家で観たい!『平成』にアカデミー賞を受賞した映画30本!人気TOP5は?

こんにちは。
自分は入れたこと無いんですが、以前、ガイアックスとかアルコール系燃料がありましたよね。

燃料パイプが腐食するとか、ゴム、プラスチック部品が劣化する、パワーが落ちるなどいろいろ不具合が言われていました。

 良く分からないのが、
(1)そんな危険な燃料(走行中に燃料が漏れたら結構な危険度ですよね)が車にどんな影響を与えるか、まともに試験も行われずに販売されたのでしょうか?
(2)燃料業界ってそういった安全性に関する認定制度なんてないのでしょうか?あるいは燃料業界(そんなぎょうかいがあるの?w)って、「動くし安いから大丈夫」てきなノリで販売にこぎつけてしまうアバウトな世界なんでしょうか?
(3)ガイアックス(あるいはその他の車に使えるガソリン以外の燃料)が原因で車両故障や事故が起きて、燃料の販売会社が訴えられたようなケースってあったのでしょうか?その結果は?

以上(1)~(3)のどれか一つでもいいですのでご意見や情報がありましたら、宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

あまやんです。



ガイアックスについては、韓国のベンチャー企業がマレーシアで作って日本で販売していました。

運輸省、経済産業省・資源エネルギー庁、国税庁、自動車メーカー、石油業界、自治体、一般のガソリンスタンド(それぞれは普段は仲良くないのですが、この時は利害関係が一致し団結)からの強い風当たりがあり、最初はこの商品はガソリン税非課税であったのですが、裁判の結果、軽油引取税(32.1円)が課せられるようになり、さらに昨年春くらいには法改正がなされ、炭化水素油と高濃度アルコールを混用したものを販売してはならない、という法律ができ、販売が中止されました。

ガイアックスについては、輸入販売元が試験を行い、PL保険に加入する、ということで、販売がなされてきました。ただ、スバルの280馬力車、キャブレター車、産業機械、自動二輪車などには、あわないということで、給油を認めていなかったです。
あと、ホンダオデッセイだったかと記憶するのですが、一部の特定車種で、配管腐食に起因すると考えられる発火事故が発生したことがありました。

ただ、基本的に、ガソリン自動車にはガソリンを入れて走らなければならない、という法律はないはずです。
(ディーゼル車に灯油やA重油を入れて走るのは、税法上の違反になりますが)

私は当時ガイアックスをよくいれていましたが、特に何の問題もなかったです。

現在では、炭化水素油を含まない、100%アルコールのクリアスネオ、という商品が合法的なもの(ガソリン税非課税)として売られています。臭いは、ガソリンとは全く異なり、シンナーやベンジンのような臭いです。

車種にもよるのですが、(特に圧縮比の高いエンジンは要注意)100%これだけで走ろうとすると、ノッキングを起こしやすく、燃費も悪化するので、レギュラーガソリンと混用する、という方法をとることが普通です。

ただ、スタンドがはじめから混ぜて売ると違法となるので、ユーザーの指定で、クリアスネオ何リットル、残りをレギュラーで満タン、というような感じで指示して給油し、車のガソリンタンク内で混ぜています。

私の車アルファ145(圧縮比10)の場合、だいたいクリアスとレギュラーが7:3くらいまでだったら、普通に問題なく走ります。もう一台の軽ターボは、圧縮比が7.8くらいと低いので、夏場は100%でも大丈夫です(ただし燃費は2割ほど落ちます)。クリアスがレギュラーから比べて15円くらい安いことを考えたらとんとんくらいですね。もっとも、安いのは、揮発油税の分で、実際の原価はクリアスの方がずっと高いとのこと。

メタノールなどのアルコール燃料の使用、ガソリンとの混用は、地球環境の保護の視点からは、世界的な潮流でもあり、ブラジルなど海外では相当実用化も進んでいるようなのですが、日本では、石油業界、ガソリン税を道路財源とする国税庁、大蔵省、国土交通省の既得権益の壁が大きく、なかなか進まないようなところがあります。ただ、数%のメタノール混入についての研究は業界・通産省でも進めていく動きはあるようです。

今後、日本においても安全性の確保、燃費や品質の向上など、燃料メーカーと、自動車メーカー、役所が協力して進めていくことを期待したいですね。それにしてもガソリン税(リッター53.8円、さらに消費税)は高すぎますね。そういう意味で、ガイアックスやクリアスは、発泡酒によく例えられています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい情報ありがとうございます。
>ただ、基本的に、ガソリン自動車にはガソリンを入れて走らなければならない、という法律はないはずです。
それを使うユーザーに対する法律ではなく、車を動かすことを目的とした燃料に対する安全性の規制、基準というのはないのでしょうか?

それにしてもアルコール燃料を普通に使っていたというのは驚きです。普通に走るモンなんですね。(まぁ価格的にトントンなら安心できるガソリンの方が良いような気もしますが。)
>ブラジルなど海外では相当実用化も進んでいるようなのですが
ヨーロッパではディーゼルが主流というのは知っていましたが、これはまったく知りませんでした。へぇ~。驚きです。エンジンの方も初めからアルコール燃料をターゲットにしたものが開発されたりしているのでしょうか。

ガソリン税が高すぎるのは同意です。日本は車から金をむしりとり過ぎですよねー。

お礼日時:2004/07/30 16:53

水がH2Oというのはよく知られています。

H-O-H
アルコールはR-O-H
ガソリン類はR-H
でアルコールは水に似た油で似たもの同士は溶けるの法則でアルコールは一般に水と混ざります。
メタノールはアルコール類の中でも最も水に近いアルコールで、(水で)錆び易い金属を腐食させることが出来ます。
ガソリンの水抜剤もアルコールでアルコール=悪と断罪できないとは思います。
また、国によってはガソリンに少量のアルコールを混ぜて売ることが一般化しています。

一方本邦では業界団体は業界の利益のみを考えて行動していますが、自らの権益を侵すアルコール燃料に厳しい姿勢で臨んでいると思います。出る杭はの世界です。
旧通産省は通商・産業振興を目的とする省庁ですから、目線は業界団体です。合併後国民の利益を第一に変わるとは考えがたいです。

という背景を睨んで何処まで情報が操作されて流れているか、鵜呑みは危険だなと考えています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

>何処まで情報が操作されて流れているか、鵜呑みは危険だなと考えています。
これはあるかもしれないですね。じっさい、ほとんど害は無いのに、税金と業界のために悪い評判を流す、というのは十分あると思います。・・真偽の判別がつかないのならメーカー推奨のガソリンで行きたい、となりますから。ありがとうございました。

お礼日時:2004/08/02 11:25

No.2 あまやんです。



今会社の帰りに混合燃料入れてきました(笑)
ご質問への補足です。

ガソリン、軽油、灯油などの石油製品については、厳しい品質基準が資源エネルギー庁により定められており、元売り(出光、エッソ、シェルなど)が品質を保証するとともに、スタンドは経済産業省の定期的な検査を受けています。罰則もあり、これにより、粗悪ガソリンが、市場に出回らないようになっています。(実際には出ることはありますが)

ところが、アルコール燃料については、そもそも石油製品、ガソリンではなく、ただ「ガソリンにできるだけ近い燃え方で燃えるもの」というだけのものなので、石油製品取締法の品質検査の対象にならないのです。
木炭や練炭が、役所の規制を受けないのと同じことです。

ガソリンや軽油以外の内燃機系エンジンを使った自動車は、まずタクシーなどのLPガス自動車があります。これは、普通のエンジンに、圧縮比、燃料噴装置、燃料供給系の改造を行うだけです。ただ、タンクの問題もあるので、一般ユーザー向けではありません。それから、天然ガス自動車もすでに実用化されており、両方の燃料が使える「バイフューエル自動車」もボルボから発売されたこともあります。燃費、出力は落ちますが、ガソリン税がかかっていない分、燃料コストとしては安いです。

メタノール自動車も、ブラジル(さとうきびかすより生成)などすでに海外では実用化している国もあり、普通のエンジンに、それに対応した改造をほどこしています。いずれも、改造した車には普通のガソリンを入れることはできません。

一方で、ガイアックスやクリアス、エピオンなどのアルコール燃料は、普通の自動車が改造せずそのまま使えるように、ガソリンに限りなく近い燃え方をする、ということで開発されたものです。

例えて言えば、発泡酒は、麦芽の比率を押さえて、米や豆などの原料を使い、できるだけビールに近い味にしているのと同じです。作るコストもビールと同じかそれ以上かかっています。ただ、税制上安いので、販売価格が安くなる、ということです。
本来、ビールが非課税だったら、発泡酒は生まれなかったでしょう。実際に十数年前までは、発泡酒は存在しなかったですね。アルコール燃料も、それと似たような存在なのです。高い税金を避けつつ、より本物に近いものを、ということで苦労して作ったメーカーの人には失礼ですが、ゆがんだ税制、政治のもとに咲いたあだ花、というようなものなのかもしれません。

腐食についてですが、アルコールはご承知のとおり、水と混じります。ガソリンは油なので混じらないという性質があります。(ガソリンにも水分は含まれていますが)そのへんが、さびや腐食の原因になる、いわれるのですが、アルコール燃料そのものは塩酸や硫酸、アンモニアのような強い腐食性をもつようなものではないし、入れたから翌日、あるいは1ヶ月、1年先、というような短い時間の間にエンジンや配管を腐食させてしまうようなものでもないことも事実です。車種や環境によっても差が出てくることでしょう。腐食したからといって、必ずしもこれが原因とも断定することもできないでしょう。

だから、私はあまり他人にこれをすすめようとは思いません。これを原因とする故障については、製造販売元が保証、修理する、ということになっています。多分廃車まで大丈夫、とは思うのですが、何らかの不都合が起きる可能性もある、というようなことは頭の片隅においといた方がいいのかもしれませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>翌日、あるいは1ヶ月、1年先、というような短い時間の間にエンジンや配管を腐食させてしまうようなものでもないことも事実です。
なるほど。いろいろ勉強になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2004/08/02 11:23

 ガイアックスは許可されたわけではありません。


 業者が勝手に売って、ユーザーは勝手に買っただけです。
 無断販売された商品には許可もクソもないわけです。

 で、問題なのは、『偶然にも』ガイアックスが法律をすり抜けちゃった点です。
 あれが登場した当時、ガイアックスは法律には抵触しなかったんです。なぜならば、「短期的には機械は壊れなかった」からです。
 だから、国もメーカーも規制することができなかったのです。

 ゆえに、

(1)はい。
(2)仮にあったとしても、法律に抵触しない商品をわざわざ試験する必要はない、とアキンド達は考えたでしょう。
(3)分かりませんが、ガイアックスが害悪(笑)であるという科学的証明が必要なので、個人で訴えるのはなかなか難しいでしょうね。

 となります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>『偶然にも』ガイアックスが法律をすり抜けちゃった
なるほど。
日本の燃料の安全性に関する法律は結構甘いんですかね。

>ガイアックスが害悪(笑)であるという科学的証明が必要なので、個人で訴えるのはなかなか難しいでしょうね。
もし事故が起きても、ガイアックス(あるいはそれに類する代替燃料)が事故の原因だと証明するのが難しいのですね。三菱の件だってユーザーの整備不良にされてしまっていたのですしね。
ありがとうございました。

お礼日時:2004/07/30 16:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q新燃料、ガイアックスの使用感を教えてください。

今度、行きつけのスタンドが、ガイアックスを販売するとのことで、セールスされました。
ここでもちょっと載っていますが、いまいちよく分かりません。
ホームページも見ましたが、ほんとに良いのか、既往の車に害がないのか、知りたいと思います。

ご使用の方、使用感を教えて下さい。

Aベストアンサー

このOK Webでも何度かガイアックスについての質問が出ています。
その度に、利用者の方からの『自分も使っているけど大丈夫だ』
と言う意見が出ています。
ただ、私は以前、(ガイアックスだったかどうか定かではないのですが)
アルコール系を主成分とした代替ガソリンを入れていて、
エンジンが溶けてしまったと言う話を聞いています。
どこがどう溶けたのか、詳しい話は聞けなかったのですが、
もし、エンジンブロックやシリンダーヘッドが溶けたのだとしたら、
完全なエンジンブローですから、もし高速道路などで起こったら
大事故に直結しかねませんね。

例えば、最初から100%ガイアックスを使っていれば大丈夫だけど、
半分ガソリンが残ったところにガイアックスを給油したり、
その逆をやったりして、ガソリンとガイアックスが混ざった状態になると、
ガソリンとガイアックスの点火タイミングや熱量などの違いによって、
異常燃焼が起きてエンジンが壊れる・・・とかもあるかも知れません。

恐らく、エンジンとの相性もあるんだと思いますが、
困った事に、その相性は、実際に入れてみるまで判りません。
今のところ、使っていて問題無いと言っている人でも、
この先1年2年、10000km20000kmと使って行く内に、
大きなトラブルが起きる可能性も、無い訳ではありません。
燃料代で得をするか、トラブルが発生するか、賭けてみるつもりがあれば
使ってみるのも良いかも知れませんが、リスクを負うのが嫌であれば、
使わない方が賢明なのかも知れません。

junbooさんのコメントで『石油元締め各社があらゆる方面に圧力をかけているので、
実際に使用経験のない人の意見は真に受けない方がいいと思います。』
とありますが、これは、反対の事も言える訳ですよね。
例えばここで、私を含めて、ガイアックスに対して
否定的な意見を上げている人が全て石油元締各社の関係者で、
事あるごとに『ガイアックスは良くないよ~』と、
根も葉も無い、悪い噂を吹聴してまわっている可能性も否定できませんし
(実際には私は石油関係者ではありませんが)、その逆に、
ここで『使っているけど問題無いよ~』と言っている人達が、
実はガイアックスの関係者で・・・と言う可能性も、否定できない訳です。
確かに、ガソリンスタンドのアンチャンなんかに言われたのであれば、
それは全く信用できない部分もあります。極端な話、
シェルの関係者に聞けば、『シェル以外のガソリンは良くないよ~』
と言うかも知れない訳ですからね。
ただ、私の様に、実際に使っていない人間の意見も
かなり信憑性が低いと言うのも事実でしょう。
なにせ私も、車に詳しくない人から『エンジンが溶けた』
と聞かされただけで、エンジンの何が溶けたのかも知りませんし、
実際に壊れたエンジンを見た訳でもありませんので。
結局は、信頼できる個人から直接聞いた意見でないかぎりは、
インターネットでの意見収集などというのは、かなり曖昧なものだと思います。

このOK Webでも何度かガイアックスについての質問が出ています。
その度に、利用者の方からの『自分も使っているけど大丈夫だ』
と言う意見が出ています。
ただ、私は以前、(ガイアックスだったかどうか定かではないのですが)
アルコール系を主成分とした代替ガソリンを入れていて、
エンジンが溶けてしまったと言う話を聞いています。
どこがどう溶けたのか、詳しい話は聞けなかったのですが、
もし、エンジンブロックやシリンダーヘッドが溶けたのだとしたら、
完全なエンジンブローですから、もし高...続きを読む

Qアルコール系自動車燃料について

カテゴリーが違ってたらすみません

近くのガソリンスタンドで
アルコール系自動車燃料「エピオン」というのが登場しました。
通常のレギュラーガソリンよりも単価が安いので
問題がないようなら、それがいいかなと思い
少しネットで調べましたが
実際のところはどうなのか分かりません。

使用したことのある方、もしくは情報をお持ちの方の
正直な意見がお聞きしたいと思い質問しました。
エンジンなどに問題はないのでしょうか?
今後、何か問題点が出てくると言うことも考えられるのでしょうか?
何でもいいので教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

実際にガイアックスを入れた事がある者です。

一回しか入れていませんが、燃費が15%ダウンしました。
私自身、かなりの燃費オタク(?)で、毎回ほぼコンスタントに19~20km/lは出ていましたが、ガイアックスを満タン給油した時のみ16km/lになってしまいました。その後すぐにレギャラーに戻したのですが、その直後も17km/lしか出なかったのでガイアックス一回でかなり損をしてしまいました。
あとは、パワーダウンも体感できました。エンジン回転数がいつもより数百回転高くなってしまいます。パワー差がこれほど体感できる製品もある意味めずらしいです。
その後炎上報道やメーカーの保証無し宣言が出たので、それからは全く入れる気が無くなりました。

あと環境に関してですが、通常の触媒付きの車にガイアックスを入れる事により環境汚染は悪化します。
これはガイアックス側も認めている事実です。
http://allabout.co.jp/auto/japanesecar/closeup/CU20010313/?FM=ct

「エピオン」についてもこれらは大差ないと思いますので、入れるのはお勧めできません。

参考URL:http://allabout.co.jp/auto/japanesecar/closeup/CU20010313/?FM=ct

実際にガイアックスを入れた事がある者です。

一回しか入れていませんが、燃費が15%ダウンしました。
私自身、かなりの燃費オタク(?)で、毎回ほぼコンスタントに19~20km/lは出ていましたが、ガイアックスを満タン給油した時のみ16km/lになってしまいました。その後すぐにレギャラーに戻したのですが、その直後も17km/lしか出なかったのでガイアックス一回でかなり損をしてしまいました。
あとは、パワーダウンも体感できました。エンジン回転数がいつもより数百回転高くなってしま...続きを読む


人気Q&Aランキング