乾燥肌、冬の肌トラブルに本気の対策 >>

ロングランのテレビドラマ「科捜研の女」には、各種の物理的・化学的な検査や画像・音声の解析が出てきます。科学捜査研究所で行われているこれら検査・解析の手法について、以下のいずれが正しいのでしょうか? ご専門の方にお教えいただければ幸いです。
(1)ドラマでは、実際には存在しない架空の解析手法も出てくる。
(2)出てくる解析方法はすべて実際に存在するが、ドラマを面白くするために能力が誇張されているものもある。
(3)出てくる解析方法はすべて実際に存在し、その能力もドラマにある通り。

A 回答 (3件)

物理化学屋・技術屋としていつも興味を持って見ています。



しかし、現実は次のようなものと推測しています。
(1)ドラマでは、実際に開発はされているが、まだ実用化されていない解析
  手法も出てくる。
(2)出てくる解析方法は上の意味ですべて実際に存在するが、ドラマを面白く
  するために能力が誇張されているものが多い。
(3)出てくる解析方法が実際に存在するとしても、その能力を発揮できる
  サンプルがドラマの様にちょこちょこと見つかる事は極めて稀である。
(4)分析にはそれ相応の時間が掛かり、結果の解析も複雑で手間が掛かり
  「科捜研の女」や「名探偵コナン」の世界と現実は雲泥の違いがある。
 (データが膨大で、そんなデータベースどこに有るの!と突っ込みたくなる。
  一度だけ協力し、「そこまでやるの!」と驚いた事はあるが。それでも。)

検査・分析機器に関しては、島津製作所がサポートしており、本物の様です。
ちなみにアメリカのクリミナルドラマNCISには機器だけではなく、話の中に
島津の機器が入ってくる話もあります。例えば、女性分析官が島津機器のデモ
オペレータと懇意になり・・という狂言回しの様な話もありました。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

御回答ありがとうございます。だいたいの状況が分かりました。

お礼日時:2019/01/12 13:09

(1)ドラマでは、実際には存在しない架空の解析手法も出てくる。


(2)出てくる解析方法はすべて実際に存在するが、ドラマを面白くするために能力が
   誇張されているものもある
の2つが正解ですね。(1)(2)の何方もドラマの設定次第で有り得ます。
だから、ドラマの最後に出るクレジットに
「このドラマはフィクションです。名称や技術的な設定等は全て架空の物です。」
といった文言が出てくる訳です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございます。だいたいの状況が分かりました。

お礼日時:2019/01/12 13:09

実際には存在しない架空の解析手法も出てくるし、能力が誇張されているものもあります。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございます。だいたいの状況が分かりました。

お礼日時:2019/01/12 13:09

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報