痔になりやすい生活習慣とは?

私が使っている大阪開成館のコールユーブンゲンですが、たとえば 43 cのタイでのばす部分(小節線をまたいで)に「・」が印刷されています。これってミスプリントでしょうか?それともコールユーブンゲン独特の表記でしょうか?

A 回答 (3件)

回答No.1です。


なるほど、大阪開成館版では「スラー」と訳されていますか。
そういうことであれば、少しややこしい話になりますが、詳しく解説します。

大阪開成館の出版は大正14年となっています。
訳者の信時潔は日本でもドイツ人教師に師事しており、ドイツへも留学しているので、
ドイツ語はかなりの程度できたとは思いますが、
この時代は、さすがにまだ外国語の専門用語の理解、翻訳が完全ではありません。
この説明の書いてある場所からいっても「スラー」はあり得ないので、
結論から言えばこれは誤訳で、「タイ」とするのが正しいです。
ただ、翻訳された時代を考えると、誤訳したのもやむを得ない事情があります。

この箇所のドイツ語の原文は構文がかなり入り組んでおり、
直訳では日本語として意味の通る文にならないので、
回答No.1でも多少意訳をしてあります。
信時潔が「スラー」と訳した語は、原文では「Bindungen (Ligaturen)」となっています。
Bindungen は Bindung の複数形ですが、これは、「結ぶ」を意味する動詞 binden の名詞形です。
この語は、要するに「中断しない」ということであり、広い意味で「結ぶ」を意味するので、
タイのように同じ高さの音をつなげる場合にも、
スラーで異なる高さの音を滑らかに「つなげる」場合にも使うのです。

コールユーブンゲンが刊行されたのは1876年ですが、用語が現代のようには統一されていません。
現在のドイツ語では、「タイ」には「Haltebogen」、「スラー」には「Bindebogen」という語が当てられます。
しかし、Bindungen という名詞形だけでは、単に「結合」を意味するだけで、
タイなのかスラーなのか区別がつきません。
それで、タイだとわかるように、カッコの中に Ligaturen(Ligatur の複数形)という語を書き加えてあるのですが、
これが逆に誤解のもとになったと考えられます。

Ligatur という音楽用語は、まだ五線譜による楽譜ができる前から使われていたものです。
異なる高さの音の連続から成る旋律形を表す記号で、同じ高さの音を結合するものではありませんでした。
この場合の Ligatur はあくまでも「結合(記号)」というだけの意味で、
「滑らかにつなげる」という意味ではありません。
下のようなものです。
https://de.wikipedia.org/wiki/Ligatur_(Musik)#/media/File:Ligaturenmusik.png

この時代には、まだ「タイ」も「スラー」も存在しません。
Ligatur も、またスラーが表す legato(レガート、滑らかに)も、
語源的にはラテン語の「ligō(結ぶ)」からきています。
そして、ラテン語の ligō には、英語の tie も訳語として使われています。
つまり、現代の楽典では、「スラー」と「タイ」ははっきり別の意味の記号として簡単に説明されるだけですが、
スラーが表す「レガート」と「タイ」はどちらも「結ぶ」の意味からきており、
言語的には非常に近いということになります。

Ligatur という語は、字面だけ見ると legato とよく似ています。
ベートーヴェンなども、legato と書くべきところを、ligato という綴りで書いていることがよく知られています。
そのため、Ligatur という語からは legato を連想しやすく、
そこからさらに「スラー」という連想につながる可能性があります。
しかし現代のドイツでは、「タイ」は「Haltebogen」という名称であり、
「別名 Ligatur とも呼ばれる」という説明になっているので、
Ligatur は「スラー」ではなく「タイ」です。

Ligatur に当たるイタリア語は legatura で、これも legato を連想しやすいですが、
やはりこれ単独では「結合」の意味しかなく、「スラー」か「タイ」かを区別するためには、
そのあとにさらに説明の語を置かなければなりません。

イタリア語
スラー legatura di portamento(「運び」の「結合」)または legatura di frase(「楽節」の「結合」)
タイ  legatura di valore(「音価」の「結合」)

ドイツ語
スラー Bindebogen(結合弧線)または Legatobogen(レガート弧線)
タイ  Haltebogen(保続弧線)または Ligatur(結合)

Bindung(ドイツ語)= legatura(イタリア語)= 単に「結合」を意味する言葉

今ならば間違えることはありませんが、大正14年では知識も文献も十分ではなく、
混乱しても致し方のないことと思います。

20bのあとの説明文をもう一度、カッコ内に補足を入れながら、できるだけ直訳に近く訳しておきます。

「楽譜番号20bには付点音符があり、その音符の玉だけが最初の小節に、付点は2番目の小節に書いてある。
このような(記譜法の)場合は別として、異なる小節から取られた複数の拍(の合計)や、
一つ、もしくは複数の付点の追加によっては合計値が表せられないような拍の長さは、
タイを使って、(たった)一つの音符であるかのように演奏されるべき一総合体へとまとめられる。
このような方法によって、リズム上の新しい多様な結合を生むことができる。」

原書は、下のサイトからダウンロードできます。
https://urresearch.rochester.edu/institutionalPu …
    • good
    • 0

回答 No.2 に貼った Ligatur の図のリンクが開かないようなので、別の URL を張っておきます。



四本線によるネウマ譜の時代の Ligatur の例

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/de/6/6f/L …

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/7 …
    • good
    • 0

ミスプリントでもなく、コールユーブンゲン独特の書き方でもなく、古い時代の記譜法の一種です。



コールユーブンゲンが書かれた時代には、もうこの記譜法は少なくとも器楽では使われていませんが、
もともとこれは合唱の教本として書かれたもので、まだこういう記譜法の合唱の楽譜は使われていたはずです。
現在市販されている楽譜ではみな現代の記譜法に改められているので、目にする機会はほとんどないでしょう。

私が昔使ったコールユーブンゲンは今探すことができず、大阪開成館のものだったかどうかはわかりませんが、
大阪開成館の楽譜の校訂者は、ドイツへ留学した作曲家の信時潔です。
ドイツ語の原書を見ると、43cの楽譜よりもだいぶ前の箇所、20bですでにこの記譜法が出ています。
20bの楽譜のすぐ下には、この付点の書き方について説明が書いてありますが、
もし大阪開成館版のその箇所に何も説明がないのならば、翻訳時に省略したものと思います。

「20bでは、音符そのものは最初の小節に、付点は次の小節に表記されている。このような場合を除いて、異なる小節にまたがる拍、または付点の追加による合算で書き表せられないものは、タイを使ってその全体の長さをまとめる(以下略)。」

とあります。

古い合唱曲の楽譜を使うことがあるので知っておいた方がよいということで、両方の書き方を採用しています。
ルネッサンスごろまでの楽譜では、小節線そのものもなく、タイも使っていないので、
それをのちの時代にわかりやすく書き直していったわけですが、
記譜法は少しずつ発展していったので、様々な書き方があります。

コールユーブンゲン第3巻に掲載されている合唱の楽譜の中には、
伸ばす音と同じ高さの線上、また線間に、付点の代わりに小さな黒い符頭のみが書かれているものもあります(画像参照)。

また、古い合唱の楽譜では、小節線を五線の上ではなく、五線と五線の間に書いているものもあり、
その場合は小節線の存在を無視して、実際に伸ばす長さの音符をそのまま書いています。
https://i.ytimg.com/vi/n4yUch3k7qQ/hqdefault.jpg
「コールユーブンゲンの謎」の回答画像1
    • good
    • 0
この回答へのお礼

よくわかりました。ありがとうございます。ただ
「タイを使ってその全体の長さをまとめる(以下略)。」の部分は「スラーによってあたかも一音符のようにまとめられる」となっています。

お礼日時:2018/10/22 07:26

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qカタカナで「ヴィルトゥオーゾ」と最後が「ゾ」と濁音になるのはなぜ?

ヴィルトゥオーソ をWikipediaで読んでも、このことは書かれていません。でも日本では、「ヴィルトゥオーゾ」と普通に言います。どうしてでしょう?

Aベストアンサー

日本では1990年代に入ると、外来語がほとんど英語に統一されていきましたが、それ以前は英語以外に、ドイツ語・フランス語・イタリア語なども外来語として使っていました。

特に音楽と自転車の外来語はイタリア語由来であるものが多く、イタリア語のvirtuosoは「ヴィルトゥオーゾ」と聞こえますので、そのように表記・発音する人がいるのです。年配の人に多いと思います。

他にもallegro - アレグロ - 速く、a cappella-アカペラのようにイタリア語由来の言葉はよく使われています。

他の事例で恐縮ですが、1990年代以降に日本に入ってきた外来語は殆どが英語由来か英語発音を基礎にしています。

たとえばスキー板のブーツの留め具はビンディング(ドイツ語)なのに対して、スノボ―ではバインディングと呼びます。どちらも同じ「挟むもの・結合するモノ」と言う意味で英語bindingと独語Bindungとスペルもほぼ同じです。

Qベルリン・フィルとウィーン・フィルのメンバー構成

ベルリン・フィルは、例えば 1st ヴァイオリンの国籍を見ると、3分の2がドイツ以外の出身者であり、管楽器もカラヤン時代はほとんどドイツ出身だったと思われますが、現在はドイツ出身者は少数です。一応、「ベルリン」という名前は付いていますが、実態は「ワールドオーケストラ化」しています。

一方、ウィーン・フィルは楽器の特殊性もあって、割と国籍も同質な出身者が多いのではないでしょうか。ただ、ウィーン・フィルのメンバー表を見ても出自が分かりにくいので、あまり私の言うことは当てになりませんが。

そこで、生物学的?に見て、オーケストラのメンバーは、多国籍したほうが良いと思いますか?
それとも同質性を保った方が良いと思いますか?

※日本に目を向けるとN響が日本人オンリーなのが気になります。

ベルリン・フィルメンバー表
https://www.berliner-philharmoniker.de/en/orchestra/

ウィーン・フィルメンバー表
https://www.wienerphilharmoniker.at/jp/orchestra/members

ベルリン・フィルは、例えば 1st ヴァイオリンの国籍を見ると、3分の2がドイツ以外の出身者であり、管楽器もカラヤン時代はほとんどドイツ出身だったと思われますが、現在はドイツ出身者は少数です。一応、「ベルリン」という名前は付いていますが、実態は「ワールドオーケストラ化」しています。

一方、ウィーン・フィルは楽器の特殊性もあって、割と国籍も同質な出身者が多いのではないでしょうか。ただ、ウィーン・フィルのメンバー表を見ても出自が分かりにくいので、あまり私の言うことは当てになりませ...続きを読む

Aベストアンサー

音楽の世界、特に歌劇場やオーケストラは運営にお金がかかるので、国家や都市から「財政補助」を受け、その大義名分として「国家、都市の伝統文化を継承する」という義務のようなものが課せられることが多いようです。

ベルリン・フィルは、ベルリン市からの財政補助を受けているはずです。
第2次大戦前は団員のほとんどがドイツ人で、ナチスの時代にはユダヤ系ドイツ人ですら解雇されたはずです。
戦後、カラヤンは「団員の国際化を推進した」と言われています。カラヤンに招かれてコンサートマスターになったミシェル・シュヴァルベはポーランド生まれでパリで学び、ベルリンに来る前はスイス・ロマンド管のコンマスでしたし、ヴィオラの土屋邦雄氏などの日本人や、フルートのオーレル・ニコレ(フランス人)、ジェームズ・ゴールウェイ(イギリス人)など、この頃からドイツ人以外の優秀な演奏家を集めていました。
もともと、ベルリンは 1871年の「ドイツ帝国」誕生とともに「近代都市」「国際都市」になった町なので、その町のオーケストラも「近代的」「国際的」なのだと思います。

それに対して、ウィーンは「神聖ローマ帝国」の皇帝を輩出するハプスブルク帝国の首都としての歴史と伝統があり、モーツァルト、ベートーヴェン、ブラームスなどがそこで生きて作曲した町です。「歴史と伝統」という点ではベルリンの比ではないのでしょうね。
ウィーン・フィルは、ご承知のように「ウィーン国立歌劇場」のオーケストラのメンバーが、管弦楽曲を演奏するために自主的に作っている団体です。「ウィーン国立歌劇場」は、1917年のオーストリア帝国解体までは「ウィーン宮廷歌劇場」でした。「国立」というように、オーストリア国家から財政援助を受けています(トヨタもかなりの寄付をしているはずで、ウィーン国立歌劇場のチケットには控えめに「レクサス」のマークが付いています。ただし「トヨタ」の文字は一切ありません)。
ウィーン・フィルのメンバーになるためには、必然的に「ウィーン国立歌劇場」のオーケストラのメンバーである必要があり、「ウィーン・スタイル」「ウィーン・メソッド」で演奏様式を統一するため、「ウィーンで音楽教育を受けていること」という条件が付くようです。オーボエやホルンだけではなく、弦楽器なども「ウィーンの職人」が作ったものを使っていて、楽器はすべて団の所有です。
こういった「制約」があるので、ウィーン・フィルのメンバーになるにはベルリン・フィル以上に制度的な壁が大きいようです。(別に、国籍で制限しているわけではないと思いますが、1997年まで女性団員を認めなかったように、やはり選抜条件にはいろいろ偏見や差別もあるようです)

日本のオーケストラの事情はよく分かりませんが、N響は「日本のフラッグシップ・オケ」というプライドや、「NHKを通して国家予算が使われている」ことによる「日本人優遇」があるのではないでしょうか。

>オーケストラのメンバーは、多国籍したほうが良いと思いますか?
>それとも同質性を保った方が良いと思いますか?

これはなかなか難しいですね。
私は、どちらかと言えば「ドイツっぽい」「フランスっぽい」「ロシアっぽい」といった演奏が好きなので、国際化して「誰が演奏しているのか分からない」というのは、ちょっとつまらないなあと思います。「音色」とか「歌いまわし」、ハーモニー感といったものの「ちょっとした訛り、方言」のようなものだと思います。
最近では、フランスのオーケストラでも「フランス式のバスーン=バッソン」を使うところがほとんどなくなり、みんな「ドイツ式のファゴット」になりました。とても残念なことです。
生の楽器で演奏されるはずの音楽が、「シンセサイザー」や「コンピューター」で演奏されるようになってきているような気がして・・・。

そういった現状に反旗を翻して、初演当時の楽器・演奏様式で演奏する「ピリオド演奏」あるいは「HIP = Historically Informed Performance:歴史的知見に基づく演奏」が盛んになってきたことは、とても良いことだと思っています。「国籍」という地理的なものだけではなく、「時代」という時間的な要素も再現しようということですから。
それは、上に書いた「自然な訛り、方言」とは違い、一種の「役者が演じる古い時代、田舎の再現」であって不自然だ、という批判もあるとは思いますが。

その意味で、
・世界中の音楽を、何でもこなす多機能・無国籍オケ
・地方、時代の「歴史と伝統」を守り通すオケ
・現代の技術で「歴史と伝統」を再現するオケ
など、多様な演奏が並立して存在するのがよい、という月並みな意見ということになります。

音楽の世界、特に歌劇場やオーケストラは運営にお金がかかるので、国家や都市から「財政補助」を受け、その大義名分として「国家、都市の伝統文化を継承する」という義務のようなものが課せられることが多いようです。

ベルリン・フィルは、ベルリン市からの財政補助を受けているはずです。
第2次大戦前は団員のほとんどがドイツ人で、ナチスの時代にはユダヤ系ドイツ人ですら解雇されたはずです。
戦後、カラヤンは「団員の国際化を推進した」と言われています。カラヤンに招かれてコンサートマスターになった...続きを読む

Q女性ピアニストが演奏する時、背中や肩を露出したドレスを着ている事が多いのですが、あれは、セクシーアピ

女性ピアニストが演奏する時、背中や肩を露出したドレスを着ている事が多いのですが、あれは、セクシーアピールですか?

Aベストアンサー

ピアニスト限定なのではなく、基本的にヨーロッパの女性は肌を出したがります。セックスアピールというのがファッションそのものであり、日常なのだと思います。そこは、日常から「性」を排除したがる日本人女性との大きな違い。

ヨーロッパでは、芸術において「性」は定番のテーマであり切っても切り離せない要素であることと、もっとさかのぼると、キリスト教が広まる以前の、ヨーロッパのルーツである古代ギリシャやローマは「性」が開放的な文明であったことが、今のヨーロッパのアイデンティティに影響しているというのもある思います。(たぶんこの辺は当のヨーロッパ人も自覚しています。)

その流れが、イブニングドレス(演奏家やクラシック歌手の衣装)にもあるというだけのことです。
特にフォーマルなイブニングドレス・・・あなたが言うような肌が出ていてユラッとした生地のドレスはアルカイックな趣があるでしょう。あの精神もたぶん古代ギリシャやローマから来ているんだと思います。

Qクラシックの世界で成功している方の成功の秘訣を知っていたら教えてください。名前は伏せて大丈夫ですよ。

クラシックの世界で成功している方の成功の秘訣を知っていたら教えてください。名前は伏せて大丈夫ですよ。

Aベストアンサー

才能×努力×運
です。
特にプロになろうという人は、中でもトッププロにもなろうという人は、平均が1だとしたらどの項目も10を超えるくらいの数字は必要です。
逆にどこか1つでも0.1だったら、他がよくても台無しです。

最後の「運」には、時代、出会い、めぐりあわせなどいろいろな要素が含まれ、複雑です。
人智ではどうにもならないものも含まれます。

QCメジャーコードがド・ミ・ソだけでなくミ・ソ・ドやソ・ド・ミでも成り立つ理由を教えてください。ルート

Cメジャーコードがド・ミ・ソだけでなくミ・ソ・ドやソ・ド・ミでも成り立つ理由を教えてください。ルート音がドじゃないのにCになるのはなんでですか?

Aベストアンサー

コードはざっくり言うと和音です。
Cメジャーコードとはドミソの三音から構成される和音ということです。
なので、ミソドでもソドミでもCメジャーコードということになります。
ドの音を1オクターブ上げてミソドにすると第1転回形、さらに上げてソドミにすると第2転回形と言いますが、簡単に言うとCメジャーコードはドとミとソの三和音出てきているということです。

Qオーケストラの演奏会について質問です。プログラムの中に協奏曲がある場合、ソリストの希望により曲が変わ

オーケストラの演奏会について質問です。プログラムの中に協奏曲がある場合、ソリストの希望により曲が変わることが希にあるようですが、この時具体的にどのような希望、どのようなやり取りがあって実際に変更になるのでしょうか?
 3月31日の関西フィルの定期が私にとっては初めてそういう変更がありました。一年強で三回目のモーツァルト「トルコ風」になります。文句があるということではありません。
 お願いします。

Aベストアンサー

リサイタルでは結構あります。コンチェルトではさすがに珍しいですが無い話ではありません。

ソリストのヴェロニカ・エーベルレさんは、関フィルとの本番の前の週に、東京交響楽団とトルコ風をやります。来日中の8日間でリサイタルを含めて4回本番があるので、当初予定の4番をさらうのが面倒になったのかも。

やり取りは音楽事務所を通じてでしょうが、コンチェルトの場合、ウィーンフィルとかならともかく、普通は大抵のソリストのわがままはオケの方が聞いてあげます。どの大家だったか、ゲネプロでオケの演奏が気に入らず、曲目を変更させて楽譜係が走り回ったと言う話があります。オケもプロなので、モーツァルトだったら、一回あわせりゃ、まあ様にはなります。でもお客さんに対しては、確かに失礼なことなので、あまり良いことではないですね。

Q1930年代のClassical Music の録音をCD にした場合

大学の図書館で 1930年代の録音(LP レコード)を CD にした Chopin Piano Concertoを借りてきました。 原音は1930~1937年の録音。 
Arthur Rubinstein : Piano
London Symphony : Orchestra です。
そこで、気がついたのですが、この2枚組CD には ノクターンも収録されています。
ピアノの音は違和感なく聴けます。 もちろん、現代の録音と違うことはわかりますが。
オーケストラの弦楽器の音は 「古い!なんだか、音がゆがんでいる感じ」と感じるほどです。

なぜ楽器によって、80年前の録音がこんなに違うのか、と疑問に思いました。
多分、録音技術や楽器の持つ周波数に関係するのではないか(勝手な想像)と思うのですが、どなたか、ご説明いただけませんか?

質問者のみ

Aベストアンサー

No.2、No.4です。問題のCDは茶色のジャケット画像のリンク先と同一の物でしょうか?

スピーカーとヘッドホンの両方でモニターしましたが、音源を聴いた感じでは、弦楽器だけではなく管楽器もピアノも全体に、どことなく落ち着かないような不安定な聴こえ方で、生の演奏を聴くような自然な安定感がありません。オーディオの専門用語でワウフラッターと言うのですが、やはり回転ムラの影響はありそうです。但し、幾ら古い時代とはいえ、ピッチが上下するほど大きな回転ムラがあってはプロ用機材として使いものにならないし、そこまで酷くなくても数値が悪いと音は不安定に聴こえます。

個人的にはピアノソロ演奏の"NOCTURNES"でも生演奏とは違う不安定さを感じます。やはりピアノは鍵盤を押して弦を叩いた瞬間の短いアタック音が中心なので他の楽器ほどは気になりません。

またマイクの設置方法も影響しているようで、ピアノは単独だから一本のマイクで音を拾いますが、オケは多数の奏者に対してマイクは少数で、マイクに近い楽器ほど強く音を拾っているように聴こえます。感じとしてはバイオリンとコントラバスが一番強く、フルートなどの木管が少し遠く、トランペットなどの金管はもっと遠い・・という感じです。オケのマイクは正面に左右2本だけ?のような感じがします。
確かに演奏技術も今と昔では違うし、録音の場所が広いホールのように残響が長ければ誤魔化せますが、狭いスタジオのようで殆ど残響が無く、余計に各楽器がバラバラに聴こえます。

録音可能な周波数特性の範囲も非常に狭くこもった音でもあるし、これらの複合的なアンバランスさや録音の技術の低さが「フニャフニャした音」として聴こえるのだと思います。磁気テープが伸びたものとは少し違う感じですね。

分かりやすくまとめると・・

・マスター音源の回転ムラ
・ピアノと管弦楽器との音を出す原理の違い。
・マイクの設置場所や設置方法の影響。
・演奏技術によるものと残響の無さ。
・記録できる周波数特性の狭さ。

個人的に検証した結果としては以上が原因のように思います。

No.2、No.4です。問題のCDは茶色のジャケット画像のリンク先と同一の物でしょうか?

スピーカーとヘッドホンの両方でモニターしましたが、音源を聴いた感じでは、弦楽器だけではなく管楽器もピアノも全体に、どことなく落ち着かないような不安定な聴こえ方で、生の演奏を聴くような自然な安定感がありません。オーディオの専門用語でワウフラッターと言うのですが、やはり回転ムラの影響はありそうです。但し、幾ら古い時代とはいえ、ピッチが上下するほど大きな回転ムラがあってはプロ用機材として使いものにな...続きを読む

Q下の絵の左がエレクトリックギターで、右がアコースティックギターでしょうか。 私は今まで左のように、と

下の絵の左がエレクトリックギターで、右がアコースティックギターでしょうか。
私は今まで左のように、とんがってるところがあるギターはエレアコかと思っていたのですが、違うのでしょうか。

以前アコースティックギターをネットで探していたところ、
絵の左の形のギターの記載に「アコースティックサウンドを持つエレクトリックタイプ」と書いてありました。
これは一体どっちなのでしょうか。

付属写真を見ても、角度的にエレアコに着いているボタン?みたいなのが見えなかったのですが、
それ以外にアコギとエレアコの違いがわかる方法はありますか。

どうか教えて頂けると幸いです。

Aベストアンサー

>とんがってるところがあるギターはエレアコかと思っていたのですが、違うのでしょうか。

 違います。尖がっているところはカッタウェイというのですが、高音のフレットに左手が届き易いようにしているだけです。エレアコかどうかとは関係ありません。
 カッタウェイが入ったデザインは、エレアコでもエレキのない(=電気的に音量を増幅するピックアップが無い)アコギでも存在します。

>「アコースティックサウンドを持つエレクトリックタイプ」と書いてありました。これは一体どっちなのでしょうか。

 エレクトリックタイプと書かれているなら、エレアコ(=エレクトリック・アコースティックギターの略)です。

>それ以外にアコギとエレアコの違いがわかる方法はありますか。

 御指摘通り、エレアコには音量や音質(トーン)をコントロールする為のツマミがどこかにあります。
 それが見えないなら、外観でエレアコとアコギを区別することは出来ません。

Qベートーベンの交響曲について

ベートーベンの1番から9番までの交響曲でCDやMP3などの音源で曲間がつながっている曲があります。
それを教えていただきたいのです。
クラシックに詳しい方、よろしくお願いいたします。
なお、5番は第3、第4楽章の間が連続しています。
6番も連続した楽章があったと思います。
3番はみな独立した楽章です。
これ以外の交響曲で連続した曲間を持つものをお教えください。
ウォークマンs313ではギャップレス再生ができないので困っています。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

連続しているのは、おっしゃるように
・第5番ハ短調 の第3・第4楽章
・第6番「田園」の第3・第4・第5楽章
です。
その他は、音楽としては独立して、いったん終止しています。

ただし、実際の演奏会では、蒸気外の交響曲でも、第3楽章から第4楽章へ、ほとんど間髪を置かずに進めるものも多いです。音楽全体の「流れ」を考慮して、指揮者の判断で行います。聴衆が「ほっ」と息を抜く瞬間を持たせず、緊張感を持続させて一気に終楽章のクライマックスになだれ込む効果があります。

Qクラッシクを歌う女性歌手の身なりについて、足元はロングドレスで隠すのに、なぜ、肩は露わする歌手が多い

クラッシクを歌う女性歌手の身なりについて
足元はロングドレスで隠すのに、なぜ、肩は露わする歌手が多いのですか?

Aベストアンサー

実際問題として、脚は隠さないとみっともないです。
歌う時には脚を開いて立ちますし、声楽は人体を楽器として使うので、歌唱中は膝をゆるめたり腰を落としたりすることも多く、大きな動きではないにしてもあまり優雅とはいえません。

反対に、肩から腕は舞台映えする大げさな動きや役柄の性格を表現します。
側に立つ人を紹介する時に、日常生活だと肘から先でその人を指し示し「こちらはAさんです」とやりますが、舞台では肩(細かくいえば背筋から)から腕全体を動かします。
バレエでも同じなのですが、背中から肩、腕へと流れるラインを操ることによって、柔らかい女性らしさ、頼りなさ、力強さなど役の性格を表現するのに使います。

オペラではなく、クラシックの合唱付などであればそこまでの上半身の表現は必要でないかもしれませんが、エレガントな場の雰囲気づくり、歌い手の視覚的な魅力を増すというのに、肩や腕を露出する衣装は効果をもつので好まれます。


人気Q&Aランキング