うちに今、フェニックス(ミニヤシの木みたいなやつ)があります。
うちに来てから丸一年くらいです。

いま、このフェニックスの葉の部分に白い綿のようなものがびっしりついています。
ついてない葉(枝?)は全くついてないのですが、ついている葉はもう真っ白です。
はじめは綿ゴミか何かだと思っていたのですが、ゴミではなく、葉にこびりついている
ような感じです。ひょっとしたら、病気ではないかと心配しているのですが、なにか
心当たりのある方は教えていただけませんか?
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

補足説明の件で。


葉水は霧吹きを使います。うどん粉病には効果的な予防方法です。葉の表裏にシュパシュパとかけてあげます。葉ダニ予防は葉裏にかけるのが特に効果的で、どんな植物にも利用できます。ただの水で構いません。いまではペットボトルを再利用できるように、スプレーのアタッチメントだけ売ってますよね。

また、ジョウロの水より霧をかけたほうが植物の成長を促す、とどこかのエライ人の研究結果があるそうです。確かに、熱帯雨林でも高山帯でも霧は不可欠でしょう。

冬の乾燥にも有効です。復活祈ってます!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
quelleさんのアドバイスを参考に、なんとか復活させたいと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/25 23:43

その白い綿は動きませんよね、だったらkondohさんのおっしゃる通りうどん粉病です。

(もし、丸くて指でポロポロと取れるようでしたらカイガラムシです)
発生原因は通風不良と冬の湿度不足で植物自体が弱ったことが考えられます。

殺菌は園芸店でも入手可能なベンレートなどもありますが、私は毒性の低い「カリグリーン」(タケダ園芸約600円)をお勧めします。予防には使えませんが、発生初期に効果があります。

お話ですとかなり症状が進んでいるようですので、まず、固く絞った雑巾で葉の一枚一枚を丁寧に拭き、白い粉を大まかに除去。そこへ殺菌剤を散布して風通しのよい日陰に置き、様子をみてください。一週間の間にまた発症すると思いますが、同じことを繰り返してください。
フェニックスであれば、たとえそれがヤシでも直射日光は禁物です。明るい日陰で葉がそよぐ程度の風がある場所がベストです。

病害虫の予防には特に葉水が効果的です。鉢の水は土が乾いてから、葉水は毎日という具合に使い分けてください。
ヤシ類は葉ダニも大敵。葉水はこれにも効果があります。
どうぞお大事に!

この回答への補足

早速のご回答、ありがとうございました。

白い綿についてですが、自分では動きませんが、指でひっかくと取れます。
この場合は、その”うどん粉病”と考えてよろしいのでしょうか?
たしかに、おっしゃられるとおり、通風は不足していますね。

それから、”葉水”というのは、”葉に水をかけること”でよろしいのですか?
良かったら教えて下さい。よろしくお願いします。

補足日時:2001/06/25 00:24
    • good
    • 0

たぶん日照不足によるうどん粉病ではないでしょうか?家のバラの葉も白くなっています。

薬品名を忘れてしまいましたがスプレー式の薬で治療できると思います。園芸用品店をのぞいて見て下さい。室内で消毒するときには大きなビニール袋に入れてスプレーをするとよいでしょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q綿(コットン)のマフラーはタオルマフラーだけ?

 敏感肌なので、綿(コットン)マフラーを購入したいです。
 自分なりに探しまくったんですけど、どうやらタオルマフラーのタイプしかありそうにありませんが、やはりそうでしょうか?
 タオルのように加工していないもっとシンプルなものがあればそちらのほうが望ましいのですが
 
 もっとシンプルなマフラーを希望する場合は生地をマフラーさいずに裁断してもらって、それをマフラー代わりに使ったほうがいいのかなぁと思うのですが、何の加工もされていないとほつれたり、形が崩れたりなどの問題は出てくるでしょうか?

Aベストアンサー

http://www.angel-chiffon.com/fs/angelchiffon/783552
こちらにもありますよ。

Q植木の葉に卵?虫?がびっしり

お世話になってます。
名前を忘れてしまったのですが、室内でも室外でも元気に育つといわれ購入した植木。葉の裏表に、びっしりと直径1mmぐらいの赤黒い物体がくっついているのです。そして、くもの巣ようなうすい網がかかっています。
さらにさらに、今日昼間偶然分かったのですが、その物体がぞろぞろうごめいていました。つまり、タイトルでは卵?と書きましたが、物体はそれ自体が虫なのではないかと!?
葉だけでなく鉢のまわりにもたくさん落ちています。正体も分からずとても気味が悪いのです。
お心当たりのある方、対処法をおしえてください!
よろしくお願いします。説明が足りなかったらその旨お知らせください。

Aベストアンサー

おそらく、ハダニですね。
この季節、乾燥した室内に植物を置いておくと、よく大発生します。放っておくとどんどん増えて、仕舞いには植物を枯らせてしまいます。
ハダニは水に弱いので、霧吹きで毎日2回くらい、葉裏にじゃんじゃんお水を吹き付けてみてください。落ちたハダニが溺れるように、土の表面もちょっと湿らせておくとよいです。あまりにひどいようなら「マラソン乳剤」という、ハダニに効く農薬があるので、園芸店で探してみてください。

冬、室内に植物を置く時は、ハダニ予防のため、毎日一度は葉裏に水をかけてあげるとよいです。

Qマフラーの温度に耐えられるか?

質問のタイトルでは分かりにくかったと思いますが、マフラーの温度にサイドバック(綿)が耐えられるかどうかの質問です。

九月の下旬にタンデムでツーリングに行くことになりましたが、
その荷物を乗せる際にサイドバックを利用したいと考えています。

しかしソロでツーリングに行った時、サイドバックがマフラーに当たっていることに気が付きました。
その時はサイドバックを取り付ける時にサイドバックの下に荷物を入れ、
取り付け位置を高くして対処しましたが、今回はタンデム・・・。

その対処方だと同乗者が怖い思いをしそうで・・・。

何かいい対処法、もしくはそのまま使用して問題無かった、とういう体験談をお待ちしています。

Aベストアンサー

こんにちは。

化学繊維のバックでしたら、確実に溶けるでしょうねぇ。

断熱シートをマフラーに巻くか、バックに貼り付けるか。ですね。

僕はボディーが摺れるので、サイドバックを付ける時だけ保護シートをボディーに貼り付けています。

Q枝にびっしり・・・ぎょえ~

ピラカンサの枝の殆どが害虫?のようなものがびっしり
付いています。葉の影で判らなかったのですが、枝の下側に隙間なく発生。白色で丸くカールしていて、先端が薄茶色、キノコのようにもみえます。消毒しても効果ありませんでした。何でしょうか?どう処理したらいいでしょうか。教えて下さい。

Aベストアンサー

私も、カイガラムシだと思います。
カイガラムシには、いろんなタイプのがいて、中にはワタ状のものを分泌するワタカイガラムシというのもいます。
カイガラムシ類は、分泌物やロウ状の殻のせいで、薬剤が効きにくいです。
使い捨て手袋をして潰すか、硬い殻のあるものは、古ハブラシでこすりとったほうがいいですね。
ほっておくと、どんどん増えて、すす病を併発したり、樹勢が弱くなります。
カイガラムシいろいろの載ってるサイトを、参考に挙げておきます。
ほかにも、ワタカイガラムシで検索するといろいろでてきますよ。

参考URL:http://www.afftis.or.jp/kaigara/iroiro.htm

Q綿の掛け布団

綿の掛け布団を探しています。
綿100%や、綿とポリエステル綿混合がありますがどちらのほうがよいですか?
値段も重視したほうがよいですか?

Aベストアンサー

中綿のことでしょうか? カバーでしょうか?
中綿の場合混紡ではなくて「混綿」と言うようです

中綿とすると、木綿綿の特徴としては、
1.ポリエステルより重い
2.吸湿が良い(そのかわりまめに干さないといけない)
3.長期使用しても綿がくたびれにくく打ち直しで再生ができる
4.匂いにくい
5.自分での洗濯はほぼできない

ポリエステル綿は
1.軽い(同じ重さなら嵩がある)
2.綿そのものは吸湿はしない、
3.2の性質と関連して匂いやすい(必ずカバーを使ってそれを頻繁に洗うといいようです)
4.嵩が減ってしまったら打ち直しができない
 混綿も同様でしょう
5.薄い物だったら自分で洗濯できないこともない。まあかなり広い干場でも無いと干せないと思いますが。
6.比較的安い
くたびれたら使い捨てにする物と考えて良いでしょう。

重さについては軽い方が好いと言う人も、少し重い方が好いと言う人もいます。

カバーは木綿の物が多いのではないですか?

軽いのが好きでポリエステル綿にするのならば洗濯のできる薄い物が良いんではないかと私は考えますが。
私は敷布団は木綿綿が絶対だと思っていますが掛け布団は好みによるかなあと思っています。木綿綿の布団は布団屋に売っています。

ついでに毛布について言っておくと、これはもう絶対に毛(ウール)の物が寝心地が良いです。アクリルの物は色が自由になって見かけはいいのですが、蒸れてしまってどうにもならず、家では誰も使わなくなって今では引越の梱包などに便利に使われています。
化繊は静電気のひどい物もありますね。

毛(羊毛)の繊維を中綿のように入れたキルティングもありますが、使った限りでは快適でした。洗濯も出来ますし。(干すのはやはりたいへん)

http://www.yoneta.jp/category/953127.html

中綿のことでしょうか? カバーでしょうか?
中綿の場合混紡ではなくて「混綿」と言うようです

中綿とすると、木綿綿の特徴としては、
1.ポリエステルより重い
2.吸湿が良い(そのかわりまめに干さないといけない)
3.長期使用しても綿がくたびれにくく打ち直しで再生ができる
4.匂いにくい
5.自分での洗濯はほぼできない

ポリエステル綿は
1.軽い(同じ重さなら嵩がある)
2.綿そのものは吸湿はしない、
3.2の性質と関連して匂いやすい(必ずカバーを使ってそれを頻繁に洗うといいようです)
4.嵩が減ってしま...続きを読む

Qツツジの幹や枝に白斑がびっしり。枯れる。

庭のツツジ(ヒラドツツジ?)が最近弱ってきました。
よく見れば、幹や枝に直径1~2ミリの白斑がびっしり付いています。3~4個の集団になっている場合が多いようです。小枝が黒くなって枯れてしまいます。
白斑は一見カビのようでもあり、菌類が付着しているようにも見えます。白斑部分が盛り上がっているということはありません。かなりしっかり付着していて、爪でこすっても落ちません。
白斑部分やその周辺にカイガラムシは見あたりません。
一応カイガラムシを疑い、アクテリックとオルトランの混合液を6月中旬から4週連続で散布してみました。
対処法を教えてください。

Aベストアンサー

>ツツジの幹や枝に白斑がびっしり。枯れる。

                  ↓

文面からだけですが、害虫と病気の両面(複合被害:害虫の直接被害と、害虫が原因となって起こる病気)を疑ってみます。
容疑者は以下の面々です。

害虫:カイガラムシ・ハダニ・カミキリムシ・アブラムシ

病気:うどん粉病・すす病・斑点病


対策→見つけ次第捕殺、歯ブラシや竹べら等で削ぎ落とす、被害場所の切断除去で感染拡大の防止。
その上で、用途用法用量にあった、殺虫剤の散布をホームセンターや園芸店で相談して数度に分け小まめに実施、症状の改善&効果の有無のチェックをしながら→原因の特定と対策の絞込みを行い処置する。


特に、小枝が黒くなって枯れている現状では、病気に、よりウエートが掛かっていると思います。

「うどん粉病」:ベンレート・トップジンMを散布して駆除、以降は被害場所を中心に摘葉・摘枝を同時に行い日当たり、風通しを良くして再発の防止。

「すす病」:ダイファー・トップジンMを散布して駆除、原因となるカイガラムシやアブラムシを捕殺、歯ブラシ等での削ぎ落としを小まめに行いながら、さらにオルトラン・スミチオンで同じく駆除する。


「斑点病」:被害場所の除去、周辺にベンレート・トップジンMの散布。


参考URL
http://engeisoudan.com/msearch/msearch.cgi?query=%82%C2%82%C2%82%B6&index=log&key1=2008&key2=01
http://engeisoudan.com/msearch/msearch.cgi?index=log&config=&query=%A4%B5%A4%C4%A4%AD&set=1&num=50
http://nao-k.jp/engei/nouyaku/nouyaku.html
http://www.epcc.pref.osaka.jp/afr/zukan/niwa.htm
http://www.sc-engei.co.jp/guide/guide11.html


uranodai様に於かれましては、皆様方からの情報・アイデア・アドバイスを参考にされ、大切なツツジを病害虫から守って上げ、きれいな花が咲きますよう、心より祈念申し上げております。

>ツツジの幹や枝に白斑がびっしり。枯れる。

                  ↓

文面からだけですが、害虫と病気の両面(複合被害:害虫の直接被害と、害虫が原因となって起こる病気)を疑ってみます。
容疑者は以下の面々です。

害虫:カイガラムシ・ハダニ・カミキリムシ・アブラムシ

病気:うどん粉病・すす病・斑点病


対策→見つけ次第捕殺、歯ブラシや竹べら等で削ぎ落とす、被害場所の切断除去で感染拡大の防止。
その上で、用途用法用量にあった、殺虫剤の散布をホームセンターや...続きを読む

Q綿で綿あめを作りたいです。

綿で綿あめを作りたいです。

ほぼ実物大くらいの綿あめを作りたいのですが
おそらく、ぬいぐるみに詰めるような綿を使えばいいのかな??と思ってはいるのですが、
綿だけで、綺麗につくれるものなのか、割り箸がきちんとささってくれて、
振ったりしてもとれないようにしたいのですが、何かいい案はないでしょうか。

オーソドックスな白と、薄ピンクと2種類作りたいのですが
本日、手芸屋さんで綿を見たところ、白しかありませんでした。
自分で色を付けるとして、自宅で綿に色を付けることなど出来るでしょうか。

以前、作ったことがあるよという方、
アイデアをお持ちの方からの回答をお待ちしております。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。
作ったことはないのですが…

割り箸から取れないようにするには、
芯になるようなものをがっつりボンドで割り箸にくっつけて、
芯が見えないくらい綿をくっつけるといいと思います。
そのほうが綿だけよりも形も作りやすいと思います。

芯としては、発泡スチロールか、白い紙を丸めたものなどでいいと思います。

薄ピンクですが、普通ぬいぐるみに入れる綿はポリエステルだと思うので、
染色補助剤などを使えば染まると思いますが、ムラなく希望の色に染まるかどうかはわかりません。

羊毛フェルト用の原毛などでも素材感として近いと思いますし、
カラーも豊富なので希望の色があるかもしれません。
ただ、実物大にするとなるとちょっと高くつくかもしれません。

Qサクラの木(幹・枝)が真っ白に

桜の木の幹、枝・・・地面からすぐ上の太い幹、それに伸びる太い枝が真っ白になりました。最初、部分的なものだったため、放置していました。現在では、ほぼ全体に広がってしまいました。木の高さは、4m弱か?そばに、柿、もみじ、きんもくせいがあり、若干、風通しが悪いかもしれません。白い部分は、若干、手に粘っとした感じで、繊維状、綿状(菌糸か?)のものが、全面についています。「葉」には異常はありません。近くには洗濯干し場(お隣さまと我が家)もあり、伐採する方が良いでしょうか。木が大きすぎて、薬剤散布は無理と考えます。もし、伐採しか方法がなければ、どこに依頼をすれば良いでしょうか。厳しい年金生活。費用が心配です。

Aベストアンサー

膏薬病(こうやく病)です。
カビ菌の一種ですが、樹から直接栄養を摂っておらず、カイガラムシの排泄物を栄養分として寄生します。
http://www.afftis.or.jp/kaigara/iroiro.htm(吸汁性害虫で種類が多いです。)
手に粘っとした感じなのは、このカイガラムシの排泄物と思われます。
風通しが悪いのも、カイガラムシが好んで寄生する条件です。

伐採するのも樹そのものがやられている訳ではないので、もったいない様な気がしますが、カイガラムシそのものの駆除が先決でしょう。
成虫は足を落としてもう動けないので掻き落としてしまえば死んでしまいますが、幼虫は発生期においては次々と孵化し、樹をよじ登って来て場所を決めると足を落として成虫となります。大量にカイガラムシに寄生されると樹が弱り、終いに枯れ死に至ります。

発生期間が長いので厄介な害虫ですが、幼虫はスミチオン乳剤等、一般的な有機リン系殺虫剤の散布でも効果がありますが、定期的に散布する必要があります。
成虫は殻で覆われていますから、それらの殺虫剤では効果が期待できません。
落葉している冬期に、マシン油乳剤の20倍希釈液を噴霧器で散布します。(越冬します。)
http://www.engei.net/Browse.asp?ID=14037(ホームセンターあたりでも販売しています。11月あたりになれば大量に仕入れるでしょう。)
http://www.afftis.or.jp/kaigara/bouzyo.htm#4
油分が殻の中まで浸透し、カイガラムシの成虫を窒息死させます。
(ボルンというスプレー剤もありますが、期待薄でしょう。それに不経済です。)

膏薬病については被害部分を削り取り、殺菌剤を散布しておきます。
http://heboen.hp.infoseek.co.jp/byouki/kabi_ka3.html

カイガラムシの駆除が重要ですね。今いる成虫を掻き落とし、定期的な薬剤散布(春~秋、9月いっぱいまで。)をし、冬期におけるマシン油乳剤の散布を行います。
来年は初夏までにカイガラムシの発生がなければ、定期的散布は不要かも知れません。
薬剤散布は噴霧器を使います。脚立も必要でしょう。ご自分で無理だと思えば植木屋あたりでもやるでしょう。あるいはシルバー人材センターあたりでも安くやってくれるかも知れません。

膏薬病(こうやく病)です。
カビ菌の一種ですが、樹から直接栄養を摂っておらず、カイガラムシの排泄物を栄養分として寄生します。
http://www.afftis.or.jp/kaigara/iroiro.htm(吸汁性害虫で種類が多いです。)
手に粘っとした感じなのは、このカイガラムシの排泄物と思われます。
風通しが悪いのも、カイガラムシが好んで寄生する条件です。

伐採するのも樹そのものがやられている訳ではないので、もったいない様な気がしますが、カイガラムシそのものの駆除が先決でしょう。
成虫は足を落としてもう...続きを読む

Q綿とポリエステル

 現在僕が仕事で使っている作業ズボンの生地は綿35%・ポリエステル65%のものです。皮膚が弱い僕にはポリエステルが合わないようなので綿100%のズボンを買おうと店に行ったら色々な種類の生地があることが分かりました。

1. 綿100%
2. 綿とポリエステルの混合(様々な割合)
3. ポリエステル100%

 そこで疑問に思ったのですが、綿とポリエステルにはそれぞれどんな特徴があり、なぜ混合するのでしょうか。
 さらに、綿98%・ポリエステル2%という生地のズボンがあるのですが、ポリエステルを2%だけ混合する意味は何でしょうか。
 ご存知の方、教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

混紡繊維を使用する事によって、それぞれの繊維の長所を生かし、逆に短所をカバーさせることもできます。
例えば、綿は皺になりやすいが水分を吸収しやすいく、ポリエステルはその逆の特性をもつため、
制服のシャツなどは綿とポリエステルを混紡した布地がよく使用されます。
そのため洗濯後の取り扱いがし易くなっているというわけです。

パーセンテージによって、布地の質感が変わってきますので、生かしたい特性によって混紡の割合を変えているようです。

綿98%に、ポリエステル2%となると、おそらく吸湿性重視や綿の質感を生かしたい素材で、若干繊維強度を増やすためか扱いやすくするためにポリエステルを入れている、と言う感じではないかと思います。

詳しくは下記URLをご参照下さい。

参考URL:http://marusyosangyo.jp/~kawariito/sozainokisochisiki.htm

Qフェニックスの葉がとじているんですが・・・ナゼでしょうか?

大型のフェニックスについてお聞きしたいです
高さが2m以上のものと160cmの物が10号鉢に
植わっているのを育てています

この夏の終わりにこうにゅうした時には
葉っぱの一つ一つのV字がもっと開いていたように思うんですが、今V字が閉じてしまっています

室内の窓際に置いていますが、向かいに大きなマンションが斜めにたっているので、午前中には日が入りますが
午後はあまり明るくはないです

水は週に1回500ml位あげています
何となく根が腐るのが心配で・・・

水はもっとあげた方が良いでしょうか?
水をあげるのは、この場合どれくらいの量が必要
ですか?鉢から皿にあふれる方がいいでしょうか?

日がたりないんでしょうか?

Aベストアンサー

時間があいても、回答を締め切ってなければ、回答者に返信メールが送信されるので、あなたの追加質問はちゃんと見ました。
葉水を与えるのは、乾燥防止のためなので室内でも十分効果があります。私の場合は怠惰なため、葉を洗うために室外でたくさんかけているだけです。
今年はいつまでも暖かいですが、そろそろクワズイモやフウリンブッソウゲ等の亜熱帯系の植物を室内に入れなければと思っています。私も定期的に葉水くらい与えようと思っています。
あまり神経質にならず、可愛がってあげてください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報