プロが教えるわが家の防犯対策術!

先日まで快調だったチェーンソーが
2,3日置いたらかからなくなり、ネットで調べた所
燃料かぶりを疑い、プラグの拭き取り、さかさにしてスターターを引くなどして
かかるようになりました。
ところがアイドリングが不安定というか、始動してもふかさないと止まってしまいます
しばらく動くこともある感じです。スターターですぐ再始動はできます
まだたまり燃料が出きっていないということでしょうか?
チョークは引っ張った状態で、スターターを何度も引いてはいけないことはわかりました
しばらくここに気をつけて、何度かプラグを抜いてスターターを引く作業を繰り返せば治るでしょうか?

またプラグを見ると先端の部分で、火花が散る部分がくっついているように見えます
ここはこれでいいのでしょうか?
プラグ差し込み部分は空間になっているし、潰れる要素がないと思うのですが・・・

また上記の症状が出た時、燃料とオイルを口いっぱいまで入れてしまいましたが
これは関係あるでしょうか?
それともチョーク状態でスターターを引きすぎて、今までの文が溜まっていたのが
出た感じなのでしょうか?
その数日前までは全く快調でこのような症状が出たことはありませんでした。それまで一週間くらい使用していました

まだ去年買ったばかりでオイルなどを切らしたことはありません

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

新品2年目で稼働時間が少ないなら点火プラグは清掃するだけで復活します。



http://www.ngk-sparkplugs.jp/search/readme.html

点火プラグがくすぶっている状態はエンジン始動時チョークを引いたまま何回もスターターを引っ張ることによります。

輸入品に多い始動方法は最初に点火爆発があったらチョークを戻して再度スターターを引くと始動するというものがあります。

国産の場合2〜3回チョークを引いたままスターターを引っ張ってつぎからはチョークを戻して引っ張ると始動するというのが多いです。

燃料をダイヤフラムキャブレターまで送るプライマリーポンプがついている機種は始動前に必ず燃料をキャブに充満させないと始動できません。

吸いすぎてかぶったエンジンはアイドリングでしばらく暖機運転してやるときれいに乾きます。ただし、これを繰り返すとカーボンはあちこちに付着します。

チェーンソーなどの小型2サイクルエンジンは燃料が行き渡って暖まっていると再始動は簡単ですが、冷えた状態からは手順にくせがつき、チョークを戻すタイミングが習慣化しやすいです。説明書を再度読み機種にあった始動方法をマスターされると確実です。
    • good
    • 0

エアクリーナーは大丈夫でしょうか?おが屑を大量に吸い込んで目詰まりしていませんか?


http://kikaim.com/cnec.html

また2ストエンジンの場合、混合ガソリンがキャブから漏れてきてエレメントに染み込むとオイル分でがちがち、ねばねばになっちゃいます。
この場合は灯油で清掃するか交換になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
まだそれほど使っていないので、クリーナーはまっさらな状態でした

いろいろ情報をありがとうございます

結果としてはプラグがかぶり、汚れていたせいで
かかってもエンストが起きていただけで、
プラグの清掃でまったく復活しました。
皆様有難うございました!

お礼日時:2015/06/24 18:33

まずは点火プラグを交換してください。


ホームセンターに行けば同じ型式のものか、互換性のあるプラグがありますから、それを購入してください。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q刈払機のキャブ不調に詳しい方教えて下さい。

刈払機のキャブ不調に詳しい方教えて下さい。

一般的なUハンドル型刈払機を使用しているのですが最近不調に悩まされています。

症状はスロットル全閉の時にプラグがかぶるというものです。
燃料の調整はできています。

草刈作業を終えてエンジンを切ると再始動はプラグを外して10回位クランキングをして
シリンダー内、キャブ内の燃料を飛ばしてやらないとかかりません。

スロー時、およびエンジン停止後に多めに燃料が吸い込まれているようです。

燃料タンクのキャップを緩めて内圧を下げる等も試してみましたが代わりないようです。

どなたかご教授下さい。

Aベストアンサー

他の方が沢山書かれているので、それ以外についてアドバイスします。問題は再始動時に燃料かぶりによりエンジンがかからないとの事から判断すると、燃料のオーバーフローが原因の可能性がある。この現象は夏季に炎天下でエンジンを使い、そのまま置いておくと燃料タンク、パイプ、気化器がオーバーヒートされ中の燃料がエンジンのクランクケース内に流れ込み、プラグをかぶらせたり、オーバリッチになってエンジンが始動しないことが多々あります。燃料タンクのキャップを外しておくとタンクの内圧が上がらないので、この問題は解決される場合もありますが、パイプ内、気化器内の燃料が矢張りエンジン内に流れ込むので、解決できない場合もあります。特に刈った草等がエンジンのシリンダ・フィン、冷却フアン入り口、出口等に詰まっていると多分この現象は起こるでしょう。きれいに掃除して草等の塵は取り除く事が必要です。また熱間再始動の場合は、エンジンを止めるときにしばらくアイドリングで回し、エンジンを冷却してから止めると解決される時もあります。
逆に、燃料系のオーバーヒートがあれば、燃料系のパイプ内でガソリンが気化し、気体となり燃料が流れなくなりエンジンンがかからない場合もあります。これも熱間再始動時のトラブルになります。この問題は今回の場合の原因でないかもしれませんがーーーーーー。

他の方が沢山書かれているので、それ以外についてアドバイスします。問題は再始動時に燃料かぶりによりエンジンがかからないとの事から判断すると、燃料のオーバーフローが原因の可能性がある。この現象は夏季に炎天下でエンジンを使い、そのまま置いておくと燃料タンク、パイプ、気化器がオーバーヒートされ中の燃料がエンジンのクランクケース内に流れ込み、プラグをかぶらせたり、オーバリッチになってエンジンが始動しないことが多々あります。燃料タンクのキャップを外しておくとタンクの内圧が上がらないの...続きを読む

Q農機のエンジンがかかりません始動方法を教えて下さ

ガソリンエンジンの農機が始動できません。
・チョークは引いています。
・プラグはスパークします。
・プラグを外して直接シリンダ内に燃料を少し入れ、再度プラグを取り付けた後にリコイルロープを引いても爆発すらしません。
・リコイルロープ引いていると、たまにマフラーからバックファイヤーします。
これらの症状から考えられる対処方法を教えて下さい。

Aベストアンサー

農機の点火系統はフライホールマグネトー、断線以外に壊れる所がありません。
チョーク引いて何回もトライすると、ガソリンの飲み過ぎになります(プラグの状態は?),濡れているようならプラグはずしたまま(アクセル前回)クランキングしてはき出してから(特に2サイクルは)トライ。
ガソリンの点下はキャブのエア吸い込み口への方が効果的。
燃料がキャブにきている状態では、チョークで数回トライの後は、チョーク引かずにトライ、アクセルの開度微妙に調整してトライ。
ダメなときは、先の回答者のとおり基本の整備。

Q2回目がかからない2サイクルエンジン(農機具)

リョービ RCV-1100 小型管理機でキャブはワルボロ製です。エンジンは草刈り機のような物で燃料は混合(25:1)です。キャブをオーバーホール、メタルダイヤフラム、ポンプダイヤフラム、プライミングポンプを交換。つまり等はないと思いますが、組立後に1回は始動するものの2回目がかかりません。但しエアークリーナーを外してコンプレッサーで内部を吹いてやると確実に始動します。この時キャブ内部に燃料が残っているのでしょうか目で霧状の燃料が確認出来きます。プラグはかぶった感じはありません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

なんか負圧系がダメな感じがします。
ポンプダイヤフラムの組間違いとか、負圧ルートが詰まって負圧掛からないのかな?
ワルボロだからキャブ内部のルートが詰まってませんかね?
クランクケースからキャブまではホースですか?
劣化して割れて負圧掛からないとか?

Q農機キャブエンジンの不調について

エンジンの不調に悩んでおります。
スロットルを開き、回転を上げていくとグゥーン、グゥーン、グゥーンと息継ぎをしたような感じで不調になり、2分位するとエンジンが停止してしまいます。またアイドリング状態で放置していると、1分位経った頃からだんだん不調になり3分位でエンストしてしまいます。エンジンが停止した際は再始動しようとしてもかかりません。その際プラグを外してみても燃料で濡れておらず白く焼けている状態になっています。その後5分位でしょうか暫くしてから始動を試みるとかかります。そしてまた同じ状態でエンストします。キャブをオーバーホールしても特に詰まっているジェットはありませんでした。また、キャブとフローとチャンバーとの合わせ部から滲みがありました。
考えられる原因やその他点検してみるべき個所がありましたら教えてください。

Aベストアンサー

燃料タンク内か燃料ラインなどにゴミなどが原因で詰まりがある、燃料コックに沈澱瓶が有れば大抵大きなゴミを取るくらいしか役はしませんがゴミが溜まっているなど、後はタンクのエヤー弁との穴がきちんと作用していない等キャブまでスムースに燃料が来ていない。

もちろんキャブのフロートバルブなどが正常ならと言うことでエンジン停止時にはキャブのフロート室にガソリンが少しづつ来るが回転を上げるとあっという間にキャブのガソリンが無くなる、しばらくしたら又フロート室に溜まるから始動できる。

もちろん燃料ラインのゴミ詰まりが無くても同じ症状ならタンクのキャップを外すなどしてタンク内が負圧に成っていることが原因か確認もしましょう、農機具などでは埃などが原因でエヤーベントの詰まりは結構経験してますよ(大抵タンクキャップに有るはず)

後はメーカーにも夜かも知れませんがキャブ自体にフロート室内の空気が自由に出入りできるようにキャプに大気解放の為に下向きなどにゴムやビニールのホースが取り付けている場合がありここが詰まるとスムースにキャブに燃料が来ません(有るメーカーのゴルフカートも同じような構造でした)耕耘機などでも見ています。

従って上記の様な事が無いか今一度確認しましょう・・・

燃料タンク内か燃料ラインなどにゴミなどが原因で詰まりがある、燃料コックに沈澱瓶が有れば大抵大きなゴミを取るくらいしか役はしませんがゴミが溜まっているなど、後はタンクのエヤー弁との穴がきちんと作用していない等キャブまでスムースに燃料が来ていない。

もちろんキャブのフロートバルブなどが正常ならと言うことでエンジン停止時にはキャブのフロート室にガソリンが少しづつ来るが回転を上げるとあっという間にキャブのガソリンが無くなる、しばらくしたら又フロート室に溜まるから始動できる。

もち...続きを読む

Q2サイクルエンジンがかかりにくい理由

カテ違いと言われるかもしれませんが,「車」に出すより,こちらの方がこの問題に
関心を持っておられる方が多いかと思いまして・・・よろしくお願いします。

以前から疑問に思っていることなのですが,2サイクルエンジンは,何故かかり
にくいのでしょうか?

設計・製造が適切に行われた製品を,適正な使用方法で使用すれば,空気比・
燃料濃度も適正に行われて燃焼室に入り,適切なタイミングで点火が行われれば
起動するはず,と思っています。

しかし,2サイクルエンジンの場合,一発でかかることは,先ずありません。
農業用の2サイクルエンジンの紐を引っ張っていて,この仕事は無限に続くのではないかと,恐怖に襲われることさえあります。(-_-;)

燃焼室温度が上がってないことを理由に挙げる人もいますが,それはそんなに
利きますか?
そのことは,4サイクルエンジンでも同じ条件ではないですか?

2サイクルエンジンが何故かかりにくいのか,また,これが将来,改善される可能性の有無等,について理論的なご説明をいただければ幸せです。

Aベストアンサー

#1さんのめちゃくちゃな論法を論理的といわれてちょっと問題がありますので再度解説させていただきます。
なお、彼の間違いは「したがって、ただでさえ燃焼室温度が上がっておらず燃料が十分に気化できない2ストの
始動時は、ますます混合気が燃料不足状態にある」

始動時には燃焼温度は関係ありません。というか始動(燃焼)していないので温度が変化するものでもありません。
この場合の内燃機関の燃料は混合気(ガソリン(液体)粒子と空気の混合体)であって、気化したものではありません。


内燃機関を気持ちよく動作させるキーワードに3つの事柄があります。貴方も仰ってる通り+アルファとして
良い火花 良い圧縮、良い燃料(混合気)この要素が欠けていると調子は悪くなり始動もままなりません。

車の始動性は格段に良いですよね?
冬場だろうが夏場だろうがセル回してほとんど一発で始動します。
これはセルスタータの機能より、良い混合気を作る装置(インジェクション)にかかわることが大きいです。
コンピュータ仕掛けのインジェクション装置により、そのときの状況に最適な混合気が作られるからです。
では、なぜ現状がだめか。キャブレター仕様だからです。車でキャブレター仕様は特殊なものをのぞき今は無いと思います。

1:「この問題は将来的に改善される可能性があるか?」

コスト的な問題がありますが、改善されるでしょう。
原付程度の小さなバイクにもインジェクションが搭載されようとしています。
これはコストより環境問題が優先されたためです。
インジェクション(コンピュータ仕掛け)とすることで理想的な燃料が作られるからです。→排気ガスもコントロールできる。
キャブは自然吸気によるコントロールですので全体をコントロールできない。

2:「何故かかりやすいエンジンとかかりにくいエンジンがあるのか?」
まず、キャブレター仕様では混合気(理想的な燃料配分)が1過程でしかコントロールできません。
ムラが多すぎますので、それを少しでも均一化するため、こまめなメンテナンスが必要になります。
ちょっと強引ですがひとつの要因になる答えを簡単にすますとメンテナンスされている内燃機関とされていない機関の違いです。
また、話が長くなりますので#7さんの回答で割愛します。

良い圧縮の問題が残ります。
ご質問のエンジンの構造上、紐を引っ張ることで始動となっていますよね。
このときに何が起こっているかと申しますとクランクを回してピストンを上下させています。
この紐を引っ張る速度も圧縮速度にかかわってきます。
紐を引っ張るとクランクが回り、ピストンが上昇して混合気を圧縮したところで点火してるのはイメージで感じるかと思います。

2サイクルと4サイクルの違いで明確なのは、2ストロークの場合、クランクが1回転して、圧縮+点火となりますが
4サイクルの場合は、クランクが2回転してから、圧縮+点火となります。これは機構ですので間違いの無い事実です。
単純に考えると、毎回、紐を引っ張る長さが同じだとして紐を引っ張ることでクランクが2回転するとします。
2サイクルでは点火作業が2回。4サイクルでは1回しか起こりません。
また、4ストロークと2ストロークでは機構の違いにより、紐の引っ張り抵抗も変わってきます。2ストロークのほうが抵抗値が低いです。
ということで圧縮スピードも速められます。2ストロークにもマイナス要因はありますが、これらのことを踏まえると
内燃機関始動のステップでは2ストロークのほうがかかりやすい確率式ができます。

あくまでも確率式ですので誤解がないように願います。

この程度の説明しか上手く説明できませんが、将来的には4ストローク インジェクション セルスタータのモデルであれば
車のように一発始動となりえるでしょう。(機構的には今の車と同じです)
紐で始動だと車の始動とはいきませんが今の4ストロークよりは格段に始動性は向上するでしょう。
2ストロークがコスト的に安い、構造的に4ストよりも単位時間当たりのパワーが出るのですが、メンテナンスの問題および
燃料にオイルを混ぜて一緒に排出という環境問題から淘汰される運命です。
(国産バイクは50ccを除くものは既に製造中止になっております)
本田は2ストローク、インジェクション セルスタータのモデルの開発は終わらせておりますが、製品化しておりません。

ちなみに同様のエンジン(内燃機関)は2ストロークでも4ストロークでも始動させた経験はあります。

#1さんのめちゃくちゃな論法を論理的といわれてちょっと問題がありますので再度解説させていただきます。
なお、彼の間違いは「したがって、ただでさえ燃焼室温度が上がっておらず燃料が十分に気化できない2ストの
始動時は、ますます混合気が燃料不足状態にある」

始動時には燃焼温度は関係ありません。というか始動(燃焼)していないので温度が変化するものでもありません。
この場合の内燃機関の燃料は混合気(ガソリン(液体)粒子と空気の混合体)であって、気化したものではありません。


内...続きを読む

Q耕運機のエンジンが止まる

 運転して5分ほどで、「プスッ」とエンジンが停止してしまいます。
 ちょっと休ませると、再始動できます。1分休ませれば30秒程度稼動しますし、5分休ませれば2分くらいは使えます。
 負荷をかけずに、空運転をしている分には止まりません。
 燃料系かと思い、キャブレター、エアクリーナーの掃除はしました。止まった直後にコックを閉めフロートタンクをチェックすると、ガソリンの供給はされているようです。
 エンジンのフィンが特に汚れている様子も無いので、オーバーヒートではないだろうと思います。オーバーヒートにしては、早く止まりすぎではないかと。

 10年以上前から使用している家庭用の小型耕運機です。そう頻繁に使うわけでもないので、だましだまし使っていますが、直せるものなら直したい。
 エンジンオイルは購入3年目くらいに、ギヤオイルは5年目くらいに交換しました。始動は軽快なので、いったい何が原因なのでしょう?
 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは

たぶん、オーバーヒートでしょう。
オイルが循環していないのでしょう。オイルを交換か、一度抜いて粘度など劣化具合を確かめましょう。
耕耘機の型式などが分かれば、もっと的確な回答者が出るでしょう。

Qチョークレバーを全開にするとエンジン停止してしまう

ロビンエンジン EH17-2B搭載の高圧洗浄機(中古)を購入したのですが、チョークを全閉状態では始動するのですが、始動後半開~全開に戻そうとするとエンジンが停止してしまいます。

通常運転時はチョークは全開状態だと確信しているのですが、このエンジンだけには頭かかえています。  どなたか アドバイスをお願いいたします

Aベストアンサー

どんなキャブレターなのかわからないのですが、キャブレターのインテークを塞ぐ方式(文字通りのチョーク)ですか?
バイクなどでよく見かけるスターター回路を持つタイプだとレバーオンでオープン状態でオフではクローズになります、でも一般的にそういうタイプもチョークと呼んでいる場合も多いので操作そのものが逆になることを理解しておかなければなりません(後者の場合操作時ほ基本的にスロットルバルブは閉じて始動します。

もし、ごく普通にインテークを閉じるタイプでおっしゃる現象ならば、スロットルに状態はどうでしょうか?
コンディションの良いエンジンならばアイドリングは維持できますが、そうでない場合はスロットルを若干開き気味にするといいかもしれません。また、暖まってしまうとアイドリング維持するのであれば混合気が薄過ぎかもしれません、スロージェットのつまりやメインジェットのつまりなどの可能性もあります(いわゆるキャブ掃除が必要)。

Qチェーンソーのオイルが漏れる

修理に出すべきか悩んでます。
チェーンソーを床に置いておくと、チェーンソーオイルが漏れます。
どの位かといえば、2週間置いておいて、50ccから100cc位もれました。
これはこういうものなのでしょうか?
それともチェーンソーオイルの吹き出し口を閉じれば直るものなのでしょうか?
もしくは何か欠陥があるのでしょうか。
チェーンソーはエンジンチェーンソーで、タナカ工業の刃の長さが35cmのものです。
アドバイスをよろしくお願いします。

Aベストアンサー

オイルとは、チェーンに供給する潤滑油でしょうか。
キャップに小さな穴が空いていますが、それが詰まっていると温度差によってタンク内に圧力が掛かり、その圧力で押し出されることもあり得ます。

それとも燃料ですか。
燃料の方で有れば長時間使わない場合は一旦抜き取っておいた方が良いですよ。
パッキン類が劣化を早め、性質上わずかな隙間からでも漏れる可能性があります。
キャップの穴については潤滑油と同じ事が言えますが、この場合はエンジンの調子もおかしくなるはずです。

いずれにしても、それほど精密には出来ていませんのでわずかな漏れは仕方ないにしても少し多すぎますね。
どこかにゆるみが有るのかも知れません。

Qチェンソーで切り口が右に曲がってしまいます

チェンソーで横(水平)置きにした丸太を切ると、徐々に切り口が右に曲がってしまいます。
ガイドバーは替えてみたし、上下を反対にしても変わりませんでした。
チェーンは新品に交換したところ、しばらくは真っ直ぐ(垂直に)切れていたので、
自分の刃立てが下手なのだと思います。
目立てゲージは使っていませんでしたので、今後は買ってみて使う予定ですが、
使わなくてもできるように上達したいです。

そのために、教えてください。左右の刃の研ぎ方が違うから曲がるのだと思いますが、
丸太を切るときにガイドバーを垂直に落としていっているのにバーが右へ右へ
曲がって切り込んでいくのは何が原因でしょうか?
右の刃(右に出っ張っているほう)が研げていないのでしょうか? それとも左?
或いは、他に原因が考えられるでしょうか?

Aベストアンサー

No.1,No.3です。
変な方向にいってしまったらまずいので、きちんと説明しておきましょう。
 ・・・刃物専門店で、オレゴンの販売店ですし、そのメンテナンスをしてますので。大量のチェーンを研ぐこともしばしばあります。

【すくい角と逃げ角】
 刃物は常にこのふたつの角度を意識してください。この角度があるために刃は材料に食い込んでいきます。先端が磨耗すると、刃は材料の上を滑るだけです。

【チェンソー】
 一方だけが切れないと、先端のカッターは、切れるほうに傾きます。そのため切断面が曲がってしまうのです。

【チェーンの張り】
 チェンソーチェーンは、カッターやストラップ、ドライブリンク、バンパーの穴やリベットの磨耗により伸びます。チェーンが伸びると、この刃の切れ味の差でカッターがガイドからせり出して、ねじれを増大させます。

【対策】
 カッターの先端の丸くなってしまっている部分はすべて削り落としてください。
 左右は均等に研ぎます。
 デプスゲージは正確に
★そしてチェーンをしっかり張って下さい。目安として指でつまみあげてもドライブリンクがガイドから出ない程度に張って下さい。これは数十程度使用したら必ず調整してください。特に新品は!!
 またきちんと給油されているかもチェックすること。

No.1,No.3です。
変な方向にいってしまったらまずいので、きちんと説明しておきましょう。
 ・・・刃物専門店で、オレゴンの販売店ですし、そのメンテナンスをしてますので。大量のチェーンを研ぐこともしばしばあります。

【すくい角と逃げ角】
 刃物は常にこのふたつの角度を意識してください。この角度があるために刃は材料に食い込んでいきます。先端が磨耗すると、刃は材料の上を滑るだけです。

【チェンソー】
 一方だけが切れないと、先端のカッターは、切れるほうに傾きます。そのため切断面が曲がっ...続きを読む

Qチェーンソーの使い方と調整

チェーンソー使用歴約2年です。
直径30センチの栗の木(丸太・未乾燥)を切断すると
チェーンの遊びが無くなり、運転が困難になります。
機関停止時でもチェーンが固着気味で非常に渋い(重い)状態となり、そのたびに調整を余儀なくされ、非効率となっています。
自分としては、オイルの状況や目立てなどは問題なく実施しているつもりです。
 以前、杉の丸太を切断したときは、十数本切断しても、こんなことはありませんでした。
アドバイスお願い致します。

Aベストアンサー

機種が異なる場合に.一部取り扱いが変化している場合があります。

1.チェンソーオイルの吐き出しは十分あるか。ない場合には固着気味に。アクセルを吹かすとチェーンの先の地面にべったりと油がつく程度が適正な量です。
2.チェーンフィールド(と呼んでいますが.チェーンが回っている板です。2番の方の多分ガイドレバー)の付け根の止めねじが緩んでいないか.あるいは.変形して締まらない状態になっていないか(慣れるまではここをいじるなといわれている。整備不良でヒィールドやチェーンが飛んでくるので危険)。「チェーンのはりの調節」で動かしているようなので。毎日使っていても1-2ヶ月に1回するかしないかの調節部位なのです。通常は.(使用開始直後に1回合わせて.以後)「はりの調節が必要なくらいチェーンが伸びたらば危険なので新品のチェーンと交換してください」。
3.目立てをしているようですから.はの研ぎ方で.とぎ方が悪いと切りくずがたまる構造になってしまう場合があります。チェーンを交換してください。
4.刃を噛むような切り方をしている場合。切り口が自然に広がるような切り方をしてください。
5.チェーンカバーに隠れている部分にごみがたまっている場合があります。チェーンカバーの隙間からゴミをマイナスドライパーで書き出してみてください(カバーをはずすと2.と同じねじを緩める必要がありますから)。
6.チェンソーオイルとしゅつ口が詰っている場合があります。ご自身で掃除できないと思いますので掃除を依頼してください(1.と重なりますが)。

注意点。ガソリンがなくなる前にエンジンを止めて休むこと。給油は(仕事はじめにガソリンとチェンソーオイルを満タンにすることを含めて)1日2回まで。午前と午後にそれぞれガソリンがなくなったらば以後センソー作業をしないこと。はくろう病を防ぐための注意事項です。これでも掃くろう病が根絶していないのです。

素人ならば.1日1回ガソリンがなくなったらば以後ちぇんそーは使わないこと。振動が激しいので妊娠の可能性がある年齢の場合には使わないでください(娘には使かうなと言っています)。

機種が異なる場合に.一部取り扱いが変化している場合があります。

1.チェンソーオイルの吐き出しは十分あるか。ない場合には固着気味に。アクセルを吹かすとチェーンの先の地面にべったりと油がつく程度が適正な量です。
2.チェーンフィールド(と呼んでいますが.チェーンが回っている板です。2番の方の多分ガイドレバー)の付け根の止めねじが緩んでいないか.あるいは.変形して締まらない状態になっていないか(慣れるまではここをいじるなといわれている。整備不良でヒィールドやチェーンが飛んでくるので危険...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング