論語の中に
孟武伯、考を問ふ。子曰く、父母は唯だ其の病を之れ憂ふ。
と言うのがありますが、どのように解釈すればいいんでしょうか?
その他にも
子曰く、いう、汝に之れを知ることを誨へんか。之れを知るを之れを知るとなし、知らざるを知らずと爲す。是れ知るなり。
や、
子曰く、是れ未だ剛なる者を見ず。或るひとこたえて曰く、申たうと。子曰く、たうや慾なり。いずくんぞ剛なるを得ん。
など、どのような場面でどんなことをつたえようとしているのか知りたいんです。
一つでもいいのでどうか教えてください。
また、何かいいサイトがあったら紹介していただきたいです。
よろしくおねがいします。

A 回答 (2件)

宿題ですか?


古い解釈をひとつ。
大町桂月の新訳論語(明治45年)から。一部省略し口語訳しました。

父母にとっては子ほど可愛いものはない。どうぞ無事に健やかにあれとのみ祈る。今、君の境遇では身体を強壮にするのが何よりの親孝行だ、と。
思うに(大町桂月が)武伯は神経質で多少学問ができてもひわひわした青瓢箪、剛健の気に乏しい青年ではなかったるうか。今の学生にもこの類の人が多い。よくよく孔子の言を服用しなさい。

なお、この節の前後に**、考を問ふ。が並んでいますが孔子は一人一人に違った答えを与えています。

由は孔門随一の勇者。勇者の常として負け嫌い。知らぬことでも知らぬというのが悔しくて知った風をしたがる男だ。そうして愚者を圧し、識者には物笑いになる。孔子はこれを戒めて、由よ、汝に知ることを教えよう。それは他でもない、知った事は知っていると言い、知らぬ事は知らぬと正直に白状するのが知るというものだ。(大町桂月は説く)問うは一時の恥、問わぬは一生の恥、負け惜しみのみ強くて知った風をしていてはいつまでたっても見識が不徹底で人物が大成しない。世上に子路を小型にしたような人は多い。片腹痛い事だ。

孔子は言われた。わたしはこの年になるまで未だ剛者を見たことが無いと。ある人がこれを聞いてご門人のシンチョウはいかがかと問うた。答えて言われた。チョウは欲深い男だ。形は剛に見えても真の剛者ではない。欲があれば必ず動く。剛直不屈、水火も避けずという域には達してない、と。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
どれもよく分かりました、言葉の意味だけにとどまらずどのような場面で言われたことかもよく分かりました。

お礼日時:2001/07/09 17:24

 論語を主題に扱っているHPです。

なお、巻名が判れば、最後にあげたHPで探せばいいかと思います。
http://www2.justnet.ne.jp/~rukibo/kanseki/kansek …
http://www.chitose.ac.jp/~kyoin/person/kawabe/ro …
http://www02.so-net.ne.jp/~nogawa/damw/rongo.html
http://www.asahi-net.or.jp/~pd9t-ktym/kanmei.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても詳しく解説してありました。
助かりました、ありがとうございます。

お礼日時:2001/07/09 17:26

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q論語に関しての基本図書を教えてください。

論語の読書会をしています。
テキストには明治書院の漢文大系と宮崎市定の論語を使い、
学生時代、国文科の授業(古典籍の翻刻などが中心でした…)でやっていたように
古注などを参考にして読んでいます。
しかし何しろ門外漢なので、テキストの選択、参考図書などは
高校で教員をしていた時に使っていたものなどが中心になっています。
中文、あるいは哲学の方はどのように論語を読んでいるのでしょうか。
基本的な論語の読み方を教えてください。

Aベストアンサー

読書会ということなので、あまり参考にならないかも
しれませんが、私がおこなった「論語」の読み方を
紹介いたします。
私は、「論語」の注釈書にあたりました。
「論語集注」「論語正義」「論語会箋」などです。
「論語」についていろいろ解釈してるんですが、
それぞれ論が違っていておもしろいです。
でも漢文で書いてあるのを自分で書き下して読んでいかなくては
ならないので大変でした。
・・基本図書ではありませんが参考まで・・。

Q空調の吹き出し口でふく流型とありますが、ふく流とはどんな意味でしょうか? タバコのふく流煙のふく流と

空調の吹き出し口でふく流型とありますが、ふく流とはどんな意味でしょうか?
タバコのふく流煙のふく流と同じ意味でしょうか?

Aベストアンサー

ふく流型吹出口とは、吹出口の中心軸から全円周の外側方向に吹き出すもので、
天井付きディフューザに使用される。
このタイプの吹出口には、アネモ、パン、ルーバ型などがある。

Q論語 高橋和巳 中島敦

高橋和巳は、論語のことを説教くさく、道徳的でつまらないと思っていました。しかし、中島敦の論語について書いている本を読んでから、論語の面白さに気づき、感動を覚えたそうです。
そのことについて書いている本が出ているようです。
その本の名前分かる方、いらっしゃいますか?

Aベストアンサー

「論語 ― 私の古典」 という随筆であろうと思われます。

  儒教的倫理や制度は激しく攻撃され、『論語』は青年の
  手にする書物ではなくなっていた。
  それを手にした機縁は、道学的な関心ではなく、むしろ
  文学的なものだった。硬質の文体で知慧の悲しみとでも
  いうべきものを描き続けた中島敦の『李陵』という作品
  が私を中国文学に接近させ、『弟子』という作品が『論
  語』に開眼させたのだった。    (高橋和巳「論語」)

『高橋和巳全集 第十ニ巻 評論2』(1978年 河出書房新社)に収められています。

なお、Amazon と紀伊国屋で検索してみたところ、入手できなくなっています。わたしは図書館で借りて読みました。おもしろかったです。

Q燕雀いずくんぞ鴻鵠の志を知らんや

「燕雀いずくんぞ鴻鵠の志を知らんや」
の出典と、
同義語を教えて下さい。

Aベストアンサー

司馬遷の「史記」に載っている言葉です。


陳渉
秦朝の時代、項羽や劉邦に先駆けて、打倒秦朝を目指した農民一揆軍を結成。史記の中で「燕雀いずくんぞ鴻鵠の志を知らんや」という言葉を実際に言っている人物。

燕(つばめ)や雀(すずめ)のような小鳥には、鴻鵠(おおとりと、くぐい)のような大きな鳥の志はわからない。小人物には大人物の遠大な志は理解できないという事ですが、うーん同義語はわかりませんでした

Q論語は役に立ちましたか

日本人なら少しは誰しも読むだろう、名著「論語」
その論語は役に立ちましたか?

Aベストアンサー

ANo.1さんの言われる通り、別に「論語」を意識したわけではないが・・!
後から出典をを確認してそれと分かった・・!

「温(レ)故而知(レ)新」
「剛毅木訥近(レ)仁」
「言思(レ)忠」
「見(レ)得思(レ)義」
「不(レ)怨(レ)天、不(レ)尤(レ)人」
「己所(レ)不(レ)欲、勿(レ)施(二)於人(一)」
----------------------
(レ):返り点
(二)(一):一二点
・・・の意!
----------------------
・・など、当方が"そうありたい"と意識したりする事はある・・!
なので「役立っている」と言えると思う・・!

Q元若乃花曰く、「頑張っていらっしゃったので・・・」

 先日、とあるスポーツ番組を見ていて気になりました。
貴乃花関、引退か?!という話題の時に(まだ引退が決定していない時)、
花田勝氏がテレビに出演していたのですが、出演中ずっと貴乃花関に対して
「横綱は・・・と考えていらっしゃると思うので・・・」
「横綱は・・・される方ですので・・・」
とずっと敬語を使っていました。
そこで浮かんだ疑問。
「なぜ敬語なんだ??」
兄弟なんだから、敬語はおかしくないか?と一瞬思ったのです。
しかし、「花田(勝)氏は、今は『兄弟』ではなく、コメンテーター(解説者)
として出演しているから、一応敬語を使っているのか?」とも。
一応、後者の説で納得させようとしたのですが、聞いていて、個人的には
とっても違和感がありました。

 私としては、兄弟であることは皆知っている事実なので、
自然体で、「彼は・・・と思っているのではないかな・・・」くらいで
いいと思うのですが。
やはりなにか兄弟であっても、そこは『けじめ』(?)みたいなものでしょうか?
みなさんはどう考えられますか?

Aベストアンサー

こんにちは。
回答ではありませんが、個人的な考えです。

私はそのコメントを直接聞いていないのではっきりわかりませんが、croskeさんの文脈を見る限り、どうやら花田勝氏のコメントで「弟は・・」や、「貴乃花関は・・・」とせず、「横綱は・・・」とコメントされたというところに答えがありそうな気がしました。
一つの完全なる縦社会が構築されている相撲業界での最上位に君臨する人物(貴乃花関)への敬意を示すコメントと受け止められます。
花田勝氏は相撲業界から離れ、今はスポーツキャスター(?)として活躍されてますが、やはり相撲業界のそういったしきたり的なものが根強く彼の中に浸透しているからだと思いました。
また、OBとしての相撲業界への敬意もあるのかもしれませんね。

Q孔子の論語について書かれた本でオススメの本を・・・

孔子の論語について書かれた本でオススメの本を教えてください。
最近、孔子の論語に興味があります。
なので、孔子の論語について書かれた本を読もうと思っています。
私は小学六年生なので、小六でもわかるような、難しすぎないものがいいのですが、どれがいいでしょうか?
教えてください。よろしくおねがいします。

(多少難しくても理解できると思うので、みなさんぜひ回答をおねがいします)

Aベストアンサー

アマゾンで「論語 こども」または「まんが 論語」などで検索すると
たくさんヒットします。

例えば、こんな本があります。
「小学生のための論語」齋藤孝 著

http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Dstripbooks&field-keywords=%82%DC%82%F1%82%AA%81@%98_%8C%EA#/ref=nb_sb_ss_i_6_6?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&url=search-alias%3Dstripbooks&field-keywords=%E8%AB%96%E8%AA%9E+%E3%81%93%E3%81%A9%E3%82%82&sprefix=%E8%AB%96%E8%AA%9E+%E3%81%93%E3%81%A9%E3%82%82&rh=n%3A465392%2Ck%3A%E8%AB%96%E8%AA%9E+%E3%81%93%E3%81%A9%E3%82%82

http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Dstripbooks&field-keywords=%82%DC%82%F1%82%AA%81@%98_%8C%EA&x=21&y=23

アマゾンで「論語 こども」または「まんが 論語」などで検索すると
たくさんヒットします。

例えば、こんな本があります。
「小学生のための論語」齋藤孝 著

http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Dstripbooks&field-keywords=%82%DC%82%F1%82%AA%81@%98_%8C%EA#/ref=nb_sb_ss_i_6_6?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&url=search-alias%3Dstripbooks&field-keywords=%E8%AB%96%E8%AA%9E+%E3%81%93%E3%81%A9%E3%82%82&sprefix=%E8%AB%9...続きを読む

Q【日本語】「思う」を「思ふ」と書くのはなぜですか? 思うと思ふの使い分けを教えてください。 どう

【日本語】「思う」を「思ふ」と書くのはなぜですか?

思うと思ふの使い分けを教えてください。

どういうときに使い分けますか?

Aベストアンサー

現代仮名遣いと歴史的仮名遣いの違いだと思います。
http://www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/nc/k19860701001/k19860701001.html

Q論語について

論語を家庭で教えなくなったのは明治の後半くらいからですか?またその理由は強いて論語が問われることもなくなったからですか?

Aベストアンサー

湯川秀樹は子供のときに、お祖父さんから毎日論語の素讀をさせられたらしいですよ。この素讀が後々に非常に役に立ったさうです。
でも論語を家庭で教へてたのは、武家の家に限られるやうです。

學校では戰前まで、漢文が科として獨立してました。ですので、戰前教育を受けた世代は論語に限らず漢文の素養があります。

Q漢文の一節・燕、燕、汝・・・・・

30年前に漢文の授業で出てきたと思うんですが、「燕、燕、汝悲しむ無かれ、・・・  」の一節ですが、出典は何だったろうと思って、気になって仕方がありません。
子育てを終わって、子燕が巣を去ってしまって、親燕が悲しんでいるところで、「燕よ、悲しむでない、汝も同じようにして親の巣を去ったではないか・・・」と言ったようなものであったと思います。
ご存じの諸兄姉、ご教示ください。
出典と、その一節の内容、できましたらWEBで拝見できるサイトがありましたら、会わせてお願いいたします。

Aベストアンサー

燕燕爾勿悲 ということのようですね。

あとは 以下のURLを参考にしてみてください。

http://www.yk.rim.or.jp/~smatu/henkan/hakuraku/tubame.htm

http://www.venus.dti.ne.jp/~mizuki-n/nennen/kannsi/tubame.html

参考URL:http://www.iwanichi.co.jp/seishun/12.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報