ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

数1の少数がいっぱい書いてある三角比の表と分数の三角比の表の違いはなんですか??
また、分数の表はどのようにつかうんですか??

A 回答 (2件)

少数がたくさん載ってる三角比は実用性があまりない(テストでは少数の表をつかってとかせる問題は全く出ない)から気にしなくていいけど、分数のほうはこれから三角形の面積とか辺の長さとか求めるのにけっこう使うからテスト近いなら覚えたほうがいいです。

まぁ少数はおまけみたいなもんですよ。
    • good
    • 0

三角関数表で、小数で値が書いてある場合は、特殊な角度以外は、一定の有効桁数で丸めた計算値です。


通常は、1°もしくは、0.1°単位で数値が書いてあるので、特殊な角度(三角比が分数で表示できる角度)以外の計算値が必要な場合に用います。
特殊な角度の場合は、三角関数の値を分数で表せます。
数値を求める場合は、計算する必要がありますが、三角関数の積の計算などでは、計算結果から、平方根や循環小数を除去できる場合があります。
その場合は、数値の三角関数表から計算するより、精度の高い値が得られます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング