【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

人間は賢いけれど体は貧弱、マンボウは体は弱いけど子供をたくさん産む。
このように生物は弱点を持っています。

なぜ生物はもっと完璧な存在に向かって進化していかないのでしょうか?

人間の知能、ゴリラの腕力、チーターのスピード、ラクダのスタミナ、鳥の翼を持ち、エラ呼吸もできる。
弱者が淘汰されるのであれば、そんな究極の生物に向かって進化していくのが必然のように思えます。
しかし実際にはそんな風に進化はせず、まるで生態系を維持するために意図的に弱点を残しているかのように思えてしまいます。


特にマンボウやイワシなど生命力が弱い種は、その分子供を多く生みますが、
強い個体が生き残るはずなので、すぐに生命力が強い種に変化していきそうに思えるのですが。

質問者からの補足コメント

  • いろいろな回答ありがとうございます。

    「イワシやマンボウがなぜ強くならないのか」という点に回答してくれる方はいないでしょうか?

      補足日時:2017/08/02 23:01

A 回答 (21件中1~10件)

なぜ生物はもっと完璧な存在に向かって


進化していかないのでしょうか?
  ↑
生物が生き残るためには、環境に適合する
ことが必要です。
環境にうまく適合出来た生物が生き残れる
わけです。

その環境が場所や時代によって異なるからです。

例えば寒冷地なら、寒冷地に適した進化を遂げた
生物が生き残れます。

熱帯地なら、熱帯地に適した進化を遂げた生物が
生き残れます。

当然、寒冷地に生き残った生物と熱帯地に生き残った
生物とは異なります。





まるで生態系を維持するために意図的に弱点を残
しているかのように思えてしまいます。
  ↑
寒冷地で生き残れる生物は、熱帯地で生き残れません。
寒冷地での長所が、熱帯地では短所になるからです。



特にマンボウやイワシなど生命力が弱い種は、その分子供を多く生みますが、
強い個体が生き残るはずなので、すぐに生命力が強い種に変化
していきそうに思えるのですが。
  ↑
生き残るには、生命力を強くするか、弱いままで
沢山子を産むか、という二つの道があります。

生命力を強くした種よりも、弱いままで沢山子を産む
方が生き残った訳です。

その環境下では、強くなるよりも、沢山子を産む
方が有利だったのでしょう。

どうして有利だったのか。
この点は定かではありませんが、より強い外敵が
存在したのかもしれません。

どうあがいても、その外敵よりは強くなれない。
なら、弱いままで子を沢山産めばよいだろう。
    • good
    • 2

種として繁殖力はとてつもない強さなのにそれを認めず、質問者さまが個の強さに固執しているだけ。


多様な強さを認めないことと、自分の思う強さのメリットだけにとらわれてそのデメリットを考えていない。
また、すでに進化が成熟段階にあると思っているのも間違いです。
進化の余地はまだまだあり、進化するための確率を引き当てるにはあまりに時間が短い。
    • good
    • 1

生物ってもしかして、半分は優しさで出来てるんじゃないですか?

    • good
    • 0

遺伝子が似た動物をかけあわせてハイブリッドにする(なる)ことがありますが、時には生殖能力がなかったり、生命力が低かったりしますね。


親が馬とロバのラバとか、片親がライオンのレオポンとかがそうです。
どうも「これ以上人為的な事をするな」といった禁忌があるかのように。

同じ動物同士でも、例えばネコのブリーディングでより可愛くする為の繁殖が行われていますね。愛玩犬もそうですが。
中には関節に先天的な病気を持つスコティッシュフォールドと足の短いマンチカンの配合でスコマンチという新種を作ったりしますが、やはり先天的な病気は遺伝しやすいのです。

より強い動物は人の力からは作り出しにくいし、いわゆる神の領域を侵すことになろうかと思います。
    • good
    • 0

足るを知る。


人間の欲望は限りがないだけ、足るを知ることができない。
無限って言葉、つい使いますが、よくよく考えれば、無限=無(ゼロ)、少なくとも現象、観察する立場から見る限り。
    • good
    • 1

進化は目的をもって行われているのではないだけだと思います。

たまたまいろいろと進化というより変化していって、それが生き残っただけだと思います。
しかも前回言ったように世代をまたいで引き継がれることは滅多に起こらない。
人間なんて意思を持てるのにあなたが言っているように進化していないですよね。その一番の例が史上最強ではないあなたです。
    • good
    • 0

再追記だよ。


弱いものが存在するから強いものが生きて行ける。
自然界には「天敵」と言う生き物もいるが、「天敵しかいない」と言うことになったらどうなるかな?。
お前さんの頭では「生態系」は理解できないんだよ。
後、「進化」とは何なのか。
進化は「退化」でもあるからね。
    • good
    • 0

追記。


イワシやマンボウが強くなったらどうなるのか。
生態系が狂うだろうね。
生態系にとって「完璧な生き物」は邪魔な存在なのかも。
多様な種が存在するから自然界が成り立っている。
参考までに。
634メートルの高さを誇る東京スカイツリーだって、地中には巨大な基礎があるから立っていられるんだよ。
まあ、お前さんには理解できないだろうがね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

生態系については私も触れています。質問の全体を読んで頂けていないようで残念です。

生態系を維持するために意図的に弱点を維持しているように見えることが私の疑問点なわけです。

お礼日時:2017/08/03 00:14

質問者の疑問は共感できる面もありますが、肝心なところが・・・


弱肉強食の世界で生き残るために
強者と弱者はバランスを取っています。草食動物が増えると植物が
少なくなり餓えが発生し減少します。草食動物が少なくなると肉食
動物が餓え減少します。肉食動物が減ると草食動物が徐々に増えます。
・・・と、食物連鎖でバランスが取れるのです。
恐竜の絶滅原因は隕石落下、火山爆発、氷河期とかいわれていますが、
生存環境でバランスが崩れ、大型獣は絶滅の危機を迎えます。
完璧な進化というのは何でしょう。
人間は知能を持った瞬間から、バカだから進化せず、戦争で殺し合い
淘汰してます。活かすための科学も殺生兵器に変えます。
進化は生き残る為です。 最強の存在になるための進化はまだ誰も存在
していないです。
あえて言えば、現時点での最強生物は不老不死といわれる「クマムシ」
とか「不老不死のクラゲ」とかではないでしょうか?
    • good
    • 4

そもそも、「完璧な生き物」ってどんな生き物?。


何事においても、「長所が長所であり続ける」と言うことはなく、状況次第では「長所が短所になる」、あるいは、「短所が長所になる」と言うことも考える必要がある。
なので、「完璧」と言う言葉自体にもあまり意味がない。
「生きている化石」と言われるシーラカンス。
シーラカンスは数億年前の姿を今も保っているという。
となると・・・・。
「進化しないほうが良い」と言うことも言えなくはないかな?。
「進化は退化だ」と言う人もいるがね。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q物理と数学の違いについて 続きです。 例えば長方形の一辺がx「cm」もう一方がy「cm」 y「cm」

物理と数学の違いについて
続きです。
例えば長方形の一辺がx「cm」もう一方がy「cm」
y「cm」=x^2「cm」
という関係をもつ2つの長さを求める問題は存在します。
しかしこの式は物理ではあり得ない式となるらしいです。
物理では両辺の単位が揃っていないといけないので左辺の単位は「cm」右辺の単位は「cm^2」だからです。
ただこのような関係をもつ長方形の集合は現実に存在します。
しかし物理としては❌です。
つまり自然から導き出した等式を見つけるのが物理で、その単位は必ず一致している。
人為的に等式を作り出すのが数学で、その単位が一致しているとは限らない。
という理解でいいですかね?

Aベストアンサー

最初に教えた人は「単位をそろえて一致させます」、実際の言葉はともかく内容はこうだったはずです。
国語の理解能力が十分でない質問者にとっては「そろえる」「一致させる」の区別があいまいなままでした。
板書で例を示すと、1mと50cmをつなぐと?、1m+50cm=150m(cm)?、このままでは数値のみの計算できません、そこで単位をそろえます①100cm+50cm=150cm。
単位がすべて一致、左辺右辺の単位も一致しています。
これをどう理解記憶するかが問題です。
国語の理解能力なし、結果だけほしがる、コピペ頭、が三重奏を奏でると。
「そろえる」「一致させる」の区別があいまいのため、似たようなもの、または同じと思い込む
①の板書は、そろえる、の内容ではなく、そろえた結果、です、結果だけ欲しがり、なぜ?は考えません。
結果の見てくれだけを、そのままコピペ、記憶の際、国語の理解能力欠如のため「そろえる」「一致」が同じと思い込み、見た眼だけで簡単にわかる「一致」だけで記憶した。
これがすべてです。
物理では次元の異なる単位の数値を掛け算、割り算します、答えも全く異なる次元の異なる単位になります。
単位が一致しません、そこで慌てて、自分の間違った概念に無理やりくっつけたのが、法則や比例・・・そのたの言葉です。
長さ×長さ=面積、m×m=m²、右辺と左辺単位が異なります、でもこれ物理の計算というより、算数レベルの計算ですね、そんなことには目をつぶっています。
小中学生対象の学力テストの結果、国語の読解力が諸外国に比べ相当劣っているらしい、質問者は明らかにその元凶のうちの一人と思います。
ハイ、お粗末。

最初に教えた人は「単位をそろえて一致させます」、実際の言葉はともかく内容はこうだったはずです。
国語の理解能力が十分でない質問者にとっては「そろえる」「一致させる」の区別があいまいなままでした。
板書で例を示すと、1mと50cmをつなぐと?、1m+50cm=150m(cm)?、このままでは数値のみの計算できません、そこで単位をそろえます①100cm+50cm=150cm。
単位がすべて一致、左辺右辺の単位も一致しています。
これをどう理解記憶するかが問題です。
国語の理解能力な...続きを読む

Q恐竜は本当に存在していたのですか? 私は恐竜やUMAといったものが好きです。ですが、今確認されている

恐竜は本当に存在していたのですか?

私は恐竜やUMAといったものが好きです。ですが、今確認されている恐竜はどーやって姿を復元できたのでしょうか?化石を組み立てただけで復元できたというのは不思議に思えます。化石に残らないような部位があったりした時はどーやって復元したのか。すごく気になります。その他にも、恐竜はどーして絶滅してしまったのでしょうか?隕石の衝突または氷河期が関係しているのでしょうか?ちなみにUMAで存在が確認されているものはいますか?

Aベストアンサー

恐竜が繁栄していた白亜紀やジュラ紀の地層の植物や土質などから気候の様子が推測されます。それと同じような気候や環境に棲む爬虫類などから皮膚のイメージや擬態などを推測するのです。基本的に、現代の生物から考えて想像を膨らませます。また、化石から判る骨格からはそれを支える筋肉の質や量なども推測出来ますし、繁殖期の雌雄の体の模様や色に変化があったのかなど、今の生き物を見ながら想像しているとワクワクします。

恐竜の滅亡は巨大隕石の衝突によって水蒸気や灰による太陽光の遮断で草木が枯れ、また気温が下がったためとする説が有力です。

温室で飼っている動物でもヒーターが切れれば生命維持が出来ずに死んでしまいますよね。

Q未確認生物っているんでしょうか? イエティとかUMAとかでかいミルワームとかいるんですかね?

未確認生物っているんでしょうか?

イエティとかUMAとかでかいミルワームとかいるんですかね?

Aベストアンサー

ヤマタノオロチやネッシーみたいなのは流石にいないと思いますけど(いたらすでに見つかってると思うし、数が少なきゃかつていたとしても繁殖できないので絶滅してるさ)、深海魚とか微生物まで行けば未確認の不思議な生態なんてのはたくさんいると考えられてます。

Q日本がドイツより長く戦争を続けられた理由は何ですか?

第2次世界大戦で、日本はドイツが降伏した後もしばらく戦い続け、原爆を2発落とされてようやく降伏します。
日本、ドイツ、イタリアの3国のうち、日本がドイツよりも長く戦争を続けた・続けることが可能だった理由は何でしょうか?
ドイツは本土決戦を行い首都陥落まで徹底抗戦したのに、日本本土は空爆はあったものの戦場になっていませんでした。

Aベストアンサー

日本が島国だったこと、ドイツが陸続きの国であり、ソ連と戦闘があったことが戦争終結の時期に違いが出た原因です。

ドイツが戦った相手は当初はイギリス・フランスなどのヨーロッパ諸国とソ連、つまり陸続きの攻防戦です。ドイツは優秀な兵器をもち、特にアメリカに対してはUボートが活躍してアメリカからの物資援助もアメリカの軍艦も寄せ付けませんでした。

また、機甲師団も優秀でヨーロッパ戦線で瞬く間にフランスやソ連の一部を占領していったわけです。ですからいわゆる西部戦線は順調であったといえます。

しかし、ソ連と対決している東部戦線はソ連の全面的な対決姿勢により、不利な状況が続き、結果としてソ連の反撃とそれに呼応したアメリカのノルマンディー上陸作戦により、窮地に立たされます。

ソ連は対ドイツ戦に集中するため、日本とは日ソ中立条約で対抗しない姿勢でしたので、日本よりもドイツの降伏が早かったのはこれがもっとも大きな理由のひとつになるでしょう。

日本の場合、戦線としては二つありました。
・中国大陸から東南アジアに延びる植民地での陸軍の戦闘
・戦略的要所を抑えるための太平洋でのアメリカとの戦闘
です。

植民地に置いてある軍隊は本国に比べれば2流であり、日本陸軍の快進撃は「本国が近く補給などが受けやすいかどうか」で違いがでました。本国から遠い、各国の植民地の軍隊は日本軍に負け続け、本国からの補給も行き届いていなかったといえます。

アメリカはこれらにも援助していたわけですが、アジア大陸はアメリカ本土からも遠いこと、アジア大陸に行くには日本の哨戒網を突破することが必要だったために、アメリカと日本の戦いは主に太平洋での海洋戦になっていきます。

アメリカは「とにかく日本がもっている島々を攻略しないとダメだ」ということで、ミッドウエー海戦で有利になると日本の要衝である、パラオやガダルカナル島、グアム島やサイパン島などを攻略していきます。

アメリカが予想外だったのは、日本軍が全滅するまで戦いをやめなかったことでしょう。これにより日本本土攻撃がどんどん遅くなっていったわけです。

陸地の戦いは、一旦均衡が破れれば一気に本土に迫ることができます。ドイツは結局東部戦線も西部戦線も失い、両側から押しつぶされる形で敗戦に至ります。

その時、日本のほうは「まだ島嶼部を攻略中」であり、島嶼部はひとつづつつぶさないと、思わぬ反撃を受けることになります。ですからパラオなど南太平洋のアメリカ本土に近いところから丹念につぶして行って、サイパンを攻略したら本土爆撃をしつつ、沖縄・硫黄島そしてようやく日本本土に総攻撃ができるところまで行ったのが、ドイツ降伏の後だったわけです。

また、日本は最大兵力を動員できるソ連と中立状態でしたから、ソ連との戦いを考慮しないで戦争を進められました。ソ連はドイツ降伏後、アメリカの要請で対日戦線を開く予定でしたが、広いユーラシア大陸の西側から東側に兵員を移動するだけで半年かかり、それが結局日本の降伏を遅らせる原因にもなっていきます。

結局日本が最後まで本土決戦を避けられたのは「島国だったから」にほかなりません。島国の戦略の最大のものは「敵が本土に至る前に殲滅する」ということです。

ですから、日本は大戦前から太平洋上の各島嶼を戦略的拠点として整備し、アメリカはそれをひとつづつつぶさないと本土にたどり着けなかった、ということです。ただ、ソ連が最初から戦争に参加していれば、満州と朝鮮さらに日本海でも海戦が必要になり、日本海軍も二方面作戦を強いられて降伏の時期は早まったでしょう。

ということで、ドイツよりも長く戦争が出来たのは
・アメリカとの戦いは海戦が主体だったこと
・ソ連との開戦が終戦時までなかったこと
ということでしょう。

日本が島国だったこと、ドイツが陸続きの国であり、ソ連と戦闘があったことが戦争終結の時期に違いが出た原因です。

ドイツが戦った相手は当初はイギリス・フランスなどのヨーロッパ諸国とソ連、つまり陸続きの攻防戦です。ドイツは優秀な兵器をもち、特にアメリカに対してはUボートが活躍してアメリカからの物資援助もアメリカの軍艦も寄せ付けませんでした。

また、機甲師団も優秀でヨーロッパ戦線で瞬く間にフランスやソ連の一部を占領していったわけです。ですからいわゆる西部戦線は順調であったといえま...続きを読む

Q蝉(セミ)の子孫残しに何の意味があるんでしょう? 家の近くに1m^2四方だけ柔らかい花壇があって土が

蝉(セミ)の子孫残しに何の意味があるんでしょう?

家の近くに1m^2四方だけ柔らかい花壇があって土が見るからにフカフカしています。

で、そこに一本の木が生えていて、周りにはその木の1本しかないので、その1m^2の花壇の土に卵を産んで、その花壇から産まれてきたセミがそこにある1本の木に止まり、子作りして2週間くらいで死んで、またその木でセックスして産卵して死んでをその1m^2の花壇だけの世界で生態系が完成している。

井の中の蛙みたいなこの1m^2の世界しか知らないセミの子孫繁栄に何の意味があるのですか?

Aベストアンサー

人間に何の意味があるのでしょうか。

Q【科学者に聞きたい】なぜ太陽は青くないのか?

空が、大気のちりに反射して青いなら、太陽も青く見えないのはなぜでしょうか?
夕日は赤く、夕焼けも赤いように。

Aベストアンサー

科学者ではなく、私も受け売りで完全に理解できているか謎ですが
とりあえず解説を

まず前提として、太陽光には様々な色が含まれており
これが均一に混ざることで白色の光になる
これが基本ですね

そして、次の前提
空が青いのは、青い光が拡散して
その拡散した光が直進してくる太陽光とは別に
眼に入ってくるから、空は青く見える
質問者さんが言っていることですね

でも、拡散しているといっても
太陽光の中の青色がすべて拡散しているわけではないのです
日中は人の目にはいるまでの距離が短いため
青が完全に拡散する前に太陽光が眼に入る
なので、直進してくる太陽光はまだ白く見えるわけです

じゃあ、なぜ夕日は赤いのか
単純なことで、赤が一番まっすぐ遠くまで飛ぶんです
夕方になると日中と比べて、人の目に入るまでの距離が長くなります
そのため、青い光は遥か遠くで拡散しきってしまい
人の目に届く前に消えてしまいます

なので残った赤色が最後まで届くため夕日は赤色になるのです


文章の解説では限界があるため
かなり分かりにくいとは思うので
分からないところがあったら聞いてくださいw

科学者ではなく、私も受け売りで完全に理解できているか謎ですが
とりあえず解説を

まず前提として、太陽光には様々な色が含まれており
これが均一に混ざることで白色の光になる
これが基本ですね

そして、次の前提
空が青いのは、青い光が拡散して
その拡散した光が直進してくる太陽光とは別に
眼に入ってくるから、空は青く見える
質問者さんが言っていることですね

でも、拡散しているといっても
太陽光の中の青色がすべて拡散しているわけではないのです
日中は人の目にはいるまでの距離が短いため
青が完...続きを読む

Q江戸時代の農民は貧しかった?

昔から疑問でした。
学校では農民は苦しい生活とか習いましたが、感覚と一致しないです。

貧乏で生活するだけで必死なら文化なんて生まれないんじゃないですかね?

各地の郷土料理。祭りもあるし?
死ぬ前に一度は伊勢参り?
茶屋だってあるし?

巡業だってあったでしょう?

村の寄り合い?に遅れたら駆けつけ3杯?お酒のんでるじゃないですか?

江戸で白米ばっか食べてた町民よりはよっぽどいい食事をしてたのでは?

そこそこ普通に生活してたんじゃないですか?

Aベストアンサー

救いようがない程の貧乏村はゼロではなかったでしょうが平均的な言い方をすれば普通に生活をしていたというのが小生の考えです。
きっかけは小生の生まれたところ。村高250石、殿様への年貢が200石、免(年貢率)は何と8割。ですが酷税に泣かされたといった悲惨な伝説はありません。寺も神社もあるし酒も飲んでいました。伊勢参りの記録は確認していませんが四国遍路の記録はあります。

なぜ免が異常に高いか
村高は豊臣秀吉が各地の領主に命じて調べさせたのが最初。しかし領主が役人を派遣して調査したのはごく少ないようで一般的にはやり方を説明して各村々にやらせ報告書を提出させた。これを「差出検地」といいます。村高が決まると年貢が決まる。村人は年貢は少なくしたい。ならば貧乏村にしてしまえ、というわけで過少申告した村があった。でもすぐにばれる。ばれると正しい年貢に増量されますが村高は訂正されなかったので免だけが異常に高くなった。
その後領主が変わるなどして再検地があると村高は訂正されることもあったようです。しかし小生の故郷は江戸時代を通じて領主の交代はなかったので再検地もなかったようです。

