出産前後の痔にはご注意!

輸入盤と国内盤で以前から気になっていた事なのですが、国内盤は大体厚みがあり記録面(虹色模様)がハッキリしている、輸入盤は薄く記録面がボンヤリしていたりムラが多い、と感じているのですが、品質は同等なのでしょうか?
昨日、初めてクラシックの輸入盤で再生できない事態があり質問してみました。
薄く記録面ボンヤリで新品ですが取れない黒い点があります。
日本のCDは高いですが、ケースからブックレット、包装まで質が高いと感じています。
プレーヤーはエソテリックのX-10wという古いモノですが、専門店で整備されたモノで、続けてかけたCDはいつも通り再生されました。
環境はヘッドフォンアンプからヘッドフォンのシンプルな構成です。
よろしくお願いします。

質問者からの補足コメント

  • 回答ありがとうございます。
    問題のディスクは再生はできるのですが、5以降に飛ぼうとすると永遠読み込みになってしまいます。こういうケースもあるのでしょうか?
    オーバークオリティの話面白かったです。

    No.2の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2019/01/02 00:32

A 回答 (2件)

CDの製造規格としては国内盤、輸入盤ともに共通です。


そこから外れると「compact disc」の表示が出来ません。
レーベル面にその表示があればCD-DA規格準拠の再生機に対応しています。
ですから品質面での問題はありません。
あるとすれば品質精度の差、品質管理への意識の差です。
素材であるポリカーボネートの透明度への拘りや
製法上やむを得ず発生する縞模様を根絶する技術ノウハウの蓄積は
国内メーカー、国内ブランドの方が優れていると言えるでしょう。
ただしそれらは規格以上の品質を求めた結果であり
CD規格で見た場合はオーバークオリティ、高値安定製品の創出にしかなりません。
実使用時に問題ないと考えるか、重箱の隅は突っつかずにおれないのか
民族性からくる思想の違いなので何ともなりません。

私も輸入盤は400枚ほど所有しています。
縞模様あり、ビット模様が明瞭でないものが圧倒的多数です。
現状では古いDCプレーヤー三台でそれらを問題なく再生できています。
再生できなかった事例はVRDS-25XSでは数回ありましたが
VRDSメカのゴムベルト劣化、ヘリコイドがグリス固着のためにディスククランプ異常が原因でした。
メンテナンス後は快調に再生できています。
ただしレーザーダイオードの出力低下が起きているのでそのうちに問題が再発するでしょう。

あなたの場合は以下の原因が考えられます。
1・該当ディスクのアルミ蒸着面の劣化
2・X-10wのレーザーダイオード出力低下
3・X-10wのディスククラアンプ機構の経年劣化

なお1と2の合併症も十分に考えられます。
輸入盤の中にはビット形成の甘い物があるようです。
レーザーダイオードの出力が弱くなったプレーヤーにそれを挿入すると「ディスク無」として読まなくなります。
この回答への補足あり
    • good
    • 0

CDの厚みは、規格で1.2mmと決まっているので、


国内/国外に関わらず一定です。

輸入品では、製造国によっては品質が劣る場合はありますね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QインターネットラジオとFMチューナーの音質比較

インターネットラジオでもNHKFMを視聴できますが、FMチューナーでの視聴に比較してどちらが音質的には優位でしょうか。視聴環境ですが、居住地は都内でFMチューナーはYAMAHAのT-S501で、5素子のアンテナを立てており感度は良好です。ネットラジオの際にはDACはCHORDのDAVE経由です。現在PCは無線LANですが、有線LANにすると音質は向上するでしょうか。

Aベストアンサー

私の環境では,ネットラジオでは小さなノイズがずーと入っています。アプリを二つ試してもなくなりません。
また,スマホに同じアプリを入れて試しても,ノイズは同じように入っています。
これは音楽に限らず,聞き逃しのトーク番組でも同じく入っています。近くに電波を出す機器はありません。
ということで,もうスマホで聞くのはやめて,小型のラジオで聞いています。
これはなんなのだろう。

Qアンプとスピーカーのつなぎ方

デジタルアンプの右に8Ω、左に100Ωのスピーカーをつないで鳴らしても壊れたりしませんか?

Aベストアンサー

壊れません。
しかしインピーダンスの違いから得られる音量差に雲泥の差が付くので
8Ωスピーカーから通常音量が出ていても
100Ωスピーカーからは蚊の鳴くような音しかでません。
これではステレオ再生が成立しませんので音楽としてもさみしい音になります。
使用意図が理解不能です。
そのスピーカーのインピーダンスは本当に100Ωですか?
業務用スピーカーにはハイインピーダンス仕様がありますが
音楽聴取用ではないので音質が悪く、音量が得られにくいです。

Qレコードの外周が汚れやすいのはなぜですか。

アナログ・レコードを聴かれる方は、レコードの外周が特に汚れやすいと感じていると思います。その物理的理由は何でしょうか。ジャケットにしまうときに外周から入るのが原因のようにも思いますが、どうもそれだけではないような気がします。

Aベストアンサー

レコード盤の材質に含有する物質が露出しきているのかもと思いました。
盤質改善剤、静電気抑止剤を含有する盤が存在したからです。
しかし特定の部位だけの発生するとなるとそれは考えにくいです。

となると カビ ではないですか?
増殖するのはそれくらいです。
食品に見られるカビとは外観が違います。
レコード盤面上に点々と現れる固形物状のものです。
それならば外側部位に出易い事の説明も出来ます。(呼吸できるので)
クリーニングした後に収納しているとのことですが
その方法に間違いが無いのか?
完全乾燥する前に収納してはいないか?
各種盤面保護剤も使用法を誤ればカビの温床になります。
また高湿度の部屋に保管してあればカビの発生頻度は高くなります。
あなたは認めたくないかもしれませんが
どこかで見逃しがあるようにしか思えません。
などと御託を並べてきましたが
こちらは湿式クリーナー、保護剤の類は使っていないことと
当方保管の盤はあなたの言うような汚れは発生していないことから
これ以上は参考となる回答は出せません。

Q左右違う音 カセットだったかMDだったか・・・?

かなり昔の話なのですが(20年前ぐらい?)
友人がウォークマンで左右違う音が流れるカセットorMDを持っていました
どのようにダビングしたのか聞いても絶対教えってくれませんでした
違う音といっても、左はオリジナルのユーロビート、右はその曲の日本のremix
みたいな感じでカッコ良いなと思っていました
最近、あれ・・・・・どうやってたんだろ?とふと思い出しました

入力本体1←R出力のプレイヤ(赤)
     ←L出力のプレイヤ(白)

↑こんな感じなのかな?と想像してみましたが、可能なのでしょうか?
しかも同時に録音ボタンを押す!だとしても本体が3台必要になりますし
(そんなに裕福な家ではなかったような・・・?マニアだったらあり?)
(ダブルカセットラジカセ+MD録音?だとしたらLRの切り替えは?)
若干の再生時間のずれも出てしまうと思うのでがそれもなく(綺麗に曲がそろっていたような)

今はアプリで簡単にできそうですが
その当時はすごく驚きました

このような方法の仕組みわかる方いましたら教えてください

Aベストアンサー

そもそも、オーディオでは「ステレオ」の「右チャンネル」と「左チャンネル」はまったく別個の信号として取り扱います。それは今も昔も変わりません。

アナログ時代の昔の「オープンリールデッキ」「カセットデッキ」などでは、録音ボタンは「左右」独立に付いていました。録音レベルも左右独立に調節できました。
(ラジカセでは「左右連動の1個」が多かったですが)
「カセットデッキ」の「入力端子」も当然「左右」独立ですから(今でも「赤白」のRCA端子は必ず左右2個ありますよね?)、左右のチャンネルに別々な音源から録音することは簡単にできました。

アナログなので、当然「左右のタイミング」は人間が合わせたのでしょうね。そこは、実はそのご友人も結構苦労したのではないでしょうか(ほとんど徹夜でやっと1曲録音したとか)。だから、やり方をとても他人には言えなかった・・・。

Q新品のSPレコードは音質が良いのですか?電蓄でかけるとスクラッチノイズが出ないんですか?回答をお願い

新品のSPレコードは音質が良いのですか?電蓄でかけるとスクラッチノイズが出ないんですか?回答をお願いします、

Aベストアンサー

あなたの言う「新品のSPレコード」とは
CDにて復刻されたSP音源のことなのでしょうか?
そうであればデジタルデータ化した後にスクラッチノイズ、SP盤由来のノイズの除去を行っています。

「電蓄」というのも回答者に誤解を呼びます。
大昔のSP盤専用レコードプレーヤーを「電蓄」と呼んでいましたが
最近は「電蓄」と商品名の付いたステレオ再生機を指すようです。
これはレコード、CD、カセット、ラジオ、USB端子がワンボディに付いた複合機です。
この複合機にCD化されたSP音源を再生するとスクラッチノイズは出ない、目立たないようなります。

・・・・・簡潔な質問文ですがこれが災いして質問者の意図を汲みきれません。
ワードの意味、認識も世代によって変わってきますので止む無しですが
もう少し説明してくれても良かったのではないか、と思いました。
先の私の回答などはあなたにとってはノーサンキューですからね。

Qアンプとスピーカーの接続

定格6オームのアンプに4オームのスピーカーを繋いだらどうなるのか?

Aベストアンサー

この手の質問が出る度に以下のような見解が出されます。
~スピーカーそのものは、音響周波数域でインピーダンスが大きく変化します。~
アンプに掛かる負荷として考えると誤った見解です。
一旦は記憶から削除してください。
このような見解を述べる方は思考のリセットをお願いします。
それによる弊害も机上の空論を述べているだけです。
それにかかわる前提条件も片手落ちの意見で与太話にしかなりません。
以下グダグダに説明しますが読みたくなければ最後の4行を読んでください。


※スピーカー側の事情
スピーカーに添付される仕様にはグラフが掲載されています。
周波数特性とインピーダンス特性が表されています。
そのインピーダンス特性の抵抗値は乱高下を繰り返し大きなうねりもあります。
「公称インピーダンス」は低音域で最も抵抗値が低くなる個所で表示します。
スピーカーシステム全体で見てもその地点が最も低抵抗となるのが通例だからです。

※アンプ側の事情
アンプは低音域信号の増幅の際は最大の電力を費やします。
また繋がれた負荷(スピーカー)が低抵抗であると余分に電流が流れてしまうので最大の仕事量をこなさなければならず、内蔵部品の発熱が増えます。
その度が過ぎればプロテクション回路が作動して音が出なくなります。
まれにプロテクション回路の作動が間に合わずトランジスターを焼くトラブルも出ます。

以上の事からスピーカーの公称インピーダンスはアンプの負荷が大きくなることを見越して表示されているので「音響周波数でインピーダンスが大きく変化」していても
低インピーダンスによるアンプの過負荷からは逃れられません。
ただしユーザーがどのような使い方をするか分からないのでアンプの回路には余裕を持たせて設計がされています。
ですから取説記載のインピーダンス値よりも低いインピーダンスのスピーカーを繋いでも問題が無くならせることは間々あります。
それとて内部の負荷が大きくなりすぎない事が前提です。
アナログ信号の増幅は数値を外れたからといっていきなり問題が起きることはないのです。
デジタルアンプも最終的にはアナログ信号へ置きかえているので同類です。


アンプの負荷インピーダンスの推奨値が6Ωであれば
ボリュームを上げすぎなければ4Ωのスピーカーを鳴らしても問題は起きません。
ただし常にボリュームを上げて聞いているのであれば保証はできません。
ボリュームが10時の位置より上か下かが分岐点と個人的に考えています。

この手の質問が出る度に以下のような見解が出されます。
~スピーカーそのものは、音響周波数域でインピーダンスが大きく変化します。~
アンプに掛かる負荷として考えると誤った見解です。
一旦は記憶から削除してください。
このような見解を述べる方は思考のリセットをお願いします。
それによる弊害も机上の空論を述べているだけです。
それにかかわる前提条件も片手落ちの意見で与太話にしかなりません。
以下グダグダに説明しますが読みたくなければ最後の4行を読んでください。


※スピーカー側の事情
ス...続きを読む

Qパソコンを持たない音楽愛好家、CDやFMを録音するのにカセットですかMDですか? MDはカセットに比

パソコンを持たない音楽愛好家、CDやFMを録音するのにカセットですかMDですか?
MDはカセットに比べ取り扱いが良く今も使用しています、今さらカセットにもどれません。MDデッキを製造してるのは1社らしく、今後が不安です。

Aベストアンサー

必要な時は、
リニアPCMレコーダー使って落としてます、序でにCDのコピーガードも昔のキャンセラー(今では違法品です)で外してます。

山の様に有るMDも再生出来る間にリニアPCMレコーダーへ移してSDカードへ複数のバックアップ取りながらです、
タスカムのMDプレーヤーも何時まで製産されるか判りませんから。

Q自宅に40年前のパイオニアの大きなステレオがありますが、今中古で売っても全然買取額はつきませんよね?

自宅に40年前のパイオニアの大きなステレオがありますが、今中古で売っても全然買取額はつきませんよね?
そもそもこんなに大きなものは必要ない?

Aベストアンサー

40年前のパイオニアかぁ
スピーカーはエッジにウレタンが使われている可能性が高く、その場合はエッジが朽ち果てているので張替えが必要になります=ジャンク品
レコードプレイヤーは動けば使える可能性が高いものの1つですが、回転数がまともなら利用できるかな。リニアトラッキングなら絶望的だけど。でも動いても高値は期待できそうにない。1000円とか。
他のは、まず使えないかなぁ、コンデンサーがダメになりますからね。ジャンク品

意外と、ラックとかは使えるので、値段が付きますw

近くにハードオフっていう(古本で有名なブックオフの系統?の店)のがあれば、最低でも1円で買い取ってくれるはず。取りに来てくれるとかあったとおもうので店に聞いてみるのがよいです。
ジモティー?とかメルカルとかヤフオクとか、適当にさばくのも良いでしょうが、手間だと思います。10代の若い人に、タダであげるからバラして遊びな、みたいに使えれば一番なのですが。

捨てるなら有料になると思うので、なるべくお金をかけずに処分したいところですよねw

QCDをリッピングしてオリジナルのCDを売るのは良くないことでしょうか?

販売終了したCDを中古で買ってコピーしてからオリジナルを売っても売り切っているので利益は減らないと思いますが良くないでしょうか?
リップ前提で新品を買って売りに出すのは違法ではないが良くないことだと思いますが。

Aベストアンサー

確かに、コピー元を売るのは取り締まりの対象外ですね。

なんですけど、それをやられると次にそのCDを買った人が手放さなかったとしても、売り上げは半分になります。なぜかって、2枚売れたはずのCDが1枚しか売れてないことになるじゃないですか。もし次の人がまた同じことをすると1/3です。レンタルCDだったら代金の一部がレコード会社に還元されるけど、中古CDにはそういう還元の仕組みがありません。

なのでいろんな人がそういうことをして、それが積もり積もってレコード会社の収入が減ると、コピー規制を厳しくしろ!なんていうおかしな方向に話が向かい始めたり、曲を書く人が減ってくることになります。そうなったら今度はリスナーの方の損失になる。

なので法には触れないけど、中長期的には自分の不利益になって跳ね返ってくるってことも一応考えた方がいいですよって答えになりますかね。

Qハムノイズ ハム音について。 オーディオ初心者です。 40年近く前のアンプを入手したので、さっそく使

ハムノイズ ハム音について。
オーディオ初心者です。

40年近く前のアンプを入手したので、さっそく使ってみたのですが、電源を入れると、ボリューム位置に関係なく、ブーンと音が出ます。
そこそこ大きくて、感じで言うとボリュームを9時~10時の位置に合わせて音を鳴らしている感覚です。

ボリュームに関係なく鳴るので、パワー段ではなくプリ段と見てよいでしょうか?
内部で、プリとパワーの間を切る事が出来るので切ってパワーだけにしたらハムノイズは鳴りませんでした。

プリ段のどういった部品の劣化が考えられますか?
電解コンデンサ-の不良や、トランジスタの不良等でしょうか。
ざっと見渡しましたところ、ほとんどの電解コンデンサ-の頭の部分(周りのシュリンクとアルミ筒のスキマに)に白い粉のようなものがついていました。
一先ずブーン音を出なくするためにこれからメンテナンスをしようと思います。

Aベストアンサー

すでに回答があるように、いちばん考えられるのは電解コンデンサの容量抜けです。電解コンデンサは年月とともに容量が減り、とりわけ使っていない(電源を入れていない)と容量抜けが進行します。

中でもハムノイズの原因になりやすいのが電源につけた平滑コンデンサです。ACをDCに整流するときにリップル(脈流)が発生し、これがハムノイズの原因になるわけですが、それを慣らし平滑にするのが電源の平滑コンデンサです。

全部の電解コンデンサを交換するのではなく、まずは電源についている平滑コンデンサ(いくつかあるかも)を良質なものにしてみてください。電源の平滑コンデンサはたいてい大容量(×××μFの×××が大きなもの。○○WVの電圧○○も大きなものが多い)で、それでも分からなければ寸法的に大きな電解コンデンサとおもっても、まあ、よいと思いますが。

良質な平滑コンデンサにするときに、古い電解コンデンサを取り外すのではなく、そのままにして並列に取り付けても宜しい。それで直れば、そのまま使ってもOKです。

これで直らなければ再度質問してください。


人気Q&Aランキング