電験2種の理論が合格できません。原因は過渡現象が理解できません。何か文系でも理解できる教科書を教えてください。

A 回答 (2件)

必要な知識は


LCR回路の微分方程式を作れること
線形微分方程式を解けること

これだけです。基本微積分ができないと駄目ですが
その辺りは大丈夫ですか?

駄目なら応用が効きませんが、出題パターンの丸暗記しかないででょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2017/05/13 11:27

講習会に参加するといい。

質疑応答できます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2017/05/13 11:28

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電験3種

e=200√2sin(ωt-π/3)とe=100√2cos(ωt+π/3)の位相差を求める問題で答えが7π/6[rad]なんですが
やり方がよくわかりません。

Aベストアンサー

#1です。
なるほど、sin(ωt-π/3)とcos(ωt+π/3)のどちらを基準にするかで、2通りになりますね。
sinを基準にしてcosをみると、7π/6
cosを基準にしてsinをみると、5π/6
となるわけです。
言われて見れば、差の小さい5π/6の方が、解答として適切なのかもしれません。

見づらいですが、参考図を作りました。
振幅は無視して、
ピンクが、sin(ωt-π/3)
黒色が、 cos(ωt+π/3)で、sinに変換したものが水色です。

Q私は社会人で電験3種の資格を取りたいと思っています。

私は社会人で電験3種の資格を取りたいと思っています。
ただ現役から遠ざかっているために基礎的な数学もかなり忘れています。
そこで基礎的な数学を教えてくださる教室などがありましたら教えてください。

電験3種の受験講座もあると思いますがその講座を受けるレベルに
達していないと思います。

昔、公文の教室に入っていたことがあったので公文の教室に
聞いたところ公文では図形の問題はほとんど無いようです。
また公文の教室なので公文の問題以外は教えてくれないということのようです。

数学の中でも図形の問題がよく判らないので中学の図形の問題や
高校の数学Aの図形の問題(特に円の性質など)を
詳しく教えてくれるところはないでしょうか。

私が住んでいるのは東京の多摩地区です。
この近辺で教えてくださるとことがあればと思っています。

時間と場所はなんとか都合がつけられると思います。

私が取得したい電験3種の資格にも多少図形の問題の知識がなければ
解けないような問題もあるようです。

どうぞ学問に詳しい方宜しくお願いします。

Aベストアンサー

かなり同じ境遇なのですが、数学で頭を痛めています。「デンヨビ」というサイトがあります。決して回し者ではありませんが・・・。予備校講師が基礎的な数学から電験三種の理論の範囲を講義しています。インターネット上でファイルをダウンロードして講義を聴けますので場所は関係ありません。一部無料講義が聞けますのでご参考まで。

参考URL:http://denyobi.com/

Q電験三種

テキストに、回路のインピーダンスがR+jX[Ω]と表されるとき、力率をRとXで表す方法でドットVを基準としてドットIを求めると、ドットI=V/R+jX=V(R-jX)/R^2+X^2=RV/R^2+X^2-jXV/R^2+X^2[A]という式が出てきたんですが、展開のやり方がわかりません。
後、この式を使ってドットZを求める問題があるのですが、ドットIを求める式なのにドットZも求まるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#3です。

>これは複素数なんですね?
●はい、複素数です。
ベクトルを扱うに当たり、X軸方向を実数、Y軸方向を虚数で表すことによってベクトル表示ができます。


>実数部と虚数部に分けると分母のAもそれぞれ分かれるということみたいですが、これは決まり事なんでしょうか?
●複素数だからといって特殊なことではないです。通常の分数の扱いと同じです。
つまり、
(a+b)/c = a/c + b/c と分けられるのと同じことです。

Q電験 ベクトル合成

電圧の瞬時値v1、v2が次式で表されるとき、v=v1+v2の実行値Vはいくらか?
v1=200√2sinωt
v2=200√2sin(ωt+π/3)

模範解答は
2×200cosπ/6=200√3
とありました。
何ををどーすれば200√3になるんでしょうか?
大変悩んでいます。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

v1+v2=200√2sinωt+200√2sin(ωt+π/3)
=200√2{sinωtsin(ωt+π/3)}
=200√2×2sin[{ωt+(ωt+π/3)}/2]cos[{ωt-(ωt+π/3)}/2] 和→積の公式
=200√2×2sin(ωt+π/6)cosπ/6

でこれの最大値はsin(ωt+π/6)=1になる時であり、実効値は最大値の1/√2
なので
V=200√2×2×1×cosπ/6×1/√2
=2×200cosπ/6=200√3

となるわけです。


ただ、各瞬時値の1/√2倍したベクトルの和で求めることができるということを知っていれば、先ほどやった解き方でできるわけです

Q電験の問題で以下の式がどのように展開されているか、わかりません。誰か教

電験の問題で以下の式がどのように展開されているか、わかりません。誰か教えて頂けないでしょうか?

R・1/jωC           R
-----  =   ----- 
R+1/jωC       1+jωCR





どのような計算過程で、左式と右式がイコールになるのかが、 わかりません。

Aベストアンサー

両辺の分母、分子それぞれに、「jωC」をかけて通分しているだけだけど。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報