「明治維新」という言葉を最初に使ったのは誰なんでしょうか。当時活躍した人達ではなく、ある程度後の歴史家か政治家じゃないかと思うんですが。

A 回答 (1件)

多分 歴史家の命名だと思います。


同じ時期の「大政奉還」も徳川慶喜は「大政の返上」としか言っておらず
「大政奉還」はその後の政治家がつけたらしいです。
答えになっていないですか?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q明治維新で活躍した人達・・・・・・。

お世話になります。

歴史音痴で歴史の本も一切読まない者です。

教えてください。

明治維新になるまでの経緯が知りたいです。

ペルー来航で「これ以上鎖国は無理??」で「開国意識」が全国的に
広まり熱く若き志士達が同盟を作り「革命」を起こし明治維新に
繋がったのでしょうか?

その熱く若き志士達が

坂本竜馬  (土佐藩)
高杉晋作  (長州藩)
西郷隆盛  (薩摩藩)
 
その他 沢山の人達。


解かり易く教えて頂けないでしょうか。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

徳川幕府瓦解と明治維新の流れは大きく3つに分けると良いと思います。

1.ペリーに代表される外国の植民地政策が、鎖国日本を刺激した初期。
 この時期はまだ幕府の威光が強かった時期ですが、平和ボケではいかんという論客達の国防論が出始めたころです。吉田松陰などは有名どころですが、他にも梅田雲濱(うんぴん)や横井小南などの論客や、薩摩・宇和島・水戸などの藩ぐるみでの対外政策論も沸騰した時期です。

2.幕府内は勿論のこと、日本中のあらゆる階級を巻き込んだ開国・攘夷議論が起きた混乱の中期。

 大老 井伊直弼のほぼ独断による米国との条約締結により、開国派と攘夷派の対立が激烈化してしまいます。政治論争から暗殺などの実力行使が横行し、幕府による反対勢力の弾圧(安政の大獄)が起こり、これに反発した反幕府派のテロの横行が井伊直弼の暗殺(桜田門外の変)で頂点を極めます。この時点で「倒幕」という明確な目的が攘夷派の中に形成されたと思います。

3.世論を二分した倒幕運動~戊辰戦争へとつながる後期。
 長州藩と薩摩藩、土佐藩など関が原の戦い(1600年)の時に西軍に付いた藩は、江戸期には不遇な対応をされていました。特に下級武士(郷士)は、関が原で負けたがために、幕府から送られてきた上級武士には逆らえず、半農で生計を立てていました。こうして抑えてきた鬱憤が、討幕運動に火をつけたといえます。この時期は、前半の長州の暴発(天皇を奪って反徳川政権を目指すが失敗:禁門の変)と、薩長同盟(坂本竜馬が成し遂げた)後の新政府樹立に向けた時期になりますが、日本を二分した内戦へと発展していきます。

下記の人物たちは、上記の中でそれぞれが重要な役割を果たしました。
坂本竜馬(薩長同盟・大政奉還の計略)
高杉晋作(長州藩革命・倒幕戦争の開始)
西郷隆盛(薩長同盟~戊辰戦争・江戸城無血開城など)

彼ら以外にも、明治維新を導いた重要な人物はたくさんいますが、上記の3つの時期に分けて(賛否はあるかもしれませんが)考えると整理しやすいかと思います。

参考URL:http://www.bakusin.com/eiketu/eiketu.html, http://www.bakusin.com/sabaku.html

徳川幕府瓦解と明治維新の流れは大きく3つに分けると良いと思います。

1.ペリーに代表される外国の植民地政策が、鎖国日本を刺激した初期。
 この時期はまだ幕府の威光が強かった時期ですが、平和ボケではいかんという論客達の国防論が出始めたころです。吉田松陰などは有名どころですが、他にも梅田雲濱(うんぴん)や横井小南などの論客や、薩摩・宇和島・水戸などの藩ぐるみでの対外政策論も沸騰した時期です。

2.幕府内は勿論のこと、日本中のあらゆる階級を巻き込んだ開国・攘夷議論が起きた混乱の中...続きを読む

Q明治維新の頃の幕臣で著名&活躍した人物は?

貴方は誰を一番に思い浮かべますか?
その理由は?



※主な候補者

近藤勇・土方歳三・勝海舟・榎本武揚・渋沢栄一・福地源一郎・徳川慶喜・松平慶永・松平容保etc

Aベストアンサー

お礼に対して回答したい

>薩長(土肥)中心に、維新前後に活躍した人物は多く、資料やエピソードも豊富なのだが、幕臣(将軍直属の家来)並びに非薩長旧体制派の中にも、維新以降の国家&国体創設に貢献した人物が多くおられるだろうと思い、皆様にお教え願いたく質問を致しました。

指摘には概ね賛同するしかない
小生は歴史教育者として常に思慮することとして、幕末・明治維新の薩長・新政府側のインフレ評価の適否について違和感と拒絶感を感じることが多い

よくよく薩長・新政府側は高い評価されるが、その評価の妥当性は概ね批判している
例えば講座派と呼ばれる人々は、マルクス主義的視座で明治維新を市民革命として捉え好意的評価に至るし、皇国史観・国学に近似する思想家は、天皇を主軸した国家体制へのシフトに全く嫌疑を持たず評価している
小生からすれば、薩長・新政府の要人たちは、常に野蛮であり粗暴であり、論理思考として常に劣っている存在でしかない
冷静に歴史を俯瞰してみれば、幕末の戊辰戦役は、未曾有の国内内紛であって、多くの維新志士達が指摘した「列強の侵入」と許しえ、助長する内紛であった、と見るのが可能だろう
しかも、薩長は英国・幕府はフランスの支援を受けていた時代背景を思慮すれば
典型的な英仏の植民地代理戦争の要諦を為している。(維新史では、「代理戦争史観」)
列強が植民地支配する場合においてもっともパターン化された『植民地の内紛に乗じた』という形状を戊辰戦役は見事に体現している、とも言える。
(慶喜が代理戦争を見抜いた、とは言い切れないが、全面闘争になった場合を軽視するべきではないだろう)
そして、極めて重篤な問題として、新政府側は、最終的には、幕府の海軍に勝つことが出来なかったわけである。それも圧倒的に劣勢であった事実がある
当時において日本の国防の主軸は、海軍力であることは小学生でも理解できるだろう。
戊辰戦役では、陸上部分での新政府の優性だけが指摘されるが、幕府側が海軍力で常に優性であった事実を振り返る識者は少ない。
同時に、”代理戦争史観”を理解するために必要な世界史的教養が乏しいのが、現在の維新史学会の現場であることも指摘できるだろう。

色々指摘したことがあるのは山々だが、これだけは、指摘しておきたい

明治維新においてもっとも活躍しえた人物のもっとも間違いない回答は、

苦しい社会事情にも関わらず、それに耐え偲んできた一般庶民であろう。
地租改正などの抜本的な社会変革については、あまり指摘されないが日本の長い歴史からして、地租改正時ほどの高い税率の時期はない。8公2民の紀州徳川家と比較しても、搾取的とも言えるだろう
明治維新は士族の社会革命という視座だけで理解されるが、文明開化という『プチ文化大革命』の荒業の影で多くの日本古来の習俗が否定された。その否定の背後で多くの庶民が生活基盤や社会習俗の変化を強制されたことを考えれば、当時の一般庶民の苦しみは想像するに大きなものだろう。
小生は、マルクス主義的な史観を許容している部分もあろうが、間違っても、偉ぶっているだけの政治家の功績は、功罪でいえば、罪の方が大きいとしか思えない。

特に長州藩の松下村塾の門下生にはその傾向を強く指摘しえるものである
例えば、伊藤博文は大日本帝国憲法の起草者として認識されているが、文献からしても井上毅(”馨”ではない)が強くかつ巨大な影響力を持っているのは明らかであるように、新政府の要人でも薩長閨閥は『功を盗んだ』という部類の批判も可能かつ適切な場合が多い

小生は明治維新の立役者としては、水戸藩というパイオニアを根底にして評価する思想的背景を重視する立場である。ポっと出てきただけの長州藩などは「奇兵隊」みられるように結果論だけの話であって、行き当たりばったりの成功に過ぎない彼らの功績など評価しようとは到底思えない。
結局、社会の根底はマイノリティである政治家に依拠するものではなく、それを支える庶民・大衆の功績であるべきであって、その思想が不適切である理由もないだろう。
歴史はフィクションであって、偏ったフィクションで史学は出来上がることがありえる。その典型例が明治維新であって、歴史小説との共鳴作用で、明治維新・幕末は虚偽・偽証を交えて無知・魑魅魍魎が跋扈する世界になっている
歴史教育的に中立であろうとする小生からすれば、これほど指導しにくい時代は現代史と大差ないし、出来れば教えたくない
しかし、歴史とは人間の認識で創造されうるものであることを許容するしかないわけだが、正直いって、陳腐な歴史認識ばかりで反吐が出る

まぁ、質問者の見解には概ね同意するが、身分立場を超えた人間が活躍した時代、という評価もありえることは思慮してほしい
もっとも、薩長は身分立場に「こだわり続けた」部類であることは、割愛しておこう

なお、対外的には、小生は、明治維新の原動力としては、適塾の塾生をあげるようにしている
(もっとも福澤諭吉は絶対的に除外するが・・・)

以上

これでもかなり割愛しているのだが、指摘したいことがありすぎて、困る

お礼に対して回答したい

>薩長(土肥)中心に、維新前後に活躍した人物は多く、資料やエピソードも豊富なのだが、幕臣(将軍直属の家来)並びに非薩長旧体制派の中にも、維新以降の国家&国体創設に貢献した人物が多くおられるだろうと思い、皆様にお教え願いたく質問を致しました。

指摘には概ね賛同するしかない
小生は歴史教育者として常に思慮することとして、幕末・明治維新の薩長・新政府側のインフレ評価の適否について違和感と拒絶感を感じることが多い

よくよく薩長・新政府側は高い評価されるが、そ...続きを読む

Q日本史の授業で明治維新に活躍した人物を調べています。

日本史の授業で明治維新に活躍した人物を調べています。
私は「勝海舟」に興味をもっているので今、調べている途中です。
でも、調べてもなかなかいいサイトが見つかりません。
いいサイトがあればぜひ教えて下さい。

また、明治維新で起こった事件が書いてあるサイトがあれば教えて下さい。
お願いします。

Aベストアンサー

素朴な疑問ですが、「インターネットで調べなさい」という課題なのですか?
そうでないなら調べ物には、図書(本)も使うほうが有益なのですが。

いくらネット検索でも(または誰かに「いいサイト」を教えてもらっても)、文章を読むのは自分でやらなければならないし、ノートやレポートにまとめるのも自分でやらなければなりません。
(それが出来ないならPCなんて使えないただの箱です)

「ウィキペディア」が便利ですが、記事によっては内容が間違っていることもあると言われております、ご注意を。
鵜呑みにしないで他の資料と比較してみるなど、自分で確認をしてくださいね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8B%9D%E6%B5%B7%E8%88%9F

http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E5%8B%9D%E6%B5%B7%E8%88%9F%E3%80%80%E6%98%8E%E6%B2%BB%E7%B6%AD%E6%96%B0&lr=&aq=f&oq=

Q江戸時代~明治維新の歴史

みなもと太郎氏の大長編「風雲児たち」のおかげで歴史の面白さに目覚めました。
ただ、高校で世界史を選択していたこともあって、この時代の知識は恥ずかしいくらいにしかありません。
高校の教科書よりはレベルが高く、専門的過ぎない江戸~維新の歴史を概観できるような本を教えていただけないでしょうか。細分化されたものは多数見かけるのですが、全体を見通せるものを探しています。
抽象的な書き方ですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私がお世話になったのは小学館発行「日本の歴史」です。 
それに中央公論社の「日本の近世」です。
ともに20冊近いですが江戸と維新に絞れば数冊で済みます。
前者は少し古くなってしまいましたが、同様の趣旨のものが最近刊行されています。(出版社は忘れました。)

内容的には専門的なのと通俗的なのとの中間のように思います。 高校のレベルよりは高いです。
図書館か大型書店を覗いてみたらどうでしょう。

Q明治維新の「維新」について

選挙で「維新」と多く聞きます
その語源?である「明治維新」について質問です

明治維新の「維新」はその革命改革の時点で使われていた言葉なのでしょうか?
歴史を振り返って名づけられたものなのでしょうか?
よく歴史に出てくる戦争や革命などは 振り返ってつけられたと思います
(例えば大政奉還以降に維新革命党とかあったら判りやすいのですが)

また「維新」という言葉は明治以前からあったのでしょうか?

教えてください
よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

確か、幕末に水戸の藤田東湖が作った造語だったと思います。
革命というと、君主まで変わってしまうことになりますが、日本の場合はそういうことは無く、
天皇陛下が治める日本国の政治体制を全く新しくするという意味で作ったものだと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報