熊をペットとして飼ってみたい。具体的な方法をご教示ください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 熊は危険動物に指定されているので市から許可をもらわなければなりません。

飼育は、熊は当然家の中で放し飼いできる動物ではないので、都会なら家の外にでもコンクリートの施設を建てるしかないでしょう。餌は肉を与えてはならないと聞きました。というのは、時がたつにつれて人を肉だと認識してしまうそうです。マレーシアではマレーグマという世界最小の熊を飼う人がいますが、絶滅危惧種なのでまず日本では飼えないでしょう。
 熊を飼うということはそれなりの覚悟が必要なので、生半可な気持ちで飼うと餌代、施設の費用で頭を抱える事になるでしょう。小熊のうちは犬のようにふれあえますが、大人になるとスキンシップをとる事が段々難しくなります。いくら小さい頃から一緒でも、元々は野生動物なのでいつかは野生の本能が芽生えます。その時はもう手に負えませんよ。
 そうなった時の事を考えれば田舎に土地を買って頑丈な柵を作るしかないでしょう。それでも柵にかなりの費用がかかるので、どちらにせよ熊を飼うのは大変です。熊をしっかり扱えるのは熊牧場や動物園だけでしょう。
    • good
    • 4

熊といっても、何種類かありますが日本の場合、ヒグマ、ツキノワグマの


どちらかとおもいますが当然のことながら、
ペット感覚で飼育は不可能とおもいます。が、参考までに
畑正憲氏の著作「どんべえ物語」等がありますので、
一度熟読されたらいかがですか?(すでによまれてると思いますが)
熊と生活を共にする為には、それなりの「意味」「目的」「理論」等が
絶対不可欠でり、それを正当化まではできなくても
ある程度社会に納得させるだけの「理屈」も必要だと思います。
またそのような考えをしっかりもたなくては、熊に負けてしまうと思います。

熊はペットとしては、飼えないと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

貴重なアドバイスありがとうございました。

お礼日時:2001/08/23 21:12

熊は「ペットとして」飼える生やさしい動物ではありません。

熊は野生動物ですから、少なくとも、イヌのようになついたり、ネコのようにじゃれて遊んだりできる相手ではありません。基本的に野生動物は人間の思い通りにしつけたりなどできないものです。どの種類の熊であっても、鋭い爪と牙があなたの皮膚を引き裂くでしょう。その覚悟がおありでしたら、飼えないこともないかもしれません。もしもぬいぐるみの熊をイメージされているのでしたら、考え直された方がいいかと存じます。
最近は「ハナグマ」という小型の種類の熊がペットショップで売られていたりします。私の知り合いの獣医は実際にハナグマを診察したことがあるそうですが、飼い主の手は常に生傷が絶えず、その獣医も手をかまれ、2週間腫れと痛みがひかなかったそうです。
こういったことに耐えられるのか?なおかつ、熊に幸せな生活環境を提供できるのか?そこが熊をペットとして飼う上での一番大切なポイントだと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

いろいろありがとうございます。やはり無理なようです。

お礼日時:2001/07/04 15:07

 karisumaさん、こんにちは。


 
 熊をペットとして飼育するには法律上の様々な制約があり、現実としてはかなり厳しいと思います。
 まあ、こういったことを抜きにして、単純に熊をペットとして飼う場合はどのような飼育法が良いのかということは、参考URLに挙げておきましたので御覧になってみて下さい。

 ただ、クマの入手は非常に難しいと思います。100歩譲って、ペットとして適していると思われる熊は「マレーグマ」か「ツキノワグマ」でしょうか。間違ってもヒグマは一般家庭で扱い切れるものではありません。

 また、私は個人的に熊の飼育を推奨するものでもありません。

 では、失礼いたします。
 

参考URL:http://www.kydsem.co.jp/~naoyan/hobby.f/shinzitu …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。大変参考になりました。

お礼日時:2001/06/30 07:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q熊、猪の買い取り値段を教えて下さい

熊を殺して、買い取ってくれる料亭もしくは
熊肉屋があれば、一頭、大きさ、年齢によると思いますが
いくらで買い取ってもらえるのでしょうか?

また、猪はいくらで買い取ってもらえるでしょうか?

昔猪が車にぶつかられて
身体が綺麗なまま死んでる現場を見たのです。
もったいないことをしたかなと。周りに誰も居なかったし・・・。

Aベストアンサー

未処理の獣を丸買いしてくれる店はまず聞いたことはありません。
逆に生きていれば売れる可能性が少しあります。
そもそも個体差が非常に大きいので売る側も目利きが必要です。
解体するにしても地域ごとに処理方法が大きく違いますので
適当に解体したものは相手にされません。
獣の肉は通常は自家処理(食べる)です。
通常の食肉として流通させるのは施設と資格の壁がありかなり困難です。

もったいないのには違いありませんが解体から調理までの知識がないと
時間と手間がもったいないです。

Q熊の右手って本当に美味しいのですか?

すいません。教えてください。
僕の知り合いが「熊の右手はハチミツが染みて美味しい」と言い張るのですが、この話は本当なのですか?
もし本当なら名産地とどこに行ったら食べられるのか教えて下さい。

Aベストアンサー

[熊の右手]が旨いというのは、中国の清朝末期にかけて行われたという[満漢全席]という料理に使われた伝説的な料理です。

友人の説のように左より旨いと「信じられ」ていますが、この話しが有名になったのは1980年頃、映画評論家で自他共に認める

グルメといわれた荻正弘(故人)たちが、[満漢全席]を愉しむ会などを行ないグルメ雑誌に載せたために一躍有名になった物です。

現在いつでも「熊の手」を調達できる食材店は、私の知る限りでは横浜中華街にある[源豊行:ゲンホウコウ]ですが支配人の

高取氏に相談すれば手に入ります。

又この料理は特別注文で下拵えに1週間以上はかかるので、10日前位に予約しないと出来ませんが何処でも出来る訳ではなく

特にそのような料理に意欲的なところ・・・例えば聘珍楼、萬珍楼とか、やや古臭い廣東料理の店でないと無理でしょう。(5~8万円)

1980年代はこの手の料理が大流行で、香港まで食べに行く方も多かったのです。。。

私自身は[熊の手]を食べた事はなく[駱駝のコブ]は試しましたが、どちらかというと特に旨くもなく珍しさが先にたつものでした。

↓満漢全席については下のURLを見てください。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=150967

[熊の右手]が旨いというのは、中国の清朝末期にかけて行われたという[満漢全席]という料理に使われた伝説的な料理です。

友人の説のように左より旨いと「信じられ」ていますが、この話しが有名になったのは1980年頃、映画評論家で自他共に認める

グルメといわれた荻正弘(故人)たちが、[満漢全席]を愉しむ会などを行ないグルメ雑誌に載せたために一躍有名になった物です。

現在いつでも「熊の手」を調達できる食材店は、私の知る限りでは横浜中華街にある[源豊行:ゲンホウコウ]ですが支配人の

高...続きを読む

Q書類送検と逮捕の違い?

書類送検と逮捕とはどう違うのでしょうか?
書類送検の方が、拘束されないだけ罪が軽いような気がします。
書類送検でも前科となるのですか。
どういう場合に書類送検となるのでしょうか?
どうも分かりません。

Aベストアンサー

既に適切な回答があるので蛇足かもしれませんが、刑事手続きがどうなっているのかを知ればその違いが自ずと分かるので刑事手続きの概要を必要最小限(のつもり)説明しておきます。長いですので覚悟してください。

刑事手続きの大雑把な流れは、
捜査->起訴(公訴提起)->公判->判決->刑の執行
というところ。全部話をするわけにもいきませんしその必要もないので質問に関するところ(主に捜査)だけ説明します。

犯罪が犯罪として処罰の対象になるためには、まず裁判に先立って、その犯罪の存在を捜査機関が知り、必要な証拠を集め、被疑者(=容疑者)の身柄の確保をしないとなりません。これを捜査と言います。
被疑者の身柄の確保というのは、「後で裁判になった時に被疑者の出廷が必要」なので逃げられては裁判ができなくて困るというのが第一点。それと「自由にさせておくと証拠を隠滅するかもしれない」というのが第二点。
ですから逆に言えば、「逃げも隠れもしない、証拠隠滅のおそれも無い」のであれば身柄を確保する必要はありません(一定の軽微な犯罪につき、更に例外あり)。入院しているような人間なら逮捕しないことはよくあります。この身柄の確保のための手続きが、「逮捕」であり「勾留(起訴前勾留)」です(起訴前と言っているのは起訴後というのがあるからですがここでは関係ないので説明しません)。
「逮捕」というのは、被疑者の身柄を確保する手続きの内、「短時間のもの」。具体的には、身柄を拘束し最大48時間拘束し続けることです。この制限時間が過ぎると釈放しなければなりません。
しかし、それでは困る場合には、引き続いて身柄を拘束することができます。これが「勾留」です。勾留は最大10日間身柄を拘束できます。なお、勾留は1回に限り最大10日間延長することができますから、都合20日間まで勾留できることになります(例外として25日可能な場合もあります)。

ところで勾留の申請ができるのは検察官だけです。ですから警察官が逮捕した場合には、検察官に勾留申請をしてもらうかどうか決めてもらう必要があります。そこで48時間の逮捕の制限時間内に検察官に証拠物、捜査書類と一緒に身柄を送致しなければなりません(刑事訴訟法203条1項)。これを「検察官送致、略して送検」と言います。無論、警察限りで釈放する場合は必要ありません。
検察官送致を受けると検察官は24時間以内に釈放するか勾留請求をするかしなければなりません。ですから、警察官が逮捕した場合の身柄拘束は48時間+24時間の最大72時間に及ぶ可能性があることになります。このような身体を拘束した被疑者を送検することを「身柄付送検」と言う場合があります。これはなぜかと言えば、質問にある「書類送検」と明確に区別するためです。ただ、一般には単に「送検」と言えば「身柄付送検」を意味します。

さて、では「書類送検」とはなんぞや?ということになりますが、まず前提として犯罪捜査は常に被疑者の身柄を拘束するわけではないということを知っておかなければなりません。全犯罪件数から見れば、身柄を拘束しない事件の方が多いです。身柄を拘束していない場合には、先に述べたように「(203条1項による)検察官送致」をする必要がありません。と言うか、身柄を拘束していないのでできません。たとえ逮捕した場合でも、警察限りで釈放すればやはり検察官送致の必要はありません。
しかし、それとは別に、警察は犯罪の捜査をしたら原則として必ず検察官にその捜査についての資料、証拠などを送らなければなりません(刑事訴訟法246条本文)。これを「書類送検」と呼んでいます。書類(証拠物、捜査資料、捜査報告書などなど)を検察官に送致するということです。正確には送致しているのは「事件」なのですが、実際に何を送るのかと言えば「書類」であるということです。
つまり、「(身柄付)送検」と「書類送検」は同じ送検でも別の条文に基づく別の手続きです。と言っても、(身柄付)送検をすればそのとき書類も一緒に送っているので、重ねて書類送検を行う必要はないので、(身柄付)送検は書類送検を実際には兼ねていますが(と言っても、身柄付送検をすれば書類送検をしなくていいのはあくまでも246条本文に「この法律に特別の定のある場合を除いては」と書いてあり、身柄付送検が「特別の定」だから)。

というわけで、「逮捕」と「送検」というのは次元の違う話であることがわかると思います。
まとめれば、
1.「逮捕」とは、捜査において被疑者の身柄を確保すること。
2.警察が「逮捕」した場合は、刑事訴訟法203条1項により、釈放しない限り48時間以内に被疑者の身柄を検察官に送致しなければならず、これを「(身柄付)送検」と呼ぶ。
3.「書類送検」とは、警察が捜査した事件について刑事訴訟法246条本文に基づきその証拠、捜査資料を検察官に送致すること。
4.「(身柄付)送検」は「書類送検」を兼ねている。
5.警察が「逮捕」した場合でも、釈放すれば「(身柄付)送検」はできないので、その場合は「書類送検」を行わねばならない。
ということです。

そして、「書類送検」するということは「身柄付送検」をしていないということですからつまりは「身柄を拘束していない」ということになります。身柄を拘束していない場合というのは大概は相対的に軽微な犯罪であることが多いのでその意味では、逮捕した事件(これを身柄事件と言う場合があります)に比べれば罪が軽いことが多いのは確かです。しかし、それはあくまで結果論であって、書類送検だから、逮捕したから、と言うわけではありません。既に述べたように逮捕しても身柄付送検せずに釈放すれば書類送検ということになりますし。

なお、先に述べたとおり、「捜査した事件はすべて検察官に送致する」のが原則(全件送致の原則)ですが、例外として検察官送致にしないものが幾つかあります。例えば、検察官が指定した事件について、月報でまとめて報告するだけの微罪処分ですとか、あるいは報告すらしない始末書処分などがあります。ちなみに、交通反則通告制度については、微罪処分の一種とする文献もあるにはありますが、多少なり疑問のあるところではあります。
そういうわけで、どういう場合に書類送検となるかと言えば、「刑事訴訟法246条前段に当たる場合」ということになります。もう少し具体的に言えば、「微罪処分等で済ませることのできない事件で、かつ、身柄付送検等もしなかった事件」ということになります。

ところで、前科というのが何かと言えば、これは法律用語ではないということになっているのですが、法律的に見れば「有罪の判決を受けたこと」を言うと思ってください。ですから、前科が付くためには、「裁判を経て有罪判決が出なければならない」ことになります。しかし、最初に述べたとおり「検察官送致」というのは単なる捜査手続きの一部でしかなく、この後で検察官が起訴するかどうかを決め、起訴して初めて裁判になるのですから、検察官送致だけではまだ前科は付きません。その後どうなるかはその後の話です。無論、逮捕だけでも前科は付きません。逮捕=有罪ではありません(そう勘違いしているとしか思えない報道が多いのは事実ですが、有罪判決が出ない限りは被疑者、被告人はあくまでも「無罪」です)。
ちなみに、捜査したが起訴しなかった犯罪事実について「前歴」と呼ぶことがあります。

既に適切な回答があるので蛇足かもしれませんが、刑事手続きがどうなっているのかを知ればその違いが自ずと分かるので刑事手続きの概要を必要最小限(のつもり)説明しておきます。長いですので覚悟してください。

刑事手続きの大雑把な流れは、
捜査->起訴(公訴提起)->公判->判決->刑の執行
というところ。全部話をするわけにもいきませんしその必要もないので質問に関するところ(主に捜査)だけ説明します。

犯罪が犯罪として処罰の対象になるためには、まず裁判に先立って、その犯罪の存在を捜査機...続きを読む

Q子作りの行為後の処理

子作りのためにエッチをし、その際は生中だしですが、射精した後はすぐ抜いてしまっていいのですか?それとも少し入れたままの方がいいのでしょうか?

また、中に出したあとそのままにしておくと中から流れ出してきますが、そのままティッシュで拭くだけでいいのでしょうか?
シャワーとかで中まで洗ったらその分妊娠確率は下がってしまいますよね?


先日、結婚しこれから子作りをしようと思いますが友人にも親にも聞けずに困ってます。
ご存知のかた教えていただければと思います。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。

えっと?あなたは男性でしょうか?女性?

行為の後、すぐに抜かれてもいいですよ。

射精の時は、男性は奥につけずに、ちょっと離れ加減で射精してください。
行為後は普通に抜かれて、女性は仰向けで寝たまま、軽く拭かれてから
腰を上げてください。

下半身が逆立ち状態というか、全身逆立ちでなく、両手で腰を高く上げて逆さ状態にします。
そのまま5~10分で結構です。

そのまま立たずに寝てください。出てきた液は女性のと精液であって精子ではなく、
精子は混ざっていますが、お役御免の精子です。

良く行為後にバタバタ歩いたり、シャワーを浴びられる方もおられますが、
NGです。

これは迷信でもなんでもなくちゃんとした根拠があります。

精子は、射精されて20分~1時間で子宮へたどり着きますが
動きがノロいので、精液と一緒に子宮へ行くのを助けてやります。
ほとんどはお役御免精子ですが、難関をくぐるには数が必要なのです。

14回ほどの妊娠がありますが、やはり腰を上げるだけでだいぶん違いますよ。

Qうつ病の入院する目安は・・・

うつ病の入院する目安は・・・

 
 うつ病で入院した事がある方、詳しい方のみ回答お願いします。

うつ病で入院する目安は、どのぐらいでしょうか?入院した事のある方は、その間どんな治療をしたか、どんな生活を送っていましたか?

 
  うつ病になって、2年になります。通院していますが、薬が効いているのかわかりません。人にイライラしだすと、止まらなくなる事があります。食事は自分で作れないので最低限だけは食べています。

 家事はできる日もありますが、できない日が多いです。1度入院した方がいいと、私の母はいうのですが、何の知識もなく言っています。

 医者に入院したいと言ってできるものですか?一人寝ていれば、心穏やかに過ごせる日も多いです。

  
  うつで、入院された方の実体験など、どのぐらいの症状で入院になるかなど教えてください。

Aベストアンサー

ウツで入院歴のある、既に完治済みの経験者です。

パソコンが使えるような状況ではおそらく重傷と言うほどではないかと思います(経験から)。
でも今の状況を打開するためにそれも可能性として考えてみたいのでしょうね。
何かを試してみるのはとても良いことですよ。どこから、状況が打開されるかわからないし
色々試すことであなた自身の思考や発想も幅広くなることもあるから。

入院には「強制入院」と「任意入院」があります。
強制入院とは医師の判断で拒否権も何もなく行われる入院です(かなりの重傷者ですね)。
任意入院は本人の希望で行われる入院です。

私の場合は任意入院でした。理由は家族を攻撃(言葉の暴力とか)して家庭を壊しかねない
状況とちょっと深刻な身体状況であったため。

医師に相談してみてください。医師があなたの考えや判断に一理あると思えば
入院する病院を探してベットを確保してくれるはずです。
任意入院は入院するのも任意であれば退院するのも任意で行うことができます。
医師の判断なく、退院しますと言って退院することが可能です(わたしがそうでした)。

入院生活は規則正しい生活というのがもっとも合う表現です。
どんなに体がきつくても眠くても食事の時は起きて食べないといけないし、薬も飲むまでしっかり
チェックされる。持ち物も普通の入院以上に規制される(自殺の危険性などを考慮して)。
他の患者もいるのでそちらの方面でイライラすることもある。
医師は思いの外何もしてくれない(状況観察が大切なので)。
私の経験では返って疲れましたね。廊下に鳴り響くTVの音や、同室の患者の症状など。
何かを期待し求めるならきっとそれは肩すかしを食らったように感じると思います。

入院期間は人それぞれです。任意入院は特に。私など2週間で退院しました。
意味がないと思ったので。
それでもやってみるのも悪くないと思いますよ。冒頭に書いたように、今の状況を打開
するにはなにかを試し続け、自分の固まった思考や発想を変えていく必要があるのですから。
何か聞きたいことがあれば質問をください。
答えられる限り、経験からお返事します。

ウツで入院歴のある、既に完治済みの経験者です。

パソコンが使えるような状況ではおそらく重傷と言うほどではないかと思います(経験から)。
でも今の状況を打開するためにそれも可能性として考えてみたいのでしょうね。
何かを試してみるのはとても良いことですよ。どこから、状況が打開されるかわからないし
色々試すことであなた自身の思考や発想も幅広くなることもあるから。

入院には「強制入院」と「任意入院」があります。
強制入院とは医師の判断で拒否権も何もなく行われる入院です(かなりの重傷者...続きを読む

Qクマは犬を襲わないって本当ですか? 2者は決して

クマは犬を襲わないって本当ですか?

2者は決して襲わないそうです。

クマは目の前に犬が歩いていても決して食べないのは,2者は共通の言語を話せて会話が出来る?それとも昔に犬を食べて食中毒になったので食べなくなった?

なぜ襲わないのか理由を知っていたら教えてください。

Aベストアンサー

いや腹が減れば普通に食べられそうなモノなら何でも熊は襲って食べますよ。犬も人も例外はありません。

ただ、野生動物は熊も含めて全て徹底して省エネ主義ですので、少しでも手間取りそうだなと思ったら、やはり滅多な事では襲いません。熊にしてみれば犬なんかよりも、動きのトロいぷよぷよした大型霊長類を襲った方が、よっぽど楽して大量の肉が食べられますからね(笑)。

ただし飼い犬みたいに、鎖に繋がれて自由が利かない状態なら。熊は基本的に非常にしつこい性格ですので、ほぼ確実に殺られると思います。よっぽど鍛錬された紀州犬クラスじゃないと逃げ切れないんじゃないでしょうか。まあその前にもっと楽して得られる畑の作物なんかを食べると思いますが…。

後、熊は1度でも成功体験を得ると、味をしめて同じ事を執拗に繰り返す習性があるので。何かの拍子に、例えばケガをして弱った犬をたまたま楽に仕留められたら。その後は狙って同じ様な犬を襲う傾向が強くなりますね。良く、山などで熊に出会っても、決してエサ等をやってはいけないと言われる理由です。

エサを1度でも貰ったその熊は、今後出会う人間は皆全員、エサをくれる存在だと認識してしまい。もしもエサを貰えなかった場合は逆上して人間を襲ってしまい、そのまま人食いに目覚めてしまう可能性が非常に高いので。

P.S.
同じ様な都市伝説で「ライオンは決して象を襲わない」とか言われてましたが。ちゃんと良く24時間体制で観察し続けて見ると。結構な頻度で象やカバ、キリンなども襲って食べてる事が分かってます。要は対費用効果って事ですかね。

いや腹が減れば普通に食べられそうなモノなら何でも熊は襲って食べますよ。犬も人も例外はありません。

ただ、野生動物は熊も含めて全て徹底して省エネ主義ですので、少しでも手間取りそうだなと思ったら、やはり滅多な事では襲いません。熊にしてみれば犬なんかよりも、動きのトロいぷよぷよした大型霊長類を襲った方が、よっぽど楽して大量の肉が食べられますからね(笑)。

ただし飼い犬みたいに、鎖に繋がれて自由が利かない状態なら。熊は基本的に非常にしつこい性格ですので、ほぼ確実に殺られると思います...続きを読む


人気Q&Aランキング