ちょっと変わったマニアな作品が集結

今朝、交通事故を起こしました。
わたしは原付バイク相手は軽自動車です。
信号待ちを軽自動車の後ろで待っていて青になり進みだしたため発信したところ前方に大型トラックの路駐を見つけました。そのときスポーツタイプの自転車が路駐車を追い越そうとふくれました。
わたしは軽自動車の中を通して確認できましたが、既に遅くて軽自動車は急ブレーキをかけてわたしもブレーキをかけましたがぶつかりました。
相手の方はケガは幸い一切なくあたしだけ数ヶ所打撲です。車はテールランプの破損(この時点では)、わたしのバイクは前輪カバーが大破です。
警察官が来て「あとはお互いの保険会社で話し合いを」と言われました。
わたしの自賠責保険は相手の方のケガにのみ対象なのでテールランプの破損はあたしが負担だと伝えました。
その後相手の方から連絡があり「今回の状況だと保険は使わないからテールランプとバンパーの修理をお願いします、あなたの(わたし)バイク修理代、整形外科への受診料はあなたの実費で」と言われました。ん?バンパー?あのときはテールランプだけと言っていたはずなので見積書を頂きその後修理を開始していただくことにしました。
交通事故は初めてでわたしは加害者側なのでしょうか?よく10:0とかの割合を聞きますが、わたしは10になりますか?
どのように相手の方と話を進めていけばよいのでしょうか?
よろしくお願いします。
どちらもスピード違反などはありません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

まず状況から言って100:0でしょうね。


動いている者同士だから、100:0はないなんて言う
素人の回答は今回のケースには当てはまりません。

また自賠責しか加入してなければ、自賠責の保険会社は
そのような場合(対物事故)には一切動いてくれません。
すべてご自身での解決となります。

さらに、自分のけがは自賠責からなんと言う回答も
ありえない事です。
自分の自賠責は相手被害者のけがに対応するものであり
貴方のけがには関係ありません。

100:0のケースでは相手の自賠責も貴方には適用され
ません。

以上明確な事案です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
本日見積書が届きまして、30万ほどすると言っていたかたもいましたが4万7千円ほどの内容でした。過剰に見積もられたかんじもないですし、相手の方に連絡を取り終わらせる予定です。

お礼日時:2015/03/14 21:34

残念ながら100対0の事案かと思われます



そもそも車間距離は前走者が突発的事態で急停止しても停まれる距離を取らなくてはならない義務があります

軽自動車越しに自転車を認識できてたならなぜ減速しなかったのですか?

「だろう運転」ではなく「かもしれない運転」を心がけるべきです

テールランプよりもバンパーの方がはみ出てるので、「テールランプを破損させた=バンパーにも当ってる」のは間違いないです

見積書をいただいてお支払いください
(生計を共にする)ご家族のお車の保険に「ファミリーバイク特約」を付保していればそちらで対応できますが・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
車の保険にはバイクは入っていませんでしたので実費で支払うことにします。
バイク乗り始めたころはビクビクキョロキョロしながら運転してたはずがいつからか怠慢になっていたのかもしれません…相手の方にケガがなくて本当によかったと思います。

お礼日時:2015/03/14 21:29

>わたしは加害者側なのでしょうか? わたしは10になりますか?


・先行車が急ブレーキをかけたのは自転車との衝突を避けるためなので過失なし。
・原付が先行車に追突したのは、車間距離不足によるものなので過失あり。

 追突事故の場合、(先行車が追突被害を回避する方法が無いので)原則0:100になります。
 十分な車間距離を取っていない後続車の過失しか存在しない。

ポイント:先行車は急ブレーキ以外に自転車との衝突を回避する方法はあったのか?
     駐車する大型トラックを避ける自転車の動きをもっと早く予見し、
     普通に減速出来たとすれば、5-10%の過失が問えるかも知れないが、
     覆る要素は低いので、質問者さんの心象はかなり悪くなると思います。

急ブレーキなんかかけないで、自転車を轢けば良かったじゃん。
そうすれば私はあなたにブツからないで済んだのに!! なんて考えはないでしょう。

>車はテールランプの破損(この時点では)、わたしのバイクは前輪カバーが大破です。
 原付の前輪カバーの高さは、クルマのバンパーの高さでしょうから
 バンパーにも損傷があったと考えられます。
 パッと見、何とも無くても、
 バンパーを支えるステーが押しつぶされ変形していても不思議はありません。

修理期間中の代車は、相手が仕事や通勤通学で使う、身体障害者でクルマが必要な場合以外は
提供する義務はありません。
買い物に行くのに不便だとか、レジャーに行けないだとかは支払い対象から外れますから
相手の「過剰請求」になります。
まぁ、支払ったとしても違反ではないので、
示談書を交わす際のポイントなることがあるから「支払うな」ということではありません。

>どのように相手の方と話を進めていけばよいのでしょうか?
 示談書を交わして頂ければ、修理費用は私が責任を以って修理工場に支払いをします。
 と示談書を交わし、修理代を支払って終わりです。

自身のケガは原付の自賠責で
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
本日、見積書が届きました。過剰に請求されたかんじはありませんでしたし、ほとんどがバンパーの部分でした。
わたしの自賠責では自分のケガは対象外なので…

お礼日時:2015/03/14 21:25

質問者さんの過失が10割です。



質問者さんご加入の任意保険での対応となります。
今すぐにお世話になっている代理店さんに電話してください。

それだけで全てが完了します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
動いている車両同士のため10とはならなくても8ぐらいにはなると言う人もいます…
どう違うのでしょうか?
それは誰が判断してくれるのでしょうか?

お礼日時:2015/03/12 22:46

No.6です。


自賠責の《初出時書き換え》保険会社では動いてくれませんでしたか。
結果的には、ご苦労をかけたかもしれません。
お騒がせいたしました。
    • good
    • 0

No.2 です。



正直、自賠責だけだと、どの程度保険会社が動いてくれるかは、自信が持てません。
でも、「全然動いてくれなかった」としても、今の状況に比べて損になることはありません。
動いてくれればラッキーです。

「動いてくれるでしょうか?」は、保険会社に問い合わせましょう。
問い合わせはタダです。
そして、一般人が事故書にり慣れていないのは当然のことで、そこでサポートをしてくれてこそ、保険会社です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わたしの自賠責保険の電話では相手にケガがないのであればこちらにお電話いただいても何も出来ないから任意保険の方に連絡してくださいとのことでした。
車の保険を確認してみようと思います。

お礼日時:2015/03/12 19:33

あなたの過失割合は10となります。


お互いが動いていても、10:0になる場合があります。
追突であれば間違いなく10:0の過失割合。

前の車が故意に急制動かけたのであれば、10:0にはならないでしょうが、
危険回避のための制動で後ろから追突したのですから、
過失割合10となり、あなたが相手の修理費用を全部払わなければなりません。

実際似たような状況で後ろからぶつかってきた原付にすべて賠償させた事がありますので、
間違いありません。
過失割合が0の場合任意保険会社が手出しできません。
示談代行も行えなくなりますので、自身で相手と折衝できない場合は、
弁護士特約を使う必要が出てきます。
(自分は弁護士特約も使わず相手の保険会社と余裕で折衝しましたけど・・・)

安全な車間距離を取っていなかったあなたが悪いのです。

自賠責保険は人身に対してのみ適用される保険です。
車両に必ずつけなければならない強制保険です。
物損に関しては自賠責保険では一切保証されませんし、
示談代行サービスもありません。
全て自身で折衝及び賠償しなければなりません。

任意保険に加入しないで、公道を走行できる人は、
相当な高額な賠償額でもポンと払える人。
相手との適正な折衝が出来る人。
であれば、任意保険に加入していなくても対応できるでしょう。

家族が車の任意保険に加入していて、ファミリーバイク特約を付帯させていれば、
それが使えますよ。

任意保険が使える状況でないとすれば、修理費用はあなたが自身ですべてを支払いしなければなりません。

10:0なので相手に代車費用(修理時に借りるレンタカーの費用)も負担しなければなりません。
最低でも賠償30万円コースですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
実際のお話はとても助かります。車の方での保険を確認してみようと思います。

お礼日時:2015/03/12 19:30

今回の事故は10:0ではありません。


通常、両方の車両が動いていた場合での追突の過失割合は2:8とされています。あなたに「8割」の過失があるので相手車の修理費の8割があなたが相手に払う賠償金です。
そしてあなたのバイクの修理費の2割が相手から支払われます。(破損個所の写真と修理工場からの見積書が必要です。)
これが対物の部分です。

今回、あなたが怪我をしたので治療費、慰謝料などが相手の自賠責保険から強制的に支払われます。
怪我に関しては例え相手に過失がなかったとしても、あなたへの支払いの義務が生じています(無過失賠償といいます)。

相手に相手の保険会社に事故報告をしてもらってください。
今回の事故の場合、必ず相手の保険会社は動いてくれます。
保険会社が動けば過失割合もはっきりします。(バイクの場合3:7になる可能性も出てきます)
相手が保険を使いたがらないのは、保険を使って無事故割引が減ることを嫌がっての事だと思います。大した怪我でなければ自賠責保険の補償内で済むし、あなたへのバイクの2割の賠償を相手が自己負担すれば相手の保険会社が動いても無事故割引に影響はありません。
相手が受け付けなければ、現場に来てくれた警察署に診断書を持って行って「怪我をしたのに保険会社に事故報告をしてくれない」と事情を話すのも1つの方法です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
他の方とまったく違う意見のため少し驚いています。父にも事情を話したところ割合まではわからないものの両者動いていたのであれば10ではないと同じことを言っていました。
保険会社を使えないではなく(対象とか、わかりませんが)使いたくないだとは思いもしませんでした。

お礼日時:2015/03/12 18:17

あなたが加害者で100%の責任を負います。


http://www.jiko2.com/kasituwariai/c027-.html

>見積書を頂きその後修理を開始していただくことにしました。

あらら、OKしちゃったんだ。

それなら、請求があった時に支払ってください、安くて50万円ほどでしょうから、それを用意しておいてくださいね。

請求があったら、○○日(1週間後とか)に指定の口座に振り込ませていただきます、と連絡をします。

相手に見積もりだけを出させると、今回のようにバンパーも傷ついてるからついでに請求しちゃお(はーと)と言う輩が出てきますから、それを防ぐ為に第三者を入れるのが、普通です。

警察に事故の調書がありますから、そこに書いてある部分だけが今回の事故でおきた被害なので、それに関しての弁償をします。

でもOKしちゃったので、この回避技は使えなくなりました。

事故をしたら、必ず誰か(年上の人)に相談するようにしてください

原付の任意保険は年間で1万円ちょっとなので次から入っておくといいですよ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
わたし的にはまだオッケーした返事をしたつもりはありません。
相手の方は見積書通りに支払いをと言っていましたが、あたしはバンパーは聞いていないので見積書を確認します、そのあとのお返事でよろしいですか?と言いました。
これはオッケーという意味ですか?

お礼日時:2015/03/12 18:11

え、こういう所で質問している間に、急いで「自分の保険会社」に連絡を入れてください。


「私は10になりますか?」なんて、保険会社に聞くのが確実です。

滅多なことでは、「10:0」はありませんから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
質問でも申し上げた通りです。
わたしの保険会社は相手の方のケガにのみ対象です。それでも保険会社に連絡して相談出来るのですか?

お礼日時:2015/03/12 17:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング