人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

カントの倫理学で
「格率が普遍的法則となることを、汝が同時に意欲しうるようなそういう格率に従ってのみ行為せよ」

「汝の行為の格率が汝の意志によって普遍的自然法則となるべきであるかのように行為せよ。」

「汝の人格ならびに他のすべての人の人格における人間性を常に同時に目的として使用し、けっして手段としないように行為せよ。」

「おのおの理性的存在者の意志は普遍的に立法する意志である」

というように沢山命法が出てきて一番上を除いて、第一方式~第三まであるようなのですが、カントは一番はじめの
「格率が普遍的法則となることを、汝が同時に意欲しうるようなそういう格率に従ってのみ行為せよ」
を根本方式として3つ定言命法を残したというこのなのですか??

ちょっと良くわからなくて…(~_~;)
すみませんが教えていただけたら嬉しく思います。

A 回答 (1件)

カントの定言命法とは、いつ、いかなる場合でもあてはまる、究極的な道徳の規則です。

究極ゆえに、ただひとつしかないものです。

>「格率が普遍的法則となることを、汝が同時に意欲しうるようなそういう格率に従ってのみ行為せよ」
これは『人倫の形而上学の基礎づけ』(第二章)で、その定言命法を述べたもの。

>「汝の行為の格率が汝の意志によって普遍的自然法則となるべきであるかのように行為せよ。」
これは『実践理性批判』(第一部第一編第一章)で、その定言命法を述べたもの。

多少表現は変わっていますが、同じことを言っているのはわかりますね?

さて、究極的なルールを明らかにしたあと、カントは人格の尊重こそが道徳の根本法則であるとして、定言命法を「目的自体の方式」という形で展開します。

この定言命法から、三つの方式(範式とも)が導かれます。
この第一方式は、定言命法そのものです。

>「汝の人格ならびに他のすべての人の人格における人間性を常に同時に目的として使用し、けっして手段としないように行為せよ。」
これは、第一方式から導かれた第二方式です。

>「おのおの理性的存在者の意志は普遍的に立法する意志である」
というのは
「意志がその格率によって自己自身を同時に普遍的立法者と見なしうるような仕方でのみ行為せよ」ということだと思うのですが、これは第二方式から導かれた第三方式です。

定言命法と方式の関係を簡単にまとめるとこういうことになるかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほどっっ!!
わかりました~(^^*)/
いつもありがとうございます!

お礼日時:2004/08/17 15:07

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qカントの定言命法について。

私は今、大学で倫理学を取っており、そのテストで2つの問題が出るのですが、どのように答えていいのか全然わからず、行き詰っている状態です。できれば、皆さんに教えていただければと思い、質問してみることにしました。
その問題が以下のような問題です。

(1)カントの定言命法に基づいて、「果たすつもりのない約束をしてはならない」という道徳的な主張を擁護する

(2)功利主義の立場に立って、「果たすつもりのない約束をしてはならない」という道徳的な主張を擁護する

答案では、結論を導くための基盤となる主張を必ず明記してその主張に基づいて議論をしてください。

つまり、してはいけないことと、してもかまわないことを判定するための基準を明記したうえで、問題文中の「~すること」がその「~してはいけないこと」の基準に当てはまることを論証してください。

「~の方が効用がが大きいので」と書くだけでは不十分であり、これに加えて「なぜ~の方が効用が大きくなるのか」も書かなければいけません。     という問題です。

どなたか、わかる方がいらっしゃいましたら、ご回答をよろしくお願いいたしますm(__)m

私は今、大学で倫理学を取っており、そのテストで2つの問題が出るのですが、どのように答えていいのか全然わからず、行き詰っている状態です。できれば、皆さんに教えていただければと思い、質問してみることにしました。
その問題が以下のような問題です。

(1)カントの定言命法に基づいて、「果たすつもりのない約束をしてはならない」という道徳的な主張を擁護する

(2)功利主義の立場に立って、「果たすつもりのない約束をしてはならない」という道徳的な主張を擁護する

答案では、結論を導くための...続きを読む

Aベストアンサー

> 基礎的な部分からあまり理解できていません

答えを書いちゃう方が簡単なんだけど、がんばってヒントだけになるように書いてみます。

まずね、カントと功利主義というのは、社会規範(=わたしたちが生きていく社会のルール)を決めるときのよりどころとなる大きな二本の柱です(もうひとつ、社会契約論というのがありますが、これはちょっと性格がちがうので、ここでは置いておきます)。

たとえばカントはこんな「殺人者の問いかけ」という例を考えています。

殺人者に追われている人が、あなたの家に駆け込んできて、「わたしは家に帰った、と言ってください」とあなたに頼む。そうして、家とは反対の方角に逃げたとします。
つぎに殺人者がやってくる。「やつはどっちへ行った?」と聞く。
あなたは考えます。もし正直に言ったら、この殺人者は彼を見つけてしまうだろう。しかも、彼がやってきた方角を考えると、黙っていたら、おそらく逃げた方向へ彼もまた向かうであろう。

さて、あなたはどうすべきか?

カントだったらこう考えるでしょう。

・人間は誰もがいつでもかならず従える規則に従うべきである。
 ↓
・ここでウソをついたら、「人はウソをつくべきである」という規則に自分は従ったことになる。
 ↓
・この規則が普遍的な規則として採用されるだろうか?
人びとは「ウソをつくべきである」という規則に従うことはできない。なぜならそれは自己論駁的だからである。そうなると、人びとは互いに信じ合うことができなくなってしまう。
 ↓
・ゆえに、わたしはウソをつくべきではない。

このように考えていくのが義務論の考え方です。

さて、功利主義の考え方は、そうではありません。

「いかなる行動を取れば、関係する全員にとって幸福マイナス不幸の差は最大になるのか?」

これに基準づけて考えます。
功利主義者の主張は大変簡単、ともいえます。ある行動が正しいか間違いかを判断する場合、その行動がより多くの幸福を生み出すか、あるいは不幸を生み出すかによって判断すべきなのです。

ですから、先のカントの「殺人者の問いかけ」であれば、
「ウソをつく」ことによって「彼を逃がすことができる」というふうに考えることができる。
つまり「よくないこと」(ウソをつくこと)を補って余りあるよい結果(彼の命が助かるということ)がもたらされることが予測されることが、人助けのためにウソをつく行為を正当化する根拠となります。

もちろん、功利主義の問題点とか、さらにそれを功利主義者はどうとらえているのかとか、深くほりさげていけばいろいろあるのですが、とりあえずはここらへんで大丈夫かと思います。

> 「果たすつもりのない約束をしてはならない」

というのが書きにくかったら、カントの「殺人者の問いかけ」のように、具体的な場面を考えればいい。
ほんとうは会うつもりもない相手に対して、いついつに会おうね、と約束するとか、返すつもりもないのに、いつまでには返すから、といってお金を借りるとか、そんなふうに具体的な事例を、先にあげたような論理の流れに従って書いていけば大丈夫です。
がんばってね。

> 基礎的な部分からあまり理解できていません

答えを書いちゃう方が簡単なんだけど、がんばってヒントだけになるように書いてみます。

まずね、カントと功利主義というのは、社会規範(=わたしたちが生きていく社会のルール)を決めるときのよりどころとなる大きな二本の柱です(もうひとつ、社会契約論というのがありますが、これはちょっと性格がちがうので、ここでは置いておきます)。

たとえばカントはこんな「殺人者の問いかけ」という例を考えています。

殺人者に追われている人が、あなたの...続きを読む

Q定言命法の第三公式について

定言命法と方式の関係については先日この場をかりてご親切な説明をいただいたのですが、定言命法の第三公式で、「意志がその格率によって自己自身を同時に普遍立法と見なしうるように行為せよ」というのがありました。

これはどういうことを言っているのですか?立法という概念がいまいちわからなくて…

それとこれが「自律の原理」ということですが、どこらへんが自律なんですか??

すみませんが教えてください (^_^;)

Aベストアンサー

こんにちは。
質問者さんは高校生の方ですよね?
前回回答したとき、ちょっと簡単に書きすぎたかな、でも高校生の方だったら、くだくだしく書くより、できるだけシンプルに書いた方がいいだろう、と思ってたんです。
こうやって再度それに関して質問が出るということは、質問者さんがきちんと考えていらっしゃるということなので、それがわかってうれしいです。

まず、自律、ということを考えてみます。
カントによれば、意志の自律とは、「私」が自分自身に対して格率(=行動のルール)を与えることです。

ほかの人に与えられたルールに従って行動することが、「他律的」であることはわかりますね。
カントは自分で決めたルールもさらに二種類に分けます。
「いい人だと思われたい」「幸せになりたい」のように、ほかに目的があって、そのための手段であるようなルールをカントはたとえ自分が立てたものであっても、他律的、として厳しく退けます。
自分に~しなさい、と命じる理性の声にのみ従ったルールが自律的な格率と認められるのです。

このように、みずからの理性の声を聞くことができ、格率を与えることが「意志の自律」です。

さて、第三方式
>「意志がその格率によって自己自身を同時に普遍的立法者と見なしうるような仕方でのみ行為せよ」」

これは第二方式の
>「汝の人格ならびに他のすべての人の人格における人間性を常に同時に目的として使用し、けっして手段としないように行為せよ。」
から導かれます。

人々がお互いを「手段」としてではなく、常に「目的」として尊重しあえるような理想の社会を、カントは「目的の国」と呼びます。
現実にはあり得ないけれど、人間が目標とすべき道徳の国です。

「目的の国」の住人は、元首であろうと、一成員であろうと、理性の人=理性的存在者でなければなりません。

「目的の国」の住人は、誰しもが自律的な存在者として、自分自身に格率を与えます。
理性にのっとってうち立てられた格率は、自分自身に立てたものでありながら、同時に普遍的な立法として、ほかの誰もに当てはまります。
つまり、普遍的立法者というのは、「目的の国」の住人のことなのです。

そういうことを考えてもう一度この第三方式を見てみましょう。

どのような意志にもとづく行為であるにせよ、その行為は「私」が自分自身に与えた格率に従ったものでなければなりません。そして、その格率とは、理想とすべき目的の国(究極の道徳の国)の住人が、自分に与えつつ、同時に万人に当てはまる普遍的立法のようなものでなければなりません、といった意味になるかと思います。

こんにちは。
質問者さんは高校生の方ですよね?
前回回答したとき、ちょっと簡単に書きすぎたかな、でも高校生の方だったら、くだくだしく書くより、できるだけシンプルに書いた方がいいだろう、と思ってたんです。
こうやって再度それに関して質問が出るということは、質問者さんがきちんと考えていらっしゃるということなので、それがわかってうれしいです。

まず、自律、ということを考えてみます。
カントによれば、意志の自律とは、「私」が自分自身に対して格率(=行動のルール)を与えることです...続きを読む


人気Q&Aランキング