親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

今回ルマン24時間耐久レースでトヨタのハイブリッド(LMP1)が総合優勝しました。LMP2という次のカテゴリーはガソリン車らしいですが、ハイブリッド自動車が、ガソリン自動車より速いと言うことなんでしょうか?それとも耐久性があると言うことなんでしょうか?それとも単に省エネで長距離を走れると言うことなんでしょうか?

質問者からの補足コメント

  • F1は全車両ハイブリッドでしょうか?なら、ハイブリッド同士で誰が一番速いのかを競ってるんだと思いますが、ル・マンはハイブリッドとガソリン車が一緒に走って総合優勝を競うじゃないですか?で、そのル・マンでハイブリッド車両が総合優勝ってことはハイブリッド車両の何がガソリン車より優れていることの証明何でしょうか?マツダがロータリーエンジンでル・マンで優勝したのはロータリーエンジンがレシプロエンジン同等或いはそれ以上の耐久性や性能を持っていることの証明だったと勝手に理解してます。

      補足日時:2018/08/31 08:49

A 回答 (7件)

お子ちゃま的な世界観では「カッコイイ」だけでレースに参戦できるかも知れないけど、現実は「広告媒体の1つ」でもある。


>やっぱり本質ハイブリッドの方が速いんですね。
勘違いしているようだけど、今、ハイブリッドが速くなっているのは、「ハイブリッドに(やや)有利なレギュレーション(規則)」になっているからで、そのレギュレーションも、「レースも環境を考えています」ということで社会的認知を求めるなど、多分に”政治的”な理由があって書き換えられた部分もある。

メーカーとしても、出来上がった(と思われている)ターボよりも、ハイブリッドで参戦することで技術力と共に「ブランドイメージ」の向上が見込まれるであって、ハイブリッドか否かはレーシングマシンの本質部分の問題では無い(「ラップタイムが速くなっているじゃないか」と言いたい人もいるだろうけど、空力やタイヤ・サスペンションなどの要素が複雑に絡んでいて、パワーユニットだけで語れるような単純なモノでは無い)。

「レースは何でもアリで、速いモノが正しいハズ」という世界観の人もいるようだけど、国際選手権等の大きな協議会では様々な”大人の事情”が絡んで、常にレギュレーションが変化している。
”今”のレースシーンではハイブリッドに有利なレギュレーションが目立つけど、F-1も遠くない未来のフルEV化を否定していないなど、レギュレーション改訂で「ハイブリッドが遅くなる」ことも考えられるし、可能性で言えば、画期的な技術が出来て”内燃機関の復権”なんてコトがあるかも知れない。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。F1とか最低でも50億円?メーカーになると年間500億円かかるって聞きました。レースは湯水のように資金が飛んで行くとも。それを支えてるスポンサーとかアレンジしているマネジメントの方とか凄いですよね。じゃ何のための参戦なんだって......メーカーとしても市販車に応用できる技術の実験だったりデータ収集だったり.......。でも、やっぱり自動車としてレースって言う極めて限られた日常の生活上の運転とは全く違う環境ですが、そこで安定して走らせることが出来る技術力がやっぱり自動車としては大切で、製品に応用した時に我々素人の安全なドライビングに繋がるんでしょうね?
大切なんだろうなって思います。

ハイブリッドに有利なレギュレーションなのでハイブリッドが速いんですね。大人の政治的事情の背景には何があるんでしょうか?何故に環境を考慮してハイブリッドなんでしょうか?ガソリンエンジンでスーパー高圧縮とか他の技術を使ったレギュレーションになればガソリンエンジン復権もあり得るんですね。

今の自動車産業の混乱時期だからこそレギュレーションを解放して速くて安全なら何でもありでレースしたらものすごいイノベーション技術が出てきませんかね?それこそ本当に広告媒体を兼ねた技術投資に思えます。

昔、ガソリン車もそうやって蒸気車や電動車や馬、自転車を押しのけて出てきたように。ついでにAIレーサーの参戦まで認めるとか......。

お礼日時:2018/09/01 19:48

主題から脱線してしまうけど・・・



>今の自動車産業の混乱時期だからこそレギュレーションを解放して速くて安全なら何でもありでレースしたらものすごいイノベーション技術が出てきませんかね?
無邪気に「何でも出来る=スゴいことになりそう」って思いたくなるのも分からなくも無いけど、モータースポーツの歴史を見ると、
  規制が強化されたときに技術の発展が加速
の繰り返しであるコトが分かる・・・というか、そもそも、「人は、制約に対して、知恵を絞って、それを乗り越え、より良い社会を作る」もので
  制約があるからこそ、イノベーションが生まれる
  制約があるところに創造が生まれる
などの格言からも、
  人類は制約と戦いながら様々な発展を産んできた
ことが分かる。

また、「F-1は走る実験室」なんてキャッチフレーズを憶えていて「、F-1(モータースポーツ)が最先端で、F-1で開発された技術が市販車に反映されている」という過去の話しを今でも通じると思い込んでいる人も少なくないようだけど、1980年代以降は
  ターボ:フェラーリ、BMW
  給油・燃費制限:ホンダ
などなど、
  ”制約の中で発展した”市販車の技術が先行してF-1に生かされる
ことで発展している分野も多い。

環境重視の国際的な流れはモータースポーツも例外では無いので、パフォーマンスの制約を受けるとしても、政策的な要素の強い環境を考慮したレギュレーションを採用せざるを得ないのが現実だったりする。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。逆も有るんですね実用車からレースに応用とかレギュレーションに採用されるとか。ハイブリッドが正にそうですね。で、レースで鍛えられて磨かれて別の切り口の技術に発展して行く感じでしょうか?

お礼日時:2018/09/06 19:41

LMP1は、主にメーカーワークスを対象として、本当の意味での「何でもあり」ではないけど、メーカーならではの資金と技術に任せてて最新技術をふんだんに投入したマシンで参戦するカテゴリー。


レースといえども、環境への配慮が要求される時代でもあり、ハイブリッドに(やや)有利なレギュレーションになっているし、メーカーとしても”エコは商売に繋がる”ことから、多分に政策的要素も含みながら,ハイブリッドマシンでの参戦がトレンドとなっている(ハイブリッドの前は、ディーゼルだったあたりも・・・)。

一方で、LMP2は、資金も(マシン開発の)技術も十分とは言えない(けど、情熱はワークス以上の)プライベーター(カスタマーマシンによる参戦チーム)を対象としている。
「プライベーターだけど、市販車ベースのGTカーじゃつまらない」エントラントのために、純レーシングカーのマシンとエンジンを買ってきて参戦できるように設けられたカテゴリー。
カスタマーだから、最新技術の塊のようなハイブリッドのメンテナンスは出来ないし、ハイブリッド技術はいろいろな秘密で出来上がっていて門外不出で使わせて貰えないんで、扱い慣れたガソリンエンジンを使うことは不思議な話じゃ無い。
ル・マンの長い歴史の中では、ポルシェ959/962のようにプライベーターがワークスを下したり、主要ワークスが撤退したときに有力プライベーターがル・マンを支えたという歴史もあるので、プライベーター参戦ためのカテゴリーは無くなることはないと思われる。

元々、LMP1とLMP2は、対象とするエントラントが違うから、
>LMP2という次のカテゴリー
単純に「1の次だから2」というものではないので、ご注意を。

なお、プライベーターが総合優勝出来る可能性は低いように思われるけど、2004年に総合優勝したチーム郷(参戦時のチーム名「アウディチーム郷」)のように、それまでの実績が認められて、プライベーターでありながら、マシン/エンジンはアウディから派遣されたエンジニアによるサポートが得られて(チーム郷のスタッフの仕事は”レースマネージメント”)、「ル・マンの歴史に名を残す」こともあったりする。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。プライベーターで総合優勝ってかっこいいですね。時代の流れや社会情勢まで反映させたレギュレーションですが、やっぱり本質ハイブリッドの方が速いんですね。

お礼日時:2018/09/01 09:00

パワーユニット2つで速く 耐久性を持たせ 回生ブレーキでロスを減らしてます

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。ガソリン車よりハイブリッドが要は速く走れるんですね。レギュレーションをハイブリッドに有利にしてるんじゃなくて、純粋にハイブリッドがガソリン車より速いんですね。

お礼日時:2018/08/31 19:22

新幹線はモーター駆動だからあんなスピードが出せるんです。


あれが内燃機関だったらそうはいかない。
構造の簡単さもあってハナから勝負はついています。
これまでは電力の供給技術が確立されていなかっただけ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。聞きしに勝る電力駆動ですね。同じ鉄道車輌でもディーゼルと電気のパワー差って言われれば確かにそうですねー。

お礼日時:2018/08/31 19:19

F1も、ハイブリッドです。


サッカーでいえば、トヨタは、J1で、その他のチームは、J2です。今年から、ポルシェやアウディなどの、主要チームが、J1から、撤退してしまったために、トヨタだけが、J1に残ったのです。なので、100%本当の優勝そのものです。
勝って当然の、レースなんてありません。前回の、レースでは、トヨタは二台共に、レース後の、再車検で、失格になりましたが、トヨタは、あえて抗議はせずに、失格を受け入れ、豊田社長は、ドライバーに謝罪しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。トヨタを強調しすぎました。ハイブリッドがトルク分だけガソリン車より。

お礼日時:2018/08/31 00:32

違います。


LMP1の中にハイブリッド有り、ハイブリッドなしという区分けがありました。
有りだと有りの分だけハイパワー・ビッグトルクですから、有りの方が単純に速いマシンになります。
そして今年のハイブリッド搭載チームはトヨタワークスのみでした。
しかも、トヨタ以外のLMP1への参戦チームはいずれもプライベーターでしたから、レース内容としては
トヨタのみが参戦、トヨタチーム同士でのみのレース。
完走すれば、トヨタチームが上位独占、としかならないレースでした。
事実上トヨタのみが参加し、トヨタのみで走ったレース。トヨタが優勝したのは当然です。
或いは、本当の優勝は、3位・4位だったレベリオン・レーシングだとも言えるでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。トヨタのレース結果には異論はありません。立派な優勝だったと思っています。故障なしで24時間走り切るのは例え競争相手が居なくても易しい事では無いですし。
トルクがある分レースではハイブリッドがガソリン車より速いんですね。結局、自動車は「馬」の進化形だから安全で速いにこした事は無いですね。じゃ、市販車でもそう言うハイブリッドの使い方をすると安全で適切に速い車にはなるんでしょうね。

お礼日時:2018/08/31 00:29

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中古で、170万円のスーパーチャージャー付き86が売っていました。 説明を読んで見ると、「スーパーチ

中古で、170万円のスーパーチャージャー付き86が売っていました。
説明を読んで見ると、「スーパーチャージャー、当店でオーバーホール済み」と書いてありましたが、
これはどういうことですか?

信用できますか?走行距離8kmです。

Aベストアンサー

過給機付きエンジンとかのことかなあ~ と思います。

数的には多いのは、”ターボチャージャー” が搭載されたエンジンで、これは、エンジンから
出る排気ガスの力で、毎分10万回転とか回転する羽に連動した圧縮する羽がエンジン内に
空気を入れ込むので、エンジンが大量の空気を取り込むことができますので、よく
「ターボが効いて加速感ハンパない!」 なんて言われ方をします。

1つ構造上の問題があります。それは、排気ガスの力で羽が毎分10万回転とかで、高速で
回る。それはフローティングメタルとか呼ばれ、エンジンオイルで軸を少し浮かせて回転が
スムーズになるように浮かせてある。

エンジンオイルが通る管とかメチャメチャ細いので、オイルが劣化したままですと、
その影響を回転軸とかが受けたりします。軸には、ベアリングも採用してあるので、常に
高速で回転するとベアリングも劣化したりします。

この為、「ターボ付きの中古車を買ったので、まず1番最初にターボチャージャーをリビルト品
と交換した」 なんて感じで、車種によっては、「ターボ付きの中古車買ったのでオーバーホール
キットを買って、自分で組み直した」 とか言ったりします。

経年劣化でダメになりやすいのは、ベアリングだったりしてこれを新品と組み直す。あるいは
軸が高速で曲がるとか、羽の箇所がターボチャージャー本体に接触して音がしているとか、
いろいろなパターンがあります。

アクセル踏んだ時に、エンジン周りからガチャガチャ異音出ていると、羽が本体に接触している
可能性がありますので、最悪の場合、エンジンオイルとか引火して車両火災とかになる危険性
もあります。

たぶん、1番多いのは、リビルト品のターボチャージャーで、1度分解して、劣化するパーツを
新しく組み直した完成品で、これをネット通販とか業者から買い、自分で、または修理工場
で古いのを取り外して取り付けることが安くあがるかなあ~ と思います。

世界的にどこの国でも、「ターボチャージャーリビルト業者」 みたいな専門業者は存在して
います。新品買うと20万円とか高いので、筐体(きょうたいという本体のケース)を再利用して
そこに新しいパーツを組み込み済みのリビルト品というのを売って、「ガチャポンと取り換えるだけ」
として、取り外した古いのは、業者に送り返すと業者がそれにまた組み直して売るというしくみで
その為リビルト品は安い。

スーパーチャージャーというのは、「ターボチャージャーは、排ガスがある程度流れたらタービン
の回転が上昇していき、圧縮空気がエンジン内に流れてパワーがアップする」 という構造ですので、
アクセルを踏み込み、少し間があってから加速するというタイムラグの時間差があり、人によっては
レスポンスが悪いと感じます。

そのデメリットのウィークポイントを改良した感じで、スーパーチャージャーはエンジンにベルトで
連結し、アクセル踏んでエンジン回転数が上がると連動して即過給を開始する。そういう構造になって
います。

ターボチャージャーは、エンジンオイルがタービンの羽にも細い管を通り循環するしくみで、羽が
焼き付かないようにしてありますが、細い管ですので、エンジンオイルの管理が悪いとそこが詰まる
とかあります。

スーパーチャージャーは、その点が違い、本体2カ所とかに専用の“スーパーチャージャーオイル”
が入っている。エンジンオイルとは分離されたまったく別のものですので、「俺様の車はターボ搭載
しているので、エンジンオイル交換をマメにしないといけないし、アフターアイドリングもしないと
いけない」 とか、ターボタイマー搭載していたりする感じと違っている。

たぶん、町のどこにでもあるような個人がやっているような小さな修理工場でも、スーパーチャージャー
をエンジン本体から外して、手で回転させてベアリングとか羽の接触具合とか見て、問題ないとかです
とスーパーチャージャーオイルの量を抜いてチェックし、新しいのを入れておくというメンテナンスは
出来るのかと考えられます。構造自体は、ターボより少し簡略化されていますし。

>「スーパーチャージャー、当店でオーバーホール済み」と書いてありました

たぶん説明でうそを書くと、”不実の告知” という、うそで人をだまして車両売買契約を結んだ詐欺罪
成立すると考えられますので、本当にエンジンから取り外して、スーパーチャージャー本体を分解して
ベアリングとか交換し、スーパーチャージャーオイルを交換して、適量入っているとかのチェックを
して、「問題ない」 という目視確認とかやったりして、エンジンに組み直したのかなあ~ と想像
します。

①ターボチャージャー、
②スーパーチャージャー
③ブレーキ
この辺は、オーバーホールといって、劣化しやすいパーツを1つのアッセンブリーパーツとして、
1つの袋とかにシール材とかを入れてメーカーとかでも純正パーツとして売っていたりするので、
オーバーホールはそれ程珍しくはないので、よくやっています。

可変吸気バルブ系のエンジンもありますが、エンジンが4千回転とかの高回転になると、2本あるカムシャフト
が高速回転ように切り替わるという構造ですので、オーバーホールというより、切替ができない場合は
ソレノイド系パーツの故障で取り換えしたりするので、これはオーバーホールとならない交換です。

オーバーホールというのは、本体のケースとかを活かし、中身の劣化しやすいパーツのみを取り換えて
組み直すので、新品使うより安いということで、オルタネーターとかでもよくリビルト品使ったり
します。

要は「金目の問題」 で同じ結果であれば、安い方を使うというだけです。

オルタネーターという交流発電機でも悪くなると多くは、ディーラーでもリビルト品を勧めます。
完成してあるのでそれとガチャポンと取り換えるだけです。

でも、人によってはオルターネーターは古いのを取り出し、ブラシとかベアリングを自分で交換する
人はいるのはいます。それはオーバーホールした~ と言い、ベアリングにもメーカーとか呼び番号とか
のパーツコード記載されていたりするので、可能なケースがよくあります。

でも、わざわざ素人が手間ひまかけて分解して組み直しても、最初からリビルト品買えば手間暇は
掛からないので、やる人は少ない感じ。

スーパーチャージャーや、ターボチャージャー、可変吸気バルブ系エンジンとかって、最初にそれを
新車で買った人は、「俺様のスーパーチャージャーきちんと動いているかな?」 とわざわざエンジン
から取り外して動作確認しない傾向にあります。外すだけで工賃かかるから、組み戻す時にもかかり
ます。

そんな感じなので、スーパーチャージャーとか、ターボチャージャーの中古車を買う人は、試乗
してみて、その時のフィーリングとかで判断するしかない。

人によっては過給機の調子が判断できないとも考えられるので、よく「中古車はターボ車買うな~
修理代かかるぞ~」 といわれていたりします。

そんな感じですので、売る側は、「スーパーチャージャーはオーバーホールしてありますよ~」
とメンテナンスした後にそのことを説明し、商品価値をあげて売る方が、買う人も買ってすぐに
スーパーチャージャーに修理代とかかからないという予想ができるので、あんしんして買える
かなあ~ と考えられます。

ただ普段とかスーパーチャージャーの車とかに乗っていない場合は、エニカとかでそういう
似た車を1度くらい借りて乗る方が良いかなあ~ とは思います。

■参考資料:個人オーナーの車をカーシェアリングするエニカ
https://anyca.net/

スーパーチャージャーは近所でなくても、ターボ車とかはあると思います。

あるいは、中古車ですと、そのお店の保証とかもよく見ておくと良いかもしれません。

過給機付きエンジンとかのことかなあ~ と思います。

数的には多いのは、”ターボチャージャー” が搭載されたエンジンで、これは、エンジンから
出る排気ガスの力で、毎分10万回転とか回転する羽に連動した圧縮する羽がエンジン内に
空気を入れ込むので、エンジンが大量の空気を取り込むことができますので、よく
「ターボが効いて加速感ハンパない!」 なんて言われ方をします。

1つ構造上の問題があります。それは、排気ガスの力で羽が毎分10万回転とかで、高速で
回る。それはフローティングメタルとか呼ばれ...続きを読む

Q先日に18年式のクラウンロイヤルサルーンGを購入しまして本日納車日で車屋から乗って帰ってきたんですが

先日に18年式のクラウンロイヤルサルーンGを購入しまして本日納車日で車屋から乗って帰ってきたんですが、やたらコンコン跳ねる気がします。
エアサスなんかと思って聞いたらバネサスだと聞いて、ダウンサスでも入ってますか?と聞いたらノーマルサスだと言うことでした。
以前は軽のタント乗ってたんですが乗り心地が軽の方が良く感じるぐらいです。
再度車屋にやたら跳ねてる気がするんですけど?って聞いたら、ロイヤルサルーンやし仕方ないと言われました! ロイヤルサルーンはそんなもんなんでしょうか?
来週火曜に名義変更予定なんですが、一度点検した方がいいでしょうか?
サスは悪いかどうか見てもらったらすぐわかるんでしょうか? ヘタリ以外になんか考えられますか?
宜しくお願いします!

Aベストアンサー

No4です、お礼をありがとう。

そのクルマの構造にもよると思いますが、
一日もあれば十分に交換できると思います。
簡単なものなら1本1時間もかかないと思いますが
クラウンだと少し凝った造りになっているはずで
相応の時間はかかると思いますよ。

ヘタレてなければ車検は通過すると思います。
オイル漏れあっても、
タイヤの取り付け角に異常なければOKなので。

乗り心地や走行性能も無頓着な人だと気付かないかも。
ただ、ヘタレたままず~っと放置すると
本当に抜けてしまって
荷物運搬用の台車みたいな乗り心地になります。
すんごいガタガタするし、曲がらなくなる。

ブッシュは外してみないとわからない事があります。
劣化してクラックが入っていても
それが見えない位置だったりする事もあるので。
で、そのまんま放置している
いつかどこかでブチッと切れる。

ダストブーツは外さなくても蛇腹を広げればわかりますよ。
シャーシから持ち上げるリフトでUPすれば
足回りは伸びきるのでダンパーの部分はすぐに。
ドライブシャフトなどの場合は広げてみるとわかります。
ただ、
普通の車屋だと、指摘しなければそこまで詳細に
見る事はないと思います。
言われたところだけ、確認する程度かと。

No4です、お礼をありがとう。

そのクルマの構造にもよると思いますが、
一日もあれば十分に交換できると思います。
簡単なものなら1本1時間もかかないと思いますが
クラウンだと少し凝った造りになっているはずで
相応の時間はかかると思いますよ。

ヘタレてなければ車検は通過すると思います。
オイル漏れあっても、
タイヤの取り付け角に異常なければOKなので。

乗り心地や走行性能も無頓着な人だと気付かないかも。
ただ、ヘタレたままず~っと放置すると
本当に抜けてしまって
荷物運搬用の台車みたいな乗...続きを読む

Q車の疑問 トヨタ2000GTがヤマハ製DOHC2バルブエンジン 初代スカイラインGT-Rが、DOHC

車の疑問
トヨタ2000GTがヤマハ製DOHC2バルブエンジン
初代スカイラインGT-Rが、DOHC4バルブエンジンな訳は?

Aベストアンサー

4輪の市販車としてはホンダのT360が初でしたね。(S360用のDOHCエンジンをデ・チューン)

Qトヨタの車ってホントに壊れないですよね~。 外国にいってもトヨタ凄いよ~。て言ってました。 とにかく

トヨタの車ってホントに壊れないですよね~。
外国にいってもトヨタ凄いよ~。て言ってました。
とにかく壊れないらしいです。
これってトヨタの資本力で部品が良いからなのでしょうか?
因みに僕の車はマツダ、、、雨漏り、ヘッドライト消える、油漏れる、油減る、エンジンマウント壊れる、、、凄かったです。

Aベストアンサー

トヨタ車も連日、雨漏り、ヘッドライト消える、油漏れる、油減る、エンジンマウント壊れる等の修理をしていますし、他メーカーカーと変わり有りません。
部品の供給は比較的早いですから、修理期間は短いですが。
半年ごとに点検を受けて頂いているユーザー様は
「俺の車、一度も故障したことないな。」と仰いますが、半年ごとに予防整備し、半年ごとに不具合を修理していることにお気づきでないだけです。
他の工業製品で考えて下さい。1メーカーだけ質が高く、他は低いと言うことがあるでしょうか?
大手・準大手のテレビメーカーでそういうことがあるでしょうか?
スマホのメーカーでそういうことがあるでしょうか?
ないですね?
技術は常に平準化されているんです。

Q【大スクープ】SONYソニーが自動車産業の自動車市場に参入する動きがあります。 なぜなら自動車半導体

【大スクープ】SONYソニーが自動車産業の自動車市場に参入する動きがあります。

なぜなら自動車半導体メーカーのエンジニアをスカウトしていっているからです。

もぢかしたら既に自動車用の半導体を開発している部署が既に出来ているのかも知れない。

Panasonicパナソニックが自動車市場に参入すると言われていたけど、SONYも参入するっぽい。

SONYはカメラが強いし、一眼レフカメラもコンパクトデジカメも売れてないので、コンパクトデジカメの部署を潰して自動運転自動車用のカメラ開発と自動車半導体メーカーから引き抜いたエンジニアで衝突回避用のレーダーではなく自動運転技術の開発をしているように思える。衝突回避技術の開発だとそんな人をかき集める必要もないと思うからルネサンスからヘッドハンティングしてるってことは何を開発してるのだと思いますか?

ソニーの人が見てたら正確な情報を教えてください。自動車用の何作ってるんですか?

Aベストアンサー

ソニーと自動車業界の付き合いは意外に長くて、今から21年も前の1997年にはトヨタとの合弁会社STLCD(ソニートヨタ)を設立し、液晶部品を供給していたこともあります。

それにNAV Uというカーナビも作っていました(過去形)。で、ソニーはイメージセンサや画像処理技術も持っているから、これらを組み合わせて自動運転の制御部分を作り、実用化できれば自動車メーカーに売り込もうと考えたとしても、何の不思議も新味もないです。

> ソニーの人が見てたら正確な情報を教えてください。自動車用の何作ってるんですか?

仮になにか新しいことをやってたとしたら、それは企業秘密ですよね。そんな物を教えてもらえると思いますか?

Qオススメのスポーツカーありますか? 維持のしやすい車がいいです。

オススメのスポーツカーありますか?
維持のしやすい車がいいです。

Aベストアンサー

>維持のしやすい車
だったらディーラーが充実している国産車、トヨタ 86とかスバル BRZあたりでしょう。
等長等爆なので音は楽しくないけど。

Q3500CC、車重2.2t、燃費リッター10の車から現行N BOXターボに乗り換えたら年間何十万ぐら

3500CC、車重2.2t、燃費リッター10の車から現行N BOXターボに乗り換えたら年間何十万ぐらい維持費が安くなると思いますか?
年間走行距離は2万キロです。

Aベストアンサー

年20万円くらいかな。

Nの新車を150万円とすると7年くらいで購入代金分が浮く。逆に言えば、今のクルマを7年くらい”同じ金額”で乗り続けられる。

Q車を運転し、駐車したら地面に水?が垂れたあとがあり、エアコンのせいの可能性があるとのことですが、エア

車を運転し、駐車したら地面に水?が垂れたあとがあり、エアコンのせいの可能性があるとのことですが、エアコンをつけてないのに、地面に水みたいのあとがあったらエアコンでなく他が原因てことですか?

Aベストアンサー

他が原因です。

Qダイハツの軽 ムーブの燃費について。 きちんとメンテナンスなどをして、10年経ったムーブは、燃費はど

ダイハツの軽 ムーブの燃費について。
きちんとメンテナンスなどをして、10年経ったムーブは、燃費はどのくらい落ちてると思いますか?

Aベストアンサー

昔の車は乗り方によってかなり差がありました。
新車の時と慣らし運転後と何年も使用した時を比較しても違うのは当たり前です。
エンジンの劣化は当たり前です。
燃費はエンジンだけではありません。足周りの負担も大きいです。
1人で乗るか家族数人で乗るかでも違います。
エンジンについても常に使用する回転域でも違います。
常に長距離を走るかちょい乗りかでもね。
オイル交換頻度もエンジンタイプによって影響は違います。
10年経ったムーブについては同じ人が乗ったとしたら1割程度は落ちると思います。
40年前は軽自動車に乗ってましたが、新車時に17km/L走ってたのが
3年後に12km/Lに落ちてました。車を譲った人の評価です。運転者が違います。
今の車は3年程度で燃費が落ちることは無いと思います。
今乗ってるミライースは4年3ヶ月乗っていますが、燃費が落ちたという実感はありません。
先日も長距離で往復28~30km/L走りました。満タン22L(2週間)で23.8km/Lでした。
普通はちょい乗りはカタログ燃費の40~50%程度、長距離で70~80%程度でしょう。
10年乗ったメリットを感謝して気にせず乗りましょう。

昔の車は乗り方によってかなり差がありました。
新車の時と慣らし運転後と何年も使用した時を比較しても違うのは当たり前です。
エンジンの劣化は当たり前です。
燃費はエンジンだけではありません。足周りの負担も大きいです。
1人で乗るか家族数人で乗るかでも違います。
エンジンについても常に使用する回転域でも違います。
常に長距離を走るかちょい乗りかでもね。
オイル交換頻度もエンジンタイプによって影響は違います。
10年経ったムーブについては同じ人が乗ったとしたら1割程度は落ちると思います。
40...続きを読む

Q安くて早い車を教えてください

安くて早い車を教えてください

Aベストアンサー

安い車でトップスピードの速さは期待出来ませんが、瞬発的な加速感で気分を味わうなら、やはりアルトワークスターボでしょうかね。


人気Q&Aランキング