はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

ブリジストン製のママチャリのリアブレーキを、ローラーブレーキからテクトロ製のキャリパーブレーキに改造したら、ブレーキの効きはローラーよりも悪くなりました。(しかしローラーブレーキ特有の抵抗は無くなり速度は速くなりました)
そこでブレーキレバーやケーブルがママチャリ標準のまま(10年モノ)なので、この際出来るだけ良いものをつけて様子を見ようという段階になり、DURA-ACE、ULTEGRA、105対応のBL-R780 R/L/CBL SS1という、フラットバー用としてはグレードの高いブレーキに交換して様子を見ようという考えに至りました。
【適応キャリパーブレーキ:DURA-ACE、ULTEGRA、105 】と書いてあるのですが、あくまで推奨であってそれ以外のキャリパーブレーキでも大丈夫ですよね?
もしブレーキの利き具合があまり変わらなくても、Vブレーキにも対応してるので駄目ならVブレーキに改造したりしようかなと考えてます。

https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B7%E3%83%9E%E3%8 …

質問者からの補足コメント

A 回答 (3件)

まず、あなたの挙げた改造例は、アダプターのアーム部に設計で想定していない箇所に過大なトルクがかかるので、素材のアルミの特性もあって、使ってる内に必ず折れると思います。

恐ろしい改造です。

まあ、とりあえずソレは置いといて、実はシマノのロード用キャリパーブレーキレバーは、引き量には2種類あって、本来はキャリパー側もソレに合わせて2種類、作り分けられています。

それで、この微妙に違う規格のレバーとキャリパーを、本来と違う組み合わせで使うと、ブレーキタッチの変化や、本来よりも制動力の立ち上がりが少し鋭くなった様になる場合があります。また、逆に効きが少し甘くなると感じる場合もあります。

レバーを交換したら効く様になった、と言うのは、この変化の事を指します。

で、以前は、どちらの変化も好ましく無いので推奨出来ない、と言うのがシマノの立場だったのですが、ある時点で、混ぜても大丈夫だよ、にシマノの立場が変わりました。

つまり、そう言う事です。

なので、ママチャリレバーで高級キャリパーの組み合わせは、一切問題なく、バッチリ効きます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>まず、あなたの挙げた改造例は、アダプターのアーム部に設計で想定していない箇所に過大なトルクがかかるので、素材のアルミの特性もあって、使ってる内に必ず折れると思います。恐ろしい改造です。

はい、当然存じております。
ドリルで開けた穴にキャリパーブレーキをそのまま取り付けてところ剛性に不安を感じたので、おっしゃる通りアルミの金属疲労で折れるだろうなと思ったので、分厚いプレートで補強してトルクを分散させ、剛性を補いました。


>まあ、とりあえずソレは置いといて、実はシマノのロード用キャリパーブレーキレバーは、引き量には2種類あって、本来はキャリパー側もソレに合わせて2種類、作り分けられています。
>それで、この微妙に違う規格のレバーとキャリパーを、本来と違う組み合わせで使うと、ブレーキタッチの変化や、本来よりも制動力の立ち上がりが少し鋭くなった様になる場合があります。また、逆に効きが少し甘くなると感じる場合もあります。

なるほど、引き量に2種類あるというのが指定コンポ推奨の理由なのですね!勉強になります。
どっちでみ良いよという事なら、ワイヤーの調整で何とかなりそうですね。
効きが変わらないなら変わらないで、高級ブレーキでも3000円程度ですし、どのみちキャリパーとVブレーキ両対応のシマノブレーキが必要なので、取り付け不可じゃなくて良かったです。

お礼日時:2017/11/02 15:41

こんにちは。



補足のリンク先で活用されているU字型のパーツが手に入ることが前提ですね。
MTBがVブレーキだった頃は手頃に入手できたのですが、
現在はこうした高剛性のブースターを見かけなくなりましたので……。

かたいことを言うつもりは全くありませんが、
制動部品は信頼性が全てと言って過言ではありません。
キチッと固定されている部分は元のキャリパブレーキ用のホール一つですし、
ホースバンドが実際には驚くほどの荷重がかかるブレーキを『確実に』保持できるとは思えません。
そもそも、ホースバンドはこうした用途に使用する製品ではないということが重要な点です。
私個人は、リンク先のこの改造は自転車の社会性を著しく損なう行いと感じます。
個人の敷地内を走るのであれば何の問題もありませんが、公道を走るべきではありません。
たとえ趣味であっても倫理観を無視した行いは拙いですよ。

話を戻し、レバーの件なのですが、
キャリパ側の剛性が不足している場合、入力だけ過大にしても効果的ではありません。
ですので、順番としましては最初に高剛性の「105」を取り付けて、
その後にレバー側も105で揃えてみてください。
105は競技でも使用されている信頼性の高いグレードですので、街乗りでは十分ですよ。
それ以上のグレードは、競技に出場して順位を競うのでなければ不要です。

フロントブレーキの強化やタイヤの再選定もお忘れなく。

ではでは!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>かたいことを言うつもりは全くありませんが、
>制動部品は信頼性が全てと言って過言ではありません。
>キチッと固定されている部分は元のキャリパブレーキ用のホール一つですし、
>ホースバンドが実際には驚くほどの荷重がかかるブレーキを『確実に』保持できるとは思えません。

ご指摘はごもっとも。
しかし、今回の改造はファッション感覚とかではなく、ママチャリ後輪のローラーブレーキの信頼性に不安を感じた結果の改造なんですよね。
ママチャリでダウンヒルした所、ローラーブレーキから煙が上がって効かなくなり、不安を感じたのです。
大型ファンのローラーブレーキもありますが根本的に構造上過熱は避けられないので、キャリパーかVブレーキにしようと。
そもそもママチャリでダウンヒルするなよって話なんですが、どこにも売っていないオールラウンドな自転車を目指すとなると、どうしてもママチャリベースになっちゃうんですよね…。

>キャリパ側の剛性が不足している場合、入力だけ過大にしても効果的ではありません。
ですので、順番としましては最初に高剛性の「105」を取り付けて、
その後にレバー側も105で揃えてみてください。

実はママチャリ故に泥除け越しになっちゃうので、ロード用のアームの短いキャリパーは付けられないんですよね…。
ですのでキャリパーブレーキだとママチャリにも取り付けれる、テクトロのダブルピボットキャリパーブレーキ一択になってしまうので、やはり制動力不足な場合はVブレーキでしょうかね…。

お礼日時:2017/11/02 15:57

まず、レバーの交換は無意味、一切、効き具合は変わらない。



キャリパーの性能で全て決まるから。

あと、Vブレーキへの改造は絶対に無理。
フレームに溶接された台座受けが必要だから。

まあ、フレームビルダーさんに依頼すれば、それさえも作れるけれど、フレーム側の剛性が確保出来ないし、そもそも加工代金が、その車体よりも高額。
この回答への補足あり
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>あと、Vブレーキへの改造は絶対に無理。
フレームに溶接された台座受けが必要だから。

ご心配頂きありがとうございます。
もちろんママチャリにVブレーキはポン付け出来ないのは存じております。
リアのキャリパーブレーキに改造した段階で、フレームの強度に問題が生じない程度にドリルで穴を開けて改造しております。
その穴を利用してVブレーキを取り付ける為のマウンタを噛ませる計画なので、不恰好にはなると思いますが、Vブレーキへの改造もDIYレベルの作業で可能かと思います。

それを踏まえた上で状況をより詳しく説明しますと、後輪のみVブレーキ化する可能性が生じたワケで、当然Vブレーキに対応したレバーに換装する必要性が生じたワケです。
そこでキャリパーブレーキ、Vブレーキと両方に対応したシマノのブレーキに白羽の矢が立った訳ですが、シマノのブレーキに関しての互換性の知識は全く無いので、対応コンポ以外のブレーキにも特に問題なく取り付けられるのか?という質問です。(規格的な意味で)
レビューを見るとブレーキレバーを換装しただけで効きが良くなったというコメントもあるので、多少は変わるのかな?と。
逆に言えば、シマノの上位グレードのブレーキレバーを装着したフラットバーロードに、ママチャリのブレーキを付けても効き具合は変わらないという事でしょうか?

一番知りたいのはシマノの高級コンポのブレーキは、他のパーツと互換性があるのかという事が知りたいです。
自宅にはチネリのロードバイクがあるのですが、残念ながらコンポーネントがシマノではないので現物が確認出来ないのです。

お礼日時:2017/11/02 13:59

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qベルト駆動車のメンテナンス

最近、ブリヂストンのアルベルトを購入しました。
そして、質問ですが、ブリヂストンのサイトなどにはアルベルトは、メンテナンスフリーと書いてありますが、少し不安があります。
ベルト駆動車の注意点・メンテナンス方法などわかる方ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

私もブリヂストンアルベルト(アルサス)に乗っています。

通勤用として使い、雨ざらしになるときもありましたが、購入して5年ほどたつ今も錆や不都合もでず問題なく乗っています。
ベルトの劣化もありません。ほんとにメンテナンスフリーという感じです。
専門家ではないのでプロっぽいメンテ法はわかりませんが、日々のお手入れについてメモを。

・月イチぐらいで、ベルトを掃除する。
 ほこりと油が固まった感じのゴミがつきます。走行感に影響するので、すごい塊なら古い歯ブラシでこそげとる。なんかこびりついてるな、ぐらいだったら、古いタオルを指先に巻いてちょいちょいとふきとって下さい。
水や住まい用のスプレークリーナーをタオルにつけて拭いても良いです。
ベルトの歯とかみあう回転部分(ペダルのあるところ)の歯車も同様に掃除します。きれいになってから、回転部分に自転車用のオイルをさします。

・スポークもタイヤ内周の金属部分もきれいにふきます。ホイール中央もゴミがついてたら歯ブラシでふきとり、オイルをさします。

・ほか、いらない布できれいに拭きます。可動部はオイルをさします。汚れがあったらふきます。

こんなぐあいで、週5日朝晩乗って弱い雨の日も乗るというペースで使用していますが、問題でませんでした。チェーンとちがって錆びない・切れない・ガシャつかないのでほんとイイ感じだと思ってます。

家で保管する場合はできるだけ屋根付きのところに。
無理だったら、バイク用の大きいカバーを買ってそれをかけ、上から荷物縛り用のゴムひも(両端が金属フックになっているアレ)や適当なひもなどで胴体をぐるっとしばって完全包む感じにしておくと、風が吹いてもめくれず雨が入らず、車体の持ちがかなり良くなります。

私もブリヂストンアルベルト(アルサス)に乗っています。

通勤用として使い、雨ざらしになるときもありましたが、購入して5年ほどたつ今も錆や不都合もでず問題なく乗っています。
ベルトの劣化もありません。ほんとにメンテナンスフリーという感じです。
専門家ではないのでプロっぽいメンテ法はわかりませんが、日々のお手入れについてメモを。

・月イチぐらいで、ベルトを掃除する。
 ほこりと油が固まった感じのゴミがつきます。走行感に影響するので、すごい塊なら古い歯ブラシでこそげとる。なん...続きを読む

Qチェーン式とベルト式、寿命はどちらが上?

自転車の寿命が来た(ペダルの軸が磨耗で磨り減った)ため、買い替えを迫られています。

耐久性を重視して自転車を買いたいのですが、最近ベルトタイプが増えていますが、
ベルトはチェーンに比べて寿命は長いのでしょうか?

ほぼ毎日、5~20キロ乗っているので、今まで使っていた(寿命が来た)自転車のチェーンも
過去に2回伸びてしまい、チェーンの連結数を少なくしたりして対応していました。

ベルトは切れたり錆びたりはしないようですが、長時間かつ長期間使用していると
伸びてしまうことがあると思います。その場合のコストはいかほどなのでしょうか?

因みに寿命が来た自転車は10年近く愛用していましたが、チェーンが切れたことはありませんでした。

Aベストアンサー

ブリジストンのベルトドライブの場合、フローティングメカニズムになっていますから、通常使用で発生する程度の伸びには対応できるはずです。

http://www.bscycle.co.jp/root/catalog/prestino/labo.html

一番大きいのは駆動部のメンテナンスフリー化でしょうね。チェーンよりその点は有利です。お袋に買ってやったのはもう10年前ですがタイヤ交換以外は健在です。まあ、ガシガシは漕がないので持っているという面もあるでしょうね。少なくとも回転部が錆からフリーというのは大きいです。

短所はすでに出ていますが、タイヤ交換と変速が不自由(内装変速機しか使えない)なことと、パーツが特殊で素人(私もそうですが)にはいじりようがないことでしょう。

なお、選択肢として、丸石のベベルテック(シャフトドライブ)もお忘れ無く。inter-8とか、Loloの11速なんかと組み合わせた自転車を作ってくれないかなあ。無印のシャフトドライブ3段折りたたみも復活して欲しい。

Qママチャリの前ブレーキゴム交換について

いわゆる普通のママチャリの前ブレーキなんですが、レバーを締めると逆Uの字型の機構が車輪のリムを側方から挟むタイプです。
ゴムをはずしてみると、前輪の進行方向と逆向きに『<<<』のように切れ込みが入っています。
交換はしたことが無いのですが、何か方向が逆になっているようにも思います。

このブレーキゴムを交換したいのですが、どれを購入すれば良いですか?
リムは27インチサイズで、記号などは書かれていません。
なお息子の24インチの普通車にも同じタイプと思われるブレーキゴムが取り付けられています。

Aベストアンサー

確かに10年経ってあまり減っていないのであれば、強い前ブレーキは掛けていないと思います。
そうであれば交換でなくてリム側の面を削れば使うことができます。
表面にひび割れ等があれば交換した方が良いでしょうが、内部はそんなに変質する物ではありません。
カーターナイフで薄く削るか、紙やすりで削って新しい面を出せば良く効くようになります。

ブレーキシューのリムに当たる部分が光って硬くなっていると思いますが、こうなるのはいつも弱いブレーキだけを使っているために表面が削れないで、こすれたり焼けたりして硬化するからです。
下り坂などで弱いブレーキを掛け続けないで、速度が上がったら少し強いブレーキを掛けて表面が削れる様にすると硬化しないようです。

Qフロントギア3枚→2枚の物に変更することについて

私が使用しているシクロクロスバイクは元々フロントが3枚ギアでした。リアは8段変速。しかし、フロントギアを2枚の物にした方が、シンプルで変速もスムーズに楽にこなせるのでは、という期待から、コンパクトクランク 50-34Tの2枚ギアに変更することも検討中です。

ショップの人に聞いたところ、フロントギアを3枚の物から2枚の者に交換する時のメリットは、車体が軽くなる、3枚ギアよりも全体幅が狭くなるのでガニ股ペダリングを防げてペダリングがスムーズになる、ということを話してくれました。

私自身は、現在の3枚ギアを使っていて不便に感じることは、インナー(最小)ギアは通常の平坦な道を走行するときは使用しないので不要であること、インナーギアからミドルギアにシフトチェンジする時スムーズにいかなくて、いちいち下を見てチェーンが、ちゃんとミドル(真ん中)ギアにはまっているか確認しなければならないから、前方不注視になり危険、といったことです。

元々フロントギアが3枚だった物に対して2枚ギアに変更した場合の、メリットまたはデメリットを教えてください。

Aベストアンサー

リヤが8速のままでは、フロントをトリプルからコンパクトクランクにした場合、本来的にはギヤ比の差が大きいため変速はスムーズにはなりません。
しかし、調整の難しいトリプルよりはセッティングがしやすいという意味で、現状よりも良好な変速性能が得られる可能性は高いでしょう。

でも、どうせフロントディレーラーと、比較的高額な左右シフターとクランクというかチェーンセットの交換が必要ですので、あと3万円ほど足して、思い切って11速の105とかにコンポを全交換しちゃったほうが得策かもしれません。
これなら、格段にスムーズなフロント&リヤ変速操作が可能ですし、トリプルに対応した現状の8速ではギヤ比の大きいスプロケットが無いでしょうから、低いギヤ比が使えなくなるデメリットがなくなります。

あと、軽くなるのは確かですが、同じグレードのコンポならば、僅かな重量ですね。それよりも店員さんが言うようにQファクターが小さくなる利点が顕著でしょうが、それの受け取り方も個人差が大きくて、絶対的なものでは無いでしょう。

Qローラーブレーキに対応したブレーキレバー

 ローラーブレーキに対応したブレーキレバーとはどんなものでしょうか。購入した自転車がローラーブレーキだったのですが、リアの制動力が全くありません。故障かと思ってユニットごと新品を購入して入れ替えたのですが、制動力はほとんど変わりありませんでした。これはもしかしたらレバーではないかと思い至ったのですが、ローラーブレーキに適合したレバーはVブレーキレバーが正しい選択なのでしょうか。

Aベストアンサー

シマノはカンチ用を推奨しています。
http://techdocs.shimano.com/media/techdocs/content/cycle/SI/RollerBrake/SI-75D0B_EN_v1_m56577569830604397.pdf

取り扱い説明の左下で「C-R Modeを選択する」となっており「カンチブレーキ対応モードで使用しろ」とのことです。

Qボトムブラケットの規格 測り方がわからない

BBを交換しようと思いますが、規格の一覧を見つけましたが、
どう測ったものかわかりません。
http://www.geocities.jp/jitensha_tanken/bottom_bracket.html#BBshell
BB交換の際に見るのはBBシェルの規格と、テーパー規格だけでいいでしょうか?

BBシェルだから、BBの幅ではなく、フレーム側の幅を計ればいいんですよね?
はずしたほうが正確なのですが、面倒なので、つけたままBBとBBシェルの間を、
クランクが邪魔だなと思いつつノギスで測ったら、68.5mmでした。
これはISO,JIS規格だとおもっていいでしょうか?

Aベストアンサー

パーフェクトな補足ありがとうございます。

・TREK 1.5(2008年モデル?)
BB 「VP-BC82」 BC1.37"x24T 68x110.5
クランク ボントレガー 「BR7GADE」
>1.37"x24T(ネジ径) 68(シェル幅)x110.5(軸長)が
BB規格。
もうJIS68ハンガーで間違え在りませんね。
で、肝心のテーパーですが…
ボントレガーのクランクは、もともと
シマノ置き換え品として作られているものがほとんどですので
アメリカ製であったことからもJISテーパーです。
=ISOテーパーは基本ヨーロッパ系・フランスイタリア系のパーツです。

・Peugot CADET (2003年春~夏ごろの購入だと思う)
BB shimano 「BB-LP28」 68 BC1.37x24
クランク shimano 「FC-MC20」
で、こちらは答える必要がないくらいシマノですね。
JISテーパー。
軸長は、実物を計って調べてください。
情報としては、126mmが適合するはずですが…
確実なのは現物の軸長です。

いずれも最近のBBですので
オフセットは普通です。

また、110.5と110とか111とかは、
神経質になる必要は在りません。
=近似値で調整可能と考えて良いです。
逆に言えば、110必要なんだけど、
すこしアウタートップを軽く使えるようにしたい…とかの場合
111でも113でも使用可能です
オフセットは左右均等なので、
1mmの長さの差=チェーンリングが0.5mmずれるだけ。

また。
四角テーパーの泣き所ですが、
そう言う使い込んだクランクの場合、
勘合部がどうしても減ってしまい、
前よりも深く刺さるようになってしまう場合が多くあります。
ですので、
110.5の軸長が標準であれば
111や113を選択すべきです。
間違っても109とかは選択すべきではありません。
=勘合が深くなっているのと合わせて3mm以上ギアが内側に入ると
アウタートップやミドルトップがかなり苦しくなります。
=チェーンがすこしごりごり言っているかもしれません。

パーフェクトな補足ありがとうございます。

・TREK 1.5(2008年モデル?)
BB 「VP-BC82」 BC1.37"x24T 68x110.5
クランク ボントレガー 「BR7GADE」
>1.37"x24T(ネジ径) 68(シェル幅)x110.5(軸長)が
BB規格。
もうJIS68ハンガーで間違え在りませんね。
で、肝心のテーパーですが…
ボントレガーのクランクは、もともと
シマノ置き換え品として作られているものがほとんどですので
アメリカ製であったことからもJISテーパーです。
=ISOテーパーは基本ヨーロッパ系・フランスイタリア系のパーツです。
...続きを読む

QママチャリのBBやハブはメンテ無しでも十年安全?

自転車屋さんはママチャリのオーバーホールなど引き受けないようなご回答をいただきましたが、でもほかの過去質問を見ても9年とか10年以上とか、同じ自転車を乗り続けてる人は多いように思います。
雨ざらしで9年もたてばハブのグリスは完全に切れてると思うんですが違うんでしょうか?
それとも、自転車と人間の重量で舗装路走行程度の負荷ではグリスはあってもなくても同じなんでしょうか?
一般的に、ママチャリの回転軸部分の寿命は設計時、何年、何キロメートル走行程度を想定してるのか、教えてください。

Aベストアンサー

>自転車屋さんはママチャリのオーバーホールなど引き受けないようなご回答をいただきました

いやいや、お客さんだからお金を払ってもらえれば引き受けますよ。
その価値があるかどうかは自転車屋は判断しない。
依頼された仕事をするだけ。

>でもほかの過去質問を見ても9年とか10年以上とか、同じ自転車を乗り続けてる人は多いように思います。
>雨ざらしで9年もたてばハブのグリスは完全に切れてると思うんですが違うんでしょうか?

雨ざらしで9~10年たった自転車をそうそう乗っているとは思えない。
安物のママチャリだったらサビる。
ステンレスでもサビるよ。
塗装も紫外線でヤラれる。
タイヤだってノーメンテというわけにはいかない。
たぶんそこそこの値段がするスポーツ車を駐輪場や室内保管でしょう。
ちなみに我が家でももう4年ほどマンションの駐輪場(屋根付き)で放置しています。
オーナーは娘ですが、遠方で下宿している大学生なんで、ほったらかし。
それはそれはひどいものです。
処分される廃品自転車のほうがよほどキレイ。

>それとも、自転車と人間の重量で舗装路走行程度の負荷ではグリスはあってもなくても同じなんでしょうか?

耐久性を考えなければ無くてもいいでしょう。
でもね、ベアリングを受ける鉄の部分(玉押し)はキレイに研磨されていて、水の一発でサビるよ。
そこにベアリングが回転すればサビは落ちるけど、潤滑剤が無いので摩耗でヤラれる。
どっちみち10年以上雨ざらしの回転部分なら、グリスは肝心な場所に留まらず周辺に固着している。
そういう使い方をするユーザーは、不調を身体で感じる神経が無いし、壊れれば買いかえるだけなんで別に困らない。

ところでNo.2さん。
>ハブにグリスをどうやって足すの?
>車輪はずして、スポークもバラして交換?

どうしてハブのグリスアップにスポーク外すの?
カップ・アンド・コーンなら玉押し外してシャフトを抜けばいいんじゃない?
私の自転車にはカンパレコードのハブが多いのでシェルのグリス穴からグリスガンで注入することもできるけど、グリスガンもガン用のグリスも持っていないから玉押し外すしかないけどね。
今流のシールドハブはスポーク外しゃグリスアップできるのかな?

>元自転車製造者です。

ホントかいな。

>自転車屋さんはママチャリのオーバーホールなど引き受けないようなご回答をいただきました

いやいや、お客さんだからお金を払ってもらえれば引き受けますよ。
その価値があるかどうかは自転車屋は判断しない。
依頼された仕事をするだけ。

>でもほかの過去質問を見ても9年とか10年以上とか、同じ自転車を乗り続けてる人は多いように思います。
>雨ざらしで9年もたてばハブのグリスは完全に切れてると思うんですが違うんでしょうか?

雨ざらしで9~10年たった自転車をそうそう乗っているとは思えない...続きを読む

Qインター3からインター8への換装

現在シマノnexusインター3を搭載した20インチ車に乗っています。
3速での物足りなさからインター8への換装を考えているのですが、
作業上の注意点等はありますでしょうか?
ちなみにホイールを組んだ経験はなく自信もないので、ホイールは
完組品を通販で購入する予定です。いわゆるママチャリなら完全に
バラしてから組み立てることはできます。精度や安全性を考えれば
もちろんプロの方にお願いするのが一番ですが、好きなので自分で
やってみたいのです。
できれば経験のある方、よろしくおねがいいたします。

Aベストアンサー

うちの場合は、アルミフレームのバック広げは、危険なため基本的にやっていません。

インター8、20インチホイールは、かなり組んでいますが、フレームを広げる場合は取り付けはご自分の判断でという事になります。

ワイヤーの取り付けはインター3がブッシュロッドの上にカバーをかぶせて変速しているのに対して、8は、本体から変速ワイヤ機構が出ているため、フレームの形状や角度によってどうしてもワイヤーの取り回しが不可能な場合があるのです。
さらにハブのフランジが3より8の方がかなり大きいため、今ついている3のハブが十分フレームから離れていないなら8をつけた場合、ハブ自体が干渉する場合があるのです。

つまるところ、その自転車に現物であわせながら取り付けないと難しいという事になり、うちの場合もインター8装着の場合は必ず自転車を持って来てもらってます。

Q内装3段→8段に交換すると費用は?

ブリヂストンのアルベルトに乗っています。
内装3段ですが、これを8段に交換したいのですが、
パーツは入手できるでしょうか?パーツ代はいくらくらいでしょうか?
(※自分で交換できそうですので工賃は除外してください)
ホイールに組んだ状態で売っているのか、バラでしょうか?
バラの場合スポークの長さなど変わってくるんでしょうか?

Aベストアンサー

シマノでは変速機単体での扱いしかありません。内装の完組ホイール(Loloなども含めて)も見たことはありません。
シマノの場合、inter-3とinter-8でスポーク長は変わらないはずです。

シマノのNEXAVE inter-8のSG-8R20が\13,860
http://cycle.shimano.co.jp/catalog/cycle/products/component.jsp?PRODUCT%3C%3Eprd_id=845524441763081&FOLDER%3C%3Efolder_id=2534374302054812&ASSORTMENT%3C%3East_id=1408474395181820&bmUID=1204290786636&bmLocale=ja

シフターはレボ(SB-8S20)が\3465、ラピッドファイヤ(ST-8S20)が\3885です
http://cycle.shimano.co.jp/catalog/cycle/products/component.jsp?PRODUCT%3C%3Eprd_id=845524441763066&FOLDER%3C%3Efolder_id=2534374302054813&ASSORTMENT%3C%3East_id=1408474395181820&bmUID=1204290782246&bmLocale=ja

そのほかに、アウターやインナーは交換必須、グリップなども交換することになると思います。現状のアルベルトのリアブレーキがわかりませんが、これも交換が必要になるかも知れません。ということで、パーツだけで最低二万は必要でしょう。
ちなみに工賃はホイール組まで入れて1-1.5万くらいでしょう

ホイールを組んだことがあって、ブレ取り台を持っているなら別ですが、自分でやるのはかなり敷居が高いと思いますよ。それに、アルベルトのようなベルトドライブのハブは、通常の方法や工具では簡単には弄れないんじゃないかな。もしかして付かない可能性もか慣れアルので、シマノで確認してください。

あと、町の自転車屋やホームセンターだとだとシマノのフルカタログを用意していないところも多いので、注文できない場合がありますし、部品だけの注文は受けてくれない店もありますから、店は選んでください。

シマノでは変速機単体での扱いしかありません。内装の完組ホイール(Loloなども含めて)も見たことはありません。
シマノの場合、inter-3とinter-8でスポーク長は変わらないはずです。

シマノのNEXAVE inter-8のSG-8R20が\13,860
http://cycle.shimano.co.jp/catalog/cycle/products/component.jsp?PRODUCT%3C%3Eprd_id=845524441763081&FOLDER%3C%3Efolder_id=2534374302054812&ASSORTMENT%3C%3East_id=1408474395181820&bmUID=1204290786636&bmLocale=ja

シフターはレボ(SB-8S20)が\3465、ラピッドファイ...続きを読む

Q前後に異なる太さのタイヤを使用した場合のデメリット

ブリジストン CA900を3ヶ月前に購入し、月700kmほど、サイクリングを楽しんでる初心者です。

タイヤですが、700×28cがついており、磨耗したら、23cに付け替えたいと考えておりました。理由は、軽く走れる(らしい)ことと、もうひとつ、マンションのエレベータに持ち込む際に、毎回前輪を外す必要がありますが、前輪Vブレーキのワイヤーを外しても、若干タイヤを外す際、タイヤとブレーキシューが引っかかるためです。

先日、サイクリング時にガラス片を踏み、タイヤ1つが2cmほど裂けてパンクしたため、磨耗を待たずに交換となりました。
しかし、パンクしていないタイヤは、まだ使えることと、予算問題もあり、前輪に23c、後輪に28cのタイヤをつけることを考えました。

自分で考えたデメリットは、サイクリング時に予備チューブを余計に携帯しないといけないことですが、そのほかに、デメリットはあるでしょうか?
前輪、後輪ともに交換がベストであることは、十分承知しております。

Aベストアンサー

車やオートバイの世界では、前後サイズ違いなんてのはごく当たり前ではありますが・・・自転車では、確かにあまり見ませんね。
ビーチクルーザーなどではフロントに細く、リアにブッといタイヤを入れてたりしますが、ロードバイクに限定しての話です。
タイムトライアルマシンで、フロントだけ650Cを入れて小さくして空気抵抗を減らす、などというケースはありますが。

まず、すぐ思いつくのは前後の直径の違いですね。
当然28Cの方がデカいので、今よりやや前傾がキツくなります。
しかも、ハンドルやサドルの高さの調整による前傾ではなく、車体そのものが前のめりになるので、わずかながらキャスターが立って、しかも前に細く反応がクイックな23Cがきてるので、全体的にオーバーステア傾向が若干強くなるような気がします。
(と言っても、直径の違いはいいとこ1cm程度なので、わずかな違いですが)
逆に前28後23だと若干アンダー強くなる気がします。
前後のグリップバランスも変わってくるので、おそらくこの「旋回性に対する影響」が一番大きいんじゃないでしょうか。
前後23C、及び前後28Cに比べて、若干クセのある操縦性になるかもしれません。

あとは、見た目ですね。
おそらく前23後25ならさほど目立たないでしょうが、さすがに23/28の組み合わせだと、見た目の違和感がけっこうあるのではないかと。
(前28後23よりは、ずっとマシという気がしますけれど)
そんなもの気にしない、というのであれば、これは特にデメリットたりえませんが。
むしろ、ホットロッドみたいでカッコいい、なんていう人もいるかもしれませんが・・・
あとは、23Cと28Cでは当然指定空気圧も変わってくると思うので、空気圧管理がちょっと面倒になるとかいうのもありますね。

ただ、市販タイヤでも前後サイズ違いという例はあります。
コンチネンタルのアタック/フォースがそうですね。
アタックは前輪専用で22C、フォースは後輪専用で23Cと、わずかながらアタックの方が細くなっています。
オートバイのタイヤは前輪用と後輪用で、同じサイズでもパターンが違うので、一応逆は使用不可となっています。
自転車タイヤで前輪専用、後輪専用があるのは、知る限りではこのアタック/フォースだけですね。
こういうタイヤって、もうちょっと増えてもいいように思うんですが。

ちょっと脱線しました。
結論としては、おそらくやったことのある人はあまりいないため、「やってみないとわからない部分が大きい」と言えます。
もっとも、前後28Cを前後23Cにした時の操縦性の違いほどではないと思います。
23Cに何を入れるかにもよりますが、28Cの時よりも軽く、クイックで、切れ味鋭い走りになると思います。
ただ逆に言えば、28Cのいい意味でソフトでダルな、気を使わない操縦性は失われて、固く、ナーバスで、不安定な気を抜けない動きになります。
とはいえ、元々のフレームがリアセンター430mm、ホイールベースも約1020mmの、かなり安定性重視のフレームなので、そうそうひどいことにはなりません。
(私の自転車のように、リアセンター400mmしかない、まっすぐ走らないジャジャ馬とはわけが違いますから・・・)
むしろ、安定志向フレーム+太めのタイヤの組み合わせで、ややもったりした動きが適度に軽快になるかもしれませんね。
ただ、23Cは確かに走りは軽くなるのですが、かなり空気圧が高くなるので乗り心地が固くなるのと、いろいろ気を使うようになるため、ゆったり乗りたいのであれば、25Cくらいで抑えておくというのもアリです。

車やオートバイの世界では、前後サイズ違いなんてのはごく当たり前ではありますが・・・自転車では、確かにあまり見ませんね。
ビーチクルーザーなどではフロントに細く、リアにブッといタイヤを入れてたりしますが、ロードバイクに限定しての話です。
タイムトライアルマシンで、フロントだけ650Cを入れて小さくして空気抵抗を減らす、などというケースはありますが。

まず、すぐ思いつくのは前後の直径の違いですね。
当然28Cの方がデカいので、今よりやや前傾がキツくなります。
しかも、ハンドルやサド...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング