白樺派の文学的主張について、次の中から正しいものを選んで下さい。   
 

 

理想や人間性を尊重するあまり、芸術の存在を無視するようになった。

良家の子弟が中心メンバーだったため、文学や芸術を職業とすることを嫌った。

人間尊重・理想主義を標榜し、芸術と現実生活の一致を目指した。

人間性と芸術性の矛盾に悩み、集団生活の実現でこれを解消しようとした。

A 回答 (1件)

人間尊重・理想主義を標榜し、芸術と現実生活の一致を目指した。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

OKAT様、ありがとうございました。お陰で、解決致しました。当方、東京23区在住者です。男です。来月12月で、48歳になります。通信制の大学3年生です。今日は、東京は、晴れです。来週は、国保検診と、裁判があります(私は、民事で出廷せず、弁護士が出廷) あと、35日で、大学の全学修が終了予定です。ノートパソコンは、東芝製の、ダイナブックです(秋葉原で購入)2012年に買いましたので、来年で、6年になります。今年も、残す、所、あと、1.5か月になりました。紅白歌合戦も近いです。とりとめもない、話をしましたが、回答どうもありがとう御座いました。

お礼日時:2017/11/15 13:31

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング