出産前後の痔にはご注意!

太陽を撮影すると、カメラ(デジカメ)が壊れると聞きました。
これは本当でしょうか?

夕日を撮影しようと思ってます。
世の中には、夕日を撮影している人が沢山いますが、彼らはリスクを承知で撮影しているのでしょうか?
夕日を撮影しても、カメラを傷つけない特別な技でもあるのでしょうか?
それとも、日中に比べて夕日は光が弱いので大丈夫なのでしょうか?

アドバイスいただけましたら助かります。
宜しくお願いします。

A 回答 (6件)

一眼レフの場合(フィルム/デジタル含む)、注意書きが記載されている場合がありますね。


夕日というより、太陽を構図に入れる場合の注意ですけど。

風景写真を撮影される方が常套手段として使用する、ミラーアップ撮影時の注意で、ミラーアップ時にシャッター幕が
太陽の直射光で熱せられる事によって歪みが生じ故障する場合があるというものです。
シャッター幕って黒色なんで効果てき面みたいです。

※ミラーアップ
 一眼レフの場合、レンズを通った光をファインダーに導く為にシャッター幕の前にハーフミラーを配置しています。
 通常の撮影ではシャッターが開く直前にミラーが跳ね上がり、フィルム側(シャッター幕)へ光が通るようになりますが、
 この時の稼動ショックでブレの原因になります。
 これを嫌って、ミラーを予め跳ね上げておいてシャッターを切る事で少しでもブレを防ごうとする機構です。

もし、(ありえないと思いますが)太陽を長時間の露出で撮る場面があるとすれば、撮像素子に悪影響が生じる可能性
はあります。

もっとも沈みかけの太陽は、屈折率の高い光(赤色系)しか届いていないので、エネルギーがた落ちです。
よっぽどの大口径レンズや望遠鏡経由でもない限り、普通に撮影する分には問題無いと思います。
経験から言えば、”夕日” で壊れた事はありません。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。安心しました。

お礼日時:2004/09/18 07:03

太陽の様に強い光を受けるとCCDが焼ける場合があります。


以前、夕日専門で撮っていた人が、焼けてしまい画像の色が赤みがかる様になりました。
コンパクトデジでは、電源が入っている間はCCDに光が当たるので、意外と長時間強い光が当たる事になります。
一眼デジですと、シャッター幕があるので、撮影時のみCCDに光が当たるので、影響は少ないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

壊れることもあるのですね。参考になります。
けど、下の方々の話を参考にすると、私の使い方では、それほど酷な使い方をするわけではないので、気にしないことにします。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2004/09/18 07:08

このうわさ、古いビデオカメラのことから始まったのかもしれませんね。


今のカメラはほとんどがCCDを使っていますが、それ以前は撮像管が使われていました。これは、CCDと違って強い光に弱く、太陽にカメラに向けると焼きつきが生じる事がありました。
このため、撮影の都合上、どうしても太陽を入れる必要があるときは焼きつきに強いものを慎重に使ったそうです。
昼間の太陽は高い位置にあるので不意にカメラを向けることは少ないのですが、夕日は低いのでうっかりして太陽に向けてしまうことがたまにあったそうです。

今のCCDは強い光には強いのであまり心配は要らないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

安心しました。ありがとうございます。

お礼日時:2004/09/18 07:01

 虫眼鏡で太陽の光を集めて黒い紙を焦がしたことってありますよね?



 あの原理と同じで、太陽などの明るい光源を一点に集中させるような撮影の仕方をするとカメラのCCDやCMOSなどの撮像部を焼いてしまうことになります(フィルムカメラであればフィルムが焼けてしまいます)と、昔から言われているのですが。

 実際に太陽を撮ればわかるのですが、撮像部に光が当たっている時間は長くて数秒、ほとんどは数分の一秒の世界です、また絞りや撮像部を保護する機能がありますので、直接太陽光を当てたとしても、それがカメラに影響を及ぼすことはありません。

 しかしながら、短い時間の撮影を繰り返して数十分になるような撮影の場合にはカメラも熱を持って危険な状態になりますが、安全装置が働いて撮影そのものが出来なくなるように作られています。

 このようにリスクはありますが、それが害を及ぼすことはありませんので、夕景の撮影をされているのでしょう。
また、昼間の太陽に比べて夕焼けなどの太陽の明るさは1/4程度しかありませんから、大丈夫ですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
あまり心配することなさそうですね。

お礼日時:2004/09/18 06:59

ps5530 さん こんにちは。



私は 小学生の頃から写真を撮ってますが 聞いたこともないですし カメラ雑誌で読んだこともないですし 実際私も撮影しますが 壊れたこともありません。

本当に壊れるのであれば 必ず 取扱説明書に注意書きがあると思います。
 
安心して どうぞ ...   。
 

 
注意!!

