『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

タイトルのとおりですが、会社が親会社から他社に営業譲渡されることになりました。会社の業務自体が親会社との関係が徐々に薄くなっているので、そのこと自体には疑問はなく発展性のある営業譲渡だと思います。

現上司(現在の親会社からの出向です)との面談と譲渡先の会社の責任者との面談と続きますが、確認しておくこと注意することなどありますか? 経験のあるかた、知識のあるかたのご意見を聞かせてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

私はM&Aのアドバイスを行っているものです。



大要は#1の方が書いていらっしゃいますので割愛します。
従業員にとって営業譲渡とは、前会社の退職、新会社への就職、ということになりますので、所謂、転籍と同じです。

よって、新会社(移転先)の労働条件の確認(給与等の労働条件、待遇、隔地転勤の有無)などの説明を
聞いた上で、それに貴方が同意した場合に転籍となります。つまり、就職したときと同じことを行うのです。

また、前会社において発生しているものはどのように移転または精算するのかを確認しておく必要があります。
(未消化の有給休暇、次回賞与の計算期間、退職金の処遇等)
特に問題となるのは、退職金の処遇です。
貴方が現会社に何年勤務されたかわかりませんが、通常退職金は勤務年数に比例して金額も上昇します。
営業譲渡で勤務年数が途中で打ち切られてしまうと、また1年目からの退職金計算となるため、将来の退職
金計算時に不利になることがあります。
新会社において、現会社の勤続年数を通算してくれるか、それが叶わない場合は、今回の営業譲渡
にあたって割増退職金を現会社に請求するとか、といった措置が必要となります。

なお、今回のお話は「営業譲渡」に限って回答しています。合併や株式買収といった場合はこれに
該当しませんのでご注意ください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。組み合いはないし、急なことなので皆浮き足立っています…
退職金とこの冬の賞与を移籍後に元の会社から出ることになりました。 でも転勤などには思い至りませんでいた。(ありそうですし) 
 本当にありがとうございました。

お礼日時:2004/10/20 21:42

1原則:営業譲渡の場合、譲渡される会社の労働者や労働条件が引き継がれるかどうかは、譲渡契約によって決まります。


2また、譲り受ける会社はだれを受け入れるか、どのような労働条件で受け入れるか等を決定することができるとされています。しかし、労働者を恣意的に選別することはできません。なお、労働者は譲り受ける会社に移るかどうかを自由に決定することができます。
3確認のポイント
ⅰ 労働条件が営業譲渡後にどのようになるのか。
ⅱ 労働条件の変更にあたって労働者や労働組合の意見聴取を行ったか。
4事前に労働条件が営業譲渡によって、どのように取り扱われるのかを合併契約書や譲渡 契約書などで確認する必要があります。
ⅰ営業譲渡によって、労働条件がそのまま引き継がれる場合もありますが、多くは変更されます。
ⅱ労働条件の変更は就業規則や労働協約の変更によって行われますが、使用者は一方的に 変更することはできません。事前に労働者や労働組合(労働組合がある場合)の意見を聞いたり、協議(労働協約の場合)する必要があります。意見聴取や協議の結果、それまでの労働条件を不利益に変更する内容が含まれていても「変更する必要性」や「労働者の受ける不利益の内容や程度」、「代償措置の有無」などを総合的に考慮して、変更に合理性がある場合は、有効とされます。
(一例:勤務年数の通算の可否により「退職金算定」「有給休暇」等大きく異なってきます)
参照URLhttp://www.work2.pref.hiroshima.jp/docs/1441/C14 …
http://www.pref.osaka.jp/sogorodo/osakarodo/0309 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

経験者の方なんですね。早速の回答をありがとうございます。

こちらの情況を補足しますと、親会社からの出向を除き全社員が残ることになっています。譲渡後、新しい親会社に吸収(って言うんでしょうか?)されの親会社に移籍になります。労働条件(労働時間、土休の日数など)は遺跡先の会社の方がキツイんです~

お礼日時:2004/10/14 13:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q営業譲渡による会社変更

営業譲渡による転職はどのように表現するのでしょうか?

普通は
株式会社AAA 入社
一身上の都合により退職
株式会社bbb 入社
と表現すると思うのですが

Aベストアンサー

あなたの意志(一身上の都合)でなく、AAA社がbbb社に譲渡されたので、あなたも自動的にAAA社からbbb社に移ったのですね。それなら、

・年・月 株式会社AAA 入社
・年・月 同社のbbb社への営業譲渡によりbbb社員となる。

と思います。

Q転籍は履歴書にどう書けばいいですか

平成・・ ○○○に入社
平成・・ 会社都合により△△△に転籍
平成・・ △△△に入社
 
このような書き方で問題ないでしょうか。
転籍理由は聞かされていないので、理由は書かなくてもよいでしょうか。

Aベストアンサー

平成・年・月 ○○○に入社
平成・年・月 会社都合により△△△に転籍
平成・年・月 △△△に入社
  
   平成・・ △△△に入社は転籍先が系列会社であれば記載する必要はありません
    △△△に会社都合により転籍を記載していれば十分です。
   (ただし、転籍扱いでなく退職扱いの場合は記入することになります)
追加で
   △△△に在職であれば平成○年○月△△△在職中
   退社したのであれば平成○年○月△△△一身上の都合により退社



  
   

Q勤めている会社が買収されます、その際の有休って・・・・

勤めている会社が買収されたとします。
その際、今までの買収される前まで溜めていた有休(約30日)が
買収後、12日に戻る
この場合、法律的に何か問題はないのでしょうか?
よいアドバイス等あればよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

単純に会社を買収しただけなら、経営者が代わったというだけですから労働者の労働条件に変更はありません。したがって、労働基準法で定められた年次有給休暇をなくすことはできません。
事業譲渡ということになると事情は変わってきます。この場合はケースバイケースで判断、ということしか言えないですね。下の参考URLをご覧になってください。

参考URL:http://www.mhlw.go.jp/general/seido/toukatsu/roushi/01.html

Q会社買収による退職金の相場

うちの会社は外資系なのですが、本社ごと買収されることになりました。
昨年末に発表され、1月半ばに買収が成立し、社員は2月末付けで全員解雇ということになりました。退職金がでるそうなのですが、相場とかあるのでしょうか?給料の何%とか?私は7年勤務しました。
相手が全員外人なので(私は英語がはなせません)直接交渉は難しく相場が知りたいので教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは

退職金が「出る」のは間違いないのでしょうか?
退職金は会社に支払い義務がないので、規定に書かれていないと
会社に支払い義務はありません。
一応、相場(中小企業ですが)が下記のリンク先に出ています。
(東京都産業労働局調べ)

勤続7年で会社都合だと基本給の2ヶ月強くらいが相場みたいです。

参考URL:http://www.sangyo-rodo.metro.tokyo.jp/monthly/koyou/chincho_16/index.html

Q会社の買収により退職→別会社に入社した場合の書き方

履歴書を記入していてペンが止まってしまったので教えてください。

私は大学卒業後、A社に入社し数年勤めました。
しかし数年後A社はX社に買収され、A社と新会社のB社に分かれました。
A社は名前だけが残り、事業内容や特許など全ての権利はB社に移り、殆どの従業員はB社に移動となりました。
なので殆どの従業員はA社を退職し、B社に入社したことになるのですが、履歴書職歴欄にはどのように記載したらよろしいでしょうか?

またその後、留学のためB社を退職した場合は、下記のように記載すれば良いでしょうか?
→ 200▲年●月 B社退職(留学の為)

よろしくお願いします

Aベストアンサー

年月 A社 入社
年月 A社 退社
年月 B社 入社
年月 B社 退社

で、職歴です。留学は職歴に何ら関係ありません。

退社理由は、尋ねられたらお答えください。

Q夫の会社が買収されましたが、、

今日、夫の仕事先の会社(去年株式になったばかり)が買収されることになったとCEOから全社員に宣言されたそうです。

敵対のようなものではなく円満に会社を売るようです。譲渡されるまでの手続きが何週間か掛かるそうで、その後も勤務先の住所・業務内容など変更はないみたいでこれからも雇用者も増やしていくそうです。

強制的な買収なら買収先からの派遣、人員削減、業務内容の変更などよく聞きますがそうでない場合も大幅な改革ってあるんでしょうか?もちろんCEOと買収先との契約内容によりますが、、。

去年に家を購入し、現在、第一子を妊娠中なのでちょっと心配です。無知な質問で申し訳ありません。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ごく一般論、と思って聞いてください。


普通、円満に会社が買収される場合、「買収によって従業員を解雇したり、

あるいは吸収合併される場合などでは、買収先の元の社員との差別待遇を受けたりしない」

という条件が付されることが一般的です。でないと、円満には会社は買収できません。


会社を買う、ということは、「そこで働いている社員の能力を買う」ということです。

もちろん、会社には他の資産もありますが、値段がつくのは「ノウハウとスキル」つまり

人間的な能力なのです。


もちろん買収だの合併だのいわないで、平穏無事に会社が存続していくのが、奥様としては

一番安心なのでしょうが、ビジネスの世界はそうもいきません。

ですから、いきなりリストラの嵐が吹き荒れるようなことはないでしょう。


もちろん、こんなご時世ですから先のことはわかりません。

でも、それは誰もお互い様なのです。買収されようとされまいと、大企業だろうと小企業だろうと。

だから、そんな心配よりも、まず心身を健康に保って元気な赤ちゃんを産んでください。


イチローも「自分でコントロールできないことをいくらアレコレ考えたって

どうしようもない。先のことはわからないのだから、なるべくどんな事態にも対応できるよう、

出来る限り自分をコントロールしていくのがベストだし、それしかないんだ」

と言っています。


当面、仕事のことは旦那さまに任せておいて、「私は子供を産むのが仕事」と

割り切って専念するのもよろしいかと思います。



蛇足ですが、もしも入手orレンタルできるなら、「おしん」という昔有名だったNHKの朝ドラの

DVDをご覧になってみてはいかがでしょうか。


結婚後のおしんが妊娠中、旦那の経営する会社が倒産するかどうかという大騒動の中で、

(おしんはそれまで夫を支えて働きまくっていたのですが)突然人が変ったように太平楽に

おっとりと日々を過ごすようになります。

それは、自分のそうした姿こそが、大変な夫の精神的支えになると考えたからです。


きっと今のあなたに参考になると思います。

ごく一般論、と思って聞いてください。


普通、円満に会社が買収される場合、「買収によって従業員を解雇したり、

あるいは吸収合併される場合などでは、買収先の元の社員との差別待遇を受けたりしない」

という条件が付されることが一般的です。でないと、円満には会社は買収できません。


会社を買う、ということは、「そこで働いている社員の能力を買う」ということです。

もちろん、会社には他の資産もありますが、値段がつくのは「ノウハウとスキル」つまり

人間的な能力なのです。


もちろん買収だの...続きを読む

Q会社が倒産しそう・・・事業譲渡について

もうすぐ会社が倒産しそうです。事実上もう倒産しているのですが、社長は私のいる部署は売上をあげているのでその部分だけ他の企業に事業譲渡(営業譲渡?)しようとしていて、これからそれをしてくれる会社を探すそうです。
質問はいくつかあります。まず社長は多くの負債を抱えており、その負債も含めた形で引き受けてくれる会社を探そうとしています。しかし負債まで面倒みてくれる会社なんてあるのでしょうか?そういう事業譲渡ってそもそもありですか?
あと、もう給料ももらえるあてはありません。数ヶ月先まで仕事は決まっており今私は会社を辞められない状況です。ただお給料もらえないのが分かってて勤めるのも生活もありますし、非常に理不尽です。もう会社とはきっぱり「明日から来ません」みたいな感じでやめてしまって良いのでしょうか?実は私は他の企業からお声がかかっており、ただ今の会社が他の企業に譲渡されれば、私は今の会社に義理もありますので勤め続けたいと思うのですが。

ただ負債も含めた形で請け負ってくれる企業があれば、の話です。
どうしたら良いでしょうか・・・。

Aベストアンサー

負債ぐるみ買ってくれる会社があるか、というと、ありますね。
いくつもそういう会社は知っています。

たとえばUMLの編集ソフトのローズというものを開発して売っていたRational。
ここは大赤字もいいところでしたけど、UMLという、当時ではこれから使用者が増加し標準化していく規格を持っています。
誰か他の会社が買ったら、その標準はその会社のモノになるのです。
だったら赤字ぐるみ買いとって自分の一員にさせようという考えです。UMLを自分のものにしてしまうのです。
とんでもないでかい会社ですね。おそらく社名はご存じだとは思いますが。
MicrosoftOfficeに完全に淘汰されようとしていたLotusという会社も、この会社が自分の傘下に置きました。
でも1-2-3やnotesはやっぱり競争力がないのですが、旧Lotusメンバーは、飢えなくて済んでいます。

いずれにせよ、他に替えようのない技術や版権を一つは持っていて、捨てがたいメンバーを抱えているなら、という前提条件があります。
大体技術力自体は光っているけど、ストラテジーをうまく立てられなかったり営業が下手だったりするだけです。
だったら大資本でその欠けている部分を全部補填できるなら、なんとかなるのです。

部署が独立採算しているのであれば、その部署の損益全部買い取ってくれるところはあり得ます。

倒産する会社の場合、債務者への対応をどうするかという目的で管財人というのが任命されます。
管財人にとってみれば、特定部署が身売り可能であれば、そのことで整理業務に幾分の手当ができるのならその話には前向きになると思われます。

質問者様、冷静に考えて、あなたの部署は売り物になるような独自性とか能力はありますか。
自分の気持ちで考えるのではなく、商品の市場性が定まっているとか銘柄感が培われているというような話です。

仮に例をだすだけですけど、たとえば新宿の中村屋だったら、パン部門が切り離せるか、カレー部門が切り離せるか、肉まん部門を切り離せるかという観点です。

中村屋のカレーを売りたい、という会社があるかもしれないとすれば、それは実現性のある話になります。
再び繰り返しますけど例に使っているだけで中村屋さんに何の他意もありませんよ。

それで、身びいきを一切なくして、ありうると思うなら残って委譲後の担当を引き受けるのがあなたのチャンスになると思います。

ちょっとないかなーと思うなら即刻辞職すべきです。
そうすれば、未払い給与に関し、あなたは債券者になりますので、管財人との相談をする立場になります。

負債ぐるみ買ってくれる会社があるか、というと、ありますね。
いくつもそういう会社は知っています。

たとえばUMLの編集ソフトのローズというものを開発して売っていたRational。
ここは大赤字もいいところでしたけど、UMLという、当時ではこれから使用者が増加し標準化していく規格を持っています。
誰か他の会社が買ったら、その標準はその会社のモノになるのです。
だったら赤字ぐるみ買いとって自分の一員にさせようという考えです。UMLを自分のものにしてしまうのです。
とんでもないでかい会社ですね。お...続きを読む

Q分社した会社へ転籍した場合の履歴書の記入方法は?

こんにちは。閲覧ありがとうございます。

素朴な疑問なんですが、

私は株式会社●●●で勤務しているとします。

その●●●社で私が所属している部署だけが分社をして株式会社△△△となり、その△△△社へ転籍した後、会社を退職した場合、履歴書の職歴欄にはどのように記入すればいいのでしょうか?

もし●●●社を退社して全く別の■■■へ入社した場合は

平成15年3月  株式会社●●●  入社
平成15年9月  株式会社●●●  退社
平成15年10月 株式会社■■■  入社
となると思うのですが・・・。

愚問ではございますが宜しくお願いします。

Aベストアンサー

平成15年3月  株式会社●●●  入社
平成15年10月 株式会社●●●分社化のため、株式会社■■■  転籍

でいいのではないでしょうか。

QM&Aによる事業縮小、退職時失業保険は?

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1979097
こちらで質問させていただいた者です。
一般社員にも徐々にM&A後の条件が提示されるようになってきました。
その中の一つに、いままで主人が携わってきた事業の廃止が盛り込まれていました。

今回のM&Aは経営陣の失策により負債が発生し、
基盤のない地場への進出を画策していた合併元が負債の肩代わりを条件に行ったもので、
失策がなければ現実の話ではなかった可能性が高いのです。
主人は事業の廃止を知り退職を選択肢の一つに入れています。

さて、もし退職をした場合、リストラではないわけですから自己都合になると思います。
しかしその原因を作ったのは経営陣の失策。
この点失業保険を受給する際、どう考慮されるでしょうか。
あくまでも自己都合となるのか、ある程度経営者側の都合だと考慮され、
単なる自己都合よりも有利な受給条件を得られるようになるのでしょうか。

Aベストアンサー

退職勧奨等がなく、自分から退職するのであれば、「自己都合」ということになると思います。
「解雇や倒産等で離職した」場合は特定受給資格者として、年齢や被保険者期間により、一般の受給資格者より手厚い給付が受けられることがありますが、「経営陣の失策」のみでは特定受給資格者の認定は受けられないと思います。

http://www.hokkaido-labor.go.jp/12osirase/osirase08.html(特定受給資格者)
http://allabout.co.jp/career/careerknowhow/closeup/CU20040323A/(特定受給資格者)
http://www.hellowork.go.jp/html/info_1_h3a2.html(特定受給資格者)
http://www.remus.dti.ne.jp/~laputa/koyou/tokuteijyukyuushikakusya_youken.html(特定受給資格者)
http://www.pref.osaka.jp/sogorodo/soudan/shin-Q&A/Q&A171D.pdf(特定受給資格者)

http://www7a.biglobe.ne.jp/~tsudax99/tebiki/kaisha_gappei.htm(合併・営業譲渡と労働契約)
http://www.work2.pref.hiroshima.jp/docs/1441/C1441.html(合併・営業譲渡と労働契約)
http://www.pref.osaka.jp/osaka-pref/sogorodo/soudan/shin-Q&A/Q&A241.pdf(合併・営業譲渡と労働契約)
http://www.jil.go.jp/kikaku-qa/jirei/18-Q01B1.html(合併・営業譲渡と労働契約)
http://www.jil.go.jp/kikaku-qa/jirei/18-Q01B2.html(合併・営業譲渡と労働契約)

退職勧奨等がなく、自分から退職するのであれば、「自己都合」ということになると思います。
「解雇や倒産等で離職した」場合は特定受給資格者として、年齢や被保険者期間により、一般の受給資格者より手厚い給付が受けられることがありますが、「経営陣の失策」のみでは特定受給資格者の認定は受けられないと思います。

http://www.hokkaido-labor.go.jp/12osirase/osirase08.html(特定受給資格者)
http://allabout.co.jp/career/careerknowhow/closeup/CU20040323A/(特定受給資格者)
http://www.hello...続きを読む

Q買収された側はどうなるんですか?

素人の質問で申し訳ありません。
テレビなどを見ていてよく思うことがあるのですが、買収する企業側は、他の企業を吸収をして大きくなるというイメージがあるのですが、
それでは買収された企業側はどうなるのでしょうか?
買収された企業の社長はクビにでもされてしまうのでしょうか?
それともただ単に経営に口を出せるようになるのが買収なのでしょうか?

そして買収された企業側は、買収した企業側の業績がその後急成長した場合、買収された企業側にも何かしらのメリットがあるのでしょうか?

買収された場合のメリット・デメリットなどを教えてくださると幸いです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

買収といってもあまりにパターンが多いので簡単に説明できませんが・・・

誰かが買収するということは、その企業に魅力があるということです。いい技術を持っているが、資本や人材不足で発展性がない。このままならやがて競争に負けて市場から消え去るかもしれない会社など。

*企業が他の分野(自動車製造会社がパソコン業界へ進出など)へ事業を広げようとするとき、ゼロから
体制を作るより、小さいが内容の良い会社を買収する方が早い。
*同業者を買収して業容を拡大し、海外との競争力を強化する場合もある。
*投資会社が買収して株価が上がったら手放すケースもある。この場合は利益の追求は厳しくても経営陣や
従業員は従来のままという場合もある。

その他いろいろなケースがあり、ケースごとに買収された側の運命は違ってくるでしょう。極端なケースは
No1の通りでしょう。運がよければ社長は買収した会社の役員として残りあまり実力を発揮させられないまま勇退ということも考えられます。

問題は一般従業員の処遇になります。対等合併なら給与面は改善される可能性があります。しかし、幹部職は格下げの可能性があります。社員5万人の会社の部長と社員200人の買収された会社の部長を同列に扱えないのはサライーマンなら理解できると思います。

買収された会社は存続しない場合と子会社として残る場合があります。子会社の場合、その後急成長すれば従業員も株主も幸せでしょう。元社長も保有株が上がって喜ぶかも知れません。

買収といってもあまりにパターンが多いので簡単に説明できませんが・・・

誰かが買収するということは、その企業に魅力があるということです。いい技術を持っているが、資本や人材不足で発展性がない。このままならやがて競争に負けて市場から消え去るかもしれない会社など。

*企業が他の分野(自動車製造会社がパソコン業界へ進出など)へ事業を広げようとするとき、ゼロから
体制を作るより、小さいが内容の良い会社を買収する方が早い。
*同業者を買収して業容を拡大し、海外との競争力を強化する場...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング