お恥ずかしいはなし、財団法人ってどういう身分なんでしょうか。
また、財団法人のことについて、いまいち良く分かっていな
いので教えて頂けないでしょうか?営利目的の財団法人ってゆうのも
あるんですよね。うーん、やはり良くわかりません。
よろしくお願いします。

A 回答 (3件)

財団法人は、一定の目的のために集められた「財産の集合」で、運営をする人的組織はあっても、人を構成員とはしません。


日本では「公益法人」でなければならないので営利を目的にしてはいけないので「営利目的の財団法人」は存在しません。ただし、その事業資金を得るために「営利活動」を行ってもいいことになっています。


第34条  祭祀、宗教、慈善、学術、技芸其他公益ニ関スル社団又ハ財団ニシテ営利ヲ目的トセサルモノハ主務官庁ノ許可ヲ得テ之ヲ法人ト為スコトヲ得
第39条  財団法人ノ設立者ハ其設立ヲ目的トスル寄附行為ヲ以テ第37条第1号乃至第5号ニ掲ケタル事項ヲ定ムルコトヲ要ス
    • good
    • 0
この回答へのお礼

レスありがとうございます。
日本では「公益法人」でなければならないので営利を目的にしてはいけないので「営利目的の財団法人」は存在しません。
のですね。そうですか。勘違いしてました。
公益団体も同じ意味なのですか?
どちらにしても、営利追求を目的にしてないのですね。
詳しい情報ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/15 23:59

No1 kohjiさんの補足として


民法 第2章 法人
第1節 法人の設立 第34条のことです。

詳しくは「法令データ提供システム」に掲載されているかと思われます。
    • good
    • 0

財団法人と、もう一つ似た名前で社団法人というものがあります。


この二つについて、解説したページがあります。

参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.shinchi.com/houjinsesturitsu.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

レスありがとうございます。早速今、ホームページ見てきました。
自分で探そうとしたのですが、どこを見ればよいのか
分からなくて。本当、助かりました。

お礼日時:2001/06/16 00:01

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q社会福祉法人は営利法人ですか非営利法人ですか?

社会福祉法人って営利法人なんですか、非営利法人なのですか?

>社会福祉法人とは、社会福祉事業、公益事業、収益事業などを営んで利益を得る事を目的とした法人であり、あくまでも、主旨は「営利活動」です。

と聞きました。

社会福祉法人って非営利だと思っていたのですが。

このようなことにお詳しい方がおられましたら教えていただけませんでしょうか。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

営利の意味を理解していないのではないですか。

営利てのは、儲けた金を法人の構成員で分けて
しまうことをいいます。

株式会社は儲けたお金を株主、という会社の構成員に
分配することを目的としているので営利法人、と
いうわけです。

公益法人も営利活動をすることがありますが、
その目的は、儲けた金を法人の構成員で
分配してしまうことではありません。

QNPO法人、社団法人、財団法人の違いと作り方

NPO法人、社団法人、財団法人の違いと作り方を教えて下さい。

公益法人を作りたいのですが、NPO法人にあまり良いイメージがありません。
NPO以外の社団法人や財団法人とは何なのですか?
そしてそれを開くにはどうすれば良いのですか?

Aベストアンサー

 NPO法人なら、素人でも勉強すれば設立できるし、運営もできるでしょう。およその目途として、事業規模が年500万円を越えるようなら、任意団体が法人格取得に向う時期かもしれません。5,6万円程度で申請事務を代行する業者もあります。

 公益社団/財団法人は、素人が設立、運営するのは無理です。年間の事業高が5000万円を超える規模なら、経理の専門家を入れて公益法人化を考えてもいいでしょう。申請業務を代行する業者もいますが、100万円はかかるという噂です。

 公益法人を目指すなら、まず一般社団/財団法人を設立しなければなりません。こちらの方は登記だけで設立できるので、素人でも難しくありません。

Q財団法人と社団法人について

質問のタイトルどおりなのですが、「財団法人」と「社団法人」の違いを教えてください。たとえば、管轄や設立の定義など。

こういう分野に関しましては、全くの無知識です。わかりやすい回答を求めています。

回答よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

・財団法人
個人・法人から寄付された財産(基本財産)で設立され、これの運用益を資本金として活動する非営利の法人である。定款に相当する規定を「寄付行為」という。高野連や船舶振興会なども、そうである。

・社団法人
一定の目的で構成員(社員)が結合した団体(社団)である法人。
非営利の一般社団法人・公益社団法人、
営利社団法人である会社、
他に医療法人:社会福祉法人:NPO法人:宗教法人:監査法人:弁護士法人:税理士法人:司法書士法人:社会保険労務士法人:行政書士法人:協同組合:政党など

財団法人・・・財産の存在を基礎とする
社団法人・・・人的結合を基礎とする

Q社団法人や財団法人は民間扱いですか?

知識が曖昧なので教えてください。
社団法人や財団法人は法律上どのような位置づけになるのでしょうか?
設立や運営に税金は使われますか?
そのような法人が公表する文章に著作権はありますか?
例えば、行政書士試験を主催する「財団法人行政書士試験研究センター」がありますが、
この行政書士試験問題は普通に転載されてますので著作権がないという認識で良いのでしょうか?
難しい法律用語抜きで教えていただけると助かります。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

>社団法人や財団法人は法律上どのような位置づけになるのでしょうか?
設立に際して国や地方公共団体の認可が必要なだけで、あくまで民間団体です。

>設立や運営に税金は使われますか?
一般には使われません。ただし、第三セクターのように公共団体からの助成が設立の前提となっているところもあります。あくまでその団体の設立趣旨によります。企業でも助成金を受ける場合もあるので、社団法人や財団法人の特権であるわけではありません。

>そのような法人が公表する文章に著作権はありますか?
日本の法律では、誰が作る著作物でも基本的に著作権はあります。ただし、法律などについては著作権法で保護の対象から除外していますので自由に使えることになっています。

著作権法第十三条(権利の目的とならない著作物)
 次の各号のいずれかに該当する著作物は、この章の規定による権利の目的となることができない。
  一 憲法その他の法令
  二 国若しくは地方公共団体の機関、独立行政法人(独立行政法人通則法<平成十一年法律第百三号>第二条第一項に規定する独立行政法人をいう。以下同じ。)又は地方独立行政法人(地方独立行政法人法(平成十五年法律第百十八号)第二条第一項に規定する地方独立行政法人をいう。以下同じ。)が発する告示、訓令、通達その他これらに類するもの
三 裁判所の判決、決定、命令及び審判並びに行政庁の裁決及び決定で裁判に準ずる手続により行われるもの
  四 前三号に掲げるものの翻訳物及び編集物で、国若しくは地方公共団体の機関、独立行政法人又は地方独立行政法人が作成するもの

社団法人や財団法人は上記条文の著作者に含まれませんし、また国民向けの法律や告示や通達などを作る立場でもありませんから、その著作物については当然に著作権があります。ただしそれを主張するかどうかはわかりません。

>社団法人や財団法人は法律上どのような位置づけになるのでしょうか?
設立に際して国や地方公共団体の認可が必要なだけで、あくまで民間団体です。

>設立や運営に税金は使われますか?
一般には使われません。ただし、第三セクターのように公共団体からの助成が設立の前提となっているところもあります。あくまでその団体の設立趣旨によります。企業でも助成金を受ける場合もあるので、社団法人や財団法人の特権であるわけではありません。

>そのような法人が公表する文章に著作権はありますか?
日...続きを読む

Q一般社団法人と一般財団法人の違いは?

一般社団法人と一般財団法人の違いは?

社団は、人の集まり
財団は、金の集まり

どちらも、設立登記によって成立する法人

社団のイメージは
株式会社と同様な活動が出来るが、
しかし
社団の事業の為であり、利益の個人分配は認められない。

では、
財団法人の活動は、
どのようなものなのでしょうか?

社団は人
財団は金
と、
簡単な説明ではなく、
活動(営業・利益など)の違いを教えてください。

Aベストアンサー

・社団法人も財団法人も、運営は理事が行い、これを監事が監査します。
 営利団体(株式会社)でいえば、重役(社長を含む)です。
 やる業務そのものは、両法人とも同じように考えてよいでしょう。
 
・では、だれが理事を選ぶのでしょう。社団法人は社員(普通は会員という)が
 いて、会員が総会を開き、その多数決で決めます。株式会社では株主が
 株主総会で決めますが、この場合は株数により議決権が違います。しかし、
 社団法人では1人1票です。一方、財団法人では評議員という人が選ばれて、
 評議員が理事を決めます。評議員は財団により、最低3人でも可です。
 その評議員は、最初は評議員選定委員が決めますが、後は選定委員が
 決めたり、評議員自身が決めます。

・上記のように、社団法人では社員が必須です。ただし、自然人でなく
 法人でも可です。いわゆる業界団体は、営利会社が会費を払い社員に
 なっています。

・一方、財団法人には「会員」は必須ではありません。会員をおいている
 ところもありますが、会員には(特典はあっても)法人を運営する
 権利はないのが普通です。

・たとえば、博物館・美術館などはしばしば財団法人です。つまり、
 建物と所蔵品という「財」を理事が守るわけです。こういうところ
 では「友の会」が組織されたりしますが、友の会の人は入館料の
 優遇などがあっても、理事を選挙する権利はありません。

・社団法人も財団法人も、運営は理事が行い、これを監事が監査します。
 営利団体(株式会社)でいえば、重役(社長を含む)です。
 やる業務そのものは、両法人とも同じように考えてよいでしょう。
 
・では、だれが理事を選ぶのでしょう。社団法人は社員(普通は会員という)が
 いて、会員が総会を開き、その多数決で決めます。株式会社では株主が
 株主総会で決めますが、この場合は株数により議決権が違います。しかし、
 社団法人では1人1票です。一方、財団法人では評議員という人が選ばれて、
 ...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報