『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

映画「インターステラー」を観てきました。
時計の針を動かしてモールス信号で伝達するシーンが理解できません。
どうしてクーパーは時計の針を思い通りに動かすことができたのですか?

自分が時計がある部屋にいたとしても、時計の針を自分の思い通りに動かすことなんて、機械がないと出来ない作業です。

そういう機械もなくて、しかも、遥か宇宙の彼方からどうして時計の針を思い通りに動かせたのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

重力を自在に操れるなら、腕時計の針も動かせるでしょう。



例えば、地球の百倍の重力の惑星に、地球から持って行ったアナログ壁時計を持って行って壁に掛けたら、短針・長針・秒針ともに針自身の重さで6時方向をさしてしまうでしょう(時計の各部品が丈夫ならばですが)。

映画のシーンの場所では4次元時空に住む我々人間にもあの部屋の重力を自在に操れる(一般相対性理論からアインシュタインが予言している重力波 gravitational wave を使うのでしょう)ようにしている空間なので、ピンポイントで重力を働かせられる、つまり触れることなく特定の物を引っ張れるのだと思います。

だから、時計回りに回ろうとしている秒針を、秒針を回そうとする時計の力と同じだけ逆方向に働かせれば秒針は止まるでしょうし、2倍の力で引っぱれば逆方向に回るでしょうし、引っぱるのをやめれば秒針は元通り時計回りに回るでしょう。

時空は物質の存在によって歪んでおり、この歪みが重力の正体であることが一般相対性理論によって説明されているので、重力波は時間と空間を越えて届けることができるということになっているのかもしれません。

ちなみに、一般相対性理論により重力は時空を歪ませ時間の進みを遅らせるので、強い重力場の中では地球上よりも時間の進みが遅くなります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2014/12/10 22:52

クーパーのいた5次元の世界では時間も自由に操ることが出来たからだと思います。

この回答への補足

私が問題にしているのは「時間の操作」ではなく、「時計の針の操作」です。

補足日時:2014/12/07 20:58
    • good
    • 0

再回答です。



もちろん時計のシーンみてましたけど・・・・・・

どうして?と言う問いですので、荒唐無稽な駄作映画に、「どうして?」は無いと書きましたよ。

少なくとも重力の変化で時計の秒針はあの動きはしません。

時計を細工したのかCGでしょう。

この回答への補足

時計を細工したのかCGでしょう。

私が知りたいのは映画の撮影の仕方の話しではなく、物語の中での話しです。

補足日時:2014/12/07 21:03
    • good
    • 0

今日見てきましたが途中で退出しました。



荒唐無稽な物理を無視したご都合主義の駄作映画に「どうして?」と疑問を持ってはいけないと思います。
リアルな部分と「これは無いだろう」と言う部分の差が激しすぎ。
監修した部分は良くても、監修してない部分が悪すぎって事だと思います。
大ウソをどうやって本当らしく見せるのかが監督の腕だと思うのですが、ウソがミエミエだと引きます。

監修のキップ・ソーン博士が完成映画を見た時、腰砕けになったと思います。

私はレビューで5点満点の2点を付けました。

ちなみに時空を超えるタイムマシンが出来ないのは、時間の問題では無く空間の問題だそうで、地球は秒速1400キロ時速500万キロで移動してますので、時間が変わると行くのが難しい距離にいるからだそうです。

この回答への補足

誰も↑そんなこと訊いていません。
時計の針のシーンを見ていない方は回答なさならいで下さいね。

補足日時:2014/12/02 20:06
    • good
    • 1

重力しか伝わらないので、重力を使って針を動かしたんだと思います。

この回答への補足

重力がどうして伝わるのか?伝わったとして、重力で時計の針を思い通りに動かすことがどうして可能なのか?が判りません。時計が自分の目の前にあっても、何かの機械がなければ出来ない作業です。

補足日時:2014/12/01 23:03
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2014/12/01 23:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q重力による時間の遅れがわからない

こんにちは。
重力が強いほど時間の流れが遅くなる理由について教えて下さい。
よく特殊相対論による時間の遅れについては、光時計の比喩で説明されていて分かるのですが
光速に近づくにつれて光線が斜めに伸びて、光線が戻ってくるまでに1秒以上かかります。

重力が強い程に時間の流れが遅くなるのをこの光時計の比喩でわかりやすく教えて下さい。

ちなみに『竜の卵』というSFでは中性子星にチーラという知的生物がいて
人類の100万倍の進化速度になる理由を教えて下さい。
設定では直径20kmで表面重力は670億G。
なぜ重力が強くて時間の流れが遅いのに、100万倍の速度なのかがわかりません。
地球時間では15分がチーラでは60年に相当するそうです。
だから人類の科学力をあっという間に追い抜いてしまうそうですw

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 相対論では真空中の光速度が基準で、時間や空間(時空)は、光速度により変化します。

 光も重力で自由落下します。もし重力源に逆らって光を放つ、つまり星の表面から光を放てば、真空中の光速度(秒速30万km)と自由落下する速度の合成(足算)になります。

 これは水中での光の速度が遅くなるのとは異なり、時空の性質によるものです。そのため、光は相変わらず宇宙での特別の速度であり、やはり光は時間や空間の基準となります。

 遠方から見て、星の表面から放たれる光が重力のために秒速15万kmとなるなら、星の表面での時間は、遠方から見ると半分の速さで進んでいます。なお、その星の表面で見れば光は(局所的には)秒速30万kmであり、自分の時間の速さが遅くなっているとは観測できません。それが一般相対論がいう、重力による時間の遅れです。

 しかし、その星表面から遠くを観測すれば、自分より倍の速さで時間が進んでいることが分かります。相対速度を持つ者同士が、どちらも相手の時間がゆっくり進んでいると主張して、それがどちらも正しいという状況(特殊相対論がいう時計の遅れ)とは異なります。

>なぜ重力が強くて時間の流れが遅いのに、100万倍の速度なのかがわかりません。

 そうなりません。中性子星表面の時間は、強い重力のため(赤道などだと速度の影響も少し加わる)、遠方に比べると遅くなっています。竜の卵に出てくる中性子星の知的生命体チーラはの生物的な感覚時間が速いのは、チーラがいわば巨大原子核が生物になったようなものだからです。

 思考であれば、人間の脳は化学反応により思考しますので、光速度の制限はもとより、化学反応速度の制限を受けます。チーラは、それが原子核内の反応であるため、とてつもなく速くなっています(生きた量子コンピュータみたいな感じ)。

 なお、チーラやその生活環境は、自然科学を度外視しての想像ではなく、中性子星表面で起こり得る反応を考慮して設定してあるようです。

 相対論では真空中の光速度が基準で、時間や空間(時空)は、光速度により変化します。

 光も重力で自由落下します。もし重力源に逆らって光を放つ、つまり星の表面から光を放てば、真空中の光速度(秒速30万km)と自由落下する速度の合成(足算)になります。

 これは水中での光の速度が遅くなるのとは異なり、時空の性質によるものです。そのため、光は相変わらず宇宙での特別の速度であり、やはり光は時間や空間の基準となります。

 遠方から見て、星の表面から放たれる光が重力のために秒速15万kmとな...続きを読む

Q四次元というのはどんな世界ですか?

そもそも我々の住んでいる世界は三次元ですか、四次元ですか?
三次元の世界とは縦横高さのある空間の世界だと思います。
これに時間の概念を足せば四次元になるのでしょうか?
我々の世界にも時間があるので、四次元といってもいいのでしょうか?
それとも四次元とは時間とは無関係の世界なのでしょうか?
あるいは時間と空間を自由に行き来できるのが四次元なのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>そもそも我々の住んでいる世界は三次元ですか、四次元ですか?

4次元であると考えると都合がいいというのが
現段階の結論です。

 100年ほど前、スイスのチューリッヒ工科大学
のミンコフスキー教授が物理学的な4次元の理論というのを
考えました。物理的な計算をするのに、縦、横、高さ
方向以外にもう1つ方向があるとして計算すると
うまく計算できることがあるというもので、
彼の教え子の一人が、4次元時空の理論と
して有名な相対性理論を完成させた、アルバート・
アインシュタインでした。
 彼は、リーマンという数学者が作った、
曲がった空間の幾何学(現在リーマン
幾何学と呼ばれています)を使い、4次元の
空間が歪むという状態と、重力や光の運動を
あわせて説明したんです。これが相対性理論。

>これに時間の概念を足せば四次元になるのでしょうか?

 物理学的にはそうです。

 相対性理論の話に関連付けて説明するとこんな感じです。
例えば、下敷きの板のような平面的なもの(数学的には
これを2次元空間と言ったりします)を曲げると
いう動作を考えてみて下さい。下敷きに絵が書いて
あったとして、曲げながらそれを真上から見て
いると、絵は歪んで見えます。平面的に見て
いても下敷きという2次元空間が歪んでいる
ことが感じ取れます。
 2次元的(縦と横しかない)な存在である下敷きが
歪むには、それ以外の方向(この場合だと高さ方向
ですが)が必要です。

 19世紀に、電気や磁気の研究をしていた学者たちが、
今は小学校でもやる砂鉄の実験(紙の上に砂鉄をばら撒いて
下から磁石をあてると、砂鉄が模様を描くというやつです)
を電磁石でやっていたときに、これは空間の歪みが
原因ではないかと直感したんです。
 電磁石の強さを変えると、砂鉄の模様が変化します。
これを砂鉄が動いたと考えず、砂鉄が存在して
いる空間の歪みが変化したのでは?と考えたんです。

 3次元の空間がもう1つ別な方向に曲がる。
その方向とは時間という方向だということを
証明したのが、相対性理論だったんです。


>あるいは時間と空間を自由に行き来できるのが四次元なのでしょうか?

 4つ目の方向である時間は、存在していても
その方向に、人間が自由には移動する方法は
現在ありません。時間方向を自由に動ける機械と
いうのは、タイムマシーンのことなんですが。

 日常生活を考えてみたとき、縦、横といった
方向は割りと自由に動けます。1時間ちょっと
歩けば4kmくらい楽に移動できますが、
道路の真中で、ここから高さ方向に
4km移動しろと言われたら、人力だけでは
まず無理でしょう。
 飛行機やロケットといった道具が必要と
なります。
 時間方向というのは、このように存在していても
現在のところ自由に移動できない方向なんです。

 例えば、人間がエレベーターの床のような
平面的な世界に生きているとしましょう。

 この場合、高さ方向を時間と考えて下さい。

 エレベーターは勝手に下降しているんです。
この状態が、人間の運動と関係なく、時間が
経過していく仕組みです。

 人間もほんの少し、ジャンプして高さ
方向の移動に変化をつけることができます。

 同様に時間もほんの少しなら変化をつける
ことができます。

 エレベーターの中で、ジャンプすると
ほんの少し下降を遅らせることができる
ように、時間もほんの少し遅らせることは
できるんです。




 

>そもそも我々の住んでいる世界は三次元ですか、四次元ですか?

4次元であると考えると都合がいいというのが
現段階の結論です。

 100年ほど前、スイスのチューリッヒ工科大学
のミンコフスキー教授が物理学的な4次元の理論というのを
考えました。物理的な計算をするのに、縦、横、高さ
方向以外にもう1つ方向があるとして計算すると
うまく計算できることがあるというもので、
彼の教え子の一人が、4次元時空の理論と
して有名な相対性理論を完成させた、アルバート・
アインシュタイン...続きを読む

Q腕時計のガラスの傷をとりたい

ガラスの部分の傷は、きれいにならないんでしょうか?コンパウンドなどを使って。
それほどいいものではありませんが、愛着があるのでもう少し使いたいんですけど。

Aベストアンサー

時計に携わる仕事をしています。
だいたい皆様の回答どおりですね。
補足とまとめを・・・
まずは、時計の文字盤を覆っているものを風防といいます。
3種類の材質があります。
【1】風防ガラス
まぁ、分かりやすく言うとプラスティックです。
見て分かりますが、爪などで軽く叩くと軽い音がします。古い時計はだいたいコレです。最近のものでもアンティーク調の物などは使っている場合が多いですね。
【2】サファイアガラス
人工的に作ったサファイアの結晶をスライスしたもの。非常に硬い物質で、強い衝撃があった場合は、欠けるか割れるかします。一本線のような傷は一般的には付きません。
【3】ミネラルガラス
普通のガラス。もちろん傷は付きます。

もしかしたら、お使いのお時計は風防ガラスのものかもしれませんね。浅い傷であれば研磨で消えます。「アモール」などを使用すると良いでしょう。材質はプラスティックですので、パーツ自体も安いです。オメガあたりでも¥2~3000-ほどだったと思います。プラス工賃ですね。
サファイア、もしくはミネラルガラスの場合は、残念ながら傷を取ることはできません。交換になります。国産のサファイアガラスでも¥20000-はするでしょう。ミネラルの場合は高くても¥10000-見ておけばよいでしょう。
お役に立てましたでしょうか?

時計に携わる仕事をしています。
だいたい皆様の回答どおりですね。
補足とまとめを・・・
まずは、時計の文字盤を覆っているものを風防といいます。
3種類の材質があります。
【1】風防ガラス
まぁ、分かりやすく言うとプラスティックです。
見て分かりますが、爪などで軽く叩くと軽い音がします。古い時計はだいたいコレです。最近のものでもアンティーク調の物などは使っている場合が多いですね。
【2】サファイアガラス
人工的に作ったサファイアの結晶をスライスしたもの。非常に硬い物質で、強...続きを読む


人気Q&Aランキング