知人の子供(中学生と高校生)から、読んでいるだけで「美しい文章だな~」とか「名文だな」と感じられる小説を教えて欲しいと言われて困っています。

私の知るところでは、志賀直哉かな?ぐらいなので、みなさんが読んだ小説で、文章自体から美しさを感じたり、リズムなども含めて名文だな、と思われた小説を教えていただけたらと思いました。

内容も面白いに越した事は無いのですが、とりあえず文章の美しさに重きを置いた回答を期待しています。

その子供たちは、結構小説を読むのが好きな子で、コラムやエッセーなどは除外して考えているようですので、よろしくお願いします。

また、海外の小説や推理小説でも構わないようですが、できたら日本の小説のほうがいいみたいです。

因みに、綿矢りさについては「あれはダメ、出版社の話題作りだよね。まあ、出版業界も苦しい時代だからしょうがないけどね」と言ってました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

中学生だとまだちょっと難しいかもしれませんが、高校生なら尾崎紅葉や泉鏡花などはどうでしょう。

文章の美しさと言ったら、紅葉先生の右に出る物はいません。
流れるような文章、あでやかな人物描写、凛とした台詞回し。本当に日本語が美しい、と感じられます。
だから読むと言うよりはその世界に浸り言葉を浴びる、そんな読み方をしてしまいます。

最近の作家なら、ミステリですが、有栖川有栖はおすすめです。一読何の変哲もないのですが、余計な物を省いた文章が素晴らしいです。使われる語彙も豊富で、勿論物語り自体もとても面白いですよ。
わたしの一番好きな作家です。←だからちょっと贔屓目入っているかも(笑)
    • good
    • 4
この回答へのお礼

尾崎紅葉は私も薦めたい作家ですね。でも、聞かれてもとっさにはこの手の作家名が出てこないんですよね。(汗)
有栖川有栖は確か京都大学のミステリー研と同じ流れですよね。これはたぶん×かも・・・。島田荘司をはじめ、最近の新本格派、というのはあまり好きではないみたいでした。(ごめんなさい)
尾崎紅葉と泉鏡花はメモっておきます。どうもありがとうございました。

お礼日時:2004/10/12 18:39

 本当は韻文や随筆にこそ素晴らしいものがあるとおもうのですが、小説という限定ですので…。



1.島崎藤村 『夜明け前』
2.幸田露伴 『幻談・観画談』
3.夏目漱石 『道草』
4.上田秋成 『雨月物語』
5.樋口一葉 『にごりえ・たけくらべ』
6.谷崎潤一郎『吉野葛・蘆刈』
7.芥川竜之介『地獄変ほか』
8.井伏鱒二 『山椒魚/遥拝隊長』
9.幸田文  『流れる』
10.五味康祐 『柳生武芸帳』
今感じている気分で選んでみました。

この回答への補足

回答が10人になったら締め切る予定でしたので、これで締め切らせて頂きます。いままで回答してくださった皆さん、ありがとうございました。この場をお借りしてお礼申し上げます。
また、ポイントにつきましては、件の姉妹が読んでみようと思った作品をご紹介下さいました方に付けさせていただきましたので、ご了承ください。

補足日時:2004/10/13 11:16
    • good
    • 0
この回答へのお礼

名作をたくさんご紹介いただき、ありがとうございました。

お礼日時:2004/10/13 11:16

こんばんは。


なかなか利発なお子様たちですね(^_^)

お勧め・・・自分が中学の頃に、美文だと思った作品と言えば、堀辰雄の「風立ちぬ」でしょうか。あのサラサラと流れるような洗練された文章と、「風立ちぬ いさ生きめやも」の一文は、心に今でも残っていますね。
あとは国木田独歩の「武蔵野」。あの詩情溢れる文章で自然の美しさを表した文章に、幼いながら痛く感動した覚えがあります。
それから樋口一葉の「たけくらべ・にごりえ」。夭折した彼の人の淡く儚げな文章に、涙が溢れて止みませんでした。

近年読んだもので、小説ではなく書簡集になりますが、谷川俊太郎の「母の恋文」もまた、名文だと思います。
父であり哲学者の徹三と、多喜子の交わした恋文を偏したものですが、あまりに愛くるしい2人の手紙に、胸が温まる思いがします。

名文で言えば、山本周五郎のちいさこべ・ちくしょう谷。あと、太宰の「おさん」なども、女の哀しみを見事な文章に織り上げた名文だと思います。
それと、エッセイは除外と言う事ですが、高校生くらいの方なら白洲正子の本は是非とも読んでいただきたいですね。「遊鬼」「夕顔」が代表的ですが、その独特な世界観と、小気味良い文章に「日本の心」を編みこんで綴られた文章に魅了されます。

こんなところでしょうか。
良い本が見つかると良いですね。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

>なかなか利発なお子様たちですね(^_^)
いえいえ、結構生意気な姉妹なんですよ。でも小説の話なんかしてると、割と面白いんですけどね。

堀辰雄の「風立ちぬ」は私も読みました。たぶん上の子も読んでいるような気がします。そうすると下の子もたいてい読んでいるんですよね。なんせ、生意気ちゃんですから・・・。
独歩や一葉もいいですね。こうして考えると、昔(?)の文章って、ほんとに美しいものが多いですね。

谷川俊太郎や山本周五郎についてもチェックしてみます。ただ、太宰はなんとなく読みたくないみたいなことを言ってました。「あたし、影響されやすいから・・・」ということみたいです。
白洲正子については私は読んだことがありませんでした。是非薦めてみたいと思います。
たくさんの情報をありがとうございました。

お礼日時:2004/10/12 23:27

美文といえば谷崎潤一郎、大江健三郎だと思います。


谷崎の「細雪」なんかは、長いし読み応えがありますね。
あとは意外(?)なところで遠藤周作はどうでしょうか。
「海と毒薬」は傑作だと思います。これらは私が高校生の時に読みました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

谷崎、大江、遠藤周作。いずれおとらぬ文豪という感じですね。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2004/10/12 23:03

中勘介さんの「銀の匙」



ぜひ中・高生の頃に触れて欲しい作品です。

全体からまるで詩のような美しさが感じられ、何度となく読み返してしまいますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おお~!「銀の匙」、なつかしい作品です。私は20歳過ぎてからですが、岩波文庫で読みました。これは是非是非、薦めたいと思います。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2004/10/12 19:12

三島由紀夫の「春の雪」はいかがでせう?「破滅へと運命づけられた悲劇的な愛を優雅絢爛たる筆に描く」って解説に書いてあって、私もそのとおりだと思いました(^^;大正時代の貴族社会が舞台で、少し長いですが、ぜんぜん退屈せずに最後まで一気に読むことができました。

なんでも「浜松中納言物語」という平安時代の作品を典拠としているそうで、その時代の表現や、和歌などを意識した文体はとても素敵だと思いました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

上の子は結構ませている(早熟)のか、豊饒の海は(一)から(四)まで既読でした。(春の雪は(一)ですよね?)
本人も「三島はいいよね」などと生意気なことを言っております。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2004/10/12 18:45

倉阪鬼一郎さんはどうでしょうか。


本筋がホラーですので、あまりお利口な子供達には向いていないかもしれませんが
ジャンルに捕われなければ、文章や言葉使いなどは秀逸だと思います。
「美しい文章」というより、どちらかと言えば「名文」です。
それだけにホラーにも静かな凄みが感じられます。
あまりホラー色の濃くない「田舎の事件」がお薦めです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

この作家については私は全く知りませんでした。上の子は名文を読みたがっていて(名文で勉強して、自分も小説を書きたいらしいです)、もしかしたら好みに合うかも知れませんね。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2004/10/12 18:30

日本文学では「檸檬」でお馴染み、梶井基次郎の文章にすばらしさを感じます。



もうひとつは海外の推理小説ですがレイモンド・チャンドラーの「フィリップ・マーロウ」シリーズを清水俊二さん(戸田奈津子さんの先生)が翻訳したものが最高傑作です。ハードボイルド小説ですが詩のリズムがあり、アメリカの純文学小説でもベストテンに入っている傑作です。これはもうチャンドラーと清水俊二さんの共著といっても良い傑作です。日本でも推理小説以外のファンからも賞賛されています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

檸檬は私が好きな作品です。20歳ぐらいの時に読みました。いいですよね。すっかり忘れてました。
チャンドラーは読んだことがあるかどうか不明ですが薦めてみようと思います。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2004/10/12 18:27

はじめまして。

こんにちは。

池波正太郎さんの時代小説はいかがでしょうか。
『剣客商売』『鬼平犯科帳』を挙げてみます。

とても粋な文章です。
粋といってもあからさまな「べらんめぇ」ではなく、
もっと静かで、しっとりと、深く、それでいて快調かつ滑稽です。
(大好きなので褒めちぎります)
ただ、中高生という若い人たちへのウケがいいかどうかはわかりません。。。
ポップキッチュな軽快文では決してありませんので。

特筆すべきは池波氏の「料理・食事シーンの描写」です。
季節や情景にとけ込むようなそれらのシーンが、
ものの見事に粋に描かれています。
熱い・からい・新鮮だ、などの直接的な描写は少なく、
登場人物の様子や、料亭の風景、雰囲気などから、
面白いようにその様子が「伝わる」のです。
心情までも、そこから感じられるのです。粋です。
(『剣客商売 包丁ごよみ』としても編纂されています)

以上、カンペキな私個人の好みから紹介させて頂きました。
ご参考までに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

時代物はたぶん読んでいないと思いますので、是非薦めてみようと思います。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2004/10/12 18:24

村上春樹さんはいかがでしょうか?


若い人に読んで欲しいです。
特に↓
「国境の南、太陽の西」
「風の歌を聴け」
「1973年のピンボール」
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
村上春樹さんは結構読んでいるみたいですが、お薦めの作品名はメモっておきます。

お礼日時:2004/10/12 18:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q3月30日にNHKで放送されたトラッドジャパンという番組で、以下の文章

3月30日にNHKで放送されたトラッドジャパンという番組で、以下の文章が紹介されていましたが、ここでのserved asの使い方がよくわかりません。以下の文章でserved asを用いることにどのような意味があるのでしょうか?

Served as sushi, they have long been a favourite delicacy.
すしは日本人が古くから愛してきた食べ物です

Aベストアンサー

For people in Japan, rice and fish are two of the primary pillars of the diet.
が前にあるみたいですね。
they は rice and fish を受けているというか,sushi という名前以前のごはんと魚が合わさった料理を表している。

served as sushi は分詞構文で受身を表します。
serve は普通に「~を食事に出す」
「すしとして→すしという形で出されて」

as の後にくる sushi が they ではあり得ませんが,実質上,a favorite delicacy というのは sushi そのものに他なりません。

Q志賀直哉の短編小説についてですが…

タイトル通りに、この夏休みに志賀直哉の短編小説を少し読みたいが、ちょっと調べたところには数が多いんだ…いくつかご紹介してください。お願い致します。

Aベストアンサー

「剃刀」をおすすめします。
文庫本でほんの11ページ分程度の長さしかありませんが、
起承転結がお手本のようにきちんと組まれているので、
とても分かりやすく、すぐ読めます。
しかも、驚くほどサスペンス色の濃い作品です。
主人公の気持ちが最高潮に達したときの、不気味な空白感がすごくリアルで、ぞっとします。
初めて読んだときは、唐突なラストに茫然としました。

#2さんの挙げられている「范の犯罪」は、私も大好きで、手垢がつくまで読みました。
私の場合は#2さんと違い、判決は、作者の気質を考えると、しごくもっともだと思ったのですが、
ラストは多くの人が意見の分かれるところです。
だからこそ、面白い作品といえると思います。ぜひ読んでみてください。
それにしても、日本語を勉強されていて、志賀直哉を読もうと思われているなんて
そのこと自体に驚き、感嘆しました。
また、日本の小説に興味をもっていただき、とても嬉しいです。
これからもがんばってくださいね。

QNHK受信料支払いの表示を消すと、NHKに知れて勧誘にくるのか?

NHK受信料を払っていないものですが、このたび地デジ対応のテレビを購入しました
当然ですが、NHKのチャンネルで、受信料支払いの催促の文章が左下にでています
テレビを購入する際に電気屋さんが、消去する手続きをすれば、表示は消えるといっていて、また、消してもこの機関はNHKとは、関係ないため、NHK料金を払う必要はないと教えてもらいました
お金は、払わないのですが、表示を消したことによってまた、NHKの勧誘がくるのか心配です
実際は、NHKに知れて勧誘にくるのでしょうか?
ちなみに、NHK料金を払えとかいうコメントされても支払えませんので、あしからず

Aベストアンサー

経験ないのでそれで勧誘が来るかはわかりませんが、
オートロックのマンションだとほとんど勧誘には来ないと
聞いたことがあります。

また、ケーブルテレビを利用していると断れるみたいです。
いろいろ書いてあるので来てしまった時の参考になるかと・・・。

http://simohakase.hp.infoseek.co.jp/

参考URL:http://simohakase.hp.infoseek.co.jp/

Q志賀直哉の言葉

 志賀直哉の弟子の阿川弘之氏が曾て或る所で、「志賀直哉は、文法に従わない文章を書くことは、読み手の頭脳を浪費させ、邪道だと考えていた」という意味のことを述べられたと知りました。いかにも志賀直哉の言いそうなことだと思いますが、彼が直接このようなことを述べていそうな作品(小説又は随筆等)があるか、少々当たってみましたが分かりません。もしご存知の方がありましたら教えて下さい。また阿川氏の著述にもこのことに触れているものがあったら教えて下さい。

Aベストアンサー

あやふやだけれど「青臭帖」に有ったんじゃ?
勘違いなら御免なさい。

Qリスニングの為の中国語サイト(文章付き)

リスニング力向上の為に、CCTVと中国広播網とNHKワールドニュースを利用しています。

上記3つとも、音声&文章もしくは映像&文章の両方があるコンテンツがある筈なのですが、
文章がどこにあるのか探し出せません。
どこをどうたどっていけば、文章のページに辿り着けるのでしょうか。

上のどれか1つでも、ご存知の方いらっしゃいましたら、どうぞお教えください。
また、他のサイトでも音声か映像と文章の両方を使って勉強できるサイトがあったら、
教えていただけると嬉しいです。

どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは、、私がよく利用して練習するサイトです なかなかいいと思います

音声か映像と文章の両方を兼ねます

1http://bitex-cn.com/teaching_materials/126/index.html   音声、ピンイン、対訳つきです~

2http://j.people.com.cn/94475/7359306.html  中国のいろんな情報を知ることができて、音声、日本語訳付きです

ご活用ください

Q小説を投稿したら、編集料をだせば、出版可能だといわれたが。。。

友達に代わって質問させていただきます。

友達は、170ページ前後の小説を書き、出版社に投稿しました。かなりいい評価をいただいたらしいです。しかし、このままだと、出版できなく、小説をもっと小説らしくするため、修正する必要があると出版社の人に言われました。修正料金として300万円が必要です。ただし、半分は、出版社がだしてくれるらしいです。

質問:
1.お金を出して、専門の人に修正してもらうのは、あたりまえのことですか?300万円って高い?低い?

2.このお金を出すと、最低3万部を売れないと、赤字になるらしいです。3万部って多い?少ない?


*ちなみに、この友達は、小説を書くのは初めてです。


お知恵をください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

広告業界にいるので出版・印刷関係にも詳しいつもりです。

1.印刷代が3万部刷って300万なら格安です。
下の自費出版150万というのは200部~500部程度の話しです。
でもこの150万円はあくまで「修正代」ですよね?
そうだとしたらバカ高です。
170ページの修正代が300万なんてありえません。
それに普通の出版社なら内部で「ここを直すべき」というような会議をした上で作者と話し合い、作者に直させます。「勝手に直す」なんて大問題です。

2.下の人が書いているように3万部は多すぎですね。

たぶんだまされていて、150万払ったら「今度は印刷代を出して欲しい」と言ってくる2段構えのパターンでしょうね。
「じゃあ印刷はいいから訂正したものを見せて欲しい」というと「半分はうちが出しているので見せるわけにはいかない」という手口(笑)

社会正義のためにも出版社名を補足して下さいな。

QNHK ONLINE のNHK WORLDについて

昨日NHK ONLINEのサイトを開いたところその日のニュースがページの上の方に流れながら表示されていました。これは便利だと思って、流れる文章を読んでいたのですが。今日になってまたNHK ONLINEを開いたところ、どこを探しても昨日のような流れる文章がでるページを見つかりませんでした。僕自身昨日はどうやってそれを表示させたのか全く覚えていません。どなたかこれを表示させることができる方法を知っている方教えてくださいお願いしますm(_ _)m
このサイトです↓↓
http://www.nhk.or.jp/english/

Aベストアンサー

サイトを開いただけで表示されております。
もう一度開いてみてください。

Q美し文章は^^相手に肝要が伝わりやすい!のかな!?

 私はドジなので!以下!誤字脱字がありそうですが!
最近電話で要件を伝達していたのを電話は疲れるのでメールに切り替えました。
 しかし!文章で相手に肝要を知らせるため、試行錯誤しています。
そして・みんなは”文章”は読みたがらなくて・まして!下手な文章!は
 ”ちら見”で終わり見たいです。
 最近来日した時の「錦織圭選手」の記者会見の言葉が美しいと解説がありました。
だから!美しい文章は相手によく伝わるのかなと思いました。
 もし以下の文章を美しい文章にするにはどんな文章にすればいいでしょうか!?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
http://homepage3.nifty.com/mtaiyo/
以上方式でホームページをイントラネットに作成中です。
(インターネットはイントラネットのWEBサーバとはハッキング防止のために完全切り離されています。)
以上のフレーム方式で、プルダウンメニューのリンク先が右側に出ずに左側に
出てきてしまい!困っています。
プルダウンメニュー以外のリンク・タグである
[全国の天気]
[レーダー・ナウキャスト]
はちゃんと!右側に出てくれます。
プルダウンメニューのリンクページを右フレームに出すにはどんなプログラムにすれば
できますか!?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
以上ですが
よろしくお願いします。

 私はドジなので!以下!誤字脱字がありそうですが!
最近電話で要件を伝達していたのを電話は疲れるのでメールに切り替えました。
 しかし!文章で相手に肝要を知らせるため、試行錯誤しています。
そして・みんなは”文章”は読みたがらなくて・まして!下手な文章!は
 ”ちら見”で終わり見たいです。
 最近来日した時の「錦織圭選手」の記者会見の言葉が美しいと解説がありました。
だから!美しい文章は相手によく伝わるのかなと思いました。
 もし以下の文章を美しい文章にするにはどんな文章にすればいい...続きを読む

Aベストアンサー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 アドバイスをお願いします。

 現在イントラネットのホームページを作成中です (インターネットとはつながっていません)。

 レイアウトは下のサイトと同じもの。

  XXXXXXXX

 プルダウン・メニューのリンク先を右に出したいのですが、左に出てしまいます。

 プルダウン・メニューのリンク先を右フレームに出す方法を教えていただけませんか。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


質問する相手は当然 「プログラム」 には詳しい人のはずですから、「どんなプログラムにすれば」 のような文句は不要。

つまり、分りきったことはどんどん省いてしまうことです。必要な事柄だけを書く。

パッと見て用件が分るのが、読む側としてはありがたいものです。逆に、ごちゃごちゃ書いてあると読む気がおこらない。

文章がうまいとか下手ということではなくて、読みやすい (理解しやすい) かどうか。文学作品ではあるまいし、「美しい文章」 など必要ありません。


> 私はドジなので

 弁解から始められている文章など、気持ちよく読めません。

> 誤字脱字がありそうですが

 それが心配なら読み返してチェックすればいいだけのこと。これは送信者の側の問題で、相手には関係のないことです。

> 電話で要件を

 「ようけん」 には 「用件」 と 「要件」 があります。「用向き」 の意味だったら 「用件」 です。

> 文章で相手に肝要を知らせる

 「肝要を知らせる」 は変。「肝要」 という語は 「肝要な」 のように形容詞として用いる場合がほとんど。「言いたいことを伝える」 ということなら、そう書いた方がいいでしょう。

> 試行錯誤しています

 ここで 「試行錯誤」 という語を使われると、唐突感を覚えます。「どんなふうに書けばこちらの意図が伝わるのだろうかと、書き方に苦労しています」 くらいでもいいのでは?

> みんなは ”文章” は読みたがらなくて、まして 下手な文章 は ”ちら見” で終わり見たいです

 これは分ります。「用件」 の文章は、簡潔で短いのを好みます。親しい相手なら、必要な単語だけを並べただけで十分なこともあるかも。

> 美しい文章

 「用件」 を伝える文章にそんなものは必要ありません。必要な情報が含まれていて、分りやすくて簡潔であること、必要なのはそういうことだと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 アドバイスをお願いします。

 現在イントラネットのホームページを作成中です (インターネットとはつながっていません)。

 レイアウトは下のサイトと同じもの。

  XXXXXXXX

 プルダウン・メニューのリンク先を右に出したいのですが、左に出てしまいます。

 プルダウン・メニューのリンク先を右フレームに出す方法を教えていただけませんか。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー...続きを読む

QNHKニュースから質問

お願いします
NHKワールドニュースに以下の文章がありますその中の「left」の意味が分かりません、おそらくleaveの過去形かなと思うのですがここで当てはまる様な意味を辞書から探し出すことが出来ませんでした、どなたかここのleftの意味を教えていただけると助かります

The powerful earthquake that hit rural areas of northern Japan on Saturday morning left 9 people dead, 11 missing, and 233 others injured, NHK has learned.(NHKワールドニュースから抜粋)

http://www.nhk.or.jp/daily/english/15_18.html?play

Aベストアンサー

こんにちは。6/8のご質問ではお返事を有難うございました。

ご質問:
<「left」の意味が分かりません>

1.これが動詞leaveの過去形だということはご想像の通りです。

2.動詞に沢山意味があって、文中で使われている意味が不明な時は、動詞の動作・状態の主体である「主語」との関係から検証します。

3.まず、leftの文法的な位置がつかめにくいようですので、この文を文法的に分解すると以下のようになります。

(1)NHK has learned:
これがこの文全体の主語+動詞になります。その前文までは、learnの内容として目的語になっています。

(2)The powerful~233 others injured:
ここまでがlearnの内容となる目的語です。この部分は以下のように分解されます。

The powerful~Saturday morning:主語S
Left:他動詞V
9 people~11(people)~233 others:目的語O
dead~missing~injured:補語C
のSVOCの第5文型になっています。

(3)ここでは目的語Oと補語Cの関係が
9 people dead「9人が死亡して」
11 missing「11人が行方不明になっていて」
233 others injured「233人が負傷して」
という、3つの状態として表されているのです。

(4)補語のdead、injuredが過去分詞なのは、「既に死亡・負傷した」という完了の状態を表し、missingが現在分詞なのは「現在行方不明中」という進行の状態を表すからです。

(5)この動詞句の意味は「OをCの状態で放置する」となり、地震が静まった後に残された状態を表すのに、leaveは適切な動詞として使われています。

(6)このような無生物主語構文は、主語を原因、目的語である人を主語にして訳すときれいな訳に仕上がります。

以上からこの部分の訳の流れは
(直訳)「~を襲った大地震は、9人を死亡させ、11人を行方不明にし、233人を負傷させた」

(意訳)「~を襲った大地震で、9人が死亡、11人が行方不明となり、233人が負傷した」
となります。

以上ご参考までに。

こんにちは。6/8のご質問ではお返事を有難うございました。

ご質問:
<「left」の意味が分かりません>

1.これが動詞leaveの過去形だということはご想像の通りです。

2.動詞に沢山意味があって、文中で使われている意味が不明な時は、動詞の動作・状態の主体である「主語」との関係から検証します。

3.まず、leftの文法的な位置がつかめにくいようですので、この文を文法的に分解すると以下のようになります。

(1)NHK has learned:
これがこの文全体の主語+動詞になります。その前...続きを読む

Qアナタさまのお勧めの小説・エッセーを教えてください

日本語を習っている人たちに、いろいろなスタイルの日本語と親しんでいただくために<青空文庫>を勧めているのですが、青空文庫の小説は古く、漢字率が高いので、真似をしないように言っています。矛盾のフォローのために[マネ用の文]を探しておりまして……自由作文のスキル・アップのために有効とおもわれる、アナタさまのお勧めの小説・エッセーがありましたら、作家・タイトル・出版社・発刊年をお教えください。ネットで作品を公開している人のご紹介も歓迎します。よろしくお願い申しあげます。

〔わたしは、リズム感などを含めて、たとえば大岡昇平さんの文章が好きで、勧めたいのですが漢字率が高いので、推薦できません。他、詩人の田村隆一さんの文が好きで彼のエッセーや推理小説の翻訳の文に魅かれているのですが外国の人たちに「古書店で105円で買って読みなさい」と言えないのが残念です〕。

Aベストアンサー

さくらももこさんのエッセー集をおすすめします! 本が苦手な中学生でも気軽に読める文章ですし、それでも苦手な方には『のほほん絵日記』という、きわめて文字数の少ないものや、ご存知、漫画の『ちびまる子ちゃん』シリーズから始めるという手もあります。

日本語はしっかりしていて、尚且つ現代的だし、挿絵も楽しいし、いちいち爆笑できるし、たまにですがホロリと来るし、何よりも昭和の日本を庶民レベルで紹介できます。巻末にたまに付いている対談は会話の勉強になると思います。

Amazonなどで「さくらももこ」を検索すると全作品が出てくるはずですよ。文庫で安く出ているので買って回し読みしたり、図書館を利用してはどうでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報