遺産相続があり、現金数百万円が私の口座に振り込まれてきました。
人間関係は

A 父の弟
B 父の姉
C 私の弟


司法書士や銀行、役所などで書類を集めたり、手続きは主にC嫁(時々A嫁も一緒に)がしたようです。

司法書士に相談してAとBが割合を決め、話し合いで穏便に分配が決まりました。

私は言われるまま協議書等に郵送で署名捺印するのみでした。

私は遠方に住んでいるため相続の手続きがどの程度大変だったか状況がよく分りません。

手続き完了の知らせの時に、電話でA嫁、B、C嫁にはお礼を述べていますが、
C嫁から「私があれこれ動いたおかげでお金が入ってきた」と影で言われているようです。

父が亡くなっているので、私にも相続権があり、AとBに気兼ねをする必要もないのですが、A、Bの配慮がなければ(「おまえにはやらない」と言うようなことがあれば)、もらえていないお金でもあるので、お礼をすべきだと言われています。

悩むところはA,B,Cとは関係が悪いわけではないのですが、身内とのトラブルからA嫁とC嫁と私の関係が微妙なことです。

Bは「もらえるものはもらえばいい」と言ってくれ、逆に謝礼などしたら「そんなものいらない」と返され、怒られるような気もします。

かと言ってAとCだけにしてBだけにしないのも変なので、一律同額のお礼をしたいと思っています。

主人に相談したら手続きをしたC(嫁)にだけお礼をして、A,Bは自分のお金をくれたわけじゃないのだから、する必要がないと言います。

このような内容の場合、お礼について意見がございましたら、何でもお書きください。
A,B,Cへの妥当なお礼はどの程度でしょうか?
それぞれ5万円の商品券を考えています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

人生相談・人としての道義の部分は関与せずに回答しますと、質問者に相続権がある以上遺産の分配から質問者だけを排除できる理由は無く、質問者が決められた内容で遺産分割に了解したから手続面で支障なく遺産の分配ができた、とも考えられます。



逆に考えれば、相続手続で遠路何度も足を運んでいれば遺産分割割合が増えたのか、という事にもなりますので、遺産分割協議書で合意した内容で遺産の分配があればそれで良し、と考えれば足りそうです。(誠に失礼な推測ながら)恐らくは他相続人へ多目に質問者へ少なめにした配分でそれぞれの手間の部分は吸収されている筈です。他の相続人とその夫人達は皆自分の為に作業・手続をした結果として、質問者にも相応の遺産分配がされたと考えれば御礼の介在する余地はありません。

相続財産の分配以外の観点(親戚同士が仲良くする・自分が居ない所であれこれ言われたくない)で御礼をしたいというのなら、別途それぞれの夫人宛に御礼とすれば良さそうですが、この点での相場は本人にも他人にも分りません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
配分については妥当な判断で問題はないかと思われます。
おっしゃるとおりA嫁、C嫁も夫が相続するわけですから、結果として自分のために手続きしているわけですし、誰かが手続きしないと遺産は入ってきません。
だから「私のおかげで…」と恩着せがましく言われる筋合いもないのですが、残念ながら非常識きわまりない人ですので、何かにつけそういうことを平気で口にします。
そうは言ってもやはりこのような手続きも相当面倒なものと思われますので、お礼はすべきだと思います。
相場は本当にわかりませんが、C嫁に「少ない」とケチをつけられない金額を包むことにしました。

お礼日時:2006/06/26 23:30

私の個人的な意見ですが。


100万円の相続でしたら3~5万程度で良いのでは
多分貴方には相続税がかかってくると思いますので
労をねぎらう形で良いのでは。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
こういうのって本当に経験がなく、基準が分らなくて困ります。

お礼日時:2006/06/26 23:10

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q相続登記の一部所有者による一部登記について

共同相続人全員のための相続登記を、そのうちの1人から申請することができる(民法252条ただし書)。一方、共同相続人中一部の者の申請により、その者の相続分についてのみ相続登記をすることはできない(1955年(昭和30年)10月15日民甲2216号回答)。

これは例えば相続すべき土地が2箇所あるとすると、A土地は長男が相続しB土地は次男が相続するとした場合、A土地は長男名義で相続登記しB土地は次男が相続したが登記手続きしなで被相続名義のまま手続きしないというふうなことは可能なのでしょうか。
(遺産分割協議書はあるものとします)

それとも土地が別であっても、非相続人の資産全体(A土地、B土地)について、共同相続人中一部の者の申請により、その者の相続分についてのみ相続登記をすることはできないということになるのでしょうか。(長男が自分のものだけ相続登記)

Aベストアンサー

原則は、自分の相続する分については、遺産分割協議書で相続登記します
他人の分を(代理)登記することはできません

共有分は、その持分を全て相続・登記ならば問題はありません、
共有分・単独所有分を複数人の共有にして登記する場合には、共有者全員での登記が必要なはずです

>被相続人の資産全体(A土地、B土地)について、共同相続人中一部の者の申請により、その者の相続分についてのみ相続登記をすることはできないということになるのでしょうか。(長男が自分のものだけ相続登記)

たとえば、Aを長男、Bを次男が相続する遺産分割協議書が作成されていれば
長男は、自分の相続分であるAを相続登記します(と言うか長男のみが登記できます)、他の相続人の相続分については関与できません

また、Bを長男次男で共有にする場合は、共有者全員で登記する必要があります
(この場合は、長男のみの登記はできません{Bの相続人の登記が、不完全な移転となり抹消できず、権利が不明確になる事態を避けるため})

Q遺産分割。不動産の相続権と現金の相続権は別個?

遺産には、現金と不動産があるとして以下、質問をさせてください。
遺産分割の審判や裁判では、「不動産をどうわけるか」だけがあらそわれ、現金はあらそわれないとうかがったことがあります。
その私がうかがった知識が正しければ疑問に思うことがあります。

調停が成立せず審判や裁判になったときに、不動産はなにもいらないと思っている相続人が、
「他相続人に相続権を譲渡します」と言った場合、そう言った人は現金を相続する権利も失ってしまうのでしょうか。
それとも不動産の相続権は失うけれど現金の相続権は失われないのでしょうか。

教えてください。よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

>遺産分割の審判や裁判では、「不動産をどうわけるか」だけがあらそわれ、現金はあらそわれないとうかがったことがあります。
理屈の上ではその通りです。
つまり、現金も不動産も遺産ですから当然に遺産分割の対象となります。
しかし、金銭類は可分債権と言って細かく分けられるものですから、相続開始とともに法律上当然に分割されているので、金銭類の分け方で争うことは無いことになります。
一方、「不動産はどう分けるか」は争いが起こる問題だから裁判や審判の対象になる、ということです。
しかし、どちらも遺産であることに間違いはありませんし、不動産分割での過不足を金銭で調整するといった便利さもあって、通常の遺産分割手続きでは合わせて行っています。

>「他相続人に相続権を譲渡します」と言った場合、そう言った人は現金を相続する権利も失ってしまうのでしょうか。
「相続権を譲渡する」と言えば、現金を含めて全部となりますね。不動産が要らないのであれば、「不動産は要らない」と言えば良いのです。

Q祖父が亡くなりました。未登記の物件(家屋)を相続しなくてはいけない事に

祖父が亡くなりました。未登記の物件(家屋)を相続しなくてはいけない事になりました。未登記の物件を相続する場合、どうすれば良いですか?相続して登記する場合も教えてください。ちなみに相続しても、登記しなかったらどうなりますか?ちなみに相続すると相続税が発生します。相続人は3人です。よくわかりませんが、登記していないのに固定資産税は毎年支払っています。これはどういうことでしょうか?このような事があるのでしょうか?

Aベストアンサー

死者名義で登記することはできます。
#3回答に誤りがあります。
ただし、死者名義で登記後、相続登記をすることは登録免許税を多く払うことになるので、直接、相続人名義で表題登記・保存登記をすることが一般的です。

Q【遺産相続】「土地はいらない。現金がほしい。」

今年亡くなった祖父の遺産相続でもめています。アドバイスをいただければ幸いです。

【家族構成】
祖父には子供が3人います。息子1人、娘2人です。
祖父は息子夫婦と同居し、息子夫婦は祖父の宅地、家業を継ぎ、農業をしていました。

【遺産】
祖父名義の現金はほとんど残っていません。
宅地、畑はかなりありますが、とても売れるような代物ではありません。

【遺言】
祖父は、遺言書を残していますが、内容は分かりません。

【娘の希望】
娘2人は、「土地はいらない。現金がほしい」と言っています。

近々、公証役場で相続内容を決めますが、どのように決まるのでしょうか。

娘の希望が通り、売れない畑や宅地を現金に換算して息子が支払わなければならない、ということは起こり得るのでしょうか?

大変恐れ入りますが、回答いただくにあたり、ご回答者がどの程度の法律の知識をお持ちなのかを明記いただけましたら幸いです。(相続経験者、弁護士、etc...)

-------------

<追加情報>
(1)祖父の息子は、体を壊し、働けなくなったため、農業はほぼ息子の嫁がしていました。

(2)祖父の生活費、介護は、息子の嫁が負担していました。
  祖父が意識不明になり、2年ほど入院していましたが、その間は娘たちも月に数回お見舞いに来ていました。

(3)3年前、家業の方で赤字の状態(-150万/年)が2、3年続き、嫁が祖父に相談したところ、祖父の意思で祖父の預金1000万円を嫁名義の口座に移しました。
 そのときの祖父は、自分の意思をしっかり表示できる状態でした。

よろしくお願いいたします。

今年亡くなった祖父の遺産相続でもめています。アドバイスをいただければ幸いです。

【家族構成】
祖父には子供が3人います。息子1人、娘2人です。
祖父は息子夫婦と同居し、息子夫婦は祖父の宅地、家業を継ぎ、農業をしていました。

【遺産】
祖父名義の現金はほとんど残っていません。
宅地、畑はかなりありますが、とても売れるような代物ではありません。

【遺言】
祖父は、遺言書を残していますが、内容は分かりません。

【娘の希望】
娘2人は、「土地はいらない。現金がほしい」と言っています。

...続きを読む

Aベストアンサー

司法書士なる法律の専門職についています。

遺産分割をどのようにするのかは、原則次のような優先順位があります。

1.遺言の内容(被相続人の意思)
2.法定相続人全員の合意
3.慣習法(地域的、宗教上等の決まり)
4.民法

(ただし
・被相続人が遺言執行人を選任していないときは、遺言の内容よりも法定相続人全員の合意が優先する
・遺言があったとしても、法定相続人である配偶者や直系血族には遺留分という最低限度の権利は残る
・慣習法と民法、どちらが優先されるかは一概には言えない部分もある
etc.原則だけでは説明できない部分もある)

また、遺言があったとしても、必ずしも法に詳しい人が書くわけではないので、解釈に悩む部分が残る場合などもありますが、その場合は2~4の優先順位に従って決着されます。(3.4については、結局裁判所の判断ということ)

>娘の希望が通り、売れない畑や宅地を現金に換算して息子が支払わなければならない、ということは起こり得るのでしょうか?

遺言の内容として、そのように書いてあれば、そのように従うべきですし、(その金額については交渉の余地が残るとは思いますが)、遺言の内容が、「全財産の半分を長男。残りの半分を、長女と次女で半分づつとする。」というような抽象的な内容であれば、具体的にどのように分けるかは話合いになり、それでも合意に至らなければ、最終的に裁判所の判断となります。

司法書士なる法律の専門職についています。

遺産分割をどのようにするのかは、原則次のような優先順位があります。

1.遺言の内容(被相続人の意思)
2.法定相続人全員の合意
3.慣習法(地域的、宗教上等の決まり)
4.民法

(ただし
・被相続人が遺言執行人を選任していないときは、遺言の内容よりも法定相続人全員の合意が優先する
・遺言があったとしても、法定相続人である配偶者や直系血族には遺留分という最低限度の権利は残る
・慣習法と民法、どちらが優先されるかは一概には言えない部分もある
etc.原則...続きを読む

Q未登記の家屋を解体予定につき相続登記するべきか?

今年中に解体予定の【未登記】の亡父所有の古い家屋があります。
この家屋を相続登記するか否かで迷ってます。

以下のどちらが簡単な手続きで解体できるでしょうか?

(1)相続登記せず解体する場合
未登記のまま解体申請するのに必要な書類は具体的に何でしょうか?
「遺産分割協議書」と「相続関係書類」が必要ですか?
「遺産分割協議書」と「相続関係書類」は「登記申請書」で還付請求するので
保管しておきます。
なお「遺産分割協議書」には解体予定の古い家屋を相続する旨は記載しますが、
「登記申請書」には相続登記しないので記載しません。

(2)相続登記してから解体する場合
この場合「遺産分割協議書」と「相続関係書類」は不要ですね?
相続登記後に解体申請するのに必要な書類は具体的に何でしょうか?
※相続登記→建物滅失登記で、二度手間になるのは明らか。

登録免許税は少額なので考慮せず、選択したいのですが、
(1)(2)どちらの方法が簡単でしょうか?

Aベストアンサー

この問題は世間によくある話です。ポイントは建物が未登記であり、解体予定であることです。
1 宅地上に居宅がある。これが普通です。新築する時に手持ち資金で足りず銀行融資を受ける場合銀行はとりぱぐれがないよう必ず建物と土地双方に抵当権を設定します。お宅の場合は、当時融資を受けず新築したと推測されますから、建物は未登記なのです。今回相続が発生し、あなたが遺産分割協議で当該建物を取得したのなら、協議書中にその建物を記載(具体的に)しておけば、あなたの所有ですから他の相続人の承諾も要らず、あなたが自由に処分できるということです。遺産分割協議とはそういう性質のものです。願わくば解体した場合、万が一に備え、業者から解体証明書(会社代表者の印鑑証明書付)をもらっておけば完璧です。お分かりになりました?

Q遺産相続の手続きについて

両親他界しました。
兄と2人兄弟です。

兄から銀行の相続届け、生命保険の支払いに基づく書類に記入・実印の押印を依頼されました。
相続に関しては全く何も説明がありません。

この書類に署名・押印して渡すとどういった事があるのでしょうか?

自分は全くの素人なので、市で開催してる「法律相談」に行こうかと思ってる次第です。

弁護士を立てて、兄とやって貰った方が良いのでしょうか?

アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

何らかの遺産があるとして、法律で定められた相続人は、あなたとお兄さんです。
相続の割合は、あなたとお兄さんで、それぞれ1/2ずつです。

まず、遺産分割協議書を作成しましょう。

遺産分割協議書には、どのような遺産がどれだけあるのかが全て記載されます。
あなたが、その遺産の1/2が欲しい、ということであれば、どのようにして1/2にするかはお兄さんとの話し合いです。

で、その結果に対してあなたもお兄さんも了解すれば、双方が署名、実印を押して、各1部ずつ持つことになります。

その後はその内容に従って各種手続をすることになります。

今の段階で、変な書類にサインすると、後で大変なことになりますよ。

遺産分割協議書をお兄さんに依頼するところからスタートですね。

Q相続登記について

相続登記について、教えて下さい。

1.居宅が特定の相続人に相続する旨、遺言書に書かれていましたが、未登記物件でした。
そこで、新規に登記する事になりますが、遺言による登記でしょうか、協議による登記でしょうか?
(相続とは書かれていても、被相続人の所有ではないため記載内容は無効?)

2.一部の土地について、登記上は被相続人(80歳)の祖父所有となっています。この状況から私の所有(私は被相続人の子)に移転する事は困難と考えますが、このまま放置が現実的でしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1について
まずは未登記建物がだれの所有物かです。被相続人のお金で建てた家であれば、被相続人の所有といえそうです。また、役場の固定資産の課税台帳の所有者や建築確認の名前も手掛かりになると思います。
そして、未登記建物が被相続人の所有(であろう)ということであれば、特定の相続人の名前で建物表題登記及び所有権保存登記ができます。建物表題登記の際に、所有権証明書(申請人が所有者であることを証明する書類)が必要で、その一部として遺言が必要になります。
「遺言による登記」か「協議による登記」かといえば、遺言による登記と言えます。
また、費用をかけてまで未登記建物を登記する必要があるかどうかは一応検討したほうがよいと思います。

2について
被相続人の祖父の全相続人の実印及び印鑑証明書がそろうのであれば相続登記をした方がよいでしょう。他方、そろえることが困難であるとか、その土地がほとんど価値のない土地とかいうことであれば、放置が現実的かと思います。

Q遺産相続の手続きについて

親戚が困っていますので助けてあげたいと思います。

小さな会社(年商5千万弱)の社長をやっていた三男が亡くなりました。
遺族は母親・長男・次男・長女の4人です。
現在は書類上、母親が代表取締役代理になっております。
ただ、母親は既に90歳をゆうに越えており、難しい書類を読んで判断し、ハンコを押すなどという事はできない状態です。

・社長は個人的に、会社に対して2千万を貸していた
・社長の最終報酬は100万/月だった
・次の社長を誰にするかで、社員同士モメている

この状況で、遺族の要望は以下の通りです

・会社は潰れないようにしたい
・貸付金の2千万は返還してほしい
・退職金額の設定
・母親が持っている経営権を社員に譲渡したい

これらの要望を伝え、実際に会社と交渉してもらうとしたら、どういった業種の方にお願いすべきでしょうか?
弁護士さん?税理士さん?司法書士さん?
また、その場合の依頼する費用はだいたいどのくらいのものになるでしょうか?

Aベストアンサー

結論から言うと私は弁護士に依頼するような案件だと思います。

・会社は潰れないようにしたい
・母親が持っている経営権を社員に譲渡したい
とのことですので会社法に詳しいことが好ましいです。

・退職金額の設定
・貸付金の2千万は返還してほしい
とのことなので民法および親族相続法に詳しい方が好ましいと言えます。

以上のことから、主に税務を行う税理士さんや、主に登記を行う司法書士さんでは、手に余ってしまうかもしれません。
社会的にも信頼のある(従業員の方も信頼できる)弁護士に依頼するのが実際は良いと思います。

弁護士費用の大まかな相場としては、着手金として10~20万円(又は経済的利益の5%前後)と成功報酬として経済的利益の5%~10%程度が相場だと思います。
相談料は30分5000円、ただ初回は無料など弁護士事務所によっても大きく異なるので、信頼できる弁護士さんを見つけて下さい。

Q相続不動産は全て相続登記しなければならない?

相続登記の手続きを行ってる最中です。
相続不動産は全て、相続登記しなければならないのですか?

複数の土地と家屋を遺産分割協議により、私が全て相続する事になりましたが、
家屋は全て未登記のままだったので、相続登記しない事にしました。

結局、遺産分割協議書の内容と登記申請書の内容が異なりますが、これでも
差し支えないのでしょうか?

遺産分割協議書には家屋を相続する内容が記載され、登記申請書には家屋の
記載がない状態で法務局に提出予定です。

Aベストアンサー

補足ありがとうございます。

前回の回答は、取り壊される建物は分かりますが、残される方は登録免許税が2800円程度なので、土地の登記をされるなら、一緒にされてはどうですか? という趣旨です。
相続登記が建物だけしかないなら、わざわざ登記をされなくてもとは思いましたが・・・。

また登記申請は、申請事案だけについてなされますから、遺産分割協議書に登記しない物件が記載されていても問題ないです。

Q遺産相続放棄手続きをした後で…

質問をするカテゴリーがもし、違っていましたら申し訳ありませんが、どなたか宜しくお願いいたします。

遺産相続を一度放棄した後に、撤回をして、
また遺産相続を受けれるようにすることは可能でしょうか?
また、出来るとしたらどのような手続きを行えば
いいのでしょうか…
どのような手段、方法があるのでしょうか・・・

どのように文面をかけばいいかわからず、
このような質問の仕方で申し訳ありません
教えて下さい お願いします…。

Aベストアンサー

財産を譲り受ける方法としては下記3つの方法があります。

◆贈与
母もしくは長女から譲り受けるのであれば「相続」ではなく「贈与」という形になります。「贈与」になると暦年110万を超える部分に贈与税が課税されます。ただ、母からの贈与の場合には、「相続時清算課税制度」を利用すれば2500万迄の部分については贈与税を回避することができます。年齢等の要件がありますので下記URLをご覧ください。
http://www.taxanser.nta.go.jp/4503.htm

◆譲渡
「贈与」としないためには「譲渡」する方法もありあます。ただ、購入資金が必要なことや譲渡する側に譲渡所得税が課税されるケースがあります。

◆相続
それら以外の方法としては「相続」の際にその不動産を譲り受ける方法もあります。相続税は基礎控除「5000万+法定相続人×1000万」までの財産ですと課税されません。ただ、確実に譲り受けるために「遺言」(公正証書)を作成してもらうことが望ましいです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報