2m四方にコンクリートを打つため、土と砂利を固めたいのですが・・・扱いやすそうに見えるプレートランマーでは役にたちませんか???

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

業者は、ランマー使いますね。

50kg程度のランマーですね。
作業に不安が残るようなら、厚さを1/3づつ足しながら作業してはどうですか?
    • good
    • 0

機械自体は十分ですが、現状の土質が問題になってきます。


先にもありましたが粘土質で水分の多いのところでは、上から叩いてもドロドロになるだけです。
(必要な厚みを削った後、新規に厚み5cm程度ずつ適正な砕石混じりの土を撒きだして重ねて2回くらい=計10cm施工すればよいと考えます)
逆に長靴のかかとで力一杯踏み込んでも大きなくぼみが出ないくらいなら、平面に整形して、砂質土を1回撒きだしで大丈夫です。

なお、玉石を使う場合は径が20~30mm程度のものが適当かな。プレートで全体を沈めるように全面に撒けるよう叩いて施工します。
この場合、施工後にまだふかついているようならだめですから、一部を試験的に施工して様子を見てください。
50~80mm程度の石を下に入れて踏ませておく必要があります。

以上は=大型車両の通らない時を前提にしていますが、コンクリートの厚みやその基礎盛り土については、適切な締固めが必須の条件です。=例えば道路の基礎などは厚み60cm以上も専用の機械類で実施されています。
    • good
    • 0

地盤にもよりますがコンクリートの下地ならプレートで十分でしょう。


プレートも少し重量のある物ならかなり抑えは出来ます。
グリ石ならランマーが必要ですが砕石ならプレートで足ります。
    • good
    • 0

プレートコンパクターの役割はどちらかと云うと「軽く締めて平にすること」がメインです。

勿論、土混じりの砕石は締まります。

けれども、地盤の柔らかいところを固く締めたい場合には砕石を入れて所謂「ランマー」でバンバン締めます。
しまった所に砕石を敷いてプレートコンパクタ―で平にすることをお勧め致します。

ご参考になれば幸いです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q砂利の上からゆるいコンクリートを掛けたら防草効果+見た目砂利っぽく はならないでしょうか。

水掛けたら固まる防草砂のような 見た目+効果+手軽さを より安価にDIYできないか考えています。 施工後も臨機応変にコンクリート部分を割ったりして何かを地植えできるようにしたいので しっかりコンクリートを貼る必要はありません。防草効果も数年持てばいいです。

素人なので7割位の仕上げと効果を期待して 手軽で安価に防草できる方法があれば 教えて下さい。ちなみに約25m2、既に2cm厚の砂利敷きなので その砂利をのけてシートを敷くことも労力を考えると辛いです。また通路ではなく鑑賞用の庭です。 その他でも何か良い案をお願いします。 

Aベストアンサー

防草シートが一番効果を期待できるのですよね本来、、
それが厄介でってことで、ゆるいコンクリートって発想なのでしょうが、、効果があるほどまんべんなくやると、透水性が落ちてしまい折角の砂利なのに水がたまってしまう可能性が大です、、、その上労力は多分もっと必要な気がします、、、
そして、仕上がりも汚らしくなるのではないでしょうか・・・
それを隠すために上から砂利をさらに播けばいいのでしょうが 、、、

防草シートは何故? 防草効果があるのかといううことに立ち返ると、黒いシートを敷きつめることで 土中の草に光が届かない様にする、、それでも出てきた芽をシートで抑え込むということです
であれば、、一旦砂利をのけるのじゃなく
現状2cmの砂利層を5cmとかそれ以上の10cmになるように さらに砂利をいれれば防草効果が今以上増えて 見栄えも変わらず 透水性も犠牲にならないとおもいますが、、

