痔になりやすい生活習慣とは?

お願いします。平成3年式、ダイハツ ハイゼット、S82P、エンジン形式 EF、走行58000kmを使用しているのですが、時々エンジンがかからなくなってしまうので、遠出が怖いのです。かなり古い車ですので、調子が悪くても仕方がないのですが、車検も長くまだまだ元気に走るので、どうにかコツを得て安心してエンジンを切れるようにしたいのです。
整備士の方曰く、「キャブ式ですのでプラグがかぶり易く、エンジンをかける前にはアクセルを踏まず、セルを回している時に、かかりそうになったら、ちょっとづつアクセルを、、、」と、、殆ど一発でうまく行くのですが、タイミングを間違えると一晩置かないとエンジンがかかりません。新しいのを買った方がいいのでしょうが、車検残分、あと一年乗りたいので、どなたか良いアドバイスをください。宜しくお願いします。

A 回答 (5件)

ポイントを交換していて、ポイントギャップが適正、点火時期が合っている事、


その他は、プラグ、プラグコード、ディスビキャップ、ローターに問題がない事が前提ですが・・・。

エンジンが冷えている時、ゆっくりアクセルを2,3回床まで踏み、アクセルを踏まないでかける。
エンジンが温まっている時は、アクセルを踏み込だままかける。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答いただきありがとうございます。なるほど、エンジンの温まり状態によってもかけ方を変えたほうがいいのですね。確かに、走った直後と朝一とでは、かかり方が違うような気がします。参考になりましたどうもありがとうございます。

お礼日時:2006/04/21 08:50

オイルはどうですか?またどのぐらいの周期で交換していますか。

よく言われているのが5000Km/6ヵ月といわれています

エアーフィルター(エアーエレメントとも言う)汚れている可能性もあります。

混合気が適正な濃さになっていない可能性もあります。

この方のハイゼットは私も仕事での乗っていますがもう120,000Kmぐらい走っています。

まだまだ走れますよ。大事に乗ってあげてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただきありがとうございます。このてのハイゼットを乗ってる方にまだまだ行けると言われると、いろいろやってみる価値がありそうですね。参考になりました。どうもありがとうございます。

お礼日時:2006/04/21 08:52

No.3追加します。


オートチョークか手動式のチョークだったか記憶が曖昧なのですが、
冷えている時、かかりが悪いなら、
オートチョークの不良も考えられます。

手動式のチョークだった場合は、この回答は無視してください。
    • good
    • 0

うちのは、昭和63年式ミニキャブですが、一発ではかかりません。


ブロアやラジオなど電力を使う物はカット
クラッチを踏み込み、少しでも軽くします。
最初に1回アクセルを踏んづけた後の、最初の30秒はアクセルも踏まず、回します。
20秒ー30秒休んだ後、更に回します。
大体この辺でかかります。
後はなだめすかしてアクセルを煽って調子を見ます。

セルは素直に軽く回りますか?
回らない場合は、バッテリーが弱いか、セルモータがへこたれてきているか。
プラグはきれいですか?

エアクリーナの清掃やオイル交換などは基本中の基本
これぐらい古くなってくると、自分でちゃんとメンテしないと、すぐにすねてしまいます。

始動に失敗したら、プラグを点検しましょう。
http://www.winpal.net/~nkc/seihin/tp.html
こんなのがあると便利ですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただき、ありがとうございます。セルには問題がなさそうなので、プラグそのほかを再チェックしてみます。自分でメンテできるようになったら、それだけ愛着もわきそうなので、いろいろやってみようかと思います。どうもありがとうございました。

お礼日時:2006/04/21 08:48

まだまだ走りそうな年式ですが・・・


整備士さんに見て貰って治らないんですか?
混合気の調整をして貰えばいい気がしますが・・・。
メインジェットの番手を下げるとか、スロー調整して貰うとか・・・
まさかエアクリーナー詰まっててがダメって事無いですよねぇ
他の修理工場に持っていってみてはいかがですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただき、ありがとうございます。そうですね、違うところで見てもらうのもいい手ですね。まだまだ走りそうな年式と言っていただけると、いろいろやってみる価値がありそうです。どうもありがとうございます。

お礼日時:2006/04/21 08:46

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアクセルを踏んでも進まない軽トラ

軽トラなのですが、しばらく走行していて、たとえば信号待ちで停車、また発信するときエンジンは動いているのですが、いくらアクセルを踏んでも進みません。その際、ラジオも聴けています。エンジンを切って10分程度休ませるとまた動きます。町の車屋に修理に出したのですが、改善されていませんでした。ちなみに車種はダイハツのハイゼットです。何が原因なのでしょうか?詳しい方がいたら教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

えーっと返答をうかがうと『エンジン音は静か』とありますが・・・・

要するにアクセルを踏んでもエンジンがアイドリングから吹け上がらない、ということでよろしいでしょうか?

判りにくければ通常はアクセルを踏まないと『ブルブルブルブルブル・・・』アクセルを踏むと『ベィィィィィィィィ~ン!』
となるのが何をしてもずーっと『ブルブルブルブルブル・・・』のまま、ということでしょうか?

その場合はクラッチやギアなどはとりあえず除外ですね(勇ましく『ベイイ~ン』となるのに進まないというパターンなので)


高速の上り坂などの話もあるので燃料が不足してまともに動かないんじゃ?と推測できます。

年式からして燃料ポンプの劣化や燃料フィルターの詰まりがまず考えられます。
(腹を擦って燃料タンクがひしゃげているとかでしたらそれも)
走行距離が10万キロ前後でしたら(酷使された軽トラだともう少し早いかも)寿命の可能性があります。


あとはキャニスター関係かな?ガソリンが減ると燃料タンクの中にその分の空気を送り込まないといけないのですが、
それのコントロールするところです。(無制限に口をあけるとガソリンが揮発してなくなっちゃうので)
こちらが異常があると燃料タンクの中が負圧になってガソリンが送り出せなくなるのです。
確認方法としては症状が出たら給油口のキャップを空けてみてください。(当然エンジン停止&火気厳禁で)
プシュ-っと空気を吸い込んでそれで復活したら当たりです。

えーっと返答をうかがうと『エンジン音は静か』とありますが・・・・

要するにアクセルを踏んでもエンジンがアイドリングから吹け上がらない、ということでよろしいでしょうか?

判りにくければ通常はアクセルを踏まないと『ブルブルブルブルブル・・・』アクセルを踏むと『ベィィィィィィィィ~ン!』
となるのが何をしてもずーっと『ブルブルブルブルブル・・・』のまま、ということでしょうか?

その場合はクラッチやギアなどはとりあえず除外ですね(勇ましく『ベイイ~ン』となるのに進まないというパター...続きを読む

Q雨が降るとエンストします。

晴天時は普通に運転可能ですが
雨天時に時々エンストしてしまいます。
セルは回るのですがエンジンがかかっても
アクセルを踏み出すと止まります。
完全に止まる場合やノックぎみに進む場合もあります。
ひどい時にはエンジンがかからない場合もあります。

アイドリングを30分ほどで復活したり、
翌日まで放置していると復活しています。

マフラーからすごい音(バックファイヤー?)が
出ると復活するような気がします・・・


車は軽自動車(ガソリン車)です。

考えられる原因、対処法がありましたら
アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

雨天限定の症状でしたら、まず一番に疑うのは点火系になります。
プラグコードも怪しいのですが、私がこの状況で疑うのは、デストリビューターのキャップですね。
デスキャップのゴムシールの劣化で、デスキャップ内に水が入って悪さをしているのではないでしょうか。
そこを調べて、それでも原因が無かったら、プラグコードやイグニッションコイル、プラグリークを調べますね。

今のモデルの、ひとつ前のダイハツ ハイゼット、S100系のトラックで、デストリビューターのキャップ内に、水が入って雨天時失火する、というリコールが出た事があります。
そのリコール対象車が、雨天時に発生した症状が、これとよく似たものでしたね。

Qダイハツハイゼットアイドリング不調

平成13年式S200のハイゼットか-ゴを乗っています。半年ほどのあなかった
日が続き、最近エンジンをかけましたが、アイドリングが不安定で
ブ-ブ-ブ-と、上がったり下がったりです。あまりお金をかけたくないので
どなたか詳しい方がいましたら教えてください。

エアコンをかけると、アイドリングも上がるので少し安定します

ATですので、信号待ちなどで止まると、アイドリングが下がり、止まる事も有ります

走行距離は、5万キロです

Aベストアンサー

その年式だとキャブではなくインジェクション式のエンジンだと思いますが、たぶんスロットルポジションセンサー関係のトラブルかと思います。エンジン制御関係でアクセルが踏まれていない状態を検出して、アイドリング回転の制御を行っていますが、このアクセルオフの信号がセンサーの異常などにより検出できなくなる、アイドリングコントロールが正常に出来なくなり、エンジン回転が異常に落ち込んだことをコントロールユニットが検出すると、エンスト防止のため、アイドルコントロール用のバイパスバルブを開くため、エンジン回転数が上昇し、回転が上がったために、コントロールユニットからのバルブを開く信号が切れ回転が下がるということを繰り返してしまって、ハンチング(回転が安定せずに上下を繰り返す状態)を起こしていると思われます。コントロールユニットには現在の状態がアイドリングであるという信号が入力されていないため、正常なアイドリング回転のコントロールとはならずご質問のような状態になったと思われます。エアコン用のISC(アイドルスピードコントロール)が動作しているようなので、スロットルポジションセンサーのアイドル接点の異常か、センサーの調整不良などでスロットルオフの状態を検出できないというところでしょう。

ただ、これらの調整や交換(交換には必ず調整が必要です)は、全くの素人では難しいと思われますし、私の判断も現車を見て判断したわけではないので、確実とは言いかねます。インジェクション方式の車には、エンジンの各部センサーなどの信号の異常をエンジンコントロールユニット内に記録しておく機能があり、これを読み出すことで過去にあった異常を確認することが出来る機能があります。きちんとした整備工場やディーラーであればこのコード(ダイアグノーシスコード)から、それほど時間も掛からずに判断できるでしょう。修理費用などについては見積もりを取って判断することも出来るはずですので、一度、専門の工場で見てもらうことをお勧めします。

その年式だとキャブではなくインジェクション式のエンジンだと思いますが、たぶんスロットルポジションセンサー関係のトラブルかと思います。エンジン制御関係でアクセルが踏まれていない状態を検出して、アイドリング回転の制御を行っていますが、このアクセルオフの信号がセンサーの異常などにより検出できなくなる、アイドリングコントロールが正常に出来なくなり、エンジン回転が異常に落ち込んだことをコントロールユニットが検出すると、エンスト防止のため、アイドルコントロール用のバイパスバルブを開く...続きを読む

Qダイハツ ハイゼットトラックの燃料ポンプ

今朝、ハイゼットがいきなり止まってしまって車屋さんに引っ張っていってもらったのですが、燃料ポンプ交換で58000円以上かかるといわれました。(内、工賃15000円)
工賃はおいといて、部品代43000円というのは適正でしょうか?
軽トラックなのに、高すぎる…と思っているのですが。

Aベストアンサー

私が交換したのはS210Pという型(エンジンEFでインジェクタータイプ)でしたが34000円位です年式は貴方の車より古いと思いますが43000円はポンプとしてはちょっと高いですね、他に燃料ストレナーとかリレーとか他の部品も入っているのではないでしょうか?心配ならダイハツの部品センターに問い合わせれば教えてくれますよ、その時は車検証を手元において明細を言って下さい。

Qスバルサンバー セルは回るのにエンジンが始動しません。

今まで調子よく走っていたのですが、今日の朝からアイドリングが不安定になり徐行中にエンジンが止まりました。
その後はアクセルをふかしながらかけたらかかって、夜まで普通にのれたのですが、先ほどエンジンをかけようとしたらセルがキュルキュルいうだけで全くエンジンがかからなくなりました。
アクセルを踏んでも全く変わらない状態です。

明日車屋に連絡しようと思うのですが、こういった場合に考えられる原因を教えていただけないでしょうか?
ちなみに午後から大雨が降っていますが関係ありますか?

Aベストアンサー

今回の質問に共感するところがあったので投稿します。私の場合は今は乗っていませんがドミンゴ(FA系)だったので一概に同様とは言えないかも知れませんけど。古くなったこの手の車にはありがちな症状だと思います。やはりディストリビュータを疑うのが一般的だと思います。ここが不具合を起こすと同じようにアイドリング不調になり、最悪の場合エンジン停止の上、不動車となります。雨ばかりではなく湿気程度でも起こり得ます。速やかに修理した方がいいと思いますけど、それ自体の修理は1万5千円から3万5千円位だと思います。それと補足ですが、そのサンバー、冷却系の点検管理は十分ですか?私の場合(ドミンゴですが)この修理の後、訳あって人に譲ったのですが、その後にとんでもなく酷い車を掴まされたと批判を受けました。なぜかと言いますと、その後の言分でラジエータと配管部分が赤錆だらけですぐオーバーヒートになってしまい乗れたもんじゃないと言うのです。もともとリアエンジンでフロントにラジエータを装備するサンバー、ドミンゴはこの辺の負担が大きく、10年以上のモノについてはかなりの確率で駄目になっているかも知れないと聞いたのです。本格修理に入る前にメインのラジエータキャップをチェックして見て下さい。そこに粘土のような赤茶色の堆積物が積もっていれば危険信号です。もしそうなっていればその車は(冷却系に関しては)もう寿命です。仮に修理しても25万から35万円位かかるそうです。それをしても後遺症は残るとか。i-7386さんの車がそうとは言いませんが、せっかく修理するのならその辺も注意した上で判断しては、と思います。

今回の質問に共感するところがあったので投稿します。私の場合は今は乗っていませんがドミンゴ(FA系)だったので一概に同様とは言えないかも知れませんけど。古くなったこの手の車にはありがちな症状だと思います。やはりディストリビュータを疑うのが一般的だと思います。ここが不具合を起こすと同じようにアイドリング不調になり、最悪の場合エンジン停止の上、不動車となります。雨ばかりではなく湿気程度でも起こり得ます。速やかに修理した方がいいと思いますけど、それ自体の修理は1万5千円から3万5千...続きを読む

Q平成7年のミニキャブトラックを乗っていますが、毎回、エンジン始動時に回

平成7年のミニキャブトラックを乗っていますが、毎回、エンジン始動時に回転数が3000rpmぐらい上昇します。かなりの距離を走行するか、20分ほど暖気をしなければなりません。燃料の無駄でしかないよう感じです。何か部品を交換すればよいのでしょうか?故障なのでしょうか?アイドリングをupさせる部品が故障?無くても私は問題ないのですが、どなたか知っている方がいれば、どの部品か教えてください。外したいです。

Aベストアンサー

No5です。しかし対応が良くないですね!まだ6万ですか、古かろうが何であろうがお客様が依頼されていらっしゃるのですからご依頼に沿って対処するのが当たり前です。新車の話は別ですよ、フロントがとやかく言うことではありません。
とりあえずですが、完全暖気後に(アイドリングが正常まで低下した状態のアイドル状態で)試してみてください。
キャブレターのアクセルワイヤーが繋がっているリンク(可動部分)のキャブレターをはさんだ両側にマイナスドライバーで調整可能なスクリューが3箇所(クーラー付きは4箇所)あるはずです。見えずらい位置にもあるかと思いますのでよく周囲を探してみてください。
各スクリューを緩めと締め込み各方向へ90度程度回してみます。
アイドリングが上下するスクリューが1箇所あるはずです。それがアイドル調整スクリューです。
次にヘッドライトを点灯させます。アイドリングが上昇するはずです。そのとき残りの2箇所のスクリューを各々回してみます。アイドリングが変化するのがアイドルアップスクリューです。
クーラーが付いていればクーラーONでアイドルが上がります。スクリューを回して変化するのがエアコンアイドルアップスクリューです。
前記手順でスクリューを特定して残ったのがファーストアイドル調整スクリューのはずです。エンジンが暖まった状態では回してもアイドルは変化しないはずです。これを1回転程度緩める方向に回しておき、翌日の朝にエンジン回転を確認してみてはいかがでしょうか、まだ高ければ半回転戻すなどで調整できるはずです。
各スクリュー配置図をURLに貼れれば一番いいのですが、探しても見当たりませんでした。すみません。
なお、奥の手ですが、メーカーのお客様相談センターにフリーダイヤルで相談する手もあります。
「そばのディーラーがアイドリング調整もしてくれない」というような方向で電話し、メーカーからディーラーを動かす手もありますので、ご検討ください。
また、北海道三菱・東日本三菱・関東三菱・中部三菱・西日本三菱の各系列店はメーカー100%出資ですので、もしこの系列店での対応不良でしたらメーカーへの申し入れも効果はあると思います。

No5です。しかし対応が良くないですね!まだ6万ですか、古かろうが何であろうがお客様が依頼されていらっしゃるのですからご依頼に沿って対処するのが当たり前です。新車の話は別ですよ、フロントがとやかく言うことではありません。
とりあえずですが、完全暖気後に(アイドリングが正常まで低下した状態のアイドル状態で)試してみてください。
キャブレターのアクセルワイヤーが繋がっているリンク(可動部分)のキャブレターをはさんだ両側にマイナスドライバーで調整可能なスクリューが3箇所(クーラー付き...続きを読む

Q幌付軽トラでの車中泊って意外にあり?!

30代後半の者ですが、所用で軽トラを久しぶりに運転し、ふと、、、本当にふと思い浮かんだ事です。。。

「幌付の軽トラなら、夏限定+防犯を考えないなら安上がりでいいんじゃないの?!」って^^;

もちろん、理想はキャンパーです。
でも普通車(新車)で400~500万。
軽でさえ300万はします。
でも、身近な軽トラに幌を付けて、雨+虫よけさえできれば、夏限定なら行けそうな気がしたんです。
もちろん、簡易エアマットなど、最低限の必要物品は備えるとして…。

キャンパーの世界の話は全く知りませんし、これを実践している人がいるかどうかもわかりませんが、
どんなもんでしょう?

※「どんなもんでしょう?」というのは、上記が可能かどうかです。
 もちろん、不備な点・突っ込みどころ満載かと思いますので、そこは遠慮なく指摘してくださって結構です。 

Aベストアンサー

十分に「有り」だと思いますよ♪
確か一般的な軽トラでも荷台は1900mmは有ったと思うので十分に寝られると思います。

自分なら荷台に合わせた「すのこ」を敷いて寝ますね。
きっと広々として寝やすいかと思います。

ただ一番気を付けたいのはやっぱり「火気」でしょうね。
幌に火が付いたりしたら危険ですから、荷台では火気厳禁って事で・・。

バッテリーとか持ち込んだら電気製品も使えますし・・最近は12Vの電気毛布も有る見たいですから冬でも十分じゃないですか(^_^)
寝袋ををちゃんと対応させれば良いでしょうけど(^^ゞ

Qエアコンを使うとエンストするけどなにが原因?(AT車)

 昨年の夏から日中の熱い車内でエアコンを使うと、たまにエンストすることがあります。
 詳しい症状は、
1、エアコンをつけてもあまり涼しくならない。
2、エアコンを使ってしばらくすると、助手席後ろあたりから変な音が繰り返  し鳴り、それと同時に回転数?が上がったり下がったりする。
3、2の状態でドライブで信号待ちしていると振動が起こり、それが強くなる  とエンストすることがある。
4、夜など涼しい時には2や3の症状がでにくい。逆に暑い日ほどでやすい。
5、エアコンを強くするほど症状がでる。
6、補足でバッテリーが古い、等。

 バッテリーが古いので交換すれば直りますか?
 早い話がディーラーとか行けばいいんですけど、考えられる原因を少しは知っといたほうがいいと思いまして。昨年ガソリンを入れるついでにスタンドで診てもらったのですけど、ガスとか入れただけで結局直りませんでした。
 車には素人に近いので抽象的な説明ですいません。逆にできるだけ、素人にもわかりやすい回答をしてもらえると嬉しいいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

エアコンを入れたときは、エンジンの回転が多少上昇するように出来ています。(高級車の場合自動補正する物もあるようですが) その理由として、エアコンのコンプレッサー(エアコンガスを圧縮するポンプ)によってエンジンの負荷が増え、アイドリングのような通常無負荷状態の回転数ではエンストしてしまうから。 それを補正するためにアイドリングの回転数を上昇させる部品があります。 この部品が故障すると回転数を上げることが出来ず、いつものアイドリングよりも回転数が下がってエンジンの振動が出やすくなります。

1についてはエアコンガスの圧力が低下していることが主な原因と思われます。 整備工場や、大手カー洋品店で充填することが出来ますが、できるだけ外気温が高い日に持込んだほうが作業がしやすくなり、エアコンの利きも良くなる可能性があります。 最近エアコンガスを入れたばかりという場合は、ガス漏れかガスの入れ過ぎの両面が考えられます。 また、最も基本的な確認場所としてはベルトの張りを見てください。 張りが弱い場合、エアコン、充電ともに能力が低下します。

2の助手席の後ろあたりから変な音がするというのは、エンジンの振動がマフラーに伝わって、極端に震えているのではないかと思います。 試しにエアコンをかけた状態で車の後ろに回ってマフラーを見てみましょう。 ブルンブルンと揺れているはずです。

3は、AT車特有の車は止まっているけどエンジンに負担がかかっている状態(ドライブレンジに入れっぱなし)で更にエアコンの影響から回転が下がってますからエンストしやすくなります。

4の場合、エアコンが適正な温度以下になると自動的に切れるように出来ているので、コンプレッサーによる負荷が減少することが要因と思われます。

5では、強くすればそれだけ送風ファンの消費電力が大きくなるので、その電力を補う為に、オルタネーター(発電機)の負荷が大きくなり、エンジンの回転数も下がりやすくなります。 また、回転が下がると充電効率も下がり、電圧が低下して、バッテリーに大きな負担をかけます。

6のバッテリーが古いの判断は、エンジンをかけようとしたときにスターターの回転が一息つくような症状が出たら即交換です。 場合によってはオルタネーターの劣化の可能性もありますが、バッテリーを2年以上使っている場合は交換したほうが無難です。 オルタネーターの充電能力は、ガソリンスタンドや、整備工場、ディーラーなどで簡単に確認できますし、車検時に確認している『はず』です。

自分で確認できる場所
1.ベルトの緩み(車の取扱説明書に規定の張り具合が指定されている)
2.常にエンジンが軽快に始動する場合、バッテリー、オルタネーターはOK。
3.エンジンをかけてエアコンを使わない状態で問題なく安定しているか?
4.エアコンを作動させてインテークパイプ周り(エアクリーナーからエンジンまで)で、エアコンを使わなかったときにはなかった『シュー』というスプレーを吹いているような音が連続的に出ていないか。 出ていればエンジン制御用の(ゴム)パイプに問題があるので即整備工場へ。(プラスチック製の配線が繋がった部品から音が出ている場合は正常)

エアコンを入れたときは、エンジンの回転が多少上昇するように出来ています。(高級車の場合自動補正する物もあるようですが) その理由として、エアコンのコンプレッサー(エアコンガスを圧縮するポンプ)によってエンジンの負荷が増え、アイドリングのような通常無負荷状態の回転数ではエンストしてしまうから。 それを補正するためにアイドリングの回転数を上昇させる部品があります。 この部品が故障すると回転数を上げることが出来ず、いつものアイドリングよりも回転数が下がってエンジンの振動が出やすくな...続きを読む

Q平成3年 ハイゼットトラック M-S83P 4WD

平成3年式のハイゼットトラック 4WD 型式 M-S83P にお乗りの方、詳しい方おられましたら教えてください。

1.車内でヒーターをかけるとラジオの上の風口からは温風にセットしても冷たい風しか出ないのですが正常ですか?フロントガラスのところは温風が出てきます。

2.外品ホイルに交換したいのですがオフセット、PCDが分かりません。現在は145R12-6PRで鉄ホイルだったと思います。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

空調に付いては推測ですが、80系の場合、設計時の年式から
真ん中の吹き出し口からは温風が出てこない設計、というのはアリです。
550時代の軽とかは温風が足元とデフロスターのみ、というのが普通でしたので

ホイールですが80系の4駆は 4.00B-12 オフセット+50でした。
PCDは110です。
ちなみに2駆はオフセット+35です。

これのあとのS100系では2駆も4駆もオフセット+50です。

ちなみにミラなどの鉄ホイールは4.00B-12 オフセット+45です。

なおダイハツの軽自動車のPCDは平成10年10月の規格改正前が110で改正時のモデルチェンジで全車100に変わりました。

参考URL:http://tiarayou.sakura.ne.jp/atrai/

Qオルタネータ故障の予兆

オルタネータ故障の予兆

10万kmを越えてオルタネータが心配になってきました。

オルタが死ぬ時は「突然」と聞きますが何か予兆はあるのでしょうか?

あれば見方(電圧?異音?)を教えてください。(月1-2回の車を動かす毎にチェックする予定です)
発電不足とオーバーチャージ それそれで。
現在 アイドリングで13.7V 2000回転で14.4V(いずれも無負荷)

またレギュレータ故障と、ブラシ磨耗以外にも結構起こる故障はあるのでしょうか?
(この2つでほとんど、と考えて良さそうでしょうか?ブラシ磨耗が故障というのかわかりませんが、「発電できなくなる」ということで、、)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

オルタネータの故障部位と言えば、やはりレギュレータかベアリングかブラシでしょうね。
幸いなことにレギュレータとブラシ摩耗の不具合は、チャージランプで知らせてくれます。
レギュレータが壊れると、発電しなくなるか、あるいは必要以上に発電する(オーバーチャージ)状態になりますが、どちらもチャージランプで知らせてくれます。(車種にもよりますが、15年以上前の車でも)
車種・年式によっては、オーバーチャージになるとチャージランプが点灯ではなく、「点滅」するものもあります。

ブラシが摩耗限界近くまで摩耗すると、たいていの場合は、発電したり、しなかったりの状態が暫く続くので、ときおりチャージランプが点灯するような場合は、10万kmを超している車では、ブラシの寿命を疑ってもよいでしょう。
ブラシの寿命は、2000年度以降の車はだいたい20万kmはもつのではないでしょうか。
1990年代、タクシーは年間10万km超えるので、少なくとも1年間はブラシを換えずにすむようにブラシの長さは当時から長くなっています。
一般車にも応用されています。
なお、ブラシ部に水やオイルが入ると、寿命は著しく短くなります。
エンジンルームのスチームクリーナ洗浄は要注意です。


オーバーチャージの原因の一つに、車種によっては、車両側ハーネスの不具合(接触不良)の場合があります。
この場合も、電気負荷の大小によってチャージランプが点灯したり消えたりすることがありますこと、申し添えます。

チャージランプが点灯する例としては、レクチファイア不良のケースがあります。
このケースでは発電量はかなり少なくなりますが、昼間でエアコンなしの状態では走行できます。

>現在 アイドリングで13.7V 2000回転で14.4V(いずれも無負荷)

これは正常値です。
では、それぞれ13.0V、14.0Vなら、あるいはもう少し低い場合はどうなのか、と言えばだんだん判断できなくなりますね。
アイドリング回転数の変動、エンジンをかけてから何秒後に測定したか、バッテリ充電状態・液温などで電圧は変動するので、電圧を見て予兆をつかむのは困難だと思います。

オルタネータの故障部位と言えば、やはりレギュレータかベアリングかブラシでしょうね。
幸いなことにレギュレータとブラシ摩耗の不具合は、チャージランプで知らせてくれます。
レギュレータが壊れると、発電しなくなるか、あるいは必要以上に発電する(オーバーチャージ)状態になりますが、どちらもチャージランプで知らせてくれます。(車種にもよりますが、15年以上前の車でも)
車種・年式によっては、オーバーチャージになるとチャージランプが点灯ではなく、「点滅」するものもあります。

ブラシが摩耗限...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング