ちょっと変わったマニアな作品が集結

最近、純文学小説を読み始めた者です。
本は前々から好きで、主にはやみねかおるさん、東野圭吾さん、三浦しをんさん、湊かなえさんの小説を読んでいました。
一方、最近読んだもので、純文学に分類される(と思われる)ものは、中島敦、谷崎潤一郎、森鴎外、梶井基次郎、井伏鱒二、織田作之助、太宰治、坂口安吾の小説です。また純文学ではないかもしれませんが、新美南吉、江戸川乱歩、夢野久作の小説も読みます。
前者の作品と後者の作品ですが、私はどちらも面白く読めます。ついでに言えば、ラノベも楽しく読めます。しかし、ネットで(特に東野圭吾さんと湊かなえさんについて頻繁に)文章力が無いと批判されているのを見ました。でも、このお二方の作品を読み返してみましたが、はっとさせられるような表現、自然と息の詰まるシーンの描写など、とても素晴らしいように思えます。
地の文の量ではないかとも思いましたが、例えば太宰治の「グッド・バイ」なんかは、会話文もかなり多いので……。
長々とすみません。ようやく質問なのですが、文章力とは、いったい何なのでしょうか?
私には、違いが分かりません。強いて言うなら、中島敦の山月記は、音読していてとても心地良いですが、そのくらいです。あとは好悪の差があるくらいです。
しかし、前者の方々が劣っているかどうかはともかく、後者の文豪の方々について、何もわからないのは余りに恥ずかしいので、知っておきたいと思っております。
文章の巧拙の見分け方について、よろしくお願い致します。

A 回答 (1件)

ネットで調べて見ますと、文章力と言う定義はないようですね。




”文章”に”力”をつけた造語のようです。

検索で最初にヒットしたものは、

カリキュラムやテキストなど、教材の宣伝が多かったです。

こちらの用法では、

「文章力が無い」と悩む人に向上を呼びかけ、

ビジネスに結びつける目的で使用されているようです。


しかし、

作文一般で悩む人が、文章力なる解釈の難しい用語を正しく把握しているとは思えません。

「”文章力”という、なんだか分からないものが苦手の様に思えます。」

「ああ・・・”文章力?”ですね。分かります。知っています。

 私が何とかできるかもしれません。」

と言う実体のない使われ方をしていると思えます。

こうしたビジネスマン向けのカリキュラムは、

国語で習う基本的なルール、文章を構成するノウハウなどを指しているように思えます。

目的は、誰かを説得したり、簡潔に事実を伝える力みたいです。

これらは、ご質問の”文章力”とは違う意味と思いますので、区別が必要でしょう。


言語力と呼ばれる言葉もありましたので、調べますと、これも造語のようです。

色んな解釈がされているようですが、最終的には定義されていないとするのが無難のようです。


次に読解と言う言葉がありましたので、調べました。

つまり、発想を変えます。

作り手の力として判明しないものは、

受け手のすることや受け手の能力から類推することができます。

「受け手の力を補助する能力」として定義が可能でしょう。

例えば、

歌では、一般の人(音感の無い人)が聞いても楽しめて、

歌詞を覚えているようならば、歌い手の力が高いと解釈できます。

メロディーだけが心に残る場合は、歌い手の力は低いとなります。


読解について読みときますと、ヒントになる記述がありました。

PISA(経済協力開発機構(OECD)による国際的な生徒の学習到達度調査)によれば、

日本人は読解能力が低いとされているそうです。

日本では、内容を理解するのみに留まっているのに対し、PISAでは「解釈」し「熟考」して

意見を述べ、その意見の構成や表現方法を含んで読解能力としています。


もしこれが本当であるならば、

文章力とは、受け手の力を増幅して活発に議論を誘い、受け手からも文章力の高い表現を

引き出すものと捉えられます。

相手に刺激を与えて同種の力を引き上げる効果が正体に思えます。

確かに、プロの童謡歌手が歌いますと、子供が一生懸命真似をしますよね。

しかも上達が早いんです。

文章でもそうしたものがあると言うことでしょう。

そういう効果が得られないものは、内容が正しくても、文章力が無いとするのでしょう。

こちらには、嫌味を込めて”作文”と表現されるそうです。


心を動かすだけではなく、受け手の力も増幅する。

ここに鍵がありそうです。


次に小説と言うものの定義について調べてみました。

ご質問は小説作家の文章力についてですから、小説とは何かを把握しないといけません。

どうも、小説は物語と区別して扱うようです。

政治や思想などのテーマがあり、これに対して作家の意見がある。

そして、主人公の性格と事件を関連付けて、テーマに沿って必然(言いたいことに関連する因果

だけを描く)として描かれるものが小説だそうです。

偶然生じる事件が重なるものは物語だそうです。

近代の小説はここから派生し、日本では坪内逍遥の「小説真髄」の評論によって明確になり、

進歩しています。

「小説で大切なことはまず人情を描くことで、次に世の中の様子や風俗の描写である」

政治や思想に対する意見を述べるにしても、

人情を描いていないものは小説ではないと言う事でしょう。

例えば源氏物語などは、現代小説的な部分があると言われています。

近代において、坪内逍遥が再発見し、明確化をしたのでしょう。

源氏物語については、海外を含む多くの研究者が活発に議論をしていたようです。

つまり、同種の力を引き出していると言えますよね。


また、小説は文学の(純文学と言う意味ではなく、文章の形態が所属する)

カテゴリーに入るものだそうです。

そこで文学が属する芸術一般の定義についても調べてみました。

芸術は、

「作り手の創作により、受け手の精神活動に影響を及ぼし、行動を誘う」

ものだそうです。

さらに面白いのは、

アートと言う語源(古代ギリシャ)について調べますと、”技術”だそうです。

とくに美しい技術を指すとされていたようです。

後に科学技術の進歩により、科学技術を”技術”として扱い、

人手による技術において、美しさを伴うものを芸術としたのでしょう。



しかし、ここで”美しい”と言う更に曖昧な表現が登場してしまいます。

これについては、どう評価し、判別するか迷いますよね。

人が持つ根源的で原初の感覚に思えます。


ここで思い出したことがあります。

うちの父が良く言っていたことです。

わたしの父は絵を趣味でやってまして、

芸術と技術(テクニック、ノウハウ)の違いについて述べていました。

「あれは(絵が)達者であって、絵(芸術)ではない。」

そのためいつの間にか、私も”達者”と”絵”の区別がつくようになっていました。


これらは自分に生じた感覚、つまり結果論で判別します。

芸術が伝える美に出会いますと、単なる美しさの印象だけではなく、意識の断絶が生じます。

物思いに沈んで、幼少の頃の思い出などが蘇ります。

「いつの間にかそうしている。」

もし自分(実は誰でも、しかも何度でも)がこうなれば、そこにあるのが芸術の美です。

サブリミナル効果の様に、人の脳の仕組みに由来するのでしょう。

そうした効果に特化したものに出会いますと、何度も意識の断絶に出会います。

そうでないものは、そうじゃないんですね。

ですので、かなりハッキリと具体的に判別できるんです。


ここで芸術には、

「受け手が綺麗だと感じた後、受け手の意識を刈り取り、幼少の頃の記憶を蘇らせる。」

という効果が必要となります。

例えば、

「ハッとする表現」はどうなるでしょう?

それは、そこまで(意識を刈り取る)までの効果を発揮していませんので、

芸術の美ではありません。達者なんですね。


私は判別のために、

「(新鮮味が失われても)繰り返し効果を発揮するか?」

で判別しています。

確かにそういうものがあります。

(あるアマチュアの方の歌の評論を書こうとして、

 意識が何度も刈り取られました。

 大変時間が掛かり、苦労したことがあります。

 全く抵抗できませんでした。)

そうでない似ている(慣れると効果が薄れる)ものがあります。

後者を達者と呼ぶわけです。


俳句などを例に考えると、優れたものは何度も同じ効果を与えますよね。

これには芸術の美があると言えるわけです。


さて、まとめてみます。

「小説の文章力とは、政治や思想などで訴えたい意見を持ち、

 言語を正しく運用して文章に安定感と文体を与え、

 主人公の性格や行動から必然となる事件と成り行きを述べ、構成し、

 人情を主体に描くと共に、世の中の様子や風俗を描き、

 美しい綺麗な表現を用いて、読み手の意識を過去や幼少の記憶に誘う。

 結果として読み手の精神活動に影響を与え、

 作品に対する議論を活発にさせたり、その表現においても能力を一時的に向上させる。

 読後感として、同じ道を歩みたいと思わせるもの。」

となります。


仏教のお経もそういう意味では、大変な文章力であると言うわけですね。


私見ではありますがいかがでしょうか?


以上、ご参考になれば。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「そもそも論」って、正しい日本語なのですか?

よくWEBサイトなどで『そもそも論として〜』などとよく目にします。私は訳のわからない造語だなあと思っていたのですが、調べてみるとなんだか多くの方がこの言葉を使っているように思えました。
これは正しい日本語なのでしょうか?日本語などに詳しい方、是非教えて下さい。

Aベストアンサー

正しい言葉の使い方ではないですが、なんとなく定着しつつあるのかな?と言う感じではありますね。
「そもそも〜」と言う言葉は「説き起こし(順序だてて説明を始める事)」の際に使われる接頭語であって、その言葉を「論(道理をのべる事)」じるわけではないですからね。

でも日本語(に限らず言葉)は使われているうちに変節して行くものですから違和感を感じていてもそれが正しい言葉に変わって行くかもしれません。
それが単なる流行り言葉でも・・・

Qなんて読むの 教えて下さい

なんて読むの
教えて下さい

Aベストアンサー

No.1です。

肝心な読みを忘れてました。

「ふうふとは なんとよいもの むかいかぜ」です。

Q日本語、熟語?

ある小説を読んでいて見つけたのですが、「確歴」という言葉は存在しますか?字引にも掲載されてなかったので質問しました。意味はおそらく「歴然」や「判然」に近いと思います。ただ、そのような言葉が存在するのか否かが知りたいだけです。もし日本語の堪能な方がいらっしゃれば、是非教えて下さい。その掲載されている辞書も教えて頂けましたら嬉しいです。

Aベストアンサー

原文を見ました。

This thing is so rare in all its circumstances, and on so good authority, that my reading and conversation have not given me anything
like it.

直訳すると
This thing is so rare in all its circumstances,
このことはあらゆる状況においてとても稀であり、
and on so good authority,
そして、確かな筋から得たものであるため、
that my reading and conversation have not given me anything like it.
私の読んだもの、会話したものはこのようなことを私に与えたことはない。


「確歴」は
on good authority 「確かな筋から」
にあたると思われます。

「たしか(確)で、れっき(歴)とした」ということでしょう。


この頃の人、特に明治から昭和初期にかけて、漢字を組み合わせた新しい熟語を作ることはよくありました。
まだ、日本語が確立していなかった、とも言えますが、言葉が生き生きとしていて、次々に新語が誕生するような若々しさがあったとも言えます。
明治の文豪、例えば夏目漱石なんかには、辞書にない言葉がたくさん出てきます。

平井さんも間違いと言うよりも、特に何も考えることなく、新語を造ってしまった、というだけのことでしょう。
まさか死後40年経って、読者を惑わすことになろうとは、思いもよらなかったことでしょう。

原文を見ました。

This thing is so rare in all its circumstances, and on so good authority, that my reading and conversation have not given me anything
like it.

直訳すると
This thing is so rare in all its circumstances,
このことはあらゆる状況においてとても稀であり、
and on so good authority,
そして、確かな筋から得たものであるため、
that my reading and conversation have not given me anything like it.
私の読んだもの、会話したものはこのようなことを私に与えたことはない。


...続きを読む

Qすみません。 肩をひそめるってどう言う意味でしょうか? よろしくおねがいします。

すみません。
肩をひそめるってどう言う意味でしょうか?

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

確認ですが、眉をひそめる、または肩をすくめる、ではないのですね?

肩をひそめる、聞いたことのない言葉ですよ。

Q「fellowship」というのを表す言葉を教えてください。

日本語を学ぶ学生です。

「fellowship」という意味を表す美しい日本語の単語を教えていただけませんか?^^「親和」とか「友情」とか、何でも構いません。

ありがとうございます。

Aベストアンサー

絆(きずな・きづな)

Q今までできなかったこと、を表す熟語、言い回し

時間がなく、趣味や調べ事、研究など
「今までできなかったこと」の一覧を作ろうとしています。
そのタイトルとして、
「今までできなかったこと」を表す2字あるいは4字の
熟語、言い回しはあるでしょうか?

Aベストアンサー

「出来なかった」というのが「始めることができていない(まだやっていない)」のか「(目標などに)達成することができていない」かで変わってくると思います。

前者の場合、未着手・手付かず  後者の場合、未達成(未達)・未到・未完了(未完) などがあるかなと思います。

Qすみませんが、 「君がどこにあろうとも」と 「君がどこにいようとも」の違いが何でしょうか?

すみませんが、
「君がどこにあろうとも」と
「君がどこにいようとも」の違いが何でしょうか?

Aベストアンサー

「君がどこにあろうとも」だと「君」の気持ちが、「君がどこにいようとも」だと「君」の居場所がどこなのかを指しているように感じました。

Q「できるのではないかと確信しました」 この文は文法的に正しいのでしょうか?

「できるのではないかと確信しました」
この文は文法的に正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

出来るのではないか、という疑念を持って居る内は確信とは言い難いので、文章としては不完全と思います。

「出来ると確信しました」、であれば正しい。または、

「出来るのではないか自信を持ちました」。

Q「右折・左折」の上位の二次熟語?

右折・左折など、道を曲がる意味で、具体的な右や左ではなく「道路などを曲がること、それ自体」を表す上位の意味を表す二次熟語は何がありますか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

いろいろな意見が出て、どれも微妙に違うようなので、おそらくそういう言葉はないのでは。
 おそらく「直進」の反対語ではないかと。質問者の会社の膨大なファイルでも、「直進」がお探しの言葉の反対語になっているのでは。反対語を見てみました。
http://hantaigo.com/word/%E7%9B%B4%E9%80%B2
「左折」「右折」「蛇行」だそうです。
 そうか。「蛇行」は思いつかなかった。やはりありませんね。

 こうなると、誤解を招かない言葉を考えるしかないのでは。
「右左折」(一発で変換された(笑)。ある程度市民権を得ているらしい)
「右・左折」
「曲進」ってどうでしょうか。

 ちなみに、「反対語」なんてそうそうスッキリわかるものではないようです。
【反対語の混迷】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2081.html

Q飲んでのぞいてというのは飲んでみてということですか?

飲んでのぞいてというのは飲んでみてということですか?

Aベストアンサー

飲み終わったら、ラベル裏側を覗いてみよう。

http://www.suntory.co.jp/softdrink/cclemon/campaign/omatsuri/top.html


人気Q&Aランキング