人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

下記HPの「Launch JANIS 4.0」にアクセスし、
Database JENDL-4.0→Fission field data→92 Uranium→U235→Fission→data→Parent comulative fission yield→Thermal(0.0253eV)→Neutron number distoribution
の順番に選択して、□Tにチェックを入れますとデータが表示します。

このデータについて以下を教えてください。
①1列目のNは、中性子の数を表してますが、即発中性子の数なのでしょうか?
②例えば、N=50のとき、21.3146%ですが、これは何を意味するのでしょうか?


https://www.oecd-nea.org/janis/

A 回答 (1件)

ルートがうまくたどれませんでしたが、下記でよいのですか?



Database:NEA → Incident Neutron Data → JENDL-4.0→ JENDL-4.0 →Fission field data

ここで出てくる画像上で
U235
を選択

ここに表示されるウィンドウで
→ Fission data → Parent cumulative fission yield → Thermal(0.0253eV) → Neutron number distribution

ここの □T にチェックを入れてデータが表示(□T はTable の意味かな?)

ここで表示される表では
 N: 1~6 までが単独の中性子
 N: 36~ は核分裂生成核種の中の中性子数
でしょう。

なお、そもそものデータの定義がどこかに載っていると思いますので、それを確認してデータを使うのが原則でしょう。
もともとが日本のデータのようです。
http://wwwndc.jaea.go.jp/jendl/j40/j40.html#Repo …

「Parent cumulative fission yield」は「親核種の累積核分裂収率」なので、おそらく核分裂後の崩壊まで含めた収率かと思います。その意味で「遅発中性子も含む」ということでしょう。
直接の核分裂収率(即発中性子に相当)のデータは、その下の「Parent independent fission yield」に載っているのではないかと思います。

>②例えば、N=50のとき、21.3146%ですが、これは何を意味するのでしょうか?

文字通り、中性子数が 50個の核種の生成確率だと思います。元素が何であるかは、ペアとなる陽子数に依存します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難う御座います。

>文字通り、中性子数が 50個の核種の生成確率だと思います。元素が何であるかは、ペアとなる陽子数に依存します。

そうですか。
その通りですね。答えを聞くと「なぜ、そんな当たり前のことが解らなかったのだろうか?」とも思います。
(50個の即中性子がバラバラに飛んでいる(間違った)映像が、頭の中にありました。)
中性子数毎の核種の生成確率って聞いたことがなかったのですが、あるのですね。
考えるとあっても当然で、全く不思議ではないですね。今回、初めて知りましたが、、、

>ここで表示される表では
> N: 1~6 までが単独の中性子
> N: 36~ は核分裂生成核種の中の中性子数
>でしょう。

よく解りました。


>ルートがうまくたどれませんでしたが、下記でよいのですか?

すいませんでした。誤記がありました。

有難う御座いました。

お礼日時:2017/08/26 14:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q核分裂について質問です。

核分裂について質問です。

物理に疎い社会人です。

そもそもの話、どうして、この世で一番小さい物質である原子核から都市を一瞬にして更地に帰すことが出来る程のパワーを放つことが出来るのか、チンプンカンプンです。

原子核や中性子、臨界などの核分裂に必要な物質とその過程を5円玉大の小石に例えて分かりやすく説明していただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

我々の体や物質はどんどん細かくしていくと、素粒子になります。

物質は原子から出来ていますが、順番に細かくしていくと

・原子は電子と、原子核からなります。
・原子核は、中性子と陽子
・陽子も、中性子も、3つのクオークから出来ています。

すると、素粒子レベルで物質は、

・ 3つのクオーク
・ 電子

に、光子とグルーオンという力を伝える素粒子から出来ています。

ところが、このすべての素粒子の質量をあつめても、物質の質量の1%程度しかありません。我々の質量のほぼすべては、
実は、グルーオンを通じた強い力によって核子にとじこめられた結合エネルギーから来ています。

アインシュタインの有名な式

E=mc^2

つまり、エネルギーが閉じ込められると質量になる。質量とはエネルギーの一つの形態だということです。

原子力発電などで使われる核分裂も、太陽が光るもとである核融合も、原子核の組み合わせが変わる反応です。核子を構成する要素がバラバラにいたときと質量合計と、核子になったときの
質量差を質量欠損と言いますが、原子核反応前後でその質量欠損の値に差があるため、それが熱となって、外部に出てくるというわけです。

>原子核や中性子、臨界などの核分裂に必要な物質とその過程を5円玉大の小石に例えて分かりやすく説明していただけるとありがたいです。

これは、いくらでも説明がネットにあるので、調べてみてください。核分裂も核融合もたくさん種類があるので、疑問なら具体的な物質をあげて
再度質問してみてください。

なぜかというと、必要な物質と過程をいくら追っても、なぜ小さい物質から莫大なエネルギーが取り出されるかはわからないからです。質量が消えて、それがエネルギーになる。アインシュタインの式をみれば、光速の2乗がかかっているので、わずかな質量がなくなるだけで、莫大なエネルギーが生まれることが、感覚的にわかるかと思います。

我々の体や物質はどんどん細かくしていくと、素粒子になります。

物質は原子から出来ていますが、順番に細かくしていくと

・原子は電子と、原子核からなります。
・原子核は、中性子と陽子
・陽子も、中性子も、3つのクオークから出来ています。

すると、素粒子レベルで物質は、

・ 3つのクオーク
・ 電子

に、光子とグルーオンという力を伝える素粒子から出来ています。

ところが、このすべての素粒子の質量をあつめても、物質の質量の1%程度しかありません。我々の質量のほぼすべては、
実は、グル...続きを読む

Qブラックホールの説明で情報は失われるという話が出ますが、そもそも通常の化学反応で情報は残る?

良くブラックホールの説明でブラックホールに飲み込まれると情報は失われるという話がありますが、化学反応で失われることはないみたいな説明がされます。例えば※1みたいな説明です。
例えば、目の前にある雑誌を10分前に燃やした場合、どのようにすればその雑誌を読むことができるのでしょうか?
仮に周囲の熱運動を全て測定しても、不確定性原理により情報は確率の彼方へと追いやられる(?)のではないでしょうか?素人考えですが、例えば、雑誌を燃やす時に、炭素が周囲の酸素と結合して、電磁波を出した場合、その電磁波を受けた周囲の原子は電磁波を出すでしょうが、その方向はランダムであり正確に測定できたとしても、どの方向から電磁波を受け取ったかは分からないのではないかと思うのです。


※1
http://gigazine.net/news/20170828-black-holes-information-paradox/
しかし、もし灰の中から一つ残らず炭素原子を集めて炎からの煙と熱の正確な性質を測定できれば、理論的には元の紙を再現することは可能です。つまり、紙の情報は失われたわけではなく、あいかわらず宇宙に存在しているということです。ただ、わかりにくくなっただけです。

良くブラックホールの説明でブラックホールに飲み込まれると情報は失われるという話がありますが、化学反応で失われることはないみたいな説明がされます。例えば※1みたいな説明です。
例えば、目の前にある雑誌を10分前に燃やした場合、どのようにすればその雑誌を読むことができるのでしょうか?
仮に周囲の熱運動を全て測定しても、不確定性原理により情報は確率の彼方へと追いやられる(?)のではないでしょうか?素人考えですが、例えば、雑誌を燃やす時に、炭素が周囲の酸素と結合して、電磁波を出した場...続きを読む

Aベストアンサー

>物理量Bは物理量Aの影響を受けた場合、規則性を持って連動するという仮定でしょうか?
「影響を受ける」「規則性を持って連動する」それぞれどういう意味で使っているのか分かりませんでした。

>しかし、通常、例えば、Aが+1/2でBに影響を与えたとしても、Bが+1/2か-1/2いずれかになる確率は50%であり情報を保持できない気がします。
ψ(0)がAの固有値aの固有状態であったのであれば、
Bψ(t)=(UAU^(-1))Uψ(0)=UAψ(0)=aUψ(0)=aψ(t)
なので、ψ(t)はBの固有値aの固有状態になります。
こうなるようにBを選んだのですが、これを踏まえたうえで「Bが+1/2か-1/2いずれかになる確率は50%」と仰っているのでしょうか。



