この2つの方法でだした湿度は常に一致するのでしょうか?
それとも物理で言う仕事と運動量みたいなもので
2通りの見かたをしている別のものでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

きちんとした解説は#1さんと#3がしておられるので、僕は相対湿度と絶対湿度の概念をわかりやすく説明してみます。



電車を例にしてみます。
200人乗りの電車に100人乗っているとします。

相対湿度は、電車の乗車率50%というのに似ています。
絶対湿度は、電車に100人乗っているというのに似ています。
事実はどちらも同じ「200人乗りの電車に100人乗っている」というものですが、言い表し方が違うし、目的も違います。

乗車率50%と言うと込み具合がわかります。
逆にこれだけからは何人乗っているのかわかりません。
乗車率50%という情報に加えて、定員200人というのがわかって初めて「50%=100人」だとわかります。
もし電車の定員が100人なら「50%=50人」になります。

一方、電車に100人乗っている、と言うと、100人が電車の中でいることがわかります。
逆にこれだけからは、込み具合はわかりません。
定員が500人ならガラ空きだそ。定員100人なら満員です。
100人乗っている、という情報に加えて、定員が200人というのがわかって初めて、「定員の半分しか乗ってないな」とわかります。

さて、なぜこのような2つの違った言い表し方(乗車率vs乗客数、または相対湿度vs絶対湿度)をするのか。それは目的が違うからです。

盆休みで自分が帰省したい場合、どれだけ電車が込んでいるのかを知りたいものです。
乗車率50%と聞くと、ラッキー、空いてる、と思います。
逆に経済統計なんかで何人が年間、電車で移動したのかを知りたい場合、人数が知りたいのです。乗車率は何%でもいいのです。

相対湿度と絶対湿度も、目的によって使い分けられています。
日常生活では相対湿度で、80%なら湿度高い。20%なら乾燥してる。という風にわかって便利です。絶対湿度より相対湿度の方が、湿っている-乾いている、というのをあらわすのに適しています。
乗車率が、込んでいる-空いている、というのをあらわすのに適しているのと同じです。
逆に科学計算なんかでは水分子が何g/m3というような絶対値が必要な場合が多いです。

さて、この2つの換算ですが、重複になりますが基本的に「乗車率50%」と「100人乗っている」というのは別々の情報です。
定員がわからないとこの2つの情報はリンクしません。
定員が6人なら50%というのが3人のことだし、定員1000人なら500人です。定員がわかってはじめて、2つの情報を換算して比べることができます。

湿度の場合、電車の定員にあたるのは気温になります。
飽和水蒸気曲線という、空気の温度と水蒸気の「定員」の関係を表す曲線があります。
大雑把に言うと、気温が上がれば定員が上がります。だから昼間は夜に比べて、絶対湿度は上がっても相対湿度は下がりがちです(気温=定員がそれ以上に増えるため)。
    • good
    • 7

こんにちは。



絶対と相対ですから、ある状態をどのような視点に立って見るどうかの違いです。
絶対とは、ある固定された基準からみた「状態」
相対とは、固定された基準はなく、その場その場での視点からみた「状態」
です。例えば、相対速度と絶対速度といえば、
絶対速度は、運動している物体を、静止した系から見た物体の速度で、絶対速度は、観測者の置かれている状態から見た物体の速度です。絶対速度50km/hで走っている自動車から、絶対速度120km/hで走っている電車を見ると、観測者にとっては電車の速度は70km/hに見えるわけですね。
相対湿度とは、観測者のおかれている温度という条件の下での湿度となります。水蒸気は、温度によって単位体積の空気中に含むことが出来る量が決まっています。
絶対湿度は、単純に、単位体積当りに何gの水蒸気が含まれているかという量です。
ですから、相対湿度が同じ50%でも、気温30度のときは、絶対湿度が15.2g/m3です(30℃の空気は最大30.4g/m3の水蒸気を含むことが出来ます)が、気温が0度のときの絶対湿度は2.4g/m3となります(0℃の空気は最大4.8g/m3の水蒸気を含みことが出来ます)。
したがって、相対湿度と絶対湿度は一致しません。ちなみに、絶対湿度に常に一致するものに露点というものがあります。
    • good
    • 2

普段、天気予報で使っている湿度は相対湿度のほうです。

    • good
    • 3

絶対湿度とは空気1m3に水分が何グラム含まれているか


示しています。単位は (g/m3)


相対湿度はその空気の温度での飽和水蒸気量(これ以上空気に溶かす事が出来ない水分量)を100%
として、今は水分何パーセント含まれているかを示しています。ですから単位は (%)

ですから相対湿度と絶対湿度は一致しませんし、また
 気温0℃の相対湿度100%と、気温30℃の
相対湿度100%では実際に空気中に存在している水分ロ量は全く違います。

 絶対湿度は気温に関係なく同じ値なら空気中に存在する
水分量は同じです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q気温は、常に連続的に変化するものなのでしょうか?

気温は、常に連続的に変化するものなのでしょうか?
私が小学生のころ、「折れ線グラフ」についての授業(算数)の中で、表によって表された一時間間隔の時刻(12時、13時、14時…)ごとの気温の変化を折れ線グラフによって表現しなおし、視覚的にわかりやすくなったところでその変化の特徴をみる、ということをしていたのですが、その授業で一部少し腑に落ちない内容がありました。
先生によると、そのグラフから、例えば「ある地点の温度計は、12時に20℃、13時に22℃を示した」ことが分かったとすると、「12時から13時までの1時間の間に、その地点は21℃になった」ことが読み取れるそうなのです。
常識的に考えると確かにそうなりそうなことはわかりますが、実際に観測されていないことを事実だと断言してしまうのはなんだか非科学的で納得がいかないなあ、と感じたのです。
(その授業を担当していた教師は「山の対義語は川だ」など事実とは思えないことを本人の主観で教えてしまうような方だったので、彼女に対する不信感からそういうふうに思ったのかもしれません)
そこで、気温は常に連続的に変化するものなのか、上にも述べたとおり実際に観測されていないことを(たとえそのことが自明であるかのようにみえても)事実であると断言してしまうのは科学的だといえるのか、についてご教授いただきたいです。
回答宜しくお願いします。

気温は、常に連続的に変化するものなのでしょうか?
私が小学生のころ、「折れ線グラフ」についての授業(算数)の中で、表によって表された一時間間隔の時刻(12時、13時、14時…)ごとの気温の変化を折れ線グラフによって表現しなおし、視覚的にわかりやすくなったところでその変化の特徴をみる、ということをしていたのですが、その授業で一部少し腑に落ちない内容がありました。
先生によると、そのグラフから、例えば「ある地点の温度計は、12時に20℃、13時に22℃を示した」ことが分かったとすると、「12時から...続きを読む

Aベストアンサー

物、場所、方法、が固定されていれば断言していいと思います
無機物に関しては宇宙でない限りこの地球上での値の上昇は
21℃を飛び越えて22℃になることはありえません
これらの理論を科学的と言います
また有機物や、月などや宇宙船内での数値の変化はこの限りでありません

Q水蒸気と湿度に関してです。

水蒸気と湿度に関してです。

温度が高くなれば、空気に含まれる水蒸気の量も多くなり、湿度が高くなると聞きました。

気体は、同じ温度・圧力なら体積当たりの分子数は同じ。

水蒸気を多く含むと言うことはその分

空気を構成する他の分子が減ると言うことになるので、軽くなる、とネットでかかれていました。

ここでギモンです。

ギモン1
なぜ温度が高くなると、水蒸気を多く含むことが可能なのでしょうか。

ギモン2
どうして、水蒸気を多く含む分、空気を構成する分子はどのような仕組みで減って、減った分子はどこにいくのでしょうか。

ご存知の方教えてください、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>温度が高くなれば、空気に含まれる水蒸気の量も多くなり、湿度が高くなると聞きました。

まず湿度に関しての理解が間違っています。
水蒸気には飽和水蒸気量という概念があり、1立方m中に含まれる水の重さで表します。(単位 g/m3)
飽和水蒸気量以上の水蒸気を空気に与えると水や氷になって凝結します。(雲や霧になる)
http://moon.saga-ed.jp/multimedia/cyu/2/rika/mizu/page/houwagraf.htm

それで普通に湿度という場合は「相対湿度」を指し、その飽和水蒸気量に対して実際に何グラムの水分を空気が含んでいるかという比で表したものです。

湿度(%) = 1立方mに含まれる水の重さ/飽和水蒸気量 x 100

したがって、気温で湿度が決まる訳ではありません。

>なぜ温度が高くなると、水蒸気を多く含むことが可能なのでしょうか。

はい、その通り温度が高くなると飽和水蒸気量は指数関数的に上昇します。
ポテンシャルの話をすると難しくなるので、簡略化して説明します。

空気や水などの分子は互いに引きつけ合う力(引力)と反発する力があります。反発する力というのはお互いに凄く接近しないと働きません。温度が高くなるというのはどういう事かというと、空気や水の分子がより高速で運動している状態を指します。
ここで大切なのは、水の分子というのは空気(酸素や窒素)などに比べて、分子同士が結合しやすい(沸点が高い)ということです。そのため、水の分子は一度結合すると離れづらく、次から次へと分子が結合して水滴になりやすいのです。ところが温度が高いと、分子の運動エネルギーが高いですから、一度結合しても他の分子と衝突したときにまた単独の分子に分解されやすくなります。市街地での車の事故は車が潰れるだけなのに、高速道路での事故は時々車がまっぷたつになるのと同じ理屈です。

すなわちミクロ的にみると、水の分子が結合して水滴になる確率と、水滴が分解されて水の分子になる確率の比が温度が高いほど小さくなり、一定量の大気中に存在可能な水分子の量が増えるのです。


>どうして、水蒸気を多く含む分、空気を構成する分子はどのような仕組みで減って、減った分子はどこにいくのでしょうか。

上記で説明したメカニズムにより、温度が高くなると空気の密度は小さくなりますが水蒸気の密度は高くすることができます。減った分子は消滅するのではないので、閉じた系でなければ水蒸気が加わることにより膨張して体積が大きくなります。単純化すれば

大気圧 ≒ 空気(酸素、窒素)の圧力 + 水蒸気の圧力

ということです。

興味があれば
■ レナード・ジェーンズポテンシャル
■ 飽和水蒸気圧
などのキーワードで調べてみてください。

>温度が高くなれば、空気に含まれる水蒸気の量も多くなり、湿度が高くなると聞きました。

まず湿度に関しての理解が間違っています。
水蒸気には飽和水蒸気量という概念があり、1立方m中に含まれる水の重さで表します。(単位 g/m3)
飽和水蒸気量以上の水蒸気を空気に与えると水や氷になって凝結します。(雲や霧になる)
http://moon.saga-ed.jp/multimedia/cyu/2/rika/mizu/page/houwagraf.htm

それで普通に湿度という場合は「相対湿度」を指し、その飽和水蒸気量に対して実際に何グラムの水分を空気が含ん...続きを読む

Q湿度

室温とコップに水滴がつき始めたときの水温を測定したところ、室温が20℃水温は8℃でした20℃の飽和水蒸気量は17.3で8℃の飽和水蒸気量は8.3です。このときの湿度を答えなさい。答えは小数点第一位を四捨五入して整数で求めなさい。


どうしてもわかりません。
教えてください。

Aベストアンサー

湿度の表し方にはいろいろありますが、ふつう気象や日常使われているものは、相対湿度というもので、
そのときの水蒸気圧が、その温度での飽和蒸気圧の何%になるかで表します。
式で書くと、

相対湿度[%]=蒸気圧/飽和蒸気圧*100

です。

質問で、「蒸気量」とありますが、これは「蒸気圧」の間違いで、単位が[mmHg]でしょう。
で、
20[℃]の飽和蒸気圧が、17.3[mmHg]です。
8[℃]のコップの表面に水滴が付いたということは、8[℃]にすれば飽和になるということで、そのときの蒸気圧が8.3[mmHg]です。要するにコップに水滴を付けたということは、そのときの蒸気圧を測定したことになります。
したがって、この空気の湿度は、

8.3/17.3*100=48[%]

ということです。

Q陽炎と湿度。

 陽炎と湿度の関係性はありますか? 

 例えば、湿度が高い(雨の次の日)と陽炎が起きやすいとか。

 風の無い暑い日に起こるってのは知ってるんですが……。


 よろしくお願いします!

Aベストアンサー

> 陽炎と湿度の関係性はありますか?
基本的には無いと思われます。

> 雨の次の日
地面が濡れていれば、起き難い。
乾燥した土と、湿った土では、乾燥した土の方が温度が上がりやすいから空気を暖める効率が上がり、結果として地面が乾いている方が陽炎が起き易い。

Q湿度100%は水?

タイトルのとおり、湿度100%は水なのでしょうか?

Aベストアンサー

どうも違うみたいですよ。

参考URL:http://www.tbs.co.jp/morita/qa_kion/faq_030121-23.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報