ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

・見た目の悪さを差し引いてもかなり安い。

上の文の意味を教えてください。
一番わかりやすく解説できた方にベストアンサーを差し上げます。

A 回答 (6件)

>見た目の悪さを差し引いてもかなり安い。



辞書を引いてみましたか。
『明鏡国語辞典』 の(2)の説明が最も当てはまるのではないかと思います。
何かの商品を買うかどうか判断するとき、一般的に見た目(品質の一要素)が悪いことはマイナス評価、値段が安いのは一般的にプラス評価です。品質の悪さ(マイナス評価)が値段の安さ(プラス評価)の要因であったとしても、そのマイナスを敢えて無視できるか、差引計算でプラスが上回るという評価ですね。
ちょっとくらい安くても品質が悪すぎるような場合、あるいは見た目はちょっと悪くても、差引計算でマイナスが上回るという評価になるでしょう。


『新明解国語辞典』 (第七版)
さしひ・く 【差(し)引く】 (他五)
 ある数量から他の数量を引き去る。

『岩波国語辞典』 (第七版)
さしひ・く 【差(し)引く】《五他》
 ある数量から他の数量を引き去る。「給料から税金を差し引く」

『三省堂国語辞典』 (第七版)
さしひ・く [差し引く]
[一] (他五) (1) 引き去る。引く。「税金を―差し引く」
       (2) 一方のあまりで他方の不足をおぎなう。
[二] (自五) 潮がみちたり引いたりする。

『明鏡国語辞典』 (第二版)
さし‐ひ・く 【差し引く】《他五》
(1) ある数量から他の数量を引き去る。
  「バス代と本代を差し引いて、まだ千円ある」
  「会社に与えた損金は旧領から差し引く」
(2) ある判断を得るために、仮に判断・評価の重要な要因となる事柄を取り去って考えてみる。
  「幾つかの欠点を差し引いてもなお実直さは評価できる」
  「谷口は、どうもすっきりしない表情だった。もともとすっきりした顔はしていないが、それを差し引いてもなおそうなのである〈赤川次郎〉」

『広辞苑』 (第六版)
[一] (潮が)差したり引いたりする。増減する。
   日葡辞書「ネッキ(熱気)ガサシヒク」
[二] ある数から一部を引き去る。へらす。
   「給料から税金を差し引く」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

辞書は引きました。
見た目の悪さよりも値段の安さのほうが上回る、ということなんですね。
わかりやすい解説をしていただき、ありがとうございました。

お礼日時:2016/04/25 00:01

相当に主観的な内容のため適格な説明はむつかしい。


逆に表現すれば、確かに安い、が見た目だけではそれほど粗悪とは思えない。
つまり、安かろう、悪かろうでもなさそう・・・。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

「見た目よりかは安い」
「確かに見た目は悪いが、たかだかこの程度でここまで値を下げるか普通? 随分と気前がいいじゃねぇか」
ということですね。ありがとうございます。

お礼日時:2016/04/24 19:32

通常 100円の商品が 50円で売られていた。


よく見ると、一部変形していて見た目が悪い。
見た目の悪さは 30円相当なのでこれを差し引くと 70円になるが、50円ならかなり安い。

という意味です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「思っていたよりも安い」ってことが言いたいわけですね。
「これくらいの見た目の悪さであればもう少し値が張っていてもおかしくはないが、ここまで値を下げてくれるなんてここの主人は大変良心的な価格査定をしているな」ということなんですね。
わかりました。ありがとうございます。

お礼日時:2016/04/24 19:25

見た目が悪いと言うマイナス要素も考慮してもかなり安い。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

もともと見た目が悪いから安くなっているものに対して、わざわざ「見た目の悪さを差し引いても」なんて言ってるところがよくわからなかったのですが、なるほど「マイナス要素を考慮しても」に置き換えますか。
……やっぱりよくわかりません。
でも、そういうことなんでしょうね。もともと見た目が悪くて値が落ちているものに対してわざわざそういうことを言っている、と。これはそういう文なのでしょう。
なんとなくわかってきました。

お礼日時:2016/04/24 03:02

「差し引く」は、単に「引いても」でよい。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

どちらにしてもよくわからないです。

お礼日時:2016/04/24 03:02

見た目の悪さ分の値引き額を想定している=差し引いてみている


・・にしても安い! 逆に言うと、お値段以上じゃね?みたいなことですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

差し引いてるのは見た目の悪さではなく値段なのですか?
お値段以上、ということは、この文は『お得』ということを言ってるのですか?

お礼日時:2016/04/24 03:02

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「差し引く」と「引く」の違いについて

 日本語を勉強中の中国人です。「差し引く」という言葉についてお伺いします。「差し」という部分はどういうような意味でしょうか。「引く」との違いがよくわかりません。どなたか教えていただけませんか。

 また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

相反する動きを相殺して、その差のこと、二つの数字の差。
輸出、輸入、差し引き〇円の輸入超過。
振り込み手数料差し引いて、〇円送金します。
本来相手が負担の手数料の時、相殺して・・・。

Q「輩(やから)」ってどういう意味ですか?

テレビやラジオで関西の芸人さんが「ヤカラや」って言ってるのを聞いたことがあるのですが

意味が分かる方、教えてください。

関西方面の言葉(大阪弁)なのでしょうか?

Aベストアンサー

大阪出身のものです.
疑問に思われたということは,一般に使われている「・・・する人たち」というような意味ではなく,いきなり一つの名詞のようにして「やから」が出てきたのではないですか?
もしそうなら,それは「やくざや不良など,理不尽な言い分を押し付ける人」という意味に使われているものです.特にやくざ限定というわけではなく,街のおっさんでも,変な因縁をつけてきたら,やからです.
また,「やかられる」(=因縁をつけられる,からまれる)などという言葉もあります.

Q腕の手首から肘にかけての名称は何ですか?

名詞が見あたらないので教えて下さい。

足だとモモとスネがあり、
その間にヒザがあります。

腕だと二の腕があり肘があって…
手首と肘を繋ぐ部分があるんですが、
その部分はなんと呼べばいいんでしょうか?

二の腕は肘から肩の部分のようです。
腕は手首から肩の部分のようです。
では、手首から肘は、いったい何なんでしょう?

手首から肘にかけての上向きの部分に、
毛が生えているのを、
○○の毛が濃い…というふうに、
文章表現したいのですが、
どういう風に表現したらいいでしょうか。

"腕"だと、二の腕も含まれてしまう可能性があるし、
何かうまい言葉はありませんか?

手の甲から肘にかけて毛が濃い…
だと長ったらしいです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 下膊。又は前膊です。前腕とも云います

http://dic.yahoo.co.jp/bin/dsearch?p=%b2%bc%e7%ae&dtype=0&stype=1&dname=0na
http://dic.yahoo.co.jp/bin/dsearch?p=%c1%b0%cf%d3&dtype=0&stype=1&dname=0na

Q「参考まで」という言い回しについて

「参考まで」「参考までに」といった言い回しを職場のメール等でよく目にするのですが、自分にはどうも違和感があり、使わないようにしています。そもそもこれは正しい日本語なのでしょうか?

Aベストアンサー

はじめまして。

<そもそもこれは正しい日本語なのでしょうか?>

正しくないとは言えないと思います。

「までに」は「まで」+「に」の複合助詞で、
「まで」:程度がそれ以上及ばないことを示す副助詞
「に」:時を示す格助詞
という働きをしています。

このような、格助詞や接続助詞で文が終わる表現は、古語の時代から存在します。
例:
「にて」「とも」「ども」「ば」など

ご質問文は述部が省略された口語表現です。本来は
「ご参考までに(目を通して下さい)」
といった、動詞句が省略されています。

口語(話言葉)では、リズムやテンポ、語呂を整えるために、わかりきった動詞、長い述部を省略して明確に要件が伝わるようにすることがあります。

例:
「また明日(会いましょう)」
「それではまた(お会いしましょう)」
「お陰様で(元気です)」

また文語(書き言葉)でも、こうした省略が起こることはあります。
例:
「友情のしるしに」
「感謝の気持ちを込めて」
「に」「て」はそれぞれ格助詞・接続助詞ですが、この場合は、テンポというよりは、「粋」な締めくくりを意図しての省略用法になると思います。

以上のように、こうした省略用法は、素早く要件を伝えるため、粋な表現のために工夫された、言葉の便宜上の用途ですから、正しくないとは言えません。「便利な語法」として、TPOや必要に応じて使い分ければいいと思います。

特に敬意を払う相手に対しては、口語での省略表現は失礼にあたることがあるので、語尾まで敬語で修辞した方がいいでしょう。
例:
「ご参考までにお目通し下さい」
「ご参考までにご拝読下さい」

ちなみに、私もこのサイトでの回答の末尾に「ご参考までに」「ご参考になれば」といった助詞止め表現をよく使います。この省略には、一種の謙譲(献上?)の気持ちを込めて使っております。この省略の背後には、「お役に立てるかわかりませんが、ご参考程度にしていただければ幸いです」という謙譲の意味が込められています。ただこのような長い文章をだらだら書いて、余計な装飾文にするのを避けた、一種の配慮と思っております。

以上ご参考までに。(笑)

はじめまして。

<そもそもこれは正しい日本語なのでしょうか?>

正しくないとは言えないと思います。

「までに」は「まで」+「に」の複合助詞で、
「まで」:程度がそれ以上及ばないことを示す副助詞
「に」:時を示す格助詞
という働きをしています。

このような、格助詞や接続助詞で文が終わる表現は、古語の時代から存在します。
例:
「にて」「とも」「ども」「ば」など

ご質問文は述部が省略された口語表現です。本来は
「ご参考までに(目を通して下さい)」
といった、動詞句が...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング