毎度どうもお世話になっております。さて、星新一の短編(SS)に、終戦間際、秋水とか震電とかが出てくる話があると伺ったのですが、タイトルがわかりません。ご存知の方、教えてください。よろしくお願いいたします。

A 回答 (1件)

これは星新一ではなく、小松左京だと思います。



小松左京の作品「地には平和を」がそれだと思います。
「本土決戦がもし起こっていたらと」という話です。
その中に「秋水」も「震洋」も出てきたはずです。
下のyoutubeを参考にしてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

間違えてどうもすみませえええええん。これでしたああああ。ありがとうございましたああああ。!!!!!!!!

お礼日時:2017/05/15 18:37

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q岩波文庫から出ているトーマス・マンの短編集『トオマス・マン短編集』のな

岩波文庫から出ているトーマス・マンの短編集『トオマス・マン短編集』のなかの「幸福の意志」という短編があるのですが、その冒頭に、

彼地で家柄のよい土着の娘と結婚してから…

というくだりがあるのですが、この「彼地」はどう読むのでしょう?また、どういう意味なのでしょう?

Aベストアンサー

「かのち」と読みます。
「彼地」を「あの地(国、地方、都市、町など)」と読み変えてもほぼ同じ意味です。この場合は南アメリカのことを差していますね。
 遠いところや、名前は知っているけど行ったことはない場所などを指しているニュアンスがあります。

Q星新一さんのショートショートを探しています。

星新一さんのショートショートを探しています。
あらすじは覚えているのですが、タイトルや、どの本に載っていたかを忘れてしまいました。
もしこの作品のタイトル、掲載されている書名をご存知の方がいらっしゃいましたら教えて下さい。
(以下内容に触れてしまいますのでご注意下さい。)


砂漠で迷ってしまい、食べ物も水もなく瀕死の状態の男が、ついに自分の足を切り取って食べようとする。
そこでたまたま触れた瓶から魔神が現れ、なんでも願い事を叶えてやろうと言うが、朦朧としている男は魔神に、では自分の足を痛くないように切って料理してくれ、と頼む。



よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

星新一さんの作品は、約15年掛けてすべて読みましたが、ご質問のあらすじは記憶にありません。
もちろん私もすべての作品を明確に覚えている訳ではありませんが…

他の方の作品と混同されていないでしょうか?

Q星新一さん

小説家、星新一さんの短編集で

目の無い男の子が出てくる話の題名を教えてもらえませんか?

ちょっとその話が入っていた短編集の本の題名すら思い出せないんですが…


内容は、

生まれつき目の無い男の子とその両親の話で

目は無いが感覚でわかる

人間の進化の過程なんじゃないかということで、医者が男の子の検査をする

両親が暗闇の中、男の子が渡してくれたワイングラスを落とすというシーンがある


といった感じです


断片的でわかりづらいかもしれませんが

この話の題名わかる方がいらっしゃれば、教えて下さい!

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

『ボッコちゃん』収録の「闇の眼」だと思われます。

Q星新一さんの作品のタイトルを教えてください

確か…。人口の増えた地球?で、市役所の職員?さんがピストルを持っていってくじで当たった人を殺しに行って、最後には自分がくじに当たる?いうようなお話のタイトルと本の名前を教えてください

Aベストアンサー

たぶん「生活維持省」というタイトルだったと思います。

「ボッコちゃん」に収録されていると思いますよ。

Q終戦直後・占領下の日本を描いた小説

日本の、終戦直後辺りの町の様子を詳しく知りたいのですが、写真や静画だけではわかりにくいところがあり、作家の手で端的に描写された作品に触れたいと思っています。
1945年、終戦直後から、朝鮮戦争の前くらいまでとか、比重は終戦直後なんですが、できる限り端的に描かれているものがあったら、お教え願います。

Aベストアンサー

浅学のため、ぴたっと思い当る小説がありません。
現実の社会の劇変が、激しすぎて、小説で描ききれない。また、皆が体感したので、わざわざ小説にする意味が無かったのか?と思います。

戦争中は言論統制があり、それと同じレベルで、作家も戦争に協力したから、
敗戦によって、そんな既成作家は抹殺された。(蓮田善明・保田與重郎ら?と思います。戦後もてはやされた亀井勝一郎も)
敗戦直後の大家といえば、浮世ばなれした谷崎・川端で、焼け跡の廃墟をリアルに描くとは思えず、
これも一因だと思います。

三島由紀夫は若くして世に出、大蔵省に勤務した頃の、混乱したモラルを「鍵のかかる部屋」に書いています。(のちの「鏡子の家」の原型です)だが『町の様子を詳しく・・・』とは言えない。
野間宏・武田泰淳、もっと後の作家なら、遠藤周作・吉行淳之介etc.が小説・随筆を書いていないか?と思いますが、
私の好みの作家ではないので、お役に立てません。

けさの日経「半歩遅れの読書術」で、
沖縄特攻した大和の司令長官、伊藤整・海軍中将の子息が、戦時中の日記を紹介されています。ご参考までに、転記します。
「夢声戦争日記」、山田風太郎「戦中派不戦日記」、「青野季吉日記」、「古川ロッパ昭和日記」、荷風「罹災日録」、清澤洌「暗黒日記」、内田百閒「東京焼盡」(中公文庫)

そうですね、百閒・荷風なら、短編で当時を活写していそうですね。
どなたか詳しい方、お願いします

浅学のため、ぴたっと思い当る小説がありません。
現実の社会の劇変が、激しすぎて、小説で描ききれない。また、皆が体感したので、わざわざ小説にする意味が無かったのか?と思います。

戦争中は言論統制があり、それと同じレベルで、作家も戦争に協力したから、
敗戦によって、そんな既成作家は抹殺された。(蓮田善明・保田與重郎ら?と思います。戦後もてはやされた亀井勝一郎も)
敗戦直後の大家といえば、浮世ばなれした谷崎・川端で、焼け跡の廃墟をリアルに描くとは思えず、
これも一因だと思いま...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報