「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

軽度知的障害の息子います、5歳からずっと公文に通うています、それでも勉強ついて行けなくて、今6年で4月中学に入ります、学校では5年生程度の勉強しています、最近公文も全然進んでないから違うの塾に変わるかなぁって今思っています、公文算数と国語2教科1万4千くらいで、同じお金出すならやっぱり少し勉強進んで欲しい、軽度知的障害お持ちの親御さんもし有ったら教えて下さい。

A 回答 (6件)

お礼ありがとうございます。



知らぬこととは言え、失礼しました。大変、努力をされているのですね。ならば、次は漢字の学習をメインにした家庭教師かと。塾は場所に寄って、違いすぎますから。
支援級の先生に相談されるのも手の一つかと。
    • good
    • 0

支援学校教員です。



彼の状態を知らないので、あくまで情報として。

軽度知的障害の子で、就労できないタイプは、身辺自立が出来ていない、挨拶が出来ない、声が小さい、言葉使いが悪い等です。漢字が読めないや計算が出来ないなどは、フォローが出来ますし、携帯や電卓などで補助も出来ます。けれど、生活態度に基づく態度などは、周囲はフォローが出来ません。

日常の活動で出来ることが増えていく子は、自信が出来て何事にも積極的に取り組んでくれます。小さいことでも良いのです。掃除でも料理でも。これはお金では解決しない、親御さんの日々の努力しかありません。

ご参考までに。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

ありがとうございます、軽度知的障害いろいろあるけど、うちの子は就労できないタイプ違います、生活面は全部出来ます、家でお手伝いは頼んだら全部出来ます、掃除、洗濯、ご飯炊き、ほとんど出来ます、今バスケ習いでいます、空手も六年生二学期まで頑張っています、中学に入ったら部活はバスケしたいと自分の考えもいっぱい有ります、本人は自分でも悩んでる時有ります、普通の学級に行きたい、支援学級恥ずかしいって、私も悩んで普通の学級に行った方が良いのかなぁって、でも行ったら先生の授業分からないまま進んだら毎日学校に行く意味ないし、高校の事も有るし、私も子供が普通に就職して働いて欲しい、高校は支援学校と普通の高校どう違うのがどっち行った方が良いのがお母さん全然分からない。

お礼日時:2018/01/29 21:03

公文じゃなくて、学習支援をやっている放課後デイサービスや


そういった子、ようは学びなおしに特化したような地域の塾に
移ったらどうでしょうか。
塾なら個別指導か少人数指導ですね。
たとえば昔から、軽度知的障害、ボーダー、LDというお子さんはいたわけで
そういう子を相手にじっくり指導する寺子屋的な塾ってあると思いますし。
でもやっぱり放課後デイなどで
たとえば元教員がいたり、塾関係者がやっていたりで学習も見てくれるところが見つかれば
費用面も指導内容でもよりよいのでは?

それから今後の進路の情報集めも大事でしょうけど
高校に普通に進学するのか
支援学校に行くのか
支援学校の分校で軽度の子をあつめたような学校に行くのか‥
その先どういった枠で就労するのか。
それによっても、たとえば
勉強もだけどむしろ家の手伝いなど日常的な軽作業のほうが大事になる場合もありますし

あとはお子さんが環境の変化に強いか弱か。
中学進学もあるのに、習い事も変わるとなると大変かもしれませんし
段階を踏んだほうがいい場合もあれば
先に見学などで、次に行くところを時間をかけて選んでからの移籍というのもいいかもしれません。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます、
放課後ディーサビ入れません、生活面は全部自分で出来ます、うちの子は物事全部分かるコミニケーション理解遅れてます、個人指導塾先生との相性確かに有ります、今の公文は小さい時からずっと行ってるからもう慣れてます、今弟と妹と一緒通っています、もう少し様子見てみます、中学校に行って頑張って追いつくか⁉︎

お礼日時:2018/01/29 21:13

>中学今の予定は国語と算数は特別支援学級て、理科、社会普通の学級で勉強します、中学に入って様子見ながら考えます。



国語算数なりの一部だけ特別学級でそれ以外の掃除なりは通常学級ってことですかね?
そのような地域なら、子供も接し方をしっているでしょうから問題はないでしょう。
ちなみに、1日中特別学級で授業を受けるような地域もあります。(そっちの方がカリキュラムを組みやすいとかで)その場合は、通常学級の子との接点はほぼありません。
通常学級に混じって生活しているのを、よいと思うか、特別学級だけをよいと思うかは保護者の考え次第の部分もありますけども。

1.4万円も出すなら、勉強は進んで欲しいと思うのは分かりますけども、個別指導となると経済的な負担が増える可能性もありますので。
個別指導でも、障害がある子だと、先生との相性ってシビアな問題も発生する場合もあるかもしれませんので。
    • good
    • 0

塾って、基本的に一体多数が多いですから、5年の内容を勉強しているのに、中1のクラスに入れられても、内容が一切理解出来ないだけ。


仮に5年のクラスに入れたれたとしても、しばらくは、5年の復習になるが、半年後には追いついてすぐに離されますね。
それよりも一番怖いのが回りの子供の対応。公立学校の子供が知的障害の方にどこまで理解があるのかが一切不明です。

個別指導とかで1対1とかの対応なら、その個人にあったスペースになるのでゆっくりといけるでしょう。

国語★★★や算数★★★とか絵本を教科書として使う人なら知り合いでいましたけどね。
このような教科書を使うのですから、学力よりも普通学級の同年代の子供との付き合いを重視していましたから・・・
普通学校に入れてよかったとか。特別支援学級で1日を過ごして、普通学級で付き合いが一切ないのが残念とか、特別学級だけで1日を過ごさなく何かの時間に普通学級に入れてくれるから、よかったとか、そっちのがよかったとかの話でしたので・・・

何かの時間に普通学級に特別学級の子が入ってくるような環境と、すべて1日中特別学級の子がいる環境では、障碍者への対応の知識も全く違いますから。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます、中学今の予定は国語と算数は特別支援学級て、理科、社会普通の学級で勉強します、中学に入って様子見ながら考えます。

お礼日時:2018/01/17 21:18

少しでも勉強についていってほしい気持ちは理解出来ますが、障害を持っている中で勉強の量が増えるとついていけず、ストレスになる可能性があります!


もう少し、お子様の意見を聞きながら、長い目で教育していけばどうでしょうか!
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございます。
子供もストレス溜まるからと思って、違うところに場所変わったら先生との相性もあるから、中学校に入って様子見ます。

お礼日時:2018/01/18 08:06

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q軽度の発達障害、公文は有効ですか?

小学一年生の子供ですが、軽度の発達障害と診断されております。
日常生活で問題はほとんどないのですが、小学校に入り、やはり算数の理解、漢字の覚えなどに苦労しております。

公文は個人のスピードに合わせて進んでくれるので、理解の遅い子供には合っているように思えるのですが・・・

実は上の子(健常者)でも公文に行かせていたのですが、まじめタイプの上の子は、先生に言われるまま、ずっと計算を続けていて、小1なのに、3時から夜8時まで休み無くずっと計算させられていたり、理解のないまま分数の計算をはじめさせられて(やり方のみ教わって、分数が何なのかも知らないまま)、私の方が恐ろしくなって辞めさせました。
その先生のやり方なのかもしれませんが、どうも成績がいい子を出したいために、文句も言わず出来る子にやらせるだけやらせているような気がしました。

上の子が行っていた教室はもうやめて、近くの別の教室に行かせようかと思っておりますが、他の教室も、上記のように、出来る子には理解のないまま解法のみ教えてとにかくやらせる、という方式でしょうか?

公文ドリルなどで、私が下の子に教えると、ワガママを言ったりかんしゃくを起こして、全く勉強にならないのですが、先生の前ではとても良い子になるので、頑張ってやれるとは思うのですが、上の子同様、無理に頑張らせられるような気がします。

よろしくお願いします。

小学一年生の子供ですが、軽度の発達障害と診断されております。
日常生活で問題はほとんどないのですが、小学校に入り、やはり算数の理解、漢字の覚えなどに苦労しております。

公文は個人のスピードに合わせて進んでくれるので、理解の遅い子供には合っているように思えるのですが・・・

実は上の子(健常者)でも公文に行かせていたのですが、まじめタイプの上の子は、先生に言われるまま、ずっと計算を続けていて、小1なのに、3時から夜8時まで休み無くずっと計算させられていたり、理解のないまま分数の計...続きを読む

Aベストアンサー

公文を否定するつもりはありませんが
質問者さんがおっしゃっているように、「繰り返し作業」の感は否めません。

計算を練習し、速度も上がるのでテストの成績もよくなり、一見「学力」が
向上したように感じるのですが、計算処理の能力という一部が向上したに過ぎません。

本来の考える力が備わらず、小学校でいい点数を取っていたけれども
中学校に入って全くついていけなくなった子をたくさん知っています。
(自分はできると思い込んでしまうのかもしれません)

そこで本題ですが、
小学校1年生であれば、学校・家庭の支援で十分な気がします。
お母さんがお子さんのことを考えるあまり焦っておられるように感じます。

他の子と同じように、と考えてしまうとお母さんもつい熱が入り、
お子さんに無理強いしてしまい、結果お子さんもイライラしてしまうものです。

発達障害は、他の子と比較するのではなく、その子のペースでゆっくりと構えて
指導する必要があります。
学習時間も量も、お子さんにあわせていく必要がありますし、そのためには
お母さん自身が「発達障害」を学んでいかなければなりません。

勉強を何とかしなければ!という気持ちはわかりますが安易な選択はせず
専門機関や学校とも相談され、焦らず、じっくりと取り組まれてみてはどうでしょうか。

公文を否定するつもりはありませんが
質問者さんがおっしゃっているように、「繰り返し作業」の感は否めません。

計算を練習し、速度も上がるのでテストの成績もよくなり、一見「学力」が
向上したように感じるのですが、計算処理の能力という一部が向上したに過ぎません。

本来の考える力が備わらず、小学校でいい点数を取っていたけれども
中学校に入って全くついていけなくなった子をたくさん知っています。
(自分はできると思い込んでしまうのかもしれません)

そこで本題ですが、
小学校1年生であれば、...続きを読む

Q自閉症児の公文式について

うちの長男は9歳で重度の自閉症と知的障害があります。
1年生から公文に通い始め、最初は線をひくことからコツコツとがんばり、今ではひらがな、カタカナ、一年生初期程度の漢字の読み書きができ、足し算引き算も二桁の簡単なものならできるようになりました。

教室によって先生の教え方も違うのですが、息子の通う教室の先生は「障害児も普通の子も同じように教える」という考えを持ち、他の子と一緒に机を並べて勉強しています。 
特別扱いはなく、採点もほかの子と同じようにまたされます。
母の私も一緒に付き添っています。
困っているのは、その学習内容。 自閉症なので、数字は好きなのですが、算数が二桁のつみ算(Bのはじめ)にはいり、五枚のプリントに1時間近くかかります。 
国語も二語以上の分が理解できないのに、Bに入り、一応字は読んでいますが、内容がさっぱりわからないままです。
本人の限界なのだと思います。
(発達年齢が3歳、言語理解は2歳程度、数の理解が5歳程度と言われています)

先生に、算数も国語も簡単なところ(2A程度)へもどしてほしいと頼んだのですが、「ここまでできるようになったのにもったいない」「○○くんならまだ先へ進める」と言って、納得してくれません。
これまでも数回同じように簡単なレベルへ戻してきたので、「同じことの繰り返しになる」とも言われました。

私は先へ進むことよりも、本人が楽しく机に向かう時間になって欲しいと思っているので、先生と考えが異なっています。
先生とも話し合いましたが、なかなかわかってもらえません。

この先、どうやっていったらいいのか悩んでいます。
アドバイスをお願いします。

うちの長男は9歳で重度の自閉症と知的障害があります。
1年生から公文に通い始め、最初は線をひくことからコツコツとがんばり、今ではひらがな、カタカナ、一年生初期程度の漢字の読み書きができ、足し算引き算も二桁の簡単なものならできるようになりました。

教室によって先生の教え方も違うのですが、息子の通う教室の先生は「障害児も普通の子も同じように教える」という考えを持ち、他の子と一緒に机を並べて勉強しています。 
特別扱いはなく、採点もほかの子と同じようにまたされます。
母の私も一...続きを読む

Aベストアンサー

初めまして公文式教室でアシスタントをしています。私の教室にも一時小学生の自閉症の生徒さんがいらっしゃいました。
質問者さんのお子さんについてですがお母様共々本当によく頑張っていらっしゃいますね。うちの教室ではお子さんは幼少さんでも自閉症などの症状のあるお子さんでも基本的にお母さんには教室の外で待っていただいていました。お教室の中ではお子さんだけで学習してもらっていましたが、国語算数とパズルなどでやはり合わせて1時間くらいが限界でした。それ以上になるとやはりお子さんによっては立ち上がったり、鉛筆を噛んだりプリントを破いたり大声を出したりしてしまうことがありました。うちでお預かりしていたお子さんの場合お母様から「もしうちの子が大声を出したりしたら思い切り叱って下さい、場合によっては勉強をうち切らせても構いません」と言われていましたが、一般的に小学生中学年くらいだと障害児さんか否かに関わらず1時間くらいが限界だと思います。
なので算数プリント5枚で1時間近くかかってしまうとなると国語など含めるとそれ以上になっているでしょうから明らかにかかりすぎだなという印象を受けました。公文のプリントの場合それぞれの教材段階でおおよその標準完成時間というのが設定されています。幼少さんや障害児さんでは、運筆が遅めの場合もありそれより+αはして考えるにしてもA・B教材だと5枚で15~20分でこなせないと次の段階に行った際辛くなってしまう可能性がありなるべくその時間内に速く正確にを目標にして進度の目安にします。
なのでお子さんの様子からするとそれは障害がある無いに関係なく、もしかするともう少しA教材をやった方がいいかもしれないと私は思ったのですがA教材の最後の方はどのくらいのペースで出来るようになっていたでしょうか。これでかなり手こずったのならもう少しAで弾みをつけさせて欲しいとお願いしてもいいかもしれません。
ただ公文の場合、それこそ障害児さんの扱いもそうですが、先に述べた標準完成時間のことなども公文の方針に忠実な人もいれば指導者によってやり方など差があるのも確かです。そのためもし仮に教材ごとの修了テストの成績が微妙であった場合にも「先に行かせたい」という指導者の判断で次ぎに進めることもあり得ます。あくまで公文は「小学生でも微積分が出来る」というのを一つの目標にしていますのでいろいろな世界に触れさせるために先に進ませることを優先される先生もおられるかもしれません。
なので、前の教材に戻して欲しいといってもなかなか首を立てに振ってくれない先生もいると思われます。そういう場合一つの方法としては教室ではちょっと難しめのプリント(B教材)を少しと楽々に出来るプリント(A教材以前)を組み合わせてもらい宿題も新しい内容に慣れるまでは弾みをつける部分でもしばらくは前の教材を復習がてらやらせてもらえないかと掛け合ってみるのも一つの手かもしれません。おそらくその子にとって難しめのものを5枚、1時間というのはどんなお子さんでもイライラしてしまいますし、挙げ句お勉強が嫌になってしまったら元も子もないです。

国語について医師の診断のように「二語以上の言語理解が難しい」状態でしたら2Aも辛かったくらいかもしれませんがいかがでしょう(2Aはお話を読みながらの答える練習が出てくるプリントですし)。漢字などは興味を持つ子は本当かなり食らいつきがいいのでもしお子さんが漢字を書くことそのものに興味を持っているならA教材からの漢字メインのプリントを宿題のメインにしてもらい、読解ものについてはやはり音読が大事な時期ですので教室ではBのプリントの音読をメイン、それもなかなか読めないようならもう少し前からの教材をお母さんや先生の後をついて読むという形でも指で追いながら本人が、それらしく音読出来るところまで立ち返らせることが出来るか相談されてみてはいかがでしょう。Bともなると本文から答えの部分を自分で探して答えることがメインになります。今のお子さんの状態では独力でそれはなかなか難しいでしょうから、例えばおうちで物語などの読み聞かせなどなさる場合、お話の後文についての簡単な質問をお母様がして答えさせることで答えが文の中にあるということを訓練されてもいいでしょう。もしそれもおぼつかないということでしたら、もう一度ご自宅での様子なども含め指導者にお話された方がいいかもしれません。親子共々いっぱいいっぱいなのにそれでも進めたいと押し切る指導者でしたら少し考えられた方がいいかも知れません。確かに公文は学年より先へ進むことをお子さんの目標として生徒さんに話しもしていますし、個々の公文指導者としての方針も大事ですが質問者さんの場合、お母様自身がお子さんの学習状況を日々目の当たりにされていますし一度是非ご自宅での状況などや日頃抱かれている不安など含め、指導者にお話をされてみて下さい。その上で納得出来ないようでしたら、通われている教室の管轄の事務局に電話して相談されてもいいかもしれません。

また東京には障害児さん専門でお預かりされている教室もあります。お時間がありましたら同じ様な症状をお持ちのお子さんがどういう風に学習をやっているか見学されてもいいかもしれません。
以上長くなってしまいましたが少しでもお役に立てれば幸いです。

初めまして公文式教室でアシスタントをしています。私の教室にも一時小学生の自閉症の生徒さんがいらっしゃいました。
質問者さんのお子さんについてですがお母様共々本当によく頑張っていらっしゃいますね。うちの教室ではお子さんは幼少さんでも自閉症などの症状のあるお子さんでも基本的にお母さんには教室の外で待っていただいていました。お教室の中ではお子さんだけで学習してもらっていましたが、国語算数とパズルなどでやはり合わせて1時間くらいが限界でした。それ以上になるとやはりお子さんによって...続きを読む

Q公文式を長く続けていた方へ質問です。

現在、小学校1年生の子供が、自らの意志で公文を初めて、半年以上経ちました。

少々特殊な発達をしている子供(発達障害)なので、算国の伸びは非常にいいと思います。

特に平仮名や数字の読み書きを教えたことが無かったので、小学校入学後から始めたのですが、国語が2A教材、算数が4A教材から始めました。

そして現在、国語がEII、算数がF教材をやっております。
毎回プリントはほぼ満点でクリアしていて、判定テスト(次の教材へ行くテスト)も3分程度で解き終わり満点のようで、いつもA判定です。

担当の先生のお話から、この調子で行くと、2年生になる来年3月(あと3ヶ月)で恐らくI教材前後まで終了するとの事でした。
(もし躓いたとしても、Hには入っているだろうとの事でした)

そこで質問なのですが、公文式は、普段の授業や高校受験、大学受験などで何か役に立ちましたか?
この教材まではやった方が良い等はありますか?

私も夫も、中堅高校を卒業し、国立大学へ入学しております。
が、塾や公文等は行ったことが無く、お互い独学です。
また、夫も私も専門的な仕事に就いており、学歴に左右されない会社にいるせいか、子供の教育はあまり熱心ではありません。
(中の上くらいの成績だったらいいな程度。高校まで公立で行かせたい程度です)

余談が長くなりましたが、私達親は、公文をやらせたいわけではないです。
子供がやりたいというので、やりたいことをやらせたいので習っています。

子供が他に習い事をやりたいと言いだしたのですが、4人も子供がいるので、現在の公文とプールと剣道に追加してもう1つは経済的に厳しいので、無理と話すと、「じゃあ、公文を辞めようかな」と言いました。
子供と習い事を始める時に約束しているのが、ある程度まで習得してから卒業(やめる)ことです。
公文の終わりは中学校過程修了程度、高校課程修了程度、大学受験用?修了程度と区切りがいくつかあるようなので、参考にさせてください。

よろしくお願いいたします。

現在、小学校1年生の子供が、自らの意志で公文を初めて、半年以上経ちました。

少々特殊な発達をしている子供(発達障害)なので、算国の伸びは非常にいいと思います。

特に平仮名や数字の読み書きを教えたことが無かったので、小学校入学後から始めたのですが、国語が2A教材、算数が4A教材から始めました。

そして現在、国語がEII、算数がF教材をやっております。
毎回プリントはほぼ満点でクリアしていて、判定テスト(次の教材へ行くテスト)も3分程度で解き終わり満点のようで、いつもA判定です。

担当の...続きを読む

Aベストアンサー

あんまり参考にはならないかもしれませんが
小学校中学年から中学受験まで公文をやっていました。

勉強が致命的にできない子供で、塾はついていけなかったので公文式を選んだと言う感じです。

それでも国語は苦手でえっちらおっちらと言う感じでしたが、算数に関してはかなり計算式に強くなった実感があります。

今の公文式のシステムを知らないのですが、私が通ってた時は「●●点以上が合格、そこにいかなかったらもう一度同じのをやりなおし」と言うシステムで、何度も何度もやり直していたと言う感じでした。

ピークのときは「9の6乗」とかをまる暗記していたのですぐ答える事が出来ました。
今でもたまーに役に立ちます。

算数に関して苦手意識がなくなって、他の成績はふるわなくてもその後もまぁまぁの成績を収められました。
国語に関しては分かりませんが、問題をよく見ていた母は「よく出来ている」とよく言っていました。


ただ最近しったのですが
携帯ゲームのニンテンドーDSで「脳を鍛える」ゲームってありますよね。
あれは監修した川島教授の方が目立ってますが実は元を正すと公文との関わりが凄くあるみたいです。

実際にあのゲームで脳にどれぐらい影響が出るかは微妙なところらしいですが、毎日繰り返し出来る簡単な計算式等を繰り返す事で、認知症患者なんかに劇的に良い効果が見られたそうです。そしてその研究に公文式がかなり協力したとか。


私個人も実感で思った事は「まる覚えでも繰り返しやると覚える」と言う事です。

あんまり参考にはならないかもしれませんが
小学校中学年から中学受験まで公文をやっていました。

勉強が致命的にできない子供で、塾はついていけなかったので公文式を選んだと言う感じです。

それでも国語は苦手でえっちらおっちらと言う感じでしたが、算数に関してはかなり計算式に強くなった実感があります。

今の公文式のシステムを知らないのですが、私が通ってた時は「●●点以上が合格、そこにいかなかったらもう一度同じのをやりなおし」と言うシステムで、何度も何度もやり直していたと言う感じでした。...続きを読む

Qもうすぐ5歳の年中児・発達診断を薦められました。

正確に言うと「決して薦めてる訳ではない」と幼稚園の先生から言われたのですが実際は薦められました。息子は早生まれで言葉も遅く幼い所がありますが早生まれだし、と何となくごまかしてきた部分も正直ありますが、言葉も理解しているし会話も成り立ちます。
先生に言われたのは、例えば工作など作る時、やり方がわからなくても質問もせずにそのまま放置、しかもできないのを気にしていない様子だと言う事です。あと、着替えなど年少時からずっとやっている事(園に着いたらスモックを着る事や体操の時の着替えなど)をいまだに注意してやらないと、何もしなかったりする時があるそうです。
毎日やらない訳ではないのですが。自宅で私が手を出し過ぎてしまうのは確かにあるのですが、ショックです。
着替えてね、と服を置くと着替えるのですが他に気を取られて手が止まってたりして何度も注意したりする事もよくあります。
うまく脱げなくて怒る時もあります。
いわゆる、パニックや多動な部分は見られないと思います。
お友達と遊ぶのは大好きです。会話は同年代の子にしては幼稚ですが、「どうして○○したの?」「○○だから」など質問に対する理由なども答えられます。ただ、時間の流れはイマイチ分かっていません。昨日、この前、先週、去年・・そういうのは駄目です。
あと最近家に入る時「○○が一番!」と先にやらないと気が済まないなどこだわりも見られますが、幼児なら多少自分が一番!というのはある気がするのですが・・・疑い出したらキリがありません。
一人っ子なのでいつも一人何役にもなってストーリーを作って遊んでいます。言われた以上近々専門医を訪ねて見るつもりですが怖いです。
幼稚園の先生は、「仮に何か発達面で問題があっても軽度でしょう」と言いますが軽度でも何でもこちらは宣告された気分で落ち込んでいます。
3歳児検診では特に問題なしでした。就学前診断で初めて何か宣告されても、との配慮らしいですが、工作ができない事を気にしろ、と言っても仕方ないし診断受けるのもしないのも怖くてしょうがないです。
専門医に良い接し方のアドバイスなど聞くと対処しやすいとも言われました。小学校どころか将来まで不安になってしまいました。
似たような方いらっしゃいませんか?

正確に言うと「決して薦めてる訳ではない」と幼稚園の先生から言われたのですが実際は薦められました。息子は早生まれで言葉も遅く幼い所がありますが早生まれだし、と何となくごまかしてきた部分も正直ありますが、言葉も理解しているし会話も成り立ちます。
先生に言われたのは、例えば工作など作る時、やり方がわからなくても質問もせずにそのまま放置、しかもできないのを気にしていない様子だと言う事です。あと、着替えなど年少時からずっとやっている事(園に着いたらスモックを着る事や体操の時の着替え...続きを読む

Aベストアンサー

 保育サービスをしている者です。
もうすぐ5歳で年中児・発達診断を薦められたそうですが、診断受けるのもしないのも怖くてしょうがない気持ちもよくわかります。
 ウチで預かる子の中に5歳になって心配している子がいます。

 質問を拝見する限りでは体の成長が特に遅れている様子はないようで、お友達と比べて多少幼稚なのは早生まれの場合仕方ありません。
 
 年中児・発達診断を受けても6歳まで様子を見ましょうと言われる確立が高いと思われますので、怖いのであれば無理に受けずに学校に入る前でよいのではと考えます。

 1年後に向けて以下の準備する事をお奨めします。
 (1)公園遊びなどの運動して体と脳を発達させる。
 (2)絵本を読んで、読み書きに興味を持たせる。
 
 (1)について、
 運動をすることにより筋力がつき体のバランスもよくなります。
 運動すると体の発達と共に脳も発達するので覚える容量が増加します。
 バランス運動には階段の昇り降りが特に有効です。
 昇りは筋力が、降りはバランス力がアップします。
 5歳なら10階位すぐに昇れるようになります。
 降りの方が重要ですが、危ないので必ず下で支えられるように注意して下さい。
 ブランコを立ち漕ぎで一人で出来るように、自転車も6歳までに補助なしで乗れるように出来ると自信が出来ます。

 (2)について、
 読み書きが出来るようになると絵本を一人で読むのが楽しくなり、いろいろな事に興味を持って質問が増えます。
 年齢にあった絵本を選ぶようにして下さい。
 挨拶や生活習慣などキチンと言い聞かせて自分で出来るようにして、出来たときは大袈裟に褒めましょう。
 
 運動をする事で筋肉と神経が発達し脳に刺激を与えます。
 水分をたくさん摂り体内を活性化しましょう。
 
 一番大切なのは自信を持つ事です。
 早生まれの子は体の発達が遅いので運動が苦手になるケースがデータでも出ていますので、苦手意識をなくして自信が持てれば勉強でもよい効果がでると考えれます。
 
 以上、お子さんに問題がなければ1年で効果が出ると思われますので取り組んでみてはいかがでしょうか。

 

 
 
 

 保育サービスをしている者です。
もうすぐ5歳で年中児・発達診断を薦められたそうですが、診断受けるのもしないのも怖くてしょうがない気持ちもよくわかります。
 ウチで預かる子の中に5歳になって心配している子がいます。

 質問を拝見する限りでは体の成長が特に遅れている様子はないようで、お友達と比べて多少幼稚なのは早生まれの場合仕方ありません。
 
 年中児・発達診断を受けても6歳まで様子を見ましょうと言われる確立が高いと思われますので、怖いのであれば無理に受けずに学校に入る前...続きを読む

Q小学校入学で支援学級にと言われました。

春から小学校に入学する6歳の息子の事なんですが、
昨年末に入学前診断を受けひっかかり、
市の方で再テストを受けました。
WISCというテストです。

結果は2歳遅れとの事で支援学級に在籍し、入学後通常学級で授業を受けつつ、
息子がついていけないようなら、支援学級でその科目を受けましょうとの事でした。

確かに息子は6歳にしては知らない事が多すぎるとは思います。
私が何もかもやってあげていたり、
一緒にいる大人が世話を焼きすぎてしまっていたからだと。

私はこの結果を受けて
テスト内容と同じ事を家でやってみました。
結果、息子はやり方を知らなかっただけですんなりできたし、
1番ダメだった足し算引き算も
今では得意になり問題を出すこちらが悩む程です。

他にひらがなの読み書きは出来ますし、
カタカナも読みは完璧で書きが少しです。

テストから約1ヶ月で、ほぼテストの内容をクリアできるようになりました。

それでも、やはり支援学級に入れなければいけないのでしょうか。
もう1度、市でテスト受けさせるべきでしょうか?

明らかにこの1ヶ月で大きく成長しました。

大人に構ってもらえる事が当たり前になってしまっている息子にとっては
みんなと一緒に生活、行動をしていく事をしっかり学べる通常学級にいた方が
、支援学級で1対1で見てもらうよりはいいのではないかなと思っています。

今からでも支援学級にはいかないと変更をお願いしても大丈夫なのでしょうか。

ちなみに、市の専門職の方からも
病院で検査をとか、病気の事は一切言われませんでした。


同じような経験をされた方、
学校関係の方
助言を頂けたら幸いです。

春から小学校に入学する6歳の息子の事なんですが、
昨年末に入学前診断を受けひっかかり、
市の方で再テストを受けました。
WISCというテストです。

結果は2歳遅れとの事で支援学級に在籍し、入学後通常学級で授業を受けつつ、
息子がついていけないようなら、支援学級でその科目を受けましょうとの事でした。

確かに息子は6歳にしては知らない事が多すぎるとは思います。
私が何もかもやってあげていたり、
一緒にいる大人が世話を焼きすぎてしまっていたからだと。

私はこの結果を受けて
テスト内容と同じ...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。


修学相談で支援学級の判定がでたけれど、

お母さまと一緒に勉強して伸びたのですね。

お子さんも関心を持って頑張っている姿をみて、

支援学級でよいのかと迷っておられるのでしょうか。



さて、そういったご相談を受けて、専門の医師や相談では、


支援学級に入級するか否かは、保護者の希望(決定権は保護者にある)によりますが、

支援学級をお勧めすることが多いかもしれません。

支援学級の生徒数や構成にもよりますが、

初めて取り組んだ検査で2歳遅れ。

それは、検査者と1対1で課題に取り組んだ検査ですね。

教室に入ると、集団の中で、先生の話を聞いて勉強しなくてはなりません。

その環境で、お母さまが家で教えた結果と同じように

学習の定着がはかれるかどうか。

入学していろんなルールを覚えて、学習もして。。。

支援学級であれば、集団の学習よりも丁寧に学習をみてもらえます。

段々授業が難しくなった時、

通常学級で担任の先生の手がどこまで行き届くのか。

市町によれば通常学級でも支援員さんがつく場合もあります。

通常学級から主要な教科を通級で個別指導してもらう場合もあります。

今は、交流学級といって、支援学級在籍でも、通常学級で一緒に活動したりします。


WISC は一般的に1年以内に何度も受ける検査ではありません。

検査の結果は、本人理解の一助にすぎません。

数値的なこと、2歳遅れということだけでなく、

どういったお子さんの状態がそういった結果に結びついたのか、

お母さまのおっしゃるような経験不足によるものか

能力の偏りがあるのか

全体的な遅れか


お子さんの状態をわかって

お子さんが過ごしやすい環境をいかにつくるか。

学びの場をどう整えるのか。

そこから、

集団指導が本人の学力向上に役立つか、

小集団、個別指導が本人の学力向上や学習の定着につながるか。


判定を聞くだけでなく、お住まいの地区の発達センターや


教育センターにご相談されてみてもよいかもしれません。


また、支援学校でも相談できる場合もあります。


就学相談等では受診や専門の相談を勧められず、

保護者の方がお子さんの状態がわからずにおられることも少なくありません。


まだ小さいので今後の成長を見積もって専門の機関を勧められなかったのかもしれません。

お母さまがお子さんの状態をはっきりとわからない状態なら、

診断どうこうではなく、専門の医者や機関に相談し、

状態の理解とお子さんの支援について確認し、

入学後の学校生活についても

学校と相談していくほうがよいと思います。

一度支援学級に入級しても教育相談を受け、学年が変わるときに通常学級に変更するお子さんもいます。

また、その逆もあります。

お子さんにお目にかかったこともなく、

普段のご様子もわかりませんが、

どこかに相談したり、支援学級の見学、通常学級で支援員さんがつくか、通級できるかなど色々情報を集めて

決めらた方がよいのではないでしょうか。


通常学級で学習についていけなくなったり、

学校がおもしろくなくて行き渋ったり

また、支援学級でも担任の力量が乏しかったり、

構成によって落ち着いて学習できなかったりなど

色々な相談があります。


通常ならよいとか支援学級ならよいと一概にいえないところがあります。


今からだとあまり時間もありませんが、

お母さまが情報を集めて、

その時点で納得できる決定ができるとよいかと思います。

お子さんの成長や環境など変化があることですので一番よいことというのは難しいですが、
その時に考えられる範囲で

ベターな選択ができるよう応援しています。


なにか参考になれば。。。

こんにちは。


修学相談で支援学級の判定がでたけれど、

お母さまと一緒に勉強して伸びたのですね。

お子さんも関心を持って頑張っている姿をみて、

支援学級でよいのかと迷っておられるのでしょうか。



さて、そういったご相談を受けて、専門の医師や相談では、


支援学級に入級するか否かは、保護者の希望(決定権は保護者にある)によりますが、

支援学級をお勧めすることが多いかもしれません。

支援学級の生徒数や構成にもよりますが、

初めて取り組んだ検査で2歳遅れ。

それは、検査者と1対1で課題...続きを読む

Q知能指数73 発達年齢4歳6ヶ月の6歳2ヶ月の息子

来年から小学校へ上がる6歳2ヶ月の息子がいます。
2年ほど療養に週一で通わせております。
田中ビネーの発達検査をしたところ、知能指数73、発達年齢4歳6ヶ月と出ました。
小学校には支援学級も視野に校長先生と話しをしたところ、支援学級では教科書は普通級とは別の物を使い、行動も普通級とは別、学年が上がっても理科、社会は習いません。と言われました。
先生は普通級でとりあえず行ってみて、どうしてもついでにいけなくなったら、支援学級に変えられたらどうかといった感じで話されました。
今のところ保育所をいやがって行きたがらないとい
うことはなく、友達が大好きです。友達もできないところをたまに助けてくれたりもしているようです。しかし、小学校では担任の先生以外に補助の先生が必ず着くとも限らないらしくはたしてうちの子がついていけるのか心配です。
今は1~10の数字が読め、ひらがなは文章で読むことはまだ難しく、単語程度を読め、なんとか理解しているようです。
やはり普通級では途中からついていくことは難しくなってしまうのでしょうか?

Aベストアンサー

子供と関わる仕事をするものです。
出来れば普通学級で、というご両親のお気持ちはよくわかります。
子供はたくさんの可能性を秘めています。
校長先生もすすめて下さっているようですし、今から先走って心配するより、
とりあえず普通学級に通ってみて、もし途中からどうしてもついていかれないようなら、
その時また考えればいいのではないでしょうか。
普通学級に入れば顔見知りもそれだけ増えます。多くの生徒に知っていてもらうことは、大切だと思います。
1年生になったら、早い機会にお子さんの事をクラスに(できれば学校全体に)正しく伝えておいた方がいいと思います。
息子が小学生の時、途中から支援学級に行ったお子さんが2人いました。
一人はお母様が学校に来て、クラスの子供と親の前で子供の状態を話し、
「迷惑をかけるかもしれないけれど、宜しくお願いします。」と挨拶をされました。
それ以来子供たちも何かとその子の事を気にかけ、世話好きな女の子が支度を手伝ったり、
男の子は荷物を運ぶのを手伝ったりしました。
運動会では誰かが手をつないで一緒に走ったり、リレーやではうちの息子が足が速かったので、
その子が半分の距離を走り、残りと自分の分を息子が走ったりしました。
他の親からも声援を受けて、大人気でしたよ。
でももう一人は親御さんが放置気味で、まわりの反応も少し異なっていました。
あとは普通学級でついていけるようにと、あまり親が熱くならないで下さい。
これが出来ないと学校で困る、というようなことだけは絶対に言わないで下さい。
学校に恐怖心を抱かせることになります。
すでに1~10まで読めて、ひらがなも単語程度読めるなら充分です。
ひらがなカードやカルタやお買いものごっこなど、楽しく少しずつ学べるように工夫してあげて下さい。
名まえのカードを家具や電化製品などに貼っておくのもいいですよ。
長い文章が読めない子でも、短く区切ると読めるようになる子もいます。
他にもお菓子を数えたり、ドライブ中に車のナンバーを読んだり、日常生活の中でもできることはたくさんあります。
来年ピッカピッカの1年生が楽しい学校生活が送れるよう、お祈りしています。

子供と関わる仕事をするものです。
出来れば普通学級で、というご両親のお気持ちはよくわかります。
子供はたくさんの可能性を秘めています。
校長先生もすすめて下さっているようですし、今から先走って心配するより、
とりあえず普通学級に通ってみて、もし途中からどうしてもついていかれないようなら、
その時また考えればいいのではないでしょうか。
普通学級に入れば顔見知りもそれだけ増えます。多くの生徒に知っていてもらうことは、大切だと思います。
1年生になったら、早い機会にお子さんの事をクラス...続きを読む

Q知的障害児のおけいこ事

4月から5年になる息子のことでご相談です。彼は軽度の自閉症で知的に遅れがあります。話はできますが、程度は幼稚園位、同学年とのきっちりとした会話は難しくなかなかうまく遊べません。放課後や休みの日に同級生と遊ぶことがないので、何か習い事でもと考えてます。できたら体を動かす事がいいのですが、ルールを守ることは難しく、多動もあるので落ち着きません。こんな子でも出来ることあるでしょうか、、

Aベストアンサー

3kidsmamさんこんにちわ。
私にはもう高校生になる重度知的障害児の自閉症の弟がいます。
養護学校に通っているので、3kidsmamさんの息子さん同様に放課後は同級生と遊ぶことはないですが、毎週土曜日地域にある知的障害児が集まる福祉教室に行っています。先生も大変熱心な上に、ダンス、料理、手芸など幅広い分野を教えてくれます。
多分3kidsmamさんの地域にも、探せばそういった教室あるはずだと思います。はっきり言って、普通の習い事よりこうした福祉教室にいった方が輪も広がるし、息子さん自身も楽しいんじゃないかなと思います。実際私の弟もすごい楽しんでます(^^)是非参考にしてもらえればいいなと思い書かせていただきました!

Q知能指数が境界領域の子供にとって

小学三年生の息子について相談させて頂きます。
長文、乱文お許しください。

子供は三歳の頃、自閉傾向の少ない広汎性発達障害と診断されました。
療育を就学するまで受けてきました。

入学前にうけた知能検査ではIQ78と知的障害はないけれども
通常の80には届かない境界領域との結果が出て主治医からは普通学級にするか
特別支援学級にするかは親御さんの気持ち次第と言われました。

夫婦で悩んでいたのですが、通っていた幼稚園は設定保育の団体行動を
重んじる園だったのですが、そこの園長先生から「うちの園で和を乱したり
外での飛び出しなども皆無だったのですから普通級で問題ないと思います」
との言葉に肩を押して頂き、今までは特に問題が表面化する事なく
普通学級でやってきました。

ただ、中学年に入った三年生の一学期、子供が登校渋りをするようになりました。
その頃から、軽いいじめのような行為を受け始めたのと同時にクラスの女の子に対して
攻撃的な行動が出ました。
学校はその都度真摯に対応はしていただきましたが、親の私からすると大学を出た
ばかりの担任の先生の後手後手感には歯がゆい思いも拭えないでいます。

息子の特徴は
  ・言葉による説明(起承転結や時系列に沿った話し方)が苦手
  ・授業を妨害するような言動、多動はない
  ・刺激にすぐ反応して今するべき事が飛んでしまう
  ・手先が不器用、運動や楽器も不得意で本人にも苦手感がある
  ・お友達と遊んだり、家に大人のお客様が来ることも大好きで社交的
  ・一年前に受けた検査でもIQは78

特別支援級を考えるようになったきっかけはクラスの女の子への他害行為が大きく、
今までされる事はあってもこちらが相手にお詫びするような事態になった事は無かったので
本人が相当学校でいろいろな圧に耐え、それの限界が近いSOSなのではないかと
親としてはそう想像せざるを得ない状況になったからです。

そこでお伺いしたいのですが、学年途中年度途中で支援級に変わらせた場合
子供への話の持って行き方はどうしたら挫折感の少なく伝える事ができるでしょうか?
(息子には診断名は告知はしていません)

また、担任の先生にはクラス全体に対して息子の転級をどのように伝えていくよう
お願いしたらいいでしょうか?主人はこの転級がいじめに繋がらないか心配をしています。
支援級にいた事が後に進学や就職など将来マイナスに働くことなどあるのでしょうか?

まだまだ勉強不足で分からない事が多く何か気をつけるべき点、ご意見など
なんでもいいのでお聞かせ頂ければ幸いです。
長文を最後まで読んでくださりありがとうございました。
内容に気を悪くされる方がいらっしゃったらお詫び致します。

小学三年生の息子について相談させて頂きます。
長文、乱文お許しください。

子供は三歳の頃、自閉傾向の少ない広汎性発達障害と診断されました。
療育を就学するまで受けてきました。

入学前にうけた知能検査ではIQ78と知的障害はないけれども
通常の80には届かない境界領域との結果が出て主治医からは普通学級にするか
特別支援学級にするかは親御さんの気持ち次第と言われました。

夫婦で悩んでいたのですが、通っていた幼稚園は設定保育の団体行動を
重んじる園だったのですが、そこの園長先生から「うちの...続きを読む

Aベストアンサー

教員です。

私は、最近の、「通常学級でちょっと問題があれば、なんでもかんでも特別支援学級へ」
という風潮に危惧しています。

IQ78というのは、こちらの地域では、特別支援学級へは入れない数値です。
ケースバイケースではありますが、一応基準は、IQ70です。

手が出る、
これは、発達障害の子だけではありませんが、
頻度や程度はどのくらいでしょうか?

担任の目線で言うと、
普通の落ち着いた通常学級でも、たたいたたたかれたのけんかなんて、日常茶飯事です。

「先生、○○君がたたいた」
「先生、○○ちゃんが悪口言った」

といったような、教室で話し合ってお互いの理解不足や勘違いを埋めれば解決できる、
そういうレベルなら、ほぼ毎日から2・3日に1回。(同じ子ではありません)

加害児童の親御さんに電話して、家でも注意してもらうレベルなら、週1回から月1回。

加害児童の親御さんに電話して、被害児童の親御さんに謝ってもらったり、
学校まで来てもらい厳重注意、というレベルなら、月1回から3か月に1回。

子どもですから、できないことがあって当然ですし、
できないことをできるようにしていくのが教育です。

3年生になって3か月のうち、同じ子が3回も4回も学校から呼び出しがあって、
被害児童のお宅へ頭を下げに行っている、というレベルなのであれば、
特別支援学級をお考えになるのも分かりますが、そこまでなのでしょうか?

>親の私からすると大学を出た
>ばかりの担任の先生の後手後手感には歯がゆい思いも拭えないでいます。
社会人としても1年目なのですから、保護者の側から「○○してください」と先手先手を打ってお願いするくらいでちょうど良いと思います。

>学年途中年度途中で支援級に変わらせた場合
>子供への話の持って行き方はどうしたら挫折感の少なく伝える事ができるでしょうか?

細かいことを言うと、「籍」というのは、年度途中で変えることはできません。
特別支援学級から通常学級へ、またその逆の場合も、
医療機関の診断、保護者の意向、学校の判断、校内の会議、市の会議などを経て、
十分に時間をかけて検討された後に(およそ12月から1月までに)、4月からの移籍になります。

ただ、どちらに籍があっても、「交流」という形で、籍のない学級で学習することは可能です。
よくあるのは、年度途中で特別支援へ入るという話になった場合、
籍はまだ通常学級だけれど、子どもは朝から帰りまで特別支援級で過ごすという形です。
ただ、特別支援学級に余裕がない場合もあります。
(問題の多い子がたくさんいるとか、人数的に余裕がないとか、子ども同士の相性とか)
そうなると、いくら保護者が希望しても、○曜日の○時間目だけ特別支援で勉強する、というように、1日のうちの何時間かだけ、というような通級形式をとることもあります。

いずれにせよ、特別支援で勉強するということが学校との話し合いで決定したら、
お子さんには、

・人数が少ない環境の方が、お子さんの思いをくんでもらえる
・通常学級ではみんなに合わせないといけないことでも、個々のペースに合わせてもらえる
・勉強も、学年関係なく、自分の苦手なところからやってもらえる
・友達とトラブルになったときも、しっかり解決してもらえる

そんな風に話をしたらどうでしょうか。
今通常学級でうまくいっていないことが、うまくいくようになるんだよ、と。
そして、特別支援でうまくいくようになったら、また通常学級に戻ることだってできるんだよ、とも。

診断名は伝えなくていいと思いますが、
あなたは○○が苦手だよね、と意識させるのはいいと思います。

>担任の先生にはクラス全体に対して息子の転級をどのように伝えていくよう
お願いしたらいいでしょうか?
素直に、今困っていることを伝え、
特別支援学級も考えているので、「特別支援コーディネーター」の先生や、特別支援学級の先生、スクールカウンセラーなどと話がしたい、と伝えてください。

学校には、「特別支援コーディネータ」という「教員の係」があります。
通常学級と特別支援学級のどちらにしようか迷うような場合、まさに今のお子さんのような場合に、二つの学級をつなげるための「相談係」です。
これは、毎年同じ先生とは限りませんが、大体そういう分野が得意な人が係になっています。

それから、スクールカウンセラーというのは、教員ではなく、そういう分野の専門家です。
医師と教員の間と考えてもらえばいいでしょうか。
カウンセラーは、毎日いつでもというわけにはいかず、
日程を調整する必要がありますが、相談するととても有意義だと思いますよ。

特別支援学級の担任には、特別支援学級の様子や、
今のお子さんの様子は支援級に入るくらいの段階なのかどうなのか、
というのを聞いてみるといいでしょうね。

いろいろな立場の人間がいますが、
担任にそういう人たちの名前を告げて相談したい、と言えば、
後は、担任が学年主任に相談して、どのように段取りをつけるかはお任せしてよいと思います。

特別支援学級に入ります、来月からよろしく、ではなく、
まずは、いろいろな立場の方に相談する方がいいと思いますよ。

>主人はこの転級がいじめに繋がらないか心配をしています。
>支援級にいた事が後に進学や就職など将来マイナスに働くことなどあるのでしょうか?

いじめというのは、通常学級にいても起こりますから、
そこは、特支でも通常学級でも、割合的には変わらないと思います。

進学や就職ですが、
お子さんが15歳、18歳になったとき、どのような進路をとっていてほしいか、
ということを明確に考えてみてください。

小学校で特別支援学級にいた場合、
中学校から通常学級に戻る、という子もいます。

しかし、小学校の特別支援学級で、お子さんのレベルに合わせてゆっくり教えてもらっていた学習を、
中学校に入った時に取り戻せるか、という問題もあります。

中学校も特別支援学級を続ける、という子もいます。
ただ、高校からは、特別支援学級はないと思った方がいいです。

高校への進学を希望するなら、
小中は特別支援学級でもいいのですが、
それを見据えて勉強をしないといけません。

在籍は特別支援でもいいのです。
けれど、勉強は、その学年の勉強をしっかりさせたい、
そういうことを、毎年毎年、支援級の担任に伝えておかないといけません。

就職については、障害者枠というのもあります。
けれど、限られた職種ですし、第一そこまで、つまり手帳をとるほど重度ではないですよね?

だとすれば、
高校や就職を一般の子どもたちと同じようにさせたいと思うのであれば、
学級はどこでもいいのです。
ただし、勉強だけは、学年で学ぶべきこと(特に国算理社英)をちゃんとやらせてもらえるのかどうか、
そこだけは確認した方がいいと思います。

特別支援学級は、いろいろな学年の子が入り混じっています。
また、当たり前ですが、手のかかる子もたくさんいます。
通常学級ではできるけれど、特別支援学級ではできないことも結構あります。
(例えば、集団行動や、高学年の理科の実験、社会などの校外学習、大勢の人前での発表、同じ年ごろの子とのグループ学習など)

もちろん、特別支援学級が必要な子はいますし、
学習面よりも、「他人に危害を加えない」という、できなくては困る生活面を
優先された方がよいとは思います。

けれど、特別支援学級に入ることですべてが解決するわけではなく、
特別支援学級での教育、という方法の一つを選択したにすぎません。

特別支援に入った後の学習や生活について、いろいろな人に相談をして、
特別支援に入ることでのメリットデメリットをよく相談されるとよいと思います。

教員です。

私は、最近の、「通常学級でちょっと問題があれば、なんでもかんでも特別支援学級へ」
という風潮に危惧しています。

IQ78というのは、こちらの地域では、特別支援学級へは入れない数値です。
ケースバイケースではありますが、一応基準は、IQ70です。

手が出る、
これは、発達障害の子だけではありませんが、
頻度や程度はどのくらいでしょうか?

担任の目線で言うと、
普通の落ち着いた通常学級でも、たたいたたたかれたのけんかなんて、日常茶飯事です。

「先生、○○君がたたいた」
「...続きを読む

QIQが低い子供

私の息子は小5でIQが入学前のテストで低かったため自宅に教務主任と担任がきて

特別支援学級に入るよう勧められ現在に至っています。いい面もありますが悪い面は友達が

いないようです。

入学後に児童センターで詳しく検査をしたらIQが低く発達障害と診断されました。

親から見たら現在は

体が小さい(小2ぐらい)背が低いとか運動が苦手とか 欠点がいくつかありますが

すぐれているところもあります。


ピアノが弾けたり(両手で)英語もしゃべったり  都道府県の知名や城の名前が言えたり

など


IQが低い=発達障害ということになるのでしょうか


変な中傷はやめてください

Aベストアンサー

直接の回答ならないかったらごめんなさい。
それと私は障害という言葉は好きではありませんが、ほかに置き換える言葉を知らないので
使わせていただきます。
IQは一度や2度のテストで簡単に測れるものではありません。
テストの形式に慣れていない子は低くなりますし、訓練すれば上がります。
私の住む地区の公立小学校にも特別支援学級がありますが、
親が了承しなければ、強制することはできないそうです。
うちの子供たちの学校では、低学年は普通学級に通い、学年が上がり
どうしても勉強がついていけなくなると特別支援学級に行くケースも多かったようです。
また学年が上がっても、音楽や図工など、可能な教科はなるべく普通学級で受けていました。
給食もクラスで一緒に食べました。
年に2回リレー会や運動会でも、低学年の時はクラスメイトが手をつないで一緒に走り、
学年が上がると他の子の半分の距離を走り、足の速い子が残りを走りました。
息子の学年にも男の子が二人いて、1人はやはり体の小さな子で同じクラスでした。
普通学級にいる時は、小さいこともあり、みんなが手伝ったり世話を焼いたりしていましたよ。
息子も同じ町内だったので、荷物が多い時はその子の家まで持っていったりしてました。
車いす体験等障害を持つ方に理解を深めるのも大事ですが、
目に見えにくい障害があることや、もっとも身近にいる友達に手を貸す大切さを
教えてもらったと思っています。
静かに座っていられなかったり、他の子供に迷惑をかけたりということがなければ、
普通学級に参加してみるのもいいかもしれません。
ただ、もう5年生ですから、ほかの子たちも戸惑うだろうし、
中には意地の悪い子もいるのでそれが心配です。
そこはやはり親しだいだと思います。
息子の学年の男の子も、同じクラスの子は親御さんが学校に来て、保護者のクラス懇談会や
クラスの子供たちの前で子供の事を話し、迷惑をかけるかもしれないけれどよろしくと
頼んでいましたし、息子も会うたびに、ありがとうね、頼むね、と声をかけられたそうです。
でももう一人の子は親御さんがほったらかしで、体が大きく、力も強かったので
他の子にけがをさせるというトラブルもあり、友達や保護者からも敬遠されていました。
最後に、中傷ではありませんが、体が小さいとか運動が苦手とかを欠点と言わないで
あげて下さい。読んでいて悲しくなりました。
大きいからいいわけではないし、
みんな運動が得意だったら、オリンピック選考会も大変でしょう?
最近はやたらと学習障害だとか発達障害だとか名前を付けます。
今だったらアインシュタインもエジソンもそう呼ばれるそうです。
どうかお子さんの優れたところを伸ばしてあげて下さいね。

直接の回答ならないかったらごめんなさい。
それと私は障害という言葉は好きではありませんが、ほかに置き換える言葉を知らないので
使わせていただきます。
IQは一度や2度のテストで簡単に測れるものではありません。
テストの形式に慣れていない子は低くなりますし、訓練すれば上がります。
私の住む地区の公立小学校にも特別支援学級がありますが、
親が了承しなければ、強制することはできないそうです。
うちの子供たちの学校では、低学年は普通学級に通い、学年が上がり
どうしても勉強がついていけなくな...続きを読む

Q知的障害の子がいます。現在小1で、1年前の検査では、IQ58でした。

知的障害の子がいます。現在小1で、1年前の検査では、IQ58でした。
ひらがなが、自分の下の名前しか書けませんし、読むこともその程度です。
小学校は、養護学校へいかずに、公立小の個別支援学級に入れました。中学の進路で、養護学校(現在は、特別支援学校)に入れたほうがいいのか、小学校同様に個別支援級に入れたらいいのか、悩んでいます。
また、このような、字が読んだり、書いたりすることができない子の就職はどうなるのでしょうか?
中学を電車通学(最初は送り迎えが必要でしょうし、ずっとそうかもしれません)にして、就職のときにそなえた方がいいのかなどと考えたりしています。

知的障害をお持ちの方は、どうされているのでしょうか?
本当に、不安でいっぱいです。こういうことがわかる、ページや、HPなんかがあれば、教えてください。
アドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

特別支援学校高等部に通う息子がいます。
息子は手帳の判定では重度です。IQの数値に
関しては全く知らないのですが、実年齢と10歳
以上遅れていると重度となるようです。小学校に
入学する前の療育の専門家の方から教えていただき、
ひらがな、数字(0~10)の読み書きを
1年以上かけて練習しました。漢字は小学校に
上がってから(特別支援学級です)少しずつ覚えて
います。できないと決め付けず、子どもさんに合った
覚え方を指導していけば覚えられますよ。

学習面のことも大事ですが、もっと大事なことは
「身辺自立」です。トイレ、着替え、洗顔(お風呂等)
食事、などなどのことが一人でできることが望ましい
です。家庭の中でお手伝いをしながら会得できるもの
です。どんどんお手伝いさせましょう。

就職に関してですが、特別支援学校の場合、小学部
入学直後から始まっています。といっても、難しいこと
ではなく、まずは上記の身辺自立から始まります。
支援学校の場合、小、中、高等部と学年差がありますが、
先輩のお母さん方から情報を得たり、施設見学や講演会
などをしているので、知識を得られやすい環境です。

息子は小学校を特別支援学級で、中学から特別支援学校
(旧養護学校)へ進み、そのまま高等部に進学して、現在に
至ってます。今年の3月に卒業して、通所施設へ通うことが
決まっています。これは高等部になると現場実習といって、
希望する施設へ1週間ほど通い、実際の仕事をすることです。
息子の通っている支援学校では高1で親子で見学、3学期までに
希望先を提出、2年生になってから施設や時期などが決まり、
2年生2回、3年生は2回実習に行きます。

地域で親の会があると思いますが、入っていらっしゃいますか? 
手をつなぐ親の会、手をつなぐ育成会というような名称の会が
各市町村に一つあると思います。こういう親の会が地域の行政に
協力してもらって、通所施設などを立ち上げている場合もあります。
施設見学なども実施していることがありますので、時間があれば
一度行政(社会福祉協議会、福祉課など)に聞いてみることを
お勧めします。

また特別支援学校に関してですが、年間に数回、見学会をしています。
進学年度になってからあわててするよりも、早いと言われようが
今から見学してみて下さい。我が家では小2から年間必ず1回は
参加をして、学校の様子を把握するようにしてきました。また
見学会の時には就労状況などの説明もありますので、参考になります。
教育相談を実施していますから、そういうものも利用するといいですよ。
HPですが、「障害児教育フォーラム」というHPはお勧めです。
会員制ですので安心して利用できます。

息子の支援学校はスクールバス通学が基本です。中学部になると、
スクールバスのバス停まで一人通学が可能です。先生のチェックも
ありますが、練習を重ねた結果、高等部入学と共に一人でバス停まで
通えるようになりました。自主通学(一般のバス路線や電車を使っての
通学)はちょっと難しいですが、少しずつトライしている最中です。
何か質問があれば、いつでも聞いてください。

特別支援学校高等部に通う息子がいます。
息子は手帳の判定では重度です。IQの数値に
関しては全く知らないのですが、実年齢と10歳
以上遅れていると重度となるようです。小学校に
入学する前の療育の専門家の方から教えていただき、
ひらがな、数字(0~10)の読み書きを
1年以上かけて練習しました。漢字は小学校に
上がってから(特別支援学級です)少しずつ覚えて
います。できないと決め付けず、子どもさんに合った
覚え方を指導していけば覚えられますよ。

学習面のことも大事ですが、も...続きを読む


人気Q&Aランキング