【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

日本での禊・沐浴の起源について調べました。
キリスト教の洗礼の儀式について調べました。
ヒンズ-教とイスラム教についても調べたのですが、
わかりませんでした。
この二つにも水との宗教的関わりってあるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ヒンズー教と水の関係は調べればどこにでも出てきますよ。


最近の手に入りやすい文献をあげておきます。
森本達雄『ヒンドゥー教ーインドの聖と俗』中公文庫
この本の巻末にヒンズー教関係の参考文献が載ってますから、見てみて下さい。水に関する項目もあります。

インドに行けばヒンズー教徒がガンジス川で沐浴しているのをよく見ます。
ガンジス川の水が罪や穢れを洗い流してくれると考えるからです。
薬として飲んだりもします。
インドの沐浴の歴史は古く、インダス文明のモエンジョ・ダーロのプール式沐浴場などがあります。

そもそもガンジス川は女神ガンガーに由来する名称です。
ビシュヌ神の足の指から流れていると考えられています。シバ神の別名のガンガーダラは、ガンジス川の水を受け止めるものという意味です。

今回の質問とは関係ないかも知れませんが、アジャンタの石窟に行った時に、頭から水をかけている壁画を見ました。仏教でいうところの潅頂(かんじょう)に近い気がします。
もし興味があれば、潅頂(頭のいただきに水をそそぐの意)についても調べてみたらどうでしょう。

イスラム教では礼拝の前に沐浴をするそうです。
水浴びをして体中を清めるようです。
鼻の穴の中まで洗うみたいです。
イスラム教 沐浴 で検索してみて下さい。

お風呂の関係の質問が多いですが、卒論でも書いてるのですか?
たまには感想でも良いのでコメントして下さいね。
    • good
    • 2

訂正


そういえば、モエンジョ・ダーロはパキスタンでした。

追加
古代インドのマヌ法典にも沐浴の話しがあります。
月経後の女性が沐浴をするそうです。
インドの穢れのとらえ方はカースト制度へと発展します。ガンジスの沐浴にも、カーストの穢れという思想が入り込んでいるのかも知れません。

コーランにこんな一説があるそうです。
信仰する者よ、あなたがたが礼拝に立つ時は、顔と、両手を肘まで洗い、頭を撫で、両足を踝まで(洗え)。あなたがたがもし大汚の時は、全身の沐浴をしなさい。またあなたがたが病気にかかり、または旅路にあり、また誰か厠から来た者、または女と交わった者で、水を見つけられない場合は、清浄な土に触れ、あなたがたの顔と両手を撫でなさい。アッラーは困難を、あなたがたに課すことを望まれない。ただし、あなたがたを清めることを望み、またあなたがたへの恩恵を果される。恐らくあなたがたは感謝するであろう。 ”
(コーラン、食卓章(アル・マイーダ)、5:6)
    • good
    • 0

ヒンズー教は、ガンジス川であると思いますが。


http://ja.wikipedia.org/wiki/ガンジス川

イスラム教はわかりませんが・・・絶対神アラー以外のものを信仰することをかたく禁じている宗教なので、水を「神の神の贈り物」として感謝することはあっても、水自体への信仰みたいなものはないと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング