私はかけ出しの自称webデザイナーです。

以前勤めていた会社ではピクセルサイズは「1024×768で作るのがあたりまえ」
という前提のもと仕事をしていました。
ところがとある企業にサイトの制作を個人的に依頼され作ったところ
800×600で作りなおしてほしいと指摘がありました。
同じような仕事をしている仲間には今現在サイズについての世界標準がないため
そのような指摘をうけるのはやはり仕方のない事だという結論に達したのですが
だったらなおさらサイトを制作するデザイナー自身が
「基本的に自分は1024×768で作る」という、なんつーかポリシーじゃないけど
心構えみたいなものを持っておいたほうがいいような気がするのですが
みなさんはどうお考えですか?
webについてはブラウザの種類やOSなど数え出したらキリが無いくらい
たくさんの組み合わせがあり得ると思うのです。
せめてブラウザならIE、ネスヶ。OSならMac、Winぐらいの事は
対応できるサイトってゆーのは最低限だとは思うのですが・・・
サイズについてはうまく言えないけどなんか気持ち悪いです。

びるげいつあたりがビシっと決めてくれたらラクなのにな。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

あたりまえ、というのはありませんが、800×600以内で作るのがユーザに対する優しさじゃないでしょうか。

まだこのサイズのモニターを使っている人はいますし、1024×768ではノートパソコンに人には見難くて仕方ありません。少なくとも自分を含め、私の周りには1024×768を標準としてサイト構築している人はいません。

それからプラットフォームが様々でポリシーが定まらないとのことですが、私も最初はそう考えていました。が、WebはDTPなどと違って異なるプラットフォームでも見れることが前提のはずです。Webならばどんな環境でも、どんなウィンドウサイズでも見れるように作るのが最善なのではないでしょうか。

よく良い写真がないからとか、良いアプリケーションがないから、という理由で良いデザインができないことを弁解する人がいますが、その中でも良い物を作るからこそプロであり、作ることの面白味があるのだと思います。

慣れていた考え方を変えることは難しいと思いますが、Webの捉え方を少し変えてみるのもいいかもしれません。頑張って下さい。(因みに、ウィンドウサイズならスクロールバーやメニューなど、ウィンドウ自体に表示部分以外のものも含まれているということも考慮に入れる必要があります。)
    • good
    • 0

 私も駆け出しのwebデザイナーですが、web制作に携わるにあたり、いろいろなHP制作お助けサイトや本、雑誌類を読み、既にwebデザイナーとして働いている友人・知人から聞いた話で、基準は800x600だと思っていました。


逆に、「1024x768でつくるのがあたりまえ」の会社があることのほうが驚きました。web制作会社ではないですよね?

 思うにターゲットをどこに絞るか、で基準は変わると思います。モバイルで見る人もターゲットに入れるなら、1024x768は辛いかもしれない。液晶モニタだと端が欠けてしまっているかもしれないし、832x624までしかサポートしていない数年前のPCでは、もしページが1024x768に固定されたらスクロールすることもできない。
1024x768を基準にデザインされたページを832x624のモニタで見るのは、わかりづらくて使いづらいです。
 また、例えモニタが大きくても、ブラウザを画面一杯に広げるのを嫌う人も多いです。横スクロールを嫌う人も多いです。ちなみに、私もそうです..^^;)

 データ量の重さなど、環境がよくないほうに合わせることのほうが多いのは、見る人の立場にたつと、そのほうが問題が少ないせいでしょう。
その分、制作者には思うようにデザインできないストレスも溜まるでしょうが、サイトは見てもらってナンボのものなので、仕方ないのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅くなりましたがこちらの投稿のお礼を持って
御回答いただいた皆様にお礼を申し上げたいと思います。

