしょうか?

Aベストアンサー

 三面図を作成する際の図法として一角法と三角法があります。

 たとえば自動車を三面図に起すとなると、一般的に一番スタイリングの特徴がよく現れる「側面図」をまず最初に描きますが、三角法では、このクルマを正面から見た姿は「正面図」として側面図の「左側」に描かれ、このクルマを上から見た姿は「平面図」として側面図の「上側」に描かれます。
 さらに、必要なら、後部正面図は側面図の「右側」に描かれ、このクルマを底から見た姿は「底面図」として側面図の「下側」に描かれます。
 このような描き方は、「側面図を底として各図面があたかも見る者に向って手前に曲がりこんで見えるように描かれる」ことがお分かりでしょうか。このような描き方が三角法です。

 これに対して、一角法では三角法とまったく逆になります。

 たとえば同じ自動車を三面図に起す場合、一角法では、このクルマを正面から見た「正面図」は側面図の「右側」に描かれ、上から見た「平面図」は側面図の「下側」に描かれます。逆に言えば、側面図の「左側」に描かれるのはクルマの後部の姿、側面図の「上側」に描かれるのはクルマの底の面ということになります。このような描き方は、「側面図に対して正面図と平面図ががまるで見る者から向こう側に遠ざかるように曲がりこんで見える」ように描かれることになります。

 ここでは側面図、正面図、平面図の三つの面の名前を用いましたが、モノによっては各図の名前が変わります。建築などでは面積やレイアウトが重視されるために平面図が中心図となり、これに東西南北の立面図が描かれますし、たとえばケイタイなどでしたら正面図が中心になり、これに左側面図、右側面図、上面図、下面図などといった名前を用いることもあるでしょう。しかし、中心となる図面に対して各面を表す図面が「手前か向こう側か、どちらに折れ曲がって描かれるか」で三角法と一角法の違いが出てくることには変りはありません。

 ちなみに、一昔前には三面図といば一角法で描かれたものでしたが、今日ではJISの規定に沿って三角法に統一されて描かれることになっています。

 三面図を作成する際の図法として一角法と三角法があります。

 たとえば自動車を三面図に起すとなると、一般的に一番スタイリングの特徴がよく現れる「側面図」をまず最初に描きますが、三角法では、このクルマを正面から見た姿は「正面図」として側面図の「左側」に描かれ、このクルマを上から見た姿は「平面図」として側面図の「上側」に描かれます。
 さらに、必要なら、後部正面図は側面図の「右側」に描かれ、このクルマを底から見た姿は「底面図」として側面図の「下側」に描かれます。
 このよう...続きを読む

Q金型部品の発注先指導書製作

タイトルのマニュアルを製作しなくてはならないのですが、
詳しい方、教えて頂けると幸いです。

金型を製作する工場に勤務しています。事務職なので金型に
関する詳しい事が恥ずかしながら分かりません。いろいろ
資料を見て製作しようとしてはいるのですがなかなか分かりやすく
まとめるのが難しいのです。外注さんに発注するときに渡す
注意書き(ミスをなくすため)を製作するように上から言われています。

(1)平行度、直角度、平面度(2)タップ(3)ノック(4)面取り(5)PTタップ
(6)面粗度(7)材料取り(7)材料変寸の見込み(8)基準面(9)脱磁(10)検査表の書式
上記10項目で加工上の注意点とかこうした方がいいとかっていうのが
ありましたら御教授下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

今回の作業命令は少し問題があるのでそのまま受けずに上席に相談しましょう。
本来このような仕事は生産技術もしくは開発の部署がおこなう仕事です。
事務職の方が作成しても後々問題になるだけです。

作業性・コスト・納期などに影響するため慎重に作成されなくてはならない物ですのでいくら上席の指示とは云え安易に受けてはいけません。本来であれば会社を上げて取り組む書面です。

上席の反応しだいではその上に相談される事をアドバイスいたします。
また社外文書になりますので御社の加工ノウハウ・管理ノウハウ漏洩の問題も出てきますのでキチンと相手側と取り決めが必要です。

くれぐれも慎重に!

Q溶接工 図面の読解力 

今年の四月から、地元の町工場に初心者として溶接工として入社しました。
今まで、全く経験の無い世界なのですが、溶接に慣れるように頑張っています。
仕事の内容は建設機械部品(ブルドーザー・パワーショベル)の小さな部品などを納品してます。
それを、NC旋盤やマシニングなどで加工、また溶接している所です。
会社の人からは溶接だけでも300種類以上はあると言っていました。
そこで、困ったことがあるのですが、毎回20~30種類づつくらい
図面を渡されて少なくて1個、多くて30個くらい品物をつくらないといけません。
全く図面を読めない自分は材料を見つけ出してくるのが精一杯です。
材料同士をどの位置でどういう風に仮付けしていけばいいか分かりません。
先輩に聞いても1人で出来るまでやってろと何回も怒られました。
自分なりに、勉強しようと機会製図の本を買って、勉強してるのですが、
いつも見ている溶接の図面と違い自力で勉強するのに、困っています。
そこで、溶接の図面の読解力を勉強できる、本・サイトがあれば教えていただきたいです。
三角法という図面みたいなのですが、宜しくお願いします。
自分は薄板~中板の半自動CO2溶接なのですが、宜しくお願いします。
どうしても、図面が読める溶接工になりたいです!

今年の四月から、地元の町工場に初心者として溶接工として入社しました。
今まで、全く経験の無い世界なのですが、溶接に慣れるように頑張っています。
仕事の内容は建設機械部品(ブルドーザー・パワーショベル)の小さな部品などを納品してます。
それを、NC旋盤やマシニングなどで加工、また溶接している所です。
会社の人からは溶接だけでも300種類以上はあると言っていました。
そこで、困ったことがあるのですが、毎回20~30種類づつくらい
図面を渡されて少なくて1個、多くて30個くらい品物をつ...続きを読む

Aベストアンサー

 設計図など製品部品の製図は今日基本的に三角法で図示されるものとされています。三角法というのは別段三角形とは関係なく、製図する際の表現の方法として一角法と三角法があるという意味です。

 古くは設計図というと一角法で描くものとされており、たまに一角法で描かれた図面を目にしますが、今日では図面といえばJISなどの規格にしたがって、基本的にはすべて三角法が用いられています。ここでは三角法の概念についてご説明しましょう。多少ややこしくお感じでしょうが、実はとても簡単なことなのです。

 ここに一台のケータイ(普通の携帯電話機)があるとしましょう。用紙の中央に描かれるべきものはケータイを正面から見た図です、つまりフタの表面のことです。上部にヒンジがあり、下側が開く構造になっているはずです。この姿をそのまま描き写した図が「正面図」です。そしてこの正面図が全体像を表す中心の図になります。

 次に、正面から見た「正面図」の右側に描かれるのは、ケータイの「右側面図」です。ゆっくりと、ケータイの右側を手前に起こして右側の側面を見てください、フタの部分は左側(正面図側)に、本体部分は右側に見えるはずです。この姿をそのまま描き写した図が「右側面図」です。

 同様に、「正面図」の左側に描かれるのは、ケータイの「左側面図」です。今度はケータイの左側の側面を見てください、フタの部分は右側(正面図側)に、本体部分は左側に見えるはずです。この姿をそのまま描き写した図が「左側面図」です。

 さらに、今度は、真正面に見ているケータイをそっと前に倒してケータイの上側を見てください、フタの部分が下向き(正面図側)に、本体が上側に見えるはずです。この姿をそのまま描き写した図面が「上面図」です。

 同様に、今度は、真正面に見ているケータイの下端をそっと自分の方に向けてケータイの下側を見てください。フタの部分が上向き(正面図側)に、本体が下側に見えるはずです。この姿をそのまま書き写した図が「下面図」です。

 ここでとても大切なことを説明します。ご質問者様はケータイの側面と上下面を見るためにどのようにケータイを動かされましたでしょうか。おそらく、サラダボウルや洗面器の内側の底にケータイを置いておき、側面と上下面を見るために、サラダボウルや洗面器の内側に沿って滑らせるようにケータイを「手前側」に動かしたのではありませんか。そうです、この動き方でモノを見、図面に描く、これが三角法です。

 ちなみに、一角法は、この図法と逆に、伏せたサラダボウルや洗面器の上にケータイを置いて上から見下ろした場合が正面図、そしてサラダボウルや洗面器の外側に沿って滑り下ろすように(自分の目から遠ざかるように)して側面や上下面を見て。図面に描くという図法です。

 製図法についてはJIS B0001(機械製図)をはじめ、JIS Z8114(機械記号)など数種の製図関連のJIS規格のマニュアルが発行されていますし、書店の専門書コーナーには機械製図法に関する書籍も幾つか出版されています。お暇があれば図書館にでも足を御向けになるとよろしいかと思いますが、ここに説明しました通り、三角法による図面の描き方といったものは、基礎概念さえ理解していれば、さほど難しいものではありません。

 なお、ここでは都合5点の図面について書きましたが、現実には、必要な側の図示だけということで、正面図、側面図、上面図など必要な3点だけで済ませることが多く、これを「三面図」と呼びます。通常は三面が図示されれば、それだけでほとんどの場合十分にモノの姿を誰にでも正確に伝えられるものです。

 また、たとえば自動車のようなものを図示する場合は、正面図よりも側面図が優先されます。なぜなら側面こそが最もそのクルマの特徴をよく表すからです。この場合、側面図が主となり、その上側に平面図、その左右どちらかに正面図や後面図などが添えられることはカタログなどをご覧になればお分かりと思います。

 このように、カタログに掲載されたり製作指示として出される図面は、そのほとんどが「三角法で描かれた三面図」であることが多いものですが、もちろん必要に応じて、正面のほかに4方向からの図示が求められたり、一部をカットアウトした図示を添えたりと、現場ではいろいろな図示の工夫がなされます。


 これが「三角法」の説明のすべてです。もし、もっと三角法の製図について習熟なさりたいなら、書籍ももちろん役には立ちますが、とにかく上に書いたような観察と感覚で、身近なモノを手に取って、正面、両側面、上下面と、いろいろな角度からモノの姿をじっくり観察してみることのほうがもっと役に立つと思います。

 なお、面についての表現ですが、側面図と表現したり、立面図などと表現したり、「上面図」は形状によって「平面図」と呼ばれることもおおく、さらには断面図が添付されたりと、企業や製品によって図の言い表し方はしばしば変わりますので、これだけはご注意され、まず言い表し方に慣れてください。

 結果的には溶接関係の図面の描き方、読み方といったことがお望みなのでしょうが、たとえばオモチャの姿をフリーハンドで「三角法の三面図」に描いてみれば、かならず理解が進むはずです。なぜなら、女の身で、旅客機のCAから転職した文科系卒のこのわたし自身が、再就職した先で必要に迫られて覚えた三角図法、いまでは自分で企画した製品アイデアを図面化できるまでになっているぐらい簡単なこと、メカに強い男の方であればかならず図面には詳しくおなりになるはずです。頑張って下さい。


〇要点(1)「三角法」とは…
 図示する対象のモノを、まるで洗面器のように上下左右を手前側に曲げながら他の面を見たり描いたりする図法。

〇要点(2)「一角法」とは…
 図示する対象のモノを、まるで伏せた洗面器のように上下左右を向う側に遠ざかるように曲げながら他の面を見たり描いたりする図法。たまに、古い習慣で一角法を使うエンジニアも居たりします。

〇要点(3)「三面図」とは…
 正面図、側面図(立面図)、「上面図(平面図)、この三方向から見た三点の図を三面図という。多くの場合これだけでモノの姿が読める。



 

 設計図など製品部品の製図は今日基本的に三角法で図示されるものとされています。三角法というのは別段三角形とは関係なく、製図する際の表現の方法として一角法と三角法があるという意味です。

 古くは設計図というと一角法で描くものとされており、たまに一角法で描かれた図面を目にしますが、今日では図面といえばJISなどの規格にしたがって、基本的にはすべて三角法が用いられています。ここでは三角法の概念についてご説明しましょう。多少ややこしくお感じでしょうが、実はとても簡単なことなのです...続きを読む

Q機械部品の図面で、タップ穴でわからない所があるのですが...

皆様、いつもお世話になっております。
お疲れ様です。

今回、只今ある機械のパーツの図面を見ているのですが、
図面の内容で不明点があり、皆様にお尋ねさせて頂きたく、
質問をさせて頂きます。

ある自動機の、アーム部品なのですが、(材質A6063BE)
M5のタップ穴が空いているのですが、

M5(ヘリサート)
M5-0.8×2DNS

という注記がされておりますが、
意味がわかりません。

お手数をお掛けしますが、どなたか御存知の方が
いらっしゃいましたら、教えて頂けますでしょうか?
宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

http://www.sanyu-seiki.com/e_sert/index.html
http://www.sanyu-seiki.com/e_sert/size.html
これを入れんるんです

もちろんヘリサートの専用工具使って下さい

Q三角法と三角関数の違い

今、学校で三角法をやってます
三角法の使い道を検索中なんですが
そこで「三角関数」という言葉がでてきました
三角法と三角関数とではなにが違うのでしょうか?
ついでに三角法の実用的な使い道も教えていただけるとありがたいです
よろしくお願いします

Aベストアンサー

三角形が書けるのが、三角法。
三角関数は、角度がマイナスや180゜以上でもよい。
違いは、それだけ。

Qピカソ、ブラックの『キュビズム』の、いわゆる『美しさ』が全く理解できません。美術書を読んでも全然わか

ピカソ、ブラックの『キュビズム』の、いわゆる『美しさ』が全く理解できません。美術書を読んでも全然わかりません。なんなのですか、あれは。よろしく、教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

>美術書を読んでも全然わかりません。
あなたはミシュランガイドブック(料理の方じゃ無い)だけで旅行しますか?美しい絵はコピーでも良いが、画家というプロは「写真」を描くために居るのじゃ無い、写真は絵として評価されない。古典的な絵画はカラー写真と激突し「肖像画」は破綻してしまった。ではどうしたら生き残れるか「俺にはこの女が、こんな具合に見えるんだよ、文句があるか」と居直ったのがキュビスム。音楽も同じだ、シェーンベルクの後期から「美しい音楽」は先人のコピーになってしまっただからシェーンベルクは十二の鍵全てを使い「不快でも構わない、構造も不要だ」だが俺は俺の道を行く。だがプロの評論家以外の人には絵画も音楽も「不快だ」もうやっている人は居ない、音楽はゲームか映画のバックグラウンドになっちゃった。絵はどうなったか知らない、巨大な絵画展のほとんどが抽象画だ具象は滅びはしないがマンガや半分抽象画、になった、どちらも「分野」が滅びつつある。

Q第三角法とは?

三角法について知りたいのですが、
三角法とは、物体を正面、平面(上面)、側面からみ
て、正面図に対して平面図は上にかき、側面図は正面
図の横にかいたものと解釈してもいいのでしょうか?

それと、側面図ですが、左右、どちらでもいいのでしょうか?大半は右側面図で示されていますが、なぜ右側面図なのでしょうか?

お分かりになられる方がいましたら、教えて頂きたいと思います。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

三角法の作図については、皆さんご回答なので、なぜ右側面図が多いか? について・・・。

その昔、私が教わったのは、次の通りです。

機械部品の図面は、その形状をもっとも良く現す面に重きを置いて作図します。また、加工の流れに沿って書くことも、良い図面とされています。

たとえば、旋盤で加工する場合、一般的には、チャック(=素材をつかむ部分)が左にあるため、刃物を右から左に向かって動かします。そして、左が太く、右が細い形状に加工されます。

一番その形状を現しているのは、軸を横にした形です。これが正面図になります。
では、側面図は? と言うと、左が太いので、右から見ると、形状が良くわかります。左から見たら、右側の形状は、隠れてしまいわかりません。

そのため、軸物は、右側面図を一般的に書きます。それ以外の部品も、その流れから、右側面図が一般的になった・・そうです。

余談ですが、年配の設計者、機械加工の職人の方から、「最近はわかりやすい図面を書けない設計者が多い。」と言われます。
CADの普及と、ガンコオヤジが減った為でしょうか?

三角法の作図については、皆さんご回答なので、なぜ右側面図が多いか? について・・・。

その昔、私が教わったのは、次の通りです。

機械部品の図面は、その形状をもっとも良く現す面に重きを置いて作図します。また、加工の流れに沿って書くことも、良い図面とされています。

たとえば、旋盤で加工する場合、一般的には、チャック(=素材をつかむ部分)が左にあるため、刃物を右から左に向かって動かします。そして、左が太く、右が細い形状に加工されます。

一番その形状を現しているのは、軸を...続きを読む

Q電子部品と電気部品の違い

電子部品と電気部品の違いがわかりません。
電子部品に関しては、割と定義がされているようです。
(↓wiki)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%BB%E5%AD%90%E9%83%A8%E5%93%81
(↓goo)
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4242.html
ですが、電気部品がよくわかりません。
この二つはどう使い分ければいいのでしょうか?

Aベストアンサー

専門的に電子と電気の違いを考えると分かります。
電気は、交流の100Vや200V以上を主に取り扱うものを示します。
電子は、直流の48V以下を主に取り扱うものを示します。
その他として、法令ではありまませんが、内戦規程より交流,直流とも60V以上は危険電圧とされていることから、資格がないと取り扱えないのが電気で、誰でも扱えるのが電子とも言われています。
これらに使う部品をそれぞれ電気部品,電子部品と言っています。
形で言うなら、ピンセットでしか掴めないような細かい部品は電子部品で、手や機械を使うくらい大きな部品は電気部品でもあります。
大きさが違うのは、取り扱う電圧によるものです。
なお、用途も僅かに違っています。

Q[CAD]第三角法

三角法についてお伺いしたいことがあります。

例えば 凹 に奥行きをつけた様な立体を三角法で書くとき、この図形を上から見た形を正面図とするとします。 _ _ _
   |_|_|_| 
正面図を書いてあと、次に側面図を書いて
_
|_|
|_|
  となりますよね。ここで質問なのですが、
この側面図の真ん中の横線を点線にすれば、
平面図は描かなくてもよいのでしょうか。
この二つの図で形が限定できるように思うのですが。

Aベストアンサー

>例えば 凹 に奥行きをつけた様な立体を三角法で書くとき・・・
凹を上から見た形を正面図とした場合正面図は合っていますが側面図はちがうとおもいます。横に□が二つになります。平面図は凹となります。・・・(1)

正面図に凹を書きます。そして側面図を書きます。縦に□を二つ書きます。これですと平面図を省いても大丈夫だと思います。
(1)の場合で平面図を省くとへこみの部分が斜線なのかどうかが判らず平面図も必要になります。
そのものの形が比較的に判り易い凹を正面図持ってくると判りやすいと思います。

http://www.bea.hi-ho.ne.jp/et6jiyuudo/seizu/seizu.pdf

参考URL:http://www.nmri.go.jp/eng/khirata/mechdesign/ch04/lect04.files/frame.htm

Q破線(隠れ線)について

製図の破線(隠れ線)についての質問です.

立方体があったとします.
その立方体のど真ん中に円筒の穴が空いています.
第三角法でそれをかく場合,正面・平面・右側面図が必要なのですが,3つの図の中の2つには,2本の隠れ線が必要です(見る方向にもよりますが)

長くなってしまいましたがそこで質問です.
参考書を見てみると,隠れ線が2本以上ある場合間隔は違わなければいけないと書いてありました.
なぜ違わなければいけないんでしょうか?
一緒だといけないんですかね?

ご解答よろしくお願いします.

Aベストアンサー

 
>隠れ線が2本以上ある場合間隔は違わなければいけない
そんな事を聞いた様な.......場違いを防ぐため???

でも実務では隠れ線を描かないのが普通、断面にして実線で表現でき図を書くのが良い製図。

ドラフターの時代から図面を書き続けたおっさんより.........

 


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング