デジタルデバイドという言葉を「ITの普及にともない、それを使いこなせるかどうかで二極化が起こった状態」ときいたのですがいまいちピンときません。どなたかもっと詳しく
  □デジタルデバイドとは何か
  □それは我々一般人の生活ではどのような影響があるのか
  □デジタルデバイドを解消するためにはどうすればよいか
  
について教えてください
できたら
  □あなた自身ならどういった行動をするか
についても聞かせてください。
お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

デジタルデバイドとは、情報格差と訳され、急速に広まるインターネットを活用した経済活動に、ついていける人、ついていけない人の間に発生する経済格差を言う、と言われています。


 最も身近な例としては、会社員から見れば、パソコンを駆使できる人と出来ない人の間に、昇級格差が発生し、生活全般に貧富の差が出てくる、というものがありますし、個人商店でも、ネット商売を展開している商店とそれが出来ない商店では、売上、品揃え、商品宅配サービスなどの面で決定的な違いが発生し、生き残る店舗、滅びる店舗などの問題が生じてくるなどの影響があると思われます。
 こうしたデジタルデバイド解消の一環として、前首相の森総理が進めたIT講習開催などがあります。
 また、障害者の方が簡単な操作で使えるパソコン、ソフト開発も進められています。
 デジタルデバイドの解消策は、電話やテレビのような操作の気軽さにあると思います。その意味では、パソコンを2極分解をさせ、パソコンとして使うもの、ネット接続器としてチャンネルをガチャガチャいじって使うとか、音声入力を可能にするなどのネット接続限定パソコンとして使うなどの工夫が必要だと思います。

 私は、デジタルデバイドについては、それほど暗くは考えておりません。また、明るいものとも考えておりません。物品の流通については、今後も激しく変化をしていくと思いますが、ITを知らないことが、経済格差を生むかどうかは、難しいのではないでしょうか。ITが出来なくとも、うまい文章を書く人、筆字に長けた人、ソロバンの早い人、個性をもった技術者は、いつの時代も重宝されるものです。それに、ネット上にある情報が「すべての商品を上回る最上級品」とは限りません。やはり、所詮、バーチャルはバーチャルとして扱われ、直接言葉を交わす対面商売でのみ、ものを購入したい、と言う人は多くいます。
 また、高齢社会の進展で、全員ITを知らねば困る、という事態はおきません。技術屋さんと事務屋さんが垣根を越えて、飲み屋で親しく話をするように、人間の意識の変換は10年、20年のレベルでも、そんなに変わりはないのではないでしょうか?水戸黄門のようなワンパターンが20年も持つように、変わりそうでいて変わらないものは、人間の喜怒哀楽です。

この回答への補足

まちがえました。速いではなくわかりやすいでした

補足日時:2001/07/19 11:43
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます三者どのかたもわかりやすくてよかったのでポイントについて迷ったのですが一番はやかったということで良回答とさせていただきました

お礼日時:2001/07/19 11:40

 テレビが普及し始めたばかりの頃と似たようなものです。

テレビがあれば様々な情報を得ることができますが、なければできません。

 インターネットはテレビと違い、こちらから情報を発信することができます。つまり、企業などに対して「サービスを受けたい」と主張することが出来るんです。

 たとえば、Aさんが、何か恋愛関連のもめ事に巻き込まれたか、当事者だったりしたかするとしますよね。
 そこで、ここの「恋愛相談」のコーナーに「嫁さんが帰ってきません。どうしましょう」とでも書いて質問を出して回答を待ちます。
 するとしばらくすると「謝りに行きなさい」とアドバイスが返ってきます。

 でもインターネットに慣れてしまえば、ここのような場所があること自体当たり前になってしまいます。ですが、日本中のパソコンをやったことない人達は、ここの存在すら知りません。

 何かゴタゴタが起こっても、アドバイスを受けることができず(質問できないんですから、当然です)、潰れてしまうかもしれません。
 これがデジタルディバイドです。
 インターネットの恩恵にあずかれないがゆえに、「あずかれる人には手に入る情報(サービス)」が、その人には手に入らないんです。

 これをなくすには、パソコンの「家電化」を推進する必要があります。ただし現在の子供は小さい頃からパソコンに親しんでいるので、彼らに関しては問題ないでしょう。

 しかし、これは俺が消費者の立場だからこそ言えることですが、ある程度はしょうがないです(^_^;
 パソコンをやりたいとも思わない人もいるし、経済的な理由でできない人もいます。彼らに無理にやらせることはできません。

 それから最後の質問。俺ならどうするか。
 単純明快。
 パソコン買います(笑)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました

お礼日時:2001/07/19 11:41

デジタルデバイドを


gooの新語辞典で調べるとデジタル機器を使い情報を収集する しないにより
起こる経済的格差と出ていましたが、パソコン、携帯電話などにより人より早く
いろいろな情報を知ったことを生かしてより大きな経済的利益を受ける事のようです。
身近な例が株式取引などでしょう。ネット取引と証券会社の窓口経由とでの
手数料がまったく違います。ただ私の周りにはパソコンも携帯電話も持たない
人が居ますが影響があるとは考えていないようです。
これからは公共の情報もなどもネットで発信されるようになる可能性が考えられます。そうなるとデジタル情報の社会基盤を整備して誰でもネット上で情報を
受けられるようにする必要があると思います。
少なくとも現在の電話の様に(携帯電話で有りません)
私は現在パソコンを使用していますので改めてどのような行動を取るかは
考えていませんが。
操作の簡単な高齢者向きのもの、身障者でも扱い易い機器の開発が必要かとも
思われます。現在パソコンは文章作成、表計算、インターネット、画像の編集
等々多くの機能を持っていますが、情報を得るために特化した低価格のものが
開発されたらと考えます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました

お礼日時:2001/07/19 11:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qデジタルデバイド(情報格差)と高齢社会

はじめましてこんばんは。
今、デジタルデバイドと高齢社会について調べものをしています。どのような文献を読んでも、どのようなサイトをみてもだいたい同じようなことばかり書いてあるのです。それは比較的、高齢者がITの恩恵を享受できないから、高齢者に対してもっとパソコンやインターネットを利用できるような環境づくりをしよう!と言った内容になっていて、だいたいそこで終わっている場合が多いです。
そこで、一つだけ疑問に思ったことがあります。これはもしかしたら、当たり前だから誰も言わないのかもしれませんが、高齢者がパソコンやインターネットを利用することで、主にどのような恩恵があると言えるのでしょうか??高齢者にパソコンやインターネットを利用させるためにはそれなりの恩恵があってはじめて言えることだと思います。

今はそうでなくてもこれから高齢者にとってもパソコンやインターネットが確実に必要であるというのなら、具体的にどのようなことで利用していく可能性があるのか、みなさんの考えでも結構ですので、教えてくれればと思います!!

Aベストアンサー

高齢者は、年金・国保・介護など、行政情報を必要としています。
勤め人と違い、これらの手続きを全て自分で行う必要もあります。
各自治体の広報紙がありますが、紙面等では量的に制限があり、一方向となっています。
電話では、話が旨く伝わらない事もあります。
制度が変った場合、対応についてくわしい情報が、随時高齢者に伝わり、Q&Aが可能なネットでの情報交換、各種手続きが自宅でも可能になる、などが今後必要とされています。

Q情報格差(デジタルデバイド)の具体例を教えてください

情報化社会の中におけるPCなどを使える者と使えない者の格差。ということまでは分るのですが、具体的にはどのようなことでしょうか?

Aベストアンサー

たとえば、社員採用をインターネットでしか募集しない会社、なんてのもあります。

デジタルディバイドのもっとも深刻な部分は、受け手もそうですが、負けず劣らず発信者のほうの問題があります。インターネットでしか得られない情報、というのがぼつぼつと、生じているのです。これは、発信側がネット以外でも情報を発信すればよいだけなのですが、ネットは非常に低コストで大量に情報を発信できるので、ついそれ以外がおろそかになるわけです。

商取引等も、インターネットだけで行うほうがはるかに安価で、大量に取引できます。その結果、「おいしいところ」だけを、ネット取引に持ってゆかれ、従来の商取引はコスト高となり、その差がますます開く、という悪循環が言われています。

事実どうなのか、というのはおいておくとして、「デジタルディバイド」というのはそういうものです。

Q2ちゃんねるで内部告発する場合、どのようなリスクがともないますか?

2ちゃんねるで巨大企業の内部告発する場合、どのようなリスクがともないますか?
もちろん、匿名の場合です。

会社で「我が社は、一流の興信所を使い、ネットで会社を誹謗中傷した人間は必ず突きとめる」「会社に不利益なことをする人間は社会から抹殺する」などという説明があった場合、本当にそのようなことはできるのですか?
巨大企業の場合、権力と繋がっていて、そういうことができてしまうのでしょうか?
例えば、組織を送り込まれて消されたりとか、社会的に何らかの圧力を加えたりされたりなどあるのでしょうか?

Aベストアンサー

>ネットで会社を誹謗中傷した人間は必ず突きとめる」「会社に不利益なことをする人間は社会から抹殺する」などという説明があった場合、本当にそのようなことはできるのですか?

どこから書き込んだのか、どの端末(パソコン、携帯端末、携帯電話など)を使ったのか、どのサーバー経由で最終発信利用会社はどこかなどをサーバーが情報開示したら明らかにできます。

必要に応じて情報を開示するので、その記録をサーバーが保存していますので、その記録に合法、非合法にアクセスできれば、簡単に判明してしまうことを知らない人が多いのではないでしょうか。

匿名のつもりが、どの携帯電話からアクセスしたかなどが調査できますので、インターネットカフェなどなら、そこでの利用記録、利用した人の顔等の防犯カメラ記録などまで照合できれば、捜査することは可能です。

また、海外などで利用しても、その端末を使ったとすると、そこでの滞在していた記録などを照合して、ある程度は使える人を絞ることは可能でしょう。ここまでするには、国際的な捜査協力が必要でしょうが、不可能ではないのです。

費用次第で、調査可能というわけではないのですが、単発でない、複数回の書き込みをすると、それだけ誰か特定する情報を与えることにはなります。

一番確実な保護を求めるなら、むしろ警察や総務省関係、内閣官房の直属の組織に保護を求めることですが、会社に継続して雇用してもらえるという保障はどこも与えてくれません。しかし、その後の仕事の紹介などは多少、期待できるかも知れません。

巨大企業、軍事関係、国の機密情報を扱う機関は完全には独立しているのでなく、必要に応じ協力しますので、国によっては後者ほど怖い存在であるかも知れません。007みたいな存在はもっと地味で表面に出ない存在として、モデルはありますが、よほどの国家機密でもない限り、動かないとは思います。

もっとも、小さい組織で違法な利益を得ている集団の方が身を守るために怖いことをしかねませんので、調査もしないで理由もない復讐をしそうです。

>ネットで会社を誹謗中傷した人間は必ず突きとめる」「会社に不利益なことをする人間は社会から抹殺する」などという説明があった場合、本当にそのようなことはできるのですか?

どこから書き込んだのか、どの端末(パソコン、携帯端末、携帯電話など)を使ったのか、どのサーバー経由で最終発信利用会社はどこかなどをサーバーが情報開示したら明らかにできます。

必要に応じて情報を開示するので、その記録をサーバーが保存していますので、その記録に合法、非合法にアクセスできれば、簡単に判明してしま...続きを読む

Q【我々は自分自身(人間)を殺す技術(核兵器)を手に入れた】 なぜ人間は自分自身(人間)を殺すのでし

【我々は自分自身(人間)を殺す技術(核兵器)を手に入れた】

なぜ人間は自分自身(人間)を殺すのでしょう。

なぜその技術を飛躍的に発展させることに人生の身を費やしてしまったのでしょう。

なぜ自分自身(人間)の食料事情に技術の進展に尽力せずに人を増やすことではなく人を減らすことで人類が発展すると思ってしまったのでしょう。

核兵器で世界人口を減らすのと食料技術の向上で世界人口が増えるのを補う技術発展に人生の身を削る。どちらが正しい未来への選択だったのでしょう。

日本はもうどんどん人が減っていっている。

原爆を投下したアメリカは人口が3億人から5億人になろうとしている。

一方の日本は1億人を切るだろう。

やはり食料危機問題に技術革新に全力を使うべきで科学技術の発展に優秀な人材を消費する今の時代の未来への選択は間違い続けている気がする。

Aベストアンサー

人を殺傷する兵器としたのは、第二次大戦の悲劇でしょう。

しかし、基本的に人は技術を戦争利用してきたのです。
これは性というか、人の考えは基本的に友愛より排除だからです。

特に自身より下等生物を許しておけないのです。

なので、敵国でなくとも、例えば知的障碍者などを見ると、道場より蔑むでしょう。
食減らしで老人は殺せだのと言いたくなるのも、賢いからです。

一般人は鰯の脳なので、簡単に扇動できます。
なのでちょっと煽ると排斥運動し始めて、戦争したがります。

で、戦争の中で幸福感を得るか、または現実に悲観して鬱になるかしたのです。

ゲームに勝ってる人がハマるのと一緒ですね。
破滅するまで続けるのです。

話は原爆に戻りますが、あれは日本では核と訳されますが、本来は太陽という意味です。

太陽が燃え続ける原因がそれです。
マルドゥク信仰ですね。

太陽神ラー(アラー)を信仰するユダヤ教なら、その神の力の再現は夢でしょう。

しかも錬金術(科学)では基礎的な原子に原子をぶつけることで融合することが分かったのです。
ウラン単体では、ただの放射能を帯びた石でしかありません。

ま~砲弾にしてぶつければ鉄は溶かして貫通しますけど。
※劣化ウラン弾など

爆発させてしまうから効果が一瞬なのです。

地球が地球として自らのダニたる人を殺すことは使命なのかも知れません。
人が宇宙にもたらすことなど、銀河基準ではゴミでしかないのです。

昔は食料の奪い合いで戦争しましたが、現在は教育が進んで生きないという選択肢も生まれるようになりました。

そこまで他人と争ってまで生きたくない人です。
自分だけ良ければ満足。
結婚願望もなし。
SEXはしたいけど子供は欲しくない。
など、理由はいろいろです。

下等生物が権力持つと戦争したがるのです。

人を殺傷する兵器としたのは、第二次大戦の悲劇でしょう。

しかし、基本的に人は技術を戦争利用してきたのです。
これは性というか、人の考えは基本的に友愛より排除だからです。

特に自身より下等生物を許しておけないのです。

なので、敵国でなくとも、例えば知的障碍者などを見ると、道場より蔑むでしょう。
食減らしで老人は殺せだのと言いたくなるのも、賢いからです。

一般人は鰯の脳なので、簡単に扇動できます。
なのでちょっと煽ると排斥運動し始めて、戦争したがります。

で、戦争の中で幸福感を得...続きを読む

QETCの普及について

今後、全車にETCが装備されるようになると、個々の車の走行情報が全て国に管理されて、犯罪捜査等には役立つような気もしますが、個人情報の保護等は大丈夫なのでしょうか?

Aベストアンサー

すでに主要道路の要所には、警察によってNシステムという記録装置が取り付けられています。
ナンバーを記録しているらしいですが、オービスのように写真撮影していれば、同乗者も撮影されている事になります。

すでに多くの犯罪捜査で活躍しています。

ETCは官僚と関連業界が考えたシステムなので、個人情報云々は考えて居ないでしょう。
官僚にとっては、天下り団体でしかありません。
カードや車載機の盗難後の対策を「多少」考えた程度でしょうね。
道路以外では、GSや駐車場など車で出入り可能な場所の支払いシステムに応用出来ると言っていますが、どの程度普及するかは未知数です。

個人情報を一番持っているのは、「カード会社」でしょう。
個人の購買記録から「嗜好」や「生活パターン」も推測可能です。

参考URL:http://www.npkai-ngo.com/Nsystem/hantai.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報