制限酵素やTaqなど、酵素はいつも-20℃の冷凍庫に保存していますが、なぜ室温だと失活していくのですか?プロテアーゼで切られるにしても本当にピュアなものなら大丈夫だと思いますし、活性が変わるからにはどこかしら構造が変わっているように思っているのですが・・・失活するとは酵素が何によってどのように変化しているのかが知りたいです。
 また、逆になぜ-80℃の冷蔵庫には入れないのですか?ただ-20℃で十分でそれ以上は電気代が無駄なだけだとか?
 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

遺伝子操作自体は初心者なので、適切な答えになるか分かりませんが、


蛋白質構造の研究者としての考えも含めて・・・

まず一般的に酵素試薬は、グリセロールが入っているので-20℃でも凍らないようになっています。
しかし、さらに温度を下げると凍ってしまい(グリセロールの濃度によりますが、-40℃付近以下では凍り始めるようです)、凍結により力学的に酵素が変性させられるはずです。
ですから、酵素を-80℃ディープフリーザーで保存してはいけません。
(以前そんなことを知らなかった頃に、送られてきた酵素試料をディープフリーザーで保存して危うく凍らせるところでした・・・・師匠に厳重注意されました・・(汗))

基本的に温度を下げる理由は、熱による変性防止が主な理由でしょう。
ただ、Taqのように熱に強いはずの酵素までの低温保存するのは、
おそらく、他の酵素、菌のコンタミによる分解、および酸素による酸化、などの防止であると思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

大変分かりやすく、納得しました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/22 01:08

私も酵素は利用するだけですので,良くわからない側の人間ですが。



お二人の回答されている事で充分な気がしますが,それ以外の理由をあえて考えてみました。

酵素が蛋白分解酵素の場合。
 この場合はいくら純度100%でも自己消化は避けられませんから,低温保存が必要でしょう。

試薬が吸湿性の場合。
 この場合はデシケ-タ-等で室温保存でも良いわけですが,他の回答者のあげられた理由と一緒に,乾燥かつ低温の冷凍庫保存を行なう。
 凍結乾燥で粉末状にした酵素は結構吸湿性があります。吸湿すると分解が促進されますので,乾燥状態での保存が必要です。

以上,あえて考えてみました。


    • good
    • 0

酵素の場合は、チューブから酵素を取り出したり、分注したりする際に、細菌や別の無関係の蛋白等のコンタミネーションが生じる可能性があった場合、室温に放置していると、腐敗等で多少なりとも変性が進み、失活する可能性があるのではないでしょうか?


制限酵素でそういった事を確かめた事はないですが、免疫組織染色で使用する抗体でも、冷蔵庫保存で良い場合と、-20℃保存と指定される場合がありますが、-20℃とされているものでも、冷凍室の故障でやむなく冷蔵庫保存していても、きちんと差異なく反応してくれるんですが、室温ではさすがに力価が低下してしまいました。
-20℃でO.K.とされているのは、それ以上厳密に低温に置く必要がないだけだと思いますが。どの研究室でも、実験室のあちこちに-80℃のディープフリーザーは置いてないでしょうしね。汎用される酵素であれば、その程度の保存でいいよということではないでしょうか?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qよくばりキレイの生酵素の効果について

よくばりキレイの生酵素というサプリメントを試してみたい気持ちから、口コミをしらべてみました。すると、いい口コミしかなくて逆に心配になってきたんですが、実際に飲んでみたという方がいらっしゃったら、効果について教えてくれませんか?

Aベストアンサー

3ヶ月のみ続けています。
結果から言うと3ヶ月で5キロ痩せました!
もちろん途中で増減はありましたが、飲み会などで思いがけず食べ過ぎた日の翌日に増えていたので、偏った食事ではなくバランスのとれた食事と、意識して体を動かすことを一緒に行えばサプリメントの効果も出やすいと思います。
しかも今までダイエットをするたびに肌の調子が悪くなっていたのですが、よくばりキレイの生酵素には美容成分も入っているので、肌荒れなしのダイエットを続けられてます。

Q今度は・・制限酵素の失活についてなんですが。。。

毎回毎回すみません・・また実験がうまくいきませんでした・・・
プラスミドDNAをEcoRI,BamHIの二種類の制限酵素を使用し、どのように切断されるかをアガロース電気泳動を行って、バンドの移動度を比べてみました。
1つは、EcoRIだけで切断し、もう1つは二種類の酵素で切断しました。
でも電気泳動ででたバンドはネガコンとして流した未処理プラスミドDNAと同じバンドでした。通常移動度が遅くなったり、バンドが2本でるはずなのですが・・まったくありませんでした・・・
制限酵素が失活して、切断できなかったのではないかと考察したのですが・・・酵素は熱を加えると失活してしまうため温めないように注意したのですが・・
制限酵素が失活してしまう要因をどうか教えてください。実験で注意すべき点など教えていただければ今後の実験に役立ちます。ぜひ実験をして経験された事でもよいので教えてください。いつもいつも実験の失敗についてばかり質問してしまってすみません・・・
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

先の「プラスミドDNAのい精製がうまくいきません・・・なぜ?」の質問内容と関連があると思いますので、まとめてここで。

1)ひょっとして、コンタミしていた偽者を精製したのではないでしょうか。大腸菌の増え方が殖えるのにいつもより時間がかかったとか、培養時間に比して菌の濃度が薄かったなどの兆候がありませんでしたか?

2)アルカリ処理が過剰で、プラスミドが変性したのかもしれません。大腸菌ゲノムが一本鎖に変性するけど、プラスミドが変性しないことでゲノムDNAが沈殿として取り除かれます。プラスミドまで変性してしまうと収量が悪くなります。また、プラスミドが部分的に変性してしまうことがありますが、そうなったら制限酵素が効かなくなります。アルカリ/SDS溶液の濃度、量、処理温度、時間は適当でしたか。

制限酵素は普通の保存、取り扱いでは失活することはほとんどありません。極端な話、室温で長時間放置しても大丈夫です。

Q酵素に界面活性効果はあるでしょうか?

一般論としてお尋ねします。
酵素に界面活性効果はあるでしょうか?
油と水を乳化するときに、ある種の酵素を混ぜると、既知の界面活性剤よりも乳化が進むと、きき及びました。この例では酵素を特定しておりませんでした。
そこで、概論として酵素の界面活性効果有無について教えて頂ければ幸いです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.2の方が書かれているように,酵素とは巨大なタンパク質で、
分子中に疎水部分と親水部分を持つので界面活性作用があります。

しかしながら、私の試験では人間が合成したアルキルベンゼンスルホン酸
ナトリウム(ABS)よりも高い界面活性作用を持つとは思えません。
もし、それだけ高い界面活性作用を持つならば細胞膜を破壊し、
生体中にいられないものになるはずです。

乳化するのは界面活性作用ではなく、リパーゼのような油脂の
分解酵素だからではないですか?

Qプライマーの失活

TEで希釈したプライマー(原液ではなく、PCRに使用するためのプライマー・フォワードとリバースを混ぜた状態)は、4℃の条件下で失活することはあるのでしょうか?冷凍と解凍を繰り返して使用するより安全なのでしょうか?また、その際、どのくらいで失活したか、経験された方はいらっしゃいますか?

どなたか教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

以前、F/Rを混ぜて保存して使ってみた同僚がいましたが、初めのうちはちゃんと増えていたのに、だんだん増えにくくなっていったという経験を見ています。ので、原理はきちんと説明できないのですが、私はやりません。

それから、質問の趣旨から外れた内容になってしまいますが、場合によってはワーキングソリューションをTEで作製するのも良くない場合があるかもしれません。もちろんプライマーの保存上はTEがいいと思いますが、PCR反応自体に影響するかもしれません。ですからストックソリューションはTEで作製し、回転の速いワーキングソリューションは水(または1/10xTEとか)で薄めて作製するのがいいのではないでしょうか。わたしは、ストックも水で作りますが、凍結融解に気をつけているので、PCRがかからなくなったという経験はありません。

Q酵素の効果は本当にあるの?

酵素の効果は本当にあるの?

私は健康食品はきらいじゃないのですが、最近話題の〇〇酵素とかありますよね?値段もそこそこするし、健康全般にいいみたいですが・・・
本当に効果があるなら少々高くても買ってみようと思っています。最近疲れが取れずに本当に困っているので。酵素ってどうなんでしょうか、教えてください。

Aベストアンサー

 酵素とはたんぱく質でできた触媒で極めて少量で特定の反応を進行させるものです。酵素 - Wikipedia ( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%85%B5%E7%B4%A0#.E6.97.A5.E7.94.A8.E5.93.81 )
 基質特異性と反応特異性のある触媒・・

当然たんぱく質ですから、他のたんぱく質と同様に消化、すなわちアミノ酸やペプチドまで分解されて吸収されます。よって、せいぜい消化管で働く物以外は効果はないでいね。
 通常は体内で必要に応じて合成されますからサプリメントとして摂取する必要はない。

Qペルオキシダーゼの失活

間接抗体法によりペルオキシダーゼを失活させるために過酸化水素とメタノールを使用する理由を教えてください。

Aベストアンサー

間接抗体法に用いられているペルオキシダーゼはヘム酵素ですか(HRPとか)?だったら、過剰な過酸化水素はペルオキシダーゼの活性部位であるヘムを分解してしまうからです。あとメタノールはペルオキシダーゼに限らずタンパク質を変性させる性質があるので失活に用いられているのだと思います。

詳しく知りたい場合は、peroxidase, hydrogen peroxide, heme bleaching, compound III, といったキーワードで文献を検索されると良いと思います。

お役に立てたかな?

Q消化酵素を 大根で食べた場合効果いつでる? 

  食べ物が吸収不良ぎみなので消化酵素不足を 大根おろしを毎日一  回 たべた場合どれくらで効果でるのですか
  食品より消化酵素剤剤を飲んだほうが効果的ですか 
    

Aベストアンサー

こんにちは。
大根ならジアスターゼでしょうか。
これは、でんぷんと接触した瞬間から働きますので、ご飯と一緒に食べれば食べた時から有効です。
ご飯は別に食べて、大根おろしを別な時間に食べた場合は、一時間以上間隔があくと、胃でも混ざらないので無効になります。
なお、この酵素は強酸性では破壊されてしまうので、先に大根おろしを食べると無効になります。
ご飯が胃液と混ざった頃あいが丁度よくこの酵素が働く状態になります。

Qアンピシリンの失活温度について

アンピシリンの失活温度について教えてください。

LB(Amp)のプレート培地を作製する時にいつも思うことです。

オートクレーブ後の三角フラスコに入っているLB培地に、いつアンピシリンを添加すればいいのかわかりません。

僕の場合は、三角フラスコをクリーンベンチ内で両手で触って円を描くように揺らしてみて、手をつけてられる熱さまで冷ましてから入れるようにしています。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

私も学部生の頃に同じことを考えましたが。。。結論は結構微妙なところだと思います。アンピシリンは酵素のように高温になると変成していっぺんに失活する訳ではなく、高温になるほど分解の進みが早くなるわけですよね。(もちろん1時間くらい煮沸すればかなり失活するかもしれませんが。。)。というわけで、結局実験的にできるだけ影響が起きない(しかし、ゲルが固まらない)ような妥協点の温度でやるために手で触れる=約60℃で添加することがスタンダードになってるわけです。

Qお嬢様酵素の100円のものを頼んだんですけど、頼んだ後口コミを見たら定期便を購入しないとダメって書い

お嬢様酵素の100円のものを頼んだんですけど、頼んだ後口コミを見たら定期便を購入しないとダメって書いてあって心配になって質問させて頂きます。
定期便を購入しないと初回100円にならないのでしょうか?
回答お願いします。

Aベストアンサー

お嬢様酵素100円キャンペーンのサイトから申し込んだのなら、申し込み条件として

①1世帯1回限り
②トライアルセットを初めての方
③トライアルセットのDMと電子メールを受け取れる方

となっていますので、税込み108円だけだと思います。
ネット通販であれば、申し込むときに代金など確認した通りです。

ただ、③の条件がるので、商品を受け取った後、しつこく商品の勧めが来るのかもしれません。
もしそういうときは、商品受け取り後はDMやメールを断れば良いでしょう。

Qアポ酵素 ホロ酵素について

最近学校でアポ酵素やホロ酵素について習ったのですが、アポ酵素やホロ酵素が体内で増えすぎると、何かの病気になるということはあるのですか??

Aベストアンサー

アポ酵素やホロ酵素に限らず酵素が異常に体内で増加すると何らかの変化は現れます。
例えば胃の粘膜が損傷時ペプシンが増加していると普段は胃炎で済む物が潰瘍にまで発展
することを考えれば理解頂けるでしょうか。
またス-パーオキシドジスムターゼ(SOD)という、活性酸素抑制酵素が過剰に増加すると
活性酸素が体内で発生せず、体内に侵入したウィルスや細菌および真菌を殺せなかったり、
老化が抑制されたりといろいろ考えられます。(活性酸素は人体には老化作用が有るが、
酸化作用が有るため体内に侵入した異物を焼き殺す)これはほんの一例です。詳しくは大学で学んで
下さい。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報