本日は夏至です。
太陽が最も北に寄って、北半球では昼が一番長くなる日です。
ところで、夏至には何をたべるんでしょうか?
ご存知の方がいらしたら、ご教授願います。
                     bee-beep
冬至にはよくかぼちゃを食べますよねぇ

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

夏至には決まった食べ物を食べる風習は少ないようですね


というのも・・・
夏至の頃は、梅雨明けまでに田植えの仕事を終わらせなくてはいけない
(梅雨明け前に田植えが終わらないと、不作になるそうです)
農家のもっとも忙しい時期のひとつなので、
あまり祝い事のような事をしてる暇が無かったんじゃないかと
考えられます。

夏至に近い時期、夏至から11日後頃に「半夏生」という夏の盛り
つまり梅雨明けになる頃(田植えが終わってる頃;田植え休み)に、
麦の収穫時期なので麦もちを作るという風習の残ってる農村も多いし、
福井地方では、さばを食べたりもするらしいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。
博学なことで感心いたします。

昔は方々は田植えを基準に生活がありましたね。
そーでしたそーでした、いくさも田植えは収穫の時期を
さけて行ったりしていたとききます。

さて、我が家は何をたべようか・・・
                 bee-beep

お礼日時:2001/06/21 14:30

夏至ではないですが、6月30日には、京都では「水無月」という和菓子を食べますよ。



参考URL:http://www.joho-kyoto.or.jp/~jakyoto/jaja31/mina …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

水無月という和菓子をはじめてしりました♪
機会があったら賞味したいとおもいます。

お礼日時:2001/06/21 14:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qお寺のご本尊の配置

お寺によって様々かと思いますが、本堂中央にご本尊様がいますと、両側(あるいは片側)に“別ブース”でまた違う仏様が祀られている形式がありますが、こういった配置形式およびそれぞれの名称がお解りの方がいらっしゃいましたらご教授下さい。
また運用方法(?)としまして、年回忌卒塔婆法要などは脇の壇で行われる事が多いのですが、その意味合いも教えて頂けると有り難いです。

私が見たお寺は黄檗宗で本尊が大日如来(古くは真言宗寺院だった)で脇の壇は菩薩系の仏様が祀られています。(住職にお伺いできればよいのですが直接の檀家でないもので)

もう一例としまして、成田山新勝寺に詣でた事がありますが、通常中央にて護摩祈祷が行われますが、そのほか脇の方で祈祷(あるいは法要)が行われているのを見た事があります。
(もしかしたら川崎大師だったかな。どちらにも行きましたが10年程前ですのでちょっと記憶が曖昧です)

Aベストアンサー

曹洞宗の僧侶です。

お寺でご本尊を中心に複数の仏さまが安置されている場合には、色々なケースがあります。

(1)本尊の従者の位置づけとなる脇侍(わきじ、きょうじ)の仏菩薩の場合
(2)複数の仏が一体となって本尊となる場合(五智如来、三世仏など)
(3)宗派の開祖や縁の深い祖師像(達磨大師など)
(4)脇本尊として本尊に準じて安置される場合(祈祷など特別な法要の本尊、信者講の本尊、転宗転派前の本尊など)
(5)客仏(きゃくぶつ)として安置されている場合(廃寺になった他のお寺の仏菩薩を預かる、などなど)
(6)一つのお堂の中に、複数の寺社が同居している場合

‥‥などなど、いろいろです。
ご本尊以外の仏像の前で、法要が行われるのは、主に(4)の脇本尊的な位置づけをなされている場合だと思います。
 お寺ごとのやり方で違いがありますが、観音講や地蔵講の盛んなところでは、塔婆供養を観音さんや地蔵さんの前で行うこともあるでしょう。密教では祈祷の内容によって本尊とするべき仏菩薩が決まっているようなので、そのためにご本尊以外の仏の前で法式が行われることもあるのではないでしょうか。
直接の檀家さんでなくても尋ねれば、大抵のお寺さんは丁寧に教えて下さると思います。機会があれば、実際にお尋ねになってはいかがでしょうか。

曹洞宗の僧侶です。

お寺でご本尊を中心に複数の仏さまが安置されている場合には、色々なケースがあります。

(1)本尊の従者の位置づけとなる脇侍(わきじ、きょうじ)の仏菩薩の場合
(2)複数の仏が一体となって本尊となる場合(五智如来、三世仏など)
(3)宗派の開祖や縁の深い祖師像(達磨大師など)
(4)脇本尊として本尊に準じて安置される場合(祈祷など特別な法要の本尊、信者講の本尊、転宗転派前の本尊など)
(5)客仏(きゃくぶつ)として安置されている場合(廃寺になった他のお...続きを読む

Qご本人様九人の意味!

よく耳にする「ご本人様九人」とはどういう意味ですか?
特に「九人」というものが気になります!
教えて下さい!

Aベストアンサー

「ご本人様確認」のことじゃないですか?

Q昔のアメリカ村についてご存知の方に

知人と話していて気になってしまったのですが、
知人は左京区(出町柳より北)出身で、47歳、私は大阪市で44歳です。
知人が中学生くらいの時に一歳上の姉と二人だけでアメリカ村へ買い物に行ったそうです。
私が中学生の頃、知人と同じ歳の高校生だった姉とアメリカ村へ行きました。
人もそんなに居なくて店も現在の堀江よりずっと少なくて、流行に敏感な人だけが来ているような印象で中高生は少し背伸びして来ている感じだったと記憶しています。
だから、知人も高校生くらいじゃないのかな?と思って聞いたら「ううん、小学生か中学生の時」と更に低年齢だったように言い直しました。
ウィキペディアでみてみたらアメリカ村の発祥は1969年~となっていますが、本格的な流行はやはり1980年代から。知人が小中学生だと1970年代だと思います。本格的に流行し始める前の子ども向けじゃないアメリカ村にそんな子どもがわざわざ買い物に行ったとは思えません。
自信たっぷりだったのですが、自分の記憶と合致せずやはり知人の思い違いのように思えます。
京都から買い物するために小学生と中学生が二人だけでアメリカ村に行くなんて、あの当時としてはかなり緩い家庭だと思うのですが、知人の「親が厳しくお小遣いもほとんどもらっていなかった」という話を聞いている(貧乏ではなくむしろ裕福)ので、それとも矛盾を感じます。電車代もかなりかかりますし。
記憶違いで嘘を言うことが多い知人なので、疑心暗鬼になっているのかもしれませんが、なんだかすっきりしません。当時のアメリカ村をご存知のかたどう思われるでしょうか、教えて下さい。

知人と話していて気になってしまったのですが、
知人は左京区(出町柳より北)出身で、47歳、私は大阪市で44歳です。
知人が中学生くらいの時に一歳上の姉と二人だけでアメリカ村へ買い物に行ったそうです。
私が中学生の頃、知人と同じ歳の高校生だった姉とアメリカ村へ行きました。
人もそんなに居なくて店も現在の堀江よりずっと少なくて、流行に敏感な人だけが来ているような印象で中高生は少し背伸びして来ている感じだったと記憶しています。
だから、知人も高校生くらいじゃないのかな?と思って聞いたら「...続きを読む

Aベストアンサー

47歳=1966年生まれ

小6=11歳 1977年
中1=12歳 1978年
中2=13歳 1979年
中3=14歳 1980年

年齢がバレるので私の年齢は示しませんが、70年代後半ですね、アメリカ村が流行りだしたのは、80年代になるともう何でもアリ屋さんだらけになった記憶があります。だいたいメディアに取り上げられたら流行は終わってるといいますし


あそこに行けば安く変わった物が買える、と通った記憶がありますので、70年代ってのはおかしくは無いでしょう

小中学生が好む物が有ったかどうかは知りません。

Qありえない?そんな地名・人名をご紹介ください。

先日、淡路島・鳴門・徳島へドライブに行きました折、海若の宿の看板が・・・
何て読むのだろうか?と聞かれ、確かTVコマーシャルで聞き覚えがあり「わだつみのやど」と答えました。

そうしたら、それは海神の宿と書くべきで誤字だと指摘されました。
詳しい語源や意味合いは知らないが、一般的に通用し、旅館の商標としての登録もされているのではと、私は追加して答えましたが、それで良いのかどうか不安になりました。

そこで、質問ですが、同じような体験や身近に、「ありえない?そんな地名・人名を」ご紹介くださいませんか・・・。

◇私の近辺の難しい地名・人名<事例>
道祖本 :「さいのもと」
帷子ノ辻:「かたびらのつじ」
放出   :「はなてん」
有    :「たもつ」    ※今日のニュースに出ていらした浪江町々長のお名前

Aベストアンサー

せっかくなので、質問者様のご友人の説もあながち正しくないということをご紹介いたしますと・・・(海若の宿HPより)
 『万葉集の中に、 「海若は 霊しきものか 淡路島・・・・」という言葉で始まる長歌もあります。 “若い”と言う文字は、万葉かなでは“神さま”を意味するということです。つまり現代文字の“海神”と同じ意味なのですが、その当時は濁点は付いていなくて、“わたつみ”と発音していたと言う事で、当館も『海に若いと書いて、“わたつみ”』と読みます。 』

そういうことのようです。むしろ、神という字を当てなかったところに奥ゆかしさを感じます。

ア、ご質問でしたね。
就職した会社にいた同期の苗字が「義之」という、名前みたいなものでした。「ギシ」と読み、地方特有の苗字だそうです。
当方関西人ですが、関西も「ケッタイ」な読みの地名が多いですねw
どういうわけか、九州では「原」を「はる」と読む地名が目立ちます。京都の地名がジュゲム状態なのは関西人であるならご承知でしょう。何せ長いっww
神戸在住の小生がひねり出したのは、難読といっても初級レベルですが、「熊内」とかいて「くもち」と読ませます。でも後は意外とひねりのない読みばっかりだなぁ・・・「鶴甲」はつるかぶと、くらいですかね・・・

せっかくなので、質問者様のご友人の説もあながち正しくないということをご紹介いたしますと・・・(海若の宿HPより)
 『万葉集の中に、 「海若は 霊しきものか 淡路島・・・・」という言葉で始まる長歌もあります。 “若い”と言う文字は、万葉かなでは“神さま”を意味するということです。つまり現代文字の“海神”と同じ意味なのですが、その当時は濁点は付いていなくて、“わたつみ”と発音していたと言う事で、当館も『海に若いと書いて、“わたつみ”』と読みます。 』

そういうことのようです。むしろ、神と...続きを読む

Q骨格診断に詳しい方ご回答お願いします!

この画像は骨格タイプでいうとどのタイプになりますか?

Aベストアンサー

写真変わりましたね
ナチュラルですよ(^^)v


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報