テリー伊藤氏の或る本を読んでいたら、次の一節が出てきました。
  「テレビ業界にも、ディレクターとしてはダメだったけれどもプロデューサーとしては優秀だという人たちが少なからずいる」
 これってどういう意味なんでしょうか?
 プロデューサーは「企画する人」、ディレクターは「指示を出す人」だというのはわかるんですが、プロデューサーは自分の頭の中に企画のイメージやアイデアがあるということで、ディレクターの代わりにディレクションをすることはないんでしょうか?
 また、「プロデューサーとしてはダメだったけれどもディレクターとしては優秀」というのならなんとなくわかるんですが(自分で企画を立てられるほど発想が豊かでない、アイデアマンではないけど、他人に指示を出すのはうまい)、その逆ってどうも今ひとつイメージできません。
 テレビ業界に限らず、映画・アニメ・音楽などの業界での話として、どなたか説明してくださる方、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

アンサープラス

主な仕事がデスクワークか現場か、というような違いもあるようですね。



・テレビプロデューサーとテレビディレクターの違い | テレビプロデューサーの仕事、なるには、給料、資格 | 職業情報サイトCareer Garden
http://careergarden.jp/tv-producer/producer-dire …

A 回答 (5件)

こんばんは。



まず、

>「プロデューサーとしてはダメだったけれどもディレクターとしては優秀」というのならなんとなくわかるんですが(自分で企画を立てられるほど発想が豊かでない、アイデアマンではないけど、他人に指示を出すのはうまい)

という認識が、理解を妨げている気がします^^;

ディレクターとは、No.3の回答者さんが仰る通り、演出を行なう者の事です。
演出とは頭の中の考えを表現する事ですから、それこそ『発想が豊か』かつ『他人に指示を出すのがうまい』事が求められます。

一方、「プロデューサー」が行なう事は、制作全般の運営・管理です。
企画立案、資金調達(企画売り込み営業等)、スタッフや出演者のキャスティング、スケジュール管理、予算管理、作品のクオリティー管理などなど。
従って、プロデューサーはこれら制作管理の立場から、場合によってはディレクションに口を出すこともあり、ポジションとしては紛れも無くディレクターの上司に当たります。

即ち、ディレクターは演出力のみ発揮すれば良いですが、
プロデューサーは制作の全責任を負う職務な訳です。
従って、これまで投稿された回答がプロデューサーを軽んじてるように思えるのが少し気になるところです。
とりわけ、企画を通す、とか予算を引っ張って来る、なんて事はどんな業務より困難なのは明らかですよね。

しかしながら、以上は理想であり建前です。
現状は演出力のないディレクターや何もやらないプロデューサーを大勢見てきました。
ですから、『プロデューサーは「企画する人」』というのは、本来は間違いではありませんが、自分で企画を起さない人も多数いますから、むしろプロデューサーに絶対必要な資質というわけではないのでしょう。
現にテリー氏の会社には構成作家を何人も抱えていて、プロデューサーが企画を立てたい時は彼等を自由に使える仕組みになっています。

「営業」も然りで、テレビ局等との関係によっては勝手に仕事が舞い込む場合もあったりして、自らの営業力を発揮しないプロデューサーも少なくありません。

では、テリー氏の言う優秀なプロデューサーとは何を指すのかと言うと、
『企画を“然るべき”作家に立てさせる』
『その企画を“然るべき”スポンサーやテレビ局に通して資金を調達する』
『企画を遂行できる“然るべき”スタッフや出演者をブッキングする』といった、
当該企画に必要な“然るべき”人物達を見極められるだけの十分な【人脈】と、
それらと折衝を行ない使いこなす【コミュニケーション能力】ではないでしょうか。

私が業界に入った当初、私の師匠から「ディレクターになれなくてもプロデューサーにはなれる」と教わりました。
その意図するところは、ADや制作進行、助監督など(現場によって呼び名や職務は様々ですが)下積み業務をこなしているうちに自ずと制作管理全般の知識は身に付き、加えて、多くの人々に出会い人脈も構築できる。だから仮に演出能力がない場合に備えて人望を磨いとけ、というものでした。
ちなみに、テリー氏と私の師匠は元同僚なので同じ教育を受けて同じ考えを持っていても不思議ではありませんし。

加えて、
他の方々も指摘してらっしゃる通り、ディレクター達は往々にしてコスト意識が薄く、
それに対してプロデューサーは「金がかかり過ぎ!」などと怒ったりぼやいたりするのが常ですが、ディレクターのアイデアが実現できるように立ち回りつつも、同等の効果が得られしかも安く上がるような提案を積極的に行なうようなアグレッシブな予算管理を行なう事なども良いプロデューサーの資質だと思います。
また、それをしないと商業映画のプロデューサーなら即失格でしょう。

それから、

>ディレクターとしてはダメだったけれどもプロデューサーとしては優秀

ご承知かも知れませんが、
プロデューサーになるには必ずディレクターを経るというわけではなく、ディレクターを目指して業界入りしても修行半ばでプロデューサーに目標を変える人や、最初からプロデューサーを目指して業界入りする人も大勢います。
要するに、ディレクターはプロデューサーへの通過点ではなく、
プロデューサーはディレクターの成り損ないでもないという事をご理解下さい。
    • good
    • 87
この回答へのお礼

詳しくご丁寧に説明していただき、本当にありがとうございます。
おっしゃるとおり、私のこれまでの認識
・芸術的才能はディレクターよりプロデューサーの方が求められる
・プロデューサーはディレクター経験者がなる
が間違っていたので、理解が妨げられていたんですね。
これからテレビなどで「プロデューサー」「ディレクター」という言葉を目にしたとき、まず今回頂いたご回答を折に触れて再読してみます。そうすることで、徐々に理解が進んでいくと思います。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2004/12/23 19:34

プロデューサーは予算を引っ張ってきて


きちんとお金管理と政治力を発揮してくれれば
いいだけですからね。

ただ、ディレクターとなると感性の問題ですから
ここのジャッジが悪いといいものもださくなる。

ディレクターがプロデューサーへとなると、
これまた予算が底なしになるケースが多いかも
知れませんね。

プロデューサーがディレクターつまり監督、
これは自主映画の世界がそうですね。
インディーズ作品もその手の多いですよ。

でもこの業界は下から下積みしていって
のし上がってナンボの業界ですからね。

足の引っ張り合いですし、妬みや罠、上下関係
や筋道、義理を時代遅れのように大切にして
成り立っていますから。

結局、予算ありきという部分がいい作品を
なかなか生まないのですよ。
    • good
    • 18
この回答へのお礼

お金(予算)とかスタッフの感性の善し悪しで作品の出来が変わってくる、というのはたしかにそうでしょうね。
あと、ディレクターの感覚で予算管理をするとまずいことになるというのも。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2004/12/23 19:52

下の方のお答えに補足して。



ディレクターとは支持を出す人というよりは「演出家」です。
金銭感覚がなく芸術性のためにお金を予算より多く使ってしまうことなど日常茶飯事で、こういう人はディレクターとしては優秀だけど、プロジェクトの管理の面から見れば優秀ではありません。

ディレクターとして才能がないのは、おおよそ予算の枠に縛られてしまい演出の部分がきちんとできないことです。
それは作品自体の質にかかわってきてしまいます。

しかしそういう人も、プロデューサーとして全体のプロジェクト管理ならできるし、演出にお金をかけるなら撮影以外のところは削ろうなどというように全体のバランスで管理していくとはできるので、プロデューサーとしてなりたつことはよくあることです。

しかしプロデューサーとして優秀だからといっても、芸術的な才能がなければ演出はできません。
映像の業界にプロデューサーから演出家になる人は殆ど居らず、演出を経てプロデューサーになる人がいるのはそのような理由だからです。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

簡潔かつ核心を突いたご説明のおかげで、これまで理解できなかった「ディレクター」と「プロデューサー」の違いが的確に理解できそうです。
これからも折に触れ、再読させていただきます。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2004/12/23 19:59

プロデューサーって会社で言えば、営業みたいなもんです。



ディレクターはその場その場で瞬時に的確な判断力を求められます。

突発的なアクシデントがあって的確な判断力がなくても営業力は優れているって事でしょうか?
じっくり考えないといけない人はディレクションには向いて無いと思います。

参考URL:http://st.u2b.co.jp/forum04/catalog/B10_18.html
    • good
    • 4
この回答へのお礼

たしかに、テレビ番組の制作などでは即断力が大切になってきますよね。
挙げていただいたWebページ、参考になりました。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2004/12/23 19:40

プロデューサーは予算、人員など全てを含めたプロジェクト全体の管理責任者と捉えると


ディレクターは制作現場における進行管理責任者、監督と捉える事ができますでしょうか

ディレクターとしてはダメでプロデューサーとしては優秀と言うのは
現場での総監督とは、その場その場で起きる事に対して大枠で決められている物の中で
細かな指示をだし、配置していく、もちろんそこには人と人との関わり合い(中には確執が会ったりも。)も含まれます。それらを的確に行えるが
プロデューサーとしてはそれらとは別次元でそのプロジェクト、作品の大枠を決めるわけですが
自分のアイディアを形にするのが上手くない。大枠を決め、予算などを配分するなどの能力に欠ける
といった事ではないでしょうか?
つまり、現場では臨機応変に対応でき指示をだせるが、物事、プロジェクトを1つ大枠を決めたり計算するのは
イマイチ上手くないという感じではないかと
    • good
    • 6
この回答へのお礼

「プロジェクト全体の責任者」と「制作現場の責任者」は違う、ということなんですね。
そういう風に考えれば、なんとなくわかってきます。
参考になりました。どうもありがとうございました。

お礼日時:2004/12/23 20:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【テレビ局のディレクターってどういう仕事をする人ですか?】海外に1人で行って取材してくる仕事をしてい

【テレビ局のディレクターってどういう仕事をする人ですか?】海外に1人で行って取材してくる仕事をしているのもディレクターだし、タレントと一緒に取材に行くのもディレクターですよね。

ディレクターって何をしている人でしょう。

Aベストアンサー

テレビ局のディレクターの仕事です。
http://tvman.jp/occupation/director.html

低予算の海外ロケではカメラマン、音声、編集までします。

Qマスコミ業界って、何があるの?

最近私の学校では「マスコミ業界」への勧めが非常に多く、何かとマスコミ業界の説明会があります。
そこで思ったのですが、マスコミ業界って、具体的にどう言う職種があり、どう言う仕事があるのですか?
実際出席して見るのが一番手っ取り早いのですが、まだ出席資格がないもので・・・よろしくお願いします。

Aベストアンサー

マス‐コミュニケーション【mass communication】 新聞・雑誌・ラジオ・テレビ・映画などのマスメディアによって、不特定多数の人々に対して大量の情報が伝達されること。また、その媒体であるマスメディア。大衆伝達。マスコミ。(大辞泉)

新聞・雑誌では、もちろん記者やカメラマン、そのほか営業、技術。
ラジオ・テレビ・映画では、その番組・放送にかかわるキャストやパーソナリティここでは芸能人、スタッフ。
雑誌に限らずとにかく本にかかわる事業すなわち出版。その本を執筆する人。
インターネットもそう。
詳しくは↓のような本か、にたような本をどこかで探すか、ネットでもある程度調べられるでしょ。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31769723

Qテレビディレクター

私は将来テレビディレクターになりたいと思っています。なのでテレビディレクターについて気になる事をこの場をおかりして質問させて下さい。

1フリーディレクターとはなんですか?また、どうしたらなれるんでしょうか?
2よく番組が終わると打ち上げがありますが、その打ち上げにはディレクターというものは参加出来るのでしょうか?それとも忙しくて参加出来ないのでしょうか?

3テレビディレクターにもいろいろな種類のテレビディレクターがいると聞きました。私が知ってるのはチーフディレクターとフロワーディレクターです。あと他にどのような種類のテレビディレクターがいるのでしょうか?

長くなってすいませんm(__)m是非、お答え願います。

Aベストアンサー

元テレビディレクターです。

1.放送局や制作会社に所属せず、主として番組ごとの契約で制作の仕事を請け負う人のことです。通常はいきなりなれるものではありません。ある程度、放送局や制作会社でキャリアを積んで、実績が認められないと、とてもフリーで食っていけるディレクターにはなれません。

2.本来は、打ち上げの仕切りも含めてディレクターの仕事です。中には、ADに丸投げしたり、この仕切りだけがやたらうまい人がいたりしますが・・・
 ところで質問者さん、ひょっとして「打ち上げが楽しそうだからディレクターになりたい」なんて考えていませんか?これは放送業界に対する大変な誤解です。以前にも回答したことがあるのですが、「芸能人と親しくなりたいから」「打ち上げに参加したいから」なんて理由は志望動機になりません。むしろ、仕事を進める上で有害です。
 もし、そういう目的でこの業界を目指しているのでしたら、止めて下いただきたい。クリエイティブな仕事をしようとしている仲間たちの足手まといになるだけです。

3.ディレクターはディレクターです。
「チーフディレクター」は、社にもよりますが、キャリアを十分積んだ人で、予算の管理など一部管理職としての権限を持っている人を指すことが多いです。
「フロアディレクター」というのは、副調整室で指示を出すメインのディレクターと出演者やカメラマンの間に入って、スタジオのフロアで、副調のメッセンジャー、時には手足となって働く人のことです。
あとは、「テクニカルディレクター」なんてのもありますね。これは技術さんの中で、その番組の責任者(スイッチャーの場合が多い)となる人です。
また、美術の責任者を「アートディレクター」と呼ぶ場合もあるようです。最近は番組にCGを使う場合が多いので、そういう呼称ができてきたのかもしれません。
AD(アシスタントディレクター)については、#1さんが仰っているように、いろんな情報が出回っていますので検索してみてください。

元テレビディレクターです。

1.放送局や制作会社に所属せず、主として番組ごとの契約で制作の仕事を請け負う人のことです。通常はいきなりなれるものではありません。ある程度、放送局や制作会社でキャリアを積んで、実績が認められないと、とてもフリーで食っていけるディレクターにはなれません。

2.本来は、打ち上げの仕切りも含めてディレクターの仕事です。中には、ADに丸投げしたり、この仕切りだけがやたらうまい人がいたりしますが・・・
 ところで質問者さん、ひょっとして「打ち上げが楽...続きを読む

Qテレビ番組を作る ディレクター

テレビのディレクターという仕事に興味を持っています。

どうすれば、ディレクターになれるのでしょうか?
また、女性のディレクターっているのでしょうか?

Aベストアンサー

放送局の元職員です。

放送局に入社するのも良いですが、必ずしも希望の職種に就けるとは限りません。
利潤を追求しなくてはなりませんから、営業、事業、編成、総務や経理など、番組制作ではない仕事に就く人が多くいるから、会社として成り立っています。

また、最初はADを経験し、ディレクターを経験後、若くしてプロデューサーという形で、本人の実力の有無を問わずに年齢と共にステップアップさせられます。

もしディレクター業務を長期間やりたいのであれば、番組制作会社に入社するほうが良いと思います。
番組では、プロデューサーは放送局社員が、ディレクターは放送局社員か番組制作会社のスタッフが務める形式がほとんどで、プロデューサーは予算管理や社内調整など事務方が多く、ディレクターは作家やタレントとの打ち合わせなど、番組の中身に深く関わる事が出来ます。

自分は中途入社で番組制作とは違う仕事をしていたのですが、異動でいきなりプロデューサー業務をせねばならず、逆に年上のディレクターや放送作家さんに色々と助けてもらい、何とか仕事をこなせたので、今でも感謝しています。

こんな感じで大丈夫ですかね?

放送局の元職員です。

放送局に入社するのも良いですが、必ずしも希望の職種に就けるとは限りません。
利潤を追求しなくてはなりませんから、営業、事業、編成、総務や経理など、番組制作ではない仕事に就く人が多くいるから、会社として成り立っています。

また、最初はADを経験し、ディレクターを経験後、若くしてプロデューサーという形で、本人の実力の有無を問わずに年齢と共にステップアップさせられます。

もしディレクター業務を長期間やりたいのであれば、番組制作会社に入社するほうが良いと思います...続きを読む

Qwebディレクターの再就職を目指してます。

webディレクターの再就職を目指してます。

諸事情により、ブランクがあります。

これからエントリーしようと思っている会社で
作品URLの入力が求められています。

過去自分がディレクションしたサイトは、完全リニューアルされていたり
会社が倒産などの理由でなくなってしまい提示出来ません。


しかし、エントリー項目の一つの内容は
「WEBサイト、ブログ、作品URLではなくても
自分がPRとなると思ったら自分のサイトじゃなくてもOK」との事なんですが

写真が趣味で一眼レフで10年ほど撮り続けています。
ネットアルバムに写真はアップしてるので
このURLを作品として提示しても大丈夫でしょうか?

それと「自分がPRとなると思ったら自分のサイトじゃなくてもOK」とは、
自分が勉強素材としているブログやサイトの事を指しているのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

元人事の者です。
ほとんどは、やはりサイトであったりブログを指しますね・・

ですが、職務経歴書でご自身のディレクター歴が書いてあるのであれば
その写真集でも可能かもしれません。
ないよりはよいかと思うので、そちらを添付されてはどうでしょうか?

ディレクターなので制作の力などはそこまで求めないと思うのですが。
頑張ってくださいね。

Qクリエイティブディレクターとは?

とある会社で広告やDM、販促物を制作する「クリエイティブ課」のデザイナーとして働いてます。
1年以上デザイナー2人しかいなかったのですが、3ヶ月前からディレクターが入社しました。

私はディレクターがいる会社で働いたことがないので、ディレクターとはどういうことをする職種なのかよく分かりません。

しかし、入社したばかりのディレクターの行動には少し疑問が…

まず、ディレクターを入れたのは、社内と社外で制作している販促物のクリエイティブがバラバラなので、もっと統一感が必要だということになり、全ての制作物を把握できるようなディレクターを入れなさい。という経緯がありました。
入社したディレクターは、今まで広告制作会社でディレクターというより営業的なことをしてきた人です。

まず、企画部とディレクターが他社へ依頼した制作物について、デザイナーに何の説明もなし。出来上がったものも見せません。
制作したものをディレクターが何度か校正を入れますが、最終的に企画部に見せた時に、結局ディレクターが校正を入れる前の方が良かったとなり、元に戻すはめになる。
入社して間もないのに、勝手な判断が多く間違いが多い。
等々…。

高学歴で今までやってきた事に自信があるのはよく分かりますが
新入社員なので人に教えてもらうという姿勢も大切だと思うのですが

色んな事がデザイナーの知らない所で色々動いていて困っています。

そもそもディレクターとはそういう職業なんでしょうか?
自分の判断だけで何でも進行してしまえる仕事なんでしょうか?

文章が足りなくて状況が分かりにくいと思いますが
一般的にクリエイティブディレクターとはどういう事をしているのかお分かりになる方、教えて下さい。

とある会社で広告やDM、販促物を制作する「クリエイティブ課」のデザイナーとして働いてます。
1年以上デザイナー2人しかいなかったのですが、3ヶ月前からディレクターが入社しました。

私はディレクターがいる会社で働いたことがないので、ディレクターとはどういうことをする職種なのかよく分かりません。

しかし、入社したばかりのディレクターの行動には少し疑問が…

まず、ディレクターを入れたのは、社内と社外で制作している販促物のクリエイティブがバラバラなので、もっと統一感が必要だとい...続きを読む

Aベストアンサー

ディレクターには二種類あって、ひとつは下積みから自分で積み上げてきて全てをこなすことが出来るが、より良いものを作ると同時に、時間短縮のために人を使う人。部下の能力を引き出し、やり直しが起きないように最善の注意を払います。先頭に立って下を引っ張ることの出来るタイプ。

もうひとつは、基礎が出来なくてディレクターにシフトした人。部下の頭を押さえる事で自分が目立つことが最重要項目で、実力がなく自分で方向性を打ち出せないため、部下に丸投げして出てきたものを叩きます。試行錯誤を部下の成果で行うため手戻りは当然のごとく起こり、無駄が非常に多くなり、時間切れで「部下ひとりでやったほうがもっといいものができた」ということがまま起こります。部下が非常に上司を気遣ってくれるタイプだと、うまく回りますが、これは事実上のディレクターが部下に居るということです。官僚主義の会社で生き残りやすいタイプ。

本来のディレクターとは映画で言うと現場監督、クラシックなら指揮者となります。実際の作業からは見えにくいですがクリエイターのトップです。

全体の出来に責任を負い、主なアイデアや枠組みを作り出し、方向性を定め、その方向に向かって部下が力を出せるように導くと同時に (多少専門が違っても) 教育をし、スケジュールの執行に関しても気を配ります。

通常は、プランの段階で数人のスタッフとブレインストーミングで試行錯誤し、方向性が定まった時点で作業に入ります。作業に入ったら独裁者でなければなりません。(逆に言うと自分の案が上にあがって折れるような実力では困る)

営業とはあくまで潤滑油のようなもので、浮き草のように流されます。ししかし、ディレクターは基本クリエイター(むしろ芸術家)ですから芯がなければならない。営業はディレクターというよりプロデューサーに近いでしょう。間違った人選だったと思います。

あなたが困っていることについて上に訴えましょう。今回追い出せなくても、少なくても「追い出さない」と判断した人が責任を持つことになりますので、再度失敗したときの対応が違ってきます。下のものの声も、集まれば威力があります。

趣旨としては、「出てくる案が劣っているため、権限を与えるのは問題がある。ポリシーや指針が早くに出てこないことと、コミュニケーションを遮断するため、無駄な作業が多く、却って現場が混乱する。」

ということでいいと思います。残るなら調整役として残す程度にするのが得策。

なお、コミュニケーションを遮断するのは、制作手法としてありえますが一般的にはマイナスです。ただし、一旦決まった方針の下に作るのであれば、ピラミッド構造の末端ではそんなに密なコミュニケーションは必要ないはずです。もちろん、企画段階ではサブリーダー間の非常に濃密なコミュニケーションが行われるはずです。(泊り込み合宿とか)

もっとも、素人が見よう見真似でやって、上記のようなメリハリのある運営が出来なくてぐちゃぐちゃになるケースのほうが多いと思いますけどね。

ディレクターには二種類あって、ひとつは下積みから自分で積み上げてきて全てをこなすことが出来るが、より良いものを作ると同時に、時間短縮のために人を使う人。部下の能力を引き出し、やり直しが起きないように最善の注意を払います。先頭に立って下を引っ張ることの出来るタイプ。

もうひとつは、基礎が出来なくてディレクターにシフトした人。部下の頭を押さえる事で自分が目立つことが最重要項目で、実力がなく自分で方向性を打ち出せないため、部下に丸投げして出てきたものを叩きます。試行錯誤を部下...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報