小生が知る範囲で最も重税なのは備中羽山村。村高58.5石、年貢が93.8石、免は160.3%(万治3年、1660年)。年貢の量が村高の1.6倍。年貢の常識論では有り得ない値。
この村、2年後には村高は128石余に増えている。農民の負担が増えた、村は苦しんだなどと言った史家先生がいたのではないかと思うが年貢の量は94.1石とほぼ変化なし。免が73.5%と何とか常識的な値に下がっているのだ。
史家の多くは村高基準で年貢制度を語っているようですがまちがい。年貢の絶対量を基準にしないと農民の負担はわからない。余計なことですが史家は算数ができないのかと疑いたくなることがよくある。

領主に納めた年貢の量を村の人口で割って1人あたりの年貢の量を調べたことがある。備中の20数か村でやったのですがどこの村も3斗5升から4斗とほぼ一定になった。小生の故郷も 年貢200石÷人口500人=0.4石 となる。村高や免の値とはほぼ無関係にこうなる。ただし宿場町や漁村は例外。さらに5才程度以下の子供は人口として数えられていないことがあるので要注意。上の羽山村は人口のデータが見つからないので計算できず。
1人あたり食糧が米1石、年貢0.4石、衣料費など雑費が最低1石必要と考えれば2.5石程度が1年間生活するために最低限必要な経費ということになる。村の数字の記録がどうであろうと1人あたり2.5石(米換算で)の生産があったということになる。当然冬の生産も含まれる。村高は夏の生産だけしか考えていないのでこのことも注意が必要。
逆に言えば人口がわかれば村の生産量が推定できるということになる。

農民はアワやヒエばかり食べていたか
年貢は土地(一般に田、畑、屋敷)に対してかかります。何を栽培しようと、逆に何も作らなくても年貢の額は変わりません(変えた領主もいたようですが)。米を作ろうとヒエを作ろうと年貢は変わりませんから誰でも最も高価な米を作ろうとしたはず。何故アワやヒエだったか、その理由は気候風土の問題で米が作れなかったのです。
関東地方などでは丘陵が多く水が乏しかったため水田は少なく、多くが畑。少ない水で育つ作物でないとダメだったのです。しかし畑の年貢も米で納めるのが基本。僅かに取れた米は全部年貢に。それでも足りないと他所から買ってきて年貢に充てました。それを見た、恐らく西日本出身の人が「米が食えない貧乏村」と言ったのでしょう。

救いようがない程の貧乏村はゼロではなかったでしょうが平均的な言い方をすれば普通に生活をしていたというのが小生の考えです。
きっかけは小生の生まれたところ。村高250石、殿様への年貢が200石、免(年貢率)は何と8割。ですが酷税に泣かされたといった悲惨な伝説はありません。寺も神社もあるし酒も飲んでいました。伊勢参りの記録は確認していませんが四国遍路の記録はあります。

なぜ免が異常に高いか
村高は豊臣秀吉が各地の領主に命じて調べさせたのが最初。しかし領主が役人を派遣して調査したのはごく少...続きを読む

Qいつから、日本のメディアマスコミは、自分達の仕事を放棄する様な、「報道しない自由」、、、捏造と偏った

いつから、日本のメディアマスコミは、自分達の仕事を放棄する様な、「報道しない自由」、、、捏造と偏った報道している事を、隠す為か?屁の突っ張りにも成らない、屁理屈を言い始めたのは?

Aベストアンサー

新聞が多かれ少なかれ偏っているのは昔からですよ
偏っていることに民衆がきづいたのが最近だということ

アサヒなんて大本営発表に輪をかけた嘘情報で
国民を騙し続けたクソ新聞

ただ最近はどの新聞も「東スポ」「デイリー」化しています
東スポ:情報に基づかず嘘でもなんでも自分の思ったことを書く
デイリー:情報があっても好きなことだけ書く
(よくよく読まないと阪神が負けたことがわからないような書き方)

Q宇宙のごく初期、ビッグバンが先 /インフレーションが先、の真逆な説明がありますが、なぜ相違が発生ので

宇宙のごく初期の“ビッグバン”と“インフレーション”に関して、説明によっては、順序の違いがあります。

ビッグバンが先で、インフレーションが後
逆に、インフレーションが先で、ビッグバンが後

質問は、なぜ、このような相違が発生するのですか?

Aベストアンサー

雑誌「パリティ」の連載である「新・相対論の正しい間違え方」でビッグバンとインフレーションの関係が出てたんだけど, そこでも「ビッグバンとインフレーションの順番はバラバラ」と書かれてました. そこでは, 違いを生み出す要因として
そもそも「ビッグバン」というもののとらえ方が違っているのではないか
という指摘があったはずです. つまり, ビッグバンを
宇宙の始まりのイベント
とみなせばインフレーションはビッグバンの一部 (「ビッグバンというイベントの一部」としてのインフレーション) になりますし, もっとせまく
真空の潜熱が解放されたことによる高温・高圧の状態
のことだと思えばインフレーションの後に生じることになる... とか書いてあったような気がします.

Qブレーキが遅いと言われ歩行者のおっさんと口論の末に警察沙汰にされました

道路を横断してくるおっさんに気付きブレーキをかけましたが、ブレーキが遅くて相手をビックリさせてしまいました、こちらを睨むおっさんにたいして野球のセーフのジェスチャーと柔道の注意警告のジェスチャーをしたら、おっさんと口論の末におっさんが私がピカピカに磨いた車体の上に手をついて勝手に触ったのでそれを払いのけると暴力だといい警察沙汰にされました。

警察の説得で私は相手に表面上謝罪して大人な対応をしましたが到底納得が出来ません。
ブレーキが遅いとは人を乗せたりすると必ず言われますが、これはもう私の運動能力の限界でどうにもできません、遅い遅いと言われてもこれ以上反応を速度を上げる事は出来ず、言われなようにストレスを溜めながら努力している事をズバリ言われると非常に腹が立ちます。
運動部経験なしマイペースな私はワンテンポ動作が遅いらしいですが30歳を超えたいまから運動能力を取り戻すのは無理でしょう。一つ一つの動作を頭の中で言葉を使って考えながら運転しています、四輪車だから運転が出来ているんだと思います(運転できていないとかいう嫌味な回答は即刻ブロックします)、二輪の乗り物は考えながら運転していたら転倒してしまい、直観的な運転を身に付けないとのれませんが四輪車はコケないので身につかなかったのだと思います。

轢いても無いのに怒るおっさんどう思いますか?しかも人の車を勝手に触る
ブレーキが遅いと言われて毎回不快な思いをするので私はもう人を乗せない事に決めました、それでも断れず人を乗せる流れになった時はどうすればいいですか?ブレーキやその他の動作が遅い、道を間違える高速の出口を通り過ぎてイライラしている時に「まさかカーナビ使って道を間違えるとは・・・通り過ぎてしまうとは・・・・」などと人を馬鹿にしたような発言をされると非常に腹立たしく思います、そんなときでも俺が悪くて同乗者にも迷惑をかけたと思わないといけないんですか?

道路を横断してくるおっさんに気付きブレーキをかけましたが、ブレーキが遅くて相手をビックリさせてしまいました、こちらを睨むおっさんにたいして野球のセーフのジェスチャーと柔道の注意警告のジェスチャーをしたら、おっさんと口論の末におっさんが私がピカピカに磨いた車体の上に手をついて勝手に触ったのでそれを払いのけると暴力だといい警察沙汰にされました。

警察の説得で私は相手に表面上謝罪して大人な対応をしましたが到底納得が出来ません。
ブレーキが遅いとは人を乗せたりすると必ず言われま...続きを読む

Aベストアンサー

>私はもう人を乗せない事に決めました、それでも断れず人を乗せる流れになった時はどうすればいいですか?

いろいろ書いてありますが、ご質問の主文はここですね。

そもそも人を乗せる流れになりようがない状態を作ればいいでしょう。
具体的には、免許証を返納すればいいです。
そうすれば、前半に書かれているような状況でおっさんと揉めることもなくなりますので一石二鳥です。


人気Q&Aランキング