椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛の症状ひどく、右半身が激痛と麻痺になり仕事を欠勤してます。
そこで傷病手当を申請しようと調べていました。
すると、支給額は12ヶ月継続した標準月額報酬の平均した額と出てました。しかし、出勤日が17日未満の月は除くともありました。
自分の勤怠を調べたら、17日以上の月が
2017年 なし
2016年 1 4 6 9 10 11 12月
2015年 3 4 5 6 7 9 10月
です。
保険に加入したのが2015年3月1日です。
保険料は
2015年3月分〜2016年8月分 7440円
2016年9月分〜現在までは 5859円
保険料は毎月支払いしています。
このような場合、どのように計算すればよいでしょうか?
長々と書いてしまい申し訳ありませんが、
何卒よろしくお願いします。

質問者からの補足コメント

  • すみません。
    傷病手当金についてお願いします

      補足日時:2017/04/20 23:42
  • 28万よりは少ないです。
    支給額開始日対象から12ヶ月分を計算するならば、出勤日関係なく計算してよろしいのでしょうか?

      補足日時:2017/04/21 08:19

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>支給額開始日対象から12ヶ月分を計算するならば、出勤日関係なく計算してよろしいのでしょうか?



はい。そのまま支給以前12ヶ月の標準報酬月額の平均で問題ないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
生活がかかっているので助かりました。

お礼日時:2017/04/21 09:22

>出勤日が17日未満の月は除く



それは、標準報酬月額そのものを決める定時決定の際の扱いです。
傷病手当金はすでに決まっている標準報酬月額を元に計算するので、

・支給開始対象日以前12ヶ月間の標準報酬月額の平均額
・当該年度の前年度9月30日における(その保険者の)全被保険者の同月の標準報酬月額を平均した額←協会けんぽの場合は28万

のどちらか低い方を使用します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2017/04/21 08:19

「傷病手当」は、退職されている方の、雇用保険関係の説明です。


「傷病手当金」が、在職中の方のための制度です。
参考のため。
お大事に。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
さっき確認したら、傷病手当金でした。

お礼日時:2017/04/20 23:43

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q[至急]健康保険の切り替えしてないままの引っ越しについて。 2016年の5月頃に社会保険加入していた

[至急]健康保険の切り替えしてないままの引っ越しについて。

2016年の5月頃に社会保険加入していた会社を退職して、それから現在まで国民健康保険に切り替えをしていませんでした。

今回3月から他県の交際相手の地元に引っ越すのですが、もしかしたら交際相手の実家に住所変更することになりそうなんです・・・。

そうなると交際相手の実家の方に未加入分の請求がいくのでしょうか?

それとも今まで実家に住所があったので実家に世帯主がいる場合、実家にいくのでしょうか(扶養は抜けてます)

あまり関係ないかもしれませんが、マイナンバーの提出は会社の方にもして、マイナンバーも顔写真付きのカードにしてある状態です。

質問する側で[至急]というのも失礼ですが回答お願いします

Aベストアンサー

ちょっと補足訂正します。

住民票を移して、交際相手の実家に転入する時に
あなたも、世帯主になればよいのです。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
つまり世帯を分けておけばよいのです。
それ自体、けじめになりますし、
住民記録だけの話しですから、
特に問題はありません。

Q社会保険に加入してましたが、11月末で退社し、12月からパート勤務です。1月から11月の総支給額は1

社会保険に加入してましたが、11月末で退社し、12月からパート勤務です。1月から11月の総支給額は120万。今月は72000円くらい。自分で今月は社会保険かけるのですか?来年1月から扶養にはいる予定です

Aベストアンサー

>自分で今月は社会保険かけるのですか?
そうなります。
国民健康保険、国民年金に加入し、
保険料を払わなくてはいけません。

>来年1月から扶養にはいる予定です
今月から入って下さい。
まだ間に合います。手続きをすぐに
して下さい。
社会保険の扶養条件は年収130万未満
なので、今年の収入120万なら、拒否
される理由はなく、問題ありませんよ。

それにより、国民健康保険、国民年金に
加入しなくて済み、
国民年金保険料の16,260円
国民健康保険は地域により違うので
何とも言えませんが、5,000円程度の
保険料を払わずに済みます。

面倒や億劫に思ったりして、
諦めるのでしたら、
退職した会社から健康保険資格喪失証明書
あるいは退職証明書や離職票をもらい、
身分証、マイナンバー通知カード、
印鑑等を持って、お住まいの役所へ行き、
国民健康保険、国民年金の手続きを
しましょう。

年末調整で扶養控除等申告書というのを
提出しますが、あれは税金の扶養申告
なので、社会保険の扶養とは別です。

社会保険の扶養に年や年度の区切りは
なく、収入が月108,333円以下
(年収で130万未満の見込み)となった
時から、扶養の条件内となるのです。

このあたり誤解しないようにして、
ご主人を説き伏せてください。A^^;)

いかがでしょう?

参考
http://www.nenkin.go.jp/service/kounen/jigyosho-hiho/hihokensha1/20141204-01.html

>自分で今月は社会保険かけるのですか?
そうなります。
国民健康保険、国民年金に加入し、
保険料を払わなくてはいけません。

>来年1月から扶養にはいる予定です
今月から入って下さい。
まだ間に合います。手続きをすぐに
して下さい。
社会保険の扶養条件は年収130万未満
なので、今年の収入120万なら、拒否
される理由はなく、問題ありませんよ。

それにより、国民健康保険、国民年金に
加入しなくて済み、
国民年金保険料の16,260円
国民健康保険は地域により違うので
何とも言えませんが、5,000円程度...続きを読む

Q28年4月から社員で社会保険に加入してます。29年2月よりパート契約に切り替え、月の収入は7.5万円

28年4月から社員で社会保険に加入してます。29年2月よりパート契約に切り替え、月の収入は7.5万円程になる予定です。28年度の年収で計算するなら少ない月収でも社会保険に加入しないといけないでしょうか。

Aベストアンサー

パート従業員が社会保険に加入する適応条件があります。
一日労働時間4時間以上で週20時間以上の条件の他収入が月額8.8万円以上の二通リの条件を満たすことであれば加入が可能です。以下は参照になればと思います。後は詳細は勤め先の担当者に訊ねることです。
 
 短時間労働者(パート等)に対する健康保険・厚生年金保険の適用拡大され平成28年10月1日以降、下記「4分の3基準」を満たさない場合であっても、以下の1から5までの5つの要件(以下「5要件」という)を全て満たす短時間労働者(パート等)については、新たに健康保険・厚生年金保険の被保険者となります。
1.1週の所定労働時間が20時間以上であること。
2.雇用期間が継続して1年以上見込まれること。
3.月額賃金が8.8万円以上であること。
4.学生でないこと。
5.常時500人を超える被保険者を使用する企業(特定事業所)に勤めていること。

※「5要件」について
1.1週の所定労働時間が20時間以上であること。
(1)1週間の所定労働時間とは、就業規則、雇用契約書等により、その者が通常の週に勤務すべきこととされている時間をいいます。
(2)所定労働時間が週単位で定まっていない場合の算定方法
・1か月単位で定められている場合
 ⇒1か月の所定労働時間を12分の52で割って算定します。
・1年単位で定められている場合
 ⇒1年間の所定労働時間を52で割って算定します。
・1週間の所定労働時間が短期的かつ周期的に変動する場合
 ⇒平均により算定します。

(3)所定労働時間は週20時間未満であるものの、事業主等に対する事情の聴取やタイムカード等の書類の確認を行った結果、残業等を除いた基本となる実際の労働時間が直近2月において週20時間以上である場合で、今後も同様の状態が続くことが見込まれているときは、当該所定労働時間は週20時間以上であることとして取り扱われます。

(4)所定労働時間が、就業規則、雇用契約書等から明示的に確認できない場合は、残業等を除いた基本となる実際の労働時間を事業主等から事情を聴取した上で個別に判断されます。

2.雇用期間が継続して1年以上見込まれること。
1)期間の定めがなく雇用されている場合は、継続して1年以上使用されることが見込まれることとして取り扱われます。
(2)雇用期間が1年以上である場合は、継続して1年以上使用されることが見込まれることとして取り扱われます。
(3)雇用期間が1年未満であり、次のいずれかに該当する場合は、継続して1年以上使用されることが見込まれることとして取り扱われます。
・雇用契約書に契約が更新される旨または更新される可能性がある旨明示されている場合
・同様の雇用契約により雇用された者について更新等により1年以上雇用された実績がある場合

(4)当初は継続して1年以上使用されることが見込まれなかった場合であっても、その後において、継続して1年以上使用されることが見込まれることとなったときは、その時点から継続して1年以上使用されることが見込まれることとして取り扱われます。

3.月額賃金が8.8万円以上であること。
(1)週給、日給、時間給を月額に換算したものに、各諸手当を含めた所定内賃金の額が、8.8万円以上であること。ただし、下記の賃金は除きます。

【除外対象賃金】
・臨時に支払われる賃金(例、結婚手当等)
・1か月を超える期間ごとに支払われる賃金(例、賞与等)
・時間外労働、休日労働および深夜労働に対して支払われる賃金(例、割増賃金等)
・最低賃金法で算入しないことを定める賃金(例、精皆勤手当、通勤手当、家族手当)

(2)報酬が、月給、週給等一定の期間で定められる場合は、被保険者の資格を取得した日現在の報酬の額をその期間の総日数で割った額の30倍に相当する額を報酬月額とする。

1.労災保険
 業務災害、通勤災害に関しては、農林水産の一部事業を除き、パート等にも適用されます。保険料は全額事業主の負担です。パート等の負担はありません。

2.雇用保険
 雇用保険に関しては、次の条件を全て満たす者はパート等であっても一般被保険者となります。保険料は、被保険者負担分を賃金から控除されます。(平成22年4月1日以降実施)
1.1週間の所定労働時間が20時間以上であること。
2.31日以上雇用される見込みがあること。
 なお、週40時間の労働時間で契約している場合は、31日以上雇用される見込がなくても雇用保険の被保険者となります。

3.健康保険・厚生年金保険(平成28年10月1日以降)
 パート等が健康保険・厚生年金保険の被保険者となるか否かは、平成28年10月1日以降、就業規則や雇用契約書等で定められた所定労働時間や所定労働日数に即して判断を行うこととなりました。
 すなわち、「1週の所定労働時間」及び「1か月の所定労働日数」が同一の事業所に使用される通常の労働者の所定労働時間及び所定労働日数の4分の3以上(以下「4分の3基準」という)である者は、パート等であっても健康保険・厚生年金保険の被保険者となります。

1週当りの労働時間  1ヶ月当りの労働日数   適用・未適用
正社員の3/4以上  正社員の3/4以上     適用
正社員の3/4以上  正社員の3/4未満    未適用
正社員の3/4未満  正社員の3/4以上    未適用
正社員の3/4未満  正社員の3/4未満    未適用

パート従業員が社会保険に加入する適応条件があります。
一日労働時間4時間以上で週20時間以上の条件の他収入が月額8.8万円以上の二通リの条件を満たすことであれば加入が可能です。以下は参照になればと思います。後は詳細は勤め先の担当者に訊ねることです。
 
 短時間労働者(パート等)に対する健康保険・厚生年金保険の適用拡大され平成28年10月1日以降、下記「4分の3基準」を満たさない場合であっても、以下の1から5までの5つの要件(以下「5要件」という)を全て満たす短時間労働者(パー...続きを読む

Q5月いっぱいまで働いていて、今年の1月~5月までの収入額が約124万円

5月いっぱいまで働いていて、今年の1月~5月までの収入額が約124万円でした。

今の時点では収入が130万円以下なので、主人の会社の社会保険に家族として加入できるようですが、これから少しでも働いて今年度内に収入6万円を超えてしまった(今年度の総収入額が130万円を超えてしまう)場合は、来年は主人の社会保険に加入することは出来ないのでしょうか?

それと失業給付を受けた場合は、その給付金も今年度の収入に入り、来年は自分で国保に入るようになるのでしょうか?

Aベストアンサー

たとえパートでも法律上は下記の条件に当てはまれば、会社は社会保険(健康保険・厚生年金)に加入させる義務があります。

1.常用な使用関係にあると認められる
2.所定労働時間が通常の労働者の4分の3以上であること
3.1月の勤務日数が通常の労働者の4分の3以上であること

要するに収入の金額ではなく労働時間で決まります。
ですから収入的には扶養でいられるはずでも、上記の条件で社会保険に加入しなければならない層が存在するのです。
つまり妻の会社の社会保険への加入と夫の扶養になるということについての関係では、下記のように妻は三つの層に分かれることになります。

A.収入の金額的には夫の扶養になれるし上記の条件があっても引っ掛からない為夫の扶養になっている

B.収入の金額的には夫の扶養になれるが上記の条件があるため会社の社会保険に加入しなければならない

C.収入の金額的にも夫の扶養になれないし上記の条件もあるため会社の社会保険に加入している

AとCの層はすぐわかると思いますが、Bのような層の妻たちもいるというのはちょっとわかりにくいと思いますが、まさにそのBの層の妻たちにご質問のような疑問が湧くことになるのです。
ですが収入の金額的には夫の扶養になれるとしても、上記の条件があるため会社が社会保険に加入するようにというならばそうせざるを得ず、どちらかを選択するというわけには行きません。
損得で選ぶという訳には行かないのです。
要するに夫の会社の健康保険で扶養になっていれば保険料は言ってみればタダ、国民年金も第3号被保険者なら保険料はタダ。
つまり保険料は一切タダということですが、それが妻自身で社会保険に入るとなるとドカンと保険料が発生して手取りの収入が減ってしまうということです。

ですからこういう質問の回答で多い間違いは、夫の扶養を外れる年収130万を超えたときに妻自身が社会保険に加入すると言う説明です。
これを信じて失敗された方が大勢います。
上記の社会保険の加入条件に当てはまってしまえば、130万に満たなくても社会保険に加入せねばならず、当然夫の健康保険の扶養や第3号被保険者から外れることになります。
また税金のことだけしか考えないとやはり失敗をします。
この点をしっかり理解しておかないと後で後悔します。

なお、雇用保険のほうの加入条件は以下のようなものです。

1.1週間の所定労働時間が20時間以上であること。
2.6ヶ月以上引き続き雇用されることが見込まれること。

結論として妻自身が勤め先で社会保険の適用を受けない範囲で、なおかつ夫が妻に対する手当を会社から受けられる範囲であれば、ギリギリまで多く働いたほうが得ということです。
あるいは年収が170万~180万ぐらいまでバリバリ働くかです。
そこまでバリバリ働くわけでもないがギリギリの線を少し越えるという中途半端なのが一番損です。

つまり肝心なことは本当に家計をプラスにする為には、色々な要素を平行して考えていかなければいけないということです。
ひとつの要素だけを考えてしまっては大きな失敗をしてしまうということです。
一番よくあるのが税金のことだけを考えてしまうと言うパターンです、税金のことだけ考えて「健康保険の扶養」や「扶養手当」のことを考えないと、確かに税金では若干プラスになるが「健康保険の扶養」や「扶養手当」で大きくマイナスになり、トータルではマイナスとなってこんなはずではなかったということが結構多いのです。

もうひとつこのサイトでもあまりにも間違った回答が多いので繰り返しますが、単純に130万を超えると夫の健康保険の扶養を外れると言うのは誤りです、殆どの場合130万以前に夫の健康保険の扶養を外れると言う場合が多いです。
ですから夫の健康保険の扶養でいられるためにはもっと低い金額に抑える必要があります、詳しく説明すると。

健康保険の扶養には「妻自身が社会保険に加入しなければならない限界」と「夫の扶養の限界」とふたつがあるということです。

「妻自身が社会保険に加入しなければならない限界」

たとえパートでも法律上は下記の条件に当てはまれば、会社は社会保険(健康保険・厚生年金)に加入させる義務があります。

1.常用な使用関係にあると認められる
2.所定労働時間が通常の労働者の4分の3以上であること
3.1月の勤務日数が通常の労働者の4分の3以上であること

要するに収入の金額ではなく労働時間で決まります。
ですから収入的には扶養でいられるはずでも、上記の条件で社会保険に加入しなければならないのです。

<字数制限の為に続く>

たとえパートでも法律上は下記の条件に当てはまれば、会社は社会保険(健康保険・厚生年金)に加入させる義務があります。

1.常用な使用関係にあると認められる
2.所定労働時間が通常の労働者の4分の3以上であること
3.1月の勤務日数が通常の労働者の4分の3以上であること

要するに収入の金額ではなく労働時間で決まります。
ですから収入的には扶養でいられるはずでも、上記の条件で社会保険に加入しなければならない層が存在するのです。
つまり妻の会社の社会保険への加入と夫の扶養になるという...続きを読む

Q健康保険料が平成8年12月賞与分から控除されています。勿論月額標準報酬

健康保険料が平成8年12月賞与分から控除されています。勿論月額標準報酬からも引かれています。
これって正しいのでしょうか。
また、厚生年金の方は平成11年12月から標準報酬と賞与分両方引かれています。
厚生年金の賞与分は年金に反映されるのでしょうか。

Aベストアンサー

ご質問の趣旨が私にはよく判らないので、ご不快な文面になるかもしれませんがご了承下さい。

> 健康保険料が平成8年12月賞与分から控除されています。
> 勿論月額標準報酬からも引かれています。
・賞与から健康保険料や厚生年金保険料を控除する事自体は、年号が平成になる前から存在していました。
  現在の取り扱い
   計算対象となる賞与額×被保険者が負担する保険料率
  昔の取り扱い[特別保険料]
   計算対象となる賞与額×5/1000 [但し、健康保険は3/1000]
   こちらを参考にしてください
   ⇒ http://www.tabisland.ne.jp/explain/syaho/syho07.htm
 但し、加入している健康保険が「協会けんぽ」(平成8年であれば政管健保)では無い[具体的には「○○健康保険組合」である]場合、賞与からの健康保険料控除は任意となっております。
・又、名称が「賞与」で有っても、年4回以上支給される場合には「給料」と同じ扱いとなる為、当然に保険料は徴収されます。但し、この場合も「○○健康保険組合」であるならば、その健康保険組合の規定に従う為、『必ず徴収します』とは言い切れません。
・思うに、平成8年に健康保険の保険者が変更になった(政管健保に加入)か、健康保険組合の規約改定があったのではないでしょうか?

> 厚生年金の方は平成11年12月から標準報酬と賞与分両方引かれています。
> 厚生年金の賞与分は年金に反映されるのでしょうか。
・上で答えましたように、本来は賞与支給の都度、「特別保険料」を徴収する決まりなのですが・・・何故に平成11年から徴収が開始されたのかが疑問として残ります。
・上で説明を省きましたが、現在の徴収方法が開始されたのは、年金の計算が「総報酬制」に変わった平成15年4月からです
  ↓は、チョット数値が古いのですが、社保庁HPに有る当時の説明ページです。
  http://www.sia.go.jp/topics/2003/n0617-1.htm
・年金の計算に反映されるかに対してですが、「総報酬制」が導入される前の分[平成15年3月以前]は対象とはなりません。

ご質問の趣旨が私にはよく判らないので、ご不快な文面になるかもしれませんがご了承下さい。

> 健康保険料が平成8年12月賞与分から控除されています。
> 勿論月額標準報酬からも引かれています。
・賞与から健康保険料や厚生年金保険料を控除する事自体は、年号が平成になる前から存在していました。
  現在の取り扱い
   計算対象となる賞与額×被保険者が負担する保険料率
  昔の取り扱い[特別保険料]
   計算対象となる賞与額×5/1000 [但し、健康保険は3/1000]
   こちらを参...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報