おかげさまで忙しい日をここしばらくつづけております。
幸か不幸か駆け出しであるがゆえ皆さんの貴重な意見に
素直にうなずく事ができました。

まだまだ勉強はし続けなければならないのは確かですし
このような場で他の皆さんの意見を聞くのもまた有意義な事だと
あらためて思いました。
どんな環境にも素早く対応できるそんなデザイナーを目指したいと思います。

皆さんありがとうございました。

お礼日時:2001/07/06 03:11

私もウェブデザイナーをしていますが、基本的には800X600ですね。


ニーズがそれ以上の場合はそれに合わせますけどね。一般的に普及している
と思われるサイズが800X600なのではないでしょうか。

ポリシーを持つことは良いと思いますが、開発者の立場ならユーザーの立場
で物事を考えるのが重要だと思いますよ。
    • good
    • 0

依頼する企業のニーズに応えてなんぼだと思います。


依頼してきたその企業は、ユーザーにとって見やすいサイトを求めているわけですから。

家庭のTVでインターネットをしている人も考慮すると、
横幅はどうしても限られてしまいます。
    • good
    • 0

うちのWEBは確か600×800だったように思いますが。


なぜか=プリントアウトしたときにA4に収まるように!!。
最終的に紙に残していただきたいページはこのサイズにしています。
また、このサイズだと大体のユーザーでもストレス無く使えるだろうと考えた末です。
1024×768は作りやすいですが、全ユーザーの回線速度やマシンスペックを下目に考えないと、見るユーザーが減る可能性があります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q3DCGデザイナーについて 個人制作

3DCGデザイナーという職業は拘束時間が非常に長く、毎日午前様まで、もしくは徹夜で仕事をしているイメージがあります。
ちょっとお聴きしたいのですが、CGデザイナーの方はプライベートで個人制作(CG映像作品等)の時間というのはあるのでしょうか?
仕事で嫌が応にもCGスキルは上がるとしても、個人制作に力を注ぐことはCGを本職にしている身だと、時間の制約もあり厳しいものですか?

Aベストアンサー

 案外土日は休めますが、平日は毎日終電なので、個人制作するとしたら週末になるかと思います。

 平日、ずっとPCとにらめっこしてるので、週末までPCをいじりたいと思ってる人は稀かと。

 -------
 3DCGは応用が利くので、仕事で作ったオブジェクトを加工(改良)して、自分の作品にするという事ができます。
 なので、長く仕事をしていれば、テンプレートがたくさんできますから、個人用の作品の基本形は増えていきますね。

Qデザイナーの方に質問です。制作のアイデア源について

デザイナーとくにグラフィックデザイナー、webデザイナーの方に質問です。
日頃の仕事の中で、webからの情報収集としてどのようなことを行っていますか?

私はインスピレーションサイトを見たり、エバーノートでそれらのサイトから良いと思ったものをストックとして集めています。
時間の拘束が厳しいため本屋に行く時間がなかったり、デザイン集を買ったりする経済的余裕もありません。
webをつかって最大限のデザイン案を出すための方法を教えてください。

また参考になるサイトがあればアドレス教えていただければ助かります。
宜しくお願いします!

Aベストアンサー

製法を教えるだけで簡単に真似られるようなケーキ屋じゃ、どのみち先はないように思いますけど(笑)。

グラフィックデザイナーです。
そもそも他所からデザイン源を得ようという姿勢からして疑問を感じますが
発想に行き詰った時には何か別のものからヒントを得ることはたまにあります。
そうした意味からANo.3さんのご意見に賛同します。
すくなくとも同じ媒体を参考にすることはしないようにしています。
それを業界では「パクリ」あるいは「中華根性」などと言います(笑)。

で、私の場合は
そんな時には多くのものを参考にするのではなくて
「これ!」と感じた(あるいは選んだ)ひとつのものに徹底的にしがみつきます。
逆さにしたり裏返しにしたり、誉めたり叱ったり、バラしたり貼り付けたり・・・
・・・って、まあいろいろに分析しながら
その参考品のどこが気になるのかを探っていきます。
そうしているうちに、自分の感性と混じり合って新しいものができたりします。
手法として何の具体性もありませんが、やってみれば何となく分かると思います。

言ってみれば、参考品をどこまでも煮込む事で出てくる味やアクが
自分の作品の次の栄養素になるんだと思います。

あちこちの参考品の表側だけを切り貼りしても
その場を凌ぐことは出来ても自分のものにはなりません。

---

ですので、ご質問の「情報収集」にはあまり手間も時間もかけません。
それより、そのあとの「煮込み」に時間をかけます。
参考品なんて買わなくても図書館に行けば優れたものがいくらでも手に入ります。
時間の拘束が厳しいと書かれてありますが
その中でどれだけ勉強のための時間を作り出すか、もデザイナーの資質のうちです。

製法を教えるだけで簡単に真似られるようなケーキ屋じゃ、どのみち先はないように思いますけど(笑)。

グラフィックデザイナーです。
そもそも他所からデザイン源を得ようという姿勢からして疑問を感じますが
発想に行き詰った時には何か別のものからヒントを得ることはたまにあります。
そうした意味からANo.3さんのご意見に賛同します。
すくなくとも同じ媒体を参考にすることはしないようにしています。
それを業界では「パクリ」あるいは「中華根性」などと言います(笑)。

で、私の場合は
そんな時には多...続きを読む

Q制作したwebサイトのブラウザチェックについて

Windows7でIE9・Firefox・Clome
XPでIE8・Firefox・Clome

上記のブラウザチェックで、外観の崩れや表示の異常の無い様に確認しているのですが、この方法で最新のWin8+IE10などでも問題なく表示されると思っていいでしょうか?

今のWin7のIE9をIE10にバージョンアップしてしまうと、IE9のチェックが出来なくなるのでやっていません。IE9も結構バグが多いと聞きますので。

趣味のサイトではなく、ビジネスのサイト制作をやっていますので、制作現場のプロの方のご意見をお伺いしたいです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

IE10/IE9 のプレビューと動作チェックが
出来るソフトを使えば、両方ともチェック出来ますけど。

http://pc.casey.jp/archives/153895857
http://ameblo.jp/expjuname/entry-10531914986.html

もしくは、IEでF12キーを押すと、古いIEでの動作を確認できます。

http://www.two-hearts.net/2012/05/ietesterie.html

Q紙面デザイナーからWEBデザイナーへ

初めて質問します。
現在、紙媒体のデザイナーをして2年半、今年31歳になるものです。
主な仕事は旅行パンフレットの制作、通信販売のカタログなどです。
お客さんのところに行って、話を聞き、話をまとめ、制作・オペレーションまでやっています。
今の仕事になんとなく疑問というか、つまんなくなってきたというかそんなことを感じてきています。大学の時にプログラミングを学んでいたこともあり、最近WEBのプログラミングに興味が出てきました。
そこで、転職するにあたり、今のデザイナー経験を生かしてWEB業界に入るとしたら、何をしたらいいのか、または、WEB業界に入ったとして、自分は何が出来るのか知りたいです。
WEB制作で使用するソフトはドリームウエーバー、フラッシュどちらが多いのでしょうか? JABAなどのプログラミング言語で制作するのでしょうか?
もし、WEB業界に現在いる人、またはそうでなくても知っている人がいたら、アドバイスいただけたらと思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

WEBと印刷媒体のデザイナーはすごく近いので、すごくいいと思います!
WEB制作でも、やはりデザイナーよりの仕事からスタートされることをお勧めします!

WEBには画像が絶対必要不可欠で、そのためにはイラストレータやフォトショップのデザイン画像加工の技術はすごく生かされます。

続いて必要なのはドリームウィーバー等のソフトに頼ったHTML制作でなくタグ打ちによるWEB制作だと思うので、HTML言語自体を勉強されることをお勧めします。
ホームページ制作は、もうソフト作成の時代ではなくなってる感がありますので。。
ちょっと聞いた話ですが、名刺作成業というバリバリの印刷業からWEB制作会社へ転身された会社もあるようなので、
こちらです。名刺駅さんという会社だそうです。↓

http://www.netlive.info/index.html

カタログやパンフレット等の高度のデザインを要求される印刷業界からの転身は、きっと面白いと思います。

私の結論はhtml言語習得ですね!

Qグラフィックデザイナー、WEBデザイナーについて

自分は都内の大学2年の女です。
人文系の学部に所属しています。

今のところ、このまま大学を卒業して、
いわゆる一般企業に就職できればいいと思っています。
興味のある業界はいくつかあります。

しかし一方で、グラフィックデザイナー、
WEBデザイナーなどの仕事への憧れも生じつつあります。

小さいころから、学級新聞や年賀状のレイアウト・デザインを考えるのが好きでした。


将来のことを考えるにあたって知識がないので、
皆さんのご意見をいただきたいです。


質問は二つです。

1)私は「絵を描く」ことよりも「レイアウトを考える」ことが好きです。
グラフィックデザイナー、WEBデザイナーなどはそのような内容がメインでしょうか?
他にも似た職業があれば教えていただきたいです。

2)一般企業に就職してからデザインの仕事への転職は可能でしょうか?
私はその逆のほうが難しいだろうと思っているのですが・・・。


他にもアドバイスなどあればよろしくお願いします!

Aベストアンサー

> 1)私は「絵を描く」ことよりも「レイアウトを考える」ことが好きです。
> グラフィックデザイナー、WEBデザイナーなどはそのような内容がメインでしょうか?
> 他にも似た職業があれば教えていただきたいです。

絵を描くこともレイアウトを考えることも、両方求められます。
両方できるのが望ましいですが、両方とも上手な人はプロでも限られます。
ほとんどが、絵かレイアウトのどちらかに偏ります。
レイアウトが得意であるならば、それをひとつの武器にすることは可能です。

デザイナーは、絵を描くこともレイアウトすることも、
仕事のメインではありません。
クライアントの満たしたい目的や解決したい問題点を、
ビジュアルをメインとした手段で満たすまたは解決することが業務です。
絵を描くこともレイアウトも、その解決のための手段のひとつではあります。


> 2)一般企業に就職してからデザインの仕事への転職は可能でしょうか?
> 私はその逆のほうが難しいだろうと思っているのですが・・・。

どちらもそれなりに難しいと思いますが、
あなたの労働力を売るマーケットとしては、
デザイン業よりも一般企業の方が大きいように感じられますので、
デザイン業→一般企業:難易度低
一般企業→デザイン業:難易度高
と感じます。

Webはまだこれからマーケットが大きくなる可能性がありますので、
比較的敷居が低いと考えてよいでしょう。
グラフィック(印刷)デザインは、すでに就業している人数も多く、
劇的なマーケットの拡大も期待できないので、
就業は少し難しいと言えるでしょう。

グラフィックデザインをやりたいなら、
まずは一般企業に就職して様子を見てから、じゃなくて、
ダブルスクールするなり、卒業後に専門教育を受けるなりして、
きちんと対策を練っておかないと難しいのではないでしょうか。

> 1)私は「絵を描く」ことよりも「レイアウトを考える」ことが好きです。
> グラフィックデザイナー、WEBデザイナーなどはそのような内容がメインでしょうか?
> 他にも似た職業があれば教えていただきたいです。

絵を描くこともレイアウトを考えることも、両方求められます。
両方できるのが望ましいですが、両方とも上手な人はプロでも限られます。
ほとんどが、絵かレイアウトのどちらかに偏ります。
レイアウトが得意であるならば、それをひとつの武器にすることは可能です。

デザイナーは、絵を描くこと...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報