人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

青天の日などに撮影していて
空を撮ると建物が暗くなってしまい、
建物を撮ると空が白飛びしてしまう
ということがよくありますが、

アンダーで暗めに撮影して、
RAW現像の時に露出補正して明るくすると
この白飛びが抑えられて、ダイナミックレンジが向上するという話を聞きます。

なぜこのようなことができるのでしょうか?




ソフト的にダイナミックレンジを上げることができるのなら
カメラの中でその処理をしてくれれば良いのにと思うのですが、
なぜかカメラの中でこういう機能を実装してくれないのでしょうか?

ソフトウェアで自動でやるにも限界がありできないのか、
アンダーで撮るということは暗い場所のS/N比が悪くなってしまうからなのか、
風景を見たときに建物を見ると空が白く見えるという人の目で見た光景と一致するからなのか

どれが正解でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

既に回答にありますように、ダイナミックレンジそのものが向上するわけではありません。


現代のデジタルカメラのダイナミックレンジは、ネガフィルムを上回っています。機種によっては輝度差14EV以上を捉えることが出来、これはもう十分過ぎるダイナミックレンジを持っていると言えます。

ところが、現実問題として白飛びしてしまう原因は、デジタルカメラの画像素子は、特性上、ある一定量の輝度に達すると、そこからストンと飽和してしまうのです。
ネガフィルムも白飛びしますが、完全に飽和するまでのカーブが非直線です。飽和までの諧調のつながりが良いので、輝度差10EV程度と言われているネガフィルムのダイナミックレンジでも、十分と感じるのです。


>ソフト的にダイナミックレンジを上げることができるのなら
>カメラの中でその処理をしてくれれば良いのにと思うのですが、
>なぜかカメラの中でこういう機能を実装してくれないのでしょうか?

7,8年前辺りから実装されだしていますよ。
Dレンジオプティマイザーとか、アクティブDライティングとか、メーカーによって名称ややり方は異なるものの、基本的には白飛びを抑えるために露出を落としつつ、黒つぶれしないよう、暗部から中間部にかけて持ち上げています。
デジタルカメラの画像素子は、比較的アンダーに強いため、このような手法がとられるのです。

HDR搭載機種だと、何枚かを段階露出で撮影し、画像処理で重ねることで、同様の結果を得ているものもあります。

RAW現像でも、同じ処理を施せば、白飛びを抑えつつ暗部を持ち上げることが可能です。
もちろん、懸念されるように、暗部を持ち上げることで、ノイズが増えるリスクは有ります。が、そこはノイズ処理でうまくやっているのが現代のカメラです。
最近の機種は、逆光で空に露出を合わせても、被写体が真っ黒に潰れるというようなことは少なくなりました。
    • good
    • 0

自分でやってみれば直ぐに分かりますよ。

    • good
    • 0

>ソフト的にダイナミックレンジを上げることができるのなら


カメラの中でその処理をしてくれれば良いのにと思うのですが、
なぜかカメラの中でこういう機能を実装してくれないのでしょうか?

Nikonだと「アクティヴDライティング」ですね。露出計の計測数値よりアンダー目に制御して高輝度部分を残しながら、ガンマを上げ低輝度部分の諧調を出す、という制御です。低価格帯のものはoff-onだけですが、上級機は弱めとかやや強くとかと多段階で制御(細かくはできません)します。
Nikonの純正RAW現像ソフト(RAWに上書きできる)やカメラでの後処理(JPEGで書き出す)にはDライティングがあります。ソフトでは、より細かい調整ができます。
    • good
    • 0

>アンダーで暗めに撮影して、RAW現像の時に露出補正して明るくすると、この白飛びが抑えられて、ダイナミックレンジが向上するという話を聞きます。


なぜこのようなことができるのでしょうか?

センサーのダイナミックレンジ自体は固有で、向上はしません。
変わるのは、ダイナミックレンジ(ガンマ)のどの部分を利用するかです。
ただ、イメージセンサーのダイナミックレンジ幅は、ネガカラーフィルムほどの余裕はありませんので、精々、+1EV程度だと思って下さい。


>ソフト的にダイナミックレンジを上げることができるのなら、カメラの中でその処理をしてくれれば良いのにと思うのですが、なぜかカメラの中でこういう機能を実装してくれないのでしょうか?

キヤノンEOS機だと、高輝度側諧調優先モード機能が付いています。
これは、-1EVの露出アンダーで撮って、トーンカーブのアンダーから中間域を持ち上げる機能です。
    • good
    • 0

>なぜかカメラの中でこういう機能を実装してくれないのでしょうか?


HDRという機能が実装されているでしょ?

HDRがない機種でもAEBという機能はあるはずです。パソコンでHDR合成という方法になりますけど…


>アンダーで暗めに撮影して、
>RAW現像の時に露出補正して明るくすると
>この白飛びが抑えられて、ダイナミックレンジが向上するという話を聞きます。
聞き間違いか、間違って覚えたか、言った人が勘違いしているかのいずれか。かと思います。
露出補正してもダイナミックレンジは変わりません。
デジカメのイメージセンサーは「白トビには弱いけど黒つぶれには比較的強い」という特性があります。800~1000万画素のデジタル一眼レフが出た頃にカメラ雑誌でフィルムとの比較でそういう結露が書かれていたのを覚えています。
ヒストグラムを利用するとわかりやすいですよ。
    • good
    • 0

HDR合成はダメですか?



Wikipedia
http://goo.gl/c4E5zC
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q白とびを防ぎたい

白とびを防ぎたい

一眼レフの撮影でよく白とびしてしまします。
たとえば建物を下からのアングルで撮るとき、
建物の色をちゃんと出そうとすると、空の部分の青が白くなってしまいます。
露出を下げて撮ったほうがいいのでしょうか?

Aベストアンサー

大体が、基準露光に対しプラスマイナス3EVが明度の再現幅です。
ですから、どこに基準の露光を持ってくるかにもよりますが、輝度比の大きい被写体は全てを再現できません。
(最近は、高輝度諧調優先・Dライティング等の機能もありますが)

そこで、RAW現像時にトーンカーブを弄ります。
具体に機種名を書いて頂けると、より詳細な回答が付き易いですよ。

Q逆光時のポートレイトで空が白とびしてしまいます

最近KISS D N
薄曇時に三脚を利用し、逆光でポートレイトを撮りましたが、+2/3くらいで顔に適正露出としたところ、背景の空が白とびしてしまいした。
曇り空だったので、写真的には違和感がそれほどないのですが、今後の勉強のため逆光時の写真で白とびを防ぐテクニックをお教え下さい。

・ポートレイトといっても身内の写真なので、レフ板は恥ずかしくてつかえなかった。
・背景をぼかしたかったので、絞りをF4くらいにした。
・このためシャッタースピードがISO100でも1/500くらい必要となり、所有している外付ストロボではハイスピードシンクロに対応していないため、日中シンクロもできなかった。

自分なりに考えられる対応策
(1)やはりレフ板をつかう
(2)ストロボをハイスピードシンクロできるものに買い換える
(3)背景をぼかすのをあきらめて絞り込む

使用機材
・KISS DN
・EF70-200 F4L
・SUNPAK PZ40X-CA2

Aベストアンサー

日中シンクロが手軽ですが、仕上がりで差がつきます。
カメラに付けた小さな光源からの光では
いっけん露出の合った、飛びのない画像が得られますが
よく観察すれば、たたそれだけのベッタリとした証明写真と同じです。
せっかく逆光の浅い絞りを選んでも何の意味もなくなってしまいます。

補助光は必要ですが、仕上がりの事を考えたら
やはり大きなレフを使うのが最善だと思います。



露出補正や逆光ポートレートなどをご存じなのですから
かなり撮影の知識をお持ちのベテランの方だと思われますが、
だったらなおさら、どんなものを撮る時にも最善を尽くしましょうよ。
「レフ板は恥ずかしくて使えなかった」んじゃなくて
「レフ板を使わなくて恥ずかしかった」と思うべきです。
結果が良くなる事を分かっていて、
それが出来たにも拘わらず、そうしなかった事を恥じるべきです。



もし日中シンクロにするにしても
ストロボ直射ではなくてアンブレラで反射させるなり
拡散させるなりしなければ、前述のとおり、絵作り上の効果はありませんから
それでもレフ使用と同じくらいの大袈裟な恰好になってしまいます。
だったらレフ使用のほうが手軽です。好きな絞りが使えますし。



使用するレフ板の大きさですが、チラシ程度の大きさのものでは
キャッチライトの効果は合っても、補助光としての効果はありません。
というよりも逆効果です。
1メートル四方くらいの白い(銀ではなく)ものを使うようにしてください。
よくアマチュアの方の勘違いで多いのが
「大きなレフは全身を照らすためのもので、顔だけなら小さくても構わない」というものですが
大きなレフは光を柔らかくして“被写体を包み込む”事ができますから
影の出方に大きな差があります。
ただ、大きいなりに眩しいですから、銀ではなく白にしたほうがいいです。
当然、反射光の質も違ってきますし。



それと、絞り込んでも被写体と背景の明るさの比率は変わりませんから
飛び具合は同じです。
厳密に言えば背景のボケ方の違いで
絞り込んだほうがコントラストが付きますから多少は違いますが、
やはり補助光は必要です。

日中シンクロが手軽ですが、仕上がりで差がつきます。
カメラに付けた小さな光源からの光では
いっけん露出の合った、飛びのない画像が得られますが
よく観察すれば、たたそれだけのベッタリとした証明写真と同じです。
せっかく逆光の浅い絞りを選んでも何の意味もなくなってしまいます。

補助光は必要ですが、仕上がりの事を考えたら
やはり大きなレフを使うのが最善だと思います。



露出補正や逆光ポートレートなどをご存じなのですから
かなり撮影の知識をお持ちのベテランの方だと思われます...続きを読む

Q白とびしない空の描写

空の描写を豊かな階調で表現するにはどうしたらいいのでしょうか?
添付写真の空は、ほんとうはグレーや薄いブルーなどの模様があったのですが、真白になってしまいました。露出などを変えて何枚も撮ったのですが、どれもうまく撮影できませんでした。
空を正面から撮影してきちんと色味を出す方法を教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

この写真を撮るとき自分に対して太陽はどの位置にありましたか?

空を青く見せるフィルターとして有名なPLフィルターを
使うときのセオリーとして、
「午前10時ごろから午後3時くらいまでの間で
 太陽と撮影者の位置を結んだ直角方向を
 見上げたあたりの青空に最も効果あり。」
とされていますが、実はこれはPLフィルターを使わないときでも
青空を青く見せるには、このセオリーを守らなくてはいけません。

逆光や半逆光では空気中の水分やちり・ほこりに太陽光が
あたると乱反射を起こし、綺麗な青空には見えません。
逆光でなくとも、空気中の水分が多いときややちり・ほこりが
空気中を多く舞っているときなどは、順光でも青く見えなく
なることがあります。

写真の画像についてですが
>ほんとうはグレーや薄いブルーなどの模様があったのですが、
いわゆるうす曇よりも天気がよくまだらに青空が見えている状態ですよね?
このような空の状態では、林の部分の露出を犠牲にして
空に露出をあわせなければ、青い色は見えてきません。
写真では、中央部分の林の緑色に露出があっているようです。

これが、秋の雲のはるかに高い青空とか夏の青空とかで
先に示した条件に当てはまる方向に向き、
その上で青空に露出をあわせて、青空らしい青空に写ります。

では、中央部分の林の緑色を犠牲にせず、綺麗に出るように
するにはどうするか、ということですが、光をカメラ側から
補うしかありません。
フラッシュを使うとか、露出補正するとか。

でも、こんなカメラから離れた被写体にフラッシュの光を
あてようと思えば、プロが使うクラスのガイドナンバーの大きい
フラッシュをフル発光に近い形で焚くしかありません。

それと、示された写真では、画面の中での空が占める割合が
全体の半分以下なので、通常の平均測光のカメラでは
林の方のディティールを出すために、こちらに露出をあわせようとします。
逆に、空を占める割合が多くなれば、林の部分の露出を犠牲して
空の部分に露出をあわせようとします。

青空の部分を綺麗に出したければ、青空の部分で露出をはかり
その露出でシャッターを切らなくてはいけません。

この写真を撮るとき自分に対して太陽はどの位置にありましたか?

空を青く見せるフィルターとして有名なPLフィルターを
使うときのセオリーとして、
「午前10時ごろから午後3時くらいまでの間で
 太陽と撮影者の位置を結んだ直角方向を
 見上げたあたりの青空に最も効果あり。」
とされていますが、実はこれはPLフィルターを使わないときでも
青空を青く見せるには、このセオリーを守らなくてはいけません。

逆光や半逆光では空気中の水分やちり・ほこりに太陽光が
あたると乱反射を起こし、綺麗な...続きを読む

Q半押しAEロックの良い点は?

AEロックについて質問です。
カメラの機種はNikon D90です。
この機種に半押しAEロックというものがあるのですが、半押しAEロックは普通のAEロックと比べて何が良い点なのか、いまいちわかりませんでした。
教えてください。

Aベストアンサー

ちょっと、質問の意図を取り違えたました。
要するに単独AEロック機能についての質問ですね。

これは、簡単に言えば、ピントと露出を別々に決めたり、同じ露光量で何枚も写したい場合に有効です。例えば、逆光では、どこに基準露光を以って行くかで、全く意図の違う写真になります。
また、激しく照度が変わる場合とか、強い光線が画角内に入って、露出計がそちらの影響を受ける場合です。

Qシャープにとる場合の絞り(絞りすぎはよくない?)

背景をぼかした写真をとるには、
「F値の小さい」レンズで、「絞りを解放」にして、なるべく「テレ端」でとること
だと認識しているので、

逆に全面シャープな写真をとるには、
その逆をすればいいとばかり思っていました。

どうも違うようですね・・
F値を絞りすぎると解像度が悪くなりました。
回折という現象も発生するとか。
具体的に、風景画など、全面絵を取る場合に適正絞りというものがあるのでしょうか。

(パンフォーカスなどは除きます)

Aベストアンサー

私は、師匠から困った時は絞り8と教わりました。
ただ、それは40年近くも昔の話です。でも色んな意味で現代でも通用する言葉だと思っています。

それはさて置き、レンズには設計だけでは取り切れない残存収差がありますが、光束を絞る事で歪曲収差を除き、残存収差が軽減します。
方や、絞りの縁を通る光束は、その裏側に回り込む回折現象が発生します。
つまり、絞る事で改善する残存収差と回折による画質の悪化の折り合いどころが、そのレンズの最高画質になります。

なお、大判カメラでは、f32なんて当たり前に絞りますし、コンパクトデジでは解放が一番良くて、絞ると画質が悪くなるものさえあります。

要するに、イメージサークルが大きければ、回折現象による影響は軽微ですが、イメージサークルが小さいと回折現象は無視できない量になります。

まぁ、レンズ設計次第ですが、35mm判に限れば、f5.6~11ぐらいの間で最高画質になると考えて良いでしょう。
ただし、レンズの性能を最高に引き出すには、手振れ限界シャッタースピード以上でも三脚を使い手振れ補正をOFFにする、正確なピント合わせは当然の事、適正露出と低感度設定で撮る事が必要ですし、シャープネスの掛け方でも見かけの解像度(ここで言う解像度は、出力解像度ではありません)も違います。
また、きちんとRAW現像すると解像度は上がります。

要するに、レンズの性能を最高に引き出すには、使い手の腕も問われると言う事を忘れてはならないと思います。

私は、師匠から困った時は絞り8と教わりました。
ただ、それは40年近くも昔の話です。でも色んな意味で現代でも通用する言葉だと思っています。

それはさて置き、レンズには設計だけでは取り切れない残存収差がありますが、光束を絞る事で歪曲収差を除き、残存収差が軽減します。
方や、絞りの縁を通る光束は、その裏側に回り込む回折現象が発生します。
つまり、絞る事で改善する残存収差と回折による画質の悪化の折り合いどころが、そのレンズの最高画質になります。

なお、大判カメラでは、f32なんて当たり...続きを読む

Q白とび黒つぶれについて。

 40代主婦です、表題について質問させて頂きますね。
 現在、一眼レフ入門機でお写真勉強中の主婦です。

  カメラの取り扱い説明書に アクティブ Dラィテングを
 強くすると「白とび黒つぶれ」を防げると書いてあります。

  初心者の私には「白とび黒つぶれ」の意味がわかりません
 白い物や黒い物が良く写らないと言う意味なのでしょうか?。

  お写真にくわしい方、ご指導お願い致します。
  お写真初心者の主婦より。



 

Aベストアンサー

簡単に言うと

白とび黒つぶれば

クリーム色のもっと薄い色と純粋な白の区別がなく全部白になったり
影などがめちゃくちゃ濃いグレーと黒の境がなく黒ベタに塗ったような感じになることです。

コントラストを強調すればメリハリが付く反面、白とび黒つぶれになる可能性が高くなります。
ただし、素人目には多少コントラストが強いほうの写真を好むような気がします。

個人的にはDライティングは影の部分を明るくして
全体を明るい写真に補正するので
どちらかというと陰影はなくなるイメージがあります。

http://diji1.ehoh.net/contents/shirotobi.html

Q手持ち撮影の最遅シャッタースピードについて

当方、MFカメラを祖父から貰い受けた素人です。
カメラの外付け露出計で測定すると、F2で1/15などの表示がされます。
そこで、普通の構え方で手振れしないシャッタースピードはどれくらいなものでしょうか。
手振れしないように特に意識する場合と、何も意識しないで普通に構える場合とで、差はどれくらいあるものかも、経験的に知識をお持ちの方、ご教授お願いします。
当方が持っているレンズは、F2まで、F2.8まで、F3.5までなどです。

Aベストアンサー

 こればっかりは慣れによって変わります。

もちろんレンズにもよりますが、1秒を止める事もできますし、1/1000秒でもブレる時はブレます。

1/焦点距離が目安といいますが、ブレる人は1/125sでも1/500sでもブレます。

カメラの性能云々よりも、練習ですので日々カメラを構えるなど、もちろんシャッターも切って練習してください

少なくとも1年も立てば、最低限の1/焦点距離のシャッタースピードでブレなくなります。

Qみなさん常用フィルターはどのようなフィルターを使っていますか?

フィルターについて少し教えてください。

色んなフィルターがあることが分かり、青空をキレイに写すならPLフィルターがよいなどは分かってきました。
今使っているフィルターは
kenko pro1 digital
です。
単に一番初めレンズを購入した際に、店員さんからこれがいいと強く勧められたからです。
そのおかげで?今持っているレンズ全てがこのフィルターです。

しかし調べていくうちに、常用フィルターはUVカットの方がいいとか、丹に保護だけのフィルターは無意味という情報が入ってきました。

これからPLフィルターなどを購入するのに、UVカットのフィルターも併せて購入した方がいいのか、フィルターが2枚重ねはよくないからPLフィルターだけでいいのかなど教えてください。

撮影しているのは、鳥・猿・イノシシ・鹿などの野生動物や、風景がメインです。
最近になって人も撮り始めています。
動物は70-300mmのシグマのレンズで、風景・人物は17-70mmの標準ズームと30mm f1.4のシグマの単焦点です。

風景や動物はPLフィルターでいいと考えていますが、間違えてたら教えてください。
よろしくお願いします。

フィルターについて少し教えてください。

色んなフィルターがあることが分かり、青空をキレイに写すならPLフィルターがよいなどは分かってきました。
今使っているフィルターは
kenko pro1 digital
です。
単に一番初めレンズを購入した際に、店員さんからこれがいいと強く勧められたからです。
そのおかげで?今持っているレンズ全てがこのフィルターです。

しかし調べていくうちに、常用フィルターはUVカットの方がいいとか、丹に保護だけのフィルターは無意味という情報が入ってきました。

これ...続きを読む

Aベストアンサー

ども。
フィルターに何を求めるかによって考え方が変わることだと思います。PLフィルターは不要な反射を取り除きますが,その効果を利かせると露出が下がりますので,そういう効果を狙いたい時だけ使ってください。
UVフィルターは風景などで考えるのでしたら常用フィルターでもよいと思います。
単なる保護フィルターが意味が無いかと言えばそういうわけでもなく,レンズに対して特に光線の補正をする必要がなく,安価に保護したいのでしたらそれでよいのではないでしょうか。

Q画像の形式でJPEGとJPGがありますがどう違うんですか?教えて下さい

画像の形式でJPEGとJPGがありますがどう違うんですか?教えて下さい。
使用形式欄にデジタルフォトフレームにはJPEGしか書いてありません。JPGは使えるんでしょうか?
教えて下さい。

Aベストアンサー

JPEGは画像フォーマットの名前です。

JPGは、画像フォーマットの拡張子でJPEGファイルの拡張子となります。

だから使えますよ。

以前のOSでは拡張子は3文字で表さなければいけないと言う決まりがありましたのでJPEGファイルの拡張子はJPGでしたが、最近のOSは3文字以上の拡張子も利用できましたので、拡張子をJPEGと4文字としてる場合があありますが、一般的には画像ファイル形式としての説明でのJPEGとなります。

Q偏光(PL)フィルターなしで青空を撮影する方法を教えてください。

偏光(PL)フィルターなしで青空を撮影する方法を教えてください。
通常の撮影では青空のはずが真っ白い空になってしまいます。
シャッタースピード、露出補正、ホワイトバランス等の設定を変更して青空の撮影は可能になりますでしょうか。
青空を撮影する方法の色々なテクニックを教えてくださいませんでしょうか。

Aベストアンサー

「通常の撮影」で問題無く青空は写せますよ。青空のはずが真っ白い空になっているのだとしたらそれはそもそも無茶な条件で撮影してるだけですね。青空を写す「だけ」なら特別なテクニックなんぞ何も必要ありません。「当たり前の事を当たり前に」やればいいだけです。

「当たり前」が分からないのであればシャッター速度を1/iso感度(sec)絞り値F11~F16に設定して撮影してみて下さい。ちゃんと青空が青空に写りますから。
但し「青空」と「それ以外の何か」を両立させようとするなら場合によって他の方々の回答にあるような対応が必要になります。


人気Q&Aランキング