痔になりやすい生活習慣とは?

ハロゲン化物イオンが酸化されやすいのはどうしてでしょうか?

ハロゲンの電気親和力は非常に大きいため、電子を手放しにくい元素であると思います。

であるというにもかかわらず、
電池と電気分解の分野では
2Cl⁻⇒Cl₂+2e-などの反応がおこりやすいとされています。

これはどうしてでしょうか?

お詳しい方回答宜しくお願いします

A 回答 (3件)

>反応がおこりやすい


あくまで比較の上の問題です。例えば酸化物イオンO^2-は非常に酸化されにくいでしょう。
    • good
    • 0

電気分解の話であれば、あなたが考えているようなものでは水が溶媒でしょ?


であれば、水とハロゲン化物イオンのどちらが酸化されやすいかという話になるわけです。
それを電子親和力とか、電気陰性度で説明したいのであれば、その相手は酸素であるはずです。
そうなると、ハロゲン化物イオンが酸化物イオンあるいは水酸化物イオンに比べて酸化されにくいですかという話になります。
実際にはそうはなりませんし、ハロゲンの電気親和力が大きいというのも、酸素と比較したものではなく、その他のさほど電気陰性度の大きくない元素と比較した場合の話です。
それと、ハロゲンでもフッ素となれば酸素よりも酸化されにくいので、その水溶液を電気分解すれば酸素が発生します。

「どうしてでしょうか?」に対する回答は、あなたが考えていることの比較対象が適切ではないということです。
    • good
    • 0

ハロゲンイオンに限った現象ではありません。

あらゆる陽イオンと陰イオンは電池と電気分解で酸化還元反応が起きます。
むしろ、ハロゲンは還元されやすいのです。その理由は電子1個貰うとヘリウム属のように最外殻が閉殻になって安定化するためです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電気分解での、陽極での反応

基本的な問題ですが、疑問に思ってしまいましたので・・・

電気分解で、Pt、Au、Cの時は溶液中の-イオンからe-が吸い取られるとのことですが、
その吸い取られやすさが

ハロゲンのイオン>OH->>>>>多原子イオン
(I->Br->cl-)

とあるのですが、ハロゲンと言えば、あと電子が1つで安定であり、電子を欲しがりますよね?
なのに、どうして一番e-を出しやすいのでしょうか・・・?

どうかご存じの方がいらっしゃいましたら、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>ハロゲンと言えば、あと電子が1つで安定であり、電子を欲しがりますよね?
おっしゃる通りです。その結果がハロゲンイオンの生成。
で、ハロゲンにも順番があり電気陰性度がF>Cl >Br > Iです。
そのためヨウ素は分子に戻り易く、I^- > Br^- > Cl^-の順に電子を失いやすくなります。
HSAB(hard soft acid and base)の関係(分極性に近い)もありますので見て下さい。

Q物質の三態 液体が沸騰しているとき 容器には液体と気体が共存していますが 沸騰中だけではなく、沸騰前

物質の三態

液体が沸騰しているとき
容器には液体と気体が共存していますが
沸騰中だけではなく、沸騰前の液体のときも蒸発しているので気体と共存してまいますよね?
なぜ沸騰中に共存していることを強調?

教えてください

Aベストアンサー

沸騰前の液体のときも蒸発しているので気体と共存してまいますよね?

当然です。そうでないと、沸騰してもない海水からの水蒸気で雲や台風の発生は説明できません。
これらは、ボルツマン博士の統計力学で説明されます。統計力学は難しいので学校の
先生も分かっていない方が沢山います。
貴方はもし大学で学ぶ機会があれば、サークル活動や恋人探しばかりに一生懸命にならず
勉強も一生懸命になって下さい。

Q化学式

化学式があっているかどうか分かりません。
どなたか答え合わせをお願いします。
また間違っていた場合は正しい式を教えて頂けると非常に助かります。

C6H5NH2+(CH3CO)2O=C6H5NHCOH2+CH3COOH

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>C6H5NHCOH2
ではなく、C6H5NHCOCH3、アセトアニリドです。

Q至急!有機化学の問題。

CH3CH2Cl+CH3COOH→の反応は起きないと書いているのですが、CH3COO-は弱塩基で強い求核剤なので、Sn2反応が進むはずなのですが、反応しない理由わかる方教えてください。

Aベストアンサー

そもそも、いったいどこにCH3COO-が存在すると書いてありますか。
酢酸は弱酸なのでほとんど電離せず、CH3COOHのままです。なので、そこで求核剤となるのはCH3COOHです。つまり、水酸化ナトリウムが強い求核剤であるのに対して水が非常に弱い求核剤にしかならないのと同様に、CH3COOHは非常に弱い求核剤なので、反応は進まない、もしくは進んでも非常に遅いわけです。微量に存在するであろうCH3COO-に関しても、濃度が非常に薄いから反応は非常に遅く、事実上進まないということです。

当たり前ですが、CH3COO-であれば、CH3COO-の濃度は格段に高まりますし、ある程度の強さを持つ求核剤なのでSN2反応は進みます。つまり、塩基性であるなら進むということです。
あなたが書いているのは酢酸による加溶媒分解条件であり、反応が進むとすればSN2ではなく、SN1であるはずです。
もちろん、CH3COO-はOH-とかに比べれば弱い求核剤ですが、その程度の反応であれば進みます。

QSN2反応で下の鉛筆のように書いてはいけないのですか?

SN2反応で下の鉛筆のように書いてはいけないのですか?

Aベストアンサー

右の図ですか?そうするとワルデン反転が起きて光学異性体になります。

Q炭化ケイ素(カーボランダム)の電子式ってこれで合ってますか?

炭化ケイ素(カーボランダム)の電子式ってこれで合ってますか?

Aベストアンサー

もともと3次元の構造を平面に示すことに無理がありますが、無理やり書けばそうなります。
C:Si=1:1の共有結合性結晶ですが結晶系はいくつか存在するようです。

Q高校の化学についてです。 分散媒が液体で分散質が気体のものの具体例が泡だも習ったのですが、意味がわか

高校の化学についてです。

分散媒が液体で分散質が気体のものの具体例が泡だも習ったのですが、意味がわかりません。分散媒が液体とはどういうことなのですか?どなたか教えてください。

Aベストアンサー

分散媒が液体で分散質が気体のものの具体例が泡なんて、センスがありませんね。
メレンゲやホイップクリームくらい言ってほしいですね。
大雨の後の濁った川の水はサスペンジョンといって、分散媒が水で分散質が固体の土です。
ミルクはエマルジョンといって、分散媒が水で分散質が液体のタンパク質や油です。
メレンゲはメレンゲで、分散媒が水を含む液体のタンパク質で分散質が気体の空気です。

Q高校の化学についてです。 SO2の電子式と構造は写真のようになると授業でならったのですが、二酸化硫黄

高校の化学についてです。
SO2の電子式と構造は写真のようになると授業でならったのですが、二酸化硫黄がなぜ極性を持つのかという問題の答えが、折れ線型の分子であり2つのS=O結合の極性が打ち消されないからとなっていました。
どうしてS=O結合が2つになるのですか?写真の構造は間違っていいるのですか?どなたか教えてください。

Aベストアンサー

SO2に関して、その電子配置や構造の表記方法は1通りではありません。
たとえば、O=S=Oで表す方法と、配位結合(前の回答に書いてあるもの)で表す方法と、それと同じことですが、形式電荷を使う方法、つまり、O=S^+-O^-で表す方法があります。あなたが書こうとしたのは最後のもののようですが、そのように書くのであればS上に正電荷、右のO上に負電荷が必要です。そういった書き方は、Sの価電子が形式的に8個になることを意識したものであり、そのような電荷(形式電荷)を書かなければ8電子にならないからです。
まあ、最近では、O=S=Oの方が妥当であるという見方が主流のようですけど。

いずれにせよ、あなたの学校の教員と、その問題の答を作った人の考え方が違うということです。しかし、どのように書こうとも、SO2が曲がった構造であることは実験事実ですので、それを踏まえて極性を議論しているということです。
まあ、高校レベルで、曲がった構造を説明するためにはO=S=Oではない方がわかりやすいでしょうけど、O=S-Oのように書いたのでは間違いです。S上の正電荷とO上の負電荷が必要です。

SO2に関して、その電子配置や構造の表記方法は1通りではありません。
たとえば、O=S=Oで表す方法と、配位結合(前の回答に書いてあるもの)で表す方法と、それと同じことですが、形式電荷を使う方法、つまり、O=S^+-O^-で表す方法があります。あなたが書こうとしたのは最後のもののようですが、そのように書くのであればS上に正電荷、右のO上に負電荷が必要です。そういった書き方は、Sの価電子が形式的に8個になることを意識したものであり、そのような電荷(形式電荷)を書かなければ8電子にならないからです...続きを読む

Q水に難溶な銀の化合物から銀を錯イオンとして水溶液中に溶かし出す過程を反応式で示せ。 ここで銀の化合物

水に難溶な銀の化合物から銀を錯イオンとして水溶液中に溶かし出す過程を反応式で示せ。

ここで銀の化合物は
AgClとAg2OとAg2SとAg2CO3とAg2CrO4
などが考えられますが
全部 錯イオンの反応にできるんですか?

Aベストアンサー

>全部
できますよ、溶けにくかったら濃硝酸を使って溶かしてから、適切な配位子を加えれば良いのです。クロム酸銀の場合は還元しても構いません。

Q化学基礎です 塩酸は還元剤として、硝酸は還元剤として反応しますが、 酸性にするのに硫酸の代わりに酸化

化学基礎です

塩酸は還元剤として、硝酸は還元剤として反応しますが、

酸性にするのに硫酸の代わりに酸化剤の硝酸が
使用出来ないのは何故ですか?

硫酸は酸化剤でも還元剤でもないのですか?

Aベストアンサー

>塩酸は還元剤として、硝酸は還元剤として反応しますが、
そうとは限りません。相手による話です。なにの話か特定しなければ議論になりませんし、それが議論にならないということが理解できていないのであればもっと基本を勉強しなおした方が良いです。


人気Q&Aランキング