Qコンクリート料金について。 この度、新築駐車場にコンクリートを打つことになりました。もともとコンクリ

コンクリート料金について。
この度、新築駐車場にコンクリートを打つことになりました。もともとコンクリートが広く打ってあり、花壇として残していた部分にやはりコンクリートで埋めてしまいたいと思ったからです。
そして、見積もりを依頼しました。
新築が次から次へと建っており、我が家は早かったので、日時は任せます、次にどこかの外構をするときに一緒でいいので安くしてください、と頼みました。
数件となりの外構と一緒にします、料金は65,000円です、とのことでした。
45×550(cm)、既存のコンクリートとの間には目地も入るので、かなり面積は狭いはずなんですが…この金額は妥当でしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ハウスメーカー経由は値段が騰がりますな 経由 所謂手数料が上積みされますから ハウスメーカーはそれが利益になりますから その代わりに責任も生じますよ
何かあれば そこが動く筈です

Qバイブロランマー・ランマープレートの質問

バイブロランマーとランマープレートは、どう使い分けるのでしょうか?それぞれの締め付ける対象(相手)は何ですか? また、前後進プレート300kgクラスは、どんなときに使いますか?

Aベストアンサー

1.バイブロランマー(タンピングランマー)>栗石、土砂(ローラーの入れない際側)の転圧等に使用する場合が多い。
2.ランマープレート(プレートランマー、コンパクター)>砕石、クラッシャーラン、アスファルト合材の転圧等に使用する場合が多い。
3.振動ローラー>土砂、ブルやバックホーのブレードで整地し転圧。2.に近いが比較的広い面積を転圧する場合が多い。

前後進プレート300kgクラスは2.と3.の中間位? かな??

Q砂利を樹脂で固める舗装について

初めて質問します。要領を得ないかも知れませんが、アドバイスお願いします。

自宅の駐車スペースはコンクリート打ちっ放し状態なのですが、砂利を樹脂で固める舗装(排水性砂利舗装と言うのかな?)を検討しています。
この舗装は車で剥がれてきたり、砂利が取れたりすることは無いのでしょうか? また、素人のDIYでそれなりの仕上がりに出来るのでしょうか? またまた、タイル張りの方が良いのでしょうか?

初めてのDIY挑戦なので、やろうとする気持ちはあっても、なかなか取り掛かれずに居ます。どなたかアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

 砂利を樹脂で固める、というのは脱色バインダーを使った自然色舗装のことで、アスファルト舗装の一種です。脱色バインダーというのは、通常なら黒いアスファルトを脱色して透明にしたもので、これに顔料を混ぜると発色のよいカラーアスファルトになります(脱色砕石やカラー砕石を使うと尚よい)。
 通常のアスファルトよりは割高ですが、カラーアスファルトよりは経済的で、尚かつ自然の風合いが出ることから、遊歩道などに使われることが多いです。
 もちろん経年変化による摩耗や変色はあります。これはアスファルト舗装であれば避けられない事です。
 摩耗を防ぎたいのであれば、空隙の大きいアスファルト舗装材にセメントミルクを流し込んで強度を上げる半たわみ性舗装というのがありますが、施工単価はかなり高くなります。
 アスファルト系の舗装はDIYでは無理でしょう。敷き均した後の転圧などに機械が必要ですし、加熱しながらの施工になりますから素人では困難です。
 DIYで駐車場を舗装するなら、砂利敷きが限界でしょうね。コンクリートが打設してあるならタイルも可能ですが、結局は割れてしまいます。道路との段差に問題がなければ、インターロッキングブロックという方法もあります。この場合は車両用の厚さ8cmのものを使う非通用があります。

 砂利を樹脂で固める、というのは脱色バインダーを使った自然色舗装のことで、アスファルト舗装の一種です。脱色バインダーというのは、通常なら黒いアスファルトを脱色して透明にしたもので、これに顔料を混ぜると発色のよいカラーアスファルトになります(脱色砕石やカラー砕石を使うと尚よい)。
 通常のアスファルトよりは割高ですが、カラーアスファルトよりは経済的で、尚かつ自然の風合いが出ることから、遊歩道などに使われることが多いです。
 もちろん経年変化による摩耗や変色はあります。これは...続きを読む

Q駐車スペースにある砂利にコンクリートを流したら

駐車スペースにある砂利に軽四をいつもとめています。
コンクリートを流したいのですが、鉄筋のメッシュを組まないと
下がりますか?何年も砂利でとめていたので、安定していると思いますが
除いて鉄筋のメッシュを組むべきでしょうか?

Aベストアンサー

何年も車を駐車していたからと言われますが、それはタイヤが踏む
場所だけですから、全体的には地盤は安定していませんね。

鉄筋のメッシュをワイヤーメッシュと言います。ワイヤーメッシュ
を使用する目的は、車を停めた時にコンクリートが沈まないためで
はありません。本来の目的はコンクリートの割れを防ぐために使用
します。コンクリートの厚みが厚い場合は必要ありませんが、事情
で厚く出来ない時はコンクリートを通常より薄くするためワイヤー
メッシュを入れる必要があるわけです。
ただワイヤーメッシュを入れても、地盤が十分に転圧されていない
と、地盤が下がりコンクリートにヒビ割れが生じます。

まず最初に砂利を全て別の場所に移動させ、プレートランマーと言
う転圧機で十分に締め固めます。この時に地盤が緩む時は転圧して
も無駄ですから、転圧を止めてセメントを地面の上にばら撒いて、
鍬やスコップで掘り返しながら攪拌し、整地が終わったら再び転圧
をして締め固めます。セメントを入れるのは地盤を強化する意味で
す。これにより地盤が緩んだり沈む事は少なくなります。

地固めが終わったら、砂利を入れて再び転圧します。

次にワイヤーメッシュを置きますが、ただ単に置くだけでは意味が
ありません。ワイヤーメッシュが砂利よりも少し浮くように設置す
るようにします。ワイヤーメッシュの下の所々に石などを入れて、
砂利とワイヤーメッシュが触れ合わないように設置します。

これが終われば生コンを流し込みますが、その前に十分に散水をし
て下さい。乾燥したままではコンクリートが付きにくくなります。

次に生コンや自分で練り合わせたコンクリートを流し込みます。
部分で入れるよりも一気に流し込んだ方が良いので、ミキサー車を
呼んで一気に入れましょう。
流し込みながらバイブレーターで振動をかけながら、コンクリート
の中の空気を追い出し、隅々までコンクリートが行き渡るようにし
ます。これが不十分だとヒビ割れの原因になります。

後は木ゴテで表面を均し、シュロ箒で表面に筋目を入れれば作業は
完了です。現在は気温が低いため、寒さによってヒビ割れが生じま
すから、養生マットを覆って寒さから守る必要があります。
養生マットが無ければ、毛布でもブルーシートでも構いません。
出来れば気候が安定した春以降に作業をされた方が確実です。

コンクリートの場合は当分の間は駐車が出来ません。表面が硬くな
っただけでは完全に固まっていません。厚さや季節にもよりますが
1週間から10日は駐車しない方が無難です。

お急ぎのようでしたら、コンクリートは止めてアスファルト舗装を
してはどうでしょうか。これなら表面が冷めれば駐車は可能です。
下地の砂利は必要ですが、ワイヤーメッシュは必要ありません。
時間と経費を考えれば、アスファルトの方が良いかと思います。

何年も車を駐車していたからと言われますが、それはタイヤが踏む
場所だけですから、全体的には地盤は安定していませんね。

鉄筋のメッシュをワイヤーメッシュと言います。ワイヤーメッシュ
を使用する目的は、車を停めた時にコンクリートが沈まないためで
はありません。本来の目的はコンクリートの割れを防ぐために使用
します。コンクリートの厚みが厚い場合は必要ありませんが、事情
で厚く出来ない時はコンクリートを通常より薄くするためワイヤー
メッシュを入れる必要があるわけです。
ただワイヤーメッシ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報