古典の授業で,昔の「すずむし」は今の「まつむし」を指し,
昔の「まつむし」は今の「すずむし」を指すと聞いたことがあるのですが,
(ひょっとしたら違うかもしれませんが)
「きりぎりす」と「こおろぎ」も今と昔では逆だったと思います。
1,なぜ逆になったのでしょう?
2,いつから逆になったのでしょう?

A 回答 (2件)

 「すずむし」と「まつむし」について、日本国語大辞典には次のような記載があります。


 「鈴虫」と「松虫」の名は平安時代の作品から現れるが、現在のように「リーン、リーン」と鳴くのを「鈴虫」に、「チンチロリン」と鳴くのを「松虫」というように、鳴き声によって区別できる文献は江戸時代に入るまで見当たらない。その上、同じ江戸の文献中においても両者は混同されており、一概にどちらとも決めがたい。しかし、現在では、平安時代の作品中に現れるものは「鈴虫」を「松虫」と、「松虫」を「鈴虫」と解するようになっている。

 「こおろぎ」も「きりぎりす」については鳴き声が語源だろうといわれていますが、よくわかりません。しかし、「こおろぎ」の漢字の「蟋蟀」は「きりぎりす」という意味です。
    • good
    • 0

平安時代は反対だったようです。



参考URL:http://dic.yahoo.co.jp/bin/docsearch?p=snj296986 …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「まだ未熟」は「あとで後悔」「いちばん最後」と同類?

あるドラマで「おまえはまだ未熟だ」というシーンがありました。
「あとで後悔」「いちばん最後」を気にする/しない、という
文化庁の2005年度「国語に関する世論調査」を新聞で
見かけましたが「未熟」に関しても同様なのでしょうか?
(「教えて!goo」で質問していること自体、私が気にしていることを示唆してはいますが)

「お前はまだ未熟だ」は「お前は未熟だ」とは違う印象を受け、
むしろ「お前は子どもだ」と言っている気がするのですが…。

Aベストアンサー

「あとで後悔」のように、同じ、あるいは似た意味の言葉を重複して用いることを、重言といいます。
重言については、本サイトにおいて、「計画を立案する。」という表現に関し、つい先頃回答したばかりなので、そちらをご覧いただきたいと思います。

「未熟」は、ご存じのように、もともと「未だ熟さず」という意味を表す熟語です(漢文の再読文字入門において、よく見かける言葉です。私もよく教材執筆の折に使います)。
ですから、「まだ未熟だ」は、「未熟」の本来の意味からすると、明らかに重言です。
ただし、現在「未熟」は、ご指摘のとおり、「上達していない」という意味で用いられることが多く、その場合、「(い)まだ」という意味はあまり感じ取られません。
よって、「まだ未熟だ」という表現を用いることは、あながち間違いといえない(話し言葉の場合はなおさら)と考えます。
また、文化庁の調査でも、確か重言を完全な間違いと断じてはいなかったと記憶していますが、そのことに関連した問題については、以前の拙回答を参考になさってください。
パソコンに関して「まだ未熟」なもので、URLではなく、当該項目を下に記します。ご面倒をおかけしてすみません。


八月六日の質問 カテは「国語」
番号 2323587
タイトル 「計画を立案?」

「あとで後悔」のように、同じ、あるいは似た意味の言葉を重複して用いることを、重言といいます。
重言については、本サイトにおいて、「計画を立案する。」という表現に関し、つい先頃回答したばかりなので、そちらをご覧いただきたいと思います。

「未熟」は、ご存じのように、もともと「未だ熟さず」という意味を表す熟語です(漢文の再読文字入門において、よく見かける言葉です。私もよく教材執筆の折に使います)。
ですから、「まだ未熟だ」は、「未熟」の本来の意味からすると、明らかに重言です。
...続きを読む

Q宇治拾遺物語の中で「これも今は昔、田舎の児の比叡の山へ…(中略)…うたてしやな」

宇治拾遺物語の中で、「これも今は昔、田舎の児の比叡の山へ…(中略)…うたてしやな。」という古文の、最後の「うたてしやな」は、誰の立場にたっての見解でしょうか?作者でしょうか、僧でしょうか?

それと、その文中にある「桜のめでたく咲きたりけるに」の現代語訳は、「桜が見事に咲いているところに」でよいのでしょうか?
それとも、「桜の立派に咲いているところに」でしょうか?

どちらでもよいので、わかった方は、教えてください!

Aベストアンサー

語り手のように思います。
宇治拾遺物語の全体に、生き生きとした語りが感じられます。とりわけ助詞のつかいかたなどにです。
うたてし・やな(情けないことよなぁ/嘆き) もそうですし、咲きたり・ける・に(咲いていたのだったが/回想または伝聞) もそうです。
叙述がナレーションでできあがっているのですから、登場人物である僧つまり三人称の気持ちが「うたてしやな」のように表されているとしたら、自由話法になってしまいますが、全体としてそういう話法の傾向のない素直な書物と思っています。
めでたしは愛でるべきであるの意味だそうですから、
立派にでも見事にでもすばらしくでも美しくでも良いのではないでしょうか。

Q男性の内面の未熟さと暴力性について(特に男性の方教えてください)

かつて内面の未熟な男性から暴力をうけたことがある女性です。
特に男性の方、教えてください。

かつての自分の経験から、「未熟な男性(OR人間性の悪い男性はもちろんですが)=暴力」という図式が体に染み付いていて、心の度量の偏いタイプの男性を見るとこの人も・・という疑心暗鬼が沸いてしまいます。
そこで質問なのですが、内面が未熟でも暴力に至らない男性は存在するでしょうか。いっらしゃるとすれば、同じように内面が未熟でも暴力に至る男性と至らない男性の違いはどこにあるでしょうか。
男性の皆様、どうぞ正直に教えてください。

Aベストアンサー

>内面が未熟でも暴力に至る男性と至らない男性の違いはどこにあるでしょうか。

外交的か内向的か、論理的思考と理性、倫理観、人生経験、ストレス経験などの差ではないかと考えます。

男性は本来女性に比べて数学的、論理的思考を得意とし、理屈や言語感覚でも女性を上回っていると感じるのですが、女性と比べると精神が不安定なので、女性の方が安定して能力を発揮できるようです。精神が安定しているという事は、それだけで非常に優位です(男性にも後天的に精神を安定させている人は程度の差こそあれ大勢います)。しかし、男性の方が社会的なストレス経験は多くなる傾向があるためか、ストレスに対する容量自体は女性の方が小さいように感じます(但し精神が安定しているときは、ストレスに対する防御能力が高いので問題になりません)。暴力に至るのはストレスの回避方法ですから、その方法を選択すれば、男性も女性も暴力を使います。男性は筋力的に優れている場合が多い為に暴力に走る事は容易に想像がつきますが、逆に、女性は暴力を振るっても相手に大きなダメージを与えられない為に方法がエスカレート(武器を使う)しやすいですし、暴力ではダメージを与えられないが為に言葉や数による攻撃(偽の情報が飛び交う噂話など)に走りやすい傾向もあると感じます。
lamb2さんが、なぜ暴力を受けたのか、全くわからない(通り魔ですか?)ので、その方についてはわかりませんが、大した事でもないのに暴力を振るう人は内面が未熟だと思います。でも、内面が未熟であっても暴力は振るわない人の方が多いと思いますよ。


>男性の内面の未熟さと暴力性について(特に男性の方教えてください)

とありますが、内面の未熟さ加減は性差というよりも、人それぞれでしょう。

最後に、今回のご質問は反感を呼びやすい文法になっています。大体のご質問内容はわかるのですが、質問全体の文法的には
「男性が精神的に未熟で暴力的行動を行う事について、あなた方男性はいかな考えを持ってこのような行動をとるのか、正直にお答え頂きたい」
となるので、反感を抱かれるのは仕方ないです。まあ、lamb2さんの場合わざとやっておられるような気もしますけどね。軽い反感を抱かせた効果があったかなかったかわかりませんが、回答数が多く全体的に真剣な回答が集まっています。
なかなかの策士ですね(笑)

>内面が未熟でも暴力に至る男性と至らない男性の違いはどこにあるでしょうか。

外交的か内向的か、論理的思考と理性、倫理観、人生経験、ストレス経験などの差ではないかと考えます。

男性は本来女性に比べて数学的、論理的思考を得意とし、理屈や言語感覚でも女性を上回っていると感じるのですが、女性と比べると精神が不安定なので、女性の方が安定して能力を発揮できるようです。精神が安定しているという事は、それだけで非常に優位です(男性にも後天的に精神を安定させている人は程度の差こそあれ大勢...続きを読む

Q古典文学を勉強したいです。 わたしの恩師から、あなたは古典文学を学んだ方が良いでしょうと言われまし

古典文学を勉強したいです。

わたしの恩師から、あなたは古典文学を学んだ方が良いでしょうと言われました。
お恥ずかしい話ですが、今の時点で古典文学がなんなのかすらわかっておりません。
ど素人が古典文学の世界に入る一番はじめの一歩として何をしたら良いでしょうか?何から読んだら良いでしょうか?

Aベストアンサー

恩師の助言であろうが、自分の興味のわかない物を読むのは苦痛でしかない。

古典文学も範囲は、とても広く、竹取物語、王朝文学の源氏物語、歴史物語の栄花物語、大鏡、軍記物語の平家物語、太平記、歌物語の伊勢物語、大和物語、説話物語の今昔物語、宇治拾遺物語とある。
歌集である万葉集は4千5百首、古今集は1千百首、私が学んでいる新古今集は2千首も有り、死ぬまでに、学び続けて行ければと思う位に膨大なものがある。
お薦めしないのは源氏物語で、54帳も有り、部分部分を読む事があっても、全体は難しい。

人の営みは、昔も今も大した変わりがない。30年前は、誰もパソコンも携帯を持って居なかった位しか差がない。

先ずは、自分の興味が有るもの。短いもの。初心者用に編纂された物をお薦めする。

Q未熟者という言葉

友達が新入社員なので女性の先輩に「未熟者ではございますがこれからもご教授のほどよろしくお願いします。」と言った所、その先輩から「なめてんの?未熟者って言うのは偉い人が使う言葉なんだよ。ちゃんとマナーの本とか読んでんの?」って言われたらしいです。言葉遣い間違っていますか。

Aベストアンサー

いや、言い方は ちょっとキツイけど^^;
私は 先輩の言うとおりだと思います。

そもそも≪未熟≫とは
ある程度 その道の勉強(修練)はしているけれど
まだ十分な域には達していない。と言う意味で、
先輩の言う「偉い人」とまでは行かなくとも
せめて その会社の一通りを覚えて一人前になって
部下を持つくらいまでに 成長した者が
「先輩に」ではなく 取引先の人とかに使う言葉じゃないかな?

要するに 
とても才能のある人が 周囲から褒められた時などに
「いえいえ、まだまだ未熟者でございます」と
自分を謙遜して使う言葉だと思いますよ。

新入社員なんだから 未熟なのは当たり前なのよね?
それをわざわざ謙遜しているのって オカシイと思わない?

ちなみに・・・
謙遜とは
≪自分の能力・価値などを低く評価すること。控え目に振る舞うこと≫
どうでしょう?

Q才能の限界に近いという意味を、漢字3,4文字で,,,

わたし、このような文学系のところに投稿するのは始めてのことですので、
緊張するのですが、語学力のある方々にお力を借りたいと思い、投稿させて
いただきます。

お尋ねしたいことは以下、


『才能にMAXがあると仮に考えて、将来性伸びる残量』に相当するような
言葉とでも表現すればよろしいのでしょうか(説明力なくてすみません)

図にしますと、
0■■■■■■■■■□□□□才能MAX
       今の位置↑  ↑残り才能(?)

というような雰囲気で、「MAXに到達するまでの残り才能値」
とでもいうような意味を含む表現を、『漢字3、4文字程度』で
適当な表現がありましたらご教授いただければと思います。

つたない説明で申し訳ございませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 わかりやすさも加味すると「成長余地」あたりでしょうか。

 ところで、このご質問の背景に興味があります。よろしければ教えてください。

Q未熟堆肥はダメというけれど、畑で使う稲わらは・・・?

未熟堆肥を畑に使うとダメといいますよね。

でも、保温や泥はね防止に野菜の根元に敷く稲わらも時間とともに発酵するという意味では未熟堆肥だと思います。
こっちはいいのですか?

Aベストアンサー

堆肥と稲藁では用途が違いますよね。未完熟が駄目な理由は、土の中で
再び発酵が開始され、その時に生じる発酵熱で作物の根を痛めるからで
す。だからと言って使えない訳でもありません。未完熟堆肥を畑に入れ
て耕し、発酵が完了するまで作物を植えなければ使用は可能です。

稲藁は作物を寒さや乾燥から守るため、マルチングとして地表に置きま
すよね。土に触れていますが、土中で腐敗して発酵しないため作物の根
を痛める心配がありません。最終的には土に混ぜる事になりますが、地
表で腐敗が終わっていますから、土に混ぜても問題なく使えると言う事
です。

Q「以上以下」と「以外」の「以」の意味の違い

たとえば
「5以上」「5以下」の場合、5を含みますが
「5以外」の場合、5は含まれませんよね。

この場合、「以」の意味合いはどうなのでしょうか。
「外」に意味があるのでしょうか。

Aベストアンサー

> 「外」に意味があるのでしょうか。

そのとおりです。
「以」にはいくつかの意味がありますが、「以上・以下」の場合も「以外」の場合も「以」の字の用法は同じです。【より】【から】です。

「外」の字にもいくつかの意味がありますが、ここで用いられているのは、【ある範囲のそと】です。「5以外」と書いて、【5を含む範囲よりそと】【5を含む範囲からそと】ということです。5を含む範囲とは5自身しかありませんが、熟語になった結果として、5は含まれないことになります。

一方、「上」の字は【場所・地位・順序・時間・年齢・価値・等級などの高いこと・早いこと・前方にあるもの。また、そのもの。】として用いられています。「範囲」ではありません。「ある起点よりの方向」を示し、その限界はありませんから、範囲ではないのです。「5以上」と書いて、【5より上のもの】【5から上のもの】です。5を起点としてそれから上のものですから、5を含むことになります。
「下」についても同じです。

以上のような説明で、「以」の意味は同じであることが、お分かりいただけたでしょうか。

> 「外」に意味があるのでしょうか。

そのとおりです。
「以」にはいくつかの意味がありますが、「以上・以下」の場合も「以外」の場合も「以」の字の用法は同じです。【より】【から】です。

「外」の字にもいくつかの意味がありますが、ここで用いられているのは、【ある範囲のそと】です。「5以外」と書いて、【5を含む範囲よりそと】【5を含む範囲からそと】ということです。5を含む範囲とは5自身しかありませんが、熟語になった結果として、5は含まれないことになります。

一方、「上」の字は【場...続きを読む

Q未熟児の子猫について

先日、未熟児の子猫を拾い、色々質問させて頂いた者です。
その子猫が、死んでしまいました。
とてもとても悲しいです。

そこで、ふと、疑問に思いました。
子猫の未熟児は何故産まれるのだろう?
ちらっとどこかで見たのですが、野良の母猫は複数の雄猫と交尾をするから受胎する時期が違くて未熟児が産まれてしまう…などと何かに書かれていました。
それでは、ブリーダーさんがきっちりと色々な健康面や血統、その母猫の事などを考えた上で雄猫と交尾をさせてあげたりなどをすれば、未熟児は産まれる可能性は低くなるのでしょうか?(ブリーダーさんの事をよく知らないので色々間違ってたらすみません)
それとも、やっぱりそういう事は関係なく、未熟児というものは産まれてしまうものなのでしょうか??

私は、これ以上うちで引き取った子猫達の様な子を作りたくないです。
まずはその子達の母猫を、避妊手術させ、これ以上子猫を産まない様にさせたいと思ってます。

どうかご存知の方がいたら、回答お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは、前回のご質問で回答させていただいた者です。
入院したとお聞きし、気がかりでしたが、死んでしまったんですか…
主さまの悲しみ、いかばかりかと、胸が痛みます。

主さまがお調べになった通り、雌猫は複数の雄と同時期に交尾し、各々の子を妊娠します、交尾すればほぼ100%授精→妊娠するため、多胎であればあるほど未熟児が生まれる数や可能性、リスクも必然的に上昇します。虚弱な子から死んでゆく、自然淘汰。ペット、野性動物、そして人間も。
悲しく辛いことに、それが現実です。

ブリードされる猫、すなわち純血種ですと、その危険性は更にアップします。インブリードと申しまして、種の特性を高め保存するために、優秀な猫同士を近親交配させて人為的に造り出されたのが純血種であり、未熟児、先天性疾患、脆弱性は雑種に比べ格段に上昇します。本来でしたら遺伝子レベルの相性まで調べて交配させるべきものなんですが、なかなか現実はそうもいかないのと、種の特性…例えばスコティッシュ・フォールドなど、垂れ耳同士交配することで生まれた子も垂れ耳になる確率が高いのですが、純血種でも一、二を争う種特有の先天性疾患、脆弱性を有する子が生まれる確率が高く、それを承知で交配させる悪質なブリーダーも少なくありません。
本当に、人間のエゴです。

野良ちゃんにしても、捕獲して避妊去勢が望ましいのですが、捕獲のためには餌が必要で、「野良猫に無責任に餌をやっている」と思われ、トラブルになるケースも多く、これもまた非常に難しい問題です。

医者の友人が以前言ってました。「赤ちゃんが健康に生まれるのは普通ではない、奇蹟なんだよ」と。

主さまは、本当にお優しい方ですね。
こんなに懸命に猫ちゃんのことを考え、行動し、またこうしてご質問なされた。
亡くなった猫ちゃん、幸せだったと思いますよ。主さまに救われ、こんなに愛されて。わずか一週間でも、生まれてきた意味があったはずです。

主さまは、馬頭観音をご存じですか?
全ての動物を救済してくださる観音さまです。
召された動物たちは馬頭観音がすぐ転生させてくださるけれど、飼い主さまの悲しみが続くと、なかなか転生できないそうです。

主さま、今日だけは猫ちゃんのために思いきり泣いてあげてください。
そして明日からは、悲しみと共に猫ちゃんを供養する気持ちを少しずつ増やしていきましょう、ね。
「生まれてきてくれてありがとう。私の元にきてくれてありがとう。愛してるよ、いつまでも」と。
それこそが、亡くなった猫ちゃんの最大の幸せかもしれません。

悲しみが昇華し、祈り愛するお気持ち、全ての猫を思う優しさが主さまの糧となる。
笑顔が戻り、いつかまた運命の子猫ちゃんと出逢うかもしれない、そしてその子は亡くなった猫ちゃんの生まれ変わりかもしれません。

貴女の苦しみ、経験が全て貴女の血肉となり、人として成長されますように。

猫ちゃんのご冥福を、心より祈っております。

こんにちは、前回のご質問で回答させていただいた者です。
入院したとお聞きし、気がかりでしたが、死んでしまったんですか…
主さまの悲しみ、いかばかりかと、胸が痛みます。

主さまがお調べになった通り、雌猫は複数の雄と同時期に交尾し、各々の子を妊娠します、交尾すればほぼ100%授精→妊娠するため、多胎であればあるほど未熟児が生まれる数や可能性、リスクも必然的に上昇します。虚弱な子から死んでゆく、自然淘汰。ペット、野性動物、そして人間も。
悲しく辛いことに、それが現実です。

ブリー...続きを読む

Q羅生門のにきびときりぎりすについて

羅生門のにきびときりぎりすについてそれらが文章中にどんな効果を与えるのかを調べることになり、
一応答えは出たのですが、様々な意見を聞きたいと思ったので、ご存じでしたら教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

まず、きりぎりすについてです。
一つ目は、季節(晩秋)をあらわすため。
二つ目は、門の荒廃感、しずけさなどを示すため。
3つ目は、話にリアリティを出すためです。
 →細かいことを書けば書くほど、その話に現実感が
  でてくるってことです♪
ちなみに、ここのきりぎりすは古語なので実はこおろぎのことです。何できりぎりすと書いたかと言うと、文中に古語が多用されてるのでここでも使用した、芥川の衒学趣味のあらわれ、って感じです。

次ににきびは、下人の年齢、すなわち10代後半くらい、を示すため、下人の精悍な感じを出すため、あと、上にも書いたとおり、話に現実感を出すためです!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報