古典のかぐや姫の昇天から
帝への手紙に添えられた和歌にはかぐや姫のどのような気持ちが記されているのか
教えてください!

A 回答 (1件)

はじめまして、


「いまはとて 天の羽衣 着る時ぞ 君をあはれと おもひいでぬる」という歌ですね。

この前にかぐや姫は「かくあまたの人を賜ひて留めさせ給へど、許さぬ迎へまうで来て、取り率てまかりぬれば、口惜しく悲しきこと。宮仕へ仕うまつらずなりぬるも、かく煩わしき身にて侍れば。心得ずおぼし召されつらめども。心強く承らずなりにしこと、なめげなる者におぼしめしとどめられぬるなむ、心にとまり侍りぬる」
といっていますね、

これを現代語訳すると「このように沢山の人々をお遣わしくださり、わたくしをこの地上に留めようとしてくださいましたけれど、拒みきれぬ迎えがまいりまして、わたくしをつかまえ、連れてまいりますのは、残念にも悲しいことでございます。宮仕えをいたしませんでしたのも、こういう、わずらわしい身の上だったからでございます。さぞご不快におぼし召したことでございましょう。強情にお言葉に従わなかったことを、無礼な者よと思いこんでいられるであろうことが、わたくしにも辛く心に残ります」ですね。

ですから最初の歌を訳するとすれば「今はここから去らねばならぬ身と覚悟して、人の心を失うと言う天の羽衣を着る時か来たのですが、それでもこの時になって、帝をお慕いする気持がしみじみと思いだされてしまうのです」となるようです。引用先は下記です。

私の好きなかぐや姫 ~竹取物語の世界~ かぐや姫が残したもの
http://ncode.syosetu.com/n2096bn/23/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても分かりやすく、丁寧なご回答ありがとうございました!

お礼日時:2017/05/19 15:03

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q終戦間際の話 星新一について

毎度どうもお世話になっております。さて、星新一の短編(SS)に、終戦間際、秋水とか震電とかが出てくる話があると伺ったのですが、タイトルがわかりません。ご存知の方、教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

これは星新一ではなく、小松左京だと思います。

小松左京の作品「地には平和を」がそれだと思います。
「本土決戦がもし起こっていたらと」という話です。
その中に「秋水」も「震洋」も出てきたはずです。
下のyoutubeを参考にしてください。
https://www.youtube.com/watch?v=bc2S7i-vW48

Q「一目散に散る」の対義語?

「集まった状態から一気に離散する」様子を
・一目散に散る/逃げる
・蜘蛛の子を散らすよう

などの表現がありますが、
逆に
「散乱した状態から一箇所にすばやく集まる」様子はなんというのでしょうか?

ご教示お願い致します。

Aベストアンサー

集結する
エントロピーが減少する

Q呼ばざりし、とはどう言う意味ですか?

呼ばざりし、とはどう言う意味ですか?

Aベストアンサー

呼ば+ざり(打ち消し連用)+し(過去連体)
呼ばなかった。

ただし文末が連体形なのは気になるところで、恐らく直前に係助詞(や・か)があるのでは? もしそうなら疑問反語となり、呼ばなかったか? あるいは、呼ばなかったか(呼んだよね)。

係助詞が(ぞ)の場合は、多少の強調とは成りますが、頭書の訳の通り。

Q明治時代の女性の読み方を教えてください。

添付の画像は、明治時代に生まれた女性の名前です。
右が母親で、左が娘になります。戸籍謄本に書いてある文字です。
どのように読むのかをお教えください。

Aベストアンサー

右:くら

左:むめ(うめ)

Q「々」の正式名ってあるんですか? あったら教えてください!

「々」の正式名ってあるんですか?
あったら教えてください!

Aベストアンサー

同の字点
https://dictionary.goo.ne.jp/jn/241097/meaning/m1u/%E3%80%85/
または、
ノマ
https://dictionary.goo.ne.jp/jn/241266/meaning/m0u/

Q半百ってどう読むの?

ある文書を見ていたら「半百」という言葉が出てきた。
意味は百の半分50だと分かるのですが、読みはどうか?
インターネットで検索したら中国語の読みが出てきたが日本語での読みは見当たらない。
単純に「はんひゃく」だろうか、それとも「ごじゅう」だろうか、はたまた違う読みか
疑念が広がりました。
本当は何て読むんでしょうか?

Aベストアンサー

はん‐ぴゃく 【半百】
解説・用例
〔名〕
百の半分。五〇。五〇歳。
*菅家文草〔900頃〕六・北堂文選竟宴、各詠史得乗月弄潺湲「半百行年老 尚書庶務繁」
*俳諧・笈日記〔1695〕上・難波「年もやや半百に過たれば、いねては朝雲暮烟の間をかけり」
*水土解弁〔1700頃〕気運盛衰弁「今時の人は半百にして動作皆衰ふは」
*狂歌・近世商賈尽狂歌合〔1852〕「としは半百に過たり」
*白居易‐戊申歳暮詠懐詩「窮冬月末両三日、半百年過六七時」

  [日本国語大辞典]より

Qなぜ昔の人は災難を有難いと言ったのか分かる人はいますか? 災難が無いことを昔の人は無難と言い、災難が

なぜ昔の人は災難を有難いと言ったのか分かる人はいますか?

災難が無いことを昔の人は無難と言い、災難があることを有難い、有難うと言った。

東日本大地震の福島第1原発事故という日本の歴史に残る災難は昔の人は有難い、有難うと言っていた。

東日本大地震、福島第1原発事故のどこが有難いことなのでしょう。

Aベストアンサー

すでに回答があるのですが、
「災難が無いことを昔の人は無難と言い、災難があることを有難い、有難うと言った。」
この言葉の「無難」はいいとして、「災難があることを有難い、有難うと言った。」は聞き捨てならないことです。どこにそういう話があったのですか。
 これは質問者ご本人も、理解してもらわなければならい言葉です。

Q凡夫ってどういう人を言いますか?

凡夫ってどういう人を言いますか?

Aベストアンサー

普通の人。
中の中で、仕事が終われば
まっすぐ家に帰ってきて、ご飯を食べ寝る。
そんな毎日を繰り返している人ですかね。
でも、そんな凡夫が日本の社会を陰で支えている
のですがね。

Q中世ヨーロッパの一般市民は、どうやってお金を貯めてたんでしょう。

小説を書いてます。
中世ヨーロッパを題材にしてます。
当時の銀行やら、国や都市ごとの貨幣の発行や在り方など、大方は調べたらわかりました。
しかし一般の人々は、流通していた貨幣はどうやって貯めていたのか? まさか家の箱に無造作にお金をしまっておいたわけではないと思うんですが……。
金持ちはいわゆる銀行に預けていたそうですが、一般の人々はどうだったんでしょうか。
一般市民といっても、街と農村では違うでしょうが、ざっくりとでいいのでご存知の方がいたら教えてください。

Aベストアンサー

中世は庶民まで貨幣経済が浸透していませんでしたから、物々交換で取引していたはずです。
ですので王侯貴族ならまだしも、一般人がお金を貯めるのはとてもできなかったでしょう。

Q品詞分解と意味

風さそう
花よりも我はまた
春の名残りを
いかに「とやせん」or「とかせん」
「と」を格助詞で心中の思いを引用とされてますが
引用とはどうゆう意味でしょうか
「とかせん」の品詞分解と意味を教えて下さい
よろしくお願いします

Aベストアンサー

「と」は心中の思い、「いかに(どのように無念を晴らすことができるか)」という内容を受けています。短歌だから長々と心の内を述べることはできません。だから「いかに」だけですべてを表そうとしたのです。
 短歌全体の意味は次のようなものです。
『風に誘われるように散る花も春の名残が惜しいことだろう。その花よりも我はもっとこの世の名残が惜しいのであるが、その 無念の思いをどうすることができようか。どうにもできないのが残念である。』


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報