偶然なんですが、最近レンタルで気分がへこむ作品によく当ります。要はラストが理不尽なんですよね。でも決してつまらなくはないのです。むしろその逆です。
 この際とことん気分をへこましてみようと思いまして、皆様お奨めの気分のへこむ映画を教えて下さい。
 ちなみに私のへこんだ映画はこのあたりですので目安にして頂きたいと思います。

「ドッグヴィル」「ミスティック・リバー」「アイデンティティ」「シティ・オブ・ゴッド」「プラトーン」「フルメタルジャケット」「隣人は静かに笑う」「真実の行方」「JSA」「殺人の追憶」「セブン」「39」「CURE」「回路」「太陽を盗んだ男」etc、、、。

どうぞよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (23件中1~10件)

ニューシネマあたりをみるとかなり高い確率で、お好みの映画に出会うような気がしますが、



「明日に向かって撃て!」
「俺たちに明日はない」
「ダーティメリー・クレイジーラリー」
「イージー・ライダー」
「真夜中のカーボーイ」
「続・激突カージャック」
「スケアクロウ」
「ワイルド・バンチ」
「戦争のはらわた」
「さらば愛しき女よ」
「蘇る金狼」
「人間の条件」
「ジョニーは戦場に行った」
「ソドムの市」
「僕の村は戦場だった」
「1984」
「華氏451」

TVドラマだけど「傷だらけの天使」のほぼ全話、
松田優作のTVドラマ「探偵物語」の最終回、
TV版「男はつらいよ」の最終回、
TVドラマ「俺たちの旅」のほぼ全話

取扱注意なのは、「ソドムの市」です、これはあんまりオススメしません。とてもヘビーですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

これはまた膨大ですね。うれしい限りです。
ニューシネマ、、、。「へこみ」を求めるならやっぱ外せないですかね。
この中で見たことあるのは、「明日に向かって撃て!」だいぶ昔に観ました。以外にへこみませんでした。「蘇る金狼」優作キレてます。ジュピターのくだりは好きです。

 改めて見ると、有名なのに全然観てない作品ばかりです。「俺達に~」「イージー~」「ジョニー~」「続・激突」あたりは、観てなきゃダメですよね。定番すぎて避けてました。「華氏~」なんか911のもっとずっと前に観とくべきですよね。

 「1984」は聞いた事あります。「ダーティ~」「さらば~」ははじめて聞きました。「僕の村は~」は惑星ソラリスの監督くらいしか知りません。
サム・ペキンパーは一つも観た事ないです。「人間の条件」って二部構成の邦画ですよね?うーん参考になります。

「傷だらけ~」風邪ひいて死んじゃうって、、、。へこみました。
「探偵物語」「傷だらけ~」と比べてえらく実験的な作品でしたがあのラストはアイディア出尽くしたって感じです。優作は亡くなった日が一番へこみました。
「男はつらいよ」ハブに噛まれるんですよね。渥美清の訃報と一緒くらいに再放送されたの覚えてます。
「俺達の旅」へこみますよね。「俺達の旅 三十年目の運命」を観てちがう意味でへこみました。

 沢山の作品をご紹介くださって本当にありがとうございました。ご忠告に従い是非「ソドムの市」を観たいと思います(笑)。やっぱソドミーな内容なんでしょうか?楽しみです。

お礼日時:2004/11/24 08:33

はじめに最期まで質問の文章を読まないで


「へこむ映画かぁ」と思いついたのが
「殺人の追憶」と「シティ・オブ・ゴッド」だったんですけど、(「ドッグヴィル」もすぐに思いつきました。いやはや)
あの手の「おちこむ」けど「悪い映画ではない」映画を、
どうくくっていいか今までわからなかったんですが、
そうか、「へこむ映画」かあ・・・

では、
■「アメリカン・ヒストリーX」(98年米)
なんてどうでしょうね?
やるせない暴力。へこむ。

あと
■「蝶の舌」(99年西)
途中まではすばらしい少年懐古映画。で、ラスト。私はすごく泣けたので、ある意味カタルシスがないわけじゃないとは思うのですが。でもへこむ。

■「トーク・トゥ・ハー」(02年西)
純愛・・・なんでしょうねえ? 
ラストでへこむ、というのではないのですが。なんかよくわかんないところでへこむ。

最期に古い映画を一つ
■「シベールの日曜日」(62年仏)
美しい、すばらしい映画です。でも痛かった。
二度と見たくないほどへこみました。

この回答への補足

 ウズマキ-コ様すみません。この場をお借りしてご回答下さった方にもう一度お礼を言わせてください。

 回答がこんなに伸びたのは初めてで大変うれしくまたびっくりしております。「へこみ」がうまく定義できていないのに、さすが映画好きの皆さん、全てストライクゾーンでした。私の文才の無さからお礼がぞんざいになってしまった方もいらっしゃいましたのでこの場を借りてお詫びします。

 あと、私自信ネタバレにトラウマを抱えてるにもかかわらずこのカテの安心感から#1様のお礼でいきなりネタバレをかましてしまい穴があったら入りたいです。

 ここで締め切らせて頂きますがポイントは一応明日朝一でレンタルすると思われる作品を回答された方に差し上げたいと思います。本当にありがとうございました。

補足日時:2004/11/25 03:17
    • good
    • 0
この回答へのお礼

最後であろう方へようやく追いつきました。
「アメリカン~」観ました。へこみました。私の中でエドワード・ノートンはあの「なで肩」ですでに人をへこませる存在です。絶対タトゥーは入れたくないと思いました。エドワード・ファーロングは「T3」に出てほしかったです。関係ないですね。

あとは全部未見ですね。ヨーロッパの作品の様ですが「蝶の舌」も「トーク~」は聞いた事あります。

「ジベールの日曜日」美しくすばらしく、そして痛く、更にへこむ。すごく気になります。

参考にさせて頂きます。ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2004/11/25 03:16

「インディアン・ランナー」(ショーンペン初監督作品)と、


「ダスト」
だれもハッピーにならないお話しです。
へこみました・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「インディアン・ランナー」未見です。そうですか。へこみますか。ショーン・ペンは嫌いでした。マドンナと結婚したから!(笑)。でも「シン・レッド・ライン」で「こいつ実はいいかも!」と思い「カリートの道」「ミスティク・リバー」で確信しました!、、、両方でへこみましたが。(私ももう立派な大人ですのでガイ・リッチーは素直に評価できます。)

「ダスト」これは聞いた事無いです。タイトルからはどういう話かわかりませんね。こういうのは逆に何も調べずに観た方が良いですね。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2004/11/25 03:03

皆さんがたくさん紹介していて、もうすでに、出尽くした観がありますが、マイナーどころを



「地獄の逃避行」(監督:テレンス・マリック)
チャールズ・スタークウェザーの事件の映画化、マーダーケースブックで事件のあらましを知っているだけに、嫌な感じの話です。

「肉体の悪魔」(監督:ケン・ラッセル)
ケン・ラッセルの方です、延々続く拷問シーンは、当時「パッション」並に話題になったと聞きます。

「ベイビー・オブ・マコン」(監督:ピーター・グリーナウェイ)
グリーナウェイの映画って、他も見るだけでもきついけど、本編がただただ一人の女性をレイプし続けるという内容は、知っていても凹みます。「ZOO」あたりでも凹みそうな気はする。

「霧の中の風景」(監督:テオ・アンゲロプロス)
劇中出てくる幼女レイプの場面はかなり凹みました。
「旅芸人の記録」に出てきた旅芸人が出ていたような気が。

「ハネムーン・キラーズ」(監督:レーナード・カッスル)
殺される方も無駄死になら、殺すほうも無駄だらけ、こんなことが実際に有ったんだと思うと。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 おっとこれはこれは、マニアックに全部未見です。しかも全て猟奇系で固めておられますね。本物(スナッフ)ならは侮蔑しますがそうでなければはっきり言って嫌いじゃないです!

テレンス・マリックは知ってます。すぐ行方不明になっちゃうんですよね。「地獄~」は名前だけ知ってました。そうですかスタークウェザーの話だったんですね。もうへこみました。

「肉体~」これって同名の作品が結構ありますよね。いままで気にも止めてませんでした。ケン・ラッセルですね。

「ベイビー~」そりゃへこみますよ。想像ですがヤラセかガチンコか物議を呼んでるのでは?

「霧の中~」幼女をレイプですか。へこみどころの騒ぎじゃなさそうです。

「ハネムーン・キラーズ」これも実際の話なんですか?調べてみます。

マニアックという事でへこみのツボをちょっと外しているところがいいですね。
ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2004/11/25 02:48

サマーストーリー(88英)一夏の恋と、その悲しい終末を描いた傑作です。


ライフ・イズ・ビューティフル(98伊)第二次大戦時、ナチスの強制収容所で繰り広げられる父親と息子の感動のストーリー。
17歳のカルテ(99米)自殺未遂で精神病院に入院に入れられた、スザンナは病院内で新しい世界を見つけていく。
恋に焦がれて(92米)高校生のシェリルは、ボーリング場の受付でバイトをしている不良のリックと出会い、急速に進展していく2人だが、ある日シェリルが妊娠する。
シラノ・ド・ベルジュラック(90ハンガリー・仏)文武に秀でたシラノは大きな鼻にコンプレックスを持っていたが、美しい女ロクサーヌに心を奪われる。
ラストエンペラー(87英・伊・中)中国最後の皇帝が送った数奇な運命。
椿姫(37米)報われない愛に生きる男女の悲劇。
理由(95米)大どんでん返しの奇想天外のストーリー。
ソフィーの選択(82米) かけだしの作家が会った、ソフィーというユダヤ人女性の過去と人生。
ジョニーは戦場へ行った(71米)両手両足を失った兵士が望むものとは。
禁じられた遊び(51仏)戦争で両親を失った少女の、あまりにも切なく美しい話。
愛と哀しみの調べ(89ポーランド)第二次大戦時のナチスの迫害は、ジプシーにもおよび悲劇が生まれるのでした。
アンネの日記(59米)第二次大戦時のユダヤ人の少女の悲しい人生。
カジュアリティーズ(89米)ベトナム戦争時のアメリカ軍の悪事の話です。
エレファント・マン(80米・英) 19世紀末のロンドンでエレファント・マンと呼ばれた奇形の男ジョン・メリックの悲しい人生。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「ラスト・エンペラー」満州国建国式典のシーンが一番へこみました。私はコオロギに救われました。
「理由」ぶちぎれてるエド・ハリスが良かったです。
「エレファントマン」当時は感動作みたいに宣伝されてましたが、的外れもいいとこです!終始人間の醜さと愚かさを描ききった傑作です。へこみました。
「禁じられた遊び」はすごーく小さい頃夏休み映画大会かなんかで学校の体育館で観ました。

 あとは全て未見ですね。「ライフ~」はいつもスルーしてました。「アンネ~」「愛と哀しみ~」もそうですがホロコースト物はテーマですでにへこみますよね。「シンドラーのリスト」とか「スペシャリスト自覚なき殺人者」とか。
ベトナム物もそうです。当時ベトナム物はほとんど観たのですが、「カジュアリティーズ」だけ未見です。

「サマーストーリー」はじめて耳にします。夏ものだと「天国の口、終わりの楽園」でちょっとへこみました。

「17歳のカルテ」観たいです。ウィノナ・ライダー好きなので。万引きなんてするなよー。

「恋に~」これも知りませんでした。へこむのですね。

「シラノ~」話は知っています。ヨーロッパの古典ですね。

「ジョニー~」は設定からへこみますね。

「椿姫」存在は知っています。へこみも温故知新かも知れません。

「ソフィーの選択」これも長い間みたいと思っている作品の一つです。

膨大な作品群をご紹介いただきありがとうございました。

お礼日時:2004/11/25 02:09

私は


「ケス」(原題:Kes ケン・ローチ監督)
を推しますね…

もっとも、いくらへこむ映画といっても娯楽映画とし
ご覧になるのならお勧めしませんが。
長い間映画を見てきてこんなに酷い辛いラストは見たこと無いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 いやもう皆様に沢山ご回答頂いているので、この際、娯楽映画も実験映画も関係ないです。ここまで来ると好奇心よりむしろ義務感の方が強い(笑)。

「ケス」聞いた事ないですねぇ。ケン・ローチってイギリスの監督でしたっけ?チェックしてみます。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2004/11/25 01:05

#5ですが、やめるといいながら、暗いものばかり見ている私としては紹介したいものがありますので、しばしお付き合いを



「合衆国最後の日」
「暴走機関車」
「小さな巨人」
TVドラマ「木枯らし紋次郎」ほぼ全話
TVドラマ「おしどり右京捕物車」ほぼ全話(特に最終回と第1話)

70年代の映画やドラマって「アンチヒーロー」を目指していたせいか、主人公が社会に押しつぶされるという内容ばかりで息苦しかったですが、余韻が残る気がしたなぁ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「合衆国~」はじめて聞きました。何かアメリカ批判の匂いがプンプンするのですが。要チェックです。

「暴走機関車」これは黒澤明にメガホン執ってほしかったです。ってまだ観てないんですよ。

「小さな巨人」これも未見です。里中君なら知ってますが(笑)。

「木枯らし~」「おしどり~」なるほど。私はここに「翔べ!必殺うらごろし」を勝手に付け加えたいです。

 あの~失礼ですがスガベ様、、、絶対「ホームドラマチャンネル」と「時代劇専門チャンネル」いれてるでしょ!あと「ファミリー劇場」も!私もいれてます!ってここで宣言しても仕方ないのですが、、、(笑)。

 設定が設定だけに「丹下左膳」や「眠狂四郎」が限界かと思っていたら、「おしどり~」放送してますね。この勢いで「○侍・鬼一法眼」までいってほしいです。

再再度のご回答恐れ入ります。ありがとうございました。

お礼日時:2004/11/25 00:47

マイケル・ウィンターボトム監督の『バタフライ・キス』と『日陰のふたり』。


めちゃめちゃヘコみます。落ち込んでる時に観てしまうと人生に希望を持てなくなります。救いが無いとはこういう事なんだと痛感します。
でも決してつまらないワケじゃあない。むしろそこが面白い。

ヘコむから、今まで余り人には薦めてきませんでした。でも僕は好きな映画です。質問者さんの要望に合ってるかなぁと思ったのでお薦めしてみます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 両作品とも未見です。はじめてお目にかかります。そうですか。そんなにへこみますか。これは観ないわけにはいきませんね。
>ヘコむから、今まで余り人には薦めてきませんでした。
いやー質問してよかったです。参考にいたします。
ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2004/11/25 00:20

かなりディープなものをごらんになってますね(笑)


『ドッグヴィル』と『ミスティック~』は、わたしもかなりヘタりました。
おすすめは…

●『イン・ザ・ベッドルーム』
隣家のバツ一女性と恋仲になった息子が、その彼女の元夫に殺されてしまいます。
息子の両親の行き詰る思い、所作にはかなりやるせなくなります。

●『死の王』
自殺・殺人についてえんえんえんえんえんえんえん語られる映画。それと平行して、だんだん腐っていく死体描写も。グロがまったくだめなわたしでも不思議と見られた映画です。

●『傷ついた男』
惚れた男にとことん尽くし、子犬のようにすがる青年。でも結局裏切りが待っていて…。
ゲイが表立って描かれているため、受け付けられない人も多いかも?
もし大丈夫であったら、●『アンゲロス』の方が悲惨です。

●『泳ぐひと』
まさかこんなラストになるとは。けっこう意外で、うちのめされます。

●『リービング・ラスベガス』
アル中の男と娼婦との恋。救われないシチュエーションで、お互いしか求めるものがないギリギリさ。

●『仕立て屋の恋』
こんなに報われなくていいんだろうか…。最後の主人公のせりふは名言だと思います。

●『まぼろし』
夫が失踪、自殺の可能性も…。最後までその死を受け入れることができない主人公がずしっときます。
ただ、これはラストをどう捉えるかで変わってくるかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 えーっと。これは、、、面目ない!全然知りません。知っているのは唯一「リービング・ラスベガス」くらいです。「イン・ザ~」はCMの記憶がかすかにあります。これはちょっと腰をすえてかからなければいけませんね。腰すえてもどうせへこむんですが、、、。「死の王」なるものにすごく惹かれます。この際、全部リスト入りで観まくりです。
未見の作品群、まことにありがとうございます。

お礼日時:2004/11/25 00:09

今上映中の映画ですが・・・



SAW
そりゃないだろ~っていう感じの終わり方でした。ラストのどんでん返しがへこみます。ストーリー展開はスリルがあって、なかなかよかったですよ。ちょっとエグいですけど。

モンスター
主役(シャーリーズ・セロン)が報われなさすぎて、可哀そうでなりませんでした。でも、セロンの演技がとっても上手で、見る価値ありだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「SAW」未見です。CM見ただけですがギコギコギコギコというあの音が忘れられません。密かに予想している事もあるので読みが当っているか確かめたいです。

「モンスター」未見です。アイリーン・ウォーノスの事は以前から知っていたので、シャーリーズセロンがやると聞いてビックリ、顔見てまたビックリでした。本人そっくりです。
ラストはわかっていてもへこむんでしょうね。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2004/11/24 23:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q香港映画と中国映画の違い。

映画ど素人の質問ですみません。
中国の映画には、中国映画と香港映画とわかれていますよね。
なんで2つにわけているんでしょうか?
見た作品でくらべると、「インファナルアフェア」とかの香港映画は近代的な映画中心にやっているけど、「HERO」とかの中国映画は古典的な映画を中心にやっていますよね。
全く2つの映画は同じ中国映画でも違うもんなんでしょうか?
あと、台湾映画もありますよね。

Aベストアンサー

日本映画と中国映画が全く違うことはおわかりでしょう。
同じアジア圏にあるからといって「東洋映画」で一括りに出来るものではありません。
旅をすると判りますが、中国から香港へ入る(またはその逆の)際には、出入国審査があり、パスポートの提示と出入国カードの記入が必要です。また台湾と中国を行き来する際にも同じ手続きを経なくてはなりません。
つまり、中国、台湾、香港は、それぞれ歴史も文化も異なる別個の国であり、映画会社も台湾や香港では資本主義の民間会社ですが、中国は国営スタジオですので共産党の意に反した映画は一切作れません。
日本や香港の映画俳優が中国映画に出演することもありますが、これはあくまでも客演(スペシャルゲスト)にとどまります。
ことほど左様に異なりますので、三者を区別しない方が不自然でしょう。

Q韓国映画「JSA」の音楽「二等兵の手紙」

韓国映画「JSA」の中で自殺したキム・ガンソクというフォーク歌手の曲が使われていましたが(「二等兵の手紙」という歌らしいのですが)、歌詞の内容を知る方法は何かありますでしょうか?
映画のDVDかサントラ盤CDかがあって、そこにハングルと日本語訳がのってたりしないでしょうか?
あるいはどこかのサイトや本で解説してくれているものがある?
キム・ガンソクとういう人のベスト盤(できれば原語および日本語解説つき)が日本で発売されていて、それを見ればわかる?

Aベストアンサー

はじめまして。kuropinと申します。
ハングルでの原語でということであれば、下のサイトをご覧ください。

CIX Lyrics Corea  http://www.cix.co.kr/kr/lyrics_index.html
このサイトの左側の方に、検索窓がありますので、そこで曲名または
歌手名で検索をかけてください。もちろんハングルなので、ハングル
入力できる環境が必要です。
著作権うんぬんのことがなければ、「二等兵・・・」への直リンクを
ここに書きたいのですが(さっき歌詞があることを確認してきました^^)
著作権にひっかかるとまずいので、サイトだけご紹介しておきますね。

また、以前にハングルを学習されたことがあるということですが、万一
日本語訳が欲しいということであれば、OCN翻訳サービスなどの
サイトを利用して、上のサイトででてきた歌詞を貼り付けて翻訳して
みればOKです。
OCN翻訳サービス http://www.ocn.ne.jp/translation/

ぜひやってみてください。

参考URL:http://www.cix.co.kr/kr/lyrics_index.html

はじめまして。kuropinと申します。
ハングルでの原語でということであれば、下のサイトをご覧ください。

CIX Lyrics Corea  http://www.cix.co.kr/kr/lyrics_index.html
このサイトの左側の方に、検索窓がありますので、そこで曲名または
歌手名で検索をかけてください。もちろんハングルなので、ハングル
入力できる環境が必要です。
著作権うんぬんのことがなければ、「二等兵・・・」への直リンクを
ここに書きたいのですが(さっき歌詞があることを確認してきました^^)
著作権にひっかかるとま...続きを読む

Q映画祭が主催して映画を作ることはあるの?

世界各国、さまざまな映画祭がありますが、映画祭がお金を出して映画を作ることってあるんですか?
カンヌ映画祭やベルリン映画祭が映画を作ったなんて話は聞いたことがありませんが、他の映画祭ではこんなことはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

「それぞれのシネマ」という映画がそうです。
カンヌ映画祭60周年に合わせカンヌ主催で作った映画です。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=330555

調べないとわかりませんが、他の映画祭でも節目節目で作った作品があると思います。

Q「殺人の追憶」について

「殺人の追憶」を遅まきながら観ました。

で、この物語は実話(ベース)だと聞いたことがあります。
では、今現在、この映画で起こった事件はどのようになっているでしょう?

関連サイト等ご存知でしたら教えて下さい。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

この映画わたしも見ました。

たしか、
解決してないんじゃなかったかしら。

映画もあいまいな感じでしたよね。

http://www.ryokojin.co.jp/tabicine/memories_of_murder.html

このページでも解決していない有名な事件と
紹介しています。

また、したのページは
より細かい考察がありました。

参考URL:http://n-mind.com/blog/archives_akky/2004/05/post_46.html

Q「映画館」が出てくる映画ってないでしょうか?

「映画館」が出てくる映画ってないでしょうか?
できれば、背景にエキストラのような感じで出てくるのではなく、ちゃんと「映画館」が物語に関わってくるものがいいです。

たとえばアニメなのですが、クレヨンしんちゃんの「カスカベボーイズ」という映画では、
映画館にやってきたしんちゃん達が、映画のスクリーンの中の西部劇の世界に吸い込まれる、というストーリーです。

このように、その映画のタイトルと、その映画にどのように映画館が出てくる(絡んでくる)のかを教えてください。
洋画カテゴリーですが、邦画でもアニメでも、なんでもいいので教えてください。

Aベストアンサー

↓に一覧がありましたので、ご参考にどうぞ。
http://sapporo.cool.ne.jp/jojo129/gallery/theater/theater.htm

Q金曜ロードショー「JSA]

さっきまでJSAを見ていたのですが韓国側の哨兵がかぶっていたヘルメットにデカデカとハングルで2文字書いてありましたが、あれはなんて書いてあるのでしょうか?

Aベストアンサー

ヘルメットに書かれていた文字を翻訳サイトで調べてみたところ『憲兵』と訳されました。違ってたらごめんなさい。

Q「死霊の盆踊り」という映画がサイテー映画とは

「死霊の盆踊り」という映画の批評で、
「サイテー映画と呼ぶに恥じない映画」とか書いてありましたが、
「サイテー映画」とはどういう映画でしょうか。
またなぜ「死霊の盆踊り」という映画がそうなのでしょうか。

Aベストアンサー

厚いファン層の支持を得ているヨタ・カルト映画『資料の盆踊り』ですね。

私は何年も前に全編を通して見ましたが、かなり見応えのあるサイテー映画です。「呼ぶに恥じない」とは、よくぞ言いました。世の中には1円で売られている有名スター主演の映画ビデオがあるにもかかわらず、中古でもサイテー1980円からしかないのが賛辞の証拠です。

前置きが長くなりました。

>「サイテー映画」とはどういう映画でしょうか。

この場合は主に、芸術性、すじがき、カメラワーク、演技、照明や音声など各種技術のレベルがゼロという意味です。色彩と女優さんたちの容姿はそれなりに美しいです。

>またなぜ「死霊の盆踊り」という映画がそうなのでしょうか。

死霊が盆踊りをするだけの映画だからです。以下の解説も言い得て妙だと思いますよ。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=11171

Q何で映画の終わりに「終」「完」「THE END」「FIN」「FINE」などが出なくなったのですか

タイトルのとおりです。
昔の映画を観ると国によって当然言葉が違いますがこれで終わりですよっていう意味の言葉が必ず最後に出ました。
ところが最近の映画は出演者や製作者などはこれでもかっていうほど出るのですがこれが出てくる映画は邦画・アジア映画・欧米映画を問わずほとんど皆無です。
一種の流行なのでしょうか。
それとも何か特別の理由があるのでしょうか。
個人的には昔の方がよかったと思います。

Aベストアンサー

No.3の方と同じ、「権利」の問題だと思います。
日本では1970年に著作権法が制定され、著作物の使用などに制限が加わりました。今では一般的な考え方ですが、70年以前は権利に対してアバウトだったので、映画の雰囲気を重視できたのでしょう。
スタッフロールが肥大化したのも、製作者全員の権利問題などがあるのだと思います。
基本的に映画(劇映画)は製作会社が著作権を持っていますが、外部委託する際「スタッフロールに名前を載せる」という条件が大抵あるので肥大化しているのでしょう。
だからスタッフロールは「会社や個人の権利と宣伝のため」フィルム一本一本に付けているようです。
ほとんどの監督は最終編集権(ファイナル・カット)を持っていないので、それを持っている巨匠で、なおかつ「終わり」と挿入したいという監督しかやらないのでしょう。
ちなみにぱっと調べた限りウォン・カー・ウァイが「完」と付けています。

Q映画の思い出、映画館の思い出・・

好きな映画、子供の頃に観た映画、タイトルが思い出せない映画、
観たかったけど観られなかった映画、はじめてデートで観た映画、
レンタルで観た映画、映画館であったこと・・。
映画にまつわるお話はありますか?
出来れば楽しいお話で。
良かったら教えてください。

(文章が下手なので、短く拙いお礼しか出来ませんが思いますが、
「それでもいいよ~と」思われたら、回答お願いします。)

Aベストアンサー

ありゃ忘れもしない、私が小学生の時ですよ。「キング・コング」がリメイクされて上映となった時に少年誌で盛んに書きたててるものだから、私が「観たい観たい」と親にせがんだんですね。そしたら父さんが切符を買ってきてくれたんです。前売り券ってやつですか。嬉しかったですねぇ。ところがどっこい、うちの兄貴が意地悪で私にこう言ったものです。「キングコングが映画から出てくるんだぞ~」って。脅かすんですよ。映画なんて物心付いてから「東映マンガまつり」だけでしたから観たのは。そんな訳で内心ビクビクもので父親に連れられて行ったんです。父は盛んに「怪獣なんて飛び出して来ないから」と言うんですが、私はもうドキドキ。で、映画館に着きました。ところがですね、ここでまた問題が起きたんです。後から考えたら問題だったんですが。普通、映画を観に行く時って上映開始時間に合わせて行くものですよね?ところが父はそんな事お構いなし。映画の上映途中で映画館に入ったものだから、既に映画は始まっていたんですね。だから途中から観たんです。途中で観たもんだから私はチンプンカンプン。丁度あれは、コングがタンカーで運ばれるところからでした。で、コングが撃たれて死んでしまうまで、つまりラストシーンまで観たは良いんですが、肝心の話の初めが解らない。で、もう一回最初から見直したんです。当時は切符1枚で何回も観れましたから。飛び出して来ないと解り、私はもう夢中になって観てたんですが、父は横でグゥーグゥー。そして最初に入った時に観たシーンに入ったんですが、普通は最後まで観るでしょう。せっかく1枚の切符で観放題なんですから。ところが父は「さぁ、こっからは最初の続きだから帰るか」。子供心に「あらららら・・・」。子供だから筋なんてどうでも良い。ただ怪獣が好きだったので、コングが観れれば良かったんですが、何となぁく変な気がしました。何だか今から考えると愉快な思い出です。

ありゃ忘れもしない、私が小学生の時ですよ。「キング・コング」がリメイクされて上映となった時に少年誌で盛んに書きたててるものだから、私が「観たい観たい」と親にせがんだんですね。そしたら父さんが切符を買ってきてくれたんです。前売り券ってやつですか。嬉しかったですねぇ。ところがどっこい、うちの兄貴が意地悪で私にこう言ったものです。「キングコングが映画から出てくるんだぞ~」って。脅かすんですよ。映画なんて物心付いてから「東映マンガまつり」だけでしたから観たのは。そんな訳で内心ビク...続きを読む

Qハリウッドでの「ユダヤ人」「白人」「WASP」のとらえ方

ちょっとここでは場所が違うかもしれませんけど、質問させてください。
ネットでさまざまな、それもちょっと濃い目の映画評を見ていると
(主に個人発信)この3つのキーワードがよく登場してきます。
映画は好きでよく見ますが、たんに「おもしろかった」「これはいまいち」
程度の感想しか持てないようなわたしにとって、これらのキーワードの
向こうにある「意味」や「背景」がとても気になります。
「ユダヤ人的見地」とか「反WASP」とか・・ 何を言わんとしているのか。
とはいえ、実際何をどう調べればよいのかもわからず、(もちろんWASPが
ホワイト-アングロサクソン・・の略だということくらいはわかります)
とりあえずヒントをいただきにきました。
簡潔な言葉で説明していただけるかた、どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

そういう人種というか、多民族国家の問題というのは簡単にはどういうことといいにくいんですけど…

ハリウッド的な、お約束の捉え方では、「WASP」というのは、非常におおざっぱにいうと、社会の上の方にいるんです。お金に困らず、プレップからアイヴィリーグに行って…といった人種。(それも、イーストコースト、ウェストコースト、あるいはヤンキーと南部人では位階構造が違うんです。)白人はそれより広くて、ヨーロッパ人種で、とりあえず見た目では差別されない人種。ユダヤ人というのは、頭が良く、商才があり、鋭いユーモアのセンスがあるという捉え方と、非常に自分たちのエスニックに固執するという捉え方がされていると思います。中国系とユダヤ系は、どこでも自分たちのコミュニティが強固で、成功する人が多いため、どこの社会でもエトランゼ的に扱われるんですね。

ヤンキー社会での、WASPとジューイッシュの位置については、創元推理文庫の、シャーロット・マクラウド「納骨堂の中で」以下のセーラ・ケリングシリーズを読むと(軽くて読みやすいです)よくわかりますよ。それと、文春文庫の「アメリカの食卓」本間千枝子。

そういう人種というか、多民族国家の問題というのは簡単にはどういうことといいにくいんですけど…

ハリウッド的な、お約束の捉え方では、「WASP」というのは、非常におおざっぱにいうと、社会の上の方にいるんです。お金に困らず、プレップからアイヴィリーグに行って…といった人種。(それも、イーストコースト、ウェストコースト、あるいはヤンキーと南部人では位階構造が違うんです。)白人はそれより広くて、ヨーロッパ人種で、とりあえず見た目では差別されない人種。ユダヤ人というのは、頭が良く、商才...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報