【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

凶方位への、海外旅行は 行かない方がいいですか?
月盤の 暗剣殺 方位で、帰りは、五黄殺になります。

A 回答 (3件)

こんにちは!



>凶方位への、海外旅行は 行かない方がいいですか?

そうですね…、占いを信じているのなら、行かない方がいいし。
それでも、行かざるを得ない状況であれば、吉方位になるところまで移動して、帰りも五黄殺にならない場所から帰国するしかないですね…。

しかし、あなた自身に何らかのトラブルに巻き込まれる運を持っている場合は、たとえ今回それを回避したとしても、次の機会に訪れると思うので、大難を小難に変える手立てを考えたり準備をした方がいいと思います。
海外旅行で想定できる、トラブルの対処方法を準備するのがベストかと思います。

参考になれば、幸いです!(^o^)丿
    • good
    • 1
この回答へのお礼

トラブルの対処法を しっかり シュミレーション するのも 1つ ですね。

お礼日時:2018/06/06 08:54

質問者さんが気に成るんなら止めとけば良いだけなんでは?、


そんな事を気に掛けない人は行く訳ですから、

自身の気持ちを此処で「どうでしょう?」と尋ねても丸切り意味の無い事だと思いますが。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

たしかに、おっしゃる通りかも しれません。

お礼日時:2018/06/06 08:55

>凶方位への、海外旅行は 行かない方がいいですか?


行けばいいよ。
心配なら方違えすればいいだから。
凶方位とか気にするなら、方違えは知ってるでしょ?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

方違え も 海外の 場合は、どうにもなりません。旅行先は、アメリカ フロリダ なので^_^;

お礼日時:2018/06/06 08:56

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q本命殺への旅行について

気学に詳しい方お願い致します。
子どもの希望地へ旅行を計画しているのですが、
本人の今年の本命殺方位です。
本人も強く希望しており、親としても是非連れて行ってやりたいのですが、どう対処したらよいでしょうか?
子どもは、平成9年節分以後生まれなので三碧木星です。
小児殺を採るのか、大人と同様で考えるのか、私はわかりません。
本命殺方面は自宅より300km以上離れており3泊です。
同行者は二黒土星と三碧木星(この人にも本命殺ですね)です。
今年行くことに意味があるので、行った場合の影響を受けない・
もしくは最小限で済むような対処方法をご存知でしたら是非お教えくださいませ。

Aベストアンサー

今日は 凶方向への御旅行 御心配の事と思います
正しい気学上(間違った考えの物が多いので・・・)
御旅行での凶方位は人生上の問題はほとんど出ません
ただ 旅行中の注意点はいくつかあります
1.無理をしない ゆったりとした日程を取る事
2.我は通さない 自分の意見を押し付けない
3.時間に余裕を持って行動する
4.体調を崩しやすいので 常備薬を持って行く
5.自分の役割を自覚しておく
以上の注意点がありますが 思い通りにならなくても
腐らない 愚痴を言わない 明るく廻りと協調性を持って接する
それを心掛けていれば 大丈夫です
方位の影響は 75日以上滞在して出てきます
1週間程度の旅行は問題ありません
嫌なことは考えずに 楽しい御旅行をなさって下さい

Q暗剣殺時の海外旅行についてです。

暗剣殺時の海外旅行についてです。
先日ニューヨークに行って帰ってきました。
内容を調べたところ下記の通りでした。

本命星:八白土星
月命星:一白水星
年 盤:暗剣殺 : 北東
月 盤:月 破 : 北東
旅行期間:4泊6日 

行く前の調べ方が甘くてニューヨークは東と思い込んでおり帰って来てからなんとなく再度調べたところところ実際は北東で、結果は上記の通り暗剣殺でした。
気になって色々なホームページを見れば見るほど「交通事故など自分では避けられないことが起こる。」とか悪いことしか書いておらず、実際に良い方角に行っても意味がないともあり、かなり気になっています。
友達は小さいトラブルが多々ありましたが、私はありませんでした。(実際はトラブルに付き合わされた感はあり)

おそらく日本から北米に旅立つ人は全員年盤は暗剣殺なはずですが、実際に悪いことは起こっているのでしょうか?
毎日かなりの人数が北米に旅立っているのに、そのほとんどに悪いことが起こるというのもおかしな話と思いつつ気になっています。

気学に詳しい方、実際に起こった方、何もなかった方いろいろな方の意見を聞きたいです。

暗剣殺時の海外旅行についてです。
先日ニューヨークに行って帰ってきました。
内容を調べたところ下記の通りでした。

本命星:八白土星
月命星:一白水星
年 盤:暗剣殺 : 北東
月 盤:月 破 : 北東
旅行期間:4泊6日 

行く前の調べ方が甘くてニューヨークは東と思い込んでおり帰って来てからなんとなく再度調べたところところ実際は北東で、結果は上記の通り暗剣殺でした。
気になって色々なホームページを見れば見るほど「交通事故など自分では避けられないことが起こる。」とか悪いことしか書いておら...続きを読む

Aベストアンサー

私は気学、占いなどにはまったく詳しくないですが、占いを信じていつも行動していたら何もできなくなるんじゃないかなあって思います。
ちなみに初詣をしたとき、友達と台湾へ行く予定があったんですが、彼女は「旅は交通事故に注意せよ」とあり、私のには「旅は連れに注意」などとあったのでびっくりしましたが結局何もありませんでした。
しかも占いの復習をしていると、「ああ~そういえば、こんな悪いことが起こった。あれはやっぱり占いの・・・」なんて考えてしまい、本当にこれから何にもできなくなると思います。
誰でもちょっとくらい悪いこと、いいことありますよ。
ましてや旅先なんて、いいこと悪いことないほうが珍しいんじゃないでしょうか。「完璧」なことって絶対ないと思います。絶対探したら「ああ~あれは悪かった」なんてことが出てくるはず。

統計上で考えてもありえないと思います。12星座にしたって、こんなにたくさんの人がいるのに一人一人にあたるわけがないです。

あんまり占いも参考にする程度、悪いことが書いてあったら気をつけるっていう具合にとどめていたほうが人生楽しめると私は考えています。

私は気学、占いなどにはまったく詳しくないですが、占いを信じていつも行動していたら何もできなくなるんじゃないかなあって思います。
ちなみに初詣をしたとき、友達と台湾へ行く予定があったんですが、彼女は「旅は交通事故に注意せよ」とあり、私のには「旅は連れに注意」などとあったのでびっくりしましたが結局何もありませんでした。
しかも占いの復習をしていると、「ああ~そういえば、こんな悪いことが起こった。あれはやっぱり占いの・・・」なんて考えてしまい、本当にこれから何にもできなくなると思...続きを読む

Q凶方位の旅行はやめたほうがいいでしょうか?

吉方位旅行について教えてください。

私は一白水星で、11月にどうしても九州に旅行に行きたいのですが、
自宅(千葉県)から九州は西方位になり、11月は凶方位だそうです。

そこで、質問です。

1.凶方位の旅行はやめたほうがいいでしょうか?

2.そもそも、吉方位旅行って効果はありますでしょうか?

3.どうしても凶方位に旅行に行きたい場合に、「持ち塩を持っていけばいい」など、
気をつけることや対処法があればアドバイスください。

Aベストアンサー

ご存知でしたら申し訳ありませんが、運命良化のための方位学には気学風水と奇門遁甲の大きく二つの流派があります。
奇門遁甲はかなり効果が高いと言われています。方位学の中でも大変難しく詳細だからでしょう。
悪いときはかなり悪く、良いときはかなり良いです。
そして悪くしてしまったときは良い方向に移動することで害作用を軽減することができます。「修復可能」というのがポイントです。奇門遁甲でも移動する際、「向かう先がどの方位域にあるのか」、「何時に家を出発するのか」という移動方位と移動時刻をもとに、行き先の空間エネルギー状態(吉凶)を調べます。
判断評価表は「年盤・月盤・日盤・時盤」の4種類があり、年・月・日・時の各々について書かれています。そして個人あるいは家族単位で最も効果があるのは、時間ごとの判断といわれます。年・月・日・時の4つすべてで吉方になることはまれですが、一番効果が出やすいのは時盤に基づいた移動です。従って目的とする方位が吉方となる「時間帯」に家を出発することで、引越しや旅行による運命の良化を図ることができます。(というか年や月がダメだから移動不可だと社会生活ができなくなる!)
これら年盤・月盤・日盤・時盤はWeb上で公開されていることもあります。キーワード検索するとよいでしょう。
11月は凶方位かもしれませんが、日や時間帯を選べばなんとかなるのではないでしょうか?
凶方位へいく場合は、その出発時刻あるいは出発月の方位盤を見て、どのような天地干、門などがめぐっているかによって注意すべき内容がわかります。

ご存知でしたら申し訳ありませんが、運命良化のための方位学には気学風水と奇門遁甲の大きく二つの流派があります。
奇門遁甲はかなり効果が高いと言われています。方位学の中でも大変難しく詳細だからでしょう。
悪いときはかなり悪く、良いときはかなり良いです。
そして悪くしてしまったときは良い方向に移動することで害作用を軽減することができます。「修復可能」というのがポイントです。奇門遁甲でも移動する際、「向かう先がどの方位域にあるのか」、「何時に家を出発するのか」という移動方位と移動時刻...続きを読む

Q大凶方位への短期旅行について。九星気学に詳しい方お願いします。今月、年

大凶方位への短期旅行について。九星気学に詳しい方お願いします。今月、年の五黄殺である南西へ2泊の旅行に行きます。(目的はパワースポット神社めぐり) 私は九紫火星で、南西は月の凶方位にもあたります。2泊くらいの短期旅行でも、凶方位の影響って出るのでしょうか?
(一緒に旅行に行く人は、運がよくパワーのある人、私の尊敬する人です。運のいい人と一緒に過ごすことは、自分の運気を高めることになるので、大凶方位でも行きたいと思っています)

Aベストアンサー

気学の見方も人それぞれですので、あくまでも私の見解です。

2泊であれば影響は有りますが、充分に影響を軽くする事も可能です。
できれば帰ってきてから吉方取りを良くやってください。象意は1ヶ月、4ヶ月、7ヶ月、13ヶ月(数えで)で出るのでそのときに影響があるかどうかを判断していきます。

また、南西五黄であれば、地道な活動を行なってください。ゴミ広い、町内清掃、便所掃除、人の手伝い、影から支えること、裏方などなど。つまり二黒の五黄を二黒の祐気で消していくのです。

何か、物をなくす可能性がありますが、なくした場合には厄落しと思ってください。

信仰に基づいた参拝に方位は関係ありません。
五黄とは何か、五黄の常在場所(定位という)は中央ですね。後天中央(五黄)は先天では「空」です。これは無ではなく、神の坐なのです。つまり五黄を犯すと言うのは神の坐に踏み込む形を言います。だから人にとっては凶方なのです。

そして信仰心から御参りに伺う場合は、神に参拝するのですから五黄でも凶方作用はあまりありません。
全ての計画を見直し、まず地元の一番大きな神社(一ノ宮とか総鎮守とか)に参拝します。
お土産物屋に立ち寄るのもダメです。真っ先に何をおいても参拝に行きましょう。全てはその後です。
そして、真剣に参拝し、道中の加護を願って、それから何をするか考えて下さい。立ち寄りたい場所は列挙しおいてメモしてもいいですが、廻る順番など予定を立ててはダメです。参拝後に立てて下さい。つまり「ついで参り」を回避するのです。
同行者に方位など信じないと言う人が居たら、申し訳ないけど、その人に予定の全てを任せて、とにかく貴方の為に最初に参拝だけ入れて貰って下さい。自分はあくまでも参拝が主目的で旅行はついでです。自分に言い聞かせて、他の予定が全部流れても参拝で着て良かったと思えるようにしましょう。(その人をスケープゴートにするので申し訳ないですが、信じていないなら気にしなくていいという事になります)これができれば五黄の影響もかなり薄くできます。

それにはっきり申し上げますが、神社がパワースポットなのはあくまでも信仰心あっての事です。信仰に関係無いパワースポットなど神社にはありません。つまり神に挨拶もせずにパワースポットだからとどんなに神社巡りをしても真の効果は無いのです。

五黄は万人に凶方なので、特に同行者に五黄生まれの人が居たら、気にするなら、この事を守ったほうがいいですよ。

気学の見方も人それぞれですので、あくまでも私の見解です。

2泊であれば影響は有りますが、充分に影響を軽くする事も可能です。
できれば帰ってきてから吉方取りを良くやってください。象意は1ヶ月、4ヶ月、7ヶ月、13ヶ月(数えで)で出るのでそのときに影響があるかどうかを判断していきます。

また、南西五黄であれば、地道な活動を行なってください。ゴミ広い、町内清掃、便所掃除、人の手伝い、影から支えること、裏方などなど。つまり二黒の五黄を二黒の祐気で消していくのです。

何か、物をなくす可能...続きを読む

Q長距離、1週間の凶方位帰省旅行。気学は無視ok?

私は九紫火星で、年の凶方位=東北へ、家族の病気のため、帰省したいと思っています。

方位を気にしている場合ではないと思いますが、今年、凶方位へ移転してから良くないことばかり続き、心身疲労、八方塞りでこれ以上凶を招きたくありません。

そこで
「1週間」程度の帰省旅行
距離は1500キロの「長距離」 では

・奇門遁甲を使えば、気学は無視していいのか?

・年盤、月盤、日盤どれを使用しますか?

・吉方位に経由し、1泊する程度では、方違えにはならないでしょうか?

・ 実家に1週間滞在した後の、「帰り」の方位は影響するのか?(つまり南西の自宅=凶へ戻る)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

別の占いで避けるというのはあまりにもナンセンス。だったら気にしないが一番です。

方災というのはのべつ出るわけじゃありません。必ず決まった期間に決まった現象で現れます。
ですから何時どのような現象があり、その現象の原因が一定期間前のどれにあるのかを調べなければ、その凶事が方災かどうかなどということは分からないのです。
まして「今年凶方位に引っ越して」ではね。確かにその年にも兆候は出ることがありますが、それは本当に兆候程度です。もし大きなものであれば、それは12年前の行動の結果と考えるべきなのです。

気学による方位の吉凶は積み重ねです。つまり引越しや旅行などを気にしても、毎日の生活を無視するなら意味ありません。毎日の生活における方位や行動のすべてが祐気、剋気の摂取なのです。
ですから「しなければならない」剋気摂取を悩んでもしょうがありません。それなら積極的に祐気を摂取するべきなのです。
つまり、毎日の散歩を月日の吉方に行く、行ったら出来れば2時間ほど滞在する。吉方に寝所移動をする。これは家の中で二週間おきに月日の吉方に移動することで出来ます。
帰宅しても吉方取りを続ける。その気が無いなら気にしない。気学は継続による力です、思いつきで気にしても逆にストレスになるだけです。それが生活にならないなら気にしないほうが幸せです。

方位の見る人の中に方違えを利用している人がいますけど、方位(九気)と方違えは関係ありません。方違えは方位神に対する対処法なのです。方違えで避けることは出来ません、というか無いわけじゃないけど今まで住んでいた期間の10分の1を必要とします。つまり20年住んでいれば2年間吉方に移動しなければなら無いということになるんです。それなら吉方を待って引っ越せば良いわけですから、方違えは実質無いといえるのです。方位神は短いもので3ヶ月程度です。つまりそのくらいの期間を以って方違えとするならそれは方位神除けの転用だと思いますよ。

別に遊興で行くのではないから、とりあえず自分の氏神、故郷の氏神に感謝と祈願をして、抑えていただき、積極的に祐気を摂取すれば良いのです。

別の占いで避けるというのはあまりにもナンセンス。だったら気にしないが一番です。

方災というのはのべつ出るわけじゃありません。必ず決まった期間に決まった現象で現れます。
ですから何時どのような現象があり、その現象の原因が一定期間前のどれにあるのかを調べなければ、その凶事が方災かどうかなどということは分からないのです。
まして「今年凶方位に引っ越して」ではね。確かにその年にも兆候は出ることがありますが、それは本当に兆候程度です。もし大きなものであれば、それは12年前の行動の結果と...続きを読む

Q凶方位への旅行について

日盤→五黄殺
月盤→本命的殺、定位対冲
年盤→月命殺、死気

旅行を予約して、あとからふと気になって調べたら凶方位でした。

①1700キロ9日間なので、年盤で見る
②30歳を超えているので月命の影響はそこまで受けない
③死気は小凶
らしいのですが、行っても大丈夫でしょうか?
出発まであと3日で、キャンセルするか迷っています。

Aベストアンサー

気学というのは日本で発達したものです。気学では日本や中国は一白性としています。つまり気学は一白性の世界で通用するもの。一方で西欧は九紫性としています。そして日本人が海外旅行を楽しむようになったのはつまり一泊性で発達した1966年以降です。つまり半世紀しか経っていない。更にその中で方位の研究で海外に行った人が何人いるでしょか。
要するにほとんど統計もなく、今鑑定している人は机上の空論なわけです。しかも根本的な別世界に当てはめているだけだから当たるも八卦、当たらぬも八卦です。それにね、貴方が成人なら月命は見ません。本命だけです。
さらに言えば、大凶殺方位でも最終的な反応が出るのは10年後です。
ですから10年までに吉方を取っておいて凶災を小さくし、乗り越えれば問題なし。但し体力がないとそれ未満でも耐えられませんが、それは過去の要員が大きいので運任せですね。
なので帰国したら積極的に吉方取りをしてください。あまり取りすぎも太極がぶれるので月に1回か2回が限度です。

1700キロが国内か中国であれば同じ一白性ですが基本的な対処法は同じです。
気学は当たり外れじゃない。気学は運気改善のためのものですから、ダメとかやめろなんて言ってるようじゃ役には立たない。必ず難を乗り越える方法を探すのです。そして「方法」とは留まる事ではない、動くことです。吉凶は動より生ず。水も運気も留まれば腐ります。

気学というのは日本で発達したものです。気学では日本や中国は一白性としています。つまり気学は一白性の世界で通用するもの。一方で西欧は九紫性としています。そして日本人が海外旅行を楽しむようになったのはつまり一泊性で発達した1966年以降です。つまり半世紀しか経っていない。更にその中で方位の研究で海外に行った人が何人いるでしょか。
要するにほとんど統計もなく、今鑑定している人は机上の空論なわけです。しかも根本的な別世界に当てはめているだけだから当たるも八卦、当たらぬも八卦です。それに...続きを読む


人気Q&Aランキング