ただ 太陽などの強い光は ファインダーをのぞいた時に ps5530さん ご自身の目を傷める可能性があります。

(夕日であれば それ程心配しなくても... と思います。) 
 
 
 
 
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私のカメラは、ファインダーも液晶になっているので、目を傷つけることはないと思います。
ご心配いただき、ありがとうございます。

お礼日時:2004/09/18 06:57

デジカメで夕日を撮ったことありけど、今もそのデジカメは何ら問題なく動いています。


そういう話を知らずにやったのですけど、たまたま動いているんですかね?w
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
私も2回ほど夕日を撮ったことがあるのですが、そのカメラは壊れずに動いてます。
知り合いから「夕日を撮ると壊れる」と聞き、信用できなかったので、ここで質問させていただきました。

お礼日時:2004/09/18 06:55

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qデジタルカメラで太陽を直接撮影すると故障する?

みなさん、いつも丁寧な回答をありがとうございます。

 私はコンパクトデジタルカメラを利用しているのですが、太陽が印象的な場合、撮影したいと思うときがあります。

 でも、デジタルカメラを直接太陽に向けると良くない、というような話を聞いたことがあり、躊躇しています。

 実際、カメラを昼間の太陽に向けて撮影すると、故障につながったりするのでしょうか。

ご回答、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

コンデジでしたら、普通に撮影する場合は、日中の太陽撮影は止めた方がいいです。フィルターワーク等やり方はありますが、多少のカメラ知識、撮影スキルが必要ですので省略します。
理由は以下の通り。
撮影するときには、カメラがオートマチックで、ピントを合わせますね。
ピントが合うと言うことは、受光素子に光が集中することになります。
太陽光で虫眼鏡を使って、紙を焦がした経験はありませんか?
受光素子が、この場合の紙に相当しますので、受光素子が焼けてしまう可能性が高いです。
デジ一なら、コンデジよりも簡単なのですけどね。

Q太陽を撮影するとCCD、CMOSが焼き付く?

太陽を撮影したのですが、その後日、太陽を撮影するとCCDやCMOSのセンサーが焼き付く事があるという話を目にして凹んでいます。

インターネットで調べてみたのですが、それらの事が明確に書かれているサイトが見あたりませんでした。

実際にあるのでしょうか?
自分が使っているデジカメはデジタル一眼で、太陽を撮影していた時は1/3000だとか1/4000という高速シャッターになっていたので、センサーに光が当たっていた時間は非常に短いから大丈夫なんじゃないか?と自分で自分を諫めています(^_^;)

どなたかご存じの方教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 フォーカルプレーンシャッターの前にはミラーがあります、シャッター部に光を集めるにはミラーを上げなければいけませんが、そうすると像が見えないですから通常はそーいう事をしませんから焼ける間もなく。

 フィルムやセンサーの部分に焦点を結ぶ事でその部分が焼けて、という害はありますが、通常の使用において、1回の露光でそれがおきる事は少なくバルブや1秒以下の長時間露光時に注意が必要なだけであって1/15s以上のシャッタースピードであれば大丈夫です。

 何らかの形や前回のマニュアル設定のままシャッターを切った時に(長時間露光の設定のまま)あれ?おかしいぞ、真っ暗だぞってな時にどんどん光が当ってしまう事がありますので、そーいう時だけ気をつければいいでしょう。

 構図として太陽を画面の中に入れてこれまで何度も撮影していますが、それらに注意することで全く影響は受けていませんから安心して撮影してください、でもまあ100コマ連続で同じ構図とかならないようにね、

Qカメラのレンズにカビがあるかどうかどうやって見分ければいいのですか?

手持ちのカメラのレンズにカビがあると言われたものがあるのですが、私が見てもよくわかりません。
どうやってみわけてるのでしょう。
また使用に差し支えないカビの量などもどうやって見分ければいいんでしょう?