>量子もつれ状態にあれば可能という気がしますが例えば雑誌が燃える瞬間(雑誌は流石に大きすぎますし、光学異性体のある分子が崩壊して元がLかDを調べるような物でも良いです)に周りが都合良く量子もつれの状態になるという事でしょうか?
外界と量子もつれした状態になります。

「都合よく」という言い方からして誤解されていそうなので、定義を確認された方がいいと思いますが、
特定の条件を満たす状態が「量子もつれしてない状態」で、それ以外が「量子もつれした状態」ですよ。
人が情報を取り出せるものに限るとごく一部でしょうが、大部分は量子もつれしてるんですよ。
外界と量子もつれしてる状態は大変扱いにくいので扱う事が少ないだけです。



ただ、情報が残るかどうか考えるうえで、量子もつれ云々というのは本質的な話ではありません。
まずは、1電子系のようなシンプルな系で、情報が残る事について考えてみてはいかがでしょうか。

ハミルトニアンによって時間発展している場合、異なる初期条件から出発すればいつも異なる状態に到達します
したがって、時刻t=τの状態が決まれば、その状態を実現する初期状態(時刻t=0の状態)も一意に決まってしまいます。
初期状態が決まるのですから時刻t=τの状態にも「時刻t=0に持っていた情報」も含まれていなければいけません。
そういう意味で「情報が残っている」わけです。

実際に情報を得るには測定する必要があって、
状態そのものを測定する事はできませんから、(#7,10のように)どんな物理量を通じて測定する必要があるかを考える必要がありますが、
「情報を知る方法」の事は考えずに、「情報が残っている」事だけに注目するならこういう理解で問題ないはずです。

>物理量Bは物理量Aの影響を受けた場合、規則性を持って連動するという仮定でしょうか?
「影響を受ける」「規則性を持って連動する」それぞれどういう意味で使っているのか分かりませんでした。

>しかし、通常、例えば、Aが+1/2でBに影響を与えたとしても、Bが+1/2か-1/2いずれかになる確率は50%であり情報を保持できない気がします。
ψ(0)がAの固有値aの固有状態であったのであれば、
Bψ(t)=(UAU^(-1))Uψ(0)=UAψ(0)=aUψ(0)=aψ(t)
なので、ψ(t)はBの固有値aの固有状態になります。
こうなるようにBを選んだので...続きを読む

Qエレベーターが落下したら中の人ってどうなりますか? 自分が考えたのは、人の質量をm、エレベーターの加

エレベーターが落下したら中の人ってどうなりますか?

自分が考えたのは、人の質量をm、エレベーターの加速度をαとすると、

人には鉛直下向きに重力mg、鉛直上向きに慣性力mαがはたらきますよね?

よって、合力Fは鉛直下向きを正とすると、
F=mg-mα
=m(g-α)

ここで、エレベーターとワイヤー間の摩擦などで、おそらく g>α なので、
F=m(g-α)>0

つまり、下向きに力が働くので人は勝手には浮かないと思ったのですが合ってるでしょうか?


また、このとき地面を蹴ってジャンプしたらどうなりますか?

わかる方いらっしゃいましたら、よろしくお願いいたします!

Aベストアンサー

質問者の示している条件どおりであればエレベータの中の人にとっては重力がg-aになったことと同じになります。

勝手に浮くことはありません。

ジャンプすればエレベータに対して相対的にg-aの加速度で運動します。
空気抵抗などを無視すればジャンプした際に上昇して一番高い点につくまでの時間と一番高い点から床に下降する時間は等しくなります。
ただ、もしこのエレベータがガラス張りで外が見えるようでしたら違うように感じることになると思います。

Q鉛がウランの最終崩壊産物というのは本当ですか?

鉛がウランの最終崩壊産物というのは本当ですか?

Aベストアンサー

理科年表に

238Pu, 87.7y, α, SF
239Pu, 2.411・10^4y, α, SF
240pu, 6.564・10^3y, α, SF
241Pu, 14.35y, β-, α
242Pu, 3.75・10^5y, α, SF

とあるのですが、

これが 241Pu は ベータ壊変ののち、アルファ壊変する、という意味ならば

241Pu → 241Am → 237Np

となってネプツニウム系列の最後は 205Tl になるのでしょうか。

Q等速直線運動を続ける物体が絶対零度地帯を通過します。

等速直線運動を続ける質量mの物体が絶対零度地帯(T=0K)に突入しました。果たして物体は停止するでしょうか?

Aベストアンサー

宇宙空間は、ほぼ3Kですけど、0Kだと急に慣性運動が停止するような力が作用するんですか?
ブーメラン星雲は、1Kらしいですけど、時速164kmで、風が吹いているそうです。
これも、0Kで静止するんでしょうか?
温度が下がっても、慣性運動は変わらないと思いますよ。

Q物理で原子に関する勉強を行うのはなぜですか?

中学時代、原子等の勉強は化学の分野で勉強した気がします。水素分子と酸素分子が結合して、H2O
になるなど。しかしながら、高校に進むと物理になり、それが段々量子論のようになるのはどうしてですか?

Aベストアンサー

化学とは、物資を、原子や分子のレベルの組み合わで捉えたり、その組み合わせが変わる化学反応そものを研究する学問ですね。

物質は、原子から(またはその結合した分子)からなりますが、

・原子は、電子と核子が、光子を通じた電磁気力で結びつき
・核子は、陽子と中性子が、中間子(クオーク&グルーオン)で結合
・陽子と中性子各々は、クオークがグルーオンによる強い力で結びつき

となり、結局素粒子レベルでメジャーな存在は、電子、クオーク、グルーオン、光子になります。
ところが、普通の状況では、一部の放射性の不安定な物資や、人為的に連鎖反応を起こさない限り

・核子は超安定で

しかも

・電子は素粒子で安定

のため、原子は、マクロに考えると不変と考えても差し支えない。日常起こる多くの物質の生成や消滅は、
核子が不変、電子も不変の中で起こる、化学反応による原子・分子の組み換えだけに注目しても、十分多様性があり、
研究の対象となりうる現象なわけですね。それを扱うのが化学です。

実は、マクロな組み換えとは言っても、核子と電子が電磁気力で結びつくしくみは、古典論的発想では解決しなかったのが100年前のこと。
そこで、水素原子のまわりで、電子がどのように存在し、エネルギーはどのような状態をとればいいのか・・・を研究したのが、初期量子論です。

これがいわば、マクロとミクロの境目。化学では、量子論で判明した原子の軌道を、簡略化して扱えるようにして、原子間の結合の是非をマクロに
考えるために利用しています。

一方で、物質の真理を究める物理は、別の方向に進みます。原子>原子核>陽子・中性子>クオーク、力も、電磁気力、強い力、弱い力をつきとめ、
光子、グルーオン、ウイークボゾンなどを体系化。ヒッグスや、ニュートリノ、質量が重い数々の素粒子を含めて体系化して、標準モデルを完成。
素粒子レベルの反応の多くを、理論的に説明できるようにしました。

まだ、重力は理論に取り込めず、パラメータも実験値しかわからないことがたくさんあり、それらを統合すべく、超弦理論などの研究が進んでいる。
面白いですね。

化学とは、物資を、原子や分子のレベルの組み合わで捉えたり、その組み合わせが変わる化学反応そものを研究する学問ですね。

物質は、原子から(またはその結合した分子)からなりますが、

・原子は、電子と核子が、光子を通じた電磁気力で結びつき
・核子は、陽子と中性子が、中間子(クオーク&グルーオン)で結合
・陽子と中性子各々は、クオークがグルーオンによる強い力で結びつき

となり、結局素粒子レベルでメジャーな存在は、電子、クオーク、グルーオン、光子になります。
ところが、普通の状況では、...続きを読む

Q原子核崩壊でα線やβ、γ線が出るのはわかるのですが、出続けるメカニズムがわかりません。

原子核崩壊でα線やβ線、γ線が出るのはわかるのですが、出続けるメカニズムがわかりません。放射性物質の半減期は何万年もあるものもあります。原子核が崩壊すればそのエネルギーが放射線となって放出されるのはわかるのですが、それは最初の一回だけ起こって、それが起こればもう起こらないのではないですか? つまり放射線も一回だけ出てもう出ない。それがずっと続いているというのは、ずっと原子核崩壊が続いているということなのでしょうか? 放射線が出続けるメカニズムがわかりません。ご教示よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ある放射能を持つ核種が、単位時間に崩壊する確率は、置かれている環境に左右されません。その核種、固有値であることが経験的に知られています。
確率なので、1つの粒を見ていれば、

・ いつ崩壊するかは神のみぞ知るということで、だれにもわかりません。
・ もちろん、崩壊してしまえば、その粒からは放射線はでません。

ということになります。

その同じ核種を一定量集め、たくさんの粒を統計的に観察し、半分の粒が放射線を出して崩壊するまでの時間を半減期と呼ぶわけです。
たくさんの粒があるから、放射線が出続ける。別に不思議なことはないですね。

半減期ごとに半分になり、やがてすべて崩壊すると、放射線は出なくなります。

Q画像問題63の⑴について質問します ここでいうエネルギー準位とは全力学エネルギーの総和つまり運動エネ

画像問題63の⑴について質問します
ここでいうエネルギー準位とは全力学エネルギーの総和つまり運動エネルギーと静電エネルギーの総和とは異なるのでしょうか?
(答えは1/2mv^2の値が答えとしていました。)

Aベストアンサー

>運動エネルギーと静電エネルギーの総和
という考えで正しいです。
ただ、お考えのような系(量子井戸)を考える時には、普通は井戸の内部(お考えの問題だと0<x<a)の静電エネルギーを0としますので、mv^2/2を計算する事になります。

Qシュレデンガーの猫とブラケット

量子力学なる式をみていてブラケットというのがでてきたが、シュレデンガーの猫にしてたとえ話にして説明してくれませんか。
ケットというのはシュレデンガーの猫が生きている場合と死んでいる場合の混合している状態でとか
猫の体重を確定するということは演算子をかけて確率を出してこうしてだすとか、おおざっぱに説明願いませんか。ブラというのもよくわからない。

Aベストアンサー

まず基本の勉強をしてくださいね。

シュレディンガーの猫で、量子論の基本をってナンセンスです。混乱してしまうと思います。

これは、歴史的に見ると、ミクロの不確実性をマクロと結びつけると矛盾する・・・という思考実験で、観測問題への批判のためものだったわけですが、100年たってみれば、むしろ観測問題の正しさ、量子論の本質、理解できないけど正しい・・・という例として使われている。

世の中の説明も、それがごちゃごちゃになっているので。基本もわからない人が、そのニュアンスを理解するのに、混同しやすい例を使うのは、おすすめできません。

Q任意の可逆サイクルは微小なカルノーサイクルで分割できるそうですが、理由がわかりません。 上記の疑問は

任意の可逆サイクルは微小なカルノーサイクルで分割できるそうですが、理由がわかりません。

上記の疑問はエントロピーを定義する過程で出てきたものなので、これがわからないと先に進めないのでよろしくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

往路”・”復路なんて書いたから分かりづらかったですね(ー人ー)ゴメン
可逆サイクルの最低温度の点をA点として、最低温度の点をB点としておきます(´∀`)
この可逆サイクルをA→B→Aと変化させるとします(-_-)
すると、微小なカルノーサイクルでは、温度が上昇する断熱変化と温度が下降する断熱変化が含まれていますので、
1つの微小なカルノーサイクルには、A→Bの一部とB→Aの一部が含まれている事になりますね(・ー・)
ですから、Σq/T の式では、一見温度が上がる過程だけで和がとられているように見えますが、
実際にはA→BとB→Aの両方の過程が含まれている式になっています・・・ですから、Σの式を∮の式に置き換える事ができるって事ですね(´ω`*)

熱力学は、けっして分かりやすい分野ではないので、頑張って勉強して下さいねp(^^)


人気Q&Aランキング