ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

車のエアコン

私のワゴンR MC22S(H.15)のエアコンについてなんですがエアコンが不調で悩んでます。

詳しく説明しますとエンジンをかけてエアコンの冷房はMAXにして吹き出し口から冷風は出ますが送風に近い冷風です、ボンネット開けて窓を見ると泡は最初だけ見えて後は透明に見えるようです。

しかもオルタネーターのクラッチ部分が5秒回り止まりまた5秒回りを繰り返します、ファンはそれに呼応して回り止まりになり走行中も加減速するので気持ち悪いです。

リレーの故障ですか?
ガスが少ないですかね?
よろしくお願いいたします。

A 回答 (6件)

エアコンリレー不良の可能性も考えられますが症状から考えると他にも、


・エキパン(エキスパンションバルブ)不良
・リキッドタンク詰まり
・冷媒ガスの過充填(冷媒ガス量が多すぎる)
・コンプレッサー不良(経年劣化による故障の他、過去にガス漏れを起こしていて、ガス補充を行ったときに潤滑用オイルを補充していないため焼き付きを起こしたなど)
・プレッシャースイッチ不良
・ラジエーターファン(電動ファン)モーター不良またはヒューズ切れやファンリレー不良
・コンデンサーフィンの目詰まり
・サーミスタ不良(室内ユニット内)
・室内or室外温度センサー不良(オートエアコンの場合)
…など色々な可能性が考えられます。

エアコンリレー(←エンジンルームのヒューズBOX内の「RELAY 2」)につきましては、すぐ近くのラジエーターファンリレー(←同「RELAY 4」)と一時的に入れ替えてみて症状が改善しないかご確認ください。このとき元々エアコンの方(「RELAY 2」)に付いていたリレーが不良の場合はラジエーターファンが作動しなくなる恐れがありますのでエンジンを掛けたままでの長時間のテストや走行は行わないようにしてください。
※「RELAY 1」と「RELAY 3」は燃料ポンプとメインのリレーだったと思いますので取り外さないでください。

ガス不足の場合はコンプレッサーのマグネットクラッチが全くONしない、もしくは逆にマグネットクラッチはONしてコンプレッサーは回り続けるが冷風が出ない(冷えが悪い)という症状になる可能性が高いです。また、ガス詰まりやガスの過充填や放熱不足、サーミスタ不良やセンサー類(プレッシャースイッチや温度センサーなど)の不良などが原因で制御によってマグネットクラッチがOFFした場合はアイドルアップ制御が解除されると思いますが、エアコンリレー不良の場合はマグネットクラッチがOFFしてもアイドルアップ状態(←コンプレッサー駆動負荷が無いため1500~2000rpmくらい?)が続くと思います。

せめて(マニホールドゲージを繋いで)現時点での低圧と高圧のガス圧(←コンプレッサー作動時と停止時の両方とその間の圧力の変化の具合)や、低圧側の配管やエバポレーターの冷え具合や結露の状況などが分からないと詳しい判断はできませんので、お車を購入された自動車販売店、またはスズキの看板を上げている自動車整備工場や自動車電装品の専門店(←DENSOや自動車用バッテリーメーカーなどの看板を上げている「〇〇電装」や「〇〇電機」などの名称のお店)などにご相談ください。

以下蛇足ながら、メーカーや部品商など早いところは今週末から大型連休に入る可能性があります。いざ修理となった場合に部品によっては入荷が連休明けになる可能性がありますので、連休中にお車を使われるご予定がありましたらお早めに対処された方がいいと思います。

また、基本的に冷媒ガスは(外部からの水分や不純物の混入でもない限り)劣化しませんので、冷媒ガスのクリーニング(冷媒ガスの抜き替え)はやるだけ無駄の可能性が高いです。(←多少の水分や不純物はリキッドタンク内のフィルター(≒ドライヤ)の部分でキャッチされますので、もしシステムに影響があるほどの量の不純物が冷媒ガス経路内に混入している場合はガスの抜き替えだけではダメで、冷媒ガス経路を全て分解して冷媒ガス経路の内部をきれいに洗浄した上で最低でもリキッドタンクとエキパンは交換する必要があります)

それと、冷えが悪いからと言って現時点でのガス圧の確認もせずにガス補充を行うことはお勧めできません。現時点で冷媒ガスの充填量に問題が無い場合は、過充填状態になってガス圧が異常に高くなりすぎて(プレッシャースイッチの働きで)コンプレッサーが全くONしなくなる、各部の接合部分などからガス漏れを起こす、コンプレッサー内のリードバルブが破損する、など別の症状や故障の原因になる恐れがありますので、必ず設備(マニホールドゲージやガス漏れ検知器など)や知識(エアコンシステムが正常な時のガス圧や故障時に起こるガス圧の状態の知識など)のあるディーラーや整備工場などで点検を受けてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

色々細かくご指導して下さいましてありがとうございます。

お礼日時:2018/05/02 10:13

エヴァポとリキタンとコンプレッサーを変えると治りますよ。



一個だけ治しても、またすぐに次が壊れるので、一度に全部治しましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました、そうしてみます。

お礼日時:2018/05/02 10:12

カーエアコンの診断と修理は難しいので、(修理工場経由で)電装屋さんに取り敢えず点検して貰う事ですね。


診断結果で如何するか決めてください。(診断だけでも費用が掛かるでしょう)
    • good
    • 0

うちのK6Aは、二回ガス補充したけど、やっぱダメで、結局はコンプレッサーを交換して、65000円でした。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました、高いんですね❗️

お礼日時:2018/05/03 22:03

温度設定を低くしていますか?


28度のままじゃないんですか?(^_^; 冬の設定のままとか

>しかもオルタネーターのクラッチ部分が5秒回り止まりまた5秒回りを繰り返します、

そんな物が、どーやって運転してる時に判ったのですか?
霊能者ですか?
    • good
    • 0

ガスの劣化 又は少ないのが原因と考えられます・




補充し直せばイイだけだと思われますよ
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます、考えてみます。

お礼日時:2018/05/02 10:14

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QワゴンRのメインフューズボックスのリレーについて教えてください。

ワゴンRのメインフューズボックスのリレーについて教えてください。
日曜大工ならぬ日曜整備が趣味の女の子です。宜しくお願いします。
今迄オイル、プラグ、ブレーキパッド交換等の整備経験があります。電気部品はヘッドライトの交換とカーステレオの取り付け程度です。ヒューズの役割は許容量を超える電流が流れると切断されて電流の流れを止めると理解していますが、リレーの働きがわかりません。私の車のメインフューズボックスには3つの同じ品番のリレーが取り付けられています。
ラジエータリレー
インジェクションリレー
フューエルリレー
の3つです。
同じ部品が使われているのであまり複雑な部品ではなさそうに思えますが、素人考えでごめんなさい。
私の車の知識として質問させて下さい。
質問1 リレーとはどのような働きをする部品でしょうか?
質問2 リレーには4つの挿し込み足がありますが、入力2本出力2本でよろしいでしょうか?
質問3 挿し込み足は2本づつ向きが90度違います。そして同じ向きの2本づつ各々色が違います。銀色と銅色です。 この色と向きにはどのような意味があるのでしょうか?
質問1~3を理解すればリレーの挿し込み足4本を観てどれが入力か出力か判断出来るのでしょうか?
それとも決まり事があるのでしょうか?
詳しい方教えてください。あくまでもリレーという部品の知識として知りたいです。

ワゴンRのメインフューズボックスのリレーについて教えてください。
日曜大工ならぬ日曜整備が趣味の女の子です。宜しくお願いします。
今迄オイル、プラグ、ブレーキパッド交換等の整備経験があります。電気部品はヘッドライトの交換とカーステレオの取り付け程度です。ヒューズの役割は許容量を超える電流が流れると切断されて電流の流れを止めると理解していますが、リレーの働きがわかりません。私の車のメインフューズボックスには3つの同じ品番のリレーが取り付けられています。
ラジエータリレー
イン...続きを読む

Aベストアンサー

リレーとは,電磁石に電流を流し,接点を動作させて回路の入り切りをする装置です。

下の図で説明すると,端子A-Bに電流を流して電磁石を動作(励磁)させます。
電磁石が動作すると,接点が電磁石の磁力で引き寄せられ接点が閉じます。
接点が閉じると端子X-Y間に電流が流れるようになります。

なお,電磁石への電流を切ると,接点は元通りに開きます。(接点はスプリングで開方向へ引っ張られています)

以上の動作するリレーをa接点リレーといい,接点の動作を逆にして電磁石が動作すると接点を開くリレーをb接点リレーといいます。

なぜこのような物を使用するかは色々理由がありますが,大きな理由の一つにリレーにより大電流回路の接点の入り切りをするためにあります。

質問者さんが疑問に思ったリレーを更に見てもらうと,「12V 20A」などと書かれていると思いますが,記載されている電流まで接点の開閉ができるのです。

しかし,車内で使用している小型のスイッチやキーシリンダーは,せいぜい数アンペア程度のON,OFFしかできません。

そのため,モーターなどの電流の多い物などは,スイッチなどで直接ON,OFFせず,リレーを通してON,OFFするのです。

他に,複数のリレーを同時に動作するような回路にすれば,一つのスイッチをON,OFFするだけで複数の機器を同時にON,OFFすることもできます。
ウィンカーなどが代表的ですね。しかし最近のウィンカーはリレーを使わない物もあります。

これが質問1の回答です。


質問2
下の図のように,電磁石用の端子2本と接点用の端子2本で合計4本になります。


質問3
リレーは電磁石側は+-,接点側は入力と出力が決まっているため,逆接続防止のため端子が90度変えあります。
端子の色は一般的に金色が電磁石の端子,銀色や銅色は接点用の端子だった場合が多いようです。
(決まっているのかどうかは私には分かりません)
金色なのは金メッキと思いますが,端子の腐食などによる接触不良を防ぐためだと思います。


ちなみに,
ラジエータリレー => ラジエター冷却ファン用モーター
インジェクションリレー => インジェクション動作用
フューエルリレー => 燃料ポンプ
と思われます。

これらの機器が動作しない時は,それぞれのリレーがだめになっている可能性があります。

リレーとは,電磁石に電流を流し,接点を動作させて回路の入り切りをする装置です。

下の図で説明すると,端子A-Bに電流を流して電磁石を動作(励磁)させます。
電磁石が動作すると,接点が電磁石の磁力で引き寄せられ接点が閉じます。
接点が閉じると端子X-Y間に電流が流れるようになります。

なお,電磁石への電流を切ると,接点は元通りに開きます。(接点はスプリングで開方向へ引っ張られています)

以上の動作するリレーをa接点リレーといい,接点の動作を逆にして電磁石が動作すると接点を開くリレーを...続きを読む

Qオートエアコンの修理

2002年式スズキワゴンRのRR-SWT(MC22S)のオートエアコンが故障しました。エンジンをかけて直後は冷風が出ますが、吹出口を変えるボタンを押すと少しコトンと異音がし、エラー(AUTO点滅)になり、冷風から送風にかわります。送風の吹出口はかわらず、その後どのボタンも反応しなくなります。吹出口を変えないと冷風のままでエラーも出ません。少し前にセンターパネルの奥で何かが落ちるような大きい異音がしました。こういった症状の場合、大体の修理箇所と大まかな費用をお聞きしたいです。以上よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

推定ですが
2万~8万ぐらい

故障の部品原因でかわりますね

QワゴンRのキーレス登録方法

使っていたキーレスのキーホルダーをつける穴が割れてしまったので、オークションで中古のワゴンRの同じタイプのキーレスを購入したんですが、登録方法がわかりません。
誰かご存知の方教えてください。お願いします。
ワゴンRはMC21Sに乗っています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

2003年9月以降の年式なら、以下の方法で登録出来るかと思います。

【注意】登録作業は、60秒以内で終わらせる事

1)車両を初期状態にします。
 ・イグニッションキーを抜いておく
 ・全てのドアを閉める
 ・運転席ドアロックをアンロック状態にする

2)運転席ドアを開ける
3)イグニッションSWにキーを挿し、イグニッションをOFF→ONしたら10秒以内にON→OFFにしてキーを抜く
4)キーを抜いてから20秒以内に運転席ドアを3回閉め⇔開け(ドアスイッチON⇔OFF)
5)再度、手順(3)を実施
6)キーを抜いてから20秒以内に登録するトランスミッタ(キー)の送信ボタンを押して下さい。

※全ての操作が上手く行き、車両側がトランスミッタの送信を認識すると、暗証コードを登録し、ドアロックがロック、アンロックの順に作動します。
※作業時は、手順が煩雑なのでプリントして確認しながら作業した方がミスが無いかもしれません。
※一度で上手くいかない場合も有ります。再度手順を確認してからもう一度やり直して下さい。

アンサバック機能切り替え(ロック・アンロックの受信の際ハザードで作動確認するかしないかの切り替え)
【注意】・全ての操作は15秒以内に
    ・15秒以内に作業が終わらなかった場合は最初からやり直し
    ・切り替え中にドアを開ける又はドアロックノブを操作すると切り替えモードはキャンセルされます。

1)全てのドアを閉めて、イグニッションキーSWからキーを抜き、アンロック状態にする
2)キーをイグニッションSWに挿入→抜く→挿入→抜く→挿入→抜く→挿入の順に行なう。
3)キーが挿入された状態で((2)の状態のまま)キーの送信ボタンを3回以上押す
4)登録が成功すると、切り替わったアンサバックを1回点滅させます。(この時、ドアロックモータへの出力は行ないません。)

2003年9月以降の年式なら、以下の方法で登録出来るかと思います。

【注意】登録作業は、60秒以内で終わらせる事

1)車両を初期状態にします。
 ・イグニッションキーを抜いておく
 ・全てのドアを閉める
 ・運転席ドアロックをアンロック状態にする

2)運転席ドアを開ける
3)イグニッションSWにキーを挿し、イグニッションをOFF→ONしたら10秒以内にON→OFFにしてキーを抜く
4)キーを抜いてから20秒以内に運転席ドアを3回閉め⇔開け(ドアスイッチON⇔OFF)
5)...続きを読む


人気Q&Aランキング