ネットで本加賀友禅のきもの地を見ていますが、作家物(落款あり)でも、伝統工芸の証紙があるものとないものがあります。
違いは何でしょうか?詳しい方、教えてください。

A 回答 (2件)

落款は加賀染振興協会に登録されている作家のものという証明です。


つまり間違いなく本加賀友禅ですよという証明書。

伝統証紙は伝統的工芸品産業振興協会が発行する証紙で、伝統工芸品であることを証明するマークです。
伝統工芸氏として登録されている作家のものという事でしょう。
つまり工芸的価値が高いと認められてる作家のものという事ですね。

発行する団体が別なのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

発行団体が違うのですね。ありがとうございました。

お礼日時:2017/06/15 10:11

作家物でしたら、「伝統証紙」ではなく「証紙」のはずですが…



証紙は組合が発行しますので、その作家さんが、組合に所属していなければ証紙はありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

金色地に「伝」とその下に赤い日の丸がある証紙のことです。
組合に所属していない作家の場合はこのマークの証紙はつかないのですか?

知りませんでした。ありがとうございました。

お礼日時:2017/06/13 20:56

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング