出産前後の痔にはご注意!

カール5世は第6次イタリア戦争の最中に退位し、弟と息子にそれぞれ神聖ローマ帝国とスペイン王位(ならびにネーデルランドとイタリア諸国)を分割して継承させています。
フランスとの講和の一環としてなら理解できますが、まだ戦争中でハプスブルク帝国が一致団結する必要があるのにも関わらず、分割相続となったのはなぜでしょうか。
軽く調べましたが出てきませんでした。

質問者からの補足コメント

  • 今ウィキペディアでフェルディナント1世の記事を読んだら

    兄との生前の取り決めでは、フェルディナント1世の次は甥(兄の息子)フェリペ(スペイン王フェリペ2世)が帝位を継承し、以後カール5世とフェルディナント1世の家系が交互に継承することになっていたが[9]、これは無視されて次の皇帝にはフェルディナント1世の息子マクシミリアン2世が即位した。スペイン・ハプスブルク家もこれを容認したため、以後もフェルディナント1世の家系、オーストリア・ハプスブルク家が帝位を世襲していくことになる。

    とありました。
    カール5世は交互継承案が念頭にあったので、ハプスブルク帝国が連携不能なまで分裂することはないと思っていたんでしょうかね

      補足日時:2019/04/09 02:54

A 回答 (2件)

No.1です。

お礼コメントありがとうございました。

>しかし近世のヨーロッパの家督争いって大抵断絶からの親戚が争い合うものが多くて、兄弟や叔父などの近い間柄で争い合うのはあんまり馴染みがないです。何かありますかね?

中世には兄弟間での相続争いの例が多いですが、近世になると減ってくるのは、そういう争いを避けるための法やその強制力が整備されてきた、ということではないでしょうか。相続で揉めて戦争を繰り返しても、領土や領民が疲弊するだけですしね。領土の所有に関する意識も、封建制から中央集権国家への移行で変化していったのではないでしょうか。
それでも、近世以降もイギリス以外のヨーロッパでは、諸侯は分割相続が普通で(もちろん跡継ぎ一人がほとんどを相続して、それ以外の兄弟は少しだけの相続ですが)、その結果、領土が細分化されて弱体化する、という歴史を辿ります。

なお、カール5世とフェルディナント1世の兄弟仲は良かったそうですよ。むしろ、広大になったハプスブルクの領土を、それぞれ東と西で協力して統治・拡大するつもりだったのかもしれません。オーストリアとスペインのハプスブルク両家間で政略結婚を繰り返しているのも、反目しての領土分裂ではなく、正当な相続に則った分割だと両者が納得済みで、お互いが同盟関係にあるからでしょう。

やはり近親間での相続争いが起こるのは、相続人の勢力が盤石ではないとか、何らかの理由で王位継承法に反するとイチャモンをつけられる隙が生じてしまった場合ではないかと思います。
もう少し後の時代の例だと、ポルトガル内戦(1828-1834)が派手な兄弟/姪・叔父の王位継承争いですね。兄・ペドロ4世(ブラジル皇帝ペドロ1世)&その娘・マリア2世vs弟・ミゲル1世。これは当時ポルトガル宮廷がナポレオンの影響でブラジルに宮廷を移していて、ペドロ4世がブラジル皇帝に即位してポルトガル王位の継承を辞退したことが、ペドロ4世の娘マリア2世のポルトガル王位継承の正統性にケチをつけてしまったことと、幼かったマリア2世がポルトガル入りする前にミゲル1世が摂政としてポルトガル入りして実質的な王として本国を支配していた、というのが要因です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
ハプスブルク家は近親結婚で家系図がやばいとか言うのも有名ですが、たしかに昔分割相続での弱体化を防ぐ必要があったと習ったのを思い出しました。

ミゲル廃王でしたっけ、その例がありましたね。あとは家督争いというほどではなかったが、メキシコ帝国初代皇帝マクシミリアンはオーストリア皇帝位の放棄と引き換えにメキシコに渡ったとかいうのもあるので、いろいろ大変だったんですね

本題から逸れますが、この時代のハプスブルク家は本当にロマンがあって好きです。フランドルとかスペインとかオーストリアで別々に育った兄弟が再会して涙を流すとか、スケールが大きい

お礼日時:2019/04/09 13:19

まず、この時代のヨーロッパでは分割相続が一般的であり、ハプスブルク家にも分割相続の伝統があったという前提があります。

分割相続の伝統がある場合、それを無視して強引な一括相続をすると、家の内部で相続争いが起きて、内からの国家分裂の危機にもなりかねません。
カール5世とその弟フェルディナント1世の祖父・マクシミリアン1世が1519年に亡くなった後の1521年に、マクシミリアン1世由来の領土であるオーストリアを、フェルディナント1世は兄カール5世の意向で相続し、オーストリア大公となっています。(なお、フェルディナントはボヘミア=ハンガリー王女マリアとの結婚が決まっており、1521年に結婚しています)
さらに1531年に、フェルディナント1世はローマ王の戴冠を受けています。ローマ王とは神聖ローマ皇帝の事実上の後継者を意味する地位であり、1549年にはフェルディナント1世とその子孫の神聖ローマ皇帝位継承が取り決められました。つまり、この時点で、フェルディナント1世の神聖ローマ皇帝位継承は決まっていたのです。
カール5世が、長子フェリペにはスペインやネーデルラント等を、弟フェルディナントにはオーストリアを、という分割相続は、カール5世が退位を決意した1555年頃に突然決めたことではなく、それ以前から内定していたことと言えます。
確かにオーストリアはハプスブルク家始祖の地ですが、カール5世はフランドル生まれのフランドル育ち、フェルディナント1世はスペイン生まれもスペイン育ち。婚姻の結果として、当時のヨーロッパで屈指の豊かな国ブルゴーニュ公国と、大国スペイン王国を手に入れた後のハプスブルク家全体の領土から見れば、小さな領土と言えるでしょう。オーストリアのハプスブルク家の興隆も、フェルディナント1世以降の話です。
ボヘミア=ハンガリー王家との政略結婚の相手をフェルディナントと決めた祖父マクシミリアン1世の意向として、兄のカールにはスペインやフランドル方面を、弟フェルディナントにはオーストリア等のドイツ方面を統治させようというのがあったのでは。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。継承法周りの話はとっつきにくくて知りませんでした。
王位などの継承はシステマティックに継承順位に基づいて決まるものとばかり思っていたのですが、前々からフェルディナント1世にオーストリア大公位を、と言う話が通っていたならば、それを通さざるを得ませんね。
しかし近世のヨーロッパの家督争いって大抵断絶からの親戚が争い合うものが多くて、兄弟や叔父などの近い間柄で争い合うのはあんまり馴染みがないです。何かありますかね?

お礼日時:2019/04/09 02:49

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q新5000円札の津田梅子は津田塾大学の設立者だそうですが今も津田塾大学という大学はあるのですか?廃校

新5000円札の津田梅子は津田塾大学の設立者だそうですが今も津田塾大学という大学はあるのですか?廃校した?

Aベストアンサー

質問者さんは日本人? 女子大の人気が落ちたとはいえ、津田塾はかつては女の東大と言われたほどの名門女子大で、当然今でもあるけれど、釣りの質問かな?

Q日本の国旗って韓国の国旗を真似したんでしょうか?

日本の国旗って韓国の国旗を真似したんでしょうか?

Aベストアンサー

太極旗は、李氏朝鮮(高宗)時代の1883年が最初
日の丸は、1870年制定

Q明治天皇以前に軍装をした最後の天皇は、どなたでしょうか?

今上天皇は軍装(軍服をまとう)をしませんでしたが、先代の明治・大正・昭和天皇は軍装をしましたね。
天皇家の草創期では、天皇は武人であるから、軍装したのはずですね。
ところで、明治天皇以前に軍装をした最後の天皇は、どなたでしょうか?

Aベストアンサー

太平記によると、南北朝時代の後村上天皇は鎧を着てました。
北朝の軍から逃れるときに鎧姿で馬に乗っていたそうです。

Q日本が一番のんびりしてた時代って60年代か70年代ですか?

日本が一番のんびりしてた時代って60年代か70年代ですか?

Aベストアンサー

No.5 回答者: Mocojima_Z さんが、回答日時:2019/03/05 16:42 に
「むしろ、一番のんびりしてるのは今では?」と回答しています。
私もそう思います。
理由は、❶ のんびり = 身心がゆったりと落ち着き、内外の制約を気にせずに自分の満足するように行動しているさま ❷ 社会保障厚生施策が厚くなり、収入や職の有無を強く気にせずに済む社会になっている、性差、個体差、人種差、能力差、年齢差、長幼上下先輩後輩血族同族勤務先などの人間関係のしがらみや制約を気にしない発言行動スタイルがとがめられない、❸ テレビの番組内容でも何でもありでとがめらることが少なくなっている、❹ 犯罪事例でも今までは想像しにくい行動が公然となることが多くなっている = 昔ならばもっと別の理由や背景をセットで報じないとおかしいと思われてしまう = 現在はどんなこともあり得る、制約を内的にも持たない人物が出現することさえも納得する時代になっている と思うからです。

まあ、今は子供たちが塾やお習い事で大変で、スマホも離せない時代になっていて、子どもは子どもで勝手に遊び回るというような時代とは違いますが、その子どもは、異年齢子供たちだけで勝手に集団遊びをするのをきついと感じるようですから、現代の子どもにとっては昔の子どもはのんびりとはしてられないというように感じると思うでしょう。
おそらく、人類の歴史では、20歳過ぎまで就労せず家事労働せずというような人が多くなったのは、世界でみても、1970年代以降ではないでしょうか。
http://www.garbagenews.com/img17/gn-20170613-01.gif
「"食うため、生きるために!"を、自分自身の指針として頑張る」のは《のんびりとも言える》と考えるのであれば別ですが、《温泉に浸かってのんびりと》《一日景色を楽しみ海岸でのんびりと》《ビールを飲みながらテレビでものんびりと》のようなのんびりの時間帯を人生の多くの時間で過ごせるのは、多分、現代が一番でしょう。
https://www8.cao.go.jp/youth/whitepaper/h26honpen/img/z1_4_13.gif
職場になじめない、学校になじめない、就活が希望のように進まないという理由で無職で親元にいられるのであれば、それをのんびりした時代の証とも考えられらるでしょう。
未婚者の増加も、江戸の未婚者とは状況が違って、現代のはのんびりした時代だからでしょう。

No.5 回答者: Mocojima_Z さんが、回答日時:2019/03/05 16:42 に
「むしろ、一番のんびりしてるのは今では?」と回答しています。
私もそう思います。
理由は、❶ のんびり = 身心がゆったりと落ち着き、内外の制約を気にせずに自分の満足するように行動しているさま ❷ 社会保障厚生施策が厚くなり、収入や職の有無を強く気にせずに済む社会になっている、性差、個体差、人種差、能力差、年齢差、長幼上下先輩後輩血族同族勤務先などの人間関係のしがらみや制約を気にしない発言行動スタイルがとがめられない、...続きを読む

Q江戸時代にスペインやオランダが、日本に対して低姿勢だったのはなぜですか?

江戸時代前期というとスペインやオランダが強かった頃であり、スペインはフィリピンを、オランダはインドネシアを植民地とし、原住民に対して過酷な収奪をやっていました。
しかしながら、日本に対しては一切手を出さず、徳川幕府がキリスト教を迫害しても文句を言わず、オランダに至っては貿易は出島のみ、それもキリスト教を布教しないという条件でようやく認めてもらっている有様です。

このように、江戸時代の世界の覇権国とも言えるスペインとオランダが、なぜか日本に対しては強いことを言えず、低姿勢に徹したのはなぜでしょうか?

Aベストアンサー

彼らは、まずキリスト教神父が乗り込み
現地人を宣撫して、それから本国から軍隊を
送り込み、占領してしまう、
という方法をとっています。

日本は、そうした戦法をいち早く察知し
キリスト教が広がるのを阻止しました。
そもそもですが、一定レベル以上の文化、文明が
既に発達している地域で、新たな宗教を布教する
のは困難なのです。

このように、キリスト教布教に失敗した、という
のがまず上げられます。


次は武力です。

スペインの神父が、本国に当てた書見が残って
いますが、それには
「他のアジア諸国と異なり、日本の武力は強力
 である」
旨の記載がうかがえます。

幸いというか、戦国時代の余韻が残っていた
時代です。
鉄砲の数も世界一、と言われたほどです。

植民地にするのはいじめるためではありません。
儲けるためです。

武力で植民地化するよりも、貿易で儲けた方が、
という判断が働いたのでしょう。

Q4~6世紀は大阪府南部に日本(倭)の首都があったのは確実ですか?

4~6世紀というと古墳時代の真っ只中ですが、大阪府南部の堺市から羽曳野市にかけて巨大な古墳が集中しています。

古墳は日本全国に散在していますが、大阪府南部の古墳は特に大きく、巨大な権力を持つ者によって建造されたのは確実だと思われます。おそらく全国レベルで影響力を持った者でしょう。

当時は陸上の移動方法が徒歩か馬しかなく、宮殿からそこまで離れた場所に古墳を造らなかったと思われるので、大阪府南部(おそらく大阪市南部か堺市のどこかの場所)に全国規模、狭くても中国地方から東海地方までを勢力範囲とする政権(大和か倭)の首都が存在したと考えてよいでしょうか。

巨大古墳という、これ以上ないほどのその存在を示す証拠があるわけですから。

Aベストアンサー

大阪南部に、その古墳を作る程度に力を持った権力者がいた、というところまでは正しいでしょう。

しかし、それが「日本(倭)の首都」であったという根拠は明確でありません。
「全国レベル」ということも、「全国」の定義も不明確で、「全国レベルで影響力を持った者でしょう。」ということもあなたの推測です。

4~6世紀ほぼ同時期には、大阪府南部だけでなく岡山県吉備地区、奈良県奈良市・天理市・桜井市にも巨大古墳は多数あります。
また日本書紀には、5世紀の岡山吉備地区の有力集団の記載がありますが、彼らが大阪南部勢力に従属していた根拠はありません。(敵対していたという記載もあるようです。)
これらの複数地区が全て単一権力の支配下にあったという証拠は無く、ゆるいつながりをもった地方権力の並列性であった可能性もあります。
であれば、単一権力による中央集権制では無く、首都という言葉とはややずれます。

また、「大阪府南部に日本(倭)の首都があった」根拠として、あなたが示されているのは「大阪府南部の堺市から羽曳野市にかけて巨大な古墳が集中」という事実と、「宮殿からそこまで離れた場所に古墳を造らなかったと思われる」という推測ですが、後者を裏付ける根拠が必要です。(あえて宮殿から離れた場所に古墳を作った可能性も排除できません。)
上述のような古墳の大阪南部・奈良・岡山と広がる広範な分布は、単一権力大阪南部存在説では説明困難です。

もちろん、「4~6世紀は大阪府南部に日本(倭)の首都があった」可能性はあります。
4~6世紀大型建造物であれば、土台構造物(穴や柱石など)などの遺構が残ります。
それによって、古代都市そのものを確定し、さらには政治形態を確定、首都と定義なども必要で、お示しされた根拠だけを理由に「4~6世紀は大阪府南部に日本(倭)の首都があった」と確定するのはやや無理があるでしょう。

参考までに巨大古墳を20位までお示しします。
5位までに大阪南部が多いことは事実ですが、同時期に岡山にもあり、20位までで考えれば奈良にけっこう後半に分布しています。
この分布をみると初期大和朝廷は天皇ごとに宮殿を変えていた説、有力豪族並列説(吉備勢力など)などに説得力があり、現在我々が想定するような首都というもの存在に疑問が生じます。

1 大仙陵古墳 大阪府堺市大仙町 中期 486m 仁徳天皇陵
2 誉田御廟山古墳 大阪府羽曳野市誉田 中期 425m 応神天皇陵
3 石津ヶ丘古墳 大阪府堺市石津ケ丘 中期 360m 履中天皇陵
4 造山古墳 岡山県岡山市新庄下 中期 360m
5 河内大塚古墳 大阪府松原市西大塚・羽曳野市南恵我之荘 330m
6 見瀬丸山古墳 奈良県橿原市見瀬町・五条野町・大軽町 後期 310m
7 渋谷向山古墳 奈良県天理市渋谷町 前期 300m 景行天皇陵
8 土師ニサンザイ古墳 大阪府堺市百舌鳥西之町 中期 290m
9 作山古墳 岡山県総社市三須 中期 286m
10 仲ツ山古墳 大阪府藤井寺市沢田 中期 286m 仲津媛皇后陵
11 箸墓古墳 奈良県桜井市箸中 前期 278m 倭迩連日百襲姫大市墓
12 五社神古墳 奈良県奈良市山陵町 前期 275m 神功皇后陵
13 ウワナベ古墳 奈良県奈良市法華寺町 中期 255m
14 市庭古墳 奈良県奈良市佐紀町 中期 250m 平城天皇陵
15 メスリ山古墳 奈良県桜井市高田・上之宮 前期 250m
16 行燈山古墳 奈良県天理市柳本町 前期 242m 崇神天皇陵
17 岡ミサンザイ古墳 大阪府藤井寺市藤井寺 後期 242m 仲哀天皇陵
18 室宮山古墳 奈良県御所市室 中期 238m
19 市野山古墳 大阪府藤井寺市国府 中期 230m 允恭天皇陵
20 宝来山古墳 奈良県奈良市尼ケ辻町 前期 227m 垂仁天皇陵

大阪南部に、その古墳を作る程度に力を持った権力者がいた、というところまでは正しいでしょう。

しかし、それが「日本(倭)の首都」であったという根拠は明確でありません。
「全国レベル」ということも、「全国」の定義も不明確で、「全国レベルで影響力を持った者でしょう。」ということもあなたの推測です。

4~6世紀ほぼ同時期には、大阪府南部だけでなく岡山県吉備地区、奈良県奈良市・天理市・桜井市にも巨大古墳は多数あります。
また日本書紀には、5世紀の岡山吉備地区の有力集団の記載がありますが...続きを読む

Q学研は学習教材の訪販(訪問販売)からスタートした会社だそうです。 今は健全なイメージの学研ですが、昔

学研は学習教材の訪販(訪問販売)からスタートした会社だそうです。

今は健全なイメージの学研ですが、昔は学研=悪徳商法の訪販会社というイメージだったのでしょうか?

Aベストアンサー

学研は、訪問販売がスタートではなくて、学校経由での販売がスタートですよ。
学校経由で商売することが問題視されてできなくなったので、訪問販売、いわゆる「学研のおばちゃん」が家庭を訪問する形での販売に転換したのです。
これは、現在の学習教材の訪問販売の悪いイメージに多い「高額な教材を、飛び込みの訪問販売で契約を取り、商品を売りつける」というのとは違って、言ってみれば、消費者が直接書店に買いに行くのではなく、定期購読契約をして、毎月「学研のおばちゃん」こと学研の販売員が直接家庭に配達する、というシステムでした。ヤクルトレディの学習雑誌版のようなものです。
突然家に押しかけて無理矢理売りつけていく「押し売り」は悪ですが、訪問販売というか、戸別配達が悪というわけではないですよ。

Q江戸時代の武士の割合

江戸時代、上級武士から下級武士まで徒士階級まで全ての武士身分の人は、どれくらいいたのでしょうか?
それとご先祖が江戸時代、武士だったとはっきりわかる人は、どれくらいいるのでしょうか?

Aベストアンサー

戦前の戸籍には「氏族」と書いてあるので、祖父や祖母の戦前の戸籍が入手できる人なら明白です。

戦後に日本人になった半島出身者を除き昔から居る日本人なら、90%以上の人は祖父の戸籍を取り寄せられるのではないかな。

Q世界史の用語で、たとえば「マキャヴェリ」「マキャベリ」のようなvの音の表記が2種類あるものは、どちら

世界史の用語で、たとえば「マキャヴェリ」「マキャベリ」のようなvの音の表記が2種類あるものは、どちらがより無難なのでしょうか。

Aベストアンサー

まずはこちらを読んでみましょう
https://www.nhk.or.jp/politics/articles/feature/15156.html

今の時代「ヴ」を使うのは、例外的な用法としてなのです
カタカナ表記するのなら、世の中の大勢に従った方がよいから「ベ」

Q和歌山県には紀州徳川家という豪族がいるそうですが、本家の栃木県の徳川家康の直系の徳川家とどういう関係

和歌山県には紀州徳川家という豪族がいるそうですが、本家の栃木県の徳川家康の直系の徳川家とどういう関係ですか?

徳川家康の直系は栃木県ではなく愛知県ですか?

Aベストアンサー

いちおう確認だが, あなたのいう「直系」とはどのようなもののことですか?


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング