ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

子供の頃に「朝は四足歩行、昼はニ足歩行、夜は三足歩行の動物はなんだ」というなぞなぞがあったのですが
答えは人間で朝を子供の頃 昼を大人の頃 夜を老人と例えているらしいのです
この朝昼夜を熟語で表すと
朝=子供=誕生、出生
夜=老人=死亡、退化(?)
になると思うですが、昼は何になると思いますか?

説明下手ですみません!!どうがよろしくお願いします!!

A 回答 (7件)

朝 = 赤ちゃん     = 誕生(生誕),出生,生育


昼 = 子供~大人(成人)= 成長,活動,活発,活躍
夜 = 老人       = 衰退,老化,死亡
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!

お礼日時:2017/07/11 15:41

>朝昼夜を熟語


などなどに合わせて表現すると・・・ですね。
言い換えれば、朝、は何を、どんな状況の比喩なのか、それを比喩でなくそのまま熟語で表現すれば?。
朝=乳幼児期
昼=少年期~壮年期(成長期)
夜=老年期
※誕生、出生はまだ四足ではありません
同様、死亡はすでに足はありません
朝=朝に相当する期間、昼、夜も同じ。
誕生・・・死亡、退化・・・・、は必ずしも期間を表現する熟語ではありません。
国語の理解力の問題です。
    • good
    • 0

子供というより二足歩行できないのでハイハイする赤ん坊ですよね?


よって、「未熟」ということです

同様に老人は杖を就くのでこれも二足歩行から後退しているので
「衰弱」

その間の大人の時期は「成体」ですかね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あーなるほど。
たしかに四足歩行しかできない=赤ん坊=未熟ですね( ⁰▱⁰ )
回答ありがとうございます!

お礼日時:2017/07/11 15:43

這い這い、二足歩行、杖をつく、の順ですね。

最後の死は論外。

世話にならずに歩行ですから、独り立ち。自助自立。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

死亡はちょっと言葉が強かったですね…
ご指摘、回答ありがとうございます!

お礼日時:2017/07/11 15:44

成人とかー・・

    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!

お礼日時:2017/07/11 15:44

「活動」や「躍動」は?

    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!

お礼日時:2017/07/11 15:44

大人=自立?かと思いました(汗)


どうなんですかね?わかりません(汗)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!

お礼日時:2017/07/11 15:44

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q次の問題の回答は「3」ですが、どうしてその回答が導き出されるのでしょうか。

問題の出典は、「1日10分で脳が若返り! ボケない人になるドリル」(児玉光雄・著)です。

Aベストアンサー

#7です。

>しかし、「これを・・・に基づいて積み重ねる。その後、・・・」がすんなりとは理解できません。
別の説明をするとしたらどうなるでしょうか。

たしかに、蛇足でしたね。
ピラミッドの形にこだわりすぎました。
法則としては、

「一段跳びの垂直線上には同じ数字が来る」

だけで十分と思いなおしました。

Qなんて不謹慎な字なんだ... こないだ、ひどい漢字を見つけました。 その漢字は、車へんに楽しいと書い

なんて不謹慎な字なんだ...
こないだ、ひどい漢字を見つけました。
その漢字は、車へんに楽しいと書いて、「轢」...
車で人を轢くのが楽しい、みたいな感じで嫌ですね。
なんであんな漢字になっちゃったんですか?
あの漢字の由来を知っている人がいたら教えてください!

Aベストアンサー

せっかく、「象形」などという言葉が出てきましたから、今後も勉強を続ける人は、ついでに漢字の「六書(りくしょ)」を覚えておきましょう。
1.「象形(しょうけい)」文字=物の形から出来た(例 日・月・木)。
2.「指示(しじ)」文字=絵では描けない事柄を抽象的な約束や印で表した字(例 一、二、三・上、下)。
3.「会意(かいい)文字=象形や指事文字を組み合わせた文字(例 森・信)。
4.「形声(けいせい)」文字=意味を表す部分「意符」(偏や旁)と発音を表す部分「音符」(声符)とを合わせた文字。(例 轢・江・紅)。
 上の四つは漢字の成り立ちをいったもの。残り二つは漢字の特別な使用法を言ったもの。
5.「転注(てんちゅう)」文字=すでにある漢字を別の意味に流用する。(例 令<命令>→長 実は諸説あり詳細不明)
6.「仮借(かしゃ)」文字=漢字の音をりようして、意味と関係の無い字を表す。(例 亜米利加、日本の仮名の多くもそのうちに入る)

Q関西弁について 「There is a dog」の状況を、関西では「犬がおる」と言うそうですが、丁寧

関西弁について
「There is a dog」の状況を、関西では「犬がおる」と言うそうですが、丁寧語では何と言うのでしょうか。例えば、先生に対して「先生、犬が…」その後は何て言うのでしょうか。
「います」?「おります」?「おます」?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

犬に対して丁寧語を使う必要はないので、先生に対して丁寧に言うなら「犬がいます(おります)」でしょうか。

関西風にいうなら「犬がおるんですわ~」

Q「のぼり」と「くだり」

日本語を勉強中の中国人です。交通状況を知らせるラジオ番組に言う「のぼりは…くだりは…」の「のぼり」と「くだり」は前者が都心に近づいてくる線路であるのに対して、後者は都心から離れていく線路のことを言っているのでしょうか。

また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

鉄道の場合は東京駅が起点なので「東京駅(方向)」に向かうものを上り、「東京駅」から離れていくものを下りと言います。
東京駅を通らない場合、例えば小田急線なら「新宿方向」へ行くものが上りです。

道路の場合は「日本橋」が起点となりますので、日本橋方向へ向かうものを上りと言います。



でも色々と例外もあります。
京浜東北線のように東京駅を通過してしまうものや山手線のように環状のものもあります。
そのような時は「北行き、南行き」とか「内回り、外回り」と言ったりします。
地下鉄では「A線、B線」と言っているようです。

道路も同様で、首都高湾岸線は「西行き、東行き」と言います。

QT字路は、丁字路として誤用されがちのようですが、本来の使い方は何でしょうか?

T字路は、丁字路として誤用されがちのようですが、本来の使い方は何でしょうか?

Aベストアンサー

「誤用がそのまま許容されている」と判断するのが妥当なように思います。
つまり、「本来の使い方」というものは存在しないのではないか、と。
「丁」にしても角度を変えればY字路を表現することは可能でしょうし、どうしても「T字路」という語彙が必要とも思われません。
ただ、「T」の形そのままの箇所は多いわけで、その場合には「T字路」と呼ぶほうがむしろ便利であり、それは間違いだと目くじらを立てるほどのことではない、といったことじゃないでしょうか。

ただ、ウィキによると、
法律ではなく命令であれば、省令の 「道路標識、区画線及び道路標示に関する命令」の別表において「T形道路交差点」という用語が用いられている例がある。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%81%E5%AD%97%E8%B7%AF
とのこと。

Qベビーメタルを日本語に変換お願いです。

ベビーメタルを日本語に変換お願いです。

Aベストアンサー

あなたは音楽に関する質問が多い気がしますので、ベビーメタルではなく、ヘビーメタルの事ではないですか?
ロックの仲間でハードなもので、日本語では表せません。ジャズ、リズム&ブルースなど日本語では表せない音楽の名称です。

Q「ぎょうにんべん」について

「行」の部首は、「彳(ぎょうにんべん)」では無く、「行(ぎょうがまえ、ゆきがまえ)」であることが、このサイトの過去問にありました。
 漢字の部首は、その元となった字で表されることがしばしばあり、「氵(さんずい)」は「水」、「忄(りっしんべん)」は「心」、「犭(けものへん)」は「犬」という具合です。
(例:「池」の部首は「水」と表記されている書物が多くあります)
この考え方から行くと、「彳(ぎょうにんべん)」は「行」の字が元になったと思いましたが、「彳(ぎょうにんべん)」と「行(ぎょうがまえ、ゆきがまえ)」は別の部首という扱いを受けていて、「役」「後」「待」などの部首は「ぎょうにんべん」、「行」の他「術」「街」などは「ぎょうがまえ」になっています。
 ということは、「ぎょうにんべん」と「ぎょうがまえ」の間には、直接関係が無く、別々の部首だということでしょうか。

Aベストアンサー

「行人偏(ぎょうにんべん)」と「行構え(ぎょうがまえ)」とは別扱いです。しかし、「行人偏」は「行」の字由来ということで間違いありません。しかし、「行」の字そのものは「行構え」の最初に配置されています(「漢字源」による)。過去の辞書でも取り扱いに困ったことでしょう。

Q・どうして漢字には角ばった字が多いのか?

つまらない質問です。私たちが毎日使っている漢字。元は象形文字だというのがみんな知ってますよね。しかし、殆どが角ばっています。
例えば「日」という字。これは 太陽の形を象ったものですが、もとの象形文字では 丸かったはずなのに、四角い字です。
そこで質問ですが、どうして 漢字には丸みを帯びた字が少ないのでしょうか?

Aベストアンサー

紙と筆が発明される以前から文字は存在したことがヒントだと思います。つまり骨や金属に刻みつけるには直線が曲線よりも有利だったはずです。紙発明後は文字も次第に流れるような曲線が見られるようになりました。

Q「建立」は何故「けんりつ」と読まず、「こんりゅう」と読むんですか?!

「建立」は何故「けんりつ」と読まず、「こんりゅう」と読むんですか?!

Aベストアンサー

[日本国語大辞典]より
こん‐りゅう[‥リフ] 【建立】 〔名〕
(「こん」は「建」の呉音、「りゅう」は「立」の正音)
(1)宗派を新たに開くこと。また、寺院やその建物を新たに作ること。けんりつ。
*浮世草子・日本永代蔵〔1688〕一・一「都よりあまたの番匠をまねきて宝塔を建立(コンリウ)、有難き御利生なり」
(2)((1)から転じて)(1)のため寄進を募ること。勧進。また、寄進すること。
(3)うちたてること。建物のような具体的なものから、事業のような形のないものや心の中の観念のようなものまでいう。
*天草本伊曾保物語〔1593〕エジツトより不審の条々「サテ カウロウノ サクシャワ ナントト トワセラルレバ〈略〉イヅレノ トコロニ conriu (コンリャウ) ツカマツラウゾト ソウスレバ」


けん‐りつ 【建立】 〔名〕
建て設けること。築き設けること。
*基督信徒の慰〔1893〕〈内村鑑三〉四「仁を施し民を撫育し、真正の地上の王国を建立(ケンリツ)せんと」

この辞書の用例はたくさんありますが、読み方をはっきりさせたものだけを挙げました。

「建立(こんりゅう)」は仏教から始まったのですが、そのまま現代でも使い続けられています。わざわざ「けんりつ」と言い換えたのは、多分上記の内村鑑三が、(キリスト教徒だったので)最初かも知れません。

[日本国語大辞典]より
こん‐りゅう[‥リフ] 【建立】 〔名〕
(「こん」は「建」の呉音、「りゅう」は「立」の正音)
(1)宗派を新たに開くこと。また、寺院やその建物を新たに作ること。けんりつ。
*浮世草子・日本永代蔵〔1688〕一・一「都よりあまたの番匠をまねきて宝塔を建立(コンリウ)、有難き御利生なり」
(2)((1)から転じて)(1)のため寄進を募ること。勧進。また、寄進すること。
(3)うちたてること。建物のような具体的なものから、事業のような形のないものや心の中の観念のようなものまでい...続きを読む

Q東風吹かば 匂いおこせよ 梅の花 で、なぜ、”匂い”を使い、”香り”を使わなかったのですか?

東風吹かば
匂いおこせよ
梅の花
主なしとて
春な忘れそ

この歌で、なぜ、”匂い”を使い、”香り”を使わなかったのですか?
”香り”は、良い”匂い”のことですね。

Aベストアンサー

ご存じの通り、この梅は京都の道真邸の梅の木です。太宰府に流されている道真にとっては、都の華やかな生活の、懐かしい象徴ですが、それらは過去のもの、いわば観念的幻想的で、手の届かない儚い存在とも言えます。けれどもそれ故一層深く人の心を突き動かすものです。
「香り」は嗅覚に直接訴えるのみですが、「におい」は、視覚的な華やぎをも含むだけではなく、春の訪れを全身で表現している生命の力感を表す全感覚的な言葉でもあります。

やむを得ずふるさとを離れなければならない人々の望郷の思い、回帰の願い、それらを表現する言葉は「におい」なのでしょう。

鮭ではありませんが、故郷は「かおり」ではなく「におい」で感じるものではないでしょうか?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報