ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

こんにちは。よろしくお願いします。

工学部の学生です。ものづくりの職、技術職を目指してきましたが、勉強すればするほど、興味が薄れてしまいます。
(机の前の椅子に座っているからだめなのかもしれません。。)

今まで大学の講義を受けて、いつまでも受験の延長のように勉強して単位を取ってきましたが、疲れました。
けっこう、疲れてしまいました。

私はものづくりが好きなのですが、どうも工学部では、私の好きが排除されるような感じがして辛いです。
ものづくりの大切なこころ…手を動かし、手の記憶を作り、その記憶を自分の解釈、心と結びつけて、世界観を作り、主張する。そして、人に問う。人を幸せな気持ちにする。

工学部の技術的なものづくり…理論的に実証できるか、仮説を立てつつ、検証していく。あくまでも論理的解決が重要で、そこには行き過ぎた感性的な投影は邪魔な要素とされる。チームで議論し、最適解を探し、効率化、信頼化を図る。表面的な数値の改善が求められる。モノづくりの工程の一部を引っこ抜いて、数理パズル化して、その解決をしているような作業のような。

自分の感性では、数式が解けて快感だとかはありません。。

受験勉強まででは、我慢すれば、我慢こそ美徳だ。
とやってきましたが、結局それが大学入って、これが勉強したい、あれが勉強したいと意気揚々な人と比べたら、笑えない状況になります。

そして、最近、技術関連の雑誌を読んでみました。→日経ものづくり、日経エレクトロニクス。
読んでみてようやく分かったのですが、技術職というのは、一生、発展する技術の勉強と、発展の中で認められるほどの技術の実現競争に巻き込まれるということだと思いました。

そうすると、モノづくりに関われるが、いつか廃れてしまう技術競争の歯車として、生きていくのがエンジニアなのかなと思うようになってしまいました。(言い方は悪いですが)
もちろん、技術的困難を突破した中に、トンネルを抜けて、明かりが差し込んでくるようなまばゆい感激があるのだとは思います。

しかし、それでも、人の原点の心に立ち返ると、数式や物理が発展する前の、古代の道具、武具を作った人には、「これを作りたい」というこころが備わっていたかと思います。
そして、その道順は、こころを伝わり、人の手を伝わって出来上がるもののように思います。

それに対して、現代では、その人の手が取られ、こころも規制的な観念、コスト、納期などの制約の中で、自由になりきれずに、頭だけ動かして、効率化した解を求めようとしている。そんな風に思います。
そして、ものづくりにはそのような所にはない感動があるのですが、それを味わえずに全世界的な技術競争に巻き込まれ、自分は自分の仕事をできたのかどうか、わからず、それでも、還暦まで、何とかやってこれたのだから良しとしよう。と、人生を終えていくような気がしてならないのです。

技術職のやりがいを、自分は理解できないです。でも、もし技術職として生きてそのものづくりにかけるこころを持った言葉を感じ取れる、出せる方がいらっしゃいましたら回答していただきたいです。
お願いします。

ものづくりが好きな人は技術職に生きて後悔が無いのか。これは私が解決できないテーマです。
つまるところ、ものづくりが好きな人は、最終的には自宅に工房を持つような気がしてなりません。。。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

おじさんです。


「自分の感性では、数式が解けて快感だとかはありません」
→あなたは素晴らしいです。
つまり、理系馬鹿ではないからです。
もの作りに関するあなたの感性は正しいです。
現代の理系大学の内容に問題があるのです。
その一つに教員の偏狭さがあります。
    • good
    • 0

モノ作りに役にたつであろう学問、知識を勉強している最中ですよね。


将来、技術者になるに有利だろう、という学問です。
今現在、技術職、職人をしていないのですからわからなくて普通では?

ちょっと前、局は忘れましたがTV番組で、大学の建築課卒の人を積極的に受け入れて成功している工務店の話を見ました。
知識は十分会得した人を、実践の場で働かせると、学力が普通の人が若いころから修行して・・・よりも効果的らしいです。
大卒で知識は十分あっても、実務的な知識、技術は無く、下っ端のうちは決まったパートのみ担当や雑用担当です。
ですが、安給料でもやりがいと夢を持って働いているようです。
インタビューすると、将来は自分で理想の家を作ってみたい、とか・・
勉強してきたことが実際に目にできて自分で手をかけられるのは楽しいようです。
知識をふりかざして、自らの腰を上げない人は合わないでしょうね。

知識と実践は違います。
残念ですが、実践的な技術を身に着けるのは経験しかありません。
知識を十分身に着けたら、就職して、一生懸命、技術を身に着けてください。
それで、3年くらいは頑張ってみて、また、ふと、考えてみましょう。

やらないうちにアレコレ考えてもしかたないです。
また、若いうちから方向を限定する必要もありません。
やり直す、という道もありますから大丈夫です。
    • good
    • 1

あなたの感は正しい。

だからこそ病むのだ。
日本はEMS(仕様書発注)、他企業の買収で延命を図っている。
技術者や自社の技術者を慮る(おもんぱか)ことなどさらさら無い。
技術より金なのだ。
だから、巧みの腕前を持つものに対しても嫌なら辞めろという態度を取る。
その前に、PCにてデーターを取る。
日本は技術より金なのだ。
あなたが、技術を取るのならばやいば(刃)関係の仕事を取るがよろしい。
国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構、ニュークリア・エナジー、なんて頭がおかしい人かも、という人たちが集まっている。
この国はそういうものなのだ。
    • good
    • 0

私は電気・電子が専門で、会社(メーカー)勤めでもその線で行きましたが、仕事ではなく趣味(いまは肩の荷を降ろして道楽と称していますが)でエレクトロニクス関係のモノ作りに興じてきました。

もともと小学校に上がる前から(もう60年以上も昔の話です)乾電池、スイッチ、豆電球、ベル、モーターなどを弄っていて遊んでいましたから。

仕事を離れて趣味でエレクトロニクスのモノ作りに興じるために、エレクトロニクス関連の測定器(たとえばオシロスコープ)はたくさん買い込みました。金額にすると100万円以上にはなったと思います。エレクトロニクスのモノ作りには各種の測定器を備えることが欠かせませんから。
これを駆使して面白い(世界のどこにもないオリジナルの)エレクトロニクス製品を自分で設計し組立ててきまして、某有名エレクトロニクス関連月刊誌には20年以上にわたって製作記事を書き続け(毎年200万円~300万円ほどの原稿料を手にしていました)、単行本も3冊出しました。
初期の頃はステレオアンプ(当時は真空管式)やスピーカーなどを組み立てていました。エレクトロニクス化が進むと、たとえば自宅の郵便ポストに何かが配達されると「お疲れさま!!」って言うような工作もしたんです。いまではしゃべる機械は珍しくありませんが、当時はビックリものでした(郵便屋さんを驚かせてしまいました)。

いまはもう歳で目が悪くなりハンダごてを握るのも苦労するようになりましたけれど、庭の片隅にある倉庫(イナバの大きな物置)には電源を引き込み、ボール盤をはじめ各種の工具を置いて簡単な作業ができるようにしています。工房というほどではありませんが。

ものづくりが好きな人は(私が思うに)凝り性なんでしょうね。打ち込むわけ。仕事として、ビジネスとして、モノ作りに手を染めるのは、たぶん面白くないと思いますよ。「こころも規制的な観念、コスト、納期などの制約の中で、自由になりきれずに、頭だけ動かして、効率化した解を求める」ようになるので、決して自分の思いどおりには出来ませんから。

ホントにものづくりが好きな人は、自分の趣味として、道楽として、ライフワークとして自分のやりたいようにやるんでしょうね。仕事として、ビジネスとして(義務化されると)、モノ作りに興じることはたぶん出来ません。

いま私が道楽としてやっているのは実は写真なのですが、自分だけの、世界にどこにもない撮影機材(エレクトロニクスのモノ作りをベースにしたもの)を考案・製作し、それを使って世界の(たぶん)どこにもない特殊な写真を撮っています。これが楽しくて…。
モノ作りは、机上で考えた理屈っぽいことが中心になってはダメで、自分の手を動かし、汗も流し、実践的でないと面白くありません。

全世界的な技術競争に巻き込まれるのはビジネスの世界に身を置いてのモノ作りだとそうなるわけで、自分の趣味として、道楽として、ライフワークとしてやると、採算性や売れ行きにまったく関係なく、世界のどこにもない自分独自の面白いモノが作れます。そこは技術競争なんて無縁で、むしろアイデア勝負の世界ですね。
    • good
    • 2

ものづくりが好きな人は技術職に生きて後悔が無いのか


    ↑
大きなものづくりなら、企業で、つまり組織で
やるしかありません。
そこでは、物づくりといっても、その一部だけに
携わるだけです。

組織の責任者になっても、統括という仕事を
やるだけになるでしょう。

そもそも、質問者さんがやりたいものづくり、って
なんでしょう。

設計ですか。

旋盤を動かすような技能職ですか。

旋盤だって、大きな仕事なら、部品の製造の
そのまた一部に携わるだけで、やる仕事は
同じ事の繰り返しで、ロボットみたいになる
だけです。

中小企業にでも勤めないと、ものづくりの醍醐味は
味わえないかもしれません。



つまるところ、ものづくりが好きな人は、最終的には
自宅に工房を持つような気がしてなりません。。。
    ↑
そういうことです。
趣味でやるか、職人として生きるか、になると
思います。
    • good
    • 0

現実の女を好きになる前に愛を語っておなか一杯になっちゃった感じだね


具体的に何を作りたいのかイメージしてみたらいいと思う
そのための知識であり技術であり哲学であろう
    • good
    • 0

大きな勘違いをしているような。



「ものづくり」とは求められた物を作ることです。
作りたいものを作るのは趣味。
作りたい物を作る人もいるでしょうが、作成者が亡くなれば忘れ去られます。
他人に必要無い物は作成者以外にとってゴミだからです。
一見自由に作ったように見える芸術作品ですら、購入者が保存した物しか現存していません。

顧客に求められるのは品質です。
品質とは性能、納期、コストを合わせたものです。
性能:必要な作業が出来るか
納期:必要なときに手元にあるか
コスト:必要なときに購入できるか
一つでも欠けたら何の役にも立ちません。

顧客の頭の中にある漠然としたイメージを創意工夫して実際の製品に変える。
かつ顧客が必要とするときに入手可能な状態にする。
それが技術職の主なやりがいだと思います。
顧客のお願いを制約と感じるようなら技術職は向いていないと思います。
    • good
    • 1

私は、絵を描く”ものつくり”ですが、正直なところ、収入らしい収入がないので、家計は夫に任せきりです。



夫は、石油化学かつ、電気系のエンジニアです。もうすぐ引退する年齢ですが、今でも大学でとった、解析の教科書を大事に持っています。自分の仕事の原点になったからでしょう。昔は、手作業で図面を引いていましたが、最近はコンピューターばかりです。

年を取るとともに、経験も積み、チームワークの難しさにも慣れ、最近は、石油化学プラントの、安全装置担当さんのようなことをしています。何かの手違いで、爆発事故が起きる前に、プラント全部、あるいは、一部を自動的にシャットダウンする仕組みを作って、維持してゆくのが、どうやら性に合っているようです。

周りには、女の子で初めて、地理学者として、石油発掘にかかわって、最初は女だと馬鹿にされたけれど、最近はようやく認められた、と張り切っている人や、石油精製工場をたち上げるために、州外や、タイまで出張っていくエンジニアの女の子もいます。質問者さんは男性かと思いますが、そういった仕事には、やりがいがあると感じる人が多いようです。いい遅れましたが、石油のメッカ、ヒューストン在住です。

夫はというと、おっしゃるように、ごく最近まで、PEの試験を何度も受けていました。勉強に時間がかかりますね。

ご質問を読んで、感じたのは、ご存じのように、工学といっても、機械工学、土木工学、環境工学、コンピューター工学。。。などなど、四十種類近く分野があり、その中でも、土木あたりは、もう少し、ものづくり感、臨場感があるかもしれないなぁ、などと思い、回答いたしました。

ただ、最近は、インドあたりのエンジニアが台頭しており、コスト・ダウンやを迫られるので、どの分野でも、厳しい競争力が必要になるのは、ご存じのとおりです。

ご健闘を祈ります。
    • good
    • 0

今は口だけの人に先人の知識と情報を得る


実践でその蓄えた知能を応用するわけで
今つまらないのは当たり前です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q会社説明会って絶対出ないといけないんですか?

希望している会社の説明会って絶対出ないといけないんでしょうか?でないと内定もらえないのでしょうか?説明会で面接日とか決めるんでしたっけ?

Aベストアンサー

私はつい最近内定をもらいました。会社説明会がどのくらい選考基準になるのかはその企業にもよると思いますが、説明会に行くことは自分にとってすごくメリットのあることだと思います。同じ業界の会社でも、会社によって雰囲気はすごく違うし、説明会に行くことによって詳しい仕事内容を知ることもできます。私は、説明会で学んだ仕事内容について面接で質問したりしました。行って損することはないので、行かない理由はないと思います。(交通費なんかは、後々就職してからのことを考えたら、それぐらい投資してもよいと思います…)

Q好きではない仕事ではできる人になれない?

技術系の仕事の五年目ですが、もともとあまり興味がある内容ではありませんでしたが、当時は就職難の時代でもあったので会社に入ってしまいました。しかしながら五年目ともなると仕事ができるできないという話が、周りから聞こえてきます。できる人はこの仕事(機械系)が好きな人ばかりです。しかし私は特に興味があるわけでなく楽しんで仕事ができないので、彼らに負けてしまっている状態です。私もできればできる人間として評価されたいのですが、到底無理な状況です。このままでも良いとは思いますが、できない人として馬鹿にされたり解雇されたら最悪ですので、どのような心がけで仕事に向かって行けばよいのか教えて頂けたら幸いです。

Aベストアンサー

NO.2さんと似たようなことを感じます。作家の井形慶子さんの本(会社の社長さんでもあります)、あとは名前は失念しましたが2、3の企業家の方の本に書いてあったのを読みました。
やりがいがある、ないを転職の理由にする人が多いが、そういう人のうち一部は本物だが、ほとんどはちょっと違うのではないかという人が(社長としての視点で見ると)多い。だから「やりがい」を言いたがる人はそれが本物かどうかまず疑ってみる。
仕事は報酬を得るためというのが大前提だし、自分が働くことで、自分の欲しい何かをもらうわけで、その関係や自分が何を得たいために働いているかをぼんやりとしかわかっていない人が、よく「やりがい」を持ち出す。
でもその「何か」がわかっていなくても、ゆくゆく何かで成功する人というのは、「とりあえずする仕事」でもよくできるし、またはできなくてもぼんやりと「やりがいが…もやもや」とはしないものだ。つまり、一番好きではない仕事についていても、それならそれで自分がどうなりたいかがハッキリして吹っ切れて生活できている人が多い、というような主旨でした。

日本の人は、普通の生活をしていると「こんな普通の生活」と思う人が多いように思います。それには政治とか経済とか社会構造とか、そうなってしまう理由はあると思いますが、どうも私も、何でも普通に与えられること自体が当たり前になってしまっていて、どんな普通の生活でも「自分の選択」という視野が欠けている人が多いような気がします。

例えば自分が、普通のことしかできないし、でもそれが自分であり満足しているなら、それでそこそこのお給料が貰えるのでしたら、頑張る理由があるとも言えます。
 反対に、自分の大事なことが他にあって(趣味だったり、沢山の子供を養うことだったり、早く帰ってしたいことがあるとか)、それを満たされている、そのためにこの仕事は条件的にとても適していると納得できていれば、会社での地位が高かろうが低かろうが、「あなたの一番大事なこと」が確保できているのですから、あなたの人生的には完璧に近いわけです。できるできないで一喜一憂している他の人を尻目に、鼻歌でも歌いながらほどほどに仕事をして、わが世の春を満喫されればよろしいです。
 
つまり何でもいいので、他人への見栄や虚栄心や、「こう思われたら嫌だ」という自己防衛など、「自分の本当の欲求ではなく、弱さや見栄から発生したこと」と、「心の底から自分の望むこと」を区別することです。

セラピーと関わっていましたが、思うに、「自分の欲求ではなく、弱さをかばったり見栄から」のことを、本当にしたいことと勘違いしている人というのは沢山いますし、そんなものが原動力になると勘違いしている人もいますが、確かに数年間など限られた時間は大いに燃料になりますが、必ずといっていいほどそれは「現実」ではなくて「幻想」から発生しているので、いつか空気のように消えてしまいます。

かといって「現代社会に反抗して、正直に思うことだけに真っ直ぐ生きましょう」でなくても良いのです。前述の本の主旨と同じで、たとえベストな仕事につけていなくても、自分の今の本心と、行きたい方向がわかっている人というのは、スッキリと思い切りのいい生活ができると思います。

NO.2さんと似たようなことを感じます。作家の井形慶子さんの本(会社の社長さんでもあります)、あとは名前は失念しましたが2、3の企業家の方の本に書いてあったのを読みました。
やりがいがある、ないを転職の理由にする人が多いが、そういう人のうち一部は本物だが、ほとんどはちょっと違うのではないかという人が(社長としての視点で見ると)多い。だから「やりがい」を言いたがる人はそれが本物かどうかまず疑ってみる。
仕事は報酬を得るためというのが大前提だし、自分が働くことで、自分の欲しい何か...続きを読む

Q一部上場とは??

タイトル通りなのですが、一部上場企業とはどういう意味でしょうか?していない企業と比べて何が違うのでしょうか??現在就活中でして、この意味がよく分からないので教えていただけますでしょうか?又、その企業が上場しているか、していないかはどうやって見分けるのでしょうか??
お返事ください。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

企業が資金を集める方法には借金する方法と株式を発行する方法とがあります。借金すると、企業は儲かろうが、損をしようが、期限が来たら利息をつけて返済しなければなりません。しかし、株式を発行して得た資金は基本的に返す必要のないお金です。儲かったときだけ配当を支払えばいいのですから、株式の発行は企業にとって都合のよい資金獲得方法なのです。(TOBなどの危険もありますが・・・)
一方、株を買った人は配当がもらえるほかに、必要なときに株を売って資金を回収することができます。株を売るには買う人がいなければなりません。このような株の売り買いをするところが株式市場です。株式市場はできるだけ大きな市場の方が売りたい人、買いたい人が多く集まるので、取引が成立しやすくなります。逆に株を売りたいときに株式市場で取引できないと買い手が見つからないので、株式を持つ意味が半減します。
日本で一番大きな株式市場が東京証券取引所(東証)です。東証にも一部や二部などがあり、一部が最も活発に取引されます。そこで、株を売りたい人や買いたい人は東証の一部に行けば、売り買いが成立しやすくなります。
ところがどんな会社の株でもここで取引ができるわけではありません。上場基準と呼ばれる厳しい基準に合格した企業の株だけが、東証の一部で売り買いできるのです。
この東証一部で株式の取引ができる企業が一部上場企業とよばれる企業です。
東証一部に株式を上場できると、株を持っている人は取引が成立しやすくなるので、株に魅力が出て株価が上がります。また、一部上場企業は財務状況の公開が求められるので、粉飾やごまかしをしにくくなり、その結果、会社の信用が増します。
色々な株式市場がありますが、日本の企業のうち、市場で株を売り買いできる企業は一部にすぎません。その中でも東証一部で株を取引できる企業はごく限られたほんの一握りの大企業だけ。つまり東証一部上場企業は企業の中のエリートと考えられるのです。

>今までどんな勉強をしてきたのでしょうか?
>そんな事も分からないような人を企業が採用するとは思えませんが?

ひどいことを言う人もいるものです。私も就職するときは、大学が理科系だったので一部上場企業とか資本金とかまったく意味が分かりませんでした。今でも私の周りには一部上場企業の意味を正確に知らない人がたくさんいますが、ボーア半径とか熱力学の第二法則とかは良く知っています。それでいいのです。就活がんばってください。

企業が資金を集める方法には借金する方法と株式を発行する方法とがあります。借金すると、企業は儲かろうが、損をしようが、期限が来たら利息をつけて返済しなければなりません。しかし、株式を発行して得た資金は基本的に返す必要のないお金です。儲かったときだけ配当を支払えばいいのですから、株式の発行は企業にとって都合のよい資金獲得方法なのです。(TOBなどの危険もありますが・・・)
一方、株を買った人は配当がもらえるほかに、必要なときに株を売って資金を回収することができます。株を売るには買...続きを読む

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134

Q前株 後ろ株の違い

「株式会社××」という表記を前株、
「××株式会社」という表記を後ろ株、
と言いますよね。

法的に根拠はないらしいのですが、
営業の人がよく「前株ですか?後ろ株ですか?」
というやり取りを商談でしていたり、
「就職の場合、前株の方が良い」などと(噂ですが)
聞いたりします。

やはり何か違いがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

1商法・有限会社法に「株式会社・合資会社・合名会社・有限会社」といった法人種別を必ず登記上使用しなければならないと定められていますが、社名のどこにつけるという定めはありません。
2従って、法人設立時や社名変更時に経営者の「語感」で決めるようです。勿論時代の流れもあるようで、戦前には「後株」に比して「前株」会社は少数派でした。
3言語心理学から「ぼーっと聞いている人に、顔を見せることなく急に話し掛けた場合、最初の言葉の頭部は「反応開始の刺激信号」になるだけで、大脳中の言語中枢の記憶との照合までには至らないことが多い」「また、これが聴き慣れない言葉だと、意味は勿論のこと語音の弁別さえもできない。つまり初めの部分を聞き漏らしてしまう」いきなり言われても最初の部分は聞いてないということですね。だから誰でも知っている「株式会社」という言葉を先に出して「反応開始の刺激信号」として利用できるという見解もあるようです。
4上場会社の正式名称を並べてみると1部上場に比してマザーズ等新規上場会社には前株、カタカナが多いがそうでない場合もある。「ご勝手に!どうぞ」状態です。
5なお、職務上関連会社を十数社設立登記しましたが、オーナーの鶴の一声で全て「前」です。

1商法・有限会社法に「株式会社・合資会社・合名会社・有限会社」といった法人種別を必ず登記上使用しなければならないと定められていますが、社名のどこにつけるという定めはありません。
2従って、法人設立時や社名変更時に経営者の「語感」で決めるようです。勿論時代の流れもあるようで、戦前には「後株」に比して「前株」会社は少数派でした。
3言語心理学から「ぼーっと聞いている人に、顔を見せることなく急に話し掛けた場合、最初の言葉の頭部は「反応開始の刺激信号」になるだけで、大脳中の言語中枢の...続きを読む

Q技術系でも仕事辞めたいと思うときあるのですか?

私は営業職です。仕事に行き詰っています。
営業の場合は人間関係が上手くいかないとか喋りが
下手、商品知識が覚えられないや向き不向きなどが
あって嫌になることはあるとおもいます。

しかし、技術系はお客との人間関係はそんなにないし
チームや一人で実験などするじゃないですか?
それに実験や開発が好きで理系になってるのだから
苦痛に感じる事も少ないとおもいます。
それでも、技術系でもストレスからうつ病になったり
仕事が毎日苦痛ということあるのでしょうか?

文系は法律が大好きで法務部門を希望しても
たいていは営業からです。そういう人が向かないと
いうのはわかります。

Aベストアンサー

こんばんは、技術職って私の周りもそうですがいつも
”人間関係は楽そうでいいね”っていわれます。
しかし実際私の場合はフィールドサーニスなので
客先では自分でその雰囲気を作らなければなりません。
営業が居る訳ではないので・・・
結果客先とうまくやらなければならないのでお互い
いい関係でやれる様努力しています。(中にはどう
使用もないお客さんも居ますが)最近私もよく思うのですが客先との接点になる仕事(同じ技術系でも社内だけの開発部門もあります)は神経を使います。
客先が接点というぬ門で働いている方々は営業も含め
社内だけの仕事では無いので個人差は有りますが
苦痛に思うこともあると思います。
そういう私も中国に転勤した際は実際は技術職ですが
中国事務所にそういう部門がないので拠点営業という
事となりそれまでやっていた技術+営業をやっていました。現場の管理って結構たいへんですよ・・・

Q営業系と技術系では技術系のが楽な気がします。どうですか?

私は営業なのですが、営業は他社との人間関係や事務処理、ノルマ、クレーム処理、朝一で走る事もあります。

その点技術は対人関係は社内だけですし、実験が好きで理系に行ってるのだから。予算や納期があるけどそれは、間に合わなくても客に怒られる事ないですし。

結局、技術系のミスは営業の責任になるとおもいます。
やっぱり技術系は楽ですよね?
辞める人なんて情けないですよね?

Aベストアンサー

建設技術者です。

多分質問者の思っている技術系とは随分異なりますが、建設関係においては一般的な技術系だと思います。

建設系技術者の多くは建設現場にいます(いわゆる現場監督です)。

ここでは、設計事務所や施主との折衝という人間関係があります。ミスがあれば社内からだけでなく、直接客先からおしかりを受けます。

また建設業は複層構造をしており、建設会社は専門工事を行う業者(いわゆる下請業者)と契約をして工事を行わさせます。このため、そのような業者の職人さんとの折衝もあります。
また専門工は何種類もあり、その工事内容ごとに別な業者がいますので、その業者間の調整や業者間のトラブルの調停も行うことが多々あります。

すなわち自分と他人・他社・客との人間関係だけでなく、他人同士の人間関係まで携わらなければなりません。

また建設工事においては近隣からクレームを受けることも多々あります。全く取引のない、客でもない一般人からのクレームも、その地点で働いている現場監督が対応します(近隣トラブルで数ヶ月工事が止められるようなこともあります)。

また建設現場にはよくその筋の方などが、みかじめ料をせしめに来られます。その対応もしなければなりません。

近隣関係や自分らのミスの他、建設現場では天候による工期の遅れが発生することもあります。工程管理も技術者の責任で行っていますし、工期が遅れれば、予算を使い果たし、会社からはしかられますし、評価が落ちます。

また大きな現場では事務系職員がつきますが、小さな現場では事務系職員はつきません。よって伝票管理なども技術系職員が行いますし、コスト管理は現場責任者である所長(技術系の人間です)が行っています。下請との契約も基本的に所長が行っています。人の手配や材料の発注も技術系職員が行います。

さらに所長クラスとなると直接お客と接する機会が多いので、次の工事受注のための営業をノルマとして課せられることもあります。

台風が来れば万が一に備えて泊まり込むこともありますし、大地震があれば応援にかり出されることもあります。

安全管理も行うことも必要です。万が一安全管理に不備があれば、役所からきついおしかりを受けることもあります。

さらに営業が見積もりミス(材料が多くありすぎて見落とすことがよくある)で安く受注しすぎて赤字になっても、たいていは現場でコストダウンを努力して何とかしろといわれます(受注してから生産が始まる特殊な形態のため)。

技術系だからといってノルマもあれば、工期もあり、クレームもあり、朝一深夜に走ることもあります。

客や近隣や役所や設計事務所や下請の気の荒い職人に怒られることもあります。その筋の方は怖いです。
人間関係の対応が特に厳しいです。

肉体的にきついのもありますが、やめる人の多くは人間関係に疲れてやめていきます(円形脱毛症程度ならまだましで、自殺した人やノイローゼにかかった人も身近にいますし)。

>やっぱり技術系は楽ですよね?
>辞める人なんて情けないですよね?

以上のような状況ですので、技術系が楽だとは到底思えません。
精神壊したり自殺することに比べれば、やめる人が情けないとは思えません。

建設技術者です。

多分質問者の思っている技術系とは随分異なりますが、建設関係においては一般的な技術系だと思います。

建設系技術者の多くは建設現場にいます(いわゆる現場監督です)。

ここでは、設計事務所や施主との折衝という人間関係があります。ミスがあれば社内からだけでなく、直接客先からおしかりを受けます。

また建設業は複層構造をしており、建設会社は専門工事を行う業者(いわゆる下請業者)と契約をして工事を行わさせます。このため、そのような業者の職人さんとの折衝もありま...続きを読む

Qエンジニアって何ですか

どの会社にも必ずといっていいほどいるエンジニアですが、具体的にどういう仕事をしているのでしょうか?(もちろん業種なんかによって異なるだろうことは十分わかっています。)

engineerという単語からすると技師が当てはまりますが、実際のところエンジニアと呼ばれる(職種の)方々は技術系のことを専門にされているのでしょうか?

しかし、たとえば、航空会社を例にとると飛行機のスケジュールを組みたてる仕事もエンジニアの1業務です。その現場を見ていないのでなんともいえませんが、技術的な仕事というイメージがわきません。

自分のイメージだと、プログラミングや保守といった資格の必要な仕事をさすものとばかり思っていたんですが最近そうでもないような気がしてきました。

よろしければ教えてください。

Aベストアンサー

理系出身ではないので、専門的なことはわかりませんが…技術開発という仕事をする人のことかな?と思いました。
電気メーカーなら、テレビや家電製品をもっと使いやすくしたり、新しい機能を開発したりしますよね。

例えば、昔テレビの画面はブラウン管でしたが、今は液晶型になってきていますね。画面をもっと薄く、きれいにしたい、どうすればできるのか?というところから、いろいろ実験したり、実用化に向けての開発が始まるわけです。

質問者様のイメージではコンピューターのSEのようなものしか浮かんでこないようですね。

何の分野のエンジニアかにもよりますが、
エンジニアとは、ひらたく日本語にすると「技術開発者」新しいものを作り出し、今あるものを改良する人というのがピッタリくるような気がします。

Q採用はもらったけど年間休日100日・・・

こんにちは。
皆様の意見を聞かせてください。
私は今26歳です。
今までは、正社員の仕事を3年、あとは派遣の半年契約を何度かしてまいりました。
経験した業務は、経理、入力業務、受付、一般事務です。
資格は、日商簿記3級、エクセルワード一級です。

この度、長く続けられる職をと考え正社員の就職活動を半年間してまいりました。

そして一社から採用の連絡をいただきました。
私は正社員で働いていた頃、家族経営の会社で(私以外はほとんど親戚たち)わががま言い放題の社長の娘や、親戚というだけで、給料の差をつけられたり、私だけ残業代の出ないのに日々残業をすることが不満で退職をし、今回の転職では
大企業で、年間休日115日以上を探してきました。

しかし大企業となると応募者は増えなかなか採用されませんでした。

今回採用されたところは、中小企業ですが面接で聞く限り、事務の方たちもなかなか退職されないらしく居心地がいい会社の様です。面接をしていただいた社長や部長も、とても感じの良い方で残業もほとんどないそうです。
しかし唯一気になるのは年間休日が100日ということです。

今まで休日が125日あるところばかり勤めていたので100日で、このさき続けていけるか自信がありません。しかし、親やハローワークの方はこんな良い条件はないし、今は就職難なので正社員は本当に難しいんだと言われ、確かに就職活動は大変でしたし親にも安心はさせてあげたいとは思います。

条件としては、給料17万 ボーナスは夏冬あわせて4ヶ月です。私の地域ではこの年収は平均ですが年間休日が少ないので良いとは思えません。

もう転職はしたくない為かなり悩んでいます。
もし皆さんでしたら、どう決断しますか?
また年間休日が100日ぐらいの方がおられましたら、
今の休日に満足していますか?

意見を聞かせてください。

こんにちは。
皆様の意見を聞かせてください。
私は今26歳です。
今までは、正社員の仕事を3年、あとは派遣の半年契約を何度かしてまいりました。
経験した業務は、経理、入力業務、受付、一般事務です。
資格は、日商簿記3級、エクセルワード一級です。

この度、長く続けられる職をと考え正社員の就職活動を半年間してまいりました。

そして一社から採用の連絡をいただきました。
私は正社員で働いていた頃、家族経営の会社で(私以外はほとんど親戚たち)わががま言い放題の社長の娘や、親戚という...続きを読む

Aベストアンサー

NO.3の方が言われているように年間休日120日以上なら確実に土日祝は休みの計算になるのですが、この差の20日間がいつなのかはわかっているのでしょうか?

たとえば、祝日は休みではない会社もありますし、祝日がある週の土曜日は出勤という会社もあります。
もし、前者だとGWはないということになりますし、後者なら3連休はないということになります。
毎月各週土曜日出勤などと確実に決まってるのなら、3連休できる時もあれば、駄目な時もあるといことにもなります。

世の中には色々な条件の会社がある事は確かです。
他の方の状況もそれぞれと思いますが、これだけは譲れないというものも人によって様々ですから、質問者さんの採用が決まった会社の条件をもう一度確認し、それなら大丈夫と自分で納得できるかどうかを良く考えて決められた方がいいと思います。

私にとっては休日は絶対に譲れない条件ですから、転職活動した時も年間休日120日以下の会社は対象にしませんでした。本当はそんな条件など言ってられない年齢、35歳をとっくに過ぎている年齢だったのにです。ですから、私だったら休日100日のこの会社には入社はしません。
後々不満に思ってしまうことが自分でわかっているからです。

ただ、質問者さんの環境(求人が多い地域なのか、経済的な面など)がわからないので、無責任な事は言えませんが、まだ26歳ならば採用の門戸は広いと思いますので、検討の余地はあると思うのです。
数年前、私も同じ立場でしたから、就職活動はとっても大変な事も、親御さんを安心させたいというお気持ちも、よく分かります。
でも、仕事をしていくのは質問者さんご自身ですから、納得できる会社を選ばないと後が辛いです。

あの、質問者さんは女性の方ですよね。女性という前提で書きましたが、もし男性ならば、話は違ってこの会社に就職することをお薦めしますけど。
まあ、このような考えもあるということで。
失礼しました。

NO.3の方が言われているように年間休日120日以上なら確実に土日祝は休みの計算になるのですが、この差の20日間がいつなのかはわかっているのでしょうか?

たとえば、祝日は休みではない会社もありますし、祝日がある週の土曜日は出勤という会社もあります。
もし、前者だとGWはないということになりますし、後者なら3連休はないということになります。
毎月各週土曜日出勤などと確実に決まってるのなら、3連休できる時もあれば、駄目な時もあるといことにもなります。

世の中には色々な条件の会...続きを読む

Q適性検査に正直に答えすぎました

こんばんは。就活中で営業職志望です。
今日、筆記試験と適性検査を受けてきました。
筆記試験は普通だったんですが、適性検査は正直に答えすぎました。
「人といるより一人が好き」「どちらかというと消極的だ」「賑やかなのは苦手だ」など、バカ正直に答えてしまいました。明らかに営業は不向きな性格です。今になって後悔しています。

適性検査というのは、普通はどの程度、正直に答えるべきなのでしょうか?バレない程度の多少の嘘は必要ですか?
適性検査の結果が酷いと、やっぱり合否に影響を与えますか?

Aベストアンサー

No.3です。
補足させてください。
適性検査、性格検査は多種あって、中には受験者を消耗させるような作業検査(ペーパーテストです)も存在します。その検査の仕組みを知っていても作業のイライラが隠せず結果に出てしまいます。
就活には嘘も必要!それは真実。でも、検査に関しては嘘がいいとか悪いとか言い切れません。
ただ思うのは、質問者様の人柄が非常に誠実で。それは大きな魅力ですよ。ここでアドバイスしてくれる方々(No.6さんなんて深いですよね)も質問者様が誠実だからこそ親身に答えているのだと思います。
ですから、嘘も正直もあまり問題ではないような気がします。
口下手ということでしたが、それでさえ、かえって誠実さを印象付ける武器にもなりますし。(だってペラペラ軽い人を信用できます?)やはり人柄は大きな魅力ですよ。
あとは、会社が質問者様のどこを見るか、なんですよね。見る目がある会社であることを願います。

余計な事ですが………
就活で最終的に大事なのは、自分の気持ちです。何が大切なのか、何を最優先に選ぶのか、ここにつきると思います。
とりとめもなくしかも長くてすみませんm(_ _)m

No.3です。
補足させてください。
適性検査、性格検査は多種あって、中には受験者を消耗させるような作業検査(ペーパーテストです)も存在します。その検査の仕組みを知っていても作業のイライラが隠せず結果に出てしまいます。
就活には嘘も必要!それは真実。でも、検査に関しては嘘がいいとか悪いとか言い切れません。
ただ思うのは、質問者様の人柄が非常に誠実で。それは大きな魅力ですよ。ここでアドバイスしてくれる方々(No.6さんなんて深いですよね)も質問者様が誠実だからこそ親身に答えている...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報