Aベストアンサー

カメラ屋の店頭で、レンズを蛍光灯のほうに向けて片目で覗いているのはよく見かける風景です。もちろん慣れていればこれでも分ります。しかし、蛍光灯は面光源なので小さなカビや、埃は見落としてしまうことがあります。このようにして覗いてみて、よく分らなければ、写真に写したときにはまっったく問題がないでしょう。
カビ、埃を見つけるのにとっておきの方法があります。それは、レンズを通して懐中電灯の電球を覗き込むことです。特に、電池が少し消耗して少し暗くなった程度のものが一番いいようです。懐中電灯でなくても、フィラメントが見える白熱電灯でも同じです。
こういうことをすると、中古カメラ屋はいやな顔をします。この方法によると、カビ、埃はもちろんのこと角度によってはレンズの拭き傷、バルサムの劣化による曇りなど手に取るように分りますよ。一面にカビが生えてしまったものは写真を撮ったとき影響が出ますが、ぽつぽつと小さなカビが点在する程度なら気にすることはありません。これ以上カビが増えないように、レンズを乾燥したところに保存することです。あなたがよく見ても分らないのなら問題ないと思います。

カメラ屋の店頭で、レンズを蛍光灯のほうに向けて片目で覗いているのはよく見かける風景です。もちろん慣れていればこれでも分ります。しかし、蛍光灯は面光源なので小さなカビや、埃は見落としてしまうことがあります。このようにして覗いてみて、よく分らなければ、写真に写したときにはまっったく問題がないでしょう。
カビ、埃を見つけるのにとっておきの方法があります。それは、レンズを通して懐中電灯の電球を覗き込むことです。特に、電池が少し消耗して少し暗くなった程度のものが一番いいようです。懐...続きを読む

Qフォーカシングスクリーンを拭いてしまいました

質問失礼します。
まったくの一眼レフ初心者の失態なのですが、先日、ファインダーを覗いた時に見えるゴミが気になって、説明書もまともに読まずに、ミラー上部のザラザラしたガラス?のような部分を拭いてしまいました。
そのあとファインダーを覗き込むと、ゴミが増えていたのでもう一度拭くと、増えた分は消えましたが、最初から気になっていたゴミは消えませんでした。

色々ネットで調べ、絶対に触ってはいけない場所だったという事を知りショックを受けました。

後悔しても仕方ないので、勉強の為にも知りたいのですが、このフォーカシングスクリーンを触ってしまうと、撮影にどんな影響が出るのでしょうか?

拭いてしまった後も、何度か撮影しましたが初心者のせいかファインダーから見えるゴミ以外に変化が特にわかりませんでした。

ピントに影響が出るのでしょうか?
それだと、少し思い当たるというか、普通に被写体にピントを当てて撮影する分には特に問題ないのですが、被写体にピントをロックしたままずらして撮影するとボケている事が多いです。

しかしこれは撮影技術の問題もかなりあると思のですが、それがフォーカシングスクリーンを拭いてしまったからなのか、私の腕の問題かわかりません。
関係あったりするのでしょうか?

長くなりましたが、フォーカシングスクリーン、又はミラー部分を拭いてしまった場合に出る主な影響と、ピントが合わない事が拭いてしまったせいなのか知りたいです。

あと、もし点検、修理に出す場合、保証は効かないと思いますので、どれくらいお金がかかるのでしょうか?大体で結構ですのでわかる方いましたら教えていただければ幸いです。
よろしくお願いします。

質問失礼します。
まったくの一眼レフ初心者の失態なのですが、先日、ファインダーを覗いた時に見えるゴミが気になって、説明書もまともに読まずに、ミラー上部のザラザラしたガラス?のような部分を拭いてしまいました。
そのあとファインダーを覗き込むと、ゴミが増えていたのでもう一度拭くと、増えた分は消えましたが、最初から気になっていたゴミは消えませんでした。

色々ネットで調べ、絶対に触ってはいけない場所だったという事を知りショックを受けました。

後悔しても仕方ないので、勉強の為にも知り...続きを読む

Aベストアンサー

フォーカシングスクリーンの他にピンとグラス、ファインダースクリーンとも言います。
フォーカシングスクリーンに映った画像を見て構図やピントを確認しますが、
画像を記録するのはフィルム、画像素子ですので画像には直接影響しないでしょう。
http://www.nikon-image.com/enjoy/phototech/manual/01/01.htmhttp://www.nikon-image.com/enjoy/phototech/manual/01/01.htm


>被写体にピントをロックしたままずらして撮影するとボケている事が多いです。
フォーカシングスクリーンを触ったこととは無関係とおもいます。
中央でピントを合わせた後、ずらす(角度を変える)と距離は若干ですが変化しています。
http://depth-of-field.doorblog.jp/archives/1124965.html

対策
フォーカスポイントが複数あるカメラなら適当なポイントを使えば良いでしょう。
http://www.nikon-image.com/enjoy/phototech/manual/16/02.htm
フォーカスポイント中央のみならば、絞りF値を大きくして(絞って)視写界深度(ピントの合う範囲)を広げてはいかがでしょう。
http://www24.big.or.jp/~antares/photo_gallery/camera/camera3.html

>もし点検、修理に出す場合、保証は効かないと思いますので・・・
製造過程で入っていたゴミがファインダースクリーンに落ちたと考えれば保証対象でしょう。
保証期間中に販売店かメーカーに相談されることをおすすめします。

質問される時はメーカー名、機種名も書いた方が的を得た回答が望めますよ。

フォーカシングスクリーンの他にピンとグラス、ファインダースクリーンとも言います。
フォーカシングスクリーンに映った画像を見て構図やピントを確認しますが、
画像を記録するのはフィルム、画像素子ですので画像には直接影響しないでしょう。
http://www.nikon-image.com/enjoy/phototech/manual/01/01.htmhttp://www.nikon-image.com/enjoy/phototech/manual/01/01.htm


>被写体にピントをロックしたままずらして撮影するとボケている事が多いです。
フォーカシングスクリーンを触ったこととは無関係とおも...続きを読む

QEOSのカメラのボディの清掃について

EOSに限らないんですが、黒い部分などをふくのに、クレ556などでふいても大丈夫でしょうか?
また他に良さそうなクリーニング液などがありましたら教えていただけたら嬉しいです
よろしく御願いいたします

Aベストアンサー

恥ずかしい話ですが、それを実行に移した男の話を聞いてください。

事はもう14、5年も前の事です。
つい出来心で、ピカピカになるかなぁ~と高校生の時から使い続けてきたEOS650を
磨いてしまいました。
クロスに556を軽く吹きかけて、ピカピカに磨き上げたのです。

最初は良かったのです。。。最初だけは。

しかし、ある時異常に気づきました。
塗装がおかしい!
ボディ全体の塗装がまるで水疱瘡のごときにブツブツと浮き上がってきたのです。

もう、時すでに遅し、でした。
最後は見るも無残な姿のEOS650が手元に。。。
いやぁ、あの時ほど自分の無知さを呪った事はありませんでした。

それ以来は#3さんも書かれていますが、基本はカラ拭きで、ガンコな汚れは台所用中性
洗剤を薄めて、ちょいちょいっと拭いた後きっちりカラ拭きしています。

浸透性の高いものは、あれ以来トラウマでシリコンクロスのシリコンも長い間に浸透して
塗装を剥離するという噂を聞き、以来使用しなくなりました。

やっぱり、カラ拭き、水(固く絞る)、薄めた中性洗剤がいいと思いますね。
取扱説明書にもそう書いてあると思いますよ。

恥ずかしい話ですが、それを実行に移した男の話を聞いてください。

事はもう14、5年も前の事です。
つい出来心で、ピカピカになるかなぁ~と高校生の時から使い続けてきたEOS650を
磨いてしまいました。
クロスに556を軽く吹きかけて、ピカピカに磨き上げたのです。

最初は良かったのです。。。最初だけは。

しかし、ある時異常に気づきました。
塗装がおかしい!
ボディ全体の塗装がまるで水疱瘡のごときにブツブツと浮き上がってきたのです。

もう、時すでに遅し、でした。
最後...続きを読む

Qレンズがやけるとはどういうことですか?

時々、オークションや写真関係のサイトでレンズがやけているというのが書かれているのを見たことがありますが、レンズがやけるというのはどういう状態なのですか?
レンズがやけて色が付くんでしょうか?
そういうレンズを使って写すと、プリントにも影響があるんでしょうか?

Aベストアンサー

 一般にレンズの劣化の状態を示す言葉としてキズ、クモリ、カビ、バル切れ、焼けなどが使われます。
 キズ、クモリ、カビは言葉の通りでそれぞれレンズの傷、白濁やスリガラス化、カビの繁茂を示します。
 バル切れはレンズの張り合わせにガラスと同じ屈折率の透明な接着剤としてバルサムというものが使用されていたのですが(最近は紫外線硬化樹脂など)これが部分的にはがれてきて気泡のように見える症状をいいます。
 焼けはレンズに使われるガラスや接着剤が経年変化で黄色-茶色に変色したものが言われているようです。白黒写真の場合黄色の変色はコントラストが増すので歓迎されることもありますがカラー写真ではカラーバランスが崩れるので避けた方がいいかもしれません。
 また、昔は特殊な屈折率のガラスとしてトリウムなどの放射性物質を混入したガラスが用いられていたのですがそれらのガラスは経年変化で特に黄色になりやすく、一部で放射能(焼け)レンズなどと言われているようです。

参考URL:http://uranglass.gooside.com/atomlense/atomlense.htm

 一般にレンズの劣化の状態を示す言葉としてキズ、クモリ、カビ、バル切れ、焼けなどが使われます。
 キズ、クモリ、カビは言葉の通りでそれぞれレンズの傷、白濁やスリガラス化、カビの繁茂を示します。
 バル切れはレンズの張り合わせにガラスと同じ屈折率の透明な接着剤としてバルサムというものが使用されていたのですが(最近は紫外線硬化樹脂など)これが部分的にはがれてきて気泡のように見える症状をいいます。
 焼けはレンズに使われるガラスや接着剤が経年変化で黄色-茶色に変色したものが言われ...続きを読む

Q新幹線指定席の時間の前に自由席はOK?

タイトルどおりです。たとえば指定席13時に予約していて、7時の自由席に座るのはOKなのでしょうか?
ルール上OKなのかどうか?というのがひとつと、到着後、乗車時間前だから改札通るときに通れない、なんてことないでしょうか?

Aベストアンサー

問題無いかと思います。
改札を通る際に、どこの席に座っていたかなど分かるはずないし。乗車券と特急券さえあれば出れるはずですよ。

Q人間露出計になるには

こんにちは。

露出計のついていないマニュアルカメラを使うのは現在カメラ屋さんで普通に変えるカメラを使うのとは全然違いますね。

今現在、
露出計のついているマニュアルカメラと、
露出計のついていないマニュアルカメラと、
最新のミラーレス一眼と、
少し前のデジタル一眼レフを持っています。

うち二台のマニュアルカメラは最近買いました。
露出計のついているカメラは適正露出とおもわれると○がアンダーやオーバーだと+-が表示されていて無知でも時間はかかるものの手探りで撮影できるかと思います。

露出計のついていないマニュアルカメラはなんの予備知識なしではまず撮れないですよね。
フィルムケースの対応表とか感度分の16ですか、そういう知識が必要かと書いてありました。

ですので、いまそういうのを調べているんですが、

とりあえず取るために手っ取り早く取れるようになるにはどうすればいいか。
そしておいおい知識を深めていくためにはどうすればよいか。

なるべく簡単な方法で教えてください。

昨日は居酒屋でマニュアルでチャレンジしたかったのですが、少し暗い感じで自信がなくて結局ミラーレスでとってました。
そういうところで、臨機応変に対応できたらカッコいいなぁって思います。

こんにちは。

露出計のついていないマニュアルカメラを使うのは現在カメラ屋さんで普通に変えるカメラを使うのとは全然違いますね。

今現在、
露出計のついているマニュアルカメラと、
露出計のついていないマニュアルカメラと、
最新のミラーレス一眼と、
少し前のデジタル一眼レフを持っています。

うち二台のマニュアルカメラは最近買いました。
露出計のついているカメラは適正露出とおもわれると○がアンダーやオーバーだと+-が表示されていて無知でも時間はかかるものの手探りで撮影できるかと思います...続きを読む

Aベストアンサー

昔はオール手動でしたから、皆自分の頭で設定していました。

基準として、ASA・・・じゃない、今はISOですが“100”を基準として
・普通の晴天なら---シャッタースピード(SS)1/125秒の時、絞りはF8が基準となります。
但し、レンズの明るさもありますので微調整は必要かと思います。

・曇りなら(少し曇っている程度で)、(SS)1/125秒の時、絞りはF5.6と一段明るくしてやれば、トータルとして同じ光量が確保できます。

・また、絞りをF8のままにしておく場合は、(SS)を1/60秒にすれば同じ理屈になります。

・ISOを200とした場合は感度が一段高くなりますから、絞りを一段落とすか(SS)を一段速いレベルに設定してやれば、光量は同じことになります。ISOを400ならば更に絞りを一段落とすか(SS)を一段速いレベルに設定することになります。

ごく簡単に言えば以上のとおりですが、日光の強い日はこの基準より光量が少なくなるように、暗い場合は光量が多くなるように設定してやります。

では、どの程度の明るさの時にどの程度の設定にするかは、沢山撮って体感的に覚えるしかありません。
あの時にあの設定でちょうど良かった、少し不足していたので次は少し多く光量が入るようにするとか、その逆に光が多すぎて撮った写真が白っぽくなったようならば、次は少し絞り込んで設定してやるとかして覚え込んでゆきます。

撮る場合に設定に自信がなく不安であれば、SSや絞りを変えて2~3枚撮るのも失敗しないコツですね。
私達のマニュアルオンリー機で育った世代は、そうして覚えてきましたが、便利なオート機能の備わったデジタル万能?の今でも、大事な写真は基準に対して絞りマイナスとプラスのを3枚撮り、適正なのを使うようにしております。
有り難いことに、今のカメラはそのように設定することができ、一々設定をしなくても撮れるようにはなっております。

文章に書けば難しく感じますが、覚えるより慣れろで・・・案ずるより産むがやすしですから、マニュアル操作をしたければ、「下手な鉄砲数打ちゃ当たる」式で経験積む以外にないでしょう。
約50年前にフィルムで始めたので、無駄なのを沢山作ってきましたよ・・・(^_-)。

もっとも、以上は自分の感覚を露出計としたごく原始的な方法ですが、別途露出計を求めてそれで計測、カメラをそのように設定するのが現代的かもしれません。プロはやはり露出計を使ってましたし、今でも厳密に撮る場合は使用していると思います。

昔はオール手動でしたから、皆自分の頭で設定していました。

基準として、ASA・・・じゃない、今はISOですが“100”を基準として
・普通の晴天なら---シャッタースピード(SS)1/125秒の時、絞りはF8が基準となります。
但し、レンズの明るさもありますので微調整は必要かと思います。

・曇りなら(少し曇っている程度で)、(SS)1/125秒の時、絞りはF5.6と一段明るくしてやれば、トータルとして同じ光量が確保できます。

・また、絞りをF8のままにしておく場合は、(SS)を1/60秒にすれば同じ理屈になります...続きを読む

Qライブビューモード

オリンパスのEM10を使用しております。
先日撮影していると太陽光が入ってきて、少し心配になりました。しかし夕日や太陽も撮ってみたいという願望もあり、減光フィルターなしでもカメラは大丈夫なのか、と色々調べていると、また新たな疑問が浮かび上がりました。

こちらのブログで ( http://pic.moo.jp/archives/1141/ )その方は日食をフィルターなしの素のレンズのままで、ファインダーを覗いて確認できないのでライブビューモードで太陽の位置を確認しながら撮影。1分くらいは露光していたと思うと書いていらっしゃいました。シャッタースピード 1/8000 絞り F45
ISO感度 100で撮りまくったということでした。

この方の文から、ライブビューで液晶に映像が映っている間は、撮像素子にずっと露光しているということなのか?という疑問が浮かび上がりました。

そこでまた色々調べてみると、ファインダーから覗くのは、ミラーで撮像素子を写しているので少し誤差がある。けれどもライブビューはそのまま撮像素子を見ているので誤差はない、ということがわかりました。

ということは、ライブビューで見ている間は、撮像素子を見ているから、液晶に映像が映っている間は、撮像素子に露光している???もしくは半押ししている間は露光している??ん??という疑問が頭の中をぐるぐる。。(笑)半押ししている間に太陽が入って、ぐずぐず構図を迷っていると、露光しすぎてセンサーが焼けるとかそういうことなのか?など、もう分からなくなってきまして。。。

冒頭に書いた、先日の太陽が入ってしまった写真。あれを撮るとき半押ししたまま構図を迷ったかもしれないのです。ライブビューで。あれはダメだったのかなぁと。

このライブビューというのは使うときは気をつけないといけないのでしょうか?普通に便利だな程度で使っていたので反省しています。

太陽そのものを撮るときは減光フィルターが必要だけど、太陽を含めた景色を撮るときは、フィルターなしでも大丈夫ともどこかに書いてありましたが、本当のところはどうなんでしょうか。夕日を撮りたいけれど、フィルターを持っていないので怖くて撮れません。仮にフィルターなしでも大丈夫としても、ライブビューで撮るのはカメラに良くないのでしょうか?

心配性の初心者ですので、基本的な質問かもしれませんが、どうぞよろしくお願いします。

オリンパスのEM10を使用しております。
先日撮影していると太陽光が入ってきて、少し心配になりました。しかし夕日や太陽も撮ってみたいという願望もあり、減光フィルターなしでもカメラは大丈夫なのか、と色々調べていると、また新たな疑問が浮かび上がりました。

こちらのブログで ( http://pic.moo.jp/archives/1141/ )その方は日食をフィルターなしの素のレンズのままで、ファインダーを覗いて確認できないのでライブビューモードで太陽の位置を確認しながら撮影。1分くらいは露光していたと思うと書いていら...続きを読む

Aベストアンサー

先の回答にあるように、ライブビュー状態では、常にイメージセンサが露光し続けている状態です。
そうでないと、ディスプレイに画像を表示できませんからね。

挙げられたページの方は、たまたま問題なかったと思います。
金環食のような状況では、光線も弱くなっています。それに、ライブビュー状態では、設定した絞りまで絞られますから、F45まで絞れば、イメージセンサに到達するまでに、相当減光されています。

>太陽を含めた景色を撮るときは、フィルターなしでも大丈夫ともどこかに書いてありましたが、本当のところはどうなんでしょうか。

仮に画面に大きく昼間の太陽を写そうとしたなら、早い段階でイメージセンサの焼きつきを起こす可能性は否定できません。ですが、風景でごく一部に太陽が写る程度であれば、問題ないでしょう。


>夕日を撮りたいけれど、フィルターを持っていないので怖くて撮れません。

夕日は光線量がかなり減っている状態(だから夕方は薄暗いのです)なので、これも10分20分と撮影し続けない限りは問題ないでしょう。実際にはセンサーが焼ける以前に、熱でカメラが自己防衛のためシャットダウン
するかと思います。

イメージセンサを焼き付かせてしまったという話は、実際には聞いたことはないですが、直視できないような明るさの太陽の長時間撮影は、皆さん避けているからでしょうね。
昔のフィルムのレンジファインダーカメラでは、太陽に長時間レンズを向けていることで、布幕のシャッター幕が焼けて穴が開いてしまったしまった、というエピソードもあります。


>写真を撮るというのは、シャッターを開けた瞬間の映像を撮像素子に写すんですよね?でもライブビューのように開きっぱなしだとどうするんでしょうか?デジタルだからそんなことは関係ないのでしょうか?

ミラーレス一眼の場合、ライブビュー状態はもちろん、電源を切っている状態でも、シャッター幕が開いている機種が多いです。
私が持っているNikon 1も同様です(写真参照)。
では露光する際はどうなるかというと、シャッターボタンを押した瞬間にシャッターが閉じられシャッターチャージ→シャッター幕が走って露光(撮影される)→シャッターが全開してライブビュー状態に戻る、というシーケンスになります。
機種によっては、シャッター幕がない、電子シャッターのみで撮影するカメラもあります。
この場合は、物理的にシャッター幕がないので、常に露光し続けている状態です。

先の回答にあるように、ライブビュー状態では、常にイメージセンサが露光し続けている状態です。
そうでないと、ディスプレイに画像を表示できませんからね。

挙げられたページの方は、たまたま問題なかったと思います。
金環食のような状況では、光線も弱くなっています。それに、ライブビュー状態では、設定した絞りまで絞られますから、F45まで絞れば、イメージセンサに到達するまでに、相当減光されています。

>太陽を含めた景色を撮るときは、フィルターなしでも大丈夫ともどこかに書いてありましたが、本...続きを読む


人気Q&